タグ:料理 ( 34 ) タグの人気記事
ライ麦粉で自家製酵母 サワードウ 
d0090294_00192783.jpg
久々にライ麦自家製酵母でライ麦粉100%のパンを焼きました。とっても香ばしい香りでライ麦粉と酸味が絶妙な味です。
d0090294_22562167.jpg
2014年よりライ麦自家製酵母を使ってライ麦パンを焼き始めたのですが最近全然焼いていなかったので久々です。私は生酵母と、もしものためにと乾燥させて保存をしておきます。この乾燥させたのは何年経っても、またふやかせば目を覚ませてあげる事が出来るしエサやりを忘れて酵母が酸っぱくなりすぎるのも防げるので、とっても便利です。

ジャムなど入っていた瓶に何となく手で砕いた乾燥酵母を水とライ麦粉を混ぜ3日間、室温で放置します。(我家の場合は22-23度) 布を蓋替わりにし輪ゴムでとめ、毎日、朝と夜に箸でかき混ぜます。大きいかな、と思うような乾燥酵母も翌日にはふやけて混ざってしまうので大雑把に砕いて大丈夫です。2日目くらいで上澄みに茶色い水が出てきた場合、それを捨て、表面に小さな泡が出てきたらエサやりの開始です。ある分量の酵母を取り出し(残りは捨てます。もったいないかもしれませんが、そうしないと菌がエサ不足になり更に酸っぱくなってしまいます)、ライ麦粉、水を混ぜ再度布で蓋をし室内に放置。翌日同じようにエサやりをします。
d0090294_22532118.jpg
我家の場合、5,6日目頃で気泡が大きくなり酵母も二倍に膨らんでいます。黄色い輪ゴムが元の量です。スプーンで掬うとチョコレートムースの様なふわっとした感じです。そうなれば酵母として使えます。室温によって酵母完成日数が異なるかと思いますが、同じように毎日エサやりをしていくと必ず二倍に膨らみます!
d0090294_22535069.jpg
分量の酵母を取り出し、ライ麦粉と水を混ぜ乾燥防止用に布を被せ一晩置きます。※1 この時、余った酵母は冷蔵庫に保存しエサやりを1週間に1回すれば生酵母として使えます。翌朝はこんな感じに元気に気泡が出ています。この中に更にライ麦粉、水、塩を入れヘラで混ぜます。ライ麦粉はグルテンが少ないので小麦粉のパンと比べ生地がまとまりません。まとめようとして粉を足すと固いパンになってしまうので5-10分程度、全体が混ざったな~という感じでヘラでかき混ぜただけで大丈夫です。小麦粉の天然酵母と比べると、とっても楽です!
d0090294_22541074.jpg
こうやって十字架マークをしてパラパラと粉をかけます。このマークには「神様の祝福を受けました」という意味合いがあるそうで、2倍に膨らんだ時の目安にもなるそうです。布をかけて室内に放置。
d0090294_22543906.jpg
約4時間後、いい感じに膨らんでいます。私は、この生地で2つ分のパンを焼くのですが、その時に、こぶし位の大きさの生地を別に残します。※2 この状態の生地を取り冷蔵庫で保存しエサやりをしてもOKです。(※1又は※2どちらの方法でも可能) もしくは乾燥酵母にします。
d0090294_22552632.jpg
乾燥酵母の場合、生地を捏ねる入れ物の側面にヘラで生地を薄く伸ばします。このまま棚に入れておくと、すぐ乾燥するので生酵母でのパン焼きが生活のリズムに合わなくなってしまったら乾燥酵母を再度、目覚めてあげればいつでも使えます。
d0090294_22545977.jpg
打ち粉をして片方の手のひらを使ってグルグル生地を回し、お山のてっぺんを作る感じで成型。粉をかけ布をし2時間位休ませます。
d0090294_22555519.jpg
いい感じにひび割れしています。250度に熱したオーブンに入れ、更に一掴みの氷をオーブンの底に入れ200度に下げ約1時間焼いて出来上がりです。
d0090294_00200065.jpg
冷めてももちろん美味しいのですが焼き立ての香ばしさは最高です!生酵母や乾燥酵母がなくてもライ麦粉と水にライ麦パン100%の一欠けをちぎって酵母をおこす人もいますし、小麦粉と水のみでも酵母はおこせるので菌の力は凄いですね。バターを塗ってチーズをのせて食べます。更にキュウリやトマト、スモークサーモンやハムなどをのせたオープンサンドにすると結構お腹も満たされます。私の大好きなパンです。



