タグ:クリスマス ( 112 ) タグの人気記事
消えたクリスマスリース
d0090294_04272718.jpg
ラーヌヤルビも雪に包まれ、ぽつんぽつんとある家々のクリスマスランプが暖かく感じます。雪が降るとクリスマスを迎える気持ちも高まります。我家のクリスマス飾りはシンプルです。毎年少しだけ緑を取り入れるようにしていますが、モミの木の枝を使うと暖かい室内では針がポロポロ落ちてしまいます。なので今年は雪が降る前にコケモモの葉とヒカゲノカズラを森で採取しました。いつもドアにいる天使もそのままで...
d0090294_04275618.jpg
ムーミンの話に出てくるニョロニョロの様な姿のヒカゲノカズラは、秋になっても冬になっても夏と変わらない綺麗な緑をしています。数年前のものが家の棚にあるのですが、さほど色も変わりません。引っこ抜いてみると結構長く短時間で沢山採取できます。沢山材料が必要なリースには大変便利で扱いやすいです。

材料を買いに行くお店も遠いので、「とにかく身近にあるもので!そして後片づけが簡単なもの。」そう思いベースはワイヤーのみ。あとは緑の材料をワイヤーでクルクル巻いていきました。よく開け閉めするドアにかけたのですが、簡単なのに見栄えもそこそこあって落ちる葉もなくストレスフリーだったわけです。

しかーーーし、私がちょこっと(10分位かな)外に出て帰ってきたら...家の中が、とんでもない事になっていました。丸で泥棒に荒らされたかの様な感覚で一瞬何があったか真っ白に。ソファーも床も、緑だらけ。小さくお茶っパの様に散らばった葉。ワイヤーなんて形が分からなくなる程ひんまがってて...
d0090294_04305286.jpg
「僕、いい子に待ってましたけど、何でしょうか?」みたいな顔してる、ジェイク(7ヶ月)。そう、犯人はこの犬!普段、私のストーカーの様な存在の犬。私が外に出るとキッチンや寝室の窓から様子を覗くのですが、この日はキッチンや寝室に通じるドアが閉まっていたのでリースのかかっているドアにジャンプをし、その際にリースのかかっていた細い細い釘?が落ち=「わ~い、森の香だ~美味しい香だ~(むしゃむしゃ)」となったのです(想定)。犬が悪戯をしてしまったのは仕方がないですね... ただ、もの凄い散らかりよう!犬のケージの中は緑漂う森のような緑。この時、既に森は雪で覆われていたので再度作る事は出来なかったので、まさに「終止符」でした。

犬を責める事も出来ず半分途方に暮れながら悲しく片付けをしていると、天使まで出てきたではないですが。既に存在を忘れていたのですが、と言うか天使も玩具にされ一瞬、原型が分かりませんでした。白いフェルトの服は縦長に伸び、美しい金色の長い髪は犬のよだれで「ドレッドヘアー」状態。天使: "クリスマスとは何処へ?" みたいでしたよ。こんな感じのクリスマスのスタートです、苦笑。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-12-09 05:15 | 村の生活/village life
2017年 クリスマス 料理
d0090294_21212718.jpg
2017年のクリスマスはロバニエミの街中に住む義理母のお家へ1泊しました。大きな窓のあるキッチンで皆でランチ。
d0090294_21220489.jpg
d0090294_21222276.jpg
フィンランドのクリスマス料理、メインは豚ハムですが魚料理や野菜料理も多いです。ビーツや人参のサラダもクリスマスの定番。食器の使い方もほんと上手で勉強になります。

