人気ブログランキング |
タグ:手作り ( 234 ) タグの人気記事
森の家 今年も作業開始~ 沢山ある窓
d0090294_20004644.jpg
村の人や久々に会う友人との出だしの会話が「森の家はどうだい?」こんな感じです、笑。今年は1ヶ月早めに作業開始してみました。ソーラーパネルのみで電気を供給していますが11月から1月始めまでは日照時間が少なく室内もマイナスになってしまうので建設中の間は熱をためるバッテリーを現在の住処に移動させています。なので冬場は真っ暗・寒くなるので作業は出来ません。1月も過ぎると太陽が出てきて3月にもなれば太陽がギラギラ、日照時間も長いので屋根の雪を掃ってソーラーエネルギーを使用できます。ただ、まだ室内はまだ断熱材を全ての箇所に入れておらず夜中にマイナスになるので、電気使用はもう少しかな。何よりも、ソーラーの熱を貯めるバッテリーが1つ60キロ位の重さで、合計4つあります。雪深いので車でまだ行けません。雪融け早く進んで~!
d0090294_20011141.jpg
なので電気がなくても出来る事をします。昨日は窓と窓の間にシリコンシールを貼りました。これで隙間風が防げます。両面テープが片面についているので窓枠に合わせて切って貼るだけという簡単作業です。
d0090294_20043070.jpg
100年以上前の小学校を組み外し移築したわけですが、窓もボロがきているわけで窓修理経験のある方にお願いし一部をなおしてもらいましたが、こういうシリコンシールは簡単なので私にも出来ます。
d0090294_20040851.jpg
埃をかぶっているので綺麗にします。フィンランドの家は極寒にも強い構造で作られています。なので窓は3重使用!外側の窓、内側は2枚1組になっています。なのでシリコンシールを貼った窓を(写真奥)もう1枚の窓に重ね上下ネジでしっかりとめます。
d0090294_20015861.jpg
分かるでしょうか、こんな感じで真ん中部分が白くなっているのがシリコンテープです。
d0090294_20030071.jpg
リビングの窓は12枚の枠なので12×3枚=36枚のガラス窓が必要です。2か所ガラスではない部分は外の窓はありますが内側の窓のガラスが無い為、特注をします。その後、他の窓同様に設置になります。この家だけでも合計130枚近くの窓となります。これは掃除が大変そうですね、、。この日は室内0度でしたけど動いていると凄く寒いという訳でもなく作業できます。
d0090294_20050539.jpg
大工さんではなく夫A-Jが作っているので本職の大学での仕事が夏休みに入ったら本格的に開始です。子供達は6月から8月中旬まで長い夏休みに入るので家族で協力しながら、私も出来る事はし一歩でも引っ越しの日が近くなれば~そう思っています。さ~引っ越しは果たしていつでしょうか??!





by Kippis_Y | 2019-03-26 19:59 | 村の生活/village life
おばあちゃんの形見の織り機 ブランケット完成 
d0090294_18505052.jpg
水辺近くに居たらワニ2匹に気が付かれ襲われ、両手を使って必死にワニの口を上下に開き腕の力でワニを圧し折ったという夢を見て目が覚めました。一体何だったのでしょうか、夕べ寝る前にパン捏ねをした余韻、そして今朝は寝坊は出来ない、早起き!という事からの夢でしょうか。夢で良かった〜。

