人気ブログランキング |
カテゴリ:村の生活/village life( 241 )
森の家 今年も作業開始~ 沢山ある窓
d0090294_20004644.jpg
村の人や久々に会う友人との出だしの会話が「森の家はどうだい?」こんな感じです、笑。今年は1ヶ月早めに作業開始してみました。ソーラーパネルのみで電気を供給していますが11月から1月始めまでは日照時間が少なく室内もマイナスになってしまうので建設中の間は熱をためるバッテリーを現在の住処に移動させています。なので冬場は真っ暗・寒くなるので作業は出来ません。1月も過ぎると太陽が出てきて3月にもなれば太陽がギラギラ、日照時間も長いので屋根の雪を掃ってソーラーエネルギーを使用できます。ただ、まだ室内はまだ断熱材を全ての箇所に入れておらず夜中にマイナスになるので、電気使用はもう少しかな。何よりも、ソーラーの熱を貯めるバッテリーが1つ60キロ位の重さで、合計4つあります。雪深いので車でまだ行けません。雪融け早く進んで~!
d0090294_20011141.jpg
なので電気がなくても出来る事をします。昨日は窓と窓の間にシリコンシールを貼りました。これで隙間風が防げます。両面テープが片面についているので窓枠に合わせて切って貼るだけという簡単作業です。
d0090294_20043070.jpg
100年以上前の小学校を組み外し移築したわけですが、窓もボロがきているわけで窓修理経験のある方にお願いし一部をなおしてもらいましたが、こういうシリコンシールは簡単なので私にも出来ます。
d0090294_20040851.jpg
埃をかぶっているので綺麗にします。フィンランドの家は極寒にも強い構造で作られています。なので窓は3重使用!外側の窓、内側は2枚1組になっています。なのでシリコンシールを貼った窓を(写真奥)もう1枚の窓に重ね上下ネジでしっかりとめます。
d0090294_20015861.jpg
分かるでしょうか、こんな感じで真ん中部分が白くなっているのがシリコンテープです。
d0090294_20030071.jpg
リビングの窓は12枚の枠なので12×3枚=36枚のガラス窓が必要です。2か所ガラスではない部分は外の窓はありますが内側の窓のガラスが無い為、特注をします。その後、他の窓同様に設置になります。この家だけでも合計130枚近くの窓となります。これは掃除が大変そうですね、、。この日は室内0度でしたけど動いていると凄く寒いという訳でもなく作業できます。
d0090294_20050539.jpg
大工さんではなく夫A-Jが作っているので本職の大学での仕事が夏休みに入ったら本格的に開始です。子供達は6月から8月中旬まで長い夏休みに入るので家族で協力しながら、私も出来る事はし一歩でも引っ越しの日が近くなれば~そう思っています。さ~引っ越しは果たしていつでしょうか??!





by Kippis_Y | 2019-03-26 19:59 | 村の生活/village life
犬のジェイク11か月になりました
d0090294_05095933.jpg
満足そうに、でも後ろ足が上手に収まらずに何度も椅子に収まるように戻しては落ちの繰り返し。ジェイクの特等席です。3月23日に丸11か月になりました。以前に比べると貫禄が出てきました。あと1ヶ月で1歳、成犬です。早いな~

