人気ブログランキング |
カテゴリ:村の生活/village life( 249 )
森の家作り やはり壁紙!
d0090294_07241109.jpg
やっぱり壁紙でしょう!という事で壁紙貼りです。天井までが高いので全ての面に壁紙を貼ると、とてもじゃない破たんしてしまうのでアクセント感覚で貼ってみました。こちらはフィンランドの古い壁紙。ちょうどよくネットで探せました。ちょっと、おばーさんぽい部屋になってしまうかなと不安もあったけど大丈夫でした。
d0090294_07194887.jpg
壁の高さ約3.2メートル。身長153センチの私では脚立に乗っても壁の一番上まで手が届きません。悔しい!なのでA-Jが上部分を、私が真ん中から下部分を担当して貼りました。現在の家の壁は私でも椅子に乗れば届くので壁紙貼りは自分でできなのですが、今回は、そう簡単ではなかったです。壁紙も古いので微妙にミスプリントがあったりして、でもそれも良い感じと思っています。落ち着いた部屋になりました。
d0090294_07202026.jpg
他の壁はグレイがかった緑のような青の様な色を塗りました。この外につながる壁は、もしかしたら同じ壁紙を貼るかもしれません。
d0090294_07231152.jpg
これがビフォー。まだ物も沢山ありました。壁作業をする前に一仕事もしました。
d0090294_07213748.jpg
数日かけて行った床削り。削る粗さを変え合計3回削りました。ずっと、しゃがんだまま力も使うので体がバキバキになりながら...でも綺麗になっていく床をみると、ついつい本気になってしまいました。
d0090294_07215671.jpg
枝があった部分が穴が開いているので、この穴を埋めて乾かして削っていきます。ほんと地道な作業です。
d0090294_07205976.jpg
削る作業が終わったら床の板をグレーの色を2回塗り(色を染みさせます)、ワックスを2回塗り床は完成。

森の家は2階建てです。1階はリビングダイイング、寝室、この部屋、ユーティリティー、シャワールーム、お手洗い、小さな物置。2階はまだこの先数年かかりそうなので、1階のみ完成したら引っ越し、2階は住みながら作るという感じです。なので、この部屋は始めは子供達の部屋になるのでしょうか...いずれは、作業場かゲストルームになりそうな感じです。壁2面に沢山窓があって光も沢山差込む良い部屋です。

by Kippis_Y | 2019-07-17 07:17 | 村の生活/village life
森の家作り ユーティリティールーム
d0090294_06510909.jpg
玄関、正面のドアを開けるとユーティリティールームがあります。もともと小学校の建物だったので、こういうスペースはありませんでした。A-Jが壁を作り小さなスペースを作りました。シャワー室とお手洗いは別々にし、この小さなスペースはアイロンをかけたり洗濯を乾かしたりする場所です。なので清潔感ある色にしたく壁もグレーがかった水色にしました。上に2か所穴がありますが、ここは後にパイプ関係で何か問題が発生してしまった時のための非常アクセス場所。後に小さなドアを設置します。小さな入口なのでA-Jには体系を維持してもらいましょう!
d0090294_06532506.jpg
元々はこんな壁に白い壁紙(これは木目やヒビなどを隠すための紙)を貼り、壁を塗りました。
d0090294_06542276.jpg
一番上の写真の白いドアを開けるとシャワー室になります。今度のシャワー室はカーテンで仕切るタイプではなくシャワーキャビネットにしました。このシンク付きのキャビネットもA-Jの手作りです。この隣は洗濯機の場所。現在の家はドアが昔サイズで若干狭いので洗濯機が入らず離れのサウナ小屋にあるのですが、森の家での生活が始まると洗濯機が近くなる!これはこれは、とても嬉しい事なのです!

