タグ:森の家 ( 5 ) タグの人気記事
森の家 大きな暖炉&窯&薪コンロ お湯が沸いた~!
d0090294_22021220.jpg
フィンランドの家はセントラルヒーティングがしっかりとしていて真冬の-35度以下になっても家の中ではヌクヌクと過ごせる家です。冬になると寒い家に変化する日本の盆地で育った私には、このフィンランドのお家が凄く快適です。でもでも、建設中の森の家は今の生活とはガラリと変わりソーラーパネル、風力、直発電機で熱を補っていきます。家の中の暖房は、この大きな窯!別の部屋には、もう1つ小さな暖炉があります。トイレとシャワー室は床暖房。

フィンランドの家屋には暖炉があるお家も多いです。この暖炉&窯はちょっと特殊で本格的に家が暖かくなるのに約1ヵ月間かかるそうです。1ヵ月毎日薪を燃やすと暖炉全体が温まり、その後は週に1階温めただけで家の中の熱が保たれるそう。え~本当に?!と思いながら毎日4-6時間くらい使用していますが、2週間を過ぎた頃から部屋が暖かくなってきました。でも、まだ家の窓やドアが完璧に仕上がっていないので、隙間風は入ってきますが...
d0090294_22025923.jpg
この暖炉の上に小さな隠れ家的なスペースがあるのですが、その上ではヌクヌクと過ごせます。昔、フィンランドのメイドさんは仕事を終えると、こういう窯の上で寝ていたそうです。それが私には凄く新鮮な話だったので、同じタイプを作って頂いたのです。
d0090294_22023447.jpg
暖炉職人さんの案で暖炉&窯の横に、こんな感じでガスコンロと薪コンロを設置してもらいました。フィンランドではオール電化が多い中、あえてガスコンロです。もしも電気が足りない場合に、ガスや薪コンロがあれば大丈夫でしょう。この暖炉&窯は引っ越した後に白く塗っていきます。
d0090294_22042978.jpg
真新しさバリバリ、まだガスコンロのオーブン部分にステッカーが付いています!上がガスコンロそして、ガスコンロにガスオーブンも付いています。
d0090294_22035325.jpg
昨日は初の試みで、この薪コンロを使用してみました。初めてなので薪は少なめにスタートです。上の部分の扉に薪を入れ灰が下に落ちる仕組みです。薪を燃やしている時は下の扉の空気口のような場所を開け火を燃えやすくします。この他に、煙が部屋の中に逆流しないように火を熾している時は煙突にある換気口も開け煙が煙突から外に出るようにします。完全に燃えたら、換気口は閉めて熱が逃げないようにします。暖炉&窯も薪コンロ同様な感じに扱います。
d0090294_22015094.jpg
隣の薪オーブンも熱が伝わって温まる仕組みです。薪を燃やしていると上のプレートが温まり小さなお鍋の水がお湯になりました。まだ水道屋さんの仕事が残っていて井戸水は家には通っていません。なので自宅から水を持って来てお湯を沸かす!こんな感じでした、笑。以前は森だった敷地。とってもスローペースに建設中のお家なので、こうして水がお湯になるという単純な作業が凄く有難く感じます。お家で作るカレーとキャンプ先で直火で作るカレーや白米を作る工程、食べるのもワクワクしますよね!?そんな感じです。便利な暮らしからスローな暮らしへ~。



[PR]
by Kippis_Y | 2018-10-04 02:44 | 村の生活/village life
まだまだ続く 森の家作り
d0090294_23215366.jpg
はい、未だに未完成な「森の家」。土地作りを入れたら、もう5年位経つのかな。その間に、きっと他の家庭では新築が建ってたりしているのではないでしょうか。でもね、主に主人1人で休みを使って建てています。フィンランドでは、自分で家を建てる方は日本と比較すると多いと思います。昔は木を切って自分で設計した方も多かったですが、現在ではキットのようになっている家を買って組み立てていく仕組みのお家が多いです。なんせ主人は素人!そして頑固な気質もあるので人任せではなく自分で作り上げたいそうです。是非、遠くから見守って下さい、笑。