時たま片道1時間かけてロバニエミにあるドッグパークに行きます。1つは街中近くにあり大型犬・小型犬と別れています。もう1つは街中より車で5分位の場所で道路の横だけど木々もあって丸で森の中にいるような広い場所です。両方とも夕方4時以降は色んな犬が集まって犬世界を見るのが楽しいです。ジェイクは始めシャイな感じですぐ尻尾を曲げ、お腹を見せ降参気味でしたが最近はもう少し勇敢になってきました。それでも他の犬や飼い主さんに興味があって遊んで欲しいとせがんできます。人懐こく、やんちゃです。
d0090294_05114347.jpg
その反面、家では比較的静かで、こんな風に子供のカチュウシャをしても気が付かないの?くらいな勢いで座っています。
d0090294_05122460.jpg
ジェイクが来たのは生後8週の時。それから生活スタイルは変わりました。例えば毎日決まった時間に散歩。天候が悪かろうがマイナス30度の時でもササッと散歩。早起きな犬ではなく、夜も7時から7時以降には眠ってしまうので、その点楽です。長い時間家を留守に出来ない、遠出の旅行が減ったという件もありますが、とにかく家族の一員に加わったので苦に感じません。フィンランドでは犬OKの宿泊所もあるので有難いです。ただ、お隣のスウェーデンに行くにはパスポートはもちろんの事、4週間前に虫下しの薬をあげないといけません。急に海外に行かなくてはならない時や日本帰国の時は義理のお母さんに頼むのはハードルが高そうなのでペットホテルに預けるのかな~と漠然に考えています。
d0090294_05135169.jpg
一緒に座りたいくらい、ジェイクが大好きな猫のタルモ。タルモは3月で9歳になりました。猫、犬、夫々の知恵があって関心します。タルモは、いつジェイクが外に出る、寝るという時間を知っているので、その時間を狙って私達の所へ来ます。ジェイクが寝てから夜行性の猫の出番です。私達の居る2階のリビングへ来てべったり~します。人懐こい猫なので1階にホームステイのゲストの方がいると1階で可愛がってもらっています。
d0090294_05142810.jpg
でも、やっぱり猫!ジェイクが届かない場所から見下ろしているご満悦間!ジェイクも余計なエネルギーはつかわない!とばかりにあおったりせず、ただただハシゴの下に居ます。あと数年してジェイクが大人しくなったら猛烈アタック度が下がり一緒に隣同士座って要られる事ができるかな。

追伸 犬のインスタ作ってみました。宜しくお願いします!

今まで通りの生活全般のインスタはこちらです。







by Kippis_Y | 2019-03-25 05:09 | 村の生活/village life
小型除雪機 あやゆく誘拐
d0090294_23330700.jpg
所定の位置で外を眺めているジェイク(9ヶ月)。
d0090294_23333295.jpg
視線の先は近所のおじさんの除雪機。我家は小学校と同じ建物に住まいがあるので校庭や駐車場をこうやって除雪して頂いています。近所のお宅は自分達で除雪したり、おじさんに費用を払って雪を除いてもらっているようです。こんな田舎でも大通りに出る道も自治体の大きな除雪車が来てくれて本当に助かります。私は車周辺と玄関先、家の横を雪かきする程度です。建設中の森の家の敷地は除雪をお願いしていないので雪が沢山あり春まで車では入って行けません。でも人が歩いたりスノーモービルで走った後があるので雪も踏み固まられているでしょう。

いちよ数年前に新品で購入した小型の除雪機が我家にもあるのですが森の家用に買って少し使ったきり調子がおかしくサウナ小屋に置いといたままでした。近所の人が使いたくて修理を試みたそうですが結局なおりませんでした。サウナ小屋は屋外にあるのですが小屋のメインドアを開けて左は我家用のサウナ、右に降りる階段は我家や学校用のボイラー室になっています。なので鍵は我家と学校の用務員のおじさんが持っています。除雪機はメインドアを開けてすぐの場所に置いてあったのです。ちょっと邪魔でしたが、そこしか置く場がなく...

ある朝、犬を外に連れて行くと「ぶぶぶぶっ~」と遠くから音が聞こえます。サウナ室の前で赤い除雪機が...「壊れているんじゃなかったっけ?それとも用務員のおじさんの除雪機かな。」そう思い、その後サウナ室に洗濯をしに行ったのです。それは我家の除雪機でした。我家で使っているサウナ室からケーブルを引いて充電してるような感じでした。今度は洗濯物を取りに行ったら...
用務員のおじさんと自治体の人が「よいしょっ!」っと我家の除雪機を持ち上げて車に乗せている最中ではないですか~!

この時、あなたならどうしますか?
1.「それ、うちのです!」と言う。
2. 見て見ぬ振り。

私は咄嗟に「どうするんですか?それ、うちのです。」と言いました。そしたら、おじさん2人共、「あっ、これ、自治体の除雪機じゃないの?なーんだ、言わなかったら無料で修理してもらえたのに!はっはっは~!」っと、そそくさサウナ小屋に戻されました...

