タグ:森の家作り ( 11 ) タグの人気記事
森の家 床貼りの準備
d0090294_1926447.jpg
2012年に近くの森を買って2013年の夏から森の家作りが始まりました。1年の半分は雪に覆われるラーヌヤルビの村。家作りに捗れる期間は雪解けの5月から雪が降る10月頃まで。今年は6-7月と建築の専門学校生を雇って床貼りです。A-Jが仕事でいない日は予め指示をしていた事をお願いして、個々最近はA-Jも毎日家作りに専念しています。建築の勉強をしたわけでもない彼。でも、調べだすと、とことん調べる性格なので昔ながらの方法で、なるべく自然に人間に家にも環境の良い住まい作りをしています。 
d0090294_1926223.jpg
今年の5月から床の下の基礎部分の作業が始まりました。元々使われていた木と自分の森から切り出した松の木を足して、その上にも床の基礎となる木などが何層も。冷気や湿気防止用の材料を敷いたり、その上にセルロースファイバーの断熱材を敷き詰めたりと、想像以上の作業。セルロースファイバー(写真右下)を敷くのを私も手伝ってみました。やっぱり少しでも手伝うと愛着が沸くというか、大変さが分かるので良い経験ですね。と言っても。セルロースファイバーを敷き詰める作業はまだ始めたばかり。これから機械で打ちつけていくそうです。

まだ電気が通っていない森の家。でも、ジェネレーターやソーラーパネルのお陰でエネルギーが足りています。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-06-30 20:20 | 村の生活/village life | Comments(8)
小学校の屋根の瓦、頂きました。
d0090294_19253866.jpg
この赤い建物はラーヌヤルビの現役小学校です。6月から8月の上旬まで夏休みなので学校はお休みでした。7月中に業者の人達が来て屋根の瓦を取って新しい屋根にしたり、壁を新たに赤く塗りなおしたりと毎日せっせと働いていました。業者の人が仕事を始めた頃、A-Jが話しをしに行ったら、なんと、この瓦全てを無料で提供しますとの事。どうやら瓦の上に苔が生えてきて黒ずんできたので見栄えをよくするために?新しく張替えのようだったそう。なので瓦の上を歩いても割れるものは少なく再利用可能なのだそう。
d0090294_19261290.jpg
嬉しそうに帰宅したA-Jは早速バイトの子と住み込みのルーペンと一緒に瓦運び作業開始。業者の人にとっては、この瓦を運ぶ作業も省けたので、お互いにとっても良かったですね。それでなのか?先日アップした記事の青い機械を貸してもらったのです。
それにしても、この瓦、ザッと数えても数千枚あるそうです。この瓦の苔を落とす作業が来年の夏に待っています。地味な作業ですけど数も多いので時間も必要とされてきます。そこで、来年の夏に日本から「瓦洗いのお手伝い」の人を1-2人募集したいなーっと思っています。まだ詳細はハッキリ出ていませんけど我家に数週間、住み込みで仕事をして頂く代わりに住食を無料。(報酬は出ません)もしかしたら来年の夏もレバノン人のルーペンが我家に住み込みになるかもしれないので男性の方が良いです。若くテキパキと働けて英語でコミュニケーションが出来る方が◎海外でボランティアをしていた方やバックパッカーで旅に出て色んな経験をされた方も良いですね。今は漠然としているので詳細が来年にでも確定したらブログで募集をかけます。
d0090294_1926284.jpg
さて「森の家」の屋根のその後ですがバイトの子もルーペンも働く期間が終了しA-Jも大学での講師準備が始まるので忙しくなり続きは瓦を頂いた業者さんに依頼し板張りとフェルト張りをしてもらいました。来年、この上に瓦屋根をのせて行きます。
d0090294_19264599.jpg
もともとは、この建物は別の村の小学校として使われていました。当時は2階部分はなかったようですけど床を張って2階部分を作る予定です。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-08-13 20:07 | 村の生活/village life
森の家作り 屋根が出来てきています
d0090294_23132719.jpg
冬の期間が長いフィンランド。なので夏の日は家作りをする人にとっては大忙し。