さて、先日ようやく織り終わったブランケット3枚。経糸はウール100%オフホワイト、左はブルーベリーで染めた草木染(一部は種から育て藍染にした毛糸使用)ウール100%、中央はルバーブの葉で染めたメリノウール100%&玉葱の皮で染めたメルのウール100%。右はメリノウール100%の市販の黒い毛糸。どれも夫々違って良いです。織っている時も楽しいですが織り機から外す時は更にワクワクします。織りあがりは糸くずも付いているし若干固いので洗濯をして干した後には、毛糸がふっくりと戻ります。
d0090294_18534735.jpg
夫のおばあちゃんの形見の織り機は、ラップランド大学に在籍していた時に使っていたのや、一般的に使われている織り機と多少違いがあり説明書もなくネットからの情報も少なく...なので今まではペダル2本のみのプレーン織をしていました。でも時にはペダル4本使って、もう少し模様豊富な織をしてみたかったのです。織り経験のある方や大学の先生に見てもらっても「謎」だったのですが。。。試行錯誤&ようやく同じような織り機を持っている方を知り、ようやく4本ペダルで出来ました。
d0090294_19175049.jpg
ちょっと見えにくいかもしれませんが、こんな感じの模様です。この模様は経糸と横糸の色のコントラストがある方が模様がくっきりします。このブランケットの場合、経糸が700本以上あり1つでも設置する所を間違うと後で直すのが非常に面倒なので慎重作業です。なので1回で経糸設定をする時は3枚位織れるようにします。何も糸がなくなって織り機はガランとして寂しいですが、来月はマフラー編み、夏-秋はマットを織る予定です!
d0090294_18500199.jpg
ところで、シャフトとペダルを吊っている部分の大元は紐で吊られているケースが多いのですが、おばあちゃんの形見は、こんな風に強力なゴムになっています。丁度、7年前まで乗っていた車のタイヤのインナーチューブがあったので切って活用しました。脱離生活が必要ですが、でも片道1時間かけて慌てて買いに行く事を考えたら「放置保管しておいて良かった〜!」そう思ったのでした。


by Kippis_Y | 2019-03-20 18:46 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランドの謝肉祭のお菓子 ラスキアイスプッラ
d0090294_22434553.jpg
謝肉祭の時期に食べるフィンランドの焼き菓子ラスキアイスプッラ完成~!フィンランドの定番の菓子パン、プッラの中にジャムと生クリームが挟まったお菓子です。生クリームは脂肪分が、しっかりとあるのでドッシリとお腹にたまるラスキアイスプッラ。お店では女性の握りこぶしよりもはるかに大きなのが売られていますが、大き過ぎ、時たまパサパサした生地なので、家庭で作るのが一番美味しいです。
d0090294_22441339.jpg
いつものプッラよりも小さめに作って焼いてみました。長くて暗い冬の後にやってくる自然の光の中で作業をすると気持ちが良いですね。
d0090294_22443983.jpg
プッラが焼けて粗熱が覚めたら上部分を切って中身に窪みを作りジャムを入れます。定番は苺ジャムもしくはアーモンドペーストを入れますが、どちらも我家にないので夏に作った黒カシスのジャムで代用。
d0090294_22450573.jpg
切断面よりもはみ出る感じで&高さを出すように生クリームを絞ると何か良い感じ~と思ってするのですが急いでいたのでバラバラ~笑。
d0090294_22453540.jpg
最後に帽子を被せるようにのせて完成~。うん、子ぶり具合が良くて黒カシスのジャムも合ってる、美味しい!
d0090294_22455618.jpg
謝肉祭の時はこういう、エネルギーたっぷりのお菓子や、フィンランドのお豆スープを食べる習慣があります。食べおさめ、さ~これからイースターまで断食、お肉は食べません!というキリスト教の由来です。でもでも現在では実際にストイックに行っている方は身近にはいませんが、こうやってお豆のスープやラスキアイスプッラは食べ続けられています。そしてフィンランドでは何故か謝肉祭の時期にはソリ滑りをします!子供と一緒になって大人も滑ると結構楽しいのです!

by Kippis_Y | 2019-03-04 22:43 | 食べ物色々/food
ライ麦粉で自家製酵母 サワードウ 
d0090294_00192783.jpg
久々にライ麦自家製酵母でライ麦粉100%のパンを焼きました。とっても香ばしい香りでライ麦粉と酸味が絶妙な味です。
d0090294_22562167.jpg
2014年よりライ麦自家製酵母を使ってライ麦パンを焼き始めたのですが最近全然焼いていなかったので久々です。私は生酵母と、もしものためにと乾燥させて保存をしておきます。この乾燥させたのは何年経っても、またふやかせば目を覚ませてあげる事が出来るしエサやりを忘れて酵母が酸っぱくなりすぎるのも防げるので、とっても便利です。

