クマさんのようなミトン ロヴィッカ
d0090294_22583351.jpg
冬が長いからこそ毛糸を使って楽しめる編み物。2月にクロスカントリーに行った時に、雪が光に照らされピュアな白い色が印象的でした。真冬の暗い時期に見るのとは違った白。普段は白いものをあまり取り入れないのですが、そんな魅力に魅せられて白のミトンを編みたくなったのです。いつもは3-3.5ミリ用の細身の毛糸を使用しているのですが、今回は何だか気分も変えたくて5.5-6ミリの編み棒を使ってみました。

白のミトンを編み終えるとウール衣類の好きな息子・あんじんが、とても気に入った様子でした。何だか手元が動物のようで...なので熊をイメージしてグレーも編んでみました。
d0090294_22583387.jpg
左は、あんじん用。真ん中は私。右のはゲストの方用。中に5本指の手袋をして、その上からこのミトンをします。ダブル保温効果~。このミトンはLovikka(ロヴィッカ)という名称で昔からあるミトン。私が初めてロヴィッカを頂いたのは、もう何年も前にラップランド大学でテキスタイル科を専攻していた時。クラスメイトの子が手編みで編んだものをプレゼントしてくれました。真っ赤の毛糸にサーミ色を現す3色の毛糸がデコレーション。色鮮やかで温かくて形も可愛くお気に入りでした。穴が何個もあくまで大事に使用したのです。こんな風にフィンランドでは編み物が好きな人が誰かに手編みのものをプレゼントという習慣は長く続いています。
d0090294_22583231.jpg
編みあがってから手首部分に3色の毛糸を針に通して刺しゅうをしていくのですが色々な柄があります。手首のとこに少し長く三つ編みを残すのも可愛い特徴ですよね。ロヴィッカ用の太目のウールの毛糸も販売されていますが、私はウール100%の毛糸と、まだ撚りがかかっていない引っ張ると切れてしまうような毛糸を合わせて編んであります。灰色のミトン、子供用のミトンは、撚りのかかっていないホワホワした毛糸を3-4本取にしてあんであります。まだ羊の香のする暖かいミトン。冬の楽しみの1つです。

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-03-16 15:00 | 雑貨・インテリア/Interior
2-3月の楽しみ方 クロスカントリー アイスフィッシング
d0090294_18251599.jpg
ラーヌヤルビのある村は北極圏内。太陽の光が出てくるのが1月上旬過ぎから1月中旬位。今までの冬の暗さを取り戻すかのように2月はとても綺麗な光景が見られます。-30度近くの極寒の日もあれば、-10度にも満たない日もあったり気温差が激しいですが...私の感覚では、晴れの日、気温が-15度前後の日はクロスカントリーに適した気温です。

森を抜けると凍ったラーヌヤルビの湖の上に行けます。丁度ここは誰かがクロスカントリー用の溝を作ってくれたのでスイスイと滑れます。ちゃんと着込んで準備万端にすれば、綺麗な景色と空気の中を思う存分に楽しめる事ができるのです。

見えますか、この小山のようになっている白い場所。凍った湖の氷が一部盛り上がって雪が積もっています。雪の下には数十センチの氷があるので落ちる心配はありません。この凍った湖の上をスノーモービルも通過していきます。
d0090294_18251531.jpg
途中、お茶とケーキで休憩。7歳の息子・あんじんは休憩中にシャボン玉をしたら凍った~。こんな事をしながら約1時間のクロスカントリー。玄関先から板を履いて玄関先に戻ってくる=横着ができます。家庭だけではなく幼稚園や小学校の内からクロスカントリーやスケートを練習するので小さな子供でも上手に滑る事ができます。やはり冬の暮らしや楽しみ方を知っている国民ですね。
d0090294_18251575.jpg
2~4月上旬頃までの楽しみの、もう1つはアイスフィッシング。ラーヌヤルビの村は大きな2つの湖があります。この日はクロスカントリーで移動しながらラーヌヤルビの湖へ。ドリルで穴を掘って小さな椅子に座って魚釣りをします。白身の美味しい魚がとれるのですよ。この日は比較的小さいけど1時間半で49匹釣れました。後で知ったけど今年から法律が変わったようで釣った魚は、その場で殺さないといけないそうです。
d0090294_18251400.jpg
アウトドアが好きな、あんじん。魚釣りが好きでアイスフィッシングも数日前より楽しみにしてました。今年はA-Jと、あんじん、男同士で夏に砂金彫りの旅に出たいそうです。私も含め、我家の女の子2人も付いて行きたいのですが、ここは見送って女同士はカフェでも行ったほうが良いかな。話は脱線しましたがラーヌヤルビのある北フィンランド(ラップランド)、2-3月楽しいですよ!