今はスッキリした見栄えですが、現在の家の沢山の物資を見ると先が思いやられます... 断捨離!これは思い切って断捨離ですね!あ~

by Kippis_Y | 2019-07-17 06:50 | 村の生活/village life
森の家作り 思いドアと沢山の窓
d0090294_06010403.jpg
森の家の建物、昔からここにあるような感じのように見えますが、100年以上も前の建物で(小学校の建物)別の村から移築しました。A-Jがもう何年も建設していますが何しろ家のスケールが大きい&移築なので新築の素材とは違いアジャストするのにも能力や力も必要です。という事で、完成までに凄く時間がかかっています。実際に私も携わってみて、いかに時間がかかるのかを体験しています。
d0090294_06040587.jpg
ドアの色塗りなんて楽しそう!と思ってやりましたが実際に色塗りは楽しかったのですが「ドア重い!麻のオイルが乾くのに、もの凄く時間がかかる!」と驚きました。室内と外のドアは構造が違います。特に外のドアは防寒用に優れていなくてはなりません。元々は小学校の建物でしたが、当時は先生用のドアと生徒用のドアがあったそうです。その名残から森の家には2か所ドアがあります。しかし両方のドアのサイズが違う&現在の一般のドアではサイズが合わず...という事で奮発して特注で作ってもらいました。写真には取っ手はありませんが現在は手にフィットしやすいドアノブを付けました。ただホームセンターで購入したドアノブの一部が一般のものでは合わず部品を買い足すという事もあったり...

玄関ではなく、もう1つの入り口は横幅があるので細身の2つの扉が開くようになっています。
d0090294_06122820.jpg
こちらはドアを交換する前のオリジナルのドア。室内のドアは去年メンテナンスをしてみましたが結局、新品に交換し現在は各箇所に設置しました。
d0090294_06140426.jpg
d0090294_06140426.jpg
そして、フィンランドの寒い冬をしのぐのに大事な窓!もうパズル状態です。部屋の窓をパッと見るとガラスは1枚に見えますが実は3重になっています。室内側の窓にパッキンが挟まれ2重になっています。そして外側の窓。この写真の窓は外側用です。窓枠の上に2本釘がささっており、建物に設置してある窓枠上部分に2つ穴が開いています。凹凸が合わさり窓枠に収まるという仕組みです。なので窓を洗う時や猛暑が来た夏には外の窓ガラスも簡単に外せるという仕組みになっています。
d0090294_06132893.jpg
でも、見て下さい、も~高過ぎ!こんな長いハシゴに乗って取り付けています。とてもじゃない私は出来ない!家つくりはもちろん、これからのメンテナンスを考えると健康でなければ出来ない!そう思います。
by Kippis_Y | 2019-07-17 05:58 | 村の生活/village life
森の家作り 手作りキッチンキャビネット
d0090294_05113117.jpg
森の家作り、今までは男性の力ではないと出来ない事だらけでしたが、今年の夏は私も出来そうな事が沢山あるので積極的に森の家作りに参加しています。5.6月は夫、A-Jと一緒にキャビネット作り。と言っても私はペイントをしただけですが...
d0090294_05150730.jpg
実は数年前に中古でキッチンキャビネットを格安で購入したのですが結構ボロボロで、扉の色も取っ手も全然好みではないのです。新しいキッチンを購入しようと試みて安さとスタイリッシュさのイケアのサイトで見積もりをしてみたら、2000ユーロ近い額!結局、使えそうなキャビネットの扉と扉部分に必要な金具を再利用する事にしました。使用した額数百ユーロ。
d0090294_05061520.jpg
ネットで見つけた使用済の取っ手。元はシルバーの色ですが黒のスプレーをしてみました。
d0090294_05074922.jpg
なかなか良い感じですが、金具などがぶつかるとコーティングが剥げてしまう...これは住んでみて使用して気になる用だったら、またスプレーするか、もしくは交換するようになるのかなー。
d0090294_05095384.jpg
キャビネットのボックス部分の色塗りは2回。乾くのに1日かかるので忍耐強く待ちました。後ろ部分のペイントはまだらですが、1階塗り状態です。元々のキャビネットの足はプラスチックだったので新しくメタルに変えました。
d0090294_05084150.jpg
扉部分の表面は削って、元々の取っ手と新しい取っ手のサイズが違うので取っ手部分に出来た穴を塞ぎペイント。こちらも2回塗り。家具職人の方にキッチンのキャビネットは汚れを取りやすいようにツヤが出るペイントが良いと、とアドバイスを頂いたのですが私はツルツルし過ぎる表面が好きではないので。マット過ぎず、ツヤツヤし過ぎずといった感じのコーティングを選びました。
d0090294_05130705.jpg
ドリルの音が気になる犬のジェイク。森の家と現在の家の距離は歩いて数分なので途中、作業を中断して自宅に戻り犬の散歩。
d0090294_05103915.jpg
こんな感じのキャビネットが4個出来ました。内1つは縦長でレンジが入れるようになっています。一番上の写真の真ん中に空きスペースがあるのは食器洗浄機が来ます。フィンランドでは食器洗浄機がある家庭がほとんどですが、現在の家は古い家なのでありません。そう、手洗いです。新居となる森の家では念願の新品の食器洗浄機!そう、そうなのです、先週に新品の製品を買いに行ってきました。そしていざ開けて見たら洗浄機の一部が凹んでるではないですか~!結局、またお店に持って行きお店のご厚意でランクアップして頂きました。