ジャムなど入っていた瓶に何となく手で砕いた乾燥酵母を水とライ麦粉を混ぜ3日間、室温で放置します。(我家の場合は22-23度) 布を蓋替わりにし輪ゴムでとめ、毎日、朝と夜に箸でかき混ぜます。大きいかな、と思うような乾燥酵母も翌日にはふやけて混ざってしまうので大雑把に砕いて大丈夫です。2日目くらいで上澄みに茶色い水が出てきた場合、それを捨て、表面に小さな泡が出てきたらエサやりの開始です。ある分量の酵母を取り出し(残りは捨てます。もったいないかもしれませんが、そうしないと菌がエサ不足になり更に酸っぱくなってしまいます)、ライ麦粉、水を混ぜ再度布で蓋をし室内に放置。翌日同じようにエサやりをします。
d0090294_22532118.jpg
我家の場合、5,6日目頃で気泡が大きくなり酵母も二倍に膨らんでいます。黄色い輪ゴムが元の量です。スプーンで掬うとチョコレートムースの様なふわっとした感じです。そうなれば酵母として使えます。室温によって酵母完成日数が異なるかと思いますが、同じように毎日エサやりをしていくと必ず二倍に膨らみます!
d0090294_22535069.jpg
分量の酵母を取り出し、ライ麦粉と水を混ぜ乾燥防止用に布を被せ一晩置きます。※1 この時、余った酵母は冷蔵庫に保存しエサやりを1週間に1回すれば生酵母として使えます。翌朝はこんな感じに元気に気泡が出ています。この中に更にライ麦粉、水、塩を入れヘラで混ぜます。ライ麦粉はグルテンが少ないので小麦粉のパンと比べ生地がまとまりません。まとめようとして粉を足すと固いパンになってしまうので5-10分程度、全体が混ざったな~という感じでヘラでかき混ぜただけで大丈夫です。小麦粉の天然酵母と比べると、とっても楽です!
d0090294_22541074.jpg
こうやって十字架マークをしてパラパラと粉をかけます。このマークには「神様の祝福を受けました」という意味合いがあるそうで、2倍に膨らんだ時の目安にもなるそうです。布をかけて室内に放置。
d0090294_22543906.jpg
約4時間後、いい感じに膨らんでいます。私は、この生地で2つ分のパンを焼くのですが、その時に、こぶし位の大きさの生地を別に残します。※2 この状態の生地を取り冷蔵庫で保存しエサやりをしてもOKです。(※1又は※2どちらの方法でも可能) もしくは乾燥酵母にします。
d0090294_22552632.jpg
乾燥酵母の場合、生地を捏ねる入れ物の側面にヘラで生地を薄く伸ばします。このまま棚に入れておくと、すぐ乾燥するので生酵母でのパン焼きが生活のリズムに合わなくなってしまったら乾燥酵母を再度、目覚めてあげればいつでも使えます。
d0090294_22545977.jpg
打ち粉をして片方の手のひらを使ってグルグル生地を回し、お山のてっぺんを作る感じで成型。粉をかけ布をし2時間位休ませます。
d0090294_22555519.jpg
いい感じにひび割れしています。250度に熱したオーブンに入れ、更に一掴みの氷をオーブンの底に入れ200度に下げ約1時間焼いて出来上がりです。
d0090294_00200065.jpg
冷めてももちろん美味しいのですが焼き立ての香ばしさは最高です!生酵母や乾燥酵母がなくてもライ麦粉と水にライ麦パン100%の一欠けをちぎって酵母をおこす人もいますし、小麦粉と水のみでも酵母はおこせるので菌の力は凄いですね。バターを塗ってチーズをのせて食べます。更にキュウリやトマト、スモークサーモンやハムなどをのせたオープンサンドにすると結構お腹も満たされます。私の大好きなパンです。



