タグ:村の生活 ( 179 ) タグの人気記事
クリスマスツリー探しへ森に… 
d0090294_22323051.jpg
フィンランドのクリスマス、クリスマスツリーはクリスマス目前に森へ取りに行きます。国が管理している森より有料で、街中のマーケットで木を購入する事もできます。以前は国が管理していた森より切り出しに行っていたのですが森の家用に森に土地を購入してから歩いて自分の森から切れるので便利になりました。始めはA-J&あんじんの男同士で行くはずだったのですが、我が家はそうは甘くない、、苦笑。家族総出で出かけましたよ~。12月23日の午後12:45我が家を出発。気温は-15~-17度位かな。
d0090294_2233154.jpg
家を出て突き当たりの道を左に曲がって赤い可愛いお家が出てきたら左へ。森の入り口です。奥の方に見えるのが建設中の森の家。今は職人さんに昔ながらの暖炉を作ってもらっています。暖炉の完成は来年の春かな。
d0090294_22333152.jpg
そこら中にクリスマス用の木は生えているのですが、背丈や達ている場所などもよく確認します。森で見て良さそう&低そうでも家の中に運ぶと予想以上に大きかった!という事があるので…今年は低めの小さ目の木がお目当てです。5歳の、あんじんはパパの手伝いをしたいそう、とっても頼もしく成長しています。さて、今年のクリスマスの木は隣合わせに並んでいる片方の木に決定。ノコギリで切りました。妨げになっていた木がなくなったので、残された木はもう少し元気に育つそう。最近は暖かい日もあったのですが今日は冷え込んでいるので木の幹も凍っています。運ばれた木はシャワーをしてあげて解凍。この作業をするのとしないのでは木の持ちも違うそうです。フィンランドの室内は暖かく乾燥しているので毎日水遣りが必要です。もう少ししたら2階へ木を運んで子供達と飾りつけです。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-23 22:52 | 村の生活/village life | Comments(8)
ハンガリーから届いた美味しい赤
d0090294_17471121.jpg
クリスマス前は最も日照時間が短い時。雪が降っていた先週の金曜日、明るい時間に散歩をしました。クリスマスの歌も流れていない、クリスマスの灯りも、そこら中にない真っ白い世界の中。音といえば遠くの方から聞こえてくるトナカイの鈴の音…帰り際に郵便受けを覗いたら小包が届いていました。こんな素敵な切手と共に。
d0090294_17464954.jpg
Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし P.104-109に登場するハンガリーの友達アンナからでした。中にはハンガリーの美味しいパプリカパウダーが、たんまり~。とっても嬉しい~。今年アンナに会いに行った時に購入したパプリカが激ウマで底をついてしまっていたのです。小包の底にはハンガリーの伝統が紹介されたポストカード。全てが懐かしく恋しく感じた瞬間。アンナ、ありがとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-20 20:44 | 村の生活/village life | Comments(6)
母を想う日々
d0090294_202439100.jpg
数日前、ことりが学校に行く際、玄関の外まで出て見送ってました。真横が学校なので、いつも通りに生徒は金が鳴るまで外でお喋り。そんないつもの風景を見ていたら…1人の反抗期真っ最中の男の子がポーチより身を乗り出して娘に向かって「おはよう、○Ж□×」と分けの分からない言葉を発していた。でも私にはすぐ分かったのです。彼は中国語のような言葉の真似をして娘をからかっている。丁度、前日に娘から、その男の子は、娘だけに向かって、そんな言葉を発すると聞いていたのをハッと思い出したのです。何を考える事もなく、私はその場で男の子に質問。きっと私が一部始終見ていたのを彼は知らなかったのだと思う。しらばっくれて校舎に入って行ったので私も校舎へ。彼に注意して私の思いも伝えました。私達のやり取りを見ていた先生と男の子&目撃者は一緒に娘の所に言って話をしたそうだけど…彼はそれ以外にも夏頃から我が家に不愉快な思いをさせているので、頭を悩ませていたとこでなのです。

