人気ブログランキング |
犬のジェイク いろいろ
愛犬の最高にかわいいショット!! 

という内容の記事を募集しているそうなので、調子にのって書いてみたいと思います。
d0090294_22400542.jpg
現在1歳1ヶ月。大きいので、よく年とっているように見られますが、まだピチピチ、やんちゃ盛りです。でも先日、お腹の調子の悪かったジェイク。私が子供部屋で過ごしていたら、あらま~娘のクマさんと一緒に寝てる~。抱きぐるみ化ですよ!忍法カモフラージュです!その後、お腹もよくなりました。
d0090294_22422358.jpg
エサやりも散歩も爪切り、歯磨き、耳掃除、ブラッシング、体を洗うのも全部私がします。なのでママっ子です。夜、自分のベッドで寝ててくれればよいのに猫のようになって待ちます。
d0090294_22414287.jpg
時には待ちくたびれて噛み噛み中だったチューイングボーンも枕になりました。
d0090294_22472524.jpg
寝れば良いのに気配を感じると目をうっすら開ける。キラリと光る瞳をみたら、起こしてしまって申し訳ない気持ちと、そこまで見る??という気持ちが格闘します。
d0090294_22450535.jpg
眠そうなこの顔に騙されてたらいけません!数秒前まで私にかくれてマットレスカバーと一緒に遊んでいて、ベッドリネンも剥ぎ放題、これから洗濯に行くかの勢いでした。
d0090294_22490360.jpg
イベント毎があれば役者にもなれます。ふふふふ、これはご褒美につられ身に着けている事を忘れているのです!
d0090294_22404646.jpg
スリムな秘訣は毎日の筋トレ!ではなく...1歳1ヶ月でも、まだ片足をあげて用を足せません。時にはこんなフリースタイルで用を足します。
d0090294_22483672.jpg
散歩の後は、安心してゆっくりお昼寝です。しかも私の枕の上で堂々と!こんな事はもちろん許してしまう私です。
d0090294_22494305.jpg
一番好きなショットは、この写真かな。5歳の娘と1歳の犬。仲良しです。自己満足なジェイク紹介、最後までありがとうございました!


# by Kippis_Y | 2019-05-31 23:07 | 村の生活/village life
嬉しかった 母の日
d0090294_22024594.jpg
もう5月も終わり!大分前の事になってしまいますが5月の第2日曜日はフィンランドでも「母の日」でした(父の日は11月の第2日曜)。小学校に通う子供達は母の日数日前より凄くウキウキして学校で作った手作りのカードやプレゼントを早く渡したくって仕方がない様子。そして、当日こんなに素敵なハート形のプレゼントが袋の中から出てきました。石鹸かと思ったら手作りのフットバス用の足浴剤です。ラベンダーの香りがして、ちゃんとシュワシュワ~と泡がでるんです。素晴らしい!この日の夜はフットバスの効果でぐっすり眠れました!
d0090294_22141134.jpg
こちらが8歳の息子・あんじんが学校の授業でした刺しゅうだそう。ちゃんと♡になってて揺るやかなカーブにもなってて、なかなか胸キュンになるものを縫ったではないの~。こういう刺しゅうは我家の子供達の小学校では毎年、小学校で習うそうですが、こんな風に形になると本当に素敵です。
d0090294_22011626.jpg
10歳の娘・ことりは学校のミシンで大判のキッチンタオルを縫い、そこにお母さんの好みであるベーキングのレシピをペンで書くというものでした。こういう作業は凄く集中して取り掛かる娘。きっとマイペースに、ゆっくりゆっくりと取り掛かったんだろうな。そうそう、いいんだよね、自分のペースで焦らず!私が、チョコレートケーキだけでは気が済まないという事を見事に知っている彼女。オレンジ味です。後日、材料を揃えて焼きました。生地もチョコにもオレンジが入っていてチョコもダークなので食べ応えがあります。

