<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
中央フィンランド コテージ宿泊
d0090294_16523611.jpg
太陽が出てて気温もあって湖が目の前にあれば=泳ぐ!長い冬眠のような冬生活を抜け出して、空がこんなに青くて気温も20度越えたら、もー気分は夏です。今年の今の時期にしてはお天気もよく、直射日光に当たるとジリジリ暑いです。我家は子供達の学校や幼稚園をお休みにして先週の土曜から2泊、片道5時間かけて中央フィンランドへ休暇に行ってきました。宿泊先にはビーチがあるので子供達用の水着も持って。

石の多い湖もあれば、泥のような地面の湖、こちらは砂の湖で浅瀬なので子供達も安心して遊べました。気温は20度、風があったので体感温度はもう少し低め、半袖で木陰にいると寒く感じたのですが、子供達は水鉄砲もって水着で水遊びしていました。ほんと、強いですよね。我家の他にも家族で遊びに来ている人達が多くて、キャッキャッキャッキャッと言いながら楽しそうにしていました。
d0090294_16533593.jpg
A-Jは夕飯のBBQの火熾し、私は、ビールお供にビーチで編み物。空気がサラリとして汗ばむ気温でもないので毛糸の編み物も気持ちよくできます。
d0090294_16540442.jpg
3人の子供達は賑やかで、田舎特有?声が大きいし、我家が旅行時に利用するのが多いのはホテルよりもキッチン・サウナ付きのアパートメントステイ、もしくはコテージです。時には外食も良いけど旅中ずっと外食だと飽きてしまって。フィンランドのコテージは綺麗で快適、自然もすぐ近くにあるのでコスト面や環境面をみても我家には最適です。今まで色んなコテージを体験してきましたが、この場所はベッドの作りがユニークですね。大人でもワクワクします!
d0090294_16540465.jpg
このキャンプ場の敷地内には夏場ポニーが居て、もう少ししたらヒヨコやアルパカが来るそう。ぬぬぬ、アルパカ!!これはまた来月来よう!!という事で来月もお世話になります。短いフィンランドの夏、自然に沢山触れて楽しみます!



[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-29 17:25 | 国内旅行/travel Finland
スーパー野草 イラクサ 
d0090294_06002860.jpg
毎週木曜日は、4歳の娘・こゆきは幼稚園お休みの日。お昼には9歳の長女・7歳の息子が学校から帰ってくるので午前中は私を独り占め出来る時間です。私も本気で真剣衰弱し負け、自転車乗ったり、工作や○○ごっこしてます。4歳児面白いです!最近はイラクサ摘みに出かけるのが楽しいです。
d0090294_06004735.jpg
素手で触るとチクチク痛いような痒いようなイラクサ。伸びてくるとズボンやスカートの上からでも時たまチクッと感じる事があります。素手で触ってしまった場合は流水で冷やすと良いのですが、痛痒いだけで毒性はないので怖くはありません!ほうれん草よりも、たっぷり栄養があるわりには癖がなく食べられるので子供達も大好きです。手袋をすれば子供も採れるし、下処理も簡単に出来ます。今がまさに旬な野草です。
d0090294_05585837.jpg
上の部分をポキッと取ってカゴへ。とっても軽い草なのでフワッとカゴへジャンプ。たまってきたら押して欲張ってとります。先のみを取ると、またしばらくして生えてくるので2度摘みできます。放っておくと秋には1メートル以上になります。イラクサの根っこは伸びがよくて地面下、横にはっています。雪が降ると時期を終えるのですが栄養分たっぷりのイラクサは土にも良いエネルギーを与えてくれる優れものです。
d0090294_06140493.jpg
収穫したイラクサはサッと水洗いしてシュウ酸を抜くため沸騰した水の中に入れ少々湯がきます。その後、流水で洗いゴミ取りをすれば下準備完了~。虫が付いている事もあまりないので時たま入っている松の針などを取り除きます。絞って冷蔵庫で保存したり冷凍しておきます。
d0090294_06181797.jpg
フィンランドでイラクサ料理の定番中の定番と言えば、クリームベースのイラクサのスープ。イラクサ自体マイルドな味なので優しいスープです。我家は濃い口なのでブルーチーズを入れたりもします。オムレツに入れたり、魚やお肉のソースにしたり、パンやバターに練りこんだり、バジルと合わせてパスタソースにしたり便利な食材です。私は日本人なので、茹ででカツオ節に醤油も好きです。
d0090294_06012346.jpg
今回は天ぷらにしてみました。ただ、油が応えるお年頃になってきたので、たっぷりの酢醤油&柚子唐辛子と一緒に。かすかなイラクサの香が日本の山菜を思い出します。
d0090294_01233945.jpg
我家では、イラクサのパンケーキが出てくる頻度も多いです。フィンランドでは、ほうれん草入りのパンケーキをコケモモジャムと一緒にお肉料理のお供として、という感じなのですが、春にイラクサがとれると、イラクサ入りのパンケーキを作る家庭も多いです。モチモチして美味しいんですよ!