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-03-15 18:57 | 村の生活/village life
日本滞在4週間 実家へ
d0090294_23292943.jpg
家族と日本へ行く時は実家に帰るのですが、今回は札幌に先に着いたため、はじめの1週間は子供達から毎日のように「いつ、じーじのお家に行くの、早く行きたい。」そう言っていました。特に4歳のこゆきにとっては、じーじの家に行ったら日本に来たと言えるくらいな感じ。そんな大好きな、じーじに会いに行ってきました。最後に会ったのは約2年前。

子供達は、じーじと、実家に住む私の姉の事が大好き。遠く離れていても子供達にとっては近い存在。兄は結婚をし実家にはいないので帰省時に顔を見せに来てくれます。さて、夜遅いし最寄り駅まで迎えに来るのは姉かなと思ったら、真っ白な髪をしたじーじが改札口で待っていました。最後にあった時は白髪染めしてたのに、もうやめてしまったそう。そんな白髪姿がすっかり「じーじ姿」だけど結構似合うじゃない。照れ臭そうな子供達と嬉しそうなじーじ。もう、ばーばは居ないけど家族がこうして揃うと何を言わなくても安心感があって、それだけで幸せ。

実家では、こゆきの大好きな水木しげる作の「アカナメ」彫刻で大爆笑!詳しくはインスタのこの記事を読んで下さいね。
d0090294_23583616.jpg
丁度、私達が実家に滞在中は「関東大雪警報」が出ていました。幸い、沢山降らずに済んで良かったですが雪仕様になっていない地域に大雪が降ると大変な事ですよね。フィンランドは東北程、積雪量はなく、日本の寒さとはまた違った感じです。湿りっけのない雪なので服がベチャベチャになる事もなく、「綺麗~」と呑気な事を言ってられます。セントラルヒーティングなので極寒の日でも室内は暖かく、朝起きるのも快適です。なので約16年振りに体験する盆地の実家の室内の寒さに、ビビッてしまいました。でも日本の掘りごたつや、お風呂にとっても癒されました。

札幌へ帰る時も、日本を出国する時も「まだ、帰りたくない。またじーじの家に帰りたい。」と子供3人。こゆきは、じーじラブな事は承知ですが、普段控えめな7歳の、あんじんがこんな風に言うので胸が締め付けられましたよ。じーじ、楽しみが増えたと思って待っててね~!

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-02-10 00:09 | 国外旅行/travel abroad
日本滞在4週間 子供達から見た日本
d0090294_22550028.jpg
とあるお店に行ったらランドセルが売っていました。そっか、日本は4月が入学式だっけ。私の時は赤か黒が主流でしたけど最近は色も豊富で可愛い模様もついて素敵だな~。あの私の使っていたボロボロになった赤いランドセルは一体何処に行ってしまったのだろうか。

フィンランドでは8月から新学期が始まり、小学校は制服も体育着もなく指定のバッグもなく個人の自由です。ピアスもオッケーで、ネイルをしていったり髪を染めたり邪魔にならない程度のアクセサリーも身に着けてOK。そんな環境で育っている小学3年生=9歳の娘ですがランドセルを見て「素敵な鞄、こんなので学校行けたらいいな~」っと。もしランドセル背負ってフィンランドの小学校に行ったら、アイドル的な存在になるでしょうね!
d0090294_23083695.jpg
子供達は、日本は美味しいものがあって、可愛いものがある国と認識しているようです。あんぱんまんLOVEな4歳の、こゆきにとって某電気屋さんやスーパーは目が♡になります。「あんぱんまーん!」とラブ光線を出しますよ~。遠くからでも、あんぱんまんグッズを見分ける能力が出来ました。

日本では道端でティッシュを頂いたり、スーパーやパン屋さんでは試食、時たまレジのお姉さんにキャンディをもらったり、くじ引きがあったりサービス精神旺盛の文化をどっぷり楽しんでいた様子でした。スーパー内で流れている「焼き芋」「魚」の歌や、お惣菜コーナーのモニターで流れていたダンスを真似してみたり、エンターテイメント旺盛のスーパーが好きだったそう。そんなこんなで毎日スーパーへ行っていました。