5歳の、こゆきは小さい手で羊毛をフェルト化し大きな鍋敷きを作ったそうで、毎日活用しています。子供の成長を再確認できた母の日でした。日本でもあるのかな!?フィンランドでは「私のお母さん」というタイトルのノートがあり、そこにお母さんの好きな色や食べ物、外見はこんなんで...趣味は...とか事細かく子供達が記入できるものがあります。中には、お母さんにこんな事を言うと怒られる!という箇所もありユニークです。私は、このノートを去年の母の日に頂き大爆笑しました!母の日や父の日のネタに困っている方、これ凄く良いと思います。
d0090294_22044220.jpg
お年頃になってきた10歳の、ことり。まだ弟や妹とは仲良しですが、ヘッドフォンをして音楽を聴いたり、キーボードを弾いたり、プレステも大好きですけど、もう1つはベーキング!元々、甘党そして炭水化物大好きな娘ですが...1人でも焼けるようになってきました。昨日は、こんな感じのチョコレートクッキーを焼いていました。娘には自分のレシピノート本に記入するようにお勧めしています。私もそうですが、お気に入りのレシピを探したら自分用のレシピノート本に記入をし改善点を書いたり、ちょっとしたメモをしておきます。ネットで探した場合、ブックマークをしておくと何処にいったか分からなくなってしまうので...書く時は面倒に感じますが後で探すストレスを考えたらお茶の子さいさいです!(←このフレーズ古いですか?使いますよね?笑)
d0090294_22050913.jpg
追伸.ことりが生地を作っている間、テーブルの上に前足をかけたらいけないので、これはOKでしょと思っているジェイク。


# by Kippis_Y | 2019-05-31 21:58 | 村の生活/village life
自家製酵母 サワーブレッド 型や発酵時間 
d0090294_00431331.jpg
1週間に1回、多い時は1週間に2回焼いている自家製酵母・小麦粉サワードウ。いつも小麦粉80%グラハム粉20%位にしてます。水の代わりに牛乳にしたり蜂蜜を少し入れたりしましたが、蜂蜜なし水のみが生地の具合いが美味しく仕上がる「気」がします。クランベリー入りが家族に人気です。でも最近はクランベリー、レーズン、ナッツも加え歯ごたえたっぷりで人気のパンです。
d0090294_00435678.jpg
サワードウのライ麦100%のパンは1週間に1回、もしくは10日に1回の割合で焼きます。どちらのパンも、カビずとっても長持ちします。フィンランドには色々な種類のパンがありますが、ライ麦100%のパンは一番美味しいと思います。食べれば食べる程、美味しさが分かるパンです。でも、あまり日にちが経って固くカリカリになって喉を通りにくい時は、流石に朝いちばんに食べるにはキツイですが、少し水に濡らしてトーストしたりクルトンに出来るので重宝します。
d0090294_00444928.jpg
こんな感じに綺麗な丸になると非常に嬉しいです。電気オーブンでの加減は分かるのですが、これが建設中の森の家にある石窯で焼くとなったら難しくなりそうです。でも、きっと風味良いパリッとしたパンに出来上がるんだろうな。
d0090294_00463527.jpg
ちょっと前まではこんな長細い形でよく焼いていました。でもでも、最近は丸い形が好きです。と言うのは、長方形は切りやすくて良いのですが、始めから最後まで均等な大きさに切り分けられるので。でも、形の性質状なのか、生地によっては。時たまカゴの隙間に生地が残ってしまい取りにくいのです。丸は問題なく綺麗にストンと落ちてくれます。
d0090294_00484424.jpg
その、カゴというのがこちらです。粉をふりかけ生地を入れ3時間寝かし、焼く寸前にカゴからオーブントレーにひっくり返します。寝かす時間が長いので余分な水分が打ち粉に吸われないように念のためオーツやパンプキンシードなどを敷いて生地を入れます。この入れ物がなくてもボールやカゴに布を敷き粉をたっぷり、まぶせば同じような効果になります。

今までは第一次発酵は少し涼し目の部屋で一晩し、翌朝形成して第二次発酵してましたが、春になり気温が上がって来たので第一次発酵は冷蔵庫でゆっくりゆっくりしています。一晩ではなく時には20時間程、冷蔵庫に入れ、取り出して成型・3時間の第二次発酵をしていますが生地は酸っぱくなりすぎず生地が凄く良い感じになります。毎回オーブンから出てくるパンを見るのが楽しみなのです。

