タグ:編み物 ( 19 ) タグの人気記事
フィンランドは編み物シーズン突入! 靴下編み 
d0090294_2024484.jpg
この時期、フィンランドのラップランド地方では紅葉で綺麗になった葉も散り真っ青な空の日は少なくなり少々寂しい感じの景色になります。でもね、そうなると、あちこちの家々の外や室内でキャンドルを灯したり温かい雰囲気を作るように心がける人達が多いのです。それにね、編み物好きの人達はウズウズしちゃう季節。私も、その1人です。北極圏に近いラーヌヤルビの村は8月中旬頃から秋めいてくるので、その頃から私は編み物を始めます。今頃の時期になるとお店でも色んな種類の毛糸や道具が出てきます。田舎の小さなお店でも結構、毛糸も豊富なのですよ。やっぱり編み物好きな人が多いからなのでしょうね。
d0090294_20271667.jpg

d0090294_20251956.jpg毎年、家族分の靴下を編んでいます。今、編んでいるのは自分用に余った糸を使ったボーダー柄の靴下。写真は編み始めに撮ったので今は既に片足完成していて、もう片方を編んでいる最中です。黙々とした作業がリラックスできて好きなのです。そして。もう1つ進めているのがA-Jのウールのセーター。何年もお願いされて、渋々去年から開始&今シーズン再開~。初のセーター編み、四苦八苦しながら解いては編んでいるのです。でも、そうする事で一歩一歩前進するので1つクリアする時の達成感が良くってね。もう少ししたらアルパカ系で自分用のショールを作ろうと思ってはウズウズしている日々です。亡き母も、冬になると手編みのセーターを家族のために編んでいたっけ、と思い出しながら編んでいます。知らず知らずうちに娘の私も同じ事をしています。

[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-19 20:52 | 雑貨・インテリア/Interior
便利な糸巻き道具
d0090294_161301.jpg
毛糸屋さんに足を運んだ時、ついつい買ってしまう毛糸。買ってしまうのは、やっぱり天然素材のもの。スーパーにも沢山の種類の毛糸が売っているけど、やっぱり毛糸屋さんにはスーパーでは買えないような素敵な毛糸を取り揃えているんです。野菜コーナーでもそうだけどカラフルな色を見ていると元気が出てきます。逆に自然の中にいると落ち着く、そんな色合いも好き。
d0090294_1615856.jpg
予め巻いてある糸もあれば自分で巻きなおさないといけない毛糸もあります。そこで便利なのが、この道具!も~とっても便利!日本製のもので去年、姉に頼んで日本から送ってもらいました。フィンランドでも日本製の全く同じ道具が売られているけど値段は数倍します。机や椅子に糸をくぐらせて糸巻き道具に糸をクルクル巻いていきます。とっても簡単で、そして綺麗に糸が巻かれていきます。使っていない毛糸のテキスタイル類を解いてクルクル。そんな姿を見て子供達は不思議がっていたけど状態の良い毛糸なので仕舞っておくのは、もったいないのでね。子供達もクルクル巻くのを手伝ってくれます。猫のタルモは、じゃれる事もなく寝てますがね…
d0090294_1621466.jpg
蚤の市に行くと余った毛糸や誰かが草木染をした新品の毛糸なんかも格安で売っている事もあります。この毛糸も蚤の市から連れて帰ってきました。

こちらではプラスチック製の棒針の方が安く竹製などの木製の棒針はお値段も増します。中には日本の某メーカーの製品なんかもあるんですよ。これからの時期、編み物をする人達にとっては楽しい時期ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-10-31 16:20 | 村の生活/village life | Comments(10)
白い雪・白い靴下編み
d0090294_166921.jpg
昨日、幼稚園に行っている子供達を迎えに行ったら地面に残った雪をかき集めて2mもない小さな坂で楽しそうにソリ滑りをしていました。今朝、息子あんじんは「今日ソリで幼稚園に行けるかな?」っと。カーテンを開けてみたら雪が降っていました。まだ薄暗い8時、ソリを引っぱって幼稚園へ。この薄暗い時期、雨が降るのと雪が降るのとは気分も全然違います。雪だと雪の白さで外の雰囲気も明るくなるんです。

