人気ブログランキング |
タグ:草木染 ( 4 ) タグの人気記事
草木染毛糸 2018年
d0090294_02463580.jpg
スーツケースの中は今年染めた草木染の毛糸がいっぱい!何処にも旅行には行きませんが...収納場所に困ったので丁度よく入るスーツケース、大活躍です!現在はもっともっと毛糸があります。どの色も綺麗でうっとりします。
d0090294_02393677.jpg
草木染は若葉の生えてきた6月頃から9月頃までの時期に外で行っています。この黄色いのは白樺の若葉。アルパカとメリノウールで色の付きがかわってきます。実際はもっと強い黄色をしています。
d0090294_02403391.jpg
アボカドで染めると、うっすらベージュのようなローズカラーのような色に変身。1年を通してアボカドの種と皮をためてきました。以前は乾燥していたけど、砕くのに結構力がかかったので、今度は冷凍保存しておきました。なかなか効率が良かったです。
d0090294_02413046.jpg
とっても綺麗な薄茶はアルダーの実から。一見、小さな松ぼっくりのような実です。こういう固いものは熱湯で一晩漬けてから強火で1-2時間煮ます。乾いたら色がもっと薄くなりましたが綺麗です。
d0090294_02421438.jpg
今年は、イラクサと乾燥させたタンジーを合わせてみました。花系は乾燥させると濃い色になります。タンジーは山吹色の綺麗なお花なのですが、菊科なので煮るともの凄くキツイ香がします。なので室内で大量に花を使って煮立てると頭痛が発生しますのでご注意です!
d0090294_02431184.jpg
ふふふ、結果こんな綺麗な色になりました。手前がアルパカ、奥がメリノウール。
d0090294_02442598.jpg
ブルーベリーもなかなか強い色がでます。左がアルパカ、右がメリノウール。毛糸にポリエステルが少しでも入っているとより一層濃い色になります。それでも、十分強い色がでます。フィンランドのブルーベリーは森に沢山生えていますが背丈が15-20cm程です。収穫に時間がかかりますが今年は猛暑で蚊が少なくて非常に摘みやすかった!
d0090294_02470289.jpg
ようやく秋になって顔を出してきたキノコ。これは食用ではないのですが染めにはもってこいです!キノコ=茶色になるというイメージが浮かぶかもしれませんがピンクになるのです!
d0090294_02473541.jpg
こんな風に見てもらうと分かるかな。傘の裏や茎の根本が赤っぽくなっています。乾燥させたり、ちょっと腐らせると色が一層濃くなるそうです。茎のみ、傘のみで違うトーンの染めが出来るのですが私は一変に煮立てます。ようやくキノコが集まって来たので近々最後の染めをします。もう霜が降りてきている天候なので暖を取りならが...
d0090294_02455294.jpg
乾いた毛糸は再度、こうして巻いていきます。この道具がもう1つあるのですが、こうやって毛糸を設置して、もう1つにクルクルと巻いて綺麗なカセを作っていきます。
d0090294_02445328.jpg
今までは丸い玉状にしてラベルを付けていましたが今年は、こんな感じのカセです。ラベルも少し変えて1つ1つ付けていきます。手触りも凄くよく、どの色と合わせても映えるので、この毛糸を使って編むのが楽しみです。

by Kippis_Y | 2018-09-30 03:25 | 村の生活/village life
2月に草木染毛糸 ブログにて販売予定
d0090294_2230543.jpg
昨夜は-20度代だったのに今日は0度近くで雪・風もあり視界が見えにくいお天気です。先週末は片道約4時間かけてスノボー、スキー宿泊に行ったのですが、暗い帰り道に道端にヘラ鹿が立っていて驚きました。フィンランドは村町市があり、それを過ぎると真っ暗な森の道、そしてまた村町市が現れるという感じなので、暗い道は要注意です。幸い対向車はなく、ヘラ鹿ものんびり立っていたので危なくはなかったのですが、トナカイやヘラ鹿との事故は少なくもないのです。

話は変わり、阪急うめだ百貨店で販売しました私の草木染の毛糸は引き続き阪急うめだ百貨店10階のお洒落な衣料品店ノースガーデンさんで販売中です。アルパカ毛糸は残り非常に少ないです。ウール毛糸はまだまだございます。ノースガーデンさんは1月25日より2週間、企画展としてラップランドの作家さん達手作りのアクセサリー類を販売中です。自然素材が好きな方、シンプルなものが好きな方、是非必見です。

草木染の毛糸やニット帽は1月31日まで店頭販売ですが、その後に私の元へ戻ってきますので、その後にブログで販売になります。楽しみにされている方達がおりましたら、もうしばらくお待ち下さいね。2月中旬には販売開始したいです。お知らせでした~。
by Kippis_Y | 2017-01-25 22:53 | 雑貨・インテリア/Interior
今年の草木染めの準備
d0090294_21561714.jpg
急激に雪解けが進み地面が見えてきていると思ったら、もう4月半ばですね。年々フィンランドの冬が去るのが早く感じます。そう思いながらいたら外が何か変…空は青空なのに霙がダダーっと降っていました。でも、こういう霙や雹が急に降るのも春の証拠ですね。そんな風景を見ながら私が作業していたのがコレです。夏に大量に採取した花を乾燥させたもの、この茎と花の部分を分ける作業をしていました。毛糸の草木染に使います。綺麗な黄色になるんですよ。
d0090294_21564230.jpg
子供達と外に出ながら夏に沢山摘みました。途中、子供は飽きてしまった程、私は黙々と採っていました。生のままでも使えますが、その時期は他にも採取するものや作業する事があったので、こうして1階の使っていないキッチン=私の作業場で乾しておきました。カラッカラになったのを茎部分を短くして袋に入れたままでした。写真は去年の夏に採取してすぐつるしたもの。
d0090294_21571565.jpg
こうしてなるべく花の部分のみを使うように分けていきます。こういう無言でする作業が私は好きで、その最中に色々と考えたりして気持ちが落ち着く作業です。音楽もラジオも入らない時間。
d0090294_21574287.jpg
今年、私のお店で販売する分、日本へ卸す分、そして自分用に沢山草木染をします。今年はフィンランド産100%のウールの糸を入手したので凄く楽しみです。1束は400gあるので100gづつに分ける作業もしています。こういう作業はご飯も食べるのも寝るのも惜しんで出きる作業です。
by Kippis_Y | 2016-04-12 22:14 | 村の生活/village life
今年の編み物は草木染の毛糸で
d0090294_23215871.jpg
今年は毛糸で何を編もうかな~。秋になって少し寒くなったので夜寝る前にでも少しでもしたい編み物。きっと今年も靴下やネックウォーマーかな。
d0090294_23223265.jpg
もう随分前になってしまうけど夏に草木染をしました。玉ねぎの皮や、イラクサ。子供達と集めた松ぼっくりや、カルーナ。大人の靴下1足分100gの毛糸が必要ですが、それに必要な植物1kg。結構な量が必要なのです。煮るのに1-2時間、冷ましたり、温度を上げたり、一晩寝かせたりと時間がかかります。その分、完成が楽しみです。でも、これで終わりなのではなく草木染の毛糸を使って編み物をするのも贅沢な時間。自然のものから自然な色。とっても綺麗な色合いです。雪が振る前に植物を集め今度はメリノウールの毛糸で草木染です。とっても楽しみ~。
by Kippis_Y | 2015-09-23 23:42 | 村の生活/village life | Comments(8)