キッチンのシンクや蛇口は購入済です。あとはキッチントップを作り壁にタイルを貼ります。水は井戸水を引くのですが、こちらはまだ経過中。早く水が使える用になるといいな~。そしたら凄く便利になります。まだまだキッチン完成は時間がかかりそうです...

by Kippis_Y | 2019-07-17 05:00 | 村の生活/village life
犬のジェイク いろいろ
愛犬の最高にかわいいショット!! 

という内容の記事を募集しているそうなので、調子にのって書いてみたいと思います。
d0090294_22400542.jpg
現在1歳1ヶ月。大きいので、よく年とっているように見られますが、まだピチピチ、やんちゃ盛りです。でも先日、お腹の調子の悪かったジェイク。私が子供部屋で過ごしていたら、あらま~娘のクマさんと一緒に寝てる~。抱きぐるみ化ですよ!忍法カモフラージュです!その後、お腹もよくなりました。
d0090294_22422358.jpg
エサやりも散歩も爪切り、歯磨き、耳掃除、ブラッシング、体を洗うのも全部私がします。なのでママっ子です。夜、自分のベッドで寝ててくれればよいのに猫のようになって待ちます。
d0090294_22414287.jpg
時には待ちくたびれて噛み噛み中だったチューイングボーンも枕になりました。
d0090294_22472524.jpg
寝れば良いのに気配を感じると目をうっすら開ける。キラリと光る瞳をみたら、起こしてしまって申し訳ない気持ちと、そこまで見る??という気持ちが格闘します。
d0090294_22450535.jpg
眠そうなこの顔に騙されてたらいけません!数秒前まで私にかくれてマットレスカバーと一緒に遊んでいて、ベッドリネンも剥ぎ放題、これから洗濯に行くかの勢いでした。
d0090294_22490360.jpg
イベント毎があれば役者にもなれます。ふふふふ、これはご褒美につられ身に着けている事を忘れているのです!
d0090294_22404646.jpg
スリムな秘訣は毎日の筋トレ!ではなく...1歳1ヶ月でも、まだ片足をあげて用を足せません。時にはこんなフリースタイルで用を足します。
d0090294_22483672.jpg
散歩の後は、安心してゆっくりお昼寝です。しかも私の枕の上で堂々と!こんな事はもちろん許してしまう私です。
d0090294_22494305.jpg
一番好きなショットは、この写真かな。5歳の娘と1歳の犬。仲良しです。自己満足なジェイク紹介、最後までありがとうございました!


by Kippis_Y | 2019-05-31 23:07 | 村の生活/village life
嬉しかった 母の日
d0090294_22024594.jpg
もう5月も終わり!大分前の事になってしまいますが5月の第2日曜日はフィンランドでも「母の日」でした(父の日は11月の第2日曜)。小学校に通う子供達は母の日数日前より凄くウキウキして学校で作った手作りのカードやプレゼントを早く渡したくって仕方がない様子。そして、当日こんなに素敵なハート形のプレゼントが袋の中から出てきました。石鹸かと思ったら手作りのフットバス用の足浴剤です。ラベンダーの香りがして、ちゃんとシュワシュワ~と泡がでるんです。素晴らしい!この日の夜はフットバスの効果でぐっすり眠れました!
d0090294_22141134.jpg
こちらが8歳の息子・あんじんが学校の授業でした刺しゅうだそう。ちゃんと♡になってて揺るやかなカーブにもなってて、なかなか胸キュンになるものを縫ったではないの~。こういう刺しゅうは我家の子供達の小学校では毎年、小学校で習うそうですが、こんな風に形になると本当に素敵です。
d0090294_22011626.jpg
10歳の娘・ことりは学校のミシンで大判のキッチンタオルを縫い、そこにお母さんの好みであるベーキングのレシピをペンで書くというものでした。こういう作業は凄く集中して取り掛かる娘。きっとマイペースに、ゆっくりゆっくりと取り掛かったんだろうな。そうそう、いいんだよね、自分のペースで焦らず!私が、チョコレートケーキだけでは気が済まないという事を見事に知っている彼女。オレンジ味です。後日、材料を揃えて焼きました。生地もチョコにもオレンジが入っていてチョコもダークなので食べ応えがあります。