by Kippis_Y | 2019-02-11 22:42 | 食べ物色々/food
小麦粉で自家製酵母 サワードウ
d0090294_16585468.jpg
久々に小麦粉の自家製酵母(サワードウ)をおこしパン焼き再開です。今はライ麦酵母も待機中。こちらは小麦粉とグラハム粉ミックス。
d0090294_17002777.jpg
酵母が活発になってパンに使用できるまで約1週間少しかかりました。室内の温度が21-22度なので、結構ゆっくりめです。ある朝起きたら緩く閉めた瓶蓋からあふれ出していました。そうそう、この調子!まるで赤ちゃんの成長をみるかのように、笑。
d0090294_17011486.jpg
朝の元気な酵母を味見をしてみたら酸味が強かったので再度エサやりをして午後から捏ね始めました。完成のパンに至るまで、とってもスローペースですが慣れてくると、このゆっくりさが忙しなく良いです。私の場合本を参考にして、こんな感じです。

① 朝エサやりをし夕飯後に酵母、水、粉を混ぜ布をかけ約20分放置。
② なんとなく約10分捏ね濡れた布をかけ1時間半放置。
③ 塩を混ぜ生地を叩きつける用に捏ね、ひとまとまりになるまで約30-40分。
④ 布をかけ冷蔵庫で一晩寝かせる。
⑤ 朝、冷蔵庫から出し常温で完全に生地が2倍になるまで放置。
⑥ ガス抜きをし、この時にドライフルーツやゴマなどと入れて2-3時間布をかけ放置。
⑦ オーブン下にトレーを置き300度に熱し、温度に調達したらクープを入れたパンをオーブンへ。
※ この時に一掴みの氷をオーブン下に置いたトレーに入れ温度を240度に下げ10分焼く。
※ 外がパリパリになりスチーム効果で酵母の膨らみがよくなります。
⑧ その後200度に下げ25分焼きオーブンから出し、20-30分休ませて完成。
※ 休ませた後は布に包み、完全に熱が取れたら袋に入れ保存。

あまり頻繁に焼かない場合は酵母を冷蔵庫にしまい1週間に1度エサやりをしています。冷蔵庫から取りだし酵母の一部を別の瓶に入れ酵母と同じ分量の粉と水を入れ常温で2時間程置き、酵母が元気にプクプクし量も倍近くなったら冷蔵庫へ戻します。焼く時は冷蔵庫から取り同じようにエサやりをし(例えば朝)、常温に置き、同じ日の夜と翌日の朝、(焼く前に最低3-4回)エサやりをし酵母が2倍以上になっていればパン作り開始!
d0090294_16594319.jpg
ドライフルーツを入れたパンが子供達のお気に入りです。この日は小麦粉、グラハム粉、オートミール入り。小麦粉に比べ他の穀物はタンパク質が低いので、まとまりも小麦粉のみより時間がかかります。オートミールは水分を吸い捏ねている間に形が崩れているので全然違和感ありません。
d0090294_17360883.jpg
札幌出張の夫は大好きなメロンパンをよく食べていたら飽きたそうなので自宅へ戻ったらサワードウパンを早速食べてもらいましょう!以前、日本に住んでいた時も大好きな大福を食べすぎ一時期飽きたそうです。それはそうですよね、バランスが大事ですね。

by Kippis_Y | 2019-02-08 21:00 | 食べ物色々/food
懐かしの 手打ちうどん
d0090294_17355900.jpg
札幌出張中の夫A-J。札幌雪祭りのためにラップランド大学の大学生7人と一緒に毎日夜遅くまで制作をしていたそうです。雪テラスの前に面白い作品があるそうですので足を運べそうな方は是非!そんな彼はご褒美休暇として生徒と一緒に旭川の温泉に入りに2泊している最中です。自宅に来るまで、あと約一週間。もう一息!

