タグ:手作り ( 226 ) タグの人気記事
雑草畑準備 お豆の支柱作り
d0090294_22214218.jpg
室内で育てている豆の苗。順調に元気になっています。

ここラップランド地方では、畑に苗や種を植えるのは6月10日頃が相応しいと昔から言われています。その年によって気温差があるので目安ですが、早く植えた場合は寒さ対策として覆いをしておくと良いそうです。種芋の芽の伸びが限界にきてしまったので今年はお天気も良いし既に植えてしまいましたが、明日から数日少し寒くなる予報、大丈夫かな...覆いの下の苺には花が咲き、先日植えた二十日大根・ラディッシュ・葉野菜も芽が出てきています。
d0090294_22214339.jpg
丸でバレーボールが出来そうな感じですが...去年切って乾燥させた白樺、柳などの細い木を使って豆の支柱作りをしました。気温が上昇したら、ここに豆の苗を植えていきます。真っすではない、この歪な支柱、笑。でもね、今年は収穫の年よりも土をよくするために、じゃが芋や豆類を植えるのが目的です。

雑草畑は去年に比べクロバーが増えましたが、それでも背丈の高い&急成長する野草が圧倒的です。数日草むしりしないだけでジャングル化します。毎年、草むしりが追い付かず夏本場には何処に何が植わっているのか分かるのは私だけ!という状態になりますが...いつか、この敷地に畑道具を入れる小屋や作業しやすいようにガーデニングのテーブルセットを置けたら良いな、そう思っています。森の家が完成する頃には雑草畑が快適空間になりますように!


[PR]
by Kippis_Y | 2018-06-03 22:52 | 村の生活/village life
フィンランドのメーデー 大量ドーナッツ
d0090294_20283915.jpg
あら、もう5月!4月は何をしていたんだ?というくらい早いですが、ちゃんと過ごしておりました。ラーヌヤルビは、まだ雪が残っており完全に融けるのは5月の中旬~後半でしょうか。雪が積もるのが11月頃なので1年の内7ヶ月も地面に雪があるんです。でもちゃんとした夏も来ます。とっても立派なサイズの蚊も飛ぶ時期が来ます!

5月1日はメーデー。このメーデーの日にはドーナッツが定番のようです。ココナッツオイルで揚げるのでサラリとして癖もなく、生地にカルダモンが入っているので爽やかです。生地もしっとりとしています。大きいサイズで焼くと中が半生になる危険性があるので今年は小さいサイズで揚げてみました。
d0090294_20283960.jpg
Φ12.5㎝×高10㎝の小さな鍋にココナッツオイル500g。こんな感じに5個入って丁度よく出来ました。油をきってから熱いうちに砂糖をまぶします。シナモンシュガー味とリコリスシュガー味。毎年こうして作ってみると去年より子供の食べっぷりもよくて成長を感じますね。
d0090294_20283948.jpg
serpentiiniというカラフルな紙や風船を飾るのもフィンランドのメーデーの定番です。こうして飾ってみると一気に春らしくなってきた感じですよね。毎年、春先は春-夏にかけての計画や期待が溢れる時期です。今年も色んな思いがあります。楽しみ!こう考えている時期もとっても裕福に感じます。さ~私の情熱で早く雪が融けて~!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-02 21:01 | 食べ物色々/food
クマさんのようなミトン ロヴィッカ
d0090294_22583351.jpg
冬が長いからこそ毛糸を使って楽しめる編み物。2月にクロスカントリーに行った時に、雪が光に照らされピュアな白い色が印象的でした。真冬の暗い時期に見るのとは違った白。普段は白いものをあまり取り入れないのですが、そんな魅力に魅せられて白のミトンを編みたくなったのです。いつもは3-3.5ミリ用の細身の毛糸を使用しているのですが、今回は何だか気分も変えたくて5.5-6ミリの編み棒を使ってみました。

