タグ:編み物 ( 19 ) タグの人気記事
毛糸の靴下 スヌード 編み物シーズン
d0090294_3275713.jpg
A-Jは大学、プライベートでも雪や氷に携わる仕事をしているので防寒具は必須です。作業中の微妙な氷点下の差や、汗をかいた時に優れているのがウール100%の靴下だそう。摩擦に弱いので消耗は早いのですが…2,3年前に編んだウールの靴下がとうとう補修に耐えきれなくなったので新しく靴下を編みました。まだ少々羊の脂が残り羊の香りのする毛糸、3.5mmの5本針で編み上げました。
d0090294_3283454.jpg
毛糸の靴下は履いていると緩んできて、脛部分がクシュクシュっと下がり踵部分もズルッと下がって来てしまう場合もあるので、コツ=防止として足首の所は1段で4目減らし目をし、キュッとさせてみました。この効果抜群です。はじめのリブも針を細くすれば最高だったかな。
d0090294_3344018.jpg
A-Jの靴下が編み終わり「次は何を編もうかな」と思ってた矢先、私の毛糸の靴下に穴が開いたので自分用にプリン/キャラメル色の靴下を編みました。ボーダー編みは段数を数えやすく失敗も少なく、見た目もそこそこになるのでお勧めです!
d0090294_3345611.jpg
1つ編み物が終わると手元が寂しくなるので数年前に買った毛糸を出しては眺め… 考え… そしてこんなスヌードが完成しました。(4mm/80cmの輪針・100g) 以前に編んだスヌードは、とっても暖かいので重宝しています。ただ、気温によっては暑すぎるので今回編み上げたシルク55%ウール45%の毛糸のスヌードが活躍するかしら。明日から試してみます!そしてまた毛糸の山をゴソゴソし何を編もうかな~という日が来ます。次は何かな…
[PR]
by Kippis_Y | 2017-01-29 04:00 | 村の生活/village life
2月に草木染毛糸 ブログにて販売予定
d0090294_2230543.jpg
昨夜は-20度代だったのに今日は0度近くで雪・風もあり視界が見えにくいお天気です。先週末は片道約4時間かけてスノボー、スキー宿泊に行ったのですが、暗い帰り道に道端にヘラ鹿が立っていて驚きました。フィンランドは村町市があり、それを過ぎると真っ暗な森の道、そしてまた村町市が現れるという感じなので、暗い道は要注意です。幸い対向車はなく、ヘラ鹿ものんびり立っていたので危なくはなかったのですが、トナカイやヘラ鹿との事故は少なくもないのです。

話は変わり、阪急うめだ百貨店で販売しました私の草木染の毛糸は引き続き阪急うめだ百貨店10階のお洒落な衣料品店ノースガーデンさんで販売中です。アルパカ毛糸は残り非常に少ないです。ウール毛糸はまだまだございます。ノースガーデンさんは1月25日より2週間、企画展としてラップランドの作家さん達手作りのアクセサリー類を販売中です。自然素材が好きな方、シンプルなものが好きな方、是非必見です。

草木染の毛糸やニット帽は1月31日まで店頭販売ですが、その後に私の元へ戻ってきますので、その後にブログで販売になります。楽しみにされている方達がおりましたら、もうしばらくお待ち下さいね。2月中旬には販売開始したいです。お知らせでした~。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-01-25 22:53 | 雑貨・インテリア/Interior
ワインレッドの三角ショール
d0090294_691442.jpg
大阪の阪急うめだで昨年ワークショップをした時に参加された女性。戦後のお話しが、とっても貴重で興味深いお話しの数々でした。戦後は毛糸のセーターは購入するものではなく家庭で編まれるものだったそう。太い毛糸で編まれ、サイズが合わなくなったら解いて、また毛糸を再利用していったそうです。そうすると始めは太かった毛糸も経年使用の影響で段々細くなってしまっていったそうです。なるほど~。

戦後時代の毛糸で例えるなら、このワインレッドの三角ショールに使った糸は、何度も解き直した後くらいの細さかな。そんな事を思いながら編み終えました。大阪でのクリスマスマーケットの会場でも編んでいました。毛糸を小さなショルダーバッグに入れて丸で点滴してるかのように持ち歩いていました。フィンランドに帰って来ても編んでましたが150g程編んだとこで1箇所穴が開いている事に気が付き…納得いかず始めから編み直し!「終わらせないといけない!」という意で結果、早く編みあがりました。