# by Kippis_Y | 2019-05-08 21:42 | 食べ物色々/food
フワフワ アルパカの毛糸でショール織り
d0090294_21342496.jpg
アルパカ100%の毛糸を使って、ちょこちょこっとショールを織っています。経糸が薄い灰色、横糸は茶色です。もう少しで1枚目が織り終わりますが、まだ後2枚織ります。何色にしようかなっと思いながら織っています。織り機から全部外す時は、きっと初夏でしょうね、、。
d0090294_21355965.jpg
4月にホームステイに来ていた方の希望で経糸設置も一緒にしました。普段はこの幅の3倍をしているので&2人がかりともあって順調に進みました。
d0090294_21372772.jpg
彼女が選んだのは、私が去年の初夏に白樺の若葉で染めた黄色です。(左の毛糸は試し織です。)模様が出来て行くと凄くワクワク~。経糸設置は時間がかかるので、ミスなして順調に進んだ時の喜び、あ~もうたまりません!織りあがっていくうちに喜びも増してきます。それだけではなく、織り機から取った瞬間、洗って乾かした後の姿や手触り、どれも違った表情なのです。
d0090294_21380632.jpg
15日間のホームステイを終え、最終日に首元に巻いていった彼女。優しい色合いが春っぽくって女性らしくって、そして黒髪に合う!彼女の提案でフリンジは、きゃしゃ感を出すために細身にしたそうです。手がかかる作業でしたでしょうが凄く可愛いです!自分で織って自分のためにお土産。手仕事は思いのほか時間がかかりますが、出来上がった時の達成感があるからこそ止められませんね。

# by Kippis_Y | 2019-05-03 21:26 | 村の生活/village life
ジェイク 4月24日 1歳の誕生日
d0090294_20470294.jpg
今年のイースターは4月19-22日でした。10歳の、とこり&8歳の、あんじんは魔女や猫に仮装して猫柳の枝にカラフルな羽を飾り、健康の祝福に近所を巡りました。引き換えにお菓子やコインが頂けるのでドキドキワクワクな行事でもあります。家で留守番のジェイク。そんなジェイクは4月24日で満1歳になりました。
d0090294_20482168.jpg
何故か...私の気が早まったのか、ジェイクの誕生日はてっきり23日かと思い、フライングしそうになりましたが24日の夕方に用意した鶏肉の犬のケーキ(ミンチ状態の鶏肉をただ型に入れて出したのみ)に固ゆでした人参をのせて即席ケーキの出来上がり~。普段と違うエサに大喜びでした。
d0090294_20485887.jpg
誕生日当日は獣医さんの元へ行き、1歳のワクチンを打ってもらいました。打たれている最中は何も反応せず良い子にしていたのですが、打たれた後に先生がこの世のものでもない!と思ったのか、大きな体をして部屋の隅っこに、へばりつく様に大人しく座っていました。

何処に行く予定もありませんが、この際なのでパスポートも作ってもらいました。パスポートにはワクチンの記録がしてあります。フィンランドはエキノコックスが入ってくるのを非常に恐れているそうです(北欧内ではノルウェーも)。もしも入って来て広がってしまうと、森ので育つベリーやキノコは過熱して食べないといけないそうです。生のままだと菌が人間の口に入り内臓器官をやられてしまう恐ろしい菌だそうです。なので、例えば隣の国スウェーデンへ行きたいとなるとフィンランドを出国する前に2回虫下しを与え、帰国した後も1回、記録を獣医さんがパスポートに記すそうです。何十日以内に与えなさいという期間があるそうですが詳しくは忘れてしまいました。なので、猟犬を連れてフィンランドやスウェーデンを行ったり来たりする場合は、そのつど与えなくてはいけないそうです。ノルウェーに行くには虫下しは必要ではないのですが、スウェーデン経由でノルウェーに行く場合、犬は1歩も外を出ない場合でも必ず与える必要があるそうなのです。なるほど~と思いながら聞いていました。我家からはスウェーデンは車で30-45分で国境超えできるのですが税関では1度も止められずスルーできます。なので犬を連れて行っても大丈夫だと思ってしまいますが、でも万が一抜き打ちで検問され罰金を科されるのも嫌ですが、それよりも病原菌が入ってフィンランドの自然が危なくなるのも怖いですね。(覚書: ワクチン、パスポート料 合計95ユーロ)
d0090294_20502760.jpg
4月の中旬から下旬は日中10-18度と凄くお天気が良かったのです。5月を過ぎるとチラホラ雪も降り、日中でも0度になったり強風の日があり冬に戻ったかのような感じです。フィンランドの暖かい春はもう少し待たないとですね。暖かかった日、ハエが出だしたのでハエを追いかけるのに夢中なジェイク。どうか夏は蚊追いかけ犬になって家族に貢献して下さい。

引き続きジェイク インスタ宜しくお願いします!