5歳の、こゆきは小さい手で羊毛をフェルト化し大きな鍋敷きを作ったそうで、毎日活用しています。子供の成長を再確認できた母の日でした。日本でもあるのかな!?フィンランドでは「私のお母さん」というタイトルのノートがあり、そこにお母さんの好きな色や食べ物、外見はこんなんで...趣味は...とか事細かく子供達が記入できるものがあります。中には、お母さんにこんな事を言うと怒られる!という箇所もありユニークです。私は、このノートを去年の母の日に頂き大爆笑しました!母の日や父の日のネタに困っている方、これ凄く良いと思います。
d0090294_22044220.jpg
お年頃になってきた10歳の、ことり。まだ弟や妹とは仲良しですが、ヘッドフォンをして音楽を聴いたり、キーボードを弾いたり、プレステも大好きですけど、もう1つはベーキング!元々、甘党そして炭水化物大好きな娘ですが...1人でも焼けるようになってきました。昨日は、こんな感じのチョコレートクッキーを焼いていました。娘には自分のレシピノート本に記入するようにお勧めしています。私もそうですが、お気に入りのレシピを探したら自分用のレシピノート本に記入をし改善点を書いたり、ちょっとしたメモをしておきます。ネットで探した場合、ブックマークをしておくと何処にいったか分からなくなってしまうので...書く時は面倒に感じますが後で探すストレスを考えたらお茶の子さいさいです!(←このフレーズ古いですか?使いますよね?笑)
d0090294_22050913.jpg
追伸.ことりが生地を作っている間、テーブルの上に前足をかけたらいけないので、これはOKでしょと思っているジェイク。


by Kippis_Y | 2019-05-31 21:58 | 村の生活/village life
フワフワ アルパカの毛糸でショール織り
d0090294_21342496.jpg
アルパカ100%の毛糸を使って、ちょこちょこっとショールを織っています。経糸が薄い灰色、横糸は茶色です。もう少しで1枚目が織り終わりますが、まだ後2枚織ります。何色にしようかなっと思いながら織っています。織り機から全部外す時は、きっと初夏でしょうね、、。
d0090294_21355965.jpg
4月にホームステイに来ていた方の希望で経糸設置も一緒にしました。普段はこの幅の3倍をしているので&2人がかりともあって順調に進みました。
d0090294_21372772.jpg
彼女が選んだのは、私が去年の初夏に白樺の若葉で染めた黄色です。(左の毛糸は試し織です。)模様が出来て行くと凄くワクワク~。経糸設置は時間がかかるので、ミスなして順調に進んだ時の喜び、あ~もうたまりません!織りあがっていくうちに喜びも増してきます。それだけではなく、織り機から取った瞬間、洗って乾かした後の姿や手触り、どれも違った表情なのです。
d0090294_21380632.jpg
15日間のホームステイを終え、最終日に首元に巻いていった彼女。優しい色合いが春っぽくって女性らしくって、そして黒髪に合う!彼女の提案でフリンジは、きゃしゃ感を出すために細身にしたそうです。手がかかる作業でしたでしょうが凄く可愛いです!自分で織って自分のためにお土産。手仕事は思いのほか時間がかかりますが、出来上がった時の達成感があるからこそ止められませんね。