ある日は「森の家」の屋根作りのために大きな機械が来て1日がかりで仕事。
d0090294_231275.jpg
A-Jは屋根に必要な木材を買い込んで来て屋根はり。運良く、この青い機械も週末のみ貸して頂きました。と言うのは我が家横のラーヌヤルビ小学校は今、夏休み中で、その間に屋根はりをし直したり壁の色を新たに塗装していたのです。小学校の屋根はりは1ヶ月がかりで労働者の2人は小学校にトレーラーを持って来て寝泊り。週末は機械は使わないので2日間だけ貸して頂いたのです。この機械のお陰で高い屋根にも登れて大助かりだったようです。
d0090294_23125979.jpg
屋根がはられると中の様子も家らしくなってきました。
d0090294_23145360.jpg
こういう昔ながらの方法で作る家作りは今では珍しくなっているようで森の家のプロジェクトは村の人にも話題?な様子。家作りを見に来る人も多いです。皆に応援されながら今日も家作りが進行しています。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-08-08 23:35 | 村の生活/village life
森の家作り 皆で作る家
d0090294_2461619.jpg
ある日、近所のおじさんの息子さんが村に里帰りしました。その時、息子さんが我家に訪ねてきて「18歳の息子を夏休みに村に連れてくるので家の手伝いをさせてほしいんだけど、どう?」と嬉しい依頼を受け、A-Jに加わり住み込みのレバノン人のルーペン、夏のバイトとして雇っているトニ、そしてカスビアンが加わりました。毎日9時から18時まで皆で家を作っています。先日は近所の人が「トラック使ってないから当分の間使って良いよ」と言ってくれてトラックも加わりました。
d0090294_2463611.jpg
去年の春までは木々があっただけの森にログが組まれ家らしい建物が登場。消えかけたナンバリングを元にし、腐りかけたログは新しい木を買ってチェーンソーで切断し組み立てられ…
d0090294_246572.jpg
積まれたログが段々減っていって組まれていく姿を見ると建築にチンプンカンプンな私でも感動するものです。これを素人がしてしまうなんて凄いです。手伝いに来てくれる方達の助けも本当に有り難いです。だって蚊も多いし最近は夏日が連続で。精神的にもキツイですよね。
d0090294_247158.jpg
小さな村で現代方から外れた昔ながらの方法で建設している家。ラーヌヤルビにコテージを持つ方達も「新聞を見たよ」と言って見に来たりします。近所の人も散歩がてらに見に来たり。面白いのが、この家の噂を聞きつけて「○○使っていないからあげるよ」とか「安く売るよ」と声をかけてくださるんです。私達の将来の家になるこの建物には色んな人が関わっています。

A-Jはポジティブで、行動的です。一見、控えめに見えてもエンジンがかかると熱く語ります。そんな性格がきっと影響しているのでしょうね。義理のお母さんもポジティブな方です。でもね…
義理母: 「病院の救急車が燃費も良く格安でオークションに出されるって~。」
A-J: 「燃費も良いし、いいオファー!電話付きだしシートを改造すればミニバスになるね。面白いじゃん!オークションに行こうかな~」と言う面白い親子です。でも、どこまで本気なのかな?!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-11 03:17 | 村の生活/village life
森の家作り また始まりました
d0090294_23174541.jpg
数日前よりトンタントンタンと森から大きな音が聞こえてきます。そう、森の家作り再開しました。今の住まいから目と鼻の先なので良く聞こえて、夏の青い空に響きわたって気持ちが良いです。
d0090294_23182293.jpg
5月に日本帰国訪問を終え帰って来てから以前、電話をしていた大工さんに手を借りようと再び電話したら、違う現場で働いているので無理との事。他の人にも聞いてみたけど自分の家を修理する人も多く皆、短い夏に働きまくります。大工さんも稼ぎ・働き時です。うっかりしてたね、私達。でも、嬉しい事に「手伝いに来るよ」と言ってくれた人、これから来る人、夏のバイトとして働きたい人に恵まれて現在、A-Jの他にレバノン人の留学生1人、大工勉強をしているフィンランド人1人が毎日頑張って働いています。レバノン人のルーペンはアパートを引き払ったので数週間、我家に住み込みでいます。ただ働きの代わりに住食提供です。さて、日本訪問帰国をしてから子供達の日本語率がグッと伸びたのですが、ルーペンとは英語で話しているので子供達も英語で挨拶をしたりと少しづつ単語を覚えていっています。彼の国の内戦情報なども私達には衝撃的で新鮮。でも、そんな状況とは間逆なルーペンの人柄。毎日、楽しく過ごしています。