by Kippis_Y | 2019-02-11 22:42 | 食べ物色々/food
小麦粉で自家製酵母 サワードウ
d0090294_16585468.jpg
久々に小麦粉の自家製酵母(サワードウ)をおこしパン焼き再開です。今はライ麦酵母も待機中。こちらは小麦粉とグラハム粉ミックス。
d0090294_17002777.jpg
酵母が活発になってパンに使用できるまで約1週間少しかかりました。室内の温度が21-22度なので、結構ゆっくりめです。ある朝起きたら緩く閉めた瓶蓋からあふれ出していました。そうそう、この調子!まるで赤ちゃんの成長をみるかのように、笑。
d0090294_17011486.jpg
朝の元気な酵母を味見をしてみたら酸味が強かったので再度エサやりをして午後から捏ね始めました。完成のパンに至るまで、とってもスローペースですが慣れてくると、このゆっくりさが忙しなく良いです。私の場合本を参考にして、こんな感じです。

① 朝エサやりをし夕飯後に酵母、水、粉を混ぜ布をかけ約20分放置。
② なんとなく約10分捏ね濡れた布をかけ1時間半放置。
③ 塩を混ぜ生地を叩きつける用に捏ね、ひとまとまりになるまで約30-40分。
④ 布をかけ冷蔵庫で一晩寝かせる。
⑤ 朝、冷蔵庫から出し常温で完全に生地が2倍になるまで放置。
⑥ ガス抜きをし、この時にドライフルーツやゴマなどと入れて2-3時間布をかけ放置。
⑦ オーブン下にトレーを置き300度に熱し、温度に調達したらクープを入れたパンをオーブンへ。
※ この時に一掴みの氷をオーブン下に置いたトレーに入れ温度を240度に下げ10分焼く。
※ 外がパリパリになりスチーム効果で酵母の膨らみがよくなります。
⑧ その後200度に下げ25分焼きオーブンから出し、20-30分休ませて完成。
※ 休ませた後は布に包み、完全に熱が取れたら袋に入れ保存。

あまり頻繁に焼かない場合は酵母を冷蔵庫にしまい1週間に1度エサやりをしています。冷蔵庫から取りだし酵母の一部を別の瓶に入れ酵母と同じ分量の粉と水を入れ常温で2時間程置き、酵母が元気にプクプクし量も倍近くなったら冷蔵庫へ戻します。焼く時は冷蔵庫から取り同じようにエサやりをし(例えば朝)、常温に置き、同じ日の夜と翌日の朝、(焼く前に最低3-4回)エサやりをし酵母が2倍以上になっていればパン作り開始!
d0090294_16594319.jpg
ドライフルーツを入れたパンが子供達のお気に入りです。この日は小麦粉、グラハム粉、オートミール入り。小麦粉に比べ他の穀物はタンパク質が低いので、まとまりも小麦粉のみより時間がかかります。オートミールは水分を吸い捏ねている間に形が崩れているので全然違和感ありません。
d0090294_17360883.jpg
札幌出張の夫は大好きなメロンパンをよく食べていたら飽きたそうなので自宅へ戻ったらサワードウパンを早速食べてもらいましょう!以前、日本に住んでいた時も大好きな大福を食べすぎ一時期飽きたそうです。それはそうですよね、バランスが大事ですね。

by Kippis_Y | 2019-02-08 21:00 | 食べ物色々/food
懐かしの 手打ちうどん
d0090294_17355900.jpg
札幌出張中の夫A-J。札幌雪祭りのためにラップランド大学の大学生7人と一緒に毎日夜遅くまで制作をしていたそうです。雪テラスの前に面白い作品があるそうですので足を運べそうな方は是非!そんな彼はご褒美休暇として生徒と一緒に旭川の温泉に入りに2泊している最中です。自宅に来るまで、あと約一週間。もう一息!