by Kippis_Y | 2019-05-03 21:26 | 村の生活/village life
ジェイク 4月24日 1歳の誕生日
d0090294_20470294.jpg
今年のイースターは4月19-22日でした。10歳の、とこり&8歳の、あんじんは魔女や猫に仮装して猫柳の枝にカラフルな羽を飾り、健康の祝福に近所を巡りました。引き換えにお菓子やコインが頂けるのでドキドキワクワクな行事でもあります。家で留守番のジェイク。そんなジェイクは4月24日で満1歳になりました。
d0090294_20482168.jpg
何故か...私の気が早まったのか、ジェイクの誕生日はてっきり23日かと思い、フライングしそうになりましたが24日の夕方に用意した鶏肉の犬のケーキ(ミンチ状態の鶏肉をただ型に入れて出したのみ)に固ゆでした人参をのせて即席ケーキの出来上がり~。普段と違うエサに大喜びでした。
d0090294_20485887.jpg
誕生日当日は獣医さんの元へ行き、1歳のワクチンを打ってもらいました。打たれている最中は何も反応せず良い子にしていたのですが、打たれた後に先生がこの世のものでもない!と思ったのか、大きな体をして部屋の隅っこに、へばりつく様に大人しく座っていました。

何処に行く予定もありませんが、この際なのでパスポートも作ってもらいました。パスポートにはワクチンの記録がしてあります。フィンランドはエキノコックスが入ってくるのを非常に恐れているそうです(北欧内ではノルウェーも)。もしも入って来て広がってしまうと、森ので育つベリーやキノコは過熱して食べないといけないそうです。生のままだと菌が人間の口に入り内臓器官をやられてしまう恐ろしい菌だそうです。なので、例えば隣の国スウェーデンへ行きたいとなるとフィンランドを出国する前に2回虫下しを与え、帰国した後も1回、記録を獣医さんがパスポートに記すそうです。何十日以内に与えなさいという期間があるそうですが詳しくは忘れてしまいました。なので、猟犬を連れてフィンランドやスウェーデンを行ったり来たりする場合は、そのつど与えなくてはいけないそうです。ノルウェーに行くには虫下しは必要ではないのですが、スウェーデン経由でノルウェーに行く場合、犬は1歩も外を出ない場合でも必ず与える必要があるそうなのです。なるほど~と思いながら聞いていました。我家からはスウェーデンは車で30-45分で国境超えできるのですが税関では1度も止められずスルーできます。なので犬を連れて行っても大丈夫だと思ってしまいますが、でも万が一抜き打ちで検問され罰金を科されるのも嫌ですが、それよりも病原菌が入ってフィンランドの自然が危なくなるのも怖いですね。(覚書: ワクチン、パスポート料 合計95ユーロ)
d0090294_20502760.jpg
4月の中旬から下旬は日中10-18度と凄くお天気が良かったのです。5月を過ぎるとチラホラ雪も降り、日中でも0度になったり強風の日があり冬に戻ったかのような感じです。フィンランドの暖かい春はもう少し待たないとですね。暖かかった日、ハエが出だしたのでハエを追いかけるのに夢中なジェイク。どうか夏は蚊追いかけ犬になって家族に貢献して下さい。

引き続きジェイク インスタ宜しくお願いします!



by Kippis_Y | 2019-05-03 20:45 | 村の生活/village life
森の家 今年も作業開始~ 沢山ある窓
d0090294_20004644.jpg
村の人や久々に会う友人との出だしの会話が「森の家はどうだい?」こんな感じです、笑。今年は1ヶ月早めに作業開始してみました。ソーラーパネルのみで電気を供給していますが11月から1月始めまでは日照時間が少なく室内もマイナスになってしまうので建設中の間は熱をためるバッテリーを現在の住処に移動させています。なので冬場は真っ暗・寒くなるので作業は出来ません。1月も過ぎると太陽が出てきて3月にもなれば太陽がギラギラ、日照時間も長いので屋根の雪を掃ってソーラーエネルギーを使用できます。ただ、まだ室内はまだ断熱材を全ての箇所に入れておらず夜中にマイナスになるので、電気使用はもう少しかな。何よりも、ソーラーの熱を貯めるバッテリーが1つ60キロ位の重さで、合計4つあります。雪深いので車でまだ行けません。雪融け早く進んで~!
d0090294_20011141.jpg
なので電気がなくても出来る事をします。昨日は窓と窓の間にシリコンシールを貼りました。これで隙間風が防げます。両面テープが片面についているので窓枠に合わせて切って貼るだけという簡単作業です。
d0090294_20043070.jpg
100年以上前の小学校を組み外し移築したわけですが、窓もボロがきているわけで窓修理経験のある方にお願いし一部をなおしてもらいましたが、こういうシリコンシールは簡単なので私にも出来ます。
d0090294_20040851.jpg
埃をかぶっているので綺麗にします。フィンランドの家は極寒にも強い構造で作られています。なので窓は3重使用!外側の窓、内側は2枚1組になっています。なのでシリコンシールを貼った窓を(写真奥)もう1枚の窓に重ね上下ネジでしっかりとめます。
d0090294_20015861.jpg
分かるでしょうか、こんな感じで真ん中部分が白くなっているのがシリコンテープです。
d0090294_20030071.jpg
リビングの窓は12枚の枠なので12×3枚=36枚のガラス窓が必要です。2か所ガラスではない部分は外の窓はありますが内側の窓のガラスが無い為、特注をします。その後、他の窓同様に設置になります。この家だけでも合計130枚近くの窓となります。これは掃除が大変そうですね、、。この日は室内0度でしたけど動いていると凄く寒いという訳でもなく作業できます。
d0090294_20050539.jpg
大工さんではなく夫A-Jが作っているので本職の大学での仕事が夏休みに入ったら本格的に開始です。子供達は6月から8月中旬まで長い夏休みに入るので家族で協力しながら、私も出来る事はし一歩でも引っ越しの日が近くなれば~そう思っています。さ~引っ越しは果たしていつでしょうか??!