白のミトンを編み終えるとウール衣類の好きな息子・あんじんが、とても気に入った様子でした。何だか手元が動物のようで...なので熊をイメージしてグレーも編んでみました。
d0090294_22583387.jpg
左は、あんじん用。真ん中は私。右のはゲストの方用。中に5本指の手袋をして、その上からこのミトンをします。ダブル保温効果~。このミトンはLovikka(ロヴィッカ)という名称で昔からあるミトン。私が初めてロヴィッカを頂いたのは、もう何年も前にラップランド大学でテキスタイル科を専攻していた時。クラスメイトの子が手編みで編んだものをプレゼントしてくれました。真っ赤の毛糸にサーミ色を現す3色の毛糸がデコレーション。色鮮やかで温かくて形も可愛くお気に入りでした。穴が何個もあくまで大事に使用したのです。こんな風にフィンランドでは編み物が好きな人が誰かに手編みのものをプレゼントという習慣は長く続いています。
d0090294_22583231.jpg
編みあがってから手首部分に3色の毛糸を針に通して刺しゅうをしていくのですが色々な柄があります。手首のとこに少し長く三つ編みを残すのも可愛い特徴ですよね。ロヴィッカ用の太目のウールの毛糸も販売されていますが、私はウール100%の毛糸と、まだ撚りがかかっていない引っ張ると切れてしまうような毛糸を合わせて編んであります。灰色のミトン、子供用のミトンは、撚りのかかっていないホワホワした毛糸を3-4本取にしてあんであります。まだ羊の香のする暖かいミトン。冬の楽しみの1つです。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-03-16 15:00 | 雑貨・インテリア/Interior
2017年 クリスマス やっぱり今年も生木

d0090294_20533981.jpg
2017年のクリスマス、余ったクリスマスツリーの枝を使って2階のドアに飾り付け。
d0090294_20555855.jpg
今年も生木を伐りだしに我家の森へ...木と木が重なり合っている場所から1本鋸で切り倒しました~。
d0090294_20565881.jpg
お手伝いさんは7歳の息子。どれがいいかな~
雪深いので青いソリにはスノーシューを入れて、それから鋸も。
d0090294_20574996.jpg
「切れた~!」スノーシューを履いたA-Jが森から出てくると、何処かのおじさんがスノーモービルで登場。おじさんは立派はクリスマスツリーを後ろに運んで自宅へ帰る所のようでした。コテージに子供や孫が来るのかな。
d0090294_20585873.jpg
シャワー室でクリスマスツリーはシャワーを浴びて雪を溶かしてバケツに水を入れしばらく置いておきました。その後2階へ移動~。生木にはちゃんと水が入るスタンドがあります。そこに立てて水やりが出来る仕組みになっています。フィンランドの室内は暖かく乾燥しているので水やりが必須です。でも、これが結構針が落ちるので毎日掃除です...

子供達は喜んでクリスマスツリーに飾り付け。オーナメントは、もう10年以上使っているシンプルなもの。こんな感じの素朴なツリーがフィンランドのクリスマスツリーです。「今年はツリーどうする?プラスチックにする?」「何?プ、プラスチック?ダメダメ、もちろん生木に決まってる!」私達夫婦の会話、笑。うん、主人A-Jの言う通り生木で良かった。不揃いな枝の生木、やはり部屋に飾ると雰囲気が良いですね。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 21:16 | 村の生活/village life
2017年 クリスマス ジンジャークッキー 便利な道具
d0090294_20310057.jpg
明けましていめでとうございます。
ノロノロな更新でクリスマスは過ぎてしまいましたがクリスマス期間の終わりの日は今日1月6日です。クリスマスの飾りも片づけまた次のクリスマスを待ちます。

今年のジンジャークッキーは子供達と我家にホームステイ中だった女性と一緒に焼きました。もちろんクリスマスソング聞きながら。沢山焼けましたよ~。
d0090294_20321386.jpg
例年と違うのは便利道具を使って型抜きに挑戦!たまたま蚤の市で見つけた古い道具。このまま見ただけでは何に使うか分かりにくいですが、コロコロっと生地の上から押すと型抜きと同様の仕上がりになる優れもの。星、丸、ハート、花形と結構可愛いです。これは古い道具の様ですね。あまり使われていなかったのか凄く綺麗な状態です。
d0090294_20325869.jpg
こんな感じ~。我家の生地はスパイスがたっぷりで毎年同じレシピ。薄く焼いてパリパリした感じに仕上げます。薄い、それに砂糖とダークシロップ入りなので、うっかりしていると焦げます!

そのまま食べても美味しいですけど、チーズやワインと相性良くて、砕いてアイスクリームにかけても美味しいです。私は毎年ジンジャークッキーを2月の季節のお菓子に使用するのですが今年は、その時期日本滞在なので、え~い!みんな食べてしまえ~い!



