日本滞在4週間 実家へ
d0090294_23292943.jpg
家族と日本へ行く時は実家に帰るのですが、今回は札幌に先に着いたため、はじめの1週間は子供達から毎日のように「いつ、じーじのお家に行くの、早く行きたい。」そう言っていました。特に4歳のこゆきにとっては、じーじの家に行ったら日本に来たと言えるくらいな感じ。そんな大好きな、じーじに会いに行ってきました。最後に会ったのは約2年前。

子供達は、じーじと、実家に住む私の姉の事が大好き。遠く離れていても子供達にとっては近い存在。兄は結婚をし実家にはいないので帰省時に顔を見せに来てくれます。さて、夜遅いし最寄り駅まで迎えに来るのは姉かなと思ったら、真っ白な髪をしたじーじが改札口で待っていました。最後にあった時は白髪染めしてたのに、もうやめてしまったそう。そんな白髪姿がすっかり「じーじ姿」だけど結構似合うじゃない。照れ臭そうな子供達と嬉しそうなじーじ。もう、ばーばは居ないけど家族がこうして揃うと何を言わなくても安心感があって、それだけで幸せ。

実家では、こゆきの大好きな水木しげる作の「アカナメ」彫刻で大爆笑!詳しくはインスタのこの記事を読んで下さいね。
d0090294_23583616.jpg
丁度、私達が実家に滞在中は「関東大雪警報」が出ていました。幸い、沢山降らずに済んで良かったですが雪仕様になっていない地域に大雪が降ると大変な事ですよね。フィンランドは東北程、積雪量はなく、日本の寒さとはまた違った感じです。湿りっけのない雪なので服がベチャベチャになる事もなく、「綺麗~」と呑気な事を言ってられます。セントラルヒーティングなので極寒の日でも室内は暖かく、朝起きるのも快適です。なので約16年振りに体験する盆地の実家の室内の寒さに、ビビッてしまいました。でも日本の掘りごたつや、お風呂にとっても癒されました。

札幌へ帰る時も、日本を出国する時も「まだ、帰りたくない。またじーじの家に帰りたい。」と子供3人。こゆきは、じーじラブな事は承知ですが、普段控えめな7歳の、あんじんがこんな風に言うので胸が締め付けられましたよ。じーじ、楽しみが増えたと思って待っててね~!

[PR]
by Kippis_Y | 2018-02-10 00:09 | 国外旅行/travel abroad


<< 2-3月の楽しみ方 クロスカン... 日本滞在4週間 子供達から見た日本 >>