タグ:自然 ( 91 ) タグの人気記事
ブルーベリーの国 フィンランド
d0090294_565430.jpg
今年の夏は到来が遅く、そして既に秋めいてきているラーヌヤルビ村。例年ですと最高+30~+33度の日が夏に1.2回あるのですが、今年の最高は+27度前後だったかな。その影響か、一時期は蚊が多かったもの夏全体で見ると少ない方かな。

8月も中旬になるとラップランドにも夜がやってきます。と言っても今現在で23時頃でも真っ暗になる事はないのですが、少し前までは夜中でも明るいまま=白夜でしたけど、今では夜中にも街灯も灯るようになりました。あ~もう夏も終わりなんだな、そう毎年感じる時期です。

日中は、とにかく森の中にいるのが気持ち良いです。玄関から出て徒歩で数分もすれば森の中。静かでフカフカした森の地面を歩いて...時たま松ぼっくりが落ちる音やトナカイやウサギやリスも目撃できるのです。
d0090294_520471.jpg
森一体にはブルーベリーが生い茂っています。背丈はこんな感じ。
d0090294_572649.jpg
よく見ると、小さくて可愛いブルーベリーが実っています。しばらく座って手を伸ばして取り放題。ベリー摘みは歩くしスクワット運動にもなりますね、笑。
d0090294_582434.jpg
この日は大きなカゴを持ってきてなかったので手持ちサイズの白樺のカゴに入れ、途中に森を抜けて建設中の森の家の敷地内に植えている苺を収穫して家に戻りました。土にそのまま植えている苺なので水やりもせず放置したままの苺ですが(ナメクジ避けで白い布は被せてあります)立派に甘い!当たり前だけど「本当に苺だ!」来年は苗を増やしてトナカイ避けの囲いを作って...そんな事を今から思う欲深者です。
d0090294_59652.jpg
摘みたてのベリーはシンプルな軽めの味のアイスクリームにのせて。このアイスクリーム、1Lで約1ユーロという激安。なので軽い口当たりなのですが、こうやってベリーやジャムと一緒に食べたり、抹茶パウダーやカカオパウダーなど混ぜて空気を含ますように混ぜると口どけ滑らかな美味しいアイスクリームと変身します。

これからの時期、ベリー摘も本格的にガッツリ収穫してジャムや冷凍保存にしたり冬に備えます。美味しい季節、嬉しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-08-12 05:31 | 食べ物色々/food
楽しかったスキー休み 
d0090294_21144972.jpg
フィンランドは2月後半から3月にかけてhiihtolomaと言ってスキー休みがあります。面白いのが南フィンランドの人たちから約1週間の休みが始まり、次の週は中央フィンランド、そして北フィンランド(ラップランド)の順番になります。週末も合わせると合計9日間お休みとなります。この休暇を使って太陽をさんさんと浴びに海外旅行に行こうかという話が出て、エスカレートして行きついたページは「家族5人1週間のカリビアン旅行」。一瞬夢見た気持ちになりましたが、せっかくのスキー休みなので、とことん雪・自然を楽しもう!という事で休暇中フィンランド国内やスウェーデンのゲレンデに滑りに行きました。

休暇の前日は小学校のゲレンデ遠足。私とA-Jもスノーボードを持って一緒に行きました。ダウンヒルのスキー経験はスキー教室2回のみという6歳のあんじん。彼女はスノーボードをしたいという願いでスノボー初体験。それなのに、しょっぱなから頂上よりスタートです!子供の上達は早いもので、好奇心旺盛。どんどん上達していきました。その後も子供達の滑る熱は冷めず、もう少し大きいゲレンデへ。これが、この写真の場所です。ラーヌヤルビの自宅から車で1時間位で行けるスウェーデン。日本のように山ではなく丘なので滑る長さは最長で2キロ程なのですが、小さいわりにはコースが豊富です。滑っている人は皆上手で、とにかく人口密度が低いです。リフトから降りると森に消えて行く人達が多いのです。パウダースノーの森を滑ると自然と一体化した感じで気持ちが良かった!敷地内ではソーセージを焼ける場所があったり家族ずれにも優しい場所。3歳のカタリーナは来年ダウンヒルスキー、デビューかな。気候は-9度前後、お天気にも恵まれ良い休暇でした。
d0090294_2114304.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2017-03-14 21:55 | 国外旅行/travel abroad
Kassun koti 草木染毛糸&ニット類 大阪進出!
d0090294_21433835.jpg
私の小さな会社、Kassun koti オリジナルラベル付きの草木染毛糸、完成!ウール100%/50g アルパカ100%/50g 合計約6キロの草木染の毛糸が海を渡り大阪へ向かっている最中です。今月23日~12月25日までの期間、今年も阪急うめだで開催される北欧クリスマスマーケット。私の商品&フィンランドからの商品は23日から2週間程販売されます。嬉しい事に私は阪急さん&お洒落なお店Nordic Gardenさんに招待されまして11月23日-28日まで会場に居ま~す!