今まで、こういう経験を目の当たりにした事は一度もなかったのですが、全校生徒17人という小さな同じ学校の生徒が、我子に向かって目の前で言うので、ただ親として人間として彼女を守ってあげたかった。そして彼を正してあげたかった。きっと色んな心境が彼にはあるんだと思う。A-Jに話したら、「勇気があるね」と言われたけど、それどころでは無かったのですよ。国際結婚、2カ国の国籍の親から生まれてきた子供達、普段は皆さんからの待遇が良いので普通に暮らしていたけど私達はきっとこれからも、こういう不快な経験をするかもしれない。でも大丈夫。何が悪いのでも何が間違ってるのでもないから。家族で守っていくよ。言っている人も何をしてるか分からないんだよ、許してあげよう。周りで困っている仲間が居たら守ってあげようよ。きっと亡き母もこうして私を守っていたのではないかと思う。そんな母が亡くなって今日で4年目。「氷がダイヤモンド」と言っていた母。今日も毎年の如くラーヌヤルビは、たんまり雪が降ってますよ。ミシン部屋の窓辺には2011年10月から吊るしてある、この実。家族で日本帰国した時に母が子供達に家の裏から採ってきたくれたサクランボ。今月は色んな、しんみりな事があった月ですけど、大丈夫ですよ!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-18 20:59 | 村の生活/village life | Comments(14)
クリスマス用の赤い服
d0090294_22205677.jpg
我が家に来た事のある方なら分かると思いますが、本当に沢山生地があります。自分でもたまに布の整理をしていると出てくる出てくる!そんな中でも息子あんじんが好きそうな柄や、ことり&こゆきにはクリスマスカラーを選んで子供達に服を縫いました。ことりは7歳、あんじんは5歳。2人共服のサイズは116cmなので型紙も同じのを使えるので有難いです。
d0090294_22211537.jpg
ことりは特に長ズボンに対して凄く好き嫌いがあるので、お店で購入しても本人が履いてからではないと全然履きません。なので生地をカットして途中まで縫ってゴムを通す前にウエスト調節したり裾調節をします。そうして出来上がるとピッタリの仕上がりになるので彼女は満足な様子です。お姉ちゃんの服を真似して着たがる2歳の、こゆきには3つのタイプの服を縫いました。これでもかっ!ていうほど赤の服ばかりですね、笑。子供服の縫い物云々に関して密かにMADE IN FINLANDという名のブログを開設しましたので、興味のある方は是非!写真の服の詳細はこちらより→1つの型紙から、あれこれアレンジ
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-16 22:48 | 村の生活/village life | Comments(4)
草木染の毛糸で北欧模様 毛糸の靴下編み
d0090294_21522641.jpg
d0090294_21525564.jpg

夏から秋に草木染をした毛糸。普段はクルクルと巻いていますが、こうして棒状にしてみると雰囲気もまた変わりますね。カップに入っているのは、玉ねぎの皮、イラクサ、花、きのこ、西洋桜の実&ブルーベリーで染めた毛糸。

染めた時に少しだけ、まだらになってしまった毛糸は自分用。そんな毛糸2色を使って自分用の靴下を編んでいます。近くで見ると分かるのですが、このまだら具合が編んでいると自然な感じでとっても綺麗です。脛の部分は模様編み。でも遠くから見たら数段間違いがあるかな?まー気にしない気にしない...ウールの毛糸の靴下は素足に履くととっても気持ちが良いです。あと片方できたら完成です。履くのが楽しみ~。
d0090294_21532434.jpg
Kassun kauppaのお店で、お試し草木染毛糸セットを限定販売します。ウール100%、メリノウール100%、アルパカ100%、どれも10g×5色 2名様まで。来週始めにアップ予定です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-08 22:14 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(10)
