タグ:手作り ( 233 ) タグの人気記事
消えたクリスマスリース
d0090294_04272718.jpg
ラーヌヤルビも雪に包まれ、ぽつんぽつんとある家々のクリスマスランプが暖かく感じます。雪が降るとクリスマスを迎える気持ちも高まります。我家のクリスマス飾りはシンプルです。毎年少しだけ緑を取り入れるようにしていますが、モミの木の枝を使うと暖かい室内では針がポロポロ落ちてしまいます。なので今年は雪が降る前にコケモモの葉とヒカゲノカズラを森で採取しました。いつもドアにいる天使もそのままで...
d0090294_04275618.jpg
ムーミンの話に出てくるニョロニョロの様な姿のヒカゲノカズラは、秋になっても冬になっても夏と変わらない綺麗な緑をしています。数年前のものが家の棚にあるのですが、さほど色も変わりません。引っこ抜いてみると結構長く短時間で沢山採取できます。沢山材料が必要なリースには大変便利で扱いやすいです。

材料を買いに行くお店も遠いので、「とにかく身近にあるもので!そして後片づけが簡単なもの。」そう思いベースはワイヤーのみ。あとは緑の材料をワイヤーでクルクル巻いていきました。よく開け閉めするドアにかけたのですが、簡単なのに見栄えもそこそこあって落ちる葉もなくストレスフリーだったわけです。

しかーーーし、私がちょこっと(10分位かな)外に出て帰ってきたら...家の中が、とんでもない事になっていました。丸で泥棒に荒らされたかの様な感覚で一瞬何があったか真っ白に。ソファーも床も、緑だらけ。小さくお茶っパの様に散らばった葉。ワイヤーなんて形が分からなくなる程ひんまがってて...
d0090294_04305286.jpg
「僕、いい子に待ってましたけど、何でしょうか?」みたいな顔してる、ジェイク(7ヶ月)。そう、犯人はこの犬!普段、私のストーカーの様な存在の犬。私が外に出るとキッチンや寝室の窓から様子を覗くのですが、この日はキッチンや寝室に通じるドアが閉まっていたのでリースのかかっているドアにジャンプをし、その際にリースのかかっていた細い細い釘?が落ち=「わ~い、森の香だ~美味しい香だ~(むしゃむしゃ)」となったのです(想定)。犬が悪戯をしてしまったのは仕方がないですね... ただ、もの凄い散らかりよう!犬のケージの中は緑漂う森のような緑。この時、既に森は雪で覆われていたので再度作る事は出来なかったので、まさに「終止符」でした。

犬を責める事も出来ず半分途方に暮れながら悲しく片付けをしていると、天使まで出てきたではないですが。既に存在を忘れていたのですが、と言うか天使も玩具にされ一瞬、原型が分かりませんでした。白いフェルトの服は縦長に伸び、美しい金色の長い髪は犬のよだれで「ドレッドヘアー」状態。天使: "クリスマスとは何処へ?" みたいでしたよ。こんな感じのクリスマスのスタートです、苦笑。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-12-09 05:15 | 村の生活/village life
これは重宝します。フィンランドでたい焼き!
d0090294_22414465.jpg
じゃじゃ~ん!フィンランドで、正確に言うとラーヌヤルビで!自宅で幻のたい焼き!
d0090294_22421319.jpg
去年の11月、大阪訪問した時に美味しい美味しいたい焼き屋さんに案内してもらいました。そこのお店の大将は元々、たい焼が苦手だったけど出会った、たい焼を食べたら感動し、その結果、修行をし大将になったそう。また食べたいな~あのたい焼き。。。

フィンランドに戻って、たい焼き器が欲しくなちゃったと思ったもの、それっきりでした。そんな中、いつもお世話になっている日本の方よりサプライズなドストライクな器具を頂きました。これは待ってられません!受け取って数日後に早速「毎日、毎日、僕らは鉄板の~」と歌いながら焼きましたよ。
d0090294_22412041.jpg
おお~これは楽しい!!非常に楽しい!!テンションあがります!!家族皆で久々の、たい焼き。しかも自宅で。と~っても贅沢な気分です。素敵な贈り物ありがとうございます♡それにしても「魚の形した中身は餡子」って面白い発想ですよね。