春-夏の終わりにラーヌヤルビの村で自ら収穫した草花、草木染をし玉状にし、ラベルを1つ1つ貼って時間がかかっている分、愛情もたっぷりです。毛糸・編み物好きな人にお嫁に行って欲しいな~。これから編み物をされる方も怖がらず是非、草木染の毛糸で編み物をして頂きたいです!
d0090294_2156399.jpg
こちら、腹巻きではなくネックウォーマーです。写真は半分に折ってあります。両サイドの綺麗な青はウール・西洋桜の実&ブルーべりー、緑がとっても綺麗なのは、アルパカ・紫玉葱の皮、淡い黄色/薄茶はアルパカ・イラクサ。アルパカは驚くほど軽くて暖かいです。
d0090294_21562433.jpg
こちらはウールのニット帽。木のマークが可愛いです。
d0090294_21564321.jpg
ウールやアルパカのニット帽。ネックウォーマー同様、葉っぱマークのレース編みです。
d0090294_2157391.jpg
ちょこんとした頭の先が特徴のニット帽。ウール100%で暖かいですよ。
明礬を使って繊維に色が付きやすいようにはしていますが、草木染なので色が濃いもの程、洗う際には色落ちがあります。洗って完全に色が落ちる事はありませんので、毛糸は用途を考えれば長く楽しめます。帽子やネックウォーマーも使う度に洗うものではありませんので安心して下さいね。使う方や編み物など大阪の会場で直接お話し出来ればと思います。
d0090294_21572416.jpg
毛糸1玉50g。どんな風に、どんな材料で糸が染まっていったのか分かるようにポートフォリオを制作しています。会場で見て頂ければと思います。こういう作業は大好きでノロノロとしながら作業をしています。果たして11月20日の出発に間に合うのか?!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-11-07 22:22 | 雑貨・インテリア/Interior
Kassun koti 草木染毛糸 大阪進出!
まだ雪どけが完全に終わる前4月頃かな、今年の草木染が始まりました。去年は、うめだ阪急さんでの北欧クリスマスマーケットに少しだけ卸させて頂きましたが、今年は私自ら足を運びます。11/23-11/25の内11/23から6,7日程、会場にいます。毛糸販売の他、フィンランドの作家さんの商品やワークショップを担当させて頂きます。Kassun koti という我社名で出店させて頂きます!

私が情熱を持って楽しんで取り組める草木染の事を紹介させて下さい。女性用の靴下に必要な毛糸は約100g 弱。この毛糸を染めるのに、どの位のお時間がかかっているか想像つきますか~?100gの毛糸に対し材料は約1kg。ラーヌヤルビの村の草花を摘み1-2時間煮立てます。一晩かけて冷まし、毛糸を入れ一定温度に達したら明礬を入れます。こうして色と繊維が結合し。色が浸透しやすく落ちにくくさせます。(とは言え、草木染なので多少の色落ちはありますが完全には抜けません。)それから、また一定の温度にさせるまで1時間かけます。その後、一晩つけ置きにし、翌日、完全に冷めたら洗い乾燥させます。それから玉状にしていきます。たかが100gとは言え、材料摘みも入れると3-4日間かかります。

ここまでしてでも、楽しいと思えるのは自然の優しい色合いが感じられるからです。材料採取の時も、とっても大事な時間です。編んでいくと表情も変わり、これまた楽しいのです。今年はウール100%、アルパカ100%とこだわってみました。