冬の日の魅力 散歩
d0090294_55153.jpg
作業中に窓から見えた風景が凄く綺麗だったので一旦作業を休憩して散歩に行きました。玄関から見える赤の壁と黄色のドアの建物は小学校の学校の倉庫。右のドアはもう使われていませんけど昔、生徒達が使っていた集合トイレなのです。外観からはそんな感じは全然しないですよね。
d0090294_5513925.jpg
雪の上を歩きだすと音が全然違うのです。片栗粉を踏んでいるようなグイグイッ、ギュッギュッという音。こういう音が出る時は大体-10度以下の時です。家を出て歩き出して後ろを振り向いて撮った写真がこちらです。白い建物は我が家&小学校。赤い建物も小学校です。この立ち居地付近に我が家の郵便ポストがあります。家の目の前やドアに郵便受けが着いていなく。道沿いに各家の郵便受けが並んでいるのです。なのでいっくら寒くても毎日郵便受けまでは歩いていきます。
d0090294_5521484.jpg
左に曲がってみましょう。真っ白です。近所の人の車が止まりました。車のない近所のヨルマじいちゃんを近所の人が買い物に連れて行った帰りだったようです。「何処行くんだ~い?」と聞かれ「綺麗な日だから写真を撮りにいくの。」耳が遠いので遥か遠くまで聞こえるくらい大きい声で答えます。
d0090294_5524642.jpg
こっちの道を曲がると編み物上手なキルスティおばさんの家へ行けます。近くにはフィンランドの人気ポップ歌手の両親のコテージがあります。湖もこっちの方向です。
d0090294_5531792.jpg
ちょっと行って引きかえります。どんどん歩いて行くと人のお家へ行ってしまうので切が良い所でUターン。この道は車が走る道ですっけど2階の窓から見ているとトナカイもよく利用しています。時にはトナカイレース?と思うくらいに群れになって現れる事もあるのですよ。
d0090294_5533934.jpg
外は寒くても室内は常に暖かいフィンランドの家。2階のキッチンでお茶。窓から見えるこの風景ですが、秋まで雑草畑があった場所。この日の後に廃水処理設置のため伐採が始まり地面は掘り起こされ、畑復活と言うにはどうかなーという感じになりました。何だかポールとか出たままだし、タンクの蓋は丸出しなので、この上に何かまた建てられるんでしょうかね。

大体-10~-15度位の時に散歩をするのは私には丁度良い気候です。防寒をしていくので寒過ぎず、歩いていても汗ばむ事もなく。おまけに自然の音や空気、香、雪を楽しめるので、心にも体にもとっても良いのですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-04 06:22 | 村の生活/village life | Comments(15)
編み物上手 キルスティおばさん
d0090294_0462182.jpg
靴下編みが得意なラーヌヤルビ村のキルスティおばさん。彼女は定年になるまで隣村の小学校で家庭科を教えていました。彼女の旦那さんは元ラーヌヤルビの校長先生。現在は我が家より数分離れた湖沿いに暮らしていますが、一昔前は、我が家の今の住まい(1階)に住んでいたのです。12人の子供の母。お孫さんも沢山いるので靴下の他、手袋やセーターなんかも器用にスイスイと編んでしまいます。私が彼女に会いに行った日も編み物をしていましたよ。
d0090294_0465582.jpg
普段はミトンは編まないそうですけど阪急 北欧クリスマスマーケットのためにミトン編みを引き受けてくださったのです。1ヶ月間で30ペアも完成!1日1ペア編んでいたそうです。凄いスピード!長い事、編み物経験があるので編み方も均一でサイズもバッチリです。同じ柄でも色の組み合わせが違うと雰囲気も随分変わりますね。フィンランドではミトンは凄く人気で、しかも手編みが多いのです。一見使いにくそうに感じますが中に5本指の手袋をして2重効果で温める事も出きるし、ミトンのみで使っても袋状になっているので暖かいのですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-16 06:21 | 村の生活/village life | Comments(12)