d0090294_23185099.jpg
私は畑の草むしりをしたり(でも全然追いつきません…)、掃除をしたり、料理担当。最近は毎日暑いんですけど負けずに酵母からパンを焼いています。今回のパンはゴマ・ひまわりの種のパン。炒った後の熱々の中に冷たい水を入れて、その液も粉と一緒に練ると凄く香ばしいパンになります。
d0090294_231911100.jpg
一週間の内、スープもよく食べるのでパンも重要存在です。やっぱり焼きたては美味しいしね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-06 23:48 | 村の生活/village life
森に現れた赤い壁
d0090294_4172336.jpg


森の家つくりプロジェクト。毎週末になるとA-Jをはじめ力強い男達が働き始めます。先週末はログが運ばれて、かつては森だった場所に壁が出来始めました。日曜日は天候も悪く急激に寒くなって。でも皆、朝の7時から夜の8時頃まで働いていました。写真の壁は北側の壁。四角いログが15段積まれています。最終的には合計で21段になるけど天候の悪さで思うように進まず、続きは今週末。でも、壁を目の前にすると迫力があって、とにかく大きくて高い!これから、もっと高くなるので色々な人から「お城のような家」っと言われます、笑。高くなるにつれて足場も必要で、その足場の材料は近所の大工さんから廃材を頂いて男性達が自分達で作っていきます。
d0090294_4191428.jpg
大きなトラックに積まれたログ。とっても古いログは何とも言えない雰囲気を出していて、昔の人が手で作ったと考えただけでワクワクしてしまいます。どんだけの時間や人手を費やしたのかな...ナンバリングがしてあるもの、中には分かりにくいものもあって作業を困難に...
d0090294_41738.jpg
中には腐ってしまった木もあるのでチェーンソーで切断したり、別のログを購入してきて代用したり。氷・雪・木の彫刻を手がけているA-Jにとってはチェーンソーも簡単に使いこなせています。
d0090294_419198.jpg
基礎の石の上に白樺の樹皮・ログ・麻・ログ・麻と重ねていきます。
d0090294_4174527.jpg
釘を使っていないジョイントが綺麗で。色が変っている部分には後に違う木がはめ込まれます。フィンランドの伝統的なワインレッドの色合いの壁が好きな私。冬の雪の白さにも夏の光る緑にも映えて渋みのある色は見ているだけでも落ち着く感じ。このログの色は元々塗られた色で、小学校として使われていた頃は、この壁の周りに白い壁がはられていたそう。でも、私達は断然として、このままの壁を好むので後々、壁の色を更に渋く赤く塗っていきます。
d0090294_4193216.jpg
この写真は基礎の石が整えられた時。下の写真は壁を建てている最中。所々開いているのは窓やドアの位置ですが、窓は2メートル近くあるという、すごく背丈の高い窓。設計図で見るのと実際に出来てくる姿を目の前にするのでは全然違ってね、建てている男性達も驚きの様子。それにしても、大工さんまかせではなく、自ら自分の手で建ててしまうA-J、本当に前向きです。そして、いつも手伝ってくれる近所のトンミは働き者で、優しく、とっても器用。地元の大工さん1人、重機を動かす大工さん1人、その他の男性は大工さんでもなく素人の方達。でも、こうして自分達で作ってしまうとは本当に関心です。
d0090294_4184361.jpg
新品の家とは違った、この家の感じ。私達らしいスタイルだなーとつくづく思います。今週末は外壁を終わりにして来週末は屋根を運べるようにするのが目的だそう。また後程、森の家つくりレポをお届けします。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-28 04:56 | 村の生活/village life
森の家作り 白樺の樹皮の使い方