長くなりますが写真諸々お楽しみ下さい。
d0090294_23115626.jpg
草花が出てこない雪どけ中は玉葱の皮で染色。よく色が出ます。下色を変えると色々な色に変身します。
d0090294_23135081.jpg
紫玉葱の皮は緑色に変身。この深みある色は本当に綺麗です。私のお気に入りの色。
d0090294_2315379.jpg
春の緑と言えばイラクサ。若い葉はビタミンが豊富なので摘んで湯がいて料理します。もう少し大きくなった葉を採取し染色。柔らかい黄緑の色。
d0090294_23194466.jpg
6月になると野原にはタンポポが沢山咲きます。綿毛になる前に子供達と沢山とり薄黄色の毛糸の出来上がり。ハゴロモ草からも淡い黄色に変身します。
d0090294_2321163.jpg
初夏の白樺の葉、木と木が窮屈そうに生えている木から葉をとって、こんなに綺麗な黄色になりましたよ。グレーの糸は緑色になります。8月は西洋桜の実とブルーベリーで染色。西洋桜90%ブルーベリー10%。「青」と一文字で言うには収まらない、とってもきれいな色合いになります。
d0090294_23244318.jpg
赤カシスと黒カシスのジュースを作った時にカシスのカスが大量に残ってしまうのが気がかりで染めてみたらピンクがかった色に変身。
d0090294_23264461.jpg
このキノコは食用向きではなく染色用。傘、茎と夫々違う色が出ます。ピンクに変身するっていうのが驚きではないでしょうか?でも、茎の一番下を見るとピンクがかってますね。
d0090294_23324548.jpg
子供達と一緒にとった松ぼっくりやコーヒー豆からは茶色の色の毛糸が出来ます。
d0090294_23361446.jpg
少しだけ取れたアルダーの実は毛糸に限りがありますが、麻のような色で¥シックで良いですよ!

今年は11kg少し染色しました。最終チェックも含め、巻き直しをしラベルを付けて完成です。うめだ阪急さんでの毛糸の販売は11/23-1-2週間程販売、売れ行き具合によっては1.2月よりブログでもネット販売いたします。お楽しみに!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-10-10 23:45 | 村の生活/village life
ラーヌヤルビの森 沢山のきのこ
d0090294_19493396.jpg
すっかり秋に入ったラーヌヤルビの村。紅葉が綺麗です。
ラーヌヤルビの村には大きなラーヌ湖があるのですが、その湖で取れた魚を頂きました。hauki=パイクは白身魚です。この魚は歯が鋭く、危うく手を挟まれると縫う事になる魚です。新鮮なので臭みもなく美味しく頂きました。魚の下ソースはラーヌヤルビで採れた美味しいキノコのソースです。こういうクリーム系のソースはフィンランドでは一般的で、同じような調理法でスープにもなったりします。とにかく、このキノコは香が強く美味しいです。
d0090294_200525.jpg
傘がこげ茶色で足がムックリしているのが特徴。Männynherkkutatti と言って赤松の木の近くに生えています。ボルチーニですね。散歩をしている途中にも見つけられるのでバケツとナイフを持って出かけます。スライスして乾燥器にかけ乾燥させたり、サイコロ切りにして冷凍したりと、秋の始めには棚や冷凍庫がいっぱいです。
d0090294_2044325.jpg
芝がある所で、ピンポン玉の様に現れるキノコ=kuukunanmunaは白いうちに食べると凄く美味しいです。古くなると茶色くなって潰すと煙が出るのが面白いので、ついつい子供のように遊んでしまいます。このキノコもスライスしてフライパンで炒めて食べられます。
d0090294_20711100.jpg
数週間前に、いつもの散歩コースを歩いていると松茸のようなキノコを発見。まさか!?去年はなかったよなーと思いながら香を確認したら、松茸!既に虫食いになってしまっていたけど、嬉しい発見です。そうなのです、フィンランドにも天然松茸が森に生えているのです。写真のはラーヌヤルビの村のキノコ採り名人に頂いた可愛い松茸。他にも近所の方が大量に持ってきてくれたりと有り難い事です。フィンランド人は松茸よりもボルチーにが好みなようです。日本人にしたら松茸は高級品ですよね。我家にホームステイに来ていただいたゲストの方に松茸ごはんを作って頂いたり、お土産として乾燥松茸を持ち帰ってもらったり、松茸の出入りの激しい秋の始めでした。松茸は既に時期が終わってしまい、偽松茸が出てきています。
d0090294_2011372.jpg
このキノコ、今年は豊作でした。淡いピンク色、フサフサとしたような毛があるkarvarouskuという名称です。5-10分程、湯がいて調理します。このキノコはキノコサラダとして食べられる頻度が多いです。湯がいて細かく切ってビンに塩漬けにして保存します。冷凍も可能なキノコ。この他にも美味しいキノコが沢山生えているラーヌヤルビ。何の料理にもキノコが隠れている我家です。
d0090294_2014661.jpg
こちらは食べられないけど憎めない毒キノコ。見ると嬉しくなりますね!

