ライ麦粉で自家製酵母 サワードウ 
d0090294_00192783.jpg
久々にライ麦自家製酵母でライ麦粉100%のパンを焼きました。とっても香ばしい香りでライ麦粉と酸味が絶妙な味です。
d0090294_22562167.jpg
2014年よりライ麦自家製酵母を使ってライ麦パンを焼き始めたのですが最近全然焼いていなかったので久々です。私は生酵母と、もしものためにと乾燥させて保存をしておきます。この乾燥させたのは何年経っても、またふやかせば目を覚ませてあげる事が出来るしエサやりを忘れて酵母が酸っぱくなりすぎるのも防げるので、とっても便利です。

ジャムなど入っていた瓶に何となく手で砕いた乾燥酵母を水とライ麦粉を混ぜ3日間、室温で放置します。(我家の場合は22-23度) 布を蓋替わりにし輪ゴムでとめ、毎日、朝と夜に箸でかき混ぜます。大きいかな、と思うような乾燥酵母も翌日にはふやけて混ざってしまうので大雑把に砕いて大丈夫です。2日目くらいで上澄みに茶色い水が出てきた場合、それを捨て、表面に小さな泡が出てきたらエサやりの開始です。ある分量の酵母を取り出し(残りは捨てます。もったいないかもしれませんが、そうしないと菌がエサ不足になり更に酸っぱくなってしまいます)、ライ麦粉、水を混ぜ再度布で蓋をし室内に放置。翌日同じようにエサやりをします。
d0090294_22532118.jpg
我家の場合、5,6日目頃で気泡が大きくなり酵母も二倍に膨らんでいます。黄色い輪ゴムが元の量です。スプーンで掬うとチョコレートムースの様なふわっとした感じです。そうなれば酵母として使えます。室温によって酵母完成日数が異なるかと思いますが、同じように毎日エサやりをしていくと必ず二倍に膨らみます!
d0090294_22535069.jpg
分量の酵母を取り出し、ライ麦粉と水を混ぜ乾燥防止用に布を被せ一晩置きます。※1 この時、余った酵母は冷蔵庫に保存しエサやりを1週間に1回すれば生酵母として使えます。翌朝はこんな感じに元気に気泡が出ています。この中に更にライ麦粉、水、塩を入れヘラで混ぜます。ライ麦粉はグルテンが少ないので小麦粉のパンと比べ生地がまとまりません。まとめようとして粉を足すと固いパンになってしまうので5-10分程度、全体が混ざったな~という感じでヘラでかき混ぜただけで大丈夫です。小麦粉の天然酵母と比べると、とっても楽です!
d0090294_22541074.jpg
こうやって十字架マークをしてパラパラと粉をかけます。このマークには「神様の祝福を受けました」という意味合いがあるそうで、2倍に膨らんだ時の目安にもなるそうです。布をかけて室内に放置。
d0090294_22543906.jpg
約4時間後、いい感じに膨らんでいます。私は、この生地で2つ分のパンを焼くのですが、その時に、こぶし位の大きさの生地を別に残します。※2 この状態の生地を取り冷蔵庫で保存しエサやりをしてもOKです。(※1又は※2どちらの方法でも可能) もしくは乾燥酵母にします。
d0090294_22552632.jpg
乾燥酵母の場合、生地を捏ねる入れ物の側面にヘラで生地を薄く伸ばします。このまま棚に入れておくと、すぐ乾燥するので生酵母でのパン焼きが生活のリズムに合わなくなってしまったら乾燥酵母を再度、目覚めてあげればいつでも使えます。
d0090294_22545977.jpg
打ち粉をして片方の手のひらを使ってグルグル生地を回し、お山のてっぺんを作る感じで成型。粉をかけ布をし2時間位休ませます。
d0090294_22555519.jpg
いい感じにひび割れしています。250度に熱したオーブンに入れ、更に一掴みの氷をオーブンの底に入れ200度に下げ約1時間焼いて出来上がりです。
d0090294_00200065.jpg
冷めてももちろん美味しいのですが焼き立ての香ばしさは最高です!生酵母や乾燥酵母がなくてもライ麦粉と水にライ麦パン100%の一欠けをちぎって酵母をおこす人もいますし、小麦粉と水のみでも酵母はおこせるので菌の力は凄いですね。バターを塗ってチーズをのせて食べます。更にキュウリやトマト、スモークサーモンやハムなどをのせたオープンサンドにすると結構お腹も満たされます。私の大好きなパンです。



by Kippis_Y | 2019-02-11 22:42 | 食べ物色々/food


<< 小型除雪機 あやゆく誘拐 アイスクリーム 隠し食い  >>