留守番をしている子供達のリクエストに応えて手打ちうどんを作りました。踏んで捏ね捏ねするのが楽しいようです。粉750g程使ったのですが1日目はだし汁と野菜と一緒に、2日目は鶏肉団子の鍋うどんにして食べました。
d0090294_17365226.jpg
私の実家は田舎なので田舎名物として「うどん」を亡き母はよく打っていました。業務用?というような大きなボールや鍋に、武器に出来そうな麺棒や、のし台を使って。5人家族に加え、お客さん用にも、それでも余る程一回で打っていたので大そうな力も使っていたのでしょうね。やはり母と言うのは偉大ですね。うどんが茹で上がると、水でササッとさらして、お椀にのせ醤油や鰹節をかけて台所でススッとすすったあのシンプルな食べ方。私も子供達に同じ事をしています。
d0090294_17374114.jpg
美味しいお出汁を使って簡単な野菜うどん。ここに日本からの貴重なワカメと鰹節やゴマをすって...あまり美味しそうに見えないけど...こしがあって上手に出来ました。子供達のお皿には、うどんの端っこ部分のちょっと太くて歪な形をしたうどんを隠しておきます。見つけると凄く大喜びをするので。こういう小さな喜びは今のうちだけですね!

by Kippis_Y | 2019-02-07 12:11 | 食べ物色々/food
フィンランドの、しょっぱくないお粥
d0090294_17183265.jpg
我家に常備してあるオートミール。これは主にお粥にして食べます。(フィンランド語でお粥はpuuro)あとはスムージーに入れたりパン生地に混ぜたりクッキーを焼く時に使います。長持ちするし何気に便利です。
d0090294_17175778.jpg
日本のお粥は塩系のものが多いですがフィンランドでは、どちらかというと甘系です。オートミールをお湯で煮、私の場合煮立つ頃に少しだけ牛乳を入れて食べやすくします。途中、塩で味付けをしお皿に盛ります。この時に熱々のプーロに牛乳をかけて食べる人もいます。我家はチアシードを入れて煮たり、熱々の上にバターと一緒だったりをのせて食べたり、ジャムやベリー、子供達はクリスマスのお米のミルク粥のように砂糖とシナモンをかけて食べたりもします。スーパーでは林檎・シナモン味やベリー味など既に味付きのものもあり水をお皿に入れてレンジでチンして出来上がり~という簡単タイプもあります。ちなにもオートミールのお粥の場合はkaurapuuroと言います。

先日は風邪で体が寒かったのでプーロをよく作って食べました。夏秋に取って冷凍しておいたブルーベリーとコケモモ。シナモンもたっぷりです。この素朴でマイルドな味のプーロを初めて食べた時は正直、「微妙な食べ物だな~」と思ったのですが、トッピング次第で美味しく食べられるようになります。温かく柔らかいプーロが喉を通って胃袋に入る感じも慣れると良いものです。
d0090294_17190343.jpg
こちらも我家で普段、朝食によく食べます。ライ麦バージョンです。オートミール同様に煮て食べます(ruispuuro:ライ麦のお粥)。3分煮たせて完了!オートミールに加えてサラリとしていますがライ麦独特な味が邪魔する事なく結構美味しいのです。フィンランドの家庭でよく食べられているプーロ、ホテルのビュッフェ式の朝食にも片隅の方にあります。出産で入院した時も毎日種類の違うプーロが出てきました。それだけ頻繁に食べられているのです。実際にスーパーでは色々な種類が売っています。中には蕎麦の実で作るtattaripuuro用も売られています。異国のスーパーは国柄が出ていた面白いですよね。フィンランドでお立ちよりの際は是非ご覧になって下さい!