[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 20:43 | 食べ物色々/food
トナカイ皮・角・骨 ラップランドの作家ラウン君が阪急うめだに!
d0090294_17132706.jpg
ラップランドと言えば、オーロラ、サンタクロース、トナカイを思い浮かべる方が多いと思います。中でも特にトナカイはラップランドの人達にとって大事な存在です。トナカイは食肉用ですが、毛、皮、角、骨も大事な資源になります。私の知っている限りでは鶏、豚、牛の管路方法とは全然違ってきます。トナカイを飼うという事は家族ぐるみでのお世話となり、家族代々トナカイを管理してきているという家庭が多いので、歴史深くとても興味深いです。
d0090294_17124250.jpg
このショルダーバッグはトナカイの皮でできたラップランドの伝統手工芸。もっと細く言うとサーミ人の方達の手工芸です。このバッグを作られた作家、ラウン君はノルウェーに近い北フィンランドで生まれ育ち現在も在住。11-12歳頃に近所の小母さんよりサーミ手工芸を学び、現在に至っています。自分のトナカイの皮を鞣し、丁寧な作業でショルダーバッグを完成させます。その工程は秋に始まり夏にバッグになるという長い工程を経て素敵な製品が生まれてきます。右の2つのボタンはシルバーボタン、これもサーミの伝統衣装を連想させるデザインです。
d0090294_17141200.jpg
私も1つトナカイの皮(一部魚の皮)のバッグを使用していますが、とっても軽く、トナカイの皮とは思えない感じです。こういう柔らかい手触りのショルダーバッグは子供のトナカイの皮を使うそうで1頭の皮から3個分のバッグが出来るそうです。中の生地も工夫がされているのですよ~。

d0090294_17113818.jpg
ラウン君は12/13-19まで阪急うめだ 北欧クリスマーケット(9階)にてワークショップを行います。トナカイの角を使ったオーナメント、トナカイの足の骨を使ったペーパーナイフ(参加者にサーミの文様を焼き入れてもらいます。)、トナカイの皮のブレスレッドがあります。(写真提供 ラウン君)事前予約は阪急うめだHPよりされた方が確実ですが(前日の17時まで)、既に予約満員状態です。キャンセル待ちや、他幾つか空きがありますので詳しくはHPをご覧になって下さい。ダメ元で当日、会場で空きがあるか聞いてみる事も可能です。ワークショップは通訳さん付だと思いますので、この際、色々な事を聞かれてみるのは如何でしょうか?ワークショップ参加できない場合、商品は商品は12/25まで販売しております。個性的で長く使えるプレゼントをお探しの方は必見です!彼はサーミの伝統衣装を着てくるそうですので、そちらも楽しみですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-13 17:22 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランド国民に愛される 裂き織カーペット
d0090294_18362482.jpg
フィンランドでは裂き織カーペットが使われている家庭が凄く多いです。日本同様に玄関で靴を脱ぐ習慣があるので、玄関はもちろんの事、廊下、キッチン、リビング、サウナやシャワー室ほんと便利な裂き織カーペットは何処に置いても役割を果たし、模様や色も様々で見ていて飽きません。いらなくなったシーツや服を裂いて織ったり、ひも状の天竺素材を使ったりします。家族や親戚の方が織ったのよ~よいうのも良く聞きます。昔の博物館や資料館に行っても実際に使われていたり、昔の写真でも拝見できます。洗濯機でも洗えるし、夏場は湖の畔でカーペットを洗える事も出来るので国民に愛されたフィンランドを誇れる文化だと思います。

フィンランドの各地でも織り機を使って実際に織れる場や、家庭にもあり織っているという方は日本よりも多いのではないかと思います。こちら、素敵な柄、元気の出る色合いが魅力的な裂き織カーペットはロバニエミ在住の手仕事が大好きなエーヴァさん作。自宅に織り機があり、私が伺った際も当たらな裂き織を楽しんでいる最中でした。(左65×75cm、中央は75×135cm、右60×125cm)

d0090294_18360060.jpg
冬は日照時間が短いので室内での時間を過ごす事が多くなるフィンランド。外は暗い分、室内のインテリアの工夫がとっても上手です。色で楽しんだり、証明で雰囲気を出したり。エーヴァさんは、とっても素敵な壁掛けを作っていました。これ、紙紐なのです。夏場のテーブルランナーやファイバーアートの様な感じで壁掛けなどはありますが、電池式でライトが付く仕組みになっているとは、これは良いですね~
白が清潔感あって、ラップランドの冬を現していて素敵です。日本のお家にも合うシンプルさですよね。

エーヴァさんの作品は現在、阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット(9階)にて12/25まで販売中です。全てハンドメイドです!
お時間ありましたら是非!