d0090294_4352767.jpg
平日は本職をしているA-Jにとって「森の家作りプロジェクト」は楽しみでありドキドキワクワクでもあるそうです。7月下旬にA-Jと一緒に採取した白樺の樹皮。倉庫に平らにして保管しておいたけど湿気が多くて中には表面に白いカビが...仕事から帰ってきた彼は大慌てで天日干しをしてサウナで乾かし規定のサイズにカット。樹皮は乾燥するとクルクルと巻きが発生します。とめておいたペグも飛び放題だったそう...夜中までかかって翌朝はとっても眠そうでした。
d0090294_439442.jpg
先週末に業者のおじさんに来てもらって大きな重機で基礎になる石を運びました。石の表面は綺麗な水平にしなくてはいけない作業、何と男性4人でレーザーの水平器・板・両腕・足を使って見事に綺麗な基礎を完成。聞いてみると、石の高さがバラバラなので低い石があったら木で石をあげて、その間に足で砂をキック。逆に高い場合は砂を掘って高さを合わせていったそう。沢山の石、とっても重いのに人間の体で揃えてしまう...赤い紐はガイド線となって何処からみても水平!関心を通り越して感動しましたよ。森に散歩に行く度に綺麗な石の水平線を見ては思いにふけます。

この基礎の石の上に白樺の樹皮を敷いて更にログがのっていきます。この方法は昔されていた方法で今では珍しいらしく情報収集もしにくいそう。もの好きなA-Jは昔の本から探し出したそう。でもね、確かにフィンランドの古い物件を見ると自然の石の基礎の上に樹皮が使われているんです。他には屋根の水避けに使われていたりね。樹皮が持つ油分が水弾きの役に立つ方法だそうです。
d0090294_4355056.jpg
今日は夕飯を食べた後に家族で森に。昨晩、乾かした樹皮の処理作業。樹皮の内側は綺麗な茶色をしています。表面は白と黒い色。所々にる苔の様な植物が生えています。これが水分を吸ってしまうのでカビの原因になってしまったそう。でも浸透はしていないのでセーフ。粗い樹皮を道具を使って削っていきます。削った側が石の上にきます。コンクリートの基礎は水分を吸収しやすいけど自然の石の基礎は吸いが弱いそう。なので家自体にダメージが少ないんだそうです。白樺の樹皮は水分を通さないので更に家を守る効果があるそうなんです。
d0090294_436104.jpg
白樺の樹皮をゴシゴシしている作業を見て、子供達も興味本位に見よう見真似で作業を手伝っています。処理が終わった樹皮を運んだり、基礎の石の上に敷いていくのに重石になる石を運んで来てくれたり。普段の玩具の遊びとは違って新鮮な様子。
d0090294_436406.jpg
子供達の元気な声が聞こえたのか、森の中のコテージに住むスイス人夫婦がやってきました。彼らは「森の家」からすぐ近くに住んでいます。普段はスイスに住んでいて休暇を使って年に数回フィンランドのコテージに来ます。社交的で毎回帰って来る度にお茶に招いてもらっています。私達の作業を見て庭師の旦那さんが手伝い始め、奥さんも、そして一緒に来ていた彼らのお母さんまで皆、手伝ってくれたのです。この時点で夜の8時前。40分位一緒にしたかな、次第に暗くなって見えなくなってきたので作業は中断。彼らの行為がとっても嬉しくって。仕事もとっても捗りました。こうやって皆で作っていく家作り、感謝です。時には思うようにいかなくても焦らず、気持ちをぶつけず、待つ時間も必要。そうすると次第に必要な事が必要な時に与えられて前進します。全てに感謝ですね。

明日は早朝から男性達が別の村からログ移動、外壁を組み立てていきます。私も邪魔にならないように樹皮処理作業の手伝い。そして料理担当。週末が楽しみです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-20 05:22 | 村の生活/village life
森の家造り 基礎
d0090294_21161927.jpg
A-Jを含み5人の男性達は今朝も森へ出かけて行きました。霧がかかって外気は冷たく、でも新鮮な空気が気持ちの良い朝。森の家の入り口はちゃんとあるけど近道して入り口が有るような無いような場所から入って行きます。
d0090294_2116419.jpg
夏までは苔やベリーの生えた木ばかりの場所。その後、砂が運ばれて...昨日・今日と働き者の男性達のお陰で基礎になる大きな石が並べられています。ここに家が建つのだな~という感じです。
