人気ブログランキング | 話題のタグを見る
やっぱり美味しいフィンランドの、じゃがいもパン (レシピ)
やっぱり美味しいフィンランドの、じゃがいもパン (レシピ)_d0090294_5481296.jpg
フィンランドの美味しいパンの中の1つ、ペルナリエスカ。じゃが芋がふんだんに生地に入った柔らかいパンです。我が家では頻繁に作ります。主食=じゃが芋の国なので夕飯用に大量にじゃが芋を茹でて翌日このパンを作ったり、たまたま余ったじゃが芋でも作れるので便利です。もちろん、お店でも買う事が出きるけど子供達が大好きなので、すぐになくなってしまいます。なので家で作るのは早くて簡単で沢山できます。ちょっと、今回は材料を変えて更に柔らかくなりました。
やっぱり美味しいフィンランドの、じゃがいもパン (レシピ)_d0090294_5483535.jpg
今までは牛乳を入れていなかったのですが入れる事によってフワッとなって冷めても硬くならず美味しいです。丸の成形は麺棒も要らずスプーンと手だけ。焼きあがったそばから子供達の手がでてきます。
やっぱり美味しいフィンランドの、じゃがいもパン (レシピ)_d0090294_549812.jpg
Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らしの本の中でもペルナリエスカのレシピがあるのですが、牛乳入りも是非試して頂きたいです。イーストもベーキングパウダーも不必要で発酵時間もなし!本当に簡単です。こちらにもレシピを載せましたが、今日の記事にもレシピを残しておきます。

この分量ですと大量にできます。手のサイズ20枚以上。
半分の分量もしくは4分の1で試しても良いと思います。

【材料】
茹でたじゃが芋(滑らかに潰した状態) 1L
牛乳 4dl
卵 4個
塩 小匙2-3
粉 6dl (大麦粉2dl 小麦粉4dl)
※もしくは全部小麦粉でも可能
打ち粉 適量

【手順】
①じゃが芋を茹でマッシュポテト状になめらかにします。
②その中に牛乳を入れ、荒熱が取れてきたら溶き卵と塩を入れ、よく掻き混ぜます。
③粉を入れヘラで返しながら粉っぽさがなくなりまで混ぜます。
※生地は凄く緩いです。手で触るとくっつく程ベチャベチャしています。
※パン生地という概念は捨て、マッシュポテト!と思ってください。
④ベーキングトレーにベーキングシートをのせ、粉を少量パラパラっとかけます。
⑤スプーンですくいベーキングシートの上にのせ少量の粉をかけます。
⑥手で軽くペンペン!と叩くようにして記事をのばします。
※大体厚さは1cm未満。大きさは手の平サイズ。
※手につくようなら打ち粉をもっとして下さい。
⑦フォークでピケをし、250度に熱したオーブン(中段)で約15分焼いて完成。表面が茶色くなってきたら完成のサイン!バターをぬってチーズをのせてハムやきゅうりをのせて食べるのがフィンランドのオープンサンドスタイルです。
冷めても美味しいですよ。沢山できるので冷凍して自然解凍させても良いです。
by Kippis_Y | 2015-07-14 06:50 | 食べ物色々/food


<< あんじんの魚 旬の味がギュッと詰まったルバー... >>