ついつい食料を求めに森へ...あっちにも、こっちにも行ってみよう~っとフカフカの森歩き。結構いい運動にもなります!キノコ狩り体験をしてみたい方、8月は凄く良い時期だと思います!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 20:18 | 食べ物色々/food
ラップランドの綺麗
d0090294_22374721.jpg
こういう赤い壁に白枠の窓は北欧らしいですね。冬の白い雪や夏の青い空や緑の草にも映える色です。フィンランドでは、この他に黄色、白、青、茶、レンガ色なんかの建物のがあって御伽噺に出てきそうな建物ばかりです。
d0090294_22383859.jpg
フィンランドのラップランドの短い夏、草花は冬なんて知らない素振りでグングン成長しています。どれも可愛く色々な色をしているので散歩途中に摘むだけで豪華な花束の完成。
d0090294_22391475.jpg
森や道の端に草花が戻ってくるとトナカイも民家の近くにやってきます。トナカイは野生ではなく持ち主がいるのですが、こうして放牧されています。ここ数週間は我家の近くでもよく見かけます。トナカイも、ちゃんと自分好みの草花があるそう。どうやら美味しい場所を見つけた様子ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-02 22:55 | 村の生活/village life
冬の楽しさ 雪の中で…
d0090294_5445550.jpg
ラップランド地方は先週丸々スキー休みでした。幼稚園も学校も職場もお休み。このスキー休みは混雑を避けるため南フィンランドから開始し、次は中央フィンランド、最後に北フィンランドと順々に休みが開始します。面白い尚且つ効率的な方法ですね。この期間はウィンタースポーツをしたり水泳に行ったりスポーツ三昧でした。締めくくりの日は森に建設中の「森の家」の中を片付けに行ったのですが締めくくりに、こんな事をしてました。あんじんは雪の上に。A-Jは雪の下に。
d0090294_5452272.jpg
もっと近くで見てみましょう。救出作業?
d0090294_545504.jpg
雪から顔を出してきた枝を切って串を作ってソーセージを刺して…もうご存知ですね!
d0090294_5461242.jpg
火おこしをして恒例のソーセージ焼き。フィンランドでは、こういうソーセージ焼きを年間を通して沢山します。夏だけに限らず冬でもしてしまいます。写真では火の上に炙るように焼いていますが、もっと火が落ち着いて炭が赤くなってくる頃に焼くと、じっくり中まで美味しく焼けます。串のまま食べてもOK、キッチンペーパーに包んで食べてもOK。ワイルドですが外で薪を燃やして食べるのは格別ですよ。ソーセージも色んな味があります。宗教上の理由で豚が駄目な方にはラム肉、ベジタリアン用の魚ソーセージや野菜ソーセージなど、とにかく種類が豊富です。皆で夢中になっていたら凄い雪の降る中で食べていました。全然気になりませんでした。それも自然の中に居たからですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-18 06:03 | 村の生活/village life
ラーヌヤルビ村 オーロラが見やすい時期
d0090294_45218.jpg
「ちょっと外に来て」と、A-Jに呼ばれ、さっき21時過ぎに玄関先に出ました。オーロラです!3日連続で出ています。空気がピリピリとクリスピーな9・10月の時期は快晴な日も多くオーロラが現れる事が多いのです。特に霜がおりだす頃は良いサインです。犬の散歩に行く時にみた、サウナから出てきたら見えた、寝る前に窓をみたらオーロラ。こんな感じに身近に村では見られます。大きなのを見ると、やっぱり嬉しいので携帯で友人にメッセージを送信受信したりなんかもします。オーロラの写真を撮るのが好きな方はネットでオーロラアラームを設定する方もいますが、私は毎回、横着をして三脚は出さない&カメラの設定もマメにしないので良い写真が撮れませんが… 上の写真はハロウィーン用の写真ではないですよ~!オーロラは何よりもファインダー越しよりも肉眼で見るのがお勧めです!今夜のオーロラは空一面に広がる大きなものでした。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-08 04:16 | 村の生活/village life | Comments(12)