by Kippis_Y | 2019-03-26 19:59 | 村の生活/village life
犬のジェイク11か月になりました
d0090294_05095933.jpg
満足そうに、でも後ろ足が上手に収まらずに何度も椅子に収まるように戻しては落ちの繰り返し。ジェイクの特等席です。3月23日に丸11か月になりました。以前に比べると貫禄が出てきました。あと1ヶ月で1歳、成犬です。早いな~

時たま片道1時間かけてロバニエミにあるドッグパークに行きます。1つは街中近くにあり大型犬・小型犬と別れています。もう1つは街中より車で5分位の場所で道路の横だけど木々もあって丸で森の中にいるような広い場所です。両方とも夕方4時以降は色んな犬が集まって犬世界を見るのが楽しいです。ジェイクは始めシャイな感じですぐ尻尾を曲げ、お腹を見せ降参気味でしたが最近はもう少し勇敢になってきました。それでも他の犬や飼い主さんに興味があって遊んで欲しいとせがんできます。人懐こく、やんちゃです。
d0090294_05114347.jpg
その反面、家では比較的静かで、こんな風に子供のカチュウシャをしても気が付かないの?くらいな勢いで座っています。
d0090294_05122460.jpg
ジェイクが来たのは生後8週の時。それから生活スタイルは変わりました。例えば毎日決まった時間に散歩。天候が悪かろうがマイナス30度の時でもササッと散歩。早起きな犬ではなく、夜も7時から7時以降には眠ってしまうので、その点楽です。長い時間家を留守に出来ない、遠出の旅行が減ったという件もありますが、とにかく家族の一員に加わったので苦に感じません。フィンランドでは犬OKの宿泊所もあるので有難いです。ただ、お隣のスウェーデンに行くにはパスポートはもちろんの事、4週間前に虫下しの薬をあげないといけません。急に海外に行かなくてはならない時や日本帰国の時は義理のお母さんに頼むのはハードルが高そうなのでペットホテルに預けるのかな~と漠然に考えています。
d0090294_05135169.jpg
一緒に座りたいくらい、ジェイクが大好きな猫のタルモ。タルモは3月で9歳になりました。猫、犬、夫々の知恵があって関心します。タルモは、いつジェイクが外に出る、寝るという時間を知っているので、その時間を狙って私達の所へ来ます。ジェイクが寝てから夜行性の猫の出番です。私達の居る2階のリビングへ来てべったり~します。人懐こい猫なので1階にホームステイのゲストの方がいると1階で可愛がってもらっています。
d0090294_05142810.jpg
でも、やっぱり猫!ジェイクが届かない場所から見下ろしているご満悦間!ジェイクも余計なエネルギーはつかわない!とばかりにあおったりせず、ただただハシゴの下に居ます。あと数年してジェイクが大人しくなったら猛烈アタック度が下がり一緒に隣同士座って要られる事ができるかな。

追伸 犬のインスタ作ってみました。宜しくお願いします!

今まで通りの生活全般のインスタはこちらです。







by Kippis_Y | 2019-03-25 05:09 | 村の生活/village life