留守番をしている子供達のリクエストに応えて手打ちうどんを作りました。踏んで捏ね捏ねするのが楽しいようです。粉750g程使ったのですが1日目はだし汁と野菜と一緒に、2日目は鶏肉団子の鍋うどんにして食べました。
d0090294_17365226.jpg
私の実家は田舎なので田舎名物として「うどん」を亡き母はよく打っていました。業務用?というような大きなボールや鍋に、武器に出来そうな麺棒や、のし台を使って。5人家族に加え、お客さん用にも、それでも余る程一回で打っていたので大そうな力も使っていたのでしょうね。やはり母と言うのは偉大ですね。うどんが茹で上がると、水でササッとさらして、お椀にのせ醤油や鰹節をかけて台所でススッとすすったあのシンプルな食べ方。私も子供達に同じ事をしています。
d0090294_17374114.jpg
美味しいお出汁を使って簡単な野菜うどん。ここに日本からの貴重なワカメと鰹節やゴマをすって...あまり美味しそうに見えないけど...こしがあって上手に出来ました。子供達のお皿には、うどんの端っこ部分のちょっと太くて歪な形をしたうどんを隠しておきます。見つけると凄く大喜びをするので。こういう小さな喜びは今のうちだけですね!

by Kippis_Y | 2019-02-07 12:11 | 食べ物色々/food
フィンランド 父の日のすき焼き 牛肉落とし穴
d0090294_05593734.jpg
Valkoretikkaというフィンランド語名称の白いものは大根です。こんな感じでプラスティックに包まれ皮つきカット売りされています。根野菜売り場に数個売られているのを見つけると1-2個買っておきます。長持ちするし時たま作る日本食に使うと故郷の味を思い出します。フィンランド料理に大根を使うレシピは今まで拝見した事はないのですが皆さんどうやって調理しているのかな。ピクルスとかかな。日本の大根は立派な大きさですよね。イタリア産の大根は細身ですが、それでも大根!贅沢は言ってられません。
d0090294_06000678.jpg
大好きな茅乃舎の出汁を使ってシンプルに大根の煮つけ。我家の子供はクタクタに火の通ったお味噌汁の野菜が大好き。大根の煮つけも大好物です。それから大根・人参・玉葱を鰹節とゴマ・マヨネーズで和えたサラダ。
d0090294_06020317.jpg
先日、11月の第2日曜はフィンランドでは「父の日」でした。日本食の副菜各種作って、普段あまり作らない「すき焼き」にしました。フィンランドでは日本のように霜降りで薄くスライスされたお肉に出会う事はあまりありません。でもね、スーパーへ買い出しに行ったら「珍しい!スライス売りがあるじゃない!」。即座にカゴに入れて...脂の旨味を出すために別に脂多めの牛肉も少量買いました。

父の日当日の夕方、さ~準備は万端!スライスされたお肉の包み、珍しく2つに分けて包装され高級品みたいじゃないの!なんて思ったのも束の間...「何じゃこれ?スライスされてるかと思ったら1枚のお肉に縦筋がビビビーとあるだけではないかーい!(撃沈)。折角の父の日のメイン料理が...」ゴミ箱に捨てたパッケージを見て見ると「2枚入り」と書いてある...あ~何も確認せず舞い上がってしまった...それにしても、こういう見た目は沢山お肉のスライスがあるように見えますよね...(しょぼーん)。仕方ないので食べやすく切って使用しました。
d0090294_06022487.jpg
すき焼きには春菊が定番ですが、無いのでルッコラで代用です。車で30-40分程走って国境を越えたスウェーデンのお店で韓国産のしらたきを買い、父の日のすき焼き出来ました。子供達は、しらたきが大好きで、5歳のこゆきは「スパゲッティー」と言いますが...綺麗に完食しました。
d0090294_06011361.jpg
10歳の娘・ことりが小学校で父の日のプレゼント用に作ったお菓子。蓋つきの箱は折り紙箱で上手に作れていました。
d0090294_06004638.jpg
8歳・あんじんも学校でプレゼント用に作ったチョコレート。ポップコーン、ナッツ、マシュマロ、リコリスがのっています。