ん~悪気のない感じ。確かに思い込みだったのでしょうね。夫A-Jに話したら「言わなかったらタダで修理してもらえたのに。」と言われ...何だか私が目を瞑っていれば良かったのかなーなんて思ったけど、あの現場を目撃したら、そんな演技は無理でしたよ!(もっと腹黒くなれば人生上手くやっていけるのかな、、、。)それにしても、あの目撃した時の事を思い出すと可笑しくてたまりません!

その後、除雪機は知り合いから「修理をしてみて動く様なら貸して~」と言われ後日に運ばれて行きました。彼曰く、エンジンの部分のネジが無くなっていて誰かが開けたような形跡があると...一体誰が?謎が深まる除雪機です。

by Kippis_Y | 2019-02-18 18:47 | 村の生活/village life
犬のジェイク 9ヶ月
d0090294_23343807.jpg
なんちゃって「伏せ」です。胸部分が床についていません、笑。「お座り」「伏せ」と分かるのですが、ご褒美を隠しているのがばれると、本来の綺麗な伏せをせず、こうして、なんちゃって伏せをしています。ごまかされないぞ!
d0090294_00480876.jpg
犬は人間の真似をする、とテレビで放送されていました。例えば、飼い主が海に飛び込みジャンプを日課のようにしていれば犬も真似をして勇敢に飛び込む、スカイダイビングも一緒にしたり、岩から岩に、木にまで飛んだり等。全ての犬がそうだとは言えませんが人間が思っている以上に凄い能力があるのですね。一番私と一緒にいる時間が多いジェイクは、私が料理をし始めると玉葱やじゃがいもの場所を探ります。薪の樹皮を剥がしていると真似して剥がします。先日は私のパソコンの椅子に座り手をデスクにのせ、いかにも私がしている事を真似しているような行動を子供達は目撃したようです。犬、面白いです。

よく犬種を聞かれるのですがレッド&ホワイト アイリッシュセッターという犬種で、赤毛のアイリッシュセッターよりも筋肉質です。骨骨しいですが、この年齢の理想的な体系なんだそう。穀物の多いドライフードではなく肉中心のOrijen Puppyを与えています。よく運動するので時たま脂や多少肉の付いた生骨を与えています。
d0090294_23353921.jpg
大人しくしていると思ったら、半目で爆睡中~!毎日、色々面白い事を見せてくれます。

by Kippis_Y | 2019-02-05 17:20 | 村の生活/village life
今年は大丈夫だと思ったのに、問題の尽きない2月
d0090294_20144583.jpg
日中、温度計が-23度~-19度を行ったり来たりしています。1月下旬~特に2月は冷え込みが激しくなります。体の芯から温まりたいので1階のシャワーを使用するよりも離れのサウナ小屋でサウナ、シャワー、そしてデンマークから取り寄せた簡易風呂(プールの様に膨らませるのですがプールではなくちゃんとしたお風呂になるのです。あ~快適~)に入ります。サウナを温めるのに1時間かかるのですが、一昨日は夜も遅くになってしまったので先に子供達3人がシャワーへ。しばらくすると、あんじんが「排水溝がお湯を吸わなく床に数センチたまってる。」と...(あ~~毎年2月に必ず何かしら問題のある1階のシャワー室...去年リフォームしたし水道管も変えてもらったし今年は余裕と思ったのに...何だ何だ、夫は札幌出張で留守なのにーー)
d0090294_20165413.jpg
写真では分かりにくいのですが床2センチ位、使用したお湯がシャワー室にたまています。何か詰まっているのかと思い排水溝の蓋を取って手を入れて探ってみたもの結構中は綺麗で、でもお湯は一方に引かず、結局翌日に、いつもの自治体のおじさんが来てくれました。「こういう詰まりの時はココなんだよ。と手慣れた手つきで洗面台のシンクの下のパイプをゴソッと取ったおじさん。「あれっ、おかしい空っぽだ!(驚)」結果、排水溝のパイプが凍っていたという事...パイプがセメントの上にあるので-20度以下の日が続いている影響で凍ったらしい。(ん~これではリフォーム前も後もパイプに関して断熱強化されていないので結局2月はパイプ危険月間なのか...) 凍結防止に極寒が続く日は使用前に熱いお湯を沢山かけてから使う。というアドバイスを頂きました。
d0090294_20154119.jpg
もしも再度同じような症状になったら、
このホースを排水溝のパイプに入れ熱湯を注いでとかす!そう教わりました。こうやって家の事を知りメンテナンスが出来る用になるんですね。
d0090294_20151441.jpg
さて、同じ時期頃に今度は2階のトイレの問題...流した後に数分したら水が、ちょろちょろ便器の中で流れています。このタンクの蓋を開けて見たら、ま~古いパーツばかり。丸いプラスチックの浮きが下へ落ちてしまうので余計な水がちょろちょろ流れてしまっているようです。おじさんにパーツを外して見てもらったら浮きに小さな割れがありそこから水が入って重くなって落ちてしまうそう。新しいパーツを持参していないのでシリコンで割れを防ぎ問題解決!
d0090294_20160530.jpg
これだけに止まらず、お次は2階キッチンの水道の圧力低下と穴の開いた水風船のように水が再度にピュ~っと数か所噴水する問題。蛇口が青くなっているのは風船のふくらまし口で部分を切って履かせていたのです。難くしまった蛇口の先にはカルキのような、もう茶色くなったものが詰まっていて水の流れを妨げていたそうです。意外と簡単に問題解決...こんなに簡単だったとは、恥。実は、この問題ともう1つの問題(
換気口のパイプが伝わっている天井の一部から水滴が垂れる問題)は11月から伝えていて視察に見に来てもらったきり直っておらず忘れられたままだったのです。なのでスッキリ!全ての問題を解決してもらいました。とても優しくて陽気なおじさん、「蛇口の新しいパーツは今ないから月曜に持ってくるね、覚えていたら!」と。えっ、、何ですか~、覚えていたらっ!って、、、。もう冗談であって欲しい!