草木染ではありませんが100%アルパカです。(200g: 輪針80cm・3mm)ブロッキング後は更に柔らかく暖かいです。首にも巻け肩にもかけられるしひざ掛けにもなる、万能でスタイリッシュ。ワインレッド好きな1月生まれの姉への誕生日プレゼントです。来週始めには届くかな。年を重ねる毎に姉妹でいてくれて良かったと思うよ。一足先に「お誕生日おめでとう!」
[PR]
by Kippis_Y | 2017-01-15 06:38 | 村の生活/village life
Kassun koti 草木染毛糸&ニット類 大阪進出!
d0090294_21433835.jpg
私の小さな会社、Kassun koti オリジナルラベル付きの草木染毛糸、完成!ウール100%/50g アルパカ100%/50g 合計約6キロの草木染の毛糸が海を渡り大阪へ向かっている最中です。今月23日~12月25日までの期間、今年も阪急うめだで開催される北欧クリスマスマーケット。私の商品&フィンランドからの商品は23日から2週間程販売されます。嬉しい事に私は阪急さん&お洒落なお店Nordic Gardenさんに招待されまして11月23日-28日まで会場に居ま~す!

春-夏の終わりにラーヌヤルビの村で自ら収穫した草花、草木染をし玉状にし、ラベルを1つ1つ貼って時間がかかっている分、愛情もたっぷりです。毛糸・編み物好きな人にお嫁に行って欲しいな~。これから編み物をされる方も怖がらず是非、草木染の毛糸で編み物をして頂きたいです!
d0090294_2156399.jpg
こちら、腹巻きではなくネックウォーマーです。写真は半分に折ってあります。両サイドの綺麗な青はウール・西洋桜の実&ブルーべりー、緑がとっても綺麗なのは、アルパカ・紫玉葱の皮、淡い黄色/薄茶はアルパカ・イラクサ。アルパカは驚くほど軽くて暖かいです。
d0090294_21562433.jpg
こちらはウールのニット帽。木のマークが可愛いです。
d0090294_21564321.jpg
ウールやアルパカのニット帽。ネックウォーマー同様、葉っぱマークのレース編みです。
d0090294_2157391.jpg
ちょこんとした頭の先が特徴のニット帽。ウール100%で暖かいですよ。
明礬を使って繊維に色が付きやすいようにはしていますが、草木染なので色が濃いもの程、洗う際には色落ちがあります。洗って完全に色が落ちる事はありませんので、毛糸は用途を考えれば長く楽しめます。帽子やネックウォーマーも使う度に洗うものではありませんので安心して下さいね。使う方や編み物など大阪の会場で直接お話し出来ればと思います。
d0090294_21572416.jpg
毛糸1玉50g。どんな風に、どんな材料で糸が染まっていったのか分かるようにポートフォリオを制作しています。会場で見て頂ければと思います。こういう作業は大好きでノロノロとしながら作業をしています。果たして11月20日の出発に間に合うのか?!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-11-07 22:22 | 雑貨・インテリア/Interior
アルパカの毛糸 三角ショールの完成
d0090294_2153836.jpg
年始より、ゆっくり開始していた、こちら、三角ショール。毎段、両端と真ん中に増やし目をしながら表編みで編んでいくのですが、編めば編むほど編み目は増え、たんたんとした作業なので眠くなってしまって… なので、とってもゆっくりに進んでいました。途中で一旦、綴じ目をして「完成!」と思いきや、子供用サイズ程しかなかったので、再度綴じ目を解いて頑張って大人用サイズまで編みました。全部で200g少しかな、ベイビーアルパカなので軽くて柔らかくて、そのわりには暖かい!-20~-35度くらいの時は太いウール100%の毛糸で編んだスヌードが大活躍でしたが、最近は-4~-6度と暖かくなってきたのでアルパカの三角ショールが丁度良いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-19 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior
蜘蛛の巣帽子 完成
d0090294_819691.jpg
A-Jに頼まれた帽子が完成しました。ある日、突然「帽子を編んで欲しい。」そう言われて内心どうかハードルが高いのは止めて~と思いながら…編み本を見せたら、「こんなのが良くって色は青とグレー。」彼らしくシンプルだけど、個性のある帽子です。編図では頭の天辺まで縦のストライプが続くのですが、途中より横ストライプにしてみました。減らしめの箇所が8箇所なので上からみると蜘蛛の巣のようです。(毛糸青:アルパカ100% グレー:ウール100% 144目 リブ2.5mm 他3mm リブから12cmまで編んだら減らしめ開始)
d0090294_8192744.jpg
先週から今週始めにかけて冷え込みが激しくラーヌヤルビでは一番寒い時で-38度程にもなったそうです。そんな寒い日でもトナカイ飼育者達は森に放されているトナカイに餌をあげに出かけます、スノーモービルに乗って。体感温度は温度計の数値よりも更に下回りますよね。最近は気温は上がってきて-20度代、そして土曜日の日中は-13度でした。「暖かい」と感じるんですよ、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-10 08:41 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
三角ショールと靴下 模様編み
d0090294_20481685.jpg
今週のフィンランドは南から北まで極寒日和です。ラーヌヤルビでは、ここ数日-30度を下回る日もあります。どんなに外が寒くても家の中は一定の温度を保たれているので快適なのですが、さすがに冷え込みが激しいと玄関や地下・屋根裏部屋に続くドアの隙間から外気が入ってくるのが分かります。人間は面白いもので気温が下がる程「どのくらい寒いんだろう~」と好奇心が沸いて外に出たくなります。今日は-28度。まだ人間の体は寒さに大丈夫なんだと感じました。