子供達は父の日を誕生日のようにワクワク待っていました。「世界で一番の私/僕のお父さん」というメッセージと共に誇らしげにプレゼントを渡していました。子供の率直で純粋な愛。子供からも学ぶ事も沢山。子供達が描いた絵を見てA-Jも嬉しそうでした。いつまでも良い父子の関係でいられますように♡

by Kippis_Y | 2018-11-14 20:23 | 食べ物色々/food
母親の手が臭かったわけ
d0090294_4482137.jpg
幼い頃、今は亡き母親の手が変な臭いがする~と思った事がしばしばありました。言葉に出来ないあの感じ。でもでも、その臭いの原因が分かりました。あれはきっと糠漬けの糠だったんだ!そう気が付いた私は4月7日で、めでたく36歳になりました。

糠を日本から運んできて頂き念願の糠漬け完成。毎日楽しんでいます。久々に糠漬けを食べたら「そうそう、故郷の味!」そう感じました。薄味にした料理を食べて糠漬けを一緒に食べると塩加減も丁度よくて本当に美味しい。A-Jも少々食べるけど、子供達は「臭い~」と言って食べません。糠から野菜を取る時も、取って綺麗に洗った手が近づいても「臭い、あの日本のピクルスだ!」と言います。(納豆や味噌、醤油なんて飲んでしまう勢いで好きなくせに~ チッ!)でもね、私も小さい頃に臭いと思っていたから気持ちが分かるな~、その反面に子供の反応が微笑ましく思えます。

パプリカやアボカドも漬けてみたり、糠をちょっと取って豚肉も漬けてみたけど、やっぱりキュウリとナスが一番かな。ニンジンは生でも十分甘くて美味しいので人参の糠漬けは、その次かな。フィンランドのキュウリは日本のと比べると遥かに大きいです。同じくナスも巨大。なので2日間漬けると丁度よく美味しいんです。

そう言えば、私達が結婚したてで、まだ日本に住んでいた頃、時たま実家へ帰ると、母親がA-Jと顔が合う度に「ナス食べる~?」と聞いていたっけな。当時まだ日本語が危うかった彼は母親のお陰で「ナス食べる~?」と言う日本語が上手になりました。あまりナスが得意じゃないA-J、それに2時間置き位に聞かれてもナスばっかり食べられないよね、笑。そんな事を糠漬けを漬けながら思い出してニヤニヤ。A-Jに「漬物食べる?」って聞く度に2人暗黙の了解のように母のナスの事を思い出します、笑。そんな漬物思い出話でした。
by Kippis_Y | 2017-04-09 05:19 | 村の生活/village life
7歳の誕生日 子供達に人気なもの
d0090294_5314887.jpg
「私以外の家族全員はピエロに仮装してゲストの友達を出迎える。7歳の誕生日のケーキはチェリー味のゼリーケーキ。上にはクリームとチェリーをのせてね。」幸いにもピエロに仮装しなくて良かったけどリクエストのゼリーケーキは作りましたよ。すっごく特大なのを。彼女が描いた通りの大きなゼリー。2.5Lあります・笑。招待したお友達と一緒に熱々のラザニアを食べてデザート時にお誕生日の歌を歌いました。巨大なゼリーにちゃんとキャンドルを灯して。このキャンドルただのキャンドルではなくて炎の色が変わるオーロラキャンドルなのです。お友達も初めてみたそうで「消さないで、もう少し見てようよ~」なんて言って少し眺めていました。
d0090294_5235082.jpg
この他にチョコレートチーズケーキを焼いたのですが、それよりも子供達にはマフィンのデコレーション作業が大人気でした。マフィンに各自でグルグルっとクリームを絞り出してマシュマロや砕いたキャンディー・チョコレートスプレーでデコレーション。もう1つ大好評だったのがアイスクリームソーダ。炭酸飲料にアイスクリームをポンッと落としてシュワシュワ~っとなるのが楽しかったようです。その中にもトッピング材料を投入して創作炸裂!皆、凄く楽しんでいたので私もとっても嬉しかった。