遅めのランチをしてまったりしていたら、義理母の所にサンタさんがやってきました!白樺の幹で出来た杖にベルがくくりつけられていて、サンタさんは子供達がどの位背が伸びたのか白樺の枝を使って身長を測定したり、サンタさんが持ってきた秘密の成績表を見ながら子供達が1年間で何に夢中だったかを報告してくれました。全部、サンタさんのお手伝いのトンットゥ(小人/妖精)が知らせてくれていたそう。他にもサンタさんはクリスマスのお話しをしてくれました。子供達は真剣にお話しを聞いていました。良かったね、サンタさんがプレゼント持って来てくれて~。
d0090294_21230164.jpg
夜はメインの豚ハム。A-Jが担当してオーブンで焼きました。骨なし8キロ。
d0090294_21233968.jpg
これにクリスマスの野菜のキャセロールを添えて、美味しかったです。
d0090294_21241093.jpg
翌日のデザートは義理母特性のケーキ。ロールケーキの中身はババロアのような感じです。これ、美味しいんですよ~ 今度、9歳の娘・ことり、義理母に教えてもらいたいね。2017年も平和なクリスマスを過ごせました。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 21:54 | 食べ物色々/food
2017年 クリスマス やっぱり今年も生木

d0090294_20533981.jpg
2017年のクリスマス、余ったクリスマスツリーの枝を使って2階のドアに飾り付け。
d0090294_20555855.jpg
今年も生木を伐りだしに我家の森へ...木と木が重なり合っている場所から1本鋸で切り倒しました~。
d0090294_20565881.jpg
お手伝いさんは7歳の息子。どれがいいかな~
雪深いので青いソリにはスノーシューを入れて、それから鋸も。
d0090294_20574996.jpg
「切れた~!」スノーシューを履いたA-Jが森から出てくると、何処かのおじさんがスノーモービルで登場。おじさんは立派はクリスマスツリーを後ろに運んで自宅へ帰る所のようでした。コテージに子供や孫が来るのかな。
d0090294_20585873.jpg
シャワー室でクリスマスツリーはシャワーを浴びて雪を溶かしてバケツに水を入れしばらく置いておきました。その後2階へ移動~。生木にはちゃんと水が入るスタンドがあります。そこに立てて水やりが出来る仕組みになっています。フィンランドの室内は暖かく乾燥しているので水やりが必須です。でも、これが結構針が落ちるので毎日掃除です...

子供達は喜んでクリスマスツリーに飾り付け。オーナメントは、もう10年以上使っているシンプルなもの。こんな感じの素朴なツリーがフィンランドのクリスマスツリーです。「今年はツリーどうする?プラスチックにする?」「何?プ、プラスチック?ダメダメ、もちろん生木に決まってる!」私達夫婦の会話、笑。うん、主人A-Jの言う通り生木で良かった。不揃いな枝の生木、やはり部屋に飾ると雰囲気が良いですね。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 21:16 | 村の生活/village life
2017年 クリスマス ジンジャークッキー 便利な道具
d0090294_20310057.jpg
明けましていめでとうございます。
ノロノロな更新でクリスマスは過ぎてしまいましたがクリスマス期間の終わりの日は今日1月6日です。クリスマスの飾りも片づけまた次のクリスマスを待ちます。

今年のジンジャークッキーは子供達と我家にホームステイ中だった女性と一緒に焼きました。もちろんクリスマスソング聞きながら。沢山焼けましたよ~。
d0090294_20321386.jpg
例年と違うのは便利道具を使って型抜きに挑戦!たまたま蚤の市で見つけた古い道具。このまま見ただけでは何に使うか分かりにくいですが、コロコロっと生地の上から押すと型抜きと同様の仕上がりになる優れもの。星、丸、ハート、花形と結構可愛いです。これは古い道具の様ですね。あまり使われていなかったのか凄く綺麗な状態です。
d0090294_20325869.jpg
こんな感じ~。我家の生地はスパイスがたっぷりで毎年同じレシピ。薄く焼いてパリパリした感じに仕上げます。薄い、それに砂糖とダークシロップ入りなので、うっかりしていると焦げます!

そのまま食べても美味しいですけど、チーズやワインと相性良くて、砕いてアイスクリームにかけても美味しいです。私は毎年ジンジャークッキーを2月の季節のお菓子に使用するのですが今年は、その時期日本滞在なので、え~い!みんな食べてしまえ~い!