[PR]
# by Kippis_Y | 2018-02-09 23:24 | 国外旅行/travel abroad
日本滞在4週間 札幌 美味しい
d0090294_21513092.jpg
大晦日、お正月の記事を書く間もなく、既に2月に突入~。
私達一家は1/11-2/6までの約4週間、札幌滞在をしていました。ここ4年の間に主人は毎年札幌出張があったのですが、今回は最低4週間の出張だった事もあり、家族も便乗する事になりました。主人は、ラップランド大学で工業デザインを教えている大学講師ですが、大学でも、副業でも雪と氷のデザインやホテル内装云々しております。丁度、札幌雪祭りにかぶっていましたが、その関係ではありません。子供達は小学校から快く了解を得て気兼ねなく日本へ行けました。

それにしても札幌は、とーっても大きな市!バスやメトロ、トラムも充実していて良いのですが、アパートからはバスの本数が少なく、毎日子供と一緒に街中へ移動となると結構交通費が...そして街中に着いたら人酔い、そして疲れ、お店の中では汗だくになり...ラーヌヤルビの村なんてバスの本数なんて信じられないくらい少ないのに...子供達は普段野放しのような環境で育っているわりには...私達は何てへこたれているんだ~そう感じました。会いたい方は沢山いましたが叶う事が出来ず失礼しました。 
d0090294_21561665.jpg
札幌滞在が決まりそうな頃、札幌の賃貸やAirbnbを調べたのですが予想以上に高く困っていた時に紹介された物件です。ザ昭和なお家ですが、4部屋とお風呂場、家具、洗濯機付き。一から揃える必要があったら本当に大変でしたよね。ありがとうございます。
d0090294_22072184.jpg
久々のガスコンロ!ガスは熱回りが早くて良いですね。そして日本のこの魚焼きがあるとこ、これ最高ですね!賃貸アパートに炊飯器はあったもの肝心な電源コードがなかったので小さな土鍋にお世話になりました。我家はそんなに白米食いではないので、1回2合=4人で丁度よかったです。ところで、我家の子供に大ヒットな食べ物は「ホッケ」でした。もちろんお寿司、ラーメン、うどん、納豆、日本のカレー、和菓子などなど日本を代表する食べ物は大好きなのですが、今回の旅の中でも最も人気な食べ物でした。
d0090294_22184404.jpg
子供達は積極的に日本を楽しんでいる様子で、特に、ことり&あんじんは色々と食べてみたいようでした。以前はウニや甘えびは食べる気にもならなかったのですが、今回味見をしたら「美味しい!」っと。食べた先が北海道というのも何とも贅沢な経験ですよね。ご馳走になりました刺身盛り、中でもウニは私の中で忘れられないトロミでした。あーあれはきっと夢だったのか...と写真を見ながら思っています。
d0090294_22274067.jpg
美味しいと言えば、ある日は女3人で居心地がよく美味しいメニューてんこもりの居酒屋へ。北海道ならではのメニュー、素材の味が楽しめて感動でした。とんかつや、丼ものよりも、こういうおつまみ系が好きな年になりました。ビールやワイン派の私が、コーヒー焼酎にハマってしまったのも、このお店と一緒に付き合ってくださった方のお方です!
d0090294_22312187.jpg
夫婦共々、ワインはよく飲むのですが、フィンランドに比べ日本はアルコールが素晴らしく安い!安いワインが300円代なんてフィンランドではありえないです。これはこれは危険ですね~と言いつつ、手に取っていました...
d0090294_22364708.jpg
何だかんだ言って、結局落ち着くのはフィンランドにはないオクラ・紫蘇・ミョウガだったりします、笑。

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-02-09 22:43 | 国外旅行/travel abroad
2017年 クリスマス 料理
d0090294_21212718.jpg
2017年のクリスマスはロバニエミの街中に住む義理母のお家へ1泊しました。大きな窓のあるキッチンで皆でランチ。
d0090294_21220489.jpg
d0090294_21222276.jpg
フィンランドのクリスマス料理、メインは豚ハムですが魚料理や野菜料理も多いです。ビーツや人参のサラダもクリスマスの定番。食器の使い方もほんと上手で勉強になります。

