<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
フィンランドの暗い11月 どうやって乗り切るか対策法
d0090294_03263072.jpg
森の木々の葉も、めっきり減ってしまった冬。見渡しのよくなった森の木々の隙間から聞こえてくる何処かの犬の鳴き声。敏感になって吠える、思春期のお年頃のジェイク。約1時間の犬の散歩/遊びは明るい内に済ませます。
d0090294_03140956.jpg
今年は例年よりも雪が舞い降りるのが遅く気温も暖かめ。「早く真っ白にならないかな。」こう思っている人が多いです。フィンランドの11月は枯葉も散り、小雨や曇りの日も多く、それに加え日照時間が短くなる月。どんより曇りの日は日中でもスカッとしない雰囲気。眠い、疲れる、食欲が旺盛、チョコレートなど栄養のあるものが食べたくなる。こういう症状が出る人もいます。私は11月の始めの方、暗くなると眠くなる症状がでたのですが11月も半ばになると体も脳も慣れてきたようです。街の近くに住んでいる人達は街中やお店のクリスマスイルミネーションやウィンドショッピングなど楽しめるのでしょうが...ラーヌヤルビは「ザ・田舎!」一歩道を外すと夕方は真っ暗です!

そんな村生活で雪の降る前の暗い時期の気分の解消法!「明るい内に外に出る。」「好きな音楽を常に聴く。」「手仕事を楽しむ。」この点を楽しむと11月も乗り切れます。クリスマスあたりから少しずつ日照時間が伸びてくるので、もう一息ですね。
d0090294_03150379.jpg
うっすら白く薄いのは霜。霜が現れる日は外気がキリリ、ピンッとして気持ちが良いのです。雨の日で中途半端な気温の日よりも、こうして氷点下になる方がテンションがあがる11月。歩くとシャリシャリと音がして触ると融けずに砂糖のように移動していきます。丸で子供の時にタイムスリップしたかのような小さな感動。よ~し、冬を楽しめる準備ができたぞ~い!



by Kippis_Y | 2018-11-22 04:03 | 村の生活/village life
これは重宝します。フィンランドでたい焼き!
d0090294_22414465.jpg
じゃじゃ~ん!フィンランドで、正確に言うとラーヌヤルビで!自宅で幻のたい焼き!
d0090294_22421319.jpg
去年の11月、大阪訪問した時に美味しい美味しいたい焼き屋さんに案内してもらいました。そこのお店の大将は元々、たい焼が苦手だったけど出会った、たい焼を食べたら感動し、その結果、修行をし大将になったそう。また食べたいな~あのたい焼き。。。

フィンランドに戻って、たい焼き器が欲しくなちゃったと思ったもの、それっきりでした。そんな中、いつもお世話になっている日本の方よりサプライズなドストライクな器具を頂きました。これは待ってられません!受け取って数日後に早速「毎日、毎日、僕らは鉄板の~」と歌いながら焼きましたよ。
d0090294_22412041.jpg
おお~これは楽しい!!非常に楽しい!!テンションあがります!!家族皆で久々の、たい焼き。しかも自宅で。と~っても贅沢な気分です。素敵な贈り物ありがとうございます♡それにしても「魚の形した中身は餡子」って面白い発想ですよね。

食べ物の記憶は強く脳裏に残るもので、餡子を煮ている時「昔、母親がストーブの上に鍋を置いてクツクツ小豆を煮ていたな~。」「今川焼の型で熱々のを作って食べさせてくれたっけ。」。。。しかし、母は9人兄弟の大家族の中で育った影響か、何を作るのも5人家族の家にとって「大量生産」でした!ふふふ、そんな思い出です。




by Kippis_Y | 2018-11-20 23:12 | 食べ物色々/food
フィンランド 父の日のすき焼き 牛肉落とし穴
d0090294_05593734.jpg
Valkoretikkaというフィンランド語名称の白いものは大根です。こんな感じでプラスティックに包まれ皮つきカット売りされています。根野菜売り場に数個売られているのを見つけると1-2個買っておきます。長持ちするし時たま作る日本食に使うと故郷の味を思い出します。フィンランド料理に大根を使うレシピは今まで拝見した事はないのですが皆さんどうやって調理しているのかな。ピクルスとかかな。日本の大根は立派な大きさですよね。イタリア産の大根は細身ですが、それでも大根!贅沢は言ってられません。
d0090294_06000678.jpg
大好きな茅乃舎の出汁を使ってシンプルに大根の煮つけ。我家の子供はクタクタに火の通ったお味噌汁の野菜が大好き。大根の煮つけも大好物です。それから大根・人参・玉葱を鰹節とゴマ・マヨネーズで和えたサラダ。
d0090294_06020317.jpg
先日、11月の第2日曜はフィンランドでは「父の日」でした。日本食の副菜各種作って、普段あまり作らない「すき焼き」にしました。フィンランドでは日本のように霜降りで薄くスライスされたお肉に出会う事はあまりありません。でもね、スーパーへ買い出しに行ったら「珍しい!スライス売りがあるじゃない!」。即座にカゴに入れて...脂の旨味を出すために別に脂多めの牛肉も少量買いました。