by Kippis_Y | 2019-02-02 21:09 | 村の生活/village life
フィンランドの小学校の算数 「:」「・」ちょんちょん
d0090294_20531757.jpg
4年生の娘・ことりが小学校で使っている教材。
イラストも多めで楽しそうです。今は分数を習っているそう。

前の先生は毎日のように宿題を出していたのですが先生が変わってから宿題もグンッと減りました。夫、A-Jは小学生には宿題は必要ないという派。私は宿題をするのは嫌いではなかったので特に反対はないのですが学校で出された指示なら、ちゃんと従いましょう、という感じです。ただ、その子のペースもあるので宿題に関してガミガミは言いません。例えば...2年生の、あんじんは学校が終わってすぐ宿題をする場合もあれば夕飯準備中や夕飯後に、ちゃちゃっと済ませます。一方、ことりは学校から帰ったその日は学校の事は綺麗さっぱり考えず、翌日に早起きして宿題に取り掛かります。確かに、学校を終えて帰宅したのに「宿題は?今しなさい。」と言われても子供は集中しにくいのかもしれません。もちろん日々の繰り返しで慣れてくるのでしょうが。

まだ小学校に入りたての頃、朝寝坊をしてしまった、ことりは「宿題する時間がない!」(アルファベットの練習)と言っていて騒いでいましたが私がちょっと外へ出て帰ってきたら...宿題をしていたのはA-Jでした。コラッ!
d0090294_20535358.jpg
今では子供達は宿題のコントロールも出来るようになってきました。あっ、でも先日先生に「ことりは学校に教科書忘れて宿題が出来ない時たまありますが、やっていれば凄く良い成果が出るんですよ。」と言われましたが...

宿題に関して分からない事があると子供達は私に質問しにきます。内心、私も出来るかなーっとドキドキワクワクします。はじめて算数の教材を見た時は一瞬「?」でしたけど。よく写真を見て下さいね。数字と数字の間に「:」や「・」が出てきます。:は割り算÷、・は掛け算×なんですって!ちなみに足し算は普通に∔、-は引き算です。これってフィンランドで使われている記号なんですかね?それとも日本も今はこうして表記するのですかね?お初でした。
d0090294_20541857.jpg
先ほどのおさらいで... 3・254 これは3×254ですね!
Kは一の位、Kは十の位、Sは百の位の略です。