# by Kippis_Y | 2019-05-03 20:45 | 村の生活/village life
森の家 今年も作業開始~ 沢山ある窓
d0090294_20004644.jpg
村の人や久々に会う友人との出だしの会話が「森の家はどうだい?」こんな感じです、笑。今年は1ヶ月早めに作業開始してみました。ソーラーパネルのみで電気を供給していますが11月から1月始めまでは日照時間が少なく室内もマイナスになってしまうので建設中の間は熱をためるバッテリーを現在の住処に移動させています。なので冬場は真っ暗・寒くなるので作業は出来ません。1月も過ぎると太陽が出てきて3月にもなれば太陽がギラギラ、日照時間も長いので屋根の雪を掃ってソーラーエネルギーを使用できます。ただ、まだ室内はまだ断熱材を全ての箇所に入れておらず夜中にマイナスになるので、電気使用はもう少しかな。何よりも、ソーラーの熱を貯めるバッテリーが1つ60キロ位の重さで、合計4つあります。雪深いので車でまだ行けません。雪融け早く進んで~!
d0090294_20011141.jpg
なので電気がなくても出来る事をします。昨日は窓と窓の間にシリコンシールを貼りました。これで隙間風が防げます。両面テープが片面についているので窓枠に合わせて切って貼るだけという簡単作業です。
d0090294_20043070.jpg
100年以上前の小学校を組み外し移築したわけですが、窓もボロがきているわけで窓修理経験のある方にお願いし一部をなおしてもらいましたが、こういうシリコンシールは簡単なので私にも出来ます。
d0090294_20040851.jpg
埃をかぶっているので綺麗にします。フィンランドの家は極寒にも強い構造で作られています。なので窓は3重使用!外側の窓、内側は2枚1組になっています。なのでシリコンシールを貼った窓を(写真奥)もう1枚の窓に重ね上下ネジでしっかりとめます。
d0090294_20015861.jpg
分かるでしょうか、こんな感じで真ん中部分が白くなっているのがシリコンテープです。
d0090294_20030071.jpg
リビングの窓は12枚の枠なので12×3枚=36枚のガラス窓が必要です。2か所ガラスではない部分は外の窓はありますが内側の窓のガラスが無い為、特注をします。その後、他の窓同様に設置になります。この家だけでも合計130枚近くの窓となります。これは掃除が大変そうですね、、。この日は室内0度でしたけど動いていると凄く寒いという訳でもなく作業できます。
d0090294_20050539.jpg
大工さんではなく夫A-Jが作っているので本職の大学での仕事が夏休みに入ったら本格的に開始です。子供達は6月から8月中旬まで長い夏休みに入るので家族で協力しながら、私も出来る事はし一歩でも引っ越しの日が近くなれば~そう思っています。さ~引っ越しは果たしていつでしょうか??!





# by Kippis_Y | 2019-03-26 19:59 | 村の生活/village life
犬のジェイク11か月になりました
d0090294_05095933.jpg
満足そうに、でも後ろ足が上手に収まらずに何度も椅子に収まるように戻しては落ちの繰り返し。ジェイクの特等席です。3月23日に丸11か月になりました。以前に比べると貫禄が出てきました。あと1ヶ月で1歳、成犬です。早いな~

時たま片道1時間かけてロバニエミにあるドッグパークに行きます。1つは街中近くにあり大型犬・小型犬と別れています。もう1つは街中より車で5分位の場所で道路の横だけど木々もあって丸で森の中にいるような広い場所です。両方とも夕方4時以降は色んな犬が集まって犬世界を見るのが楽しいです。ジェイクは始めシャイな感じですぐ尻尾を曲げ、お腹を見せ降参気味でしたが最近はもう少し勇敢になってきました。それでも他の犬や飼い主さんに興味があって遊んで欲しいとせがんできます。人懐こく、やんちゃです。
d0090294_05114347.jpg
その反面、家では比較的静かで、こんな風に子供のカチュウシャをしても気が付かないの?くらいな勢いで座っています。
d0090294_05122460.jpg
ジェイクが来たのは生後8週の時。それから生活スタイルは変わりました。例えば毎日決まった時間に散歩。天候が悪かろうがマイナス30度の時でもササッと散歩。早起きな犬ではなく、夜も7時から7時以降には眠ってしまうので、その点楽です。長い時間家を留守に出来ない、遠出の旅行が減ったという件もありますが、とにかく家族の一員に加わったので苦に感じません。フィンランドでは犬OKの宿泊所もあるので有難いです。ただ、お隣のスウェーデンに行くにはパスポートはもちろんの事、4週間前に虫下しの薬をあげないといけません。急に海外に行かなくてはならない時や日本帰国の時は義理のお母さんに頼むのはハードルが高そうなのでペットホテルに預けるのかな~と漠然に考えています。
d0090294_05135169.jpg
一緒に座りたいくらい、ジェイクが大好きな猫のタルモ。タルモは3月で9歳になりました。猫、犬、夫々の知恵があって関心します。タルモは、いつジェイクが外に出る、寝るという時間を知っているので、その時間を狙って私達の所へ来ます。ジェイクが寝てから夜行性の猫の出番です。私達の居る2階のリビングへ来てべったり~します。人懐こい猫なので1階にホームステイのゲストの方がいると1階で可愛がってもらっています。
d0090294_05142810.jpg
でも、やっぱり猫!ジェイクが届かない場所から見下ろしているご満悦間!ジェイクも余計なエネルギーはつかわない!とばかりにあおったりせず、ただただハシゴの下に居ます。あと数年してジェイクが大人しくなったら猛烈アタック度が下がり一緒に隣同士座って要られる事ができるかな。