by Kippis_Y | 2019-02-04 17:57 | 食べ物色々/food
フィンランドのクリスマスは大きな豚ハム!
d0090294_01301166.jpg
今年のクリスマス料理。伝統料理なので毎年代わり映えはないのですが、笑。いつもの自家製クリスマスハム、林檎のソース、お豆、赤ビーツサラダ、じゃがいも、西洋カブ、人参のキャセロール3種。この他にサーモンやニシンの酢漬け。沢山食べました。
d0090294_01320318.jpg
野菜のキャセロールは人それぞれ好みが違うのですが、ダントツおいしいと思うのが、この西洋カブのキャセロール。火が通るまで煮て潰して生クリームや生姜の粉末やダークシロップ、塩胡椒を入れ低温でじっくりオーブンで焼きます。甘みと生姜の味が絶妙です。子供達はミルク粥と人参の入ったキャセロールが好きです。其々違う味なのですが、それも野菜の味が引き立つ素朴な料理です。
d0090294_06204108.jpg
我家では陶器でキャセロールを焼きますが、こんな入れ物で焼く人も多いです。このままオーブンで焼けて蓋付き。冷凍も可能です。実はクリスマスは義理母の所でお祝いする予定だったのですが、義理母がクリスマス数日前に滑って松葉杖を使う事になってしまい、家で安静にしたいという事だったのです。なので義理母用に小分けにしてクリスマス料理をお裾分け。左の白いのはパン粉なのですが温める時にバターを数箇所にのせて溶かすと良い感じにパン粉がなじみます。
d0090294_01322766.jpg
我家では毎年、夫のA-Jが豚ハム作り担当です。クリスマス前になるとスーパーでは溢れるばかりの大きな豚肉が販売されます。こんなに大きいの普通の家庭用オーブンで入らないよね?という大きさのもあります。石窯で焼く用だそうです。

我家は今年は骨無し7.8kg(大体40ユーロ程)。買った時は凍っていますが焼く3-4日前に冷蔵庫に入れ、焼く前に肉の一番厚い部分目掛けて温度計を刺して中の温度を確認し低音で何時間もかけて焼きます。中身の温度が指定温度に達したら取り出し表面の脂を削ぎ、表面にマスタード、他混ぜものでコーティングし更に焼くというオーブン独り占め状態です。
d0090294_01290872.jpg
お塩は予め買ったときにしてあるので中までしっかりと塩味です。流石に全部は食べられないので他の料理に使えるように保存をしておきます。今年も美味しく出来ました。
d0090294_01334552.jpg
25日の朝はクリスマス ミルク粥で始まりです。アーモンドを中に入れて、当たった人は願い事が出来る特権があります。今年は末っ子の、こゆきが当てました~。
d0090294_01340303.jpg
グラニュー糖とシナモンパウダーをかけて食べたりミックスフルーツのソースと一緒に食べます。見た目はあまり美しくありませんが。。。ふわっと柔らかい食べ物です。

クリスマスはサンタさんが運んできてくれた其々のプレゼントを楽しみました。中でも娘が貰ったキーボード、これが楽しくて1日数時間も練習していたのは、私。普段使わないような指さばきや記憶力。こんなに集中したのはいつぶりでしょうか。丸で別世界に行ってたかのようでした!

フィンランドではクリスマス終了日は1月6日です。クリスマスツリーも飾ったままの年越しなのです。新年まで目と鼻先。皆さん、良いお年を迎えましょう!

by Kippis_Y | 2018-12-31 06:19 | 村の生活/village life | Comments(6)
ジンジャークッキー&クリスマスパイ 色んなジャムが登場
d0090294_02390953.jpg
クリスマスに欠かせないジンジャークッキー。スパイス多めで薄めなのが我家バージョンです。子供達も楽しみにしているジンジャークッキー焼き。少しだけ、ほんの少しだけだけど私の手間が減ってきました。