他にもイラクサの素晴らしさがあるのですが後日お伝えします!



[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-26 01:25 | 食べ物色々/food
森の家 廃材で遊ぶ&雑草畑ちょっと拡大
d0090294_21012236.jpg
フィンランドの今、綺麗な時期です。ラップランド地方は白夜なので夜も暗くなりません。太陽の光を浴びて植物も気持ちが良さそうです。2階の窓から夜外を眺めると野ウサギが草を食べている事も多いです。フィンランドの野ウサギは足が長くて綺麗なのですよ。毛の生え変わりの時期らしく白と灰色の色をしています。もう少ししたら全部灰色になるでしょう。

建設中の森の家の敷地内にはベリーやルバーブが植わっている広場があるのですが、数年前に建てた子供の基地、ブランコ、雑草畑、ちょこちょこっと毎年手を加えては楽しんでいます。でもね、夏場になると素晴らしく雑草化されるので今がベストな時期です!
d0090294_21112953.jpg
廃材を切ってハシゴを作りたい、という息子。ちょっと手伝いましたけど草むしりしている最中に猿になっていました。木登りをすると眺めもいつもと違って気持ちよさそう。
d0090294_21453480.jpg
小さい頃から柔らかい森や丘歩きをしているタフな、こゆき。本人曰く木の上で寝ているそう。ふふふ、田舎暮らしに大必須な長靴、笑。
d0090294_21235979.jpg
今年は、じゃが芋や豆類を増やそうと思いショベルで土を掘り起こし雑草や根っこを取り始めたら、、、たった数畳なのに5時間近くかかってしまった...しかも一生懸命掘り起こしている姿を幼稚園の先生に目撃され...「こんなペースじゃ拡大するまでに腰が曲がってしまう~!」という事で、耕運機を購入しましたよ~!もちろん操縦するのは私!今年はまだ土が固いけど、お豆も植えるし来年は柔らかくなるでしょう。5時間かけた苦労の土地は苺の苗を30個植えました。いつもの長方形の囲いの中には葉野菜の種を植えました。耕運機で耕した場所には、後日じゃが芋や、お豆、根野菜を植えます。この辺の地方では、じゃが芋を植える時期は6月上旬です。頼むからトナカイさん、私の小さな畑踏まないでね。

[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-24 21:52 | 村の生活/village life
こんなに緊張したのいつだろ フィンランドで自動車学校入 免許取得
実は私、37歳にして大きなチャレンジをしたのです。自分の中では凄い進歩!
フィンランドで自動車学校&自動車免許取得!しかもマニュアル~。

かつて私はマニュアル自動車免許はあったのです。日本では8年間位スイスイ、オートマ車を乗っていました。約11年前に移住した頃は学生生活だったので車の必要性は無く、その後子供が生まれ、さー日本の自動車免許をフィンランド版に書き換えようかと思ったら書き換え時期がとっくに過ぎていた訳で...後に日本の免許も執行となってしまったのです。

交通面が不便なラーヌヤルビの村に引っ越して約7年。「免許はあったら便利だろうな」とは思ってましたけど、長女が中学生になる頃には...そう思っていたのです。何よりも、約20年前に数か月の間だけ乗ったマニュアル車をこれからフィンランドで乗っていく自信が、とーっても低かったのです。しかーし、ある日、A-Jの父親が亡くなり彼の乗っていた車が私の元へ来たのです=自動車学校行き決定。2018年3月5日に申し込み、2018年5月9日に本試験合格=免許取得。


覚書も込め書き残しておきます。

ラーヌヤルビは人口約200人、自動車学校というものはありません。信号もありません~。なので60キロ先のロバニエミの街中の自動車学校へ。ロバニエミは人口約6万人。街中はそれ程大きくないのに自動車学校が7-9校もあるのです。特に調べもせず昔住んでいた頃からよく目にしていた学校へ。

● 10時間10時間コース(学科10時間・実技・10時間・自主勉強10時間)、通常よりも短縮&格安バージョンに申し込み。(通常:学科19時間・実技18時間・自主勉強20時間)