遅めのランチをしてまったりしていたら、義理母の所にサンタさんがやってきました!白樺の幹で出来た杖にベルがくくりつけられていて、サンタさんは子供達がどの位背が伸びたのか白樺の枝を使って身長を測定したり、サンタさんが持ってきた秘密の成績表を見ながら子供達が1年間で何に夢中だったかを報告してくれました。全部、サンタさんのお手伝いのトンットゥ(小人/妖精)が知らせてくれていたそう。他にもサンタさんはクリスマスのお話しをしてくれました。子供達は真剣にお話しを聞いていました。良かったね、サンタさんがプレゼント持って来てくれて~。
d0090294_21230164.jpg
夜はメインの豚ハム。A-Jが担当してオーブンで焼きました。骨なし8キロ。
d0090294_21233968.jpg
これにクリスマスの野菜のキャセロールを添えて、美味しかったです。
d0090294_21241093.jpg
翌日のデザートは義理母特性のケーキ。ロールケーキの中身はババロアのような感じです。これ、美味しいんですよ~ 今度、9歳の娘・ことり、義理母に教えてもらいたいね。2017年も平和なクリスマスを過ごせました。

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-01-06 21:54 | 食べ物色々/food
2017年 クリスマス やっぱり今年も生木

d0090294_20533981.jpg
2017年のクリスマス、余ったクリスマスツリーの枝を使って2階のドアに飾り付け。
d0090294_20555855.jpg
今年も生木を伐りだしに我家の森へ...木と木が重なり合っている場所から1本鋸で切り倒しました~。
d0090294_20565881.jpg
お手伝いさんは7歳の息子。どれがいいかな~
雪深いので青いソリにはスノーシューを入れて、それから鋸も。
d0090294_20574996.jpg
「切れた~!」スノーシューを履いたA-Jが森から出てくると、何処かのおじさんがスノーモービルで登場。おじさんは立派はクリスマスツリーを後ろに運んで自宅へ帰る所のようでした。コテージに子供や孫が来るのかな。
d0090294_20585873.jpg
シャワー室でクリスマスツリーはシャワーを浴びて雪を溶かしてバケツに水を入れしばらく置いておきました。その後2階へ移動~。生木にはちゃんと水が入るスタンドがあります。そこに立てて水やりが出来る仕組みになっています。フィンランドの室内は暖かく乾燥しているので水やりが必須です。でも、これが結構針が落ちるので毎日掃除です...

子供達は喜んでクリスマスツリーに飾り付け。オーナメントは、もう10年以上使っているシンプルなもの。こんな感じの素朴なツリーがフィンランドのクリスマスツリーです。「今年はツリーどうする?プラスチックにする?」「何?プ、プラスチック?ダメダメ、もちろん生木に決まってる!」私達夫婦の会話、笑。うん、主人A-Jの言う通り生木で良かった。不揃いな枝の生木、やはり部屋に飾ると雰囲気が良いですね。

[PR]
# by Kippis_Y | 2018-01-06 21:16 | 村の生活/village life
2017年 クリスマス ジンジャークッキー 便利な道具
d0090294_20310057.jpg
明けましていめでとうございます。
ノロノロな更新でクリスマスは過ぎてしまいましたがクリスマス期間の終わりの日は今日1月6日です。クリスマスの飾りも片づけまた次のクリスマスを待ちます。

今年のジンジャークッキーは子供達と我家にホームステイ中だった女性と一緒に焼きました。もちろんクリスマスソング聞きながら。沢山焼けましたよ~。
d0090294_20321386.jpg
例年と違うのは便利道具を使って型抜きに挑戦!たまたま蚤の市で見つけた古い道具。このまま見ただけでは何に使うか分かりにくいですが、コロコロっと生地の上から押すと型抜きと同様の仕上がりになる優れもの。星、丸、ハート、花形と結構可愛いです。これは古い道具の様ですね。あまり使われていなかったのか凄く綺麗な状態です。
d0090294_20325869.jpg
こんな感じ~。我家の生地はスパイスがたっぷりで毎年同じレシピ。薄く焼いてパリパリした感じに仕上げます。薄い、それに砂糖とダークシロップ入りなので、うっかりしていると焦げます!

そのまま食べても美味しいですけど、チーズやワインと相性良くて、砕いてアイスクリームにかけても美味しいです。私は毎年ジンジャークッキーを2月の季節のお菓子に使用するのですが今年は、その時期日本滞在なので、え~い!みんな食べてしまえ~い!