[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-08 19:03 | 雑貨・インテリア/Interior
使って見て分かった良さ トナカイのショルダーバッグ
d0090294_18110530.jpg
2017年12月6日はフィンランドの独立100周年記念日。今年は各地で100周年イベントが開催されています。ラップランド在住の作家、オーダさんは、こんな素敵なバッグを制作されました。トナカイの皮&フィンランド各地の伝統衣装の布(ウール)を合わせたショルダーバッグ。私は大阪滞在中、お店でも長時間ずーっとショルダーバッグを下げていました。中には...カードやコインが入った分厚い二つ折りのお財布・パスポート・ハンカチ・メモ帳・ペン。もっと入る余裕はありました。マチが大きいので見た目以上に入ります。赤ちゃんトナカイの皮なので驚く程柔らかく、軽いので肩こりしません!
更に、前かがみになった際にバッグがズルズル前に落ちてこないのも大きなポイントです。
皮なので雨に濡れる心配をお持ちの方もいるかと思いますが、購入されて使用前にワックスを塗ると良いです。季節の変わり目に再度ワックスをしますの持ちが良くなります。素材も製造国もフィンランド。ハンドメイド商品です。店頭価格2万円、お得商品です。私は左から2番目のバッグ愛用中です。
d0090294_18222750.jpg
オーダさんはサーモン、深海魚の鱗を染めブローチを作られています。
d0090294_18334345.jpg
丸いペンダントも可愛いですよね。店頭販売は12/25までです。自分へのご褒美、プレゼントに最適だと思います。お時間ありましたら是非阪急うめだの9階へ~!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-05 18:35 | イベント/event
2017年 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット 夢のような世界
d0090294_17041179.jpg
11/20から滞在した大阪。30日に家族の待つフィンランド、ラーヌヤルビの村へ帰ってきました。この写真の会場は、阪急うめだ9階の催事場、11/21-12/25まで、北欧クリスマスマーケットが開催されているのです。私とウッラのお店は写真向かって左側。去年も参加させて頂いたのですが、何と言っても、巨大ヒンメリが魅力的です!毎年デザインが変わるという、本当にゴージャスなのです。これだけじゃなく1時間毎に音楽と光が放たれ贅沢空間です。9階から10階に行く階段は座れるようになってて凄く良い空間デザインです。こんな場でお仕事が出来て本当に幸せです。

d0090294_17052320.jpg
会場には沢山の可愛いお店があり、ゆっくり時間を過ごせます。今年はチョコレート、アイスクリーム、紅茶、コーヒー、パン屋さんもあって、購入したら階段の所に座って食べられるというのも素晴らしい。私とウッラのお店のみ、フィンランドから作家さんが来てワークショップをします。私が居た時は写真向かって右正面が、来日中の作家さんの商品が販売になります。
d0090294_17062534.jpg
私は草木染の毛糸や編み物類中心です。去年も来てくださった方達、我家でホームステイ経験をされた方達、もう10年近くブランクがあった方達、そして初めましての方達。色んな方達とお会いできました。とても印象深い出会いもり、次なるステップの糧になりました。

値段だけを見ると高いと思う価格です。フィンランドは物価が高いというのも一部ありますが、その他に現代に見失われているものが入っています。例えば、素材の質、時間をかけて手で仕上げる、文化を引き継ぎ残す、物の価値とは。全てそういうものを購入していると破たんします。全ての人に分かってもらわなくても十分OKです。「わ~綺麗!柔らかい!」そう喜んで頂けるだけでも作り手としては凄く励みになります!

ある日の勤務中、女性と男性のお客さんが来店されました。男性が熱心に毛糸に関して会話をされていたので、てっきり女性が男性に編むために選んでいるのかと思っていました。こういうの素敵じゃないですか~!興味深かったのでお話しをしてみました。編まれるのは男性の方で彼の編まれた作品を拝見しました。日本事情は分かりませんが現在ではヨーロッパでも男性のニッターが増えていて、男女問わず楽しめる手仕事。料理もそうですが男女問わず手に職というのは生きて行く際に凄く便利ですよね。