d0090294_2117270.jpg
石運びの業者のおじさんは、お腹の所に操縦器があってUFOキャッチャーの様に自由自在に石をトラックから定位置に運んでいきます。凄く重い石なのに緊張感もそれ程、感じずベテランな雰囲気。そんな様子を近くで見ているのが楽しいんです。
d0090294_21195510.jpg
石は工場で作られた石やコンクリートではなく100年以上も前から存在したもので実際にラップランドの小学校の建物の基礎として使われていたもの。なので形は真四角や長方形ではなくユニーク。でも底と上はちゃんと真っ直ぐにカットされているのです。中には緑がかった石もあってね。
d0090294_21202087.jpg
ただ、高さが均一ではないので、揃える必要があるそう。まずは石を所定の位置に運んで高さを見て高いようなら砂を掘って高さを合わせるそう。低い場合は砂を足して。こんな方法は昔からされてきたそう。でも今は自然の石を使った家作りは珍しくなっているそう。

大きな自然と比べると人間は小さいけど、力いっぱい働いている姿を見ると励ましや勇気を感じますね。「何でま~家作りをしようとなったんだっけなぁ」と言う、丸で夢を見ているかのような私。「自分の手で家作りをしたい」と言う夢を追って叶えるA-J。きっと彼ならやり遂げる!そう信じている私。お昼を食べる頃には半分の作業を終えたそう。働く男達はモリモリ食べて作る私も嬉しいです。
d0090294_21193022.jpg
現在はバラバラに組み外されてしまっているけど、この建物が昔の小学校でした。外観は白になっているけど、その白い壁は使わず壁の下にあるログハウスをフィンランドの伝統的なレッドワイン色に塗ろうと思います。内装や実際に住むのはまだ2年位先かな。

フィンランドの昔の家は日本家屋と一緒で丈夫に作られていて呼吸している家。近代化・スピードや金銭面を求められる事から、近代の家は残念な事に目では分からないけど健康や自然に悪循環な影響を及ぼしてきています。昔の方法で健康な家を造りたいけど家造りの審査を通るには現代ならではの矛盾があって難易ではありません。でも、めげないA-J。キャシャな体で童顔な彼。それは外観のみであって、中身は心が大きくて強い男性です。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-13 21:50 | 村の生活/village life
森の家作り準備 謎の井戸
d0090294_225413.jpg
森の家作りのプロジェクトは少しづつ始まっています。数十年前、この森に小さな家があって子沢山の家族が住んでいたそう。そこには村一番の井戸があって他のお家の井戸が涸れてしまっても、ここの井戸はいつでも美味しい水が汲めたそう。その後、家族も引っ越して家も取り壊されてしまいました。井戸も石で封じてしまったそう。それから数十年後、2011年に歩いて数分の所にある村の学校の建物内に私達一家が引っ越してきました。周辺に土地を探していたとこ良い場所を、たまたま見つけたので購入となったのです。エコハウス・スローライフを目指している私達。井戸は私達にとっても重要な役目となります。ここに昔から住む人、昔住んでいたけど引っ越してしまった人、当時、石で封じた人、皆さん口を揃えて「あの井戸は優秀だったんだよ」と。「俺は井戸の場所を知っている」そういう人が次々にいて、でも実際に森に来ると森の様子もすっかり変ってしまって生えていなかった木も生えているし丸で皆、迷子になったように「ここだと思ったのに...」そう言いました。どうしても井戸を探したいA-Jは言われる場所を掘っても出てきません...そんな事が数ヶ月続いた7月のある日、とうとう井戸を探し当てたのです。たまたま村のお祭りに来た元、村の出身者の男性が言った井戸のあると言う場所には、去年切った木を積み上げていました。
d0090294_225219.jpg
重機でどかして掘ったら水が出てきました。井戸の木組みも出てきて掘っていくうちにバケツやショベルまで。チューブを入れて水が溜まるのを待ち、ポンプで綺麗にしてから井戸水の検査をしてもらいます。森の土地には大きな穴が空いていますけど、ようやく井戸を発見したA-Jは砂漠でオアシスを見つけたように喜んでいました。
d0090294_225379.jpg