しかーし、これが縦式になったら斜めバッテンの様な、ちょんちょん記号が出てきます。一の位と十の位で繰り上がりがあるので記号を横に記すというのですね。私が教わったのは写真左にある紫のペンで書いたスタイルです。大した事ではないのですが私の中では大きな新発見だったのです。皆さんはどちらですか?ちょっとコメント欄あけてみます。


by Kippis_Y | 2019-02-01 19:55 | 村の生活/village life | Comments(4)
フィンランドの小さな村の学校 時間割・行事
d0090294_20515601.jpg
前回のアップで「来た来た、この寒さ!」と言ってしばらくしたら風邪を引いてしまいました。久しぶりに熱が出て声変わりのようになり、鼻つまりの影響で味を感じなくなってしまった時は、とても空しく思いました。普段、子供に風邪を引かないように気遣っているわりには自分がしっかりしていないのではダメですね。極寒の中、足元が冷えたようで1回冷えるとなかなか温まらなく、そんな時にA-Jの風邪菌を貰ったのではないかと。その後、彼は札幌出張へ出かけて行き、現在1週間が経ち、まだまだ残り約2週間ですが皆、元気で過ごせますように。

さて、今日は全校数14人ラーヌヤルビの小学校の事について書こうと思います。ちょっと画像が薄暗いですが...写真の建物の半分が我家、半分がラーヌヤルビ小学校になります。正確に言うと4-6年生のクラスの建物。ことりは4年生なので、この建物で勉強をしています。
d0090294_20521947.jpg
右にある赤い建物が6歳児~3年生までのクラス。お昼を食べる場所や木工室などあり、2階は村の人達が使っている織り機などがあります。建物の間にある大きな木の後ろに生徒のトイレ、そして我家が使用しているサウナ室があります。サウナ室には洗濯機があるので私が洗濯をしに行くよりも子供達が学校に行く方が近いんのです。私が小学生の時は片道徒歩で35分位かかったので、この距離感は非常に便利ですね。子供達は忘れものを取りに来たり、休み時間中に体育の道具を取りに来たり。こんなに近いのに先日、ことりが頭痛で早退した時は先生が送ってきてくれました。

小学校は朝9時スタートですが放課後のクラブもなく早い時で11時50分、遅い日でも14時半には帰宅します。休み時間は新鮮な空気を吸う=リフレッシュ!という目的もあり、よっぽどの気温でなければ外に出るそうです。給食が11時前なので帰宅してしばらくしたらお腹が空くので、夕方にパンや果物を食べます。それにしても、お昼が早いですよね?それから、2年生の息子は週に2回「待機時間」というのがあり1科目分遅れて(例9時50分開始)始まるのですが学校好きな彼は家に居ず普通に登校し待機室で本を読んだり同じ待機中の子と一緒に過ごしているそうです。

私が小学生だった時は入学式、卒業式、授業参観や家庭訪問などあったのですが、子供達が通う学校は、日本ほど華やかにせず親も入学式、卒業式には参列しません。全校で2クラスしかないので学年内でのクラス替えもないのです。春と冬の発表会には呼ばれますが授業参観や家庭訪問などなく年に1回、先生、親子の3人で30分~1時間程学校でお話しをします。予め自治体から配られた質問用紙に子供自ら評価し、面談で先生からみた評価を与えられ、あとは学校での態度や質問云々お話ししていくのです。丁度、この面談が12月と1月にありました。私が小学生の時は親が学校に来るって珍しくてドキドキしましたけど、我家の場合、自宅も学校も目の先で先生ともよく校庭で会うので子供達にとっては何ってことないような感じでした。もう少しドキドキワクワクしてもらっても良かったのにー!

次回は、ことりの宿題を助けていた時に「?!!」と思った事をお伝えします。お待ち下さい!


by Kippis_Y | 2019-01-31 22:15 | 村の生活/village life
来た来た、この寒さ!この光!
d0090294_20561516.jpg
私の背後にいつも潜んでいる犬。ちょっと私が外に出る間も窓から監視人のように見ているジェイク。洗面所のドアを開けたら、こんな風に座って動かず待っているので一瞬ビビります。

