タグ:春 ( 5 ) タグの人気記事
春の掃除
d0090294_20502650.jpg
暦上では春になり、3月最終の週末からサマータイムになりました。時計を1時間先送りぬするのですが、その影響もあり21時でも薄っすらと外が明るいです。A-Jは冬の暗さが心地よいそうで、逆に私は白夜になるにつれてテンションが上がります。でもね、困るのが日差しで部屋中の埃や汚れが丸見え~。先日は電気コンロの焦げ付きや汚れを綺麗に落としました。重曹と日本の金タワシでピカピカ~。掃除をした本人=私は満足!これだけで一瞬、部屋中の全てが綺麗になったかのような錯覚に陥り、家族皆が通るたびに「見て見て!綺麗になったでしょ~」っと。現実は、まだまだ掃除も片づけも必要です…日本では年を越す前に「大掃除」がありますがフィンランドではクリスマス前だったり、春に大きな掃除をします。それも納得、春は光が何でもうつしてしまいます!
d0090294_20575570.jpg
マリメッコ生地が、たんまりと入った棚を綺麗にしたいので只今セール中です!そんな棚の中でひと際、幅を取っていたマリメッコ・マーライスルースの生地を使ってゲスト用の枕カバーとシングルの布団カバーを縫いました。だだーっと直線縫いで簡単。マリメッコ製品はフィンランドでも購入すると良いお値段がするので作れるものは縫って楽しみます。春の日差しも気持ちいし、ミシン部屋にも光が入ってくるし縫物、再開しましょうか。そうして掃除は延長される…
[PR]
by Kippis_Y | 2017-03-29 21:23 | 村の生活/village life
とっても素敵な春のスタート パルムスンヌンタイ
d0090294_5141856.jpg
今日は子供達にとっては特別な日でした。イースターの1習慣前の日曜日はPalmusunnuntai: パルムスンヌンタイと言って子供達が魔女になって近所の家々を巡る日。春を象徴する猫柳の枝にカラフルな鳥の羽を付けて幸運が巡ってくる呪文を家主に唱えます。それと引き換えにキャンディーやお小遣いを頂けます。7歳のことりは今年で2回目、5歳のあんじんは今年がデビュー年です。近所の8歳のサンニも加わりました。子供達3人だけで行きたいと言う希望なので元気に魔女達は出かけて行きました。残された2歳の、こゆき。彼女も魔女になって外に行きたいと言うので魔女になって一緒に少し散歩だけしました。
d0090294_514438.jpg
ことりお姉ちゃんの様に長いスカートにエプロンをしたいと言うので喜んで着せ替えしましたよ。ハロウィーンの魔女とは違ってカラフルで、ちょっと田舎ちっくな感じがイースターの魔女。この時期、普段はまだ冬用の暖かい防寒具が必要だけど、この日、子供達はウール素材の服で厚着をして暖かいショールを巻いてモコモコ魔女の出来上がり。お金をかけずに家にあるものでで着てしまうのも助かります。
d0090294_515615.jpg
猫柳も、とってもカラフルなのが出来ました。収穫した時はまだ蕾もキュッと隠れていたけど1日水に付けて室内に置いておいたら翌日は少し開いていました。子供達も朝から感激~!

さて、家を出てから2時間程した頃に魔女達が帰宅しました。私達も幸運の呪文を唱えてもらいました。猫柳の枝は全て家々に行き渡り、持って行ったヤカンの中には沢山のキャンディーやイースターチョコレート、それに沢山のお金。子供達の冒険はとっても楽しかったようです。そんな日の夕方、我が家にもウサギに変身した男の子がやって来ました。こうして可愛い子供達が訪問してくれるとは、とっても嬉しいですね。良い春のスタートです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-21 05:42 | イベント/event
春の楽しみ 自転車と新芽
d0090294_3594856.jpg
ようやく雪が溶けて(でもほんの少しだけ畑に雪が残ってます)木々の新芽も出てきてきました。曇りの日もあれば雨の日もあって中々毎日青空の日が続く事がないけど夜中も明るい日々です。野うさぎもピョンピョンと出てきて「春」を感じます。フィンランドの野うさぎは凄く大きいので一瞬、猫や犬?と思うほどなのですよ~。
d0090294_401070.jpg
朝8時。あんじんは元気よく幼稚園へ行きます。家と幼稚園までは目と鼻の先ですが大好きな自転車に乗って行きます。冬場は外に出るのに毛糸の靴下を履いて暖かい服を着て、つなぎのジャケットに帽子、手袋、厚手の靴…と時間がかかるけど春になって服装も身軽!ササッと出かけられるのが嬉しいのです。
d0090294_402699.jpg
去年の夏に鉢植えしておいたruusujuuriも顔を出してきました。畑のチャイブもちょっとだけ出てきたり、ルバーブも元気にニョキニョキと出てきています。ワクワクします!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-20 04:18 | 村の生活/village life | Comments(10)