私の草木染の中でもお勧め中のお勧めはアルパカ100%の毛糸です。柔らかさの虜になる方が多く、リピートされる方達もいました。それ程お勧めです!店頭販売中のネックウォーマーを見て「このネックウォーマーに必要な毛糸はどの位ですか?」という質問が多かったのですがアルパカ1玉50gで余る位です。意外と少なく、そのわりには暖かいものが出来上がります。商品は12/25までありますので、是非皆さん、お店に行かれて下さい♪
d0090294_17075842.jpg
他にもフィンランドの作家さんによって作られた可愛い商品があります。蚤の市商品は人気で残り少ないですが、お時間ありましたら是非!現在はテキスタイルデザイナーのアンニとカロリーナの商品も加わりました。彼女たちも会場にいますので是非声をかけてみて下さいね!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-05 17:46 | イベント/event
阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット 可愛いフィンランド雑貨が続々!
d0090294_20274393.jpg
こちらは雪が降っています。あと数日した19日には雪国を抜け出して大阪へ飛びます。阪急うめだの北欧クリスマスマーケット、1ヶ月以上にも渡って開催されるのですが、色んな可愛い・美味しそうなお店が多くて楽しそうです。会場のど真ん中にある全長8mの光のヒンメリが、これまた凄いのです!12月にはサンタさんもフィンランドから来日されるようで、毎週末盛りだくさんな催し!サンタさんと言えば...フィンランドではサンタさんのお手伝いさんのトンットゥが今の時期大忙しです。小人と私も言ってしまいますが、妖精ですね。子供にも大人にも親しみのあるトンットゥ。今年はこんなに可愛いトンットゥが北欧クリスマスマーケットにやってきます。作家さんは今の時期、大忙し。手作り品なので数に限りがありますが新しいお家が見つかりますように。帽子の形がスタイリッシュで髭はストレートなのやクルクルしてるのがありますのでお好みでお選び下さい。
d0090294_20274471.jpg
フィンランドより天使と妖精も大阪に飛んで行きます。フィンランド語で天使はenkeli(エンケリ)妖精はkeijuと書いてケイユと言います。これはも~乙女にはたまらない可愛さです!
d0090294_20274232.jpg
フィンランドでは毛糸の編み物に加え、羊毛フェルトもよく見られます。どことなく暖かい感じが素敵ですよね。こちらも作家さんがフェルト作りからし凄く柔らかい雰囲気のネックレスです。木製のビーズと合わせてあるので軽すぎないとこがバランスが良さそうですね。この作家さんの息子さんは調理師学校に行っていたそうで研修で日本へ行った事があるそうです。人口の少ないフィンランドと言われていますが、誰かしら身近に日本に興味があったりに辺へ訪問した事がある方達が居ます。嬉しいですよね、こういうの。
d0090294_20274208.jpg
フィンランドのラップランドから大阪へ行くのでトナカイの角製品も少々販売します。木に見えるようなボタンはトナカイの角!私がラップランドへ移住した時はトナカイのまつ毛が、それはそれは長くて目がパッチリとして可愛い~と思いました。角製品も多く触り心地が良いんだ~と驚きました。角もこんなに可愛くなったらハンドメイド好きな人には是非使用して頂きたいです。私はスカートのポケットの所にアクセントとして付けていますが、スカートをひっくり返して洗濯しても丈夫です。草木染の毛糸でニット物を編んでトナカイの角のボタンを使用、こんなのも良いかもしれません。凄く小さいのもあって、も~自己満足の世界かもしれませんが、是非楽しんで下さい。
d0090294_20274286.jpg
冬、寒くて暗くなるフィンランド。-30以下になっても室内は一定気温に保たれていて暖かいです。ただ、出勤する時も帰宅時も暗い中帰ってくるとなると気も滅入ってしまう事も事実です。なのでフィンランドの方達はお家の中のインテリアに工夫をしています。証明だったり、温かみのある色のクッションやテーブルクロス、壁に飾るもの。テーブルクロスやテーブルランナーは普段から使っているお宅が多くデザインも素敵です。写真の素敵な柄、麻の織テーブルランナーです。フィンランドの手仕事専門学校へ通っている女性による、と~っても素敵な作品。私も時たま織をしますが、デザイン、セッティング、端の始末など手間がかかります。こういう手間があっても若い学生さん達が昔からの織を続けているという事は、とても大事ですよね。

物つくりは、楽しいので作るという自己満足もありますが(これは私)、手間暇かかったものを購入して頂き喜んで頂く事は次のステップに進める大きな応援にもなります。阪急うめだ北欧クリスマスマーケットにて、購入されるお客さん、作り手の作家さんにとって、お互いが笑顔になりますように!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-17 21:09 | 雑貨・インテリア/Interior