誕生日主役の、ことりはパーティー中に前歯の乳歯が抜け、これまた楽しいサプライズでした!
by Kippis_Y | 2015-09-27 06:19 | イベント/event | Comments(6)
森と雑草畑の味
d0090294_364167.jpg
今年の夏の出だしは寒いです。でも、nokkonen:イラクサも生え放題&採り放題。雑草畑のチャイブも育ちが良いので先日、イラクサとチャイブを入れたクリームベースのソースを作りました。
お昼を作る前に子供達と森へ行った時、ことりが「これ、食べて」と言って丸い赤い花をくれました。食べてみたら蜜があって甘~い。それはブルーベリーの花でした。持って帰って焼いたチキンの上にデコレーション。

先日、ちらりと書きました右親指の「ささくれから、ばい菌が入り肉芽ができた」件ですが、痛みは和らいだもの肉芽が消えないので今日、切断してきました。今は包帯でグルグル。輪ゴムで指をきつく縛って血の循環が悪いような感覚です。明日、また経過を見せに行きます。こんなになっても通常の生活をこなさないといけないので早く綺麗に治って欲しいですね。
by Kippis_Y | 2015-06-18 03:22 | 食べ物色々/food | Comments(6)
世界1臭い食べ物? シュールストレミング
d0090294_585518.jpg
ラーヌヤルビの村より45キロ先はスウェーデン。国境越えもスイスイと行けるので時たま小さなスーパーに行きます。今回は、怖いもの知らずでシュールストレミングを買ってきました。そう、世界で1番臭い食べ物と言われているスウェーデンの食べ物、シュールストレミング。フィンランド語でHapansilakkaと言われ直訳すると酸っぱいニシンです。YouTubeで見たら、とんでもないリアクションのアメリカ人やフィンランド人、イギリス人…そんな中、日本人の男性は普通に食べているし、ジェイミーオリバーも美味しいといっている。これは自分で験してみるしかないでしょう!っとゲストの方と近所のヤーナと一緒に缶をオープン!もちろん外でね。結果、あんなリアクションをする程、臭くないじゃな~い!でも、いつの日かヤーナの家のトイレのパイプが壊れてた時の、あの臭い…そっくりでした。
d0090294_59138.jpg
それ程、耐えられない臭いでもなかったのでキッチンで食べましたよ。まずはニシンを水で流して小さくカット。白いパンにバターを塗ってサワークリームの上にスライスしたじゃが芋、小さく切った生の玉ねぎをのせて、シュールストレミング、ブラックペッパー。パクリと食べたら、思ったより食べられましたよ~。糠漬けを思い出すような…塩気もしっかりしているので小さく切って食べるのがお勧めです。それに濃厚なサワークリームや玉ねぎの臭みが味を和らげてくれます。次回は買わないだろうけど、思ったよりも大丈夫でしたよ!
d0090294_594337.jpg
ただ…量が多いので全ては食べ切れず冷蔵庫へ保存して外出。帰宅したら冷蔵庫が凄~く臭い!即座に撤去でした。でも、まだ臭い…しかも、酸味があるので食後に胃が焼け1日たった今でも胃焼けしています。なのでお勧めは食べる前に牛乳を飲んで胃に膜を作っておいたほうが良いです!食べる時よりも後が怖いシュールストレミング、笑。
by Kippis_Y | 2015-02-23 05:34 | 村の生活/village life | Comments(6)
トナカイの肉から挽肉・骨から出汁作り
d0090294_214592.jpg
もう11月も後半。冬も本格的になってきました。今週末はA-Jが泊りで仕事なので子供達とクリスマスの飾りを作ったり雪遊びしたり料理を手伝ってもらったりして過しています。今日は綺麗な風景が見られたので写真を撮りたかったけどA-Jがカメラを持って行っているので、また今度の機会に。