今日は午前中-32度まで下がりました。今年一番の冷え込みです。毎年-35~36度まで下がりますが家の中は暖かいのが本当に有難いです。こんなに寒くてもジェイクや猫のタルモは用を足しに1日数回外へでかけていきます。流石に-30度を下回ると犬の散歩は短くなりますが、それでも外で遊びたいようで中々家に入りたがりません。
d0090294_20550556.jpg
こんな感じでズボズボと雪の中を走っていくので余計にエネルギーを消費し、よく寝ます。この日は-22度。元気に走って遊ぶのですが止まるとブルブルしているので、動くしかないのかー。気温が低いので空気が凄く乾燥して雪もサラサラです。気温が少しでも上がると犬の毛や肉球の周りに雪玉が付くので犬も必死に齧って取るのですが、あまりにも見苦しいので先日、犬用の足カバーを購入しました。まだ慣れないので途中で脱げますが...
d0090294_20540911.jpg
1月になって晴れ間の日が増え、こういう光景を見ると「春も近い」と思う人が多いのです。実際は春はまだまだ遠いのですが、それだけ太陽の光は、ここ北極圏では特に大事な存在です。先日は街灯もなく小雪が降っている夜道を車のヘッドライトを頼りに80キロのスピードで50分位走りました。慣れない夜の雪道、視界は狭く、見ずらく、暗闇の中なので何処を走っているのか一体いつ着くのか...頼むからトナカイが飛び出して来ないでくれーと集中し、おかしくなる錯覚でした。ところが急に雲の切れ目から月が現れて、明るい月の光にどんだけ助けられたでしょうか!無事、家路に着きました。
d0090294_20523054.jpg
北極圏の厳しい冬、そんな厳しい環境の中だからこそ体験できる事、感じる事。冬があるから夏の良さが分かる。世界にはもっと寒い場所もあって人間や動物も植物も生活しているんですよね。そう思うとフィンランドの寒さは、まだまだ大丈夫ですね。と言っても今日は車が動くのに数時間かかりましたが... 夫、A-Jの車は約10年もので走行距離40万キロ以上ですが、まだ現役です。でもそろそろバッテリー交換時ですね。

今日も厚着をして散歩へ出かけます。厚着をしてヌクヌク帰宅できた時の勝利感!これが止められません、笑!


by Kippis_Y | 2019-01-21 21:41 | 村の生活/village life
フィンランドのクリスマスは大きな豚ハム!
d0090294_01301166.jpg
今年のクリスマス料理。伝統料理なので毎年代わり映えはないのですが、笑。いつもの自家製クリスマスハム、林檎のソース、お豆、赤ビーツサラダ、じゃがいも、西洋カブ、人参のキャセロール3種。この他にサーモンやニシンの酢漬け。沢山食べました。
d0090294_01320318.jpg
野菜のキャセロールは人それぞれ好みが違うのですが、ダントツおいしいと思うのが、この西洋カブのキャセロール。火が通るまで煮て潰して生クリームや生姜の粉末やダークシロップ、塩胡椒を入れ低温でじっくりオーブンで焼きます。甘みと生姜の味が絶妙です。子供達はミルク粥と人参の入ったキャセロールが好きです。其々違う味なのですが、それも野菜の味が引き立つ素朴な料理です。
d0090294_06204108.jpg
我家では陶器でキャセロールを焼きますが、こんな入れ物で焼く人も多いです。このままオーブンで焼けて蓋付き。冷凍も可能です。実はクリスマスは義理母の所でお祝いする予定だったのですが、義理母がクリスマス数日前に滑って松葉杖を使う事になってしまい、家で安静にしたいという事だったのです。なので義理母用に小分けにしてクリスマス料理をお裾分け。左の白いのはパン粉なのですが温める時にバターを数箇所にのせて溶かすと良い感じにパン粉がなじみます。
d0090294_01322766.jpg
我家では毎年、夫のA-Jが豚ハム作り担当です。クリスマス前になるとスーパーでは溢れるばかりの大きな豚肉が販売されます。こんなに大きいの普通の家庭用オーブンで入らないよね?という大きさのもあります。石窯で焼く用だそうです。