● ネット申し込み後、自動車学校にレクチャー(約45-50分)を受けに行く。
● 10時間の学科はネットレッスン。自動車学校とは別の会社がフィンランド国内の受講者相手にネットで指導。
※カメラ・ヘッドフォン必須。カメラ無しでは欠席とみなされます。1時間=45分。自動車学校まで行かずに自宅で出来るというのが凄く便利でした。ただ、レッスン中は口頭回答ではなくライブで先生がパワーポイントを使いながら話しているのを聞いて受講者はチャットで応える・質問するという感じなので大抵5-10分延長。

● 学科と同行して、実技開始。初回から一般道を運転するのがフィンランド流!私の場合、先生が自動車学校から運転し、そこら辺の民家の通りを走り見本を見せ、自分で運転し自動車学校へ戻るというパターンでした。「えっ!初回で一般道って!」これは運転経験有る無しに関わらず誰でも初回から路上デビューだそうです。

● 慣れてきたら実技は1日に2時間(50分×2回=1時間40分)受けていました。
● 実技10時間の内、1時間は自動車学校内で暗闇運転シュミレーション。実際の車と違った感覚なので機械操作上手く出来ず撃沈&頭痛...
● 滑る滑走路の運転練習2時間。冬は雪道、夏は水のまかれた練習用の場所で練習。私の場合、オイルの道でした。滑走路の雪は融けてしまい、水を撒くには夜には凍結してしまうので。
● 学科試験 30分 テキスト問題10問/3問間違いOK。写真問題50問/7問間違いOK。1回目落ちました(テキスト4問間違い・写真満点)が翌日合格(テキスト2問間違い/写真4問間違い)。
● 本試験は30分間、街中の運転・駐車。エンストしたり道を間違えるくらいはスルーしてもらえます。技術面よりも安全第一運転を重視。実技は一発合格。
● 免許証は2週間以内に郵送。次の更新は15年後。
● 免許取得2年以内に第2ステップ(運転査定)をしに自動車学校へ、第3ステップもあり。ただし2018年6月1日より法律改正予定でステップ段階変更有。

【費用】

● 10時間10時間コース 1000ユーロ
● 健康診断書 88.40ユーロ
● パスポートサイズ写真2枚 19ユーロ
● 運転免許所のライセンス料 40ユーロ
● 学科試験 31ユーロ 2回目挑戦 31ユーロ
● 実技試験 65ユーロ

合計金額 1274.40ユーロ

自動車学校によっても料金や制度は様々だそうです。私がお世話になった学校はアットホームで、担当の女性の方は年も近く楽しく進めて頂きました。

免許取得日に60キロの道のりを運転して帰宅しました。夏の時速は100キロ/hなので手に汗握りながら逃げる用に家路に着きました。その後も車を使用しましたが、ある日、エンジンランプ点灯、終いにはタコメーターも動かなくなり...部品をオーダーしたのでA-Jに直してもらう予定です。その間にA-Jの車を運転しましたが、まだ坂道発進駐車が苦手です。でも、とりあえず自動車免許取得できた事が今年の最大な努力です!




[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-24 15:15 | フィンランド色々/Finland
玄関先での楽しみ
d0090294_22141265.jpg
今年の春は例年よりも気温が高く、ここ北フィンランドでも夏日のようです。日本の夏日と比較すると何て事はありませんが、22-27度ともなると夏日です!直射日光がこれまたジリジリと暑いのです。

子供達は自転車に乗ったり走り回ったり冬のエナジーを発散して春の光のエナジーを吸収しているよう。私は玄関先に座ってビール飲みながら編み物。夏日とは言え、毛糸で編み物。空気はカラリとして湿気も少ないので、それほど編み物も不快なものではないのですよ。巨大な蚊もまだ出てこなく気持ちよく過ごせます。
d0090294_22150531.jpg
こんな気持ちが良い日が続くと庭先のグリルでバーベキュー。数時間前にマリネードしたお肉(オリーブオイル/塩コショウ/トマトピューレ/クミンパウダー/ガーリック/醤油)・マッシュルームにブルーチーズを詰め込んでベーコンで巻いたもの・ナスとズッキーニ。我家の定番メニューです。いつもは大きなマッシュルームが山のように売られているのですが、今回は何処のお店もなく仕方なく小さなサイズで代用して串焼きにしました。ジューシーで美味しいのです!