[PR]
by Kippis_Y | 2018-01-06 20:43 | 食べ物色々/food
トナカイ皮・角・骨 ラップランドの作家ラウン君が阪急うめだに!
d0090294_17132706.jpg
ラップランドと言えば、オーロラ、サンタクロース、トナカイを思い浮かべる方が多いと思います。中でも特にトナカイはラップランドの人達にとって大事な存在です。トナカイは食肉用ですが、毛、皮、角、骨も大事な資源になります。私の知っている限りでは鶏、豚、牛の管路方法とは全然違ってきます。トナカイを飼うという事は家族ぐるみでのお世話となり、家族代々トナカイを管理してきているという家庭が多いので、歴史深くとても興味深いです。
d0090294_17124250.jpg
このショルダーバッグはトナカイの皮でできたラップランドの伝統手工芸。もっと細く言うとサーミ人の方達の手工芸です。このバッグを作られた作家、ラウン君はノルウェーに近い北フィンランドで生まれ育ち現在も在住。11-12歳頃に近所の小母さんよりサーミ手工芸を学び、現在に至っています。自分のトナカイの皮を鞣し、丁寧な作業でショルダーバッグを完成させます。その工程は秋に始まり夏にバッグになるという長い工程を経て素敵な製品が生まれてきます。右の2つのボタンはシルバーボタン、これもサーミの伝統衣装を連想させるデザインです。
d0090294_17141200.jpg
私も1つトナカイの皮(一部魚の皮)のバッグを使用していますが、とっても軽く、トナカイの皮とは思えない感じです。こういう柔らかい手触りのショルダーバッグは子供のトナカイの皮を使うそうで1頭の皮から3個分のバッグが出来るそうです。中の生地も工夫がされているのですよ~。

d0090294_17113818.jpg
ラウン君は12/13-19まで阪急うめだ 北欧クリスマーケット(9階)にてワークショップを行います。トナカイの角を使ったオーナメント、トナカイの足の骨を使ったペーパーナイフ(参加者にサーミの文様を焼き入れてもらいます。)、トナカイの皮のブレスレッドがあります。(写真提供 ラウン君)事前予約は阪急うめだHPよりされた方が確実ですが(前日の17時まで)、既に予約満員状態です。キャンセル待ちや、他幾つか空きがありますので詳しくはHPをご覧になって下さい。ダメ元で当日、会場で空きがあるか聞いてみる事も可能です。ワークショップは通訳さん付だと思いますので、この際、色々な事を聞かれてみるのは如何でしょうか?ワークショップ参加できない場合、商品は商品は12/25まで販売しております。個性的で長く使えるプレゼントをお探しの方は必見です!彼はサーミの伝統衣装を着てくるそうですので、そちらも楽しみですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-13 17:22 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランド国民に愛される 裂き織カーペット
d0090294_18362482.jpg
フィンランドでは裂き織カーペットが使われている家庭が凄く多いです。日本同様に玄関で靴を脱ぐ習慣があるので、玄関はもちろんの事、廊下、キッチン、リビング、サウナやシャワー室ほんと便利な裂き織カーペットは何処に置いても役割を果たし、模様や色も様々で見ていて飽きません。いらなくなったシーツや服を裂いて織ったり、ひも状の天竺素材を使ったりします。家族や親戚の方が織ったのよ~よいうのも良く聞きます。昔の博物館や資料館に行っても実際に使われていたり、昔の写真でも拝見できます。洗濯機でも洗えるし、夏場は湖の畔でカーペットを洗える事も出来るので国民に愛されたフィンランドを誇れる文化だと思います。