父の日当日の夕方、さ~準備は万端!スライスされたお肉の包み、珍しく2つに分けて包装され高級品みたいじゃないの!なんて思ったのも束の間...「何じゃこれ?スライスされてるかと思ったら1枚のお肉に縦筋がビビビーとあるだけではないかーい!(撃沈)。折角の父の日のメイン料理が...」ゴミ箱に捨てたパッケージを見て見ると「2枚入り」と書いてある...あ~何も確認せず舞い上がってしまった...それにしても、こういう見た目は沢山お肉のスライスがあるように見えますよね...(しょぼーん)。仕方ないので食べやすく切って使用しました。
d0090294_06022487.jpg
すき焼きには春菊が定番ですが、無いのでルッコラで代用です。車で30-40分程走って国境を越えたスウェーデンのお店で韓国産のしらたきを買い、父の日のすき焼き出来ました。子供達は、しらたきが大好きで、5歳のこゆきは「スパゲッティー」と言いますが...綺麗に完食しました。
d0090294_06011361.jpg
10歳の娘・ことりが小学校で父の日のプレゼント用に作ったお菓子。蓋つきの箱は折り紙箱で上手に作れていました。
d0090294_06004638.jpg
8歳・あんじんも学校でプレゼント用に作ったチョコレート。ポップコーン、ナッツ、マシュマロ、リコリスがのっています。

子供達は父の日を誕生日のようにワクワク待っていました。「世界で一番の私/僕のお父さん」というメッセージと共に誇らしげにプレゼントを渡していました。子供の率直で純粋な愛。子供からも学ぶ事も沢山。子供達が描いた絵を見てA-Jも嬉しそうでした。いつまでも良い父子の関係でいられますように♡

by Kippis_Y | 2018-11-14 20:23 | 食べ物色々/food
フィンランドで北海道かぼちゃ 
d0090294_05565774.jpg
10月になると店頭でよく見かけるかぼちゃ。日本のかぼちゃはホクホクして甘味があって美味しいですね。フィンランドで購入できるものは種類が違うせいでしょうか、気候や土地の影響もあるのかな。甘味に欠け水っぽい感じです。なので好んで購入はしていなかったのですが北海道かぼちゃを購入して料理したら美味しい!今年は何回も食べました。小ぶりサイズで1個2€少しなので300円くらいかな。
d0090294_05572824.jpg
11月上旬に5歳の誕生日を迎えた娘・こゆきからのリクエスト=誕生日ケーキはかぼちゃケーキ。面白いキャンドル立てやグリグリキャンドルを見つけたので飾ってみました。キャンドルに光が灯ると皆ワクワクするのは何ででしょうかね!もう5歳、まだ5歳。永遠に小さく感じるのは末っ子だからでしょうか。
d0090294_05575312.jpg
中はこんな感じでモンブランケーキと同じような感じです。タルト生地にアーモンドペーストをのせて焼いて生クリームを...と考えていたのですが生クリームを他の料理に使ってしまって残りがごくわずが!!クリームチーズと少量の生クリームで代用し、ふんわりココア風味。後はかぼちゃと生クリームのペーストをグリグリ~っとかけました。綺麗な黄色だな~。
d0090294_05583002.jpg
こちらは違う日に作ったかぼちゃチーズケーキ。ココア味のタルト生地にクリームチーズと生クリームを沢山使って。かぼちゃ部分は濃厚プリンのようでした。
d0090294_06031486.jpg
日本のかぼちゃ料理を代表する煮物!お醤油大好きな子供達はペロリと食べてしまう一品です。この他にも天ぷらを作ったり今年は本当によく食べました。日本で食べる日本食の味を忘れつつあります...記憶を探りながら来年は豊富なかぼちゃ料理に挑戦しよう~。

by Kippis_Y | 2018-11-13 22:44 | 食べ物色々/food
犬と一緒に夫婦小旅行
d0090294_03261762.jpg
たまには子供抜きで気分転換に夫婦で小旅行をしようかという話になりました。以前行ったハンガリーが良かったので再訪問してみたいと思ったら格安パッケージが期限切れ...結局、車で3時間程の市へ行きました。目的は映画観賞、末っ子こゆきへのプレゼント探し。約1時間離れたロバニエミの街中にも映画館はあるけど食事を作る手間も時間も気にせずに2晩位ゆっくりしようかーという感じで。ただ、私の背後に潜む犬のジェイクの存在。まだ6ヶ月なので義理のお母さんに面倒をみてもらうのも大変。ペットホテルに預けようかとも思ったけど結局、犬OKの宿泊所を探してみました。
d0090294_03273333.jpg
思った以上に犬OKの宿泊所が少なく、でも良さそうな場所を見つけました。街中より車で5分位の場所。フロントで鍵を貰って、あとは自由に自分たちで鍵を管理し出入りOKという感じです。1階はレストランになっていて2階が宿泊所。この部屋の他に共同キッチンやラウンジがあってビリヤードやダーツ、本や子供の玩具などあって結構くつろげます。
d0090294_03275939.jpg
宿泊費に5€プラスしたのでシャワー付きの部屋になりました。IKEAの家具ばかりですが犬OKなわりには清潔感があってスタッフの方もフレンドリー。混雑していなかったのでラウンジでもジェイクを伸び伸び遊ばせる事が出来ました。仮にホテルだったら部屋の中だけで過ごすのは大きな犬にとっては窮屈そうよね。
d0090294_03284515.jpg
古い素敵な窓から外を見渡すジェイク。まるで探偵のよう。
d0090294_03290906.jpg
キッチンの窓から行き交う車を見る田舎者の犬。

夫婦の小旅行とは言え、犬も一緒なので毎日ドッグパークに行って思う存分走って遊びました。フィンランドにはkoitapuisto:ドッグパークが各地にあって小さいな犬用・大きな犬用と分けて遊ぶ事が出来ます。森の中にある事も多いのです。普段、ジェイクを近くの森の中で放し飼いにして走らせるのですがトナカイが居ないか注意をはらいながら放し飼いにします。その点ドッグパークではフェンスもあるので気が楽ですね。他のわんちゃんとも犬世間マナーを学べるのでね。宿泊中は予想以上に良い子に過ごしていました。
d0090294_03264844.jpg
でもね、やはり色んな匂いのする自宅が一番の様子♡



by Kippis_Y | 2018-11-13 04:11 | フィンランド色々/Finland