<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
草木染毛糸 2018年
d0090294_02463580.jpg
スーツケースの中は今年染めた草木染の毛糸がいっぱい!何処にも旅行には行きませんが...収納場所に困ったので丁度よく入るスーツケース、大活躍です!現在はもっともっと毛糸があります。どの色も綺麗でうっとりします。
d0090294_02393677.jpg
草木染は若葉の生えてきた6月頃から9月頃までの時期に外で行っています。この黄色いのは白樺の若葉。アルパカとメリノウールで色の付きがかわってきます。実際はもっと強い黄色をしています。
d0090294_02403391.jpg
アボカドで染めると、うっすらベージュのようなローズカラーのような色に変身。1年を通してアボカドの種と皮をためてきました。以前は乾燥していたけど、砕くのに結構力がかかったので、今度は冷凍保存しておきました。なかなか効率が良かったです。
d0090294_02413046.jpg
とっても綺麗な薄茶はアルダーの実から。一見、小さな松ぼっくりのような実です。こういう固いものは熱湯で一晩漬けてから強火で1-2時間煮ます。乾いたら色がもっと薄くなりましたが綺麗です。
d0090294_02421438.jpg
今年は、イラクサと乾燥させたタンジーを合わせてみました。花系は乾燥させると濃い色になります。タンジーは山吹色の綺麗なお花なのですが、菊科なので煮るともの凄くキツイ香がします。なので室内で大量に花を使って煮立てると頭痛が発生しますのでご注意です!
d0090294_02431184.jpg
ふふふ、結果こんな綺麗な色になりました。手前がアルパカ、奥がメリノウール。
d0090294_02442598.jpg
ブルーベリーもなかなか強い色がでます。左がアルパカ、右がメリノウール。毛糸にポリエステルが少しでも入っているとより一層濃い色になります。それでも、十分強い色がでます。フィンランドのブルーベリーは森に沢山生えていますが背丈が15-20cm程です。収穫に時間がかかりますが今年は猛暑で蚊が少なくて非常に摘みやすかった!
d0090294_02470289.jpg
ようやく秋になって顔を出してきたキノコ。これは食用ではないのですが染めにはもってこいです!キノコ=茶色になるというイメージが浮かぶかもしれませんがピンクになるのです!
d0090294_02473541.jpg
こんな風に見てもらうと分かるかな。傘の裏や茎の根本が赤っぽくなっています。乾燥させたり、ちょっと腐らせると色が一層濃くなるそうです。茎のみ、傘のみで違うトーンの染めが出来るのですが私は一変に煮立てます。ようやくキノコが集まって来たので近々最後の染めをします。もう霜が降りてきている天候なので暖を取りならが...
d0090294_02455294.jpg
乾いた毛糸は再度、こうして巻いていきます。この道具がもう1つあるのですが、こうやって毛糸を設置して、もう1つにクルクルと巻いて綺麗なカセを作っていきます。
d0090294_02445328.jpg
今までは丸い玉状にしてラベルを付けていましたが今年は、こんな感じのカセです。ラベルも少し変えて1つ1つ付けていきます。手触りも凄くよく、どの色と合わせても映えるので、この毛糸を使って編むのが楽しみです。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-30 03:25 | 村の生活/village life
紅葉 いつもの丘へ
d0090294_01561600.jpg
この間の家族で行った、いつもの場所。紅葉が綺麗でした。夏から秋頃まで大きな道路は運転速度が80キロから100キロに変わります。大体100キロ-110キロで車を走らせると13分程で到着する近くの場所です。大体30分もあれば上り下り出来るのですが、頂上で休憩しながら降りてくると数時間ゆっくりと楽しめる場所です。いつも人が少なく落ち着く所なのです。
d0090294_01573101.jpg
本当は数キロ歩くトレッキングに行きたかったのですが、連日雨続きだったので滑る確率があるので、この丘にしました。目的はコレ!8歳の、あんじんは自分で貯めたお金で双眼鏡を買いました。彼らしい渋い買い物です。でも、長く楽しめそうなので賢い選択ですね!もちろん、お姉ちゃんや、妹も見たがっていたので順々に遠くを眺めていました。
d0090294_02003826.jpg
もん何度も来ているのですが何度来ても楽しいです。この建物の裏に高台があるのですが、子供達はそこに登って「お~い!見て見て!」と言ったり、高台の横から薪を持って来て置いてある斧で薪を小さく割って火をつけたり。この原始人っぽいのが楽しいのです!