[PR]
# by Kippis_Y | 2018-01-06 20:43 | 食べ物色々/food
トナカイ皮・角・骨 ラップランドの作家ラウン君が阪急うめだに!
d0090294_17132706.jpg
ラップランドと言えば、オーロラ、サンタクロース、トナカイを思い浮かべる方が多いと思います。中でも特にトナカイはラップランドの人達にとって大事な存在です。トナカイは食肉用ですが、毛、皮、角、骨も大事な資源になります。私の知っている限りでは鶏、豚、牛の管路方法とは全然違ってきます。トナカイを飼うという事は家族ぐるみでのお世話となり、家族代々トナカイを管理してきているという家庭が多いので、歴史深くとても興味深いです。
d0090294_17124250.jpg
このショルダーバッグはトナカイの皮でできたラップランドの伝統手工芸。もっと細く言うとサーミ人の方達の手工芸です。このバッグを作られた作家、ラウン君はノルウェーに近い北フィンランドで生まれ育ち現在も在住。11-12歳頃に近所の小母さんよりサーミ手工芸を学び、現在に至っています。自分のトナカイの皮を鞣し、丁寧な作業でショルダーバッグを完成させます。その工程は秋に始まり夏にバッグになるという長い工程を経て素敵な製品が生まれてきます。右の2つのボタンはシルバーボタン、これもサーミの伝統衣装を連想させるデザインです。
d0090294_17141200.jpg
私も1つトナカイの皮(一部魚の皮)のバッグを使用していますが、とっても軽く、トナカイの皮とは思えない感じです。こういう柔らかい手触りのショルダーバッグは子供のトナカイの皮を使うそうで1頭の皮から3個分のバッグが出来るそうです。中の生地も工夫がされているのですよ~。

d0090294_17113818.jpg
ラウン君は12/13-19まで阪急うめだ 北欧クリスマーケット(9階)にてワークショップを行います。トナカイの角を使ったオーナメント、トナカイの足の骨を使ったペーパーナイフ(参加者にサーミの文様を焼き入れてもらいます。)、トナカイの皮のブレスレッドがあります。(写真提供 ラウン君)事前予約は阪急うめだHPよりされた方が確実ですが(前日の17時まで)、既に予約満員状態です。キャンセル待ちや、他幾つか空きがありますので詳しくはHPをご覧になって下さい。ダメ元で当日、会場で空きがあるか聞いてみる事も可能です。ワークショップは通訳さん付だと思いますので、この際、色々な事を聞かれてみるのは如何でしょうか?ワークショップ参加できない場合、商品は商品は12/25まで販売しております。個性的で長く使えるプレゼントをお探しの方は必見です!彼はサーミの伝統衣装を着てくるそうですので、そちらも楽しみですね。
[PR]
# by Kippis_Y | 2017-12-13 17:22 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランド国民に愛される 裂き織カーペット
d0090294_18362482.jpg
フィンランドでは裂き織カーペットが使われている家庭が凄く多いです。日本同様に玄関で靴を脱ぐ習慣があるので、玄関はもちろんの事、廊下、キッチン、リビング、サウナやシャワー室ほんと便利な裂き織カーペットは何処に置いても役割を果たし、模様や色も様々で見ていて飽きません。いらなくなったシーツや服を裂いて織ったり、ひも状の天竺素材を使ったりします。家族や親戚の方が織ったのよ~よいうのも良く聞きます。昔の博物館や資料館に行っても実際に使われていたり、昔の写真でも拝見できます。洗濯機でも洗えるし、夏場は湖の畔でカーペットを洗える事も出来るので国民に愛されたフィンランドを誇れる文化だと思います。

フィンランドの各地でも織り機を使って実際に織れる場や、家庭にもあり織っているという方は日本よりも多いのではないかと思います。こちら、素敵な柄、元気の出る色合いが魅力的な裂き織カーペットはロバニエミ在住の手仕事が大好きなエーヴァさん作。自宅に織り機があり、私が伺った際も当たらな裂き織を楽しんでいる最中でした。(左65×75cm、中央は75×135cm、右60×125cm)

d0090294_18360060.jpg
冬は日照時間が短いので室内での時間を過ごす事が多くなるフィンランド。外は暗い分、室内のインテリアの工夫がとっても上手です。色で楽しんだり、証明で雰囲気を出したり。エーヴァさんは、とっても素敵な壁掛けを作っていました。これ、紙紐なのです。夏場のテーブルランナーやファイバーアートの様な感じで壁掛けなどはありますが、電池式でライトが付く仕組みになっているとは、これは良いですね~
白が清潔感あって、ラップランドの冬を現していて素敵です。日本のお家にも合うシンプルさですよね。

エーヴァさんの作品は現在、阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット(9階)にて12/25まで販売中です。全てハンドメイドです!
お時間ありましたら是非!


[PR]
# by Kippis_Y | 2017-12-08 19:03 | 雑貨・インテリア/Interior