今まで白い靴下なんて編んだ事はなかったけど雪の白さを見て小さな靴下を編んでいる最中です。小さいので1-2日で編みあがってしまいます。引っぱっただけで切れてしまう繊細なウール100%の糸だけど編み上げていくと丈夫になって手触りが優しくって暖かそう。
d0090294_1663120.jpg
以前から編んでいた私用の靴下も先日完成。2.5mmの棒針で細かい目なので素足にそのまま履きます。色々な色を混ぜて編んでいこうかと思ったけど、このカボチャ色が魅力的なので結局、単色で。単色なので棒の変わり目のラインがよく分かりますね、汗。いつも編む靴下は、ふくらはぎが温まるように長めに編むけど今回は短めに。いつも家族用に靴下ばかり編んでいますけど…一体何足必要なんだ?と疑問に思われそうですけど…暗黙の了解をお願いします~。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-10-23 16:31 | 村の生活/village life | Comments(12)
秋・冬の楽しみ 1本の毛糸から
d0090294_21184843.jpg
最近、雨が降る回数が増えて秋も深まり冬に向かっているんだなぁと感じます。朝は7時頃でもまだ暗いんです。夏の百夜の開放的な時間とは正反対に暗い時間の方が長くなるフィンランドの冬。でもでも、楽しみがあるんですね~。そう、編み物。リビングの棚の上、クローゼットの中、至る所に毛糸があります。ただソファーに座っているだけじゃ物足りない!
d0090294_2119886.jpg
秋用のA-Jの靴下は夏の終わりに編み終えたので写真のは冬用の靴下ウール100%の毛糸。グレーの糸だけだと細いのでアースカラーの毛糸も混ぜて編んでいきます。でもね、このアースカラーの毛糸はグラデーションになっているので片方は緑系・片方は赤系に...でもでも暖かさに重視したので多めに見てもらえると良いな。ウール70-80%+アクリル30-20%の毛糸の靴下vsウール100%の靴下、真冬-30度の日でも外で彫刻作りをしなくてはいけない彼にとって断然ウール100%の靴下の方が暖かいそう。この靴下は明日、誕生日のA-Jのために。ちゃんと昨晩完成しました。
d0090294_21192497.jpg
編んでいる途中のものや、編み終えたけど時期が来るのを待っている靴下はカゴの中に入れておくと便利です。特に取って付のカゴはヒョイッと持ち運びに便利。
d0090294_21194011.jpg
今年は夏から編んでいた事もあって家族1人1人に編めました。真ん中のメリノウールの毛糸のは息子・あんじんに。アルパカの毛糸の肌触りがとっても気持ちよいのは娘・ことりに。大抵の靴下は足首&かかと部分はゴム編みをしていって足の裏や甲は表編み。1本の毛糸が5本の針によって平面になって立体になって...楽しい工程なんです。今は自分用の室内用の靴下を編み始めたとこです。自分の好きな色で好きなように編んでいきます。これが、また楽しい!
d0090294_21195985.jpg
少し前に編み終えたのが自分用のスヌード。チューブ状になっているので肩に羽織ったり、首に一周して頭にも被れたり、グルグルっと2回首に巻けて重宝しそうです。太めのウール100%の毛糸なので凄く暖かいんです。冬への準備、着々としています。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-10-09 21:46 | 村の生活/village life
ホームステイ中に靴下編み
d0090294_1785132.jpg
フィンランドの夏はカラリとした気候。8月に入れば夏も終盤で半ばになれば、もう夏というよりも秋の始まり。後半には紅葉も始まって9月上旬は寒すぎず快適に過ごせます。そして楽しみなのが編み物!フィンランドのスーパーにも編み物道具や色々な毛糸があって編み物好きには、たまりません。毛糸屋さんなんて迷ってしまう程、色んな種類や色の毛糸があって私は長い事、お店で過ごせます、笑。私の好きな色彩や素材は決っているけどね。
d0090294_1792063.jpg
4泊5日のホームステイを終え我家から2人の女性が今朝、日本へ向かって帰国しました。普段、都会で働いている彼女達。静かで人口の少ない村で毎日、靴下編みをしたり秋の森へ散歩してベリーを摘んでお菓子を作ったり、きのこを見つけては「毒キノコ」と判明して食べられず仕舞い、笑。普段とは違った生活を楽しまれたようです。

靴下編み初の彼女達。事前に好みの色を聞いて毛糸を数種類用意して各自、選んでもらいました。棒編み初のYちゃん。2.5mmの棒針でアース系の毛糸。裏・表編みの編み方も初の上、目数も多いのに丁寧に編んで綺麗に編み上げていきました。とっても関心~!中学生の時に棒編みでマフラーを編んだ事のあるTちゃん。始めてみると指が覚えているんですね。彼女は3.5mmの棒針で赤系の毛糸。数時間目でもサクサク編んでました。4泊5日の滞在中に両足編み上げるのは初の方にとっては難しいので片足のみ完了&片方は帰国後に...の予定が2人共片足を終えて反対の足を編んでいくではないですか~!1本の毛糸が棒針によって立体的になっていく様子は面白いんですよね~。そして完成時には喜び・感動がくるので止められない!私もそうだったけど片方編むと忘れない・飽きない内に反対の足を編み上げたくなるんです、笑。彼女達もそうでした♪日本で完成したら見せてね!