d0090294_01584890.jpg
こんな眺めを見渡せる休憩所。ずーっと居たくなる場所です。
d0090294_01581738.jpg
直火の熱を使ってパンをトーストして食べている間にA-Jはソーセージに切り込みを入れています。ソーセージは色々な種類があるのですが、我家はチーズ入りだったり、お肉多めが好きです。健康を意識し、最近ではこうして野外でソーセージを食べる以外お家では食べる事が少なくなってきました。一体、何本食べてきた?というほど食べていますので...でも直火焼はとっても美味しいです。
d0090294_02010922.jpg
串に刺して焼いたりもしますが我家は人数が多いので、こうして網のある休憩所は助かります。その間に色々と出来ますのでね!
d0090294_02014497.jpg
待てない人・こゆきは浅焼きのソーセージですが、こうしてキッチンペーパーで巻いてケチャップや辛くないマスタードと一緒に食べます。こういう野生的な食べ方が、これまた美味しいのです!ソーセージは1本も食べられないけどデザートのケーキは別腹の、お姉ちゃん・ことり。ソーセージは1本、デザートも何でも口に入る・あんじん。ソーセージ2本も食べたのにデザートも余裕で入る4歳・こゆき。常にお喋りに花がさいている3人。楽しい日となりました。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-30 02:29 | 村の生活/village life
あっと言う間に10歳
d0090294_21383518.jpg
先日10歳の誕生日を迎えた長女・ことり。彼女の希望で誕生日当日は学校のお友達を招いた誕生日会。希望のケーキは人参ケーキ、炭酸飲料で作るゼリー。難題ではなかったので作ってみたのですが...人参ケーキが思ったより小さくできてしまったので...(右の方に存在感なく写っているのが人参ケーキ。)前夜に急遽、スポンジケーキを焼いてデコレーションケーキを作りました。濃厚なパイナップル味のジュースをよく間に浸み込ませて、秋に摘んでジャムにした黒カシスを挟んで...クリームチーズとレモン味の乳製品を混ぜてデコレーション!それが、この写真です。マカロンは市販のね。ラーヌヤルビの村にはカフェなんてないので...いちよ60キロ先のロバニエミへ行くと数か所のカフェでマカロンが購入できます。1個1.2ユーロ位かな。飾りに使ったマカロンはチョコ・コーヒー・レモン・バニラ・ピスタチオ・苺味12個で5ユーロ少しとお得です。村の子供達はマカロンを食べた事ない子ばかりで凄く興味津々なようでした。デコレーションケーキも馴染みのある人参ケーキも食べっぷりがよく、とっても嬉しかったです。
d0090294_21350149.jpg
こちらが主役希望の2層のゼリー。「生~きて~る~~」と言いながらプルプル動くゼリーを切りました。ふふふ、子供達も凄く楽しそう!ちょっとしたパフォーマンスで子供も大人も楽しめます!