さて、この間は、近所の方に来てもらって面白い事をしました。トナカイの肉の挽肉作り。私達の住む小さな村、ラーヌヤルビはトナカイ村です。毎秋、新鮮なトナカイのお肉を近所の方より購入します。今年も1頭、骨付きで来ました。トナカイの足部分の肉(骨の周りに付いている部分)をプーッコと言うフィンランドの伝統工芸品のナイフで削ぎ落とし、この手動ミキサーに入れます。力もそんなに必要なく簡単に挽肉の出来上がり~。面白いのが、最後の一分張り分を出すのに、ライ麦のクラッカーをガリガリとミルして押し出します。こんな知恵おもしろいですよね。
d0090294_21465253.jpg
d0090294_21462983.jpg
そして骨も捨ててはNG!削ぎ落とせなかった、お肉も結構付いていて、骨からも美味しい出汁ができるのです。まず、オーブンを300度に温めて骨・人参・セロリ・玉ねぎ・ニンニク・カブ・根セロリなどをトレーにのせ焦げ色が付くほどに熱して、その後は全てを鍋に入れ、ひたひたまで水を入れ沸騰。出汁袋に月桂樹の葉・夏に畑で採れたラベージ・オールスパイス・ブラックペッパーを入れて灰汁を取ります。12-24時間弱火で煮ます。その後は骨からお肉を取って、野菜類を取って漉して冷まします。そうすると油が上に浮いてくるので、それも後程油として使えるので保存。出汁は小分けにして冷凍庫へ。出汁には塩が入っていないので料理を作る時に足します。我が家は24時間煮たので1日以上かかったけど、1回1回小さな分量でするよりも1回にドーンと作ってしまった方が効率的です。フィンランド移住時に日本から持ってきた大きな鍋も大活躍!骨も無駄にせず美味しく頂ける事、感謝です。
by Kippis_Y | 2014-11-23 22:19 | 村の生活/village life
白樺の葉を食す
d0090294_21245055.jpg
今年の白樺のカゴのワークショップ、そしてククサのワークショップに参加された方の内、2名は北海道・下川町でしらかばsuloと言う白樺の魅力を存分に引き出そうではないか!と言う面白い活動をしています。メンバーの1人のSakikoさんは白樺が大好きです。そんな彼女の情熱を受け我家の庭の若い白樺の葉を食してみました。
d0090294_21252564.jpg
白樺の葉は春先から夏至祭前頃まではサラダやお茶にして口に出来る葉の1つと言うのは知っていたけど実際に、こうして1品料理にして食べるのは初めて。まず白樺の葉を味見して、こんなの合うかなーっと閃きを頼りに。若い白樺の葉の上にはゴートチーズ。ナッツをのせてタンポポの花びらにブラックペッパー、スモークパプリカパウダーに蜂蜜をかけて出来上がり。白樺の葉はお皿代わりに。でも一緒にペロリと食べます。葉自体の味は爽やかで少し甘みもあってレモンと合いそうな感じです。葉がメインと言うよりは一緒に添えるのに良いのかな。チーズが柔らかいので葉の触感があって合うと言えば合うような、邪魔ではない存在でした。
d0090294_2125815.jpg
お次はグリーンサラダ。色々な葉の中に白樺の葉も混ぜて。こちらも違和感なく食べられます。
季節物として食べるには白樺の葉も良いかもしれませんね。

私は以前に北海道に在住していたのですが当時は下川町と言う町は残念ながら知らず...こうして今回、お2人にお会いして「下川町面白い町!」と思ったのです。未来がある町と言うか、楽しそうな町です。7/11-13は下川町で森ジャムと言うマーケットが行われるそうです。お近くの方、是非!
by Kippis_Y | 2014-07-08 21:50 | 村の生活/village life