私の森の散歩道
d0090294_2305924.jpg
この時期になると辺りでチェーンソーの音が聞こえてきます。白樺の木は薪用に乾燥したり松の木は建物用に使ったり...一見、細く見える木でも年輪を数えてみると私よりもずっと前から生えてきた木だったりします。散歩中に足を止めては数えて眺めたりしています。そうすると時たまカサカサッと音がして気をつけて見てるとリスが木に登っていたり枝から枝に移動しているのです。
d0090294_232497.jpg
時たま夜「私の散歩道」に1人で散歩に行きます。ラーヌヤルビの小学校の裏を通って森に入って細い道を行くと将来私達が住む事になる「森の家」が見えてきます。今年の夏は床貼りまでしたいというA-J。本業もあるので夏のバイトの人を数人雇って手伝ってもらうそう。ゆっくりペースの家作り。A-Jは来年の夏-秋に引っ越せるかな?と良いな...と言っているけど、どうでしょう?!この森に入ると数種類の鳥の鳴き声が響くように聞こえてきます。聞こえると何処から聞こえるのか探したくなりますね。
d0090294_233943.jpg
来た道を振り返ると沢山切られた木。ここは夏でも日の差しが悪かったので、もう少し明るくなって風通しもよくなるのでしょうね。ようやく雪も溶けて茶色い道が見えてきました。凄く歩きやす~い!
d0090294_234487.jpg
森から抜けて村の道路に出て現在の住まいまでは徒歩2分位。だいたい、このグルリとした1周が15分位です。夏や秋はベリーやキノコを摘んで歩くので倍の倍の倍の時間がかかります・笑。この夜の散歩は21時頃だったかな。凄く明るいです。日付が変わる24時の時でも随分明るいのですよ!まだ雪が残っていますけど...春です。雪が完全に溶けると初夏となるラップランドです!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-08 03:09 | 村の生活/village life | Comments(4)
子供から学んだ前向きさ クロスカントリー
d0090294_4343398.jpg
ことりの努力と、やる気につられて私も人生では数える位しかした事のないクロスカントリーに先週末、挑戦しました。ことりの通うプリスクールでは小学校の低学年の子達に混じって体育の授業でクロスカントリーをします。手先が器用な彼女ですけど小柄な上、運動となると後ろの方です。ある日は何校も小学校やプリスクールの生徒達が集まりクロスカントリー大会が行われたのです。「緊張しちゃう。だって学校だと1番最後なんだもん」確かに、授業の様子を家の窓から見ていると最後。「でもね、いつもカイサ(先生)が一緒にいてくれるじゃない、転んでもいつでも待っててくれるんだよ。大会の時は一緒にカイサは行けないけど練習すれば良いよ。それに誰が1番、最後じゃなくて始めたら最後まで滑るのが大事なんだよ」そう言いました。今まで使っていたスキー板にも問題があったので新調して、その日の夜にA-Jと練習に出かけていった彼女。励まされながら練習をして自信が付いたのか当日は「何人も追い抜かしたの!」と自信満々でした。前向きで、やる気があった彼女の姿は勇敢で励みにもなりました。
d0090294_4344758.jpg
日中の日も長くなりギラギラした太陽が出てくるラップランドの2,3月はクロスカントリー日和です。学校でいつも行くルートを、ことりに教えてもらい家族で行きました。ことり以外の家族は誰も滑った事のない道。まるで秘密基地を案内してくれるかのように嬉しそうな彼女。1歳のこゆきはA-Jの背中で寝ながら。初滑りの4歳の、あんじんは手足が思うように動かず必死でしたが…前に窓から見た、ことりとは全く違った滑り。下り坂も余裕に滑っていく姿、子供の吸収力は早い早い。
d0090294_43527.jpg
真っ白い雪・青い空・静かな中、体全身を使って滑っていくのが本当に気持ちが良い! こんな風にトナカイが休んでいる横をスイスイ~。雪の上をブーツで歩くと、思ったより早く進まず体力も使うのですがクロスカントリーは、スイスイと楽!
d0090294_4351720.jpg
坂を下った先に見えたのが大きなラーヌヤルビ湖! クロスカントリーの授業で、こんな素敵な場所に来てるんだね~これは心にも身体にも良い贅沢な環境です。翌日の夕方は、ことりと2人で凍った湖を滑って楽しみました。そんなこんなで、週始めから、ことりが熱を出し、私、あんじんに移り、今はこゆきが発熱中。皆の風邪が完全に治ったら、またこの景色を一緒に見に行こうね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-03-20 05:13 | 村の生活/village life | Comments(10)