ラーヌヤルビの色 草木染の毛糸
d0090294_22455549.jpg
自然の色を見てうっとりさせられながら何を編もうか思いを膨らませて…阪急さんの北欧クリスマスマーケット用のためNordic gardenさんより受注を受けた草木染。納入分、ようやく完成しました。
d0090294_22462928.jpg
今年の夏-秋はラーヌヤルビの村で夏に採取した植物を使って日々、草木染をしていました。秋の日差しが綺麗だったので森で撮影をしてみました。写真の他にも西洋桜&ブルーベリーを混ぜて染めた青い毛糸もあります。
d0090294_22465993.jpg
ほとんどはウール100%、ウールでも毛糸によっては少々ゴワゴワしているのは鍋式や、レッグウォーマー、2枚重ね用のミトン向け。直接肌に面しても気持ちが良い柔らかいウールもあります。ウール100%よりも摩擦に強いウール75%&ポリエステル25%は靴下向きです。このタイプはフィンランドで人気の配合です。でも私は穴があきやすくてもウール100%の靴下が好きです。履き慣れてしまうと25%のポリエステルを敏感に感じてしまうのです。子供や赤ちゃんの肌に優しいメリノウールやアルパカの毛糸もあります。大体大人用の靴下は大体100gの毛糸が必要になります。
もう少ししたら今年も靴下編みが出きるかな?!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 23:10 | 村の生活/village life | Comments(10)
トナカイ村 ラーヌヤルビならではの秋の日
d0090294_1522490.jpg
今日は幼稚園はプチ旅行。と言っても行き先はラーヌヤルビの大きな湖の反対側の森の奥。今日はトナカイの追い込みがあるのです。それを見学しに行くそう。トナカイは野生動物に思われがちですが、ちゃんと管理者がいて普段は森でのびのびと暮らしています。予防接種や持ち主がわかるように子供のトナカイの耳に切り込みを入れたり、食用になるトナカイと分ける作業が春と秋に必要なようです。広い範囲で行動している沢山のトナカイを集めるのは1回だけでは不可能なので、この時期が来るとトナカイ所有者は大忙し。家族ぐるみで森へ出かけます。なので今日は、ことりのクラスの殆どの生徒は森へ出かけています。彼女のクラスは彼女ともう1人の、たった2人!それでも普通に授業はあります。面白いね。

さて、ちょっとだけ夫A-Jがコーディネーターとして仕事をさせて頂きました。ラーヌヤルビの湖近くや森でも撮影がありました。取材中は偶然にも凄くよい出会いがあったそう。映されるかな~ラーヌヤルビの村も出るかな~ 明日10月17日放送の「世界不思議発見」ご覧になって下さい!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-16 15:36 | 村の生活/village life | Comments(8)
今年の編み物は草木染の毛糸で
d0090294_23215871.jpg
今年は毛糸で何を編もうかな~。秋になって少し寒くなったので夜寝る前にでも少しでもしたい編み物。きっと今年も靴下やネックウォーマーかな。
d0090294_23223265.jpg
もう随分前になってしまうけど夏に草木染をしました。玉ねぎの皮や、イラクサ。子供達と集めた松ぼっくりや、カルーナ。大人の靴下1足分100gの毛糸が必要ですが、それに必要な植物1kg。結構な量が必要なのです。煮るのに1-2時間、冷ましたり、温度を上げたり、一晩寝かせたりと時間がかかります。その分、完成が楽しみです。でも、これで終わりなのではなく草木染の毛糸を使って編み物をするのも贅沢な時間。自然のものから自然な色。とっても綺麗な色合いです。雪が振る前に植物を集め今度はメリノウールの毛糸で草木染です。とっても楽しみ~。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-23 23:42 | 村の生活/village life | Comments(8)