寒い冬の楽しみは、やっぱり編み物。今編んでいるのはアルパカ100%の毛糸で三角のショールです。目がどんどん増えていくので集中できる夜に編みます。これが最近の楽しみです。細めの毛糸なので大きなショールにしてグルグル巻けるようになれば良いな。
d0090294_20484283.jpg
以前にアップした草木染の毛糸を使った靴下は編みあがりました。模様編みなので脛の部分が暖かいです。もう少し細い毛糸でも良かったかな。↓の編み方を繰り返していくと、こんな模様になりました。覚書メモしておきます。

● みどり ○ きみどり   棒針: 3mm 
リブ部分: ゴム編

1段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
2段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
3段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
4段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
5段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
6段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
7段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
8段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
9段目以降は1-8の繰り返し
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-07 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(4)
草木染の毛糸で北欧模様 毛糸の靴下編み
d0090294_21522641.jpg
d0090294_21525564.jpg

夏から秋に草木染をした毛糸。普段はクルクルと巻いていますが、こうして棒状にしてみると雰囲気もまた変わりますね。カップに入っているのは、玉ねぎの皮、イラクサ、花、きのこ、西洋桜の実&ブルーベリーで染めた毛糸。

染めた時に少しだけ、まだらになってしまった毛糸は自分用。そんな毛糸2色を使って自分用の靴下を編んでいます。近くで見ると分かるのですが、このまだら具合が編んでいると自然な感じでとっても綺麗です。脛の部分は模様編み。でも遠くから見たら数段間違いがあるかな?まー気にしない気にしない...ウールの毛糸の靴下は素足に履くととっても気持ちが良いです。あと片方できたら完成です。履くのが楽しみ~。
d0090294_21532434.jpg
Kassun kauppaのお店で、お試し草木染毛糸セットを限定販売します。ウール100%、メリノウール100%、アルパカ100%、どれも10g×5色 2名様まで。来週始めにアップ予定です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-08 22:14 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(10)
ラーヌヤルビの色 草木染の毛糸
d0090294_22455549.jpg
自然の色を見てうっとりさせられながら何を編もうか思いを膨らませて…阪急さんの北欧クリスマスマーケット用のためNordic gardenさんより受注を受けた草木染。納入分、ようやく完成しました。
d0090294_22462928.jpg
今年の夏-秋はラーヌヤルビの村で夏に採取した植物を使って日々、草木染をしていました。秋の日差しが綺麗だったので森で撮影をしてみました。写真の他にも西洋桜&ブルーベリーを混ぜて染めた青い毛糸もあります。
d0090294_22465993.jpg
ほとんどはウール100%、ウールでも毛糸によっては少々ゴワゴワしているのは鍋式や、レッグウォーマー、2枚重ね用のミトン向け。直接肌に面しても気持ちが良い柔らかいウールもあります。ウール100%よりも摩擦に強いウール75%&ポリエステル25%は靴下向きです。このタイプはフィンランドで人気の配合です。でも私は穴があきやすくてもウール100%の靴下が好きです。履き慣れてしまうと25%のポリエステルを敏感に感じてしまうのです。子供や赤ちゃんの肌に優しいメリノウールやアルパカの毛糸もあります。大体大人用の靴下は大体100gの毛糸が必要になります。
もう少ししたら今年も靴下編みが出きるかな?!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 23:10 | 村の生活/village life | Comments(10)
今年の編み物は草木染の毛糸で
d0090294_23215871.jpg
今年は毛糸で何を編もうかな~。秋になって少し寒くなったので夜寝る前にでも少しでもしたい編み物。きっと今年も靴下やネックウォーマーかな。
d0090294_23223265.jpg
もう随分前になってしまうけど夏に草木染をしました。玉ねぎの皮や、イラクサ。子供達と集めた松ぼっくりや、カルーナ。大人の靴下1足分100gの毛糸が必要ですが、それに必要な植物1kg。結構な量が必要なのです。煮るのに1-2時間、冷ましたり、温度を上げたり、一晩寝かせたりと時間がかかります。その分、完成が楽しみです。でも、これで終わりなのではなく草木染の毛糸を使って編み物をするのも贅沢な時間。自然のものから自然な色。とっても綺麗な色合いです。雪が振る前に植物を集め今度はメリノウールの毛糸で草木染です。とっても楽しみ~。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-23 23:42 | 村の生活/village life | Comments(8)