私も出来る事なら手伝いたいと思い、手伝っています。あまり私に出来る事はないのですが...まずは、室内のドアのペイント剥がし。洗って乾かして研磨機を使って落とせるペイントは落としていくのですが、これがまた、古いドアは重いし、ドアにある小さな釘は邪魔をするし...マスクや帽子、手袋をしていても細かいゴミが入って来て誰にも見られたくない姿でしたよ!幸いお天気が良く蚊が出てこなかったのが救いでした。
d0090294_23183753.jpg
100年以上前のログハウスが組み外されたものを再度立て直したのですが、せっかくのログハウスなので室内の一部をログむき出しに残そうと思います。それだと断熱材があっても、どうしても寒くなるので主な面は、こうしてエコな資材を使って断熱防寒装備。そこへ、昔ながらのフィンランドの方法で、白い紙をはっていきました。壁紙とは、また違うのです。でも「紙」なのです!日本のハンカチやスカーフなどをギフト用にしてもらう際の、あの白い(片方はツヤがあって、片方はグレー色)ケース分かりますか?あんな感じのです。
d0090294_23203118.jpg
横幅150㎝あり、ロール状にまかれています。壁の長さ+少し多めに切り、水に濡らした刷毛/ブラシで水滴をバシャバシャ!とかけていきます。一部屋毎に必要な分を用意し、乾燥しないようにビニールで覆い一晩おきます。翌日、端っこの部分を1センチ程薄く剥がしていきます。(紙が重なる部分が綺麗に見えるように)簡単と言えば簡単なのかもしれませんが、慣れないうちは湿り具合が分かりませんでした。そして、壁が3.5メートルとかあるので、切断するにも良い運動でしたよ!
d0090294_23192548.jpg
壁に糊や壁紙用の糊を混ぜて湿ったこの白い紙をはっていきます。空気が入らないように。湿りっけがあると紙が伸縮する作用があり、乾くと少々乾燥する事から、壁がピン!と綺麗になるそう。写真はまだ紙が乾く前です。A-Jも脚立を上り下り、本当にジムのようでしたよ!この作業は、壁の途中で中断してランチ休憩~なんてできないので(乾燥してしまって伸縮具合のテンションが変わってしまうため)、ランチはいつも2-3時頃になってしまい、夕飯の時間も遅れ...朝から夜まで子供達を家に残し、ずーっと作業。夜は翌日のランチ作り。子供達にも申し訳なかったです。こういう時に、ご飯の支度をしてくれる方がいると非常に有難い!そう何度も思った事か、、、。
d0090294_23163083.jpg
こんな感じでビフォーアフターです。こでで終わりではなく、白い紙の上にペイントをしていきます。部屋によってはアクセントで壁紙を貼る予定です。壁が白くなると雰囲気もガラリと変わって一気に家らしくなりました。この作業を決められた短時間で終了しなくてはならなかったのは、電気屋さんが来るため。でも、結局、電気屋さんは忙しくなってしまって電気配線は途中のままです...
d0090294_23173020.jpg
森の家は、ラップランドのある村の小学校として使われていました。2階分の高さはありますが、2階は使用されていなかったので、階段の位置を私達が決めたのですが、このスペースが非常に狭い。結構、挑戦的な感じで壁となっていました。A-Jも作れば出来るのでしょうが、時間や労働を省くためにもお願いをしようと業者をあたってみたのですが、回答なし!そんな時、数年前まで家具作りの先生をして働いており、東京の森美術館にも仕事で行った事のあるという有力なA-Jの生徒が現れました!我家に2週間程住み込みをして頂き、階段作りのお仕事をお願いしました。
d0090294_23150682.jpg
設計計算はもちろん、限られた空間で作らなければいけない難題。毎日少しづつ形になっていく姿を見て感動しました。階段の下の部分にドアが付き、この部分は小さな収納部屋になります。手前は壁が出来ます。
d0090294_23131662.jpg
生活用水は井戸水からの水を使用する予定です。水道屋さんもね、前に来てもらった業者の方は途中で来なくなり、請求書も来なく...電話しても出なく音信不通です。その後に数件問い合わせても、「電話します。○○日に伺います。」そう言われて結局誰も来ませんでした。今年こそは!そう願い、2件ほど問い合わせましたが、皆来ません。忙しいのかな?それにしても...そんな困っていた矢先に、村の商店で村に水道屋さんがいるよ~と教えて頂き、お世話になれそうです。

A-Jは、トイレにタイルを張り、続いて黒と白のタイルをシャワー室に張る作業をしました。タイルを張るまでにも色んな工程があって、こういう事は未知だったので驚きの連続です。夜中までA-Jご苦労様です!
d0090294_23141872.jpg
順調に行けば、水道を使えるようになり、願えば電気屋さんも秋中に来て頂きたい。そうすれば、監査の人に来てもらいOKが出たら、「住める家」として認証されるそう。実際は、ガスコンロ&オーブン使用のためのガス屋さんへの依頼、床を削ってない部屋もあったり壁もペイントしなければいけない。2階はまだ未完成。玄関のドアを新しく変える、窯や暖炉のペイント、窓枠を入れないといけない、諸々沢山あります。でも、認証されるとなると税金関係云々、もう少し有利になるそうです。

冬はなかなか作業できないので、秋も週末作業は続きます。来年にグンッと家らしくなるかな?!窯、暖炉も使え、薪使用のオーブンやコンロもあるので水さえあれば、お試し宿泊が体験できそうです。冷蔵庫がないので、ちょっとキャンプスタイルですが...