食べ物の記憶は強く脳裏に残るもので、餡子を煮ている時「昔、母親がストーブの上に鍋を置いてクツクツ小豆を煮ていたな~。」「今川焼の型で熱々のを作って食べさせてくれたっけ。」。。。しかし、母は9人兄弟の大家族の中で育った影響か、何を作るのも5人家族の家にとって「大量生産」でした!ふふふ、そんな思い出です。




[PR]
by Kippis_Y | 2018-11-20 23:12 | 食べ物色々/food
フィンランド 父の日のすき焼き 牛肉落とし穴
d0090294_05593734.jpg
Valkoretikkaというフィンランド語名称の白いものは大根です。こんな感じでプラスティックに包まれ皮つきカット売りされています。根野菜売り場に数個売られているのを見つけると1-2個買っておきます。長持ちするし時たま作る日本食に使うと故郷の味を思い出します。フィンランド料理に大根を使うレシピは今まで拝見した事はないのですが皆さんどうやって調理しているのかな。ピクルスとかかな。日本の大根は立派な大きさですよね。イタリア産の大根は細身ですが、それでも大根!贅沢は言ってられません。
d0090294_06000678.jpg
大好きな茅乃舎の出汁を使ってシンプルに大根の煮つけ。我家の子供はクタクタに火の通ったお味噌汁の野菜が大好き。大根の煮つけも大好物です。それから大根・人参・玉葱を鰹節とゴマ・マヨネーズで和えたサラダ。
d0090294_06020317.jpg
先日、11月の第2日曜はフィンランドでは「父の日」でした。日本食の副菜各種作って、普段あまり作らない「すき焼き」にしました。フィンランドでは日本のように霜降りで薄くスライスされたお肉に出会う事はあまりありません。でもね、スーパーへ買い出しに行ったら「珍しい!スライス売りがあるじゃない!」。即座にカゴに入れて...脂の旨味を出すために別に脂多めの牛肉も少量買いました。

父の日当日の夕方、さ~準備は万端!スライスされたお肉の包み、珍しく2つに分けて包装され高級品みたいじゃないの!なんて思ったのも束の間...「何じゃこれ?スライスされてるかと思ったら1枚のお肉に縦筋がビビビーとあるだけではないかーい!(撃沈)。折角の父の日のメイン料理が...」ゴミ箱に捨てたパッケージを見て見ると「2枚入り」と書いてある...あ~何も確認せず舞い上がってしまった...それにしても、こういう見た目は沢山お肉のスライスがあるように見えますよね...(しょぼーん)。仕方ないので食べやすく切って使用しました。
d0090294_06022487.jpg
すき焼きには春菊が定番ですが、無いのでルッコラで代用です。車で30-40分程走って国境を越えたスウェーデンのお店で韓国産のしらたきを買い、父の日のすき焼き出来ました。子供達は、しらたきが大好きで、5歳のこゆきは「スパゲッティー」と言いますが...綺麗に完食しました。
d0090294_06011361.jpg
10歳の娘・ことりが小学校で父の日のプレゼント用に作ったお菓子。蓋つきの箱は折り紙箱で上手に作れていました。
d0090294_06004638.jpg
8歳・あんじんも学校でプレゼント用に作ったチョコレート。ポップコーン、ナッツ、マシュマロ、リコリスがのっています。

子供達は父の日を誕生日のようにワクワク待っていました。「世界で一番の私/僕のお父さん」というメッセージと共に誇らしげにプレゼントを渡していました。子供の率直で純粋な愛。子供からも学ぶ事も沢山。子供達が描いた絵を見てA-Jも嬉しそうでした。いつまでも良い父子の関係でいられますように♡