追伸 犬のインスタ作ってみました。宜しくお願いします!

今まで通りの生活全般のインスタはこちらです。







# by Kippis_Y | 2019-03-25 05:09 | 村の生活/village life
おばあちゃんの形見の織り機 ブランケット完成 
d0090294_18505052.jpg
水辺近くに居たらワニ2匹に気が付かれ襲われ、両手を使って必死にワニの口を上下に開き腕の力でワニを圧し折ったという夢を見て目が覚めました。一体何だったのでしょうか、夕べ寝る前にパン捏ねをした余韻、そして今朝は寝坊は出来ない、早起き!という事からの夢でしょうか。夢で良かった〜。

さて、先日ようやく織り終わったブランケット3枚。経糸はウール100%オフホワイト、左はブルーベリーで染めた草木染(一部は種から育て藍染にした毛糸使用)ウール100%、中央はルバーブの葉で染めたメリノウール100%&玉葱の皮で染めたメルのウール100%。右はメリノウール100%の市販の黒い毛糸。どれも夫々違って良いです。織っている時も楽しいですが織り機から外す時は更にワクワクします。織りあがりは糸くずも付いているし若干固いので洗濯をして干した後には、毛糸がふっくりと戻ります。
d0090294_18534735.jpg
夫のおばあちゃんの形見の織り機は、ラップランド大学に在籍していた時に使っていたのや、一般的に使われている織り機と多少違いがあり説明書もなくネットからの情報も少なく...なので今まではペダル2本のみのプレーン織をしていました。でも時にはペダル4本使って、もう少し模様豊富な織をしてみたかったのです。織り経験のある方や大学の先生に見てもらっても「謎」だったのですが。。。試行錯誤&ようやく同じような織り機を持っている方を知り、ようやく4本ペダルで出来ました。
d0090294_19175049.jpg
ちょっと見えにくいかもしれませんが、こんな感じの模様です。この模様は経糸と横糸の色のコントラストがある方が模様がくっきりします。このブランケットの場合、経糸が700本以上あり1つでも設置する所を間違うと後で直すのが非常に面倒なので慎重作業です。なので1回で経糸設定をする時は3枚位織れるようにします。何も糸がなくなって織り機はガランとして寂しいですが、来月はマフラー編み、夏-秋はマットを織る予定です!
d0090294_18500199.jpg
ところで、シャフトとペダルを吊っている部分の大元は紐で吊られているケースが多いのですが、おばあちゃんの形見は、こんな風に強力なゴムになっています。丁度、7年前まで乗っていた車のタイヤのインナーチューブがあったので切って活用しました。脱離生活が必要ですが、でも片道1時間かけて慌てて買いに行く事を考えたら「放置保管しておいて良かった〜!」そう思ったのでした。