と言う事で、元井戸があった上には家は建てられないので家の建つ場所も決りました。白樺の木も松の木も、もみの木もあったけどチェーンソーで切って土を掘り起こします。
d0090294_2255248.jpg
運が良い事に小さな村でも色んな技術を持つ人がいるので依頼をして夫々の分野を担当してもらっています。土台になる基盤、掘った後に砂を大量に運んできます。砂運びも往復25回以上、本当にご苦労様です。
d0090294_226824.jpg
木が倒されて平らになって砂が加わると今まで緑だらけだった森の風景もガラリと変って家が建つ準備を感じてきますね。家が建つ周りは360度、森です。
d0090294_2262494.jpg
A-Jは平日はロバニエミで仕事をしているので休日に森の家作り準備に励んでいます。自分で出来る事は自分で。疲れていても、家作りの準備となるとエネルギーがあるそう。砂が敷かれた後は重機を借りて平らに固めていく作業。重機のレンタルは1日だけだったので、土曜日は深夜までガタガタと頑張って終わらせたそうです。その上に水を撒いて更に固めていく作業をしようと思ったら深夜にポンプが故障...でも翌日、いつも何かあると助けてくれる近所のトンミの登場。彼のポンプで水を引き上げて無事に水撒きできました。

この土地には昔、校舎として使われていた古いログハウスのお家が建てられます。近所のサマーコテージのご夫婦に話すと「あら、その学校は私が昔行っていた学校よ!」っと偶然な事が。この村に住んで、ほんの数年だけど近所の人達も協力的で温かく家作りをサポートしてくれています。内装も含めると、数年越しの家作りになると予想されるけど少しづつ前進しています。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-11 22:44 | 村の生活/village life
森で過ごす週末
d0090294_1612971.jpg
大きな木がある、あの森。ここ数年の内に家が建つ事を夢見て、先週末から毎日、森へ行って木を切ったり根っこを引っこ抜いたり作業をしています。100年以上前に建てられた小学校を購入予定。古い小学校は既に1本1本のログに番号が振られていてバラバラにされています。それを地元の大工さんやA-Jが組み立てていく、そう予定しています。でも、その前にしなくてはいけない事が沢山あって、今年の夏には建て終わらないと思うので、大体何年かかるでしょうかー。生えに生えまくった木を切っていくと光が差して風の通りがよくなって、とっても気持ちが良いです。寒い空気が筒抜けにならないように北の木は沢山残しておきます。
d0090294_16122057.jpg
家を建てる前にA-Jが簡単な基地を子供達に作りました。
d0090294_16124119.jpg
でもでも、ある日には廃材で違う基地を作り始めました。まだ途中ですけどね。斜めの屋根の反対側は座れるようになっていて丁度、作業休みに座ると居心地が良い!でも、本来は座るためではなく反対側にも壁を作って、子供達の「隠れ家」になるそう。
d0090294_16133521.jpg
森の作業に長時間付き合う子供達が飽きないようにと先週の土曜日はブランコも設置しました。ことりは自分で漕いで楽しめるけど、あんじんはまだ上手に出来ないので「こいでぇ~」とお呼びの声がかかります。そこで、A-Jが「紐作戦」を考えてみたのです。緑の紐を魚の網を引っぱるように自分で引いて振り子をつけていくという仕組み。お弁当を作って沢山遊んだ、あんじんは気持ちが良くてブランコでウトウト寝てしまいました。
d0090294_16134530.jpg
ことりも少し休憩中。
d0090294_16134850.jpg
子供達の寝る場所も確保するために翌日は小さなテントを設置しました。子供達はテントの中でピクニックをしているだけで昼寝を楽しんだのはA-Jでしたけどね。こうして家族で森へ出かけて、皆で一緒に座ってお弁当を食べて、子供達も沢山遊んで...最高の休日です。今年は天気の良い日が続いて蚊も去年より少なめです。太陽がギラギラして地面も乾きっぱなしなので蚊には都合の悪いお天気だそう。冬が長いフィンランド。子供達も太陽が恋しかったようで外遊びも大はしゃぎ。今のうちに太陽からのビタミンD摂取です!
森のお話はまた後で...
[PR]
by Kippis_Y | 2013-05-28 16:39 | 村の生活/village life