[PR]
by Kippis_Y | 2018-11-14 20:23 | 食べ物色々/food
フィンランドで北海道かぼちゃ 
d0090294_05565774.jpg
10月になると店頭でよく見かけるかぼちゃ。日本のかぼちゃはホクホクして甘味があって美味しいですね。フィンランドで購入できるものは種類が違うせいでしょうか、気候や土地の影響もあるのかな。甘味に欠け水っぽい感じです。なので好んで購入はしていなかったのですが北海道かぼちゃを購入して料理したら美味しい!今年は何回も食べました。小ぶりサイズで1個2€少しなので300円くらいかな。
d0090294_05572824.jpg
11月上旬に5歳の誕生日を迎えた娘・こゆきからのリクエスト=誕生日ケーキはかぼちゃケーキ。面白いキャンドル立てやグリグリキャンドルを見つけたので飾ってみました。キャンドルに光が灯ると皆ワクワクするのは何ででしょうかね!もう5歳、まだ5歳。永遠に小さく感じるのは末っ子だからでしょうか。
d0090294_05575312.jpg
中はこんな感じでモンブランケーキと同じような感じです。タルト生地にアーモンドペーストをのせて焼いて生クリームを...と考えていたのですが生クリームを他の料理に使ってしまって残りがごくわずが!!クリームチーズと少量の生クリームで代用し、ふんわりココア風味。後はかぼちゃと生クリームのペーストをグリグリ~っとかけました。綺麗な黄色だな~。
d0090294_05583002.jpg
こちらは違う日に作ったかぼちゃチーズケーキ。ココア味のタルト生地にクリームチーズと生クリームを沢山使って。かぼちゃ部分は濃厚プリンのようでした。
d0090294_06031486.jpg
日本のかぼちゃ料理を代表する煮物!お醤油大好きな子供達はペロリと食べてしまう一品です。この他にも天ぷらを作ったり今年は本当によく食べました。日本で食べる日本食の味を忘れつつあります...記憶を探りながら来年は豊富なかぼちゃ料理に挑戦しよう~。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-11-13 22:44 | 食べ物色々/food
森の家 大きな暖炉&窯&薪コンロ お湯が沸いた~!
d0090294_22021220.jpg
フィンランドの家はセントラルヒーティングがしっかりとしていて真冬の-35度以下になっても家の中ではヌクヌクと過ごせる家です。冬になると寒い家に変化する日本の盆地で育った私には、このフィンランドのお家が凄く快適です。でもでも、建設中の森の家は今の生活とはガラリと変わりソーラーパネル、風力、直発電機で熱を補っていきます。家の中の暖房は、この大きな窯!別の部屋には、もう1つ小さな暖炉があります。トイレとシャワー室は床暖房。