# by Kippis_Y | 2019-03-20 18:46 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランドの謝肉祭のお菓子 ラスキアイスプッラ
d0090294_22434553.jpg
謝肉祭の時期に食べるフィンランドの焼き菓子ラスキアイスプッラ完成~!フィンランドの定番の菓子パン、プッラの中にジャムと生クリームが挟まったお菓子です。生クリームは脂肪分が、しっかりとあるのでドッシリとお腹にたまるラスキアイスプッラ。お店では女性の握りこぶしよりもはるかに大きなのが売られていますが、大き過ぎ、時たまパサパサした生地なので、家庭で作るのが一番美味しいです。
d0090294_22441339.jpg
いつものプッラよりも小さめに作って焼いてみました。長くて暗い冬の後にやってくる自然の光の中で作業をすると気持ちが良いですね。
d0090294_22443983.jpg
プッラが焼けて粗熱が覚めたら上部分を切って中身に窪みを作りジャムを入れます。定番は苺ジャムもしくはアーモンドペーストを入れますが、どちらも我家にないので夏に作った黒カシスのジャムで代用。
d0090294_22450573.jpg
切断面よりもはみ出る感じで&高さを出すように生クリームを絞ると何か良い感じ~と思ってするのですが急いでいたのでバラバラ~笑。
d0090294_22453540.jpg
最後に帽子を被せるようにのせて完成~。うん、子ぶり具合が良くて黒カシスのジャムも合ってる、美味しい!
d0090294_22455618.jpg
謝肉祭の時はこういう、エネルギーたっぷりのお菓子や、フィンランドのお豆スープを食べる習慣があります。食べおさめ、さ~これからイースターまで断食、お肉は食べません!というキリスト教の由来です。でもでも現在では実際にストイックに行っている方は身近にはいませんが、こうやってお豆のスープやラスキアイスプッラは食べ続けられています。そしてフィンランドでは何故か謝肉祭の時期にはソリ滑りをします!子供と一緒になって大人も滑ると結構楽しいのです!

# by Kippis_Y | 2019-03-04 22:43 | 食べ物色々/food
小型除雪機 あやゆく誘拐
d0090294_23330700.jpg
所定の位置で外を眺めているジェイク(9ヶ月)。
d0090294_23333295.jpg
視線の先は近所のおじさんの除雪機。我家は小学校と同じ建物に住まいがあるので校庭や駐車場をこうやって除雪して頂いています。近所のお宅は自分達で除雪したり、おじさんに費用を払って雪を除いてもらっているようです。こんな田舎でも大通りに出る道も自治体の大きな除雪車が来てくれて本当に助かります。私は車周辺と玄関先、家の横を雪かきする程度です。建設中の森の家の敷地は除雪をお願いしていないので雪が沢山あり春まで車では入って行けません。でも人が歩いたりスノーモービルで走った後があるので雪も踏み固まられているでしょう。

いちよ数年前に新品で購入した小型の除雪機が我家にもあるのですが森の家用に買って少し使ったきり調子がおかしくサウナ小屋に置いといたままでした。近所の人が使いたくて修理を試みたそうですが結局なおりませんでした。サウナ小屋は屋外にあるのですが小屋のメインドアを開けて左は我家用のサウナ、右に降りる階段は我家や学校用のボイラー室になっています。なので鍵は我家と学校の用務員のおじさんが持っています。除雪機はメインドアを開けてすぐの場所に置いてあったのです。ちょっと邪魔でしたが、そこしか置く場がなく...

ある朝、犬を外に連れて行くと「ぶぶぶぶっ~」と遠くから音が聞こえます。サウナ室の前で赤い除雪機が...「壊れているんじゃなかったっけ?それとも用務員のおじさんの除雪機かな。」そう思い、その後サウナ室に洗濯をしに行ったのです。それは我家の除雪機でした。我家で使っているサウナ室からケーブルを引いて充電してるような感じでした。今度は洗濯物を取りに行ったら...
用務員のおじさんと自治体の人が「よいしょっ!」っと我家の除雪機を持ち上げて車に乗せている最中ではないですか~!

この時、あなたならどうしますか?
1.「それ、うちのです!」と言う。
2. 見て見ぬ振り。

私は咄嗟に「どうするんですか?それ、うちのです。」と言いました。そしたら、おじさん2人共、「あっ、これ、自治体の除雪機じゃないの?なーんだ、言わなかったら無料で修理してもらえたのに!はっはっは~!」っと、そそくさサウナ小屋に戻されました...

ん~悪気のない感じ。確かに思い込みだったのでしょうね。夫A-Jに話したら「言わなかったらタダで修理してもらえたのに。」と言われ...何だか私が目を瞑っていれば良かったのかなーなんて思ったけど、あの現場を目撃したら、そんな演技は無理でしたよ!(もっと腹黒くなれば人生上手くやっていけるのかな、、、。)それにしても、あの目撃した時の事を思い出すと可笑しくてたまりません!

その後、除雪機は知り合いから「修理をしてみて動く様なら貸して~」と言われ後日に運ばれて行きました。彼曰く、エンジンの部分のネジが無くなっていて誰かが開けたような形跡があると...一体誰が?謎が深まる除雪機です。

# by Kippis_Y | 2019-02-18 18:47 | 村の生活/village life