d0090294_21352809.jpg
娘は誕生日にはトマトソース・ミートボールがのっているパスタが食べたいと言っていました。買い物リストにも記入していたのですが、何人来るか分からないパーティー、準備する法も無駄がないように...というA-Jの助言のため、急遽ピザに変更になりました。いつもの3倍の量。大きな天板6枚分を焼きました~。しかも生ハムがのったのは凄くしょっぱかったけど...(翌日は不思議と普通の塩加減になりました)サラミ&ツナののったピザは一番美味しかったそう。フィンランドではパーティー事になるとキッシュが振る舞われる事が多いのですが、こうやって一度に大量に出来るピザもなかなか良いものですね。あとは野菜スティックに果物、クッキー、チップスといった感じでした。
d0090294_21374802.jpg
学校では全校生徒&先生にお祝いの歌をうたってもらったそうです。村は全校生徒14人、先生3人と小さいので皆お友達です。ほとんどの子供達がお祝いに来てくれてキッチンがギュウギュウ詰。皆、お行儀よく食べて、年の大きい子が小さい子を助け合う姿がよく垣間見れました。これは小さい学校ならではの良い光景です。

肝心の本人希望のプレゼントはヘルシンキの税関で止まっており未だに届いておりません、涙。アメリカより購入し、税金対象になる額だったため、もうすこし時間がかかりそうです。それでも文句も言わず楽しみに待ち続けてる娘。こういう一途な子なのです、涙。

ところで、あんじんは8月に8歳になりました。彼の時は本人希望でロバニエミにある子供の遊び場へ行きました。10月はA-Jの誕生日、そして11月は、こゆきと立て続けにお祝いです。段々ネタが切れてきますが、もうひと踏ん張りしま~す!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-29 22:11 | 大学生活/uni life
まだまだ続く 森の家作り
d0090294_23215366.jpg
はい、未だに未完成な「森の家」。土地作りを入れたら、もう5年位経つのかな。その間に、きっと他の家庭では新築が建ってたりしているのではないでしょうか。でもね、主に主人1人で休みを使って建てています。フィンランドでは、自分で家を建てる方は日本と比較すると多いと思います。昔は木を切って自分で設計した方も多かったですが、現在ではキットのようになっている家を買って組み立てていく仕組みのお家が多いです。なんせ主人は素人!そして頑固な気質もあるので人任せではなく自分で作り上げたいそうです。是非、遠くから見守って下さい、笑。

私も出来る事なら手伝いたいと思い、手伝っています。あまり私に出来る事はないのですが...まずは、室内のドアのペイント剥がし。洗って乾かして研磨機を使って落とせるペイントは落としていくのですが、これがまた、古いドアは重いし、ドアにある小さな釘は邪魔をするし...マスクや帽子、手袋をしていても細かいゴミが入って来て誰にも見られたくない姿でしたよ!幸いお天気が良く蚊が出てこなかったのが救いでした。
d0090294_23183753.jpg
100年以上前のログハウスが組み外されたものを再度立て直したのですが、せっかくのログハウスなので室内の一部をログむき出しに残そうと思います。それだと断熱材があっても、どうしても寒くなるので主な面は、こうしてエコな資材を使って断熱防寒装備。そこへ、昔ながらのフィンランドの方法で、白い紙をはっていきました。壁紙とは、また違うのです。でも「紙」なのです!日本のハンカチやスカーフなどをギフト用にしてもらう際の、あの白い(片方はツヤがあって、片方はグレー色)ケース分かりますか?あんな感じのです。
d0090294_23203118.jpg
横幅150㎝あり、ロール状にまかれています。壁の長さ+少し多めに切り、水に濡らした刷毛/ブラシで水滴をバシャバシャ!とかけていきます。一部屋毎に必要な分を用意し、乾燥しないようにビニールで覆い一晩おきます。翌日、端っこの部分を1センチ程薄く剥がしていきます。(紙が重なる部分が綺麗に見えるように)簡単と言えば簡単なのかもしれませんが、慣れないうちは湿り具合が分かりませんでした。そして、壁が3.5メートルとかあるので、切断するにも良い運動でしたよ!