フィンランドの家屋には暖炉があるお家も多いです。この暖炉&窯はちょっと特殊で本格的に家が暖かくなるのに約1ヵ月間かかるそうです。1ヵ月毎日薪を燃やすと暖炉全体が温まり、その後は週に1階温めただけで家の中の熱が保たれるそう。え~本当に?!と思いながら毎日4-6時間くらい使用していますが、2週間を過ぎた頃から部屋が暖かくなってきました。でも、まだ家の窓やドアが完璧に仕上がっていないので、隙間風は入ってきますが...
d0090294_22025923.jpg
この暖炉の上に小さな隠れ家的なスペースがあるのですが、その上ではヌクヌクと過ごせます。昔、フィンランドのメイドさんは仕事を終えると、こういう窯の上で寝ていたそうです。それが私には凄く新鮮な話だったので、同じタイプを作って頂いたのです。
d0090294_22023447.jpg
暖炉職人さんの案で暖炉&窯の横に、こんな感じでガスコンロと薪コンロを設置してもらいました。フィンランドではオール電化が多い中、あえてガスコンロです。もしも電気が足りない場合に、ガスや薪コンロがあれば大丈夫でしょう。この暖炉&窯は引っ越した後に白く塗っていきます。
d0090294_22042978.jpg
真新しさバリバリ、まだガスコンロのオーブン部分にステッカーが付いています!上がガスコンロそして、ガスコンロにガスオーブンも付いています。
d0090294_22035325.jpg
昨日は初の試みで、この薪コンロを使用してみました。初めてなので薪は少なめにスタートです。上の部分の扉に薪を入れ灰が下に落ちる仕組みです。薪を燃やしている時は下の扉の空気口のような場所を開け火を燃えやすくします。この他に、煙が部屋の中に逆流しないように火を熾している時は煙突にある換気口も開け煙が煙突から外に出るようにします。完全に燃えたら、換気口は閉めて熱が逃げないようにします。暖炉&窯も薪コンロ同様な感じに扱います。
d0090294_22015094.jpg
隣の薪オーブンも熱が伝わって温まる仕組みです。薪を燃やしていると上のプレートが温まり小さなお鍋の水がお湯になりました。まだ水道屋さんの仕事が残っていて井戸水は家には通っていません。なので自宅から水を持って来てお湯を沸かす!こんな感じでした、笑。以前は森だった敷地。とってもスローペースに建設中のお家なので、こうして水がお湯になるという単純な作業が凄く有難く感じます。お家で作るカレーとキャンプ先で直火で作るカレーや白米を作る工程、食べるのもワクワクしますよね!?そんな感じです。便利な暮らしからスローな暮らしへ~。



[PR]
by Kippis_Y | 2018-10-04 02:44 | 村の生活/village life
あっと言う間に10歳
d0090294_21383518.jpg
先日10歳の誕生日を迎えた長女・ことり。彼女の希望で誕生日当日は学校のお友達を招いた誕生日会。希望のケーキは人参ケーキ、炭酸飲料で作るゼリー。難題ではなかったので作ってみたのですが...人参ケーキが思ったより小さくできてしまったので...(右の方に存在感なく写っているのが人参ケーキ。)前夜に急遽、スポンジケーキを焼いてデコレーションケーキを作りました。濃厚なパイナップル味のジュースをよく間に浸み込ませて、秋に摘んでジャムにした黒カシスを挟んで...クリームチーズとレモン味の乳製品を混ぜてデコレーション!それが、この写真です。マカロンは市販のね。ラーヌヤルビの村にはカフェなんてないので...いちよ60キロ先のロバニエミへ行くと数か所のカフェでマカロンが購入できます。1個1.2ユーロ位かな。飾りに使ったマカロンはチョコ・コーヒー・レモン・バニラ・ピスタチオ・苺味12個で5ユーロ少しとお得です。村の子供達はマカロンを食べた事ない子ばかりで凄く興味津々なようでした。デコレーションケーキも馴染みのある人参ケーキも食べっぷりがよく、とっても嬉しかったです。
d0090294_21350149.jpg
こちらが主役希望の2層のゼリー。「生~きて~る~~」と言いながらプルプル動くゼリーを切りました。ふふふ、子供達も凄く楽しそう!ちょっとしたパフォーマンスで子供も大人も楽しめます!
d0090294_21352809.jpg
娘は誕生日にはトマトソース・ミートボールがのっているパスタが食べたいと言っていました。買い物リストにも記入していたのですが、何人来るか分からないパーティー、準備する法も無駄がないように...というA-Jの助言のため、急遽ピザに変更になりました。いつもの3倍の量。大きな天板6枚分を焼きました~。しかも生ハムがのったのは凄くしょっぱかったけど...(翌日は不思議と普通の塩加減になりました)サラミ&ツナののったピザは一番美味しかったそう。フィンランドではパーティー事になるとキッシュが振る舞われる事が多いのですが、こうやって一度に大量に出来るピザもなかなか良いものですね。あとは野菜スティックに果物、クッキー、チップスといった感じでした。
d0090294_21374802.jpg
学校では全校生徒&先生にお祝いの歌をうたってもらったそうです。村は全校生徒14人、先生3人と小さいので皆お友達です。ほとんどの子供達がお祝いに来てくれてキッチンがギュウギュウ詰。皆、お行儀よく食べて、年の大きい子が小さい子を助け合う姿がよく垣間見れました。これは小さい学校ならではの良い光景です。