まだまだですが、引き続きユリハリユ家の「森の家作り」見守って下さい。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-03 00:12 | 村の生活/village life
雑草畑準備 お豆の支柱作り
d0090294_22214218.jpg
室内で育てている豆の苗。順調に元気になっています。

ここラップランド地方では、畑に苗や種を植えるのは6月10日頃が相応しいと昔から言われています。その年によって気温差があるので目安ですが、早く植えた場合は寒さ対策として覆いをしておくと良いそうです。種芋の芽の伸びが限界にきてしまったので今年はお天気も良いし既に植えてしまいましたが、明日から数日少し寒くなる予報、大丈夫かな...覆いの下の苺には花が咲き、先日植えた二十日大根・ラディッシュ・葉野菜も芽が出てきています。
d0090294_22214339.jpg
丸でバレーボールが出来そうな感じですが...去年切って乾燥させた白樺、柳などの細い木を使って豆の支柱作りをしました。気温が上昇したら、ここに豆の苗を植えていきます。真っすではない、この歪な支柱、笑。でもね、今年は収穫の年よりも土をよくするために、じゃが芋や豆類を植えるのが目的です。

雑草畑は去年に比べクロバーが増えましたが、それでも背丈の高い&急成長する野草が圧倒的です。数日草むしりしないだけでジャングル化します。毎年、草むしりが追い付かず夏本場には何処に何が植わっているのか分かるのは私だけ!という状態になりますが...いつか、この敷地に畑道具を入れる小屋や作業しやすいようにガーデニングのテーブルセットを置けたら良いな、そう思っています。森の家が完成する頃には雑草畑が快適空間になりますように!


[PR]
by Kippis_Y | 2018-06-03 22:52 | 村の生活/village life
フィンランドの新聞に載りました
d0090294_423769.jpg
5月上旬のある日の新聞で私達夫婦の事が新聞(フィンランドの各地)に記載されました。事の始まりは、今年始め、フィンランドのあるメディアで私達の事が取り上げられたのですが、その記事を読んだ別の記者が興味を持ったそうで新聞記載となったわけです。彼女は今年始め、名古屋に3か月間滞在していたそうで日本繋がりという事だったそうです。

思っていたよりも写真が大きく、3ページ近くにわたって紹介して頂きました。
補足を加えながら記事の内容を大まかに書きますね。
「フィンランド人夫・日本人妻 ラーヌヤルビでエコハウス建設中」

【家を購入になっ経緯】 主人の大学の職場仲間から購入したのですが、「コーヒー休憩の時にログハウスの土台となる天然の石を探している。」と話したとこ、アッサリ「私、持ってるわよ!」っと名乗り出る同僚。芋蔓式のように、ログハウスも販売中とのこと一式セットで購入。そのログハウスは1800年代にラップランドのとある町の小学校として使われ始め、年月が経ち使われなくなったものを職場の同僚が購入し解体しサマーコテージ敷地内に保存しておいたそう。

【家作り経験ゼロ】 主人は氷や雪のデザイン、彫刻、作る作業は長年経験有、しかし犬小屋すらも建てた事がない。(木の彫刻や家具作り経験のみ)本やネットを頼りに主に1人で建設中。(窯や暖炉は職人さんに、外壁作りの時は業者さんに依頼し、友人に友人に助けてもらいながら壁が完成。)

【エコハウス】 電気はソーラーパネル、大きな窯と暖炉、風力発電がメイン。水は井戸から。家つくりに必要な資材は天然のもの、地球にも人にも優しい素材重視。

【主人の経歴】 19歳でフィンランドを離れインダストリアルデザインを専攻するためイギリスの大学へ留学。大学で日本人のクラスメイトと知り合い、約5年間住んだイギリスを離れ、少しのお金を握り日本へ。90日間滞在が日本語で英語の先生の仕事を取得。