そう言えば、フィンランドのCMで男性が「オーストラリアを旅した時に現地の人は何の食材でも、何処でもバーベキューをしている。」と言っていて、スライスしたスイカまで焼いているシーンがあるのですが...焼いたスイカって美味しいんですかね?焼パイナップルは甘味も増して美味しいですけど、スイカもそんな感じ?

これからは山菜の時期、森の家の建設や雑草畑の拡大、草木染も始まります。忙しいシーズンが始まります!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-17 22:38 | 村の生活/village life
2か月のリフォーム後 1階のキッチンとシャワールーム
d0090294_21043016.jpg
1階のキッチンとシャワールーム、約2か月のリフォームを自治体の方達にして頂き、4月から使えるようになりました。

我家は1階2階と二世帯暮らせるようになっているのですが、シャワールームは1つ、トイレは両階、キッチンも2つあります。主に使っているキッチンは2階なので1階のキッチンは以前は私のミシンの部屋兼物置となっていたのです。以前と変わった箇所は... 

● 水道管を新しくした
● キッチン一式を変えた(オーブンはそのまま) 隣村の廃校小学校のもの
● 床を貼り換えた
● 手仕事道具を移動

こんな感じで必要の際にキッチンを使える用にしました。1階にはゲストルーム2部屋、織り機や手仕事の部屋(こちらが今度作業場/物置化してます...)そしてシャワールーム(トイレ付)になります。
d0090294_21042902.jpg
毎年、2月になると1階のシャワールームの凍結が問題でした。-30度以下にもなる日が続くと古い水道管は耐えられません。今年も凍結になってしまったので自治体の方にお願いをし水道管を暖めてもらっていました。1週間位暖めていたのかな...水道管も古いし交換してもらおうという話をしていた矢先に事件は起きたのです。
水道管破裂!
川のせせらぎどころか、滝の音でしたよ~。夜だったので緊急待機している係の人に来てもらいましたが約80キロ先から来てもらい...翌日まで断水となりました。それにしても、今まで数日に渡って乾かしてきた床下が滝の流れで再度濡れ、また乾燥開始~。
d0090294_21043051.jpg
水道管の場所も床下ではなく家の中に設置しようという事で1階のキッチン、シャワールームの工事がスタートしたのです。こちらはシャワールーム。改善箇所は...

● 床の貼り換え(基礎を含む)
● 天井張り替え
● 水道管交換
● シャワーヘッド交換 
● シャワー位置変更
○ 鏡 ペーパーホルダー設置待

この約2か月間、シャワー、洗濯機が使えなかったのですが、その間は離れにあるサウナ室でシャワーをしサウナで体を温め、サウナ室にある非常時の洗濯機も完備しているのでを使用していました。サウナ室が離れにあって良かった、涙。このお陰で凄く苦労をするという事はなかったのですが、改めてリフォーム後の室内のシャワー室を使えるというのは便利ですね。これで今度の冬は問題なしに過ごせると良いな~!








[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-10 16:46 | 村の生活/village life | Comments(0)
フィンランドのメーデー 大量ドーナッツ
d0090294_20283915.jpg
あら、もう5月!4月は何をしていたんだ?というくらい早いですが、ちゃんと過ごしておりました。ラーヌヤルビは、まだ雪が残っており完全に融けるのは5月の中旬~後半でしょうか。雪が積もるのが11月頃なので1年の内7ヶ月も地面に雪があるんです。でもちゃんとした夏も来ます。とっても立派なサイズの蚊も飛ぶ時期が来ます!

5月1日はメーデー。このメーデーの日にはドーナッツが定番のようです。ココナッツオイルで揚げるのでサラリとして癖もなく、生地にカルダモンが入っているので爽やかです。生地もしっとりとしています。大きいサイズで焼くと中が半生になる危険性があるので今年は小さいサイズで揚げてみました。
d0090294_20283960.jpg
Φ12.5㎝×高10㎝の小さな鍋にココナッツオイル500g。こんな感じに5個入って丁度よく出来ました。油をきってから熱いうちに砂糖をまぶします。シナモンシュガー味とリコリスシュガー味。毎年こうして作ってみると去年より子供の食べっぷりもよくて成長を感じますね。
d0090294_20283948.jpg
serpentiiniというカラフルな紙や風船を飾るのもフィンランドのメーデーの定番です。こうして飾ってみると一気に春らしくなってきた感じですよね。毎年、春先は春-夏にかけての計画や期待が溢れる時期です。今年も色んな思いがあります。楽しみ!こう考えている時期もとっても裕福に感じます。さ~私の情熱で早く雪が融けて~!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-05-02 21:01 | 食べ物色々/food