肝心の本人希望のプレゼントはヘルシンキの税関で止まっており未だに届いておりません、涙。アメリカより購入し、税金対象になる額だったため、もうすこし時間がかかりそうです。それでも文句も言わず楽しみに待ち続けてる娘。こういう一途な子なのです、涙。

ところで、あんじんは8月に8歳になりました。彼の時は本人希望でロバニエミにある子供の遊び場へ行きました。10月はA-Jの誕生日、そして11月は、こゆきと立て続けにお祝いです。段々ネタが切れてきますが、もうひと踏ん張りしま~す!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-29 22:11 | 大学生活/uni life
今年も旬の味楽しみました。ルバーブタルト
d0090294_22082819.jpg
もうすっかり夏も終わり、秋の始めとなりました。今年の夏(特に7月中)は猛暑でルバーブや、ブルーベリー、サラダなどのの育ちがいまいちでした。ルバーブはジュースにしたりタルトを数回作って終わり。ジャムを作るほど収穫できませんでした。でも、この甘酸っぱいタルトで十分に旬を楽しめました。
d0090294_22092858.jpg
ルバーブ=真っ赤というイメージですが我家のは結構緑も多いですがジュースにすると綺麗なピンク色になります。収穫時期が遅いと茎にナメクジがお邪魔した形跡があるので6-7月には収獲して葉は草木染めに使ってしまいます。茎は結構簡単に火が通って扱いやすいです。葉も同じく、煮えやすいのですが草木染めの場合最低1時間は沸騰させるので葉を取り出すのにドロドロ状態です。でも、ちゃんと毛糸が薄い黄色に染まります。
d0090294_22203557.jpg
ルバーブやラズベリー、雑草畑があるのは700メートル先の建設中の森の家の敷地内です。犬の散歩がてらに寄って朝ごはん用に収穫。
d0090294_22224400.jpg
いんげん豆も収穫。やはり取れたては新鮮で美味しい!フィンランドでも、いんげん豆はスーパーで売られていますが、この位より気持ちもう少しあって、大体400円位します。他の野菜より少々高い気がします。欲を言えば、雑草畑にもっと、お豆を植えたかったですが1人で耕したり植えたりするのに追いつかず。。。来年5月下旬-6月上旬頃にホームステイされたい方、是非お手伝い下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2018-08-27 22:05 | 食べ物色々/food
雑草畑準備 お豆の支柱作り
d0090294_22214218.jpg
室内で育てている豆の苗。順調に元気になっています。

ここラップランド地方では、畑に苗や種を植えるのは6月10日頃が相応しいと昔から言われています。その年によって気温差があるので目安ですが、早く植えた場合は寒さ対策として覆いをしておくと良いそうです。種芋の芽の伸びが限界にきてしまったので今年はお天気も良いし既に植えてしまいましたが、明日から数日少し寒くなる予報、大丈夫かな...覆いの下の苺には花が咲き、先日植えた二十日大根・ラディッシュ・葉野菜も芽が出てきています。
d0090294_22214339.jpg
丸でバレーボールが出来そうな感じですが...去年切って乾燥させた白樺、柳などの細い木を使って豆の支柱作りをしました。気温が上昇したら、ここに豆の苗を植えていきます。真っすではない、この歪な支柱、笑。でもね、今年は収穫の年よりも土をよくするために、じゃが芋や豆類を植えるのが目的です。

雑草畑は去年に比べクロバーが増えましたが、それでも背丈の高い&急成長する野草が圧倒的です。数日草むしりしないだけでジャングル化します。毎年、草むしりが追い付かず夏本場には何処に何が植わっているのか分かるのは私だけ!という状態になりますが...いつか、この敷地に畑道具を入れる小屋や作業しやすいようにガーデニングのテーブルセットを置けたら良いな、そう思っています。森の家が完成する頃には雑草畑が快適空間になりますように!