フィンランドの各地でも織り機を使って実際に織れる場や、家庭にもあり織っているという方は日本よりも多いのではないかと思います。こちら、素敵な柄、元気の出る色合いが魅力的な裂き織カーペットはロバニエミ在住の手仕事が大好きなエーヴァさん作。自宅に織り機があり、私が伺った際も当たらな裂き織を楽しんでいる最中でした。(左65×75cm、中央は75×135cm、右60×125cm)

d0090294_18360060.jpg
冬は日照時間が短いので室内での時間を過ごす事が多くなるフィンランド。外は暗い分、室内のインテリアの工夫がとっても上手です。色で楽しんだり、証明で雰囲気を出したり。エーヴァさんは、とっても素敵な壁掛けを作っていました。これ、紙紐なのです。夏場のテーブルランナーやファイバーアートの様な感じで壁掛けなどはありますが、電池式でライトが付く仕組みになっているとは、これは良いですね~
白が清潔感あって、ラップランドの冬を現していて素敵です。日本のお家にも合うシンプルさですよね。

エーヴァさんの作品は現在、阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット(9階)にて12/25まで販売中です。全てハンドメイドです!
お時間ありましたら是非!


[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-08 19:03 | 雑貨・インテリア/Interior
使って見て分かった良さ トナカイのショルダーバッグ
d0090294_18110530.jpg
2017年12月6日はフィンランドの独立100周年記念日。今年は各地で100周年イベントが開催されています。ラップランド在住の作家、オーダさんは、こんな素敵なバッグを制作されました。トナカイの皮&フィンランド各地の伝統衣装の布(ウール)を合わせたショルダーバッグ。私は大阪滞在中、お店でも長時間ずーっとショルダーバッグを下げていました。中には...カードやコインが入った分厚い二つ折りのお財布・パスポート・ハンカチ・メモ帳・ペン。もっと入る余裕はありました。マチが大きいので見た目以上に入ります。赤ちゃんトナカイの皮なので驚く程柔らかく、軽いので肩こりしません!
更に、前かがみになった際にバッグがズルズル前に落ちてこないのも大きなポイントです。
皮なので雨に濡れる心配をお持ちの方もいるかと思いますが、購入されて使用前にワックスを塗ると良いです。季節の変わり目に再度ワックスをしますの持ちが良くなります。素材も製造国もフィンランド。ハンドメイド商品です。店頭価格2万円、お得商品です。私は左から2番目のバッグ愛用中です。
d0090294_18222750.jpg
オーダさんはサーモン、深海魚の鱗を染めブローチを作られています。
d0090294_18334345.jpg
丸いペンダントも可愛いですよね。店頭販売は12/25までです。自分へのご褒美、プレゼントに最適だと思います。お時間ありましたら是非阪急うめだの9階へ~!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-05 18:35 | イベント/event
2017年 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット 夢のような世界
d0090294_17041179.jpg
11/20から滞在した大阪。30日に家族の待つフィンランド、ラーヌヤルビの村へ帰ってきました。この写真の会場は、阪急うめだ9階の催事場、11/21-12/25まで、北欧クリスマスマーケットが開催されているのです。私とウッラのお店は写真向かって左側。去年も参加させて頂いたのですが、何と言っても、巨大ヒンメリが魅力的です!毎年デザインが変わるという、本当にゴージャスなのです。これだけじゃなく1時間毎に音楽と光が放たれ贅沢空間です。9階から10階に行く階段は座れるようになってて凄く良い空間デザインです。こんな場でお仕事が出来て本当に幸せです。

d0090294_17052320.jpg
会場には沢山の可愛いお店があり、ゆっくり時間を過ごせます。今年はチョコレート、アイスクリーム、紅茶、コーヒー、パン屋さんもあって、購入したら階段の所に座って食べられるというのも素晴らしい。私とウッラのお店のみ、フィンランドから作家さんが来てワークショップをします。私が居た時は写真向かって右正面が、来日中の作家さんの商品が販売になります。
d0090294_17062534.jpg
私は草木染の毛糸や編み物類中心です。去年も来てくださった方達、我家でホームステイ経験をされた方達、もう10年近くブランクがあった方達、そして初めましての方達。色んな方達とお会いできました。とても印象深い出会いもり、次なるステップの糧になりました。

値段だけを見ると高いと思う価格です。フィンランドは物価が高いというのも一部ありますが、その他に現代に見失われているものが入っています。例えば、素材の質、時間をかけて手で仕上げる、文化を引き継ぎ残す、物の価値とは。全てそういうものを購入していると破たんします。全ての人に分かってもらわなくても十分OKです。「わ~綺麗!柔らかい!」そう喜んで頂けるだけでも作り手としては凄く励みになります!