我家は今年は骨無し7.8kg(大体40ユーロ程)。買った時は凍っていますが焼く3-4日前に冷蔵庫に入れ、焼く前に肉の一番厚い部分目掛けて温度計を刺して中の温度を確認し低音で何時間もかけて焼きます。中身の温度が指定温度に達したら取り出し表面の脂を削ぎ、表面にマスタード、他混ぜものでコーティングし更に焼くというオーブン独り占め状態です。
d0090294_01290872.jpg
お塩は予め買ったときにしてあるので中までしっかりと塩味です。流石に全部は食べられないので他の料理に使えるように保存をしておきます。今年も美味しく出来ました。
d0090294_01334552.jpg
25日の朝はクリスマス ミルク粥で始まりです。アーモンドを中に入れて、当たった人は願い事が出来る特権があります。今年は末っ子の、こゆきが当てました~。
d0090294_01340303.jpg
グラニュー糖とシナモンパウダーをかけて食べたりミックスフルーツのソースと一緒に食べます。見た目はあまり美しくありませんが。。。ふわっと柔らかい食べ物です。

クリスマスはサンタさんが運んできてくれた其々のプレゼントを楽しみました。中でも娘が貰ったキーボード、これが楽しくて1日数時間も練習していたのは、私。普段使わないような指さばきや記憶力。こんなに集中したのはいつぶりでしょうか。丸で別世界に行ってたかのようでした!

フィンランドではクリスマス終了日は1月6日です。クリスマスツリーも飾ったままの年越しなのです。新年まで目と鼻先。皆さん、良いお年を迎えましょう!

by Kippis_Y | 2018-12-31 06:19 | 村の生活/village life | Comments(6)
毎年恒例 クリスマスツリーハンティング!
d0090294_21470663.jpg
キッチンのカーテンを開けると窓にこんなメッセージが!Hyvää Joulua=メリークリスマス。これは息子・あんじんより。我家は毎年クリスマスイブにツリーに飾り付けをします。というのは生木なので乾燥している家の中ではよ~く針が落ちるのです。24日に飾り付けという事は前日には森に切だしに行きます。伝統的には他所の土地から切る(と冗談で言ったりしますが、無断に切ってはいけないので自分の土地より。もしくは自治体から許可を得てもしくは、ちゃんとしたお店から)お父さんと息子が行くらしいです。
d0090294_23363923.jpg
私は掃除をして料理の下準備で忙しかったので今年はボーイズに任せておこうと思ったら、私が来ないと「間違って大きい木を取って来てしまうかもしれない!」とA-Jに脅かされ...例年の如くA-J、息子、私で出かけていきました。建設中の森の家付近から取るので歩いて行ける距離です。ショベルとノコギリを持って-26度中、出動!
d0090294_23370738.jpg
建設中の森の家。この家の目の前にある松の木と隣同士になっている大きな木を切りました。
d0090294_23373985.jpg
ドデ~ン!毎年隣同士に並んでいる木を切ります。そうするともう1本の木の伸びがよくなります。森の家周辺にある木は後ほど切らないといけないので丁度良いですね。流石にこんな大きな木は室内に入らないので先の方を切っていきます。今年は犬が増え犬のケージがリビングにあるのでツリーは子供部屋に置くことにしました。掃除やスペースを考え「今年は小さいので!」と念を押してたのですが、「もちろん大きいのでしょう!」と、。。。A-Jにそそのかされアレヨアレヨという間に切断。結局、私が来ても来なくても大きいのにされた訳ですね、、、。
d0090294_23380168.jpg
手で持って自宅へ。このままでは凍っているのでシャワー室でシャワーをしバケツに8時間以上浸けておきます。これをしないと針の抜けがもの凄いのです。というか、これをしても落ちるのが凄いのです!24日の午前中にシャワー室から2階の子供部屋へと移動をしたわけですが台風が去った後のように針が、そこら中に散らばりロマンチックの欠片もありません!笑。
d0090294_21502999.jpg
でもでも、クリスマスライトやオーナメントを飾ってみたら、やはりツリーがあると雰囲気たっぷりです。今年は朝起きたら外にプレゼントの入った大きな袋が届いてました。朝と言っても10時頃気が付いたので、ドアが閉まっていたのでサンタさんはプレゼントのみ置いていったのですね。ツリーの下に置き夕飯後に開けます。
d0090294_21500413.jpg
子供達は、サンタさんを信じていてクリスマス前に何が欲しいとリストを書いて自分の家の郵便受に入れておきました。果たして希望の贈り物が届いたでしょうか。今日はA-Jは数時間仕事なので、帰宅したら聖書を読みクリスマス料理を囲んでお祝いをします。皆さんも平和なクリスマスを!

by Kippis_Y | 2018-12-24 22:14 | 村の生活/village life