Yちゃんはネイリストをしていて編み手を見る旅にネイルが気になっちゃってね、笑。彼女の職業の話も面白くって。そんな彼女の職場は今、改装中ですけど10/17にリニューアルオープンするそうです。彼女の働くお店のHPはコチラです。彼女は青山店で働いていますよ~。
d0090294_1782610.jpg
日本も秋めいてきたようですが、ラーヌヤルビの村はこんな感じに色づいています。散歩する毎に木々や葉の色が変化していって何も気取らず、そのままの状態の自然が私を包んでくれます。この村で生活していて良かった、そう感じます。私事で10-12月中旬頃はホームステイの引き受けは出来ませんが、12月~は受付開始です。オーロラを見られるチャンスが多い月は2・3月。靴下編みをしてみたい方も声をかけて下さいね。
※Kassun kotiのfacebookに繋がるとホームステイの様子が見られます。今までの滞在者の方のプライバシーもありますのでfacebook申請の際には「ブログを見ました」など一言メッセージを宜しくお願いします。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-07 17:46 | 村の生活/village life
長いフィンランドの冬も編み物があれば大丈夫!
d0090294_528260.jpgいつもなら雪に覆われた時期ですが温暖な日が続いて地面が顔を出しています。早く雪が降らないかなーと待つ日々。この時期になるとリビングのすぐ取れる所に毛糸があって素材や色合いから温もりを感じながら編み物をしています。日中はPCやミシンでの仕事をして、一息つきたい時や料理の間に編み物をしています。自然素材の糸が好きで色もアースカラーが多いです。小さい頃、母もアースカラーで編み物を編んでくれたっけ。
d0090294_5285611.jpg
手袋はもう1年前以上に始めて、この秋にようやく完成させました。模様編みを頑張ってしたせいか手袋は今回ので満足です。白とキャラメル色の組み合わせ。甘くなくて好き。キャラメル色は友達が染めたもので、どちらの色もウール100%、おまけに模様編みなので裏で2色の色が重なって、とても暖かいんですよ。もっと寒くなると下に5本指の手袋をします。フィンランドの人はミトンをしている確率がすごく高いんです。指が使えなくて不便そうですが、袋状になっているので保温性があります。
d0090294_5295052.jpg
やっぱり私は靴下を編むのが好きで、自分用にこんな靴下を編みました。履き過ぎるのか毎年、かかとと底に穴があいてしまうのですよ、、。ウール100%だと摩擦にも弱いのでウール70%ポリエステル30%の赤系の毛糸を使って、底は念入りに細めの羊毛ウールの毛糸を足して編んだのです。模様は可愛くできたので嬉しかったけど、いざ外に出ようと思ったら、ブーツに足が入らない…底部分の厚みがあり過ぎて。あらららら…
d0090294_53044.jpg
悔しさから焦りからなのか、去年買ったウール100%の宇宙色、オーロラ色の毛糸で編みました。編んでいる時は「何でこんな色買ったんだ?」と疑問に思いながら、2晩で完成!履いてしまえば暖かいんですけどね。

d0090294_5303459.jpg


編み物が完成するとテレビを見ている時でも手元が寂しく…これはA-J用の靴下です。冬、彼は雪や氷の彫刻やホテル内装をデザインし手がけるので靴下は大事なんですよね。今年も今週の週末から休みなしのお仕事だそう。毎日天気予報を気にしては寒いと「やったー」と喜んでいます。

d0090294_5305856.jpg



同じものばかり編んでいると飽きてしまう事もあるので他の針には、やりかけの編み物があります。波状の所々穴の開いたデザインでスカーフにしようかなと思って編んではいるけど。穴の開いたのはこれからの時期寒そうですね。やっぱり解こう!毎年、編み物をしては解いての繰り返しを見て「もったいない」とA-Jは言うんですけどね、それがまた楽しいんですよね、納得いく好きなものを編みたいしね。解いた分だけ上手くなる、そう思います。そして、暗くて寒いフィンランドの冬でも大丈夫!こういう編み物という手仕事の楽しみもあります。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-11-27 19:09 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(18)
手仕事 子供服・手編み靴下
d0090294_32383.jpg
子供の服をゆっくり見たいけど、なかなか、そんな時間もないので娘・ことりのズボンを夜な夜な縫ってみました。作りたい一心・勢いで縫ったので失敗する可能性があるかも、と予想して本番布ではなく練習用の布で。チューリップハットを縫うよりも全然簡単!これは癖になりそう。次は本番布でも大丈夫かな。でも、そうすると結構、失敗確立が高いのよね。
d0090294_322665.jpg
まだ7月半ばですが、涼しくなる夜に編み物がしたくなって秋用に自分用のウール100%の靴下を編み始めました。模様をキチンと紙に描いたりせず、気分のまま編んでいってるので途中で解きなおして編みなおしたりもしています。時には10数段も解いたり。でも、気に入ったものではないと後々気になるので解きます。よくA-Jに「もったいない、さっきので良いのに」と言われますが、経験も積まれるし、解いても編んで形になっていく姿が楽しいんですよ~。今年は外履き用・室内用の靴下も家族分編めると良いな。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-07-14 03:18 | 雑貨・インテリア/Interior
冬支度 編み物 **子供の靴下**
d0090294_23341041.jpg
例年なら、この時期は寒さも増して雪も舞い降りる頃なのに今年は暖かめで期待している雪がまだ降りません。南では、この時期に居るはずのない鳥がまだ森に居るそう。雪は降らなくても日の長さは例年通り短くなってきています。長くて暗い冬。一見やっかいそうな雪は人々にとっては結構大事なのです。暗い外を明るくしてくれるのでね。