香につられてお昼寝中だった犬のジェイクがやってきました。現在7ヶ月、数か月前までは、ちょっと目を放しているすきに盗み食いをしてしまった事が数回あったけど写真を撮っている間、じーっと我慢をして待っています。
d0090294_22512856.jpg
今回、生地の盗み食いをしたのはジェイクではなく、5歳児の、こゆきでした、、、笑。何でしょう、この嬉しそうな顔は!
d0090294_02402103.jpg
定番の型はお花のような形ですが、フィンランドのクリスマスのメインディッシュは豚ハムなので豚の型でも焼きます。ポインセチアもスタイリッシュな形で可愛いですよね。ジンジャークッキーは砂糖に加え、ダークシロップも入っているので薄いクッキーは油断していると丸焦げになります!毎年、焦げ焦げのがあるのですが今年はセーフでした!
d0090294_02421697.jpg
フィンランドのクリスマスに欠かせない、もう1つのお菓子。パイ生地の上にジャムがのった焼き菓子です。パイ生地のシートが売っていて簡単に出来ます。このパイはA-Jが大好きで幾つでも食べられるそうです。
d0090294_02404664.jpg
ここ最近、ジャムの味も増えています。(ジャムというかピュレー状)真ん中上のは長年引き継がれているプラム。我家では「クリスマスパイは伝統のプラム!」というA-Jなので子供達からは「プラムジャム=パパのクラシック」と言われています。子供達が好きな林檎&シナモン、そして今年は、無花果味を試してみました。この他にもチェリー味というのも試しました。来年は何が出てくるのでしょうか。
d0090294_02415178.jpg
今年は雪の結晶を作る人も見かけますが、A-Jは伝統の星形が好みなので星形は外せません!四角いのはプレゼントボックス。息子・あんじんはチーズ入りの天使を作り、5歳のこゆきは左下の。これが出来上がったらフクロウのようになっていました!
d0090294_02430397.jpg
部屋中、バターの香が漂ってきたら完成。熱々も、覚めても美味しいクリスマスパイ。成型の仕方は以前のコチラの記事
をご覧ください。型がなくてもナイフで切り込みを入れて出来ますのでご参考に!


by Kippis_Y | 2018-12-23 23:31 | 食べ物色々/food
フィンランドでよく見かけるもの 冬の楽しみ
d0090294_02364721.jpg
先週の日曜は、第3回目のアドベントでした。毎年恒例のアドベントキャンドルのスタンドは、まだまだ現役です。日照時間も短くなって10時前頃に明るくなって2時過ぎには薄暗くなってきます。大体クリスマス頃から日が少しづつ伸びてくるので何だかんだ言って折り返し地点の様な気がします。この時期は太陽というものを見る事がないのですが、太陽は雲のずーっと奥に隠れています。その光が届き日中数時間、明るいという感じです。白い雪があるお陰で外は明るく感じます。この写真は、お昼頃にキャンドルの灯りを頼りに模様編みの模様を考え中。目がもっと悪くなりますね...
d0090294_02341040.jpg
私は、とにかく明るい内に外に出ます。これが結構リフレッシュになります。雪が降ると雪かきをして小道を作ったりすると更に気分が良くなります。この写真は夏に草木染をする裏庭。冬はいつも深い雪に覆われてしまうのですが今年は雪の小道を作ってアクセスできるようにしました。と言うのは、ことり&あんじんが小学校で作ってきたバードフィーダーを吊るすため!
d0090294_02350851.jpg
小さな可愛いお家の真ん中にフックがあって、そこに網に入った餌を吊るせるようになっています。
d0090294_02353480.jpg
6個入りで1ユーロ以下で買える餌。網状ではないけど、稲が束になったもの木の枝に置いたり、プレート状のお皿のような役割のあるバードフィーダーに置けるようにヒマワリの種などお手頃価格で鳥の餌が購入できます。雪深く食べ物を探すのが難しい冬、一般の人でもこうして庭先で餌やりが出来ます。
d0090294_02360058.jpg
このボール状の餌は結構かたく、穀物、油、種などが主だそう。2階のリビングの窓から裏庭を見られるので、ちょっとした楽しみが増えました。ただ、猫のタルモは優秀なハンターなので鳥さん達、油断は出来ませんよ!

by Kippis_Y | 2018-12-20 03:32 | フィンランド色々/Finland