[PR]
by Kippis_Y | 2018-06-03 22:52 | 村の生活/village life
フィンランドのメーデー 大量ドーナッツ
d0090294_20283915.jpg
あら、もう5月!4月は何をしていたんだ?というくらい早いですが、ちゃんと過ごしておりました。ラーヌヤルビは、まだ雪が残っており完全に融けるのは5月の中旬~後半でしょうか。雪が積もるのが11月頃なので1年の内7ヶ月も地面に雪があるんです。でもちゃんとした夏も来ます。とっても立派なサイズの蚊も飛ぶ時期が来ます!

5月1日はメーデー。このメーデーの日にはドーナッツが定番のようです。ココナッツオイルで揚げるのでサラリとして癖もなく、生地にカルダモンが入っているので爽やかです。生地もしっとりとしています。大きいサイズで焼くと中が半生になる危険性があるので今年は小さいサイズで揚げてみました。
d0090294_20283960.jpg
Φ12.5㎝×高10㎝の小さな鍋にココナッツオイル500g。こんな感じに5個入って丁度よく出来ました。油をきってから熱いうちに砂糖をまぶします。シナモンシュガー味とリコリスシュガー味。毎年こうして作ってみると去年より子供の食べっぷりもよくて成長を感じますね。
d0090294_20283948.jpg
serpentiiniというカラフルな紙や風船を飾るのもフィンランドのメーデーの定番です。こうして飾ってみると一気に春らしくなってきた感じですよね。毎年、春先は春-夏にかけての計画や期待が溢れる時期です。今年も色んな思いがあります。楽しみ!こう考えている時期もとっても裕福に感じます。さ~私の情熱で早く雪が融けて~!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-02 21:01 | 食べ物色々/food
クマさんのようなミトン ロヴィッカ
d0090294_22583351.jpg
冬が長いからこそ毛糸を使って楽しめる編み物。2月にクロスカントリーに行った時に、雪が光に照らされピュアな白い色が印象的でした。真冬の暗い時期に見るのとは違った白。普段は白いものをあまり取り入れないのですが、そんな魅力に魅せられて白のミトンを編みたくなったのです。いつもは3-3.5ミリ用の細身の毛糸を使用しているのですが、今回は何だか気分も変えたくて5.5-6ミリの編み棒を使ってみました。

白のミトンを編み終えるとウール衣類の好きな息子・あんじんが、とても気に入った様子でした。何だか手元が動物のようで...なので熊をイメージしてグレーも編んでみました。
d0090294_22583387.jpg
左は、あんじん用。真ん中は私。右のはゲストの方用。中に5本指の手袋をして、その上からこのミトンをします。ダブル保温効果~。このミトンはLovikka(ロヴィッカ)という名称で昔からあるミトン。私が初めてロヴィッカを頂いたのは、もう何年も前にラップランド大学でテキスタイル科を専攻していた時。クラスメイトの子が手編みで編んだものをプレゼントしてくれました。真っ赤の毛糸にサーミ色を現す3色の毛糸がデコレーション。色鮮やかで温かくて形も可愛くお気に入りでした。穴が何個もあくまで大事に使用したのです。こんな風にフィンランドでは編み物が好きな人が誰かに手編みのものをプレゼントという習慣は長く続いています。
d0090294_22583231.jpg
編みあがってから手首部分に3色の毛糸を針に通して刺しゅうをしていくのですが色々な柄があります。手首のとこに少し長く三つ編みを残すのも可愛い特徴ですよね。ロヴィッカ用の太目のウールの毛糸も販売されていますが、私はウール100%の毛糸と、まだ撚りがかかっていない引っ張ると切れてしまうような毛糸を合わせて編んであります。灰色のミトン、子供用のミトンは、撚りのかかっていないホワホワした毛糸を3-4本取にしてあんであります。まだ羊の香のする暖かいミトン。冬の楽しみの1つです。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-03-16 15:00 | 雑貨・インテリア/Interior