d0090294_23192548.jpg
壁に糊や壁紙用の糊を混ぜて湿ったこの白い紙をはっていきます。空気が入らないように。湿りっけがあると紙が伸縮する作用があり、乾くと少々乾燥する事から、壁がピン!と綺麗になるそう。写真はまだ紙が乾く前です。A-Jも脚立を上り下り、本当にジムのようでしたよ!この作業は、壁の途中で中断してランチ休憩~なんてできないので(乾燥してしまって伸縮具合のテンションが変わってしまうため)、ランチはいつも2-3時頃になってしまい、夕飯の時間も遅れ...朝から夜まで子供達を家に残し、ずーっと作業。夜は翌日のランチ作り。子供達にも申し訳なかったです。こういう時に、ご飯の支度をしてくれる方がいると非常に有難い!そう何度も思った事か、、、。
d0090294_23163083.jpg
こんな感じでビフォーアフターです。こでで終わりではなく、白い紙の上にペイントをしていきます。部屋によってはアクセントで壁紙を貼る予定です。壁が白くなると雰囲気もガラリと変わって一気に家らしくなりました。この作業を決められた短時間で終了しなくてはならなかったのは、電気屋さんが来るため。でも、結局、電気屋さんは忙しくなってしまって電気配線は途中のままです...
d0090294_23173020.jpg
森の家は、ラップランドのある村の小学校として使われていました。2階分の高さはありますが、2階は使用されていなかったので、階段の位置を私達が決めたのですが、このスペースが非常に狭い。結構、挑戦的な感じで壁となっていました。A-Jも作れば出来るのでしょうが、時間や労働を省くためにもお願いをしようと業者をあたってみたのですが、回答なし!そんな時、数年前まで家具作りの先生をして働いており、東京の森美術館にも仕事で行った事のあるという有力なA-Jの生徒が現れました!我家に2週間程住み込みをして頂き、階段作りのお仕事をお願いしました。
d0090294_23150682.jpg
設計計算はもちろん、限られた空間で作らなければいけない難題。毎日少しづつ形になっていく姿を見て感動しました。階段の下の部分にドアが付き、この部分は小さな収納部屋になります。手前は壁が出来ます。
d0090294_23131662.jpg
生活用水は井戸水からの水を使用する予定です。水道屋さんもね、前に来てもらった業者の方は途中で来なくなり、請求書も来なく...電話しても出なく音信不通です。その後に数件問い合わせても、「電話します。○○日に伺います。」そう言われて結局誰も来ませんでした。今年こそは!そう願い、2件ほど問い合わせましたが、皆来ません。忙しいのかな?それにしても...そんな困っていた矢先に、村の商店で村に水道屋さんがいるよ~と教えて頂き、お世話になれそうです。

A-Jは、トイレにタイルを張り、続いて黒と白のタイルをシャワー室に張る作業をしました。タイルを張るまでにも色んな工程があって、こういう事は未知だったので驚きの連続です。夜中までA-Jご苦労様です!
d0090294_23141872.jpg
順調に行けば、水道を使えるようになり、願えば電気屋さんも秋中に来て頂きたい。そうすれば、監査の人に来てもらいOKが出たら、「住める家」として認証されるそう。実際は、ガスコンロ&オーブン使用のためのガス屋さんへの依頼、床を削ってない部屋もあったり壁もペイントしなければいけない。2階はまだ未完成。玄関のドアを新しく変える、窯や暖炉のペイント、窓枠を入れないといけない、諸々沢山あります。でも、認証されるとなると税金関係云々、もう少し有利になるそうです。

冬はなかなか作業できないので、秋も週末作業は続きます。来年にグンッと家らしくなるかな?!窯、暖炉も使え、薪使用のオーブンやコンロもあるので水さえあれば、お試し宿泊が体験できそうです。冷蔵庫がないので、ちょっとキャンプスタイルですが...

まだまだですが、引き続きユリハリユ家の「森の家作り」見守って下さい。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-09-03 00:12 | 村の生活/village life