d0090294_2333471.jpg長い冬を楽しむのに相応しい編み物。昨シーズン、女子会を開いてハンナにフィンランドの伝統的な靴下の編み方を教えてもらいました。その時は私のと旦那様の靴下を編んで今年の秋にネットからデザインを得て娘・ことりのモコモコした紫色の靴下を完成。毛糸はウール100%・針棒3.5mm。毛糸の細さは良かったけど、ちょっと滑りやすかったな。このデザインはとっても可愛いので女の子向きかな。グレー&こげ茶の組み合わせは息子・あんじん用に編んでいます。(針棒3.5mm)片方終わって、もう片方編み中。編み模様は少々、男の子っぽくを意識してその時の気分で編んでみました。なのではじめの片方は時には数段解きなおした事もしばしば...この毛糸は直接ファーマーをしていた人から買ったウール100%で自然色。編んでいると自然のオイルが手にまとわり付いてきて、そんなのも自然を感じられて好きなんですね。黄色・青のは友達からの借り物。

フィンランドの冬は暗くて寒くて、とっても長いので暖かい家でコーヒーを飲みながら座り心地の良い椅子に座って、ソファーに座って編み物を楽しむ人が沢山います。ラップランドの大学に通っていた頃、クラスメイトに「靴下編める?」と聞くと大抵の人は「編めるよ。お母さんから/おばぁちゃんから教わったの」と言う人が多くて、それも皆、中学生位から始めた子が殆ど。文化の違いを感じました。冬には男性も女性も赤ちゃんも子供もお年寄りまでカラフルな暖かい毛糸の靴下を履いている人が多いです。色の組み合わせも可愛くって個性があって。クリスマスのマーケットや蚤の市でも新品の毛糸の手編み靴下がよく売られています。なので冬になると皆の足元の毛糸の靴下が気になるシーズンでもあります。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-11-11 05:29 | フィンランド色々/Finland | Comments(15)
リサイクルマット作成
d0090294_4531342.jpgロバニエミにも雪が数回降りました。白い雪を見ると気分はもうクリスマス。気分が早いのは私だけじゃなくて、お店ではクリスマスの飲み物glögiも出ているんですよ。それに今日はクリスマスのハム用大きな豚肉の塊を買っている人もいました。

さて、この時期にしたくなる編み物、始めています。我が家にある玄関マット、どうにもこうにも小さくて小さくて、おまけに愛犬ロッタにオ○ッコまでされちゃったんだもん、しかも、洗うにも簡単に洗えない素材...なので、この際、作ってしまおうと。家にあった着なくなったTシャツをかき集めてハサミで幅1㎝程に切ってTシャツヤーン(紐)を作成。あとは太めの鍵編みで円状に編んでいくだけ~。貧乏性、Tシャツ捨てなくて良かったわ~。それだけじゃ足りない・色が偏りがちなので蚤の市から1枚50セントのシャツを買ってきて足しています。「こんなの絶対着れないよー」って言うようなヨレヨレのシャツが安くて私にはお宝品なのです。まだまだ大きくなる予定。いつもはグリーンとか茶系が多い私ですけど今回は普段あまり使わないピンクなんかを混ぜて色を楽しんでいます。
d0090294_4533146.jpg
玄関と言えば、日本の玄関は素晴らしいですね。居間との仕切りがくっきりと区別されているので清潔感もあって。1つの空間としての美もあるし。フィンランドの多くの家庭では日本の様な玄関が少なくドアを開けて靴を脱いで部屋に行く。靴を置く場所との段差もないので私にとっては脱ぐと言うか置いておくような場所・笑。この段差があるのと無い差は私の中では大きい~。しかも我が家の場合、靴置き場の合い向かいが洗面所なので玄関マットでしっかり靴の汚れを落とさないと洗面所に行く際に床に落ちた砂が足に付いて気になるんです。なので玄関マット、大きいの作って少しでも改善しないと。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-10-27 05:30 | フィンランド色々/Finland | Comments(34)