ある日の勤務中、女性と男性のお客さんが来店されました。男性が熱心に毛糸に関して会話をされていたので、てっきり女性が男性に編むために選んでいるのかと思っていました。こういうの素敵じゃないですか~!興味深かったのでお話しをしてみました。編まれるのは男性の方で彼の編まれた作品を拝見しました。日本事情は分かりませんが現在ではヨーロッパでも男性のニッターが増えていて、男女問わず楽しめる手仕事。料理もそうですが男女問わず手に職というのは生きて行く際に凄く便利ですよね。

私の草木染の中でもお勧め中のお勧めはアルパカ100%の毛糸です。柔らかさの虜になる方が多く、リピートされる方達もいました。それ程お勧めです!店頭販売中のネックウォーマーを見て「このネックウォーマーに必要な毛糸はどの位ですか?」という質問が多かったのですがアルパカ1玉50gで余る位です。意外と少なく、そのわりには暖かいものが出来上がります。商品は12/25までありますので、是非皆さん、お店に行かれて下さい♪
d0090294_17075842.jpg
他にもフィンランドの作家さんによって作られた可愛い商品があります。蚤の市商品は人気で残り少ないですが、お時間ありましたら是非!現在はテキスタイルデザイナーのアンニとカロリーナの商品も加わりました。彼女たちも会場にいますので是非声をかけてみて下さいね!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-12-05 17:46 | イベント/event
今年もワークショップ盛りだくさん 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット
昨年同様「阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット」今年も11/21-28までお世話になります。私が来日中は3種類のワークショップを毎日担当させて頂きます。「ユリハリユ家のクリスマス準備」を楽しんで頂けたらと思います。


d0090294_00571237.jpg
フィンランドではクリスマスの4週前の日曜日毎に蝋燭に火を灯しクリスマスを待つ習慣があります。今年の第1アドベントは11/3。
去年も行いましたアドベントキャンドルのワークショップ。去年とほぼ変わりませんが...今年はキャンドル部分の札を変えて飾る木の実はラーヌヤルビの森で採取して乾燥したものを使います。(写真の赤い実は乾燥前)苔は持って行けないので日本で調達するものになります。作り方はと~っても簡単です。その割には可愛く良い雰囲気になりますよ!毎年使いまわし出来き、アレンジも可能。実際に使う鉢は写真とは別のものになりますが雰囲気は似ています。お話ししながら一緒にクリスマス準備楽しみましょう!
d0090294_00571216.jpg
クリスマスには手作りのプレゼント如何ですか?ラーヌヤルビの森で採取した白樺の樹皮を使った小さな♡のブローチ。(写真は販売用のため箱入り。輪ワークショップは箱無)白樺細工は昔からフィンランドにある伝統工芸品。昔は物資が少なかったため、カゴはもちろんの事、バケツや升など日常雑貨も白樺細工で作られていました。中には「え~そんなものにまで~!」と驚く話もあります。白樺とフィンランド人の関係なども交えたお話しをしながら一緒に作りましょう。
d0090294_00571226.jpg
クリスマスと言えばクリスマスカードは必須です!素朴な雰囲気のカード2種類ありますが1種類選んで頂き制作になります。
d0090294_00571392.jpg
とっても繊細な雰囲気の天使/妖精。
d0090294_00571182.jpg
ラーヌヤルビの森で採取した材料を使って…どちらも取り外し可能で飾れる仕組みになっています。
d0090294_00571181.jpg