ルオストのコテージへ&ハイキングへ
d0090294_331312.jpg
先週末はラーヌヤルビより車で2時間少しの町ルオストのコテージで2泊してきました。コテージの近くは国立公園になっていてハイキングができます。コテージに着いた金曜日は生憎の天気でしたが土曜日は晴れ。水面に写った鏡のような景色も楽しむ事が出来ました。子供達は水に喜んだり「化石があるかもしれない!」と石に食いつくように反応したり楽しそうでした。とにかくある物に興味があって見るものを吸い込むように受け止める姿。ピュアな年頃です。森を歩いたりハイキングをしていると足元ばかり見がちでですが、ふと見上げると本当に大自然に居るんだな、人間は本当に小さなものと気がつかされます。今回もそんな事を感じながらハイキングをしていました。
d0090294_337226.jpg
BGMは要りません!背中に背負われている、こゆきは歌を歌うのが好きなので大きな声で色んな歌をうたっていましたよ。歌も十分にうたったし眠そうな顔してますね。
d0090294_3373251.jpg
日曜日の朝、カーテンを開けてみたらビックリ!辺りが真っ白になっています。しかも2-3cmは積もっている様子。我が家の車はまだ夏タイヤだったので、天気予報や道路状況を見ながら頭を悩ませていたA-J。しかも、このルオストのあるエリアから北が雪が降っていて道路状況が危ないとの事。結局、少し南下し雪の地域を避けながら帰宅しました。ラーヌヤルビの村にはまだ初雪は降りていませんが霜は降りはじめました。ここ数日は綺麗なオーロラも連日のように出ています。きりりとした気持ちの良い時期です。まさにハイキングにはもってこいの時期です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-07 04:14 | 国内旅行/travel Finland | Comments(2)
秋の丘登り
d0090294_20423288.jpg
家族で、この丘に登ったのは、もう3年前の事でした。当時1歳11ヶ月だった息子・あんじんは途中A-Jの背中に肩車してもらって蚊と戦いながら登りました。今では5歳、A-Jの後を追いながらスイスイと登って行きました。今回、A-Jの背中に背負われていたのは次女・ことり。爆睡中。
d0090294_20504253.jpg
この頂上にも暖をとって休憩できる場所があります。ちゃんと薪や雨水が溜まっているタンクもあります。子供達とホームステイ中のYちゃんは見晴台へ。私はブルーベリー摘み。A-Jは暖担当。暖近くには屋根つきの休憩場所があるので、そこに座っているだけで最高な気分です。とにかく眺めが良い!ソーセージを焼いているとジョギングをしに来たフィンランドの人気ポップシンガーに遭遇。彼の両親のコテージが我が家の近所なので時たま遭遇しますが、こんな場所でとは。
d0090294_20465238.jpg
朝作ったサンドイッチを頬張って熱々のソーセージを食べてデザート&コーヒーを飲んでいると、これまた知り合いの方がタイムリーに現れました。雨も降ってきたりしたけど帰る頃は小雨で、しっとりと気持ちがよかったな。皆で暖を囲んで楽しい一時でした。今の時期、丘登り絶好な季節です。
d0090294_20564622.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-08 21:34 | てくてく散歩/nature | Comments(10)