【私との出会い】 当時フィンランド人の女性と文通をしていた私。彼女が送ってくるフィンランド語の単語なんて一生のうちで使うわけないと思っていたら、友人の誕生日会でフィンランド人に出会う。後に結婚となって今に至る。

【フィンランドに引っ越したわけ】 Lordi(フィンランドのバンド)がユーロビジョン(ヨーロッパ各国で選ばれたシンガーが競い合う春の歌番組)で優勝しなかったら私達はロバニエミにあるラップランド大学には出会わなかった!日本での仕事に切を付け、再び大学に戻りたいという夫。そんな矢先、フィンランドがユーロビジョンで優勝、バンドのボーカルの出身地がロバニエミ。そこから探りラップランド大学を見つけ、志願、合格となったわけで、主人はアートエドゥケーション科、私はテキスタイルデザイン科へ入学。

【ホームステイ業】 ロバニエミ4年在住中に子供2人が生まれロバニエミから60キロ離れたラーヌヤルビ村へ引っ越し。翌年2012年に私の小さな会社Kassun kotiを立ち上げ。フィンランドの伝統手仕事、編み物、フィンランド料理、フィンランド体験を日本の方達にホームステイという形式で提供。

長くなりましたが&他にも内容はありますがこの辺にしておきましょう。

新聞を読んだよ~と近所の人や、インスタ、FBで声をかけて頂いて有難いです。新聞が配布された数時間後には、ここから車で3時間程離れた市に在住のソーラーパネルに興味のある方より連絡があり、翌週には我家へ訪問しに来てくれました。とある日には郵便受けに1通の手紙。住所という住所ではなく「ラーヌヤルビの古い学校の建築者。」私達夫婦の名前。Kassun kotiとあらゆる情報が書かれていました。便箋には裏表びっしりと応援メッセージが書かれており、最後に「神様の祝福がありますように。」と。ラップランドに住む83歳の女性からでした。心が温まりました。

新聞に載った!というだけで済ませてはいけませんね。大事なのは、森の家の建設を進め家を完成させる事。雪融けもほぼ終わり主人も夏休みに入ったので午前から夜遅くまで働き尽くし。予算がギリギリなためバイトの人は雇ってられませんので私も埃まみれになりながらお手伝いの毎日です。夏が終わる頃には逞しい作業員になっているでしょう、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-05-24 04:56 | 村の生活/village life
森の家作り 石釜/暖炉作りが始まっています
d0090294_2352928.jpg
インスタにもアップしたのですが、森の家の様子です。2011年の冬に土地探しが始まって、2012年に70m先の森の土地を購入。森を綺麗にし2013年に解体されたログハウス購入。2013年に井戸を探し、家の基礎、外壁を建て、2014年に屋根のブラケット完成。
d0090294_2374515.jpg
2015年は床張り、窓をリファービッシュ、断熱材を入れました。今の家々ならすぐに建設されてしまうけど、すっごくゆっくりですよね。家作りの業者さんを雇ってないのでA-Jが長期休みが出来た時に建てています。素人なので水まわりや火に関しては業者さんを雇っています。基本的に冬は作業は休みなのですが、屋根が出来たので今は石釜/暖炉作りの職人さんレイヨが作業をしています。
d0090294_2316442.jpg
レイヨの持っている強力なオイルヒーターで部屋を温かくしながら作業をしています。1階から2階は吹き抜けになっているのですが暖房の熱を保つために天井にはシートを数枚張っています。現在は小さなソーラーパネル(冬場は不活動)とジェネレーターで作業をしています。この森の家は最終的にソーラーパネル、風力とジェネレーターでエネルギーを得る予定です。風力発電は屋根に1つ付けたのですが、問題があるのか、なかなか動きません…来月の下旬には光も多くなるので大きなソーラーパネル、風力発電の追加&春先にはエネルギーを蓄積するバッテリーを購入予定です。

このリビング/キッチンには昔ながらの大きな石釜/暖炉が出きる予定です。食事を作る、パンを焼く、家の中を暖める役割の重要な部分です。暖房が暖炉だけでは冬の外出時は寒くなりますよね、そんな時のために冷暖房のエアコンも付ける予定です。薪オーブンやコンロだけではなくガスコンロも付ける予定です。

A-Jが、去年「基礎から作っているので、僕にとってはもう住めるくらいの家になった。」と言っていたけど、私も実際、そんな感覚に陥ってしまいましたよ。2011年からの写真を見返してみると胸が熱くなります。森だった所が段々と形になっていっています。本格的な家作りは4月頃から開始です。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-12 23:35 | 村の生活/village life | Comments(10)