ワークショップは事前予約は要りません(所要時間50-60分)。定員人数制限はありますが、当日会場で申し込んで頂ければOKです。他にも週によってフィンランド人作家さん達によるワークショップが開かれますので是非とも楽しんで下さい。

【アドベントキャンドル】 11/21 22 23 24 25 13時~ 
【白樺樹皮のハートのブローチ
 11/22 24 25 26 17時~
【クリスマスカード 11/23 27 28 17時~ 11/26 13時~

[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-13 01:24 | イベント/event
2016 クリスマス 奇跡のサンタさん
d0090294_23225247.jpg
今年も生木のクリスマスツリーを23日、我家の森から切ってきました。24日の午前中にオーナメントを皆で付けました。素朴感のあるツリーがフィンランドのクリスマスツリーですね。

さて、フィンランドではサンタさんのお手伝いの小人(トンットゥ)が身近な存在です。昔はサウナや家畜小屋、家の前にトンットゥにご飯を置いたりしていたそうです。とっても働き者で年中を通して子供達が良い子にしているか見守っているのです。我家の3歳、6歳、8歳の子供達はサンタさんの存在もトンットゥの事も信じています。ある日は子供部屋の窓から見えた外の真っ白な雪にトンットゥの足跡が見えた~と大喜びで3人外へ出て足跡を付けに行っていました。結局見失ってしまったけど…

クリスマスが近くなると子供達は何が欲しいのかプレゼントのリクエストリストを作ります。これがまた長い!沢山欲しいものがあるのです。その紙を階段に置いておくと翌日紙がなくなっていてトンットゥが取りに来てくれたんだ~となるのです。今年は階段に置いておくのを忘れてしまったそう...「でもサンタさん来るかなー、きっと来るよ!」そんな風に子供達が会話をしていました。サンタクロースはフィンランドに住んでいるので24日にプレゼントを届けに来てくれるのです。本当に来てくれるのですよ!そう、今年も我家に来てくれました!

我家のあるラーヌヤルビの村から車で1時間程の市、ロバニエミには公式のサンタクローズが住んでいます。サンタさんには1年中会いに行けます。でも、こうしてクリスマスイブにサンタさんが自宅へ来てくれるのは実は別のサービスがあるのです。例えば、夕飯時になると家族や親戚の1人が何処か行方不明になってサンタさんが登場する、もしくはクリスマス時にお店の掲示板に「サンタさんがお宅へ行きますよ~」というサービスにお願いする。我家は家族一緒にサンタさんを迎えたいので毎年サンタさんにお願いして来てもらっていました。今年はタイミングを逃しサンタさんは直接来れない事に…待っている子供達の事を考えると心が痛む...なので子供達がサウナ中に玄関前にプレゼントの入った大きな袋を置いて去って行った、という想定にしました。プレゼントの袋を見つけた時の子供達は大喜び!子供って本当にピュアです。「夕飯後に開けようね」という事でクリスマスツリーの下に置いておきました。そして...夕飯中に玄関から音が...なんとサンタさんの登場!サンタさんが来ていないお家を回っているという何とも奇跡な事が起こったのです。でも、既にプレゼントは置いて言ったでしょ~という質問に「さっき来たけど、誰も返事をしないからプレゼントを置いて他のお友達にプレゼントを置きに行ったんだよ。また帰ってきたんだ。」とサンタさん。子供達はサンタさんに歌を歌い、ツリーの下のプレゼントをサンタさんに配ってもらい子供も大人も皆、満足。子供だけではなく大人にもちゃんとプレゼントを運んでくれます。そんなサプライズな事が起きたクリスマスイブでした。
d0090294_23231675.jpg
こちらはクリスマスは1月6日までです。このままツリーを飾りながらの年越しになります。ブログは相変わらずノロノロ更新になってしまいましたが、今年は色んな出会いがあり、新年の誓いも形となった年でした。実りの多い年でした。2017年も皆さまにとって些細な事が幸せ~と感じられる年になりますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-31 06:19 | 村の生活/village life