人気ブログランキング |
フィンランドでよく見かけるもの 冬の楽しみ
d0090294_02364721.jpg
先週の日曜は、第3回目のアドベントでした。毎年恒例のアドベントキャンドルのスタンドは、まだまだ現役です。日照時間も短くなって10時前頃に明るくなって2時過ぎには薄暗くなってきます。大体クリスマス頃から日が少しづつ伸びてくるので何だかんだ言って折り返し地点の様な気がします。この時期は太陽というものを見る事がないのですが、太陽は雲のずーっと奥に隠れています。その光が届き日中数時間、明るいという感じです。白い雪があるお陰で外は明るく感じます。この写真は、お昼頃にキャンドルの灯りを頼りに模様編みの模様を考え中。目がもっと悪くなりますね...
d0090294_02341040.jpg
私は、とにかく明るい内に外に出ます。これが結構リフレッシュになります。雪が降ると雪かきをして小道を作ったりすると更に気分が良くなります。この写真は夏に草木染をする裏庭。冬はいつも深い雪に覆われてしまうのですが今年は雪の小道を作ってアクセスできるようにしました。と言うのは、ことり&あんじんが小学校で作ってきたバードフィーダーを吊るすため!
d0090294_02350851.jpg
小さな可愛いお家の真ん中にフックがあって、そこに網に入った餌を吊るせるようになっています。
d0090294_02353480.jpg
6個入りで1ユーロ以下で買える餌。網状ではないけど、稲が束になったもの木の枝に置いたり、プレート状のお皿のような役割のあるバードフィーダーに置けるようにヒマワリの種などお手頃価格で鳥の餌が購入できます。雪深く食べ物を探すのが難しい冬、一般の人でもこうして庭先で餌やりが出来ます。
d0090294_02360058.jpg
このボール状の餌は結構かたく、穀物、油、種などが主だそう。2階のリビングの窓から裏庭を見られるので、ちょっとした楽しみが増えました。ただ、猫のタルモは優秀なハンターなので鳥さん達、油断は出来ませんよ!

by Kippis_Y | 2018-12-20 03:32 | フィンランド色々/Finland


<< ジンジャークッキー&クリスマス... 消えたクリスマスリース >>