タグ:手作り ( 207 ) タグの人気記事
できましたKassun Koti ロゴ&手作りクリスマスカード 2015年
d0090294_2125146.jpg
来年の2月でKassun Koti Kyの会社を設立して4年目です。ずっとロゴが欲しかったのですが数ヶ月前に完成しました。A-Jデザイン。ちゃちゃっと仕上がりました。Kassun kotiは訳してカッスの家という意味。私の名前が言いにくいという事でA-Jの親友が付けてくれたニックネームです。さてKassun kotiは一体何をしている会社なのでしょうか...ホームステイの引き受け(我が家にホームステイ・日常体験)、KASSU!と言う名でハンドメイドテキスタイル用品作成、ネット販売、この他にコンサルタントや日本の文化や、他手仕事などを引き受け提供しています。このロゴはK文字が屋根になっていて丸いのは雪だまです。シンプルなアイディア&可愛いデザインです。
d0090294_2184523.jpg
せっかくなので会社オリジナルステッカーを作ってみました。今年のクリスマスカードはロゴシールを使ったシンプルなもの。丸や花形/ジンジャークッキー型もちゃんとカットしましたよ~。今月末には日本行きのクリスマスカードを出す予定なので今、楽しく作成中です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-27 21:38 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(18)
お気に入りのクロススティッチ
d0090294_8473645.jpg
クロススティッチのクリスマスのオーナメント。もしくは針刺しにも使えます。丁度よい大きさで気に入ってます。夜、一息付いた時にチマチマしては夢中になっていました。これを作っていた時は、まだ夏場だったので光もよくさして刺しやすかったのですが、もうすっかり雪化粧が定着してきた冬、日中の明るい時間も短くなってきました。
d0090294_8482232.jpg
亡き母、祖母は針や糸が似合う人でした。小さい時から見ていた母親の木製の針箱を時々思い出します。小さくて引き出しが3-4段くらいあったかな。取っ手が金具でできていて一番上の右側によく針刺しと針が入ってたっけな。1人で黙々と作業をする時は不思議と昔の記憶が戻ってきます。
d0090294_848489.jpg
先日まで我が家にホームステイをしていた女の子は我が家でクロススティッチ体験をしました。手際よくスイスイと完成。真ん中のはリネン生地をあてたブックマーク。トナカイの皮付きです。2個目は雪の結晶を完成させてアイウォーマーが出来ました。もうひとつ小さな結晶。見れば見るほど可愛いクロススティッチ!興奮でした~。寒くて長くて暗い冬も、こうして手仕事を楽しめるので大変ではないのですよ!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-22 09:12 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(8)
ラーヌヤルビの色 草木染の毛糸
d0090294_22455549.jpg
自然の色を見てうっとりさせられながら何を編もうか思いを膨らませて…阪急さんの北欧クリスマスマーケット用のためNordic gardenさんより受注を受けた草木染。納入分、ようやく完成しました。
d0090294_22462928.jpg
今年の夏-秋はラーヌヤルビの村で夏に採取した植物を使って日々、草木染をしていました。秋の日差しが綺麗だったので森で撮影をしてみました。写真の他にも西洋桜&ブルーベリーを混ぜて染めた青い毛糸もあります。
d0090294_22465993.jpg
ほとんどはウール100%、ウールでも毛糸によっては少々ゴワゴワしているのは鍋式や、レッグウォーマー、2枚重ね用のミトン向け。直接肌に面しても気持ちが良い柔らかいウールもあります。ウール100%よりも摩擦に強いウール75%&ポリエステル25%は靴下向きです。このタイプはフィンランドで人気の配合です。でも私は穴があきやすくてもウール100%の靴下が好きです。履き慣れてしまうと25%のポリエステルを敏感に感じてしまうのです。子供や赤ちゃんの肌に優しいメリノウールやアルパカの毛糸もあります。大体大人用の靴下は大体100gの毛糸が必要になります。
もう少ししたら今年も靴下編みが出きるかな?!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 23:10 | 村の生活/village life | Comments(10)
フィンランドは今日が父の日
d0090294_610324.jpg
忙しさにのまれ、今日 第2日用がフィンランドでは父の日という事に気がついたのが先週金曜日の夕方。あちゃちゃちゃ、A-Jに何も用意していなかった…子供達は小学校や幼稚園でカードを作ったので皆、渡していました。夫々ユニークで可愛いカードでした。

雪が降る前に作業が必要なのでA-Jは森の家作りへ。こゆきが昼寝中に私が作業場で作業をしていると子供達もやってきました。この間使って余ったハギレで何か縫いたいという、ことりの希望で彼女はハムスター作り開始。ボタン付けや、しっぽ、耳の部分は私がお手伝いをしました。小学校でも裁縫はしているので直線縫いや飾り縫いはそうは難しくない様子。そんな横で、あんじんは白い紙にマグカップやクッキーの絵を描いて、おやつを作ってくれました。楽しい時間でした。A-Jが帰宅すると出来上がったハムスターを見せながら大満足なことり。こういう様子を見るのは親として嬉しいですね。
d0090294_610435.jpg
日中に作ったボストンケーキ。先日のロールケーキにも使用したプラムジャムを入れました。生地はシナモンロールの生地です。このボストンケーキは毎年クリスマスに義理のお母さんが焼いてくれるのですが今回、私は初挑戦。中身がしっとりしていて好評でした。働き者で家事にも子供の面倒もマメなA-J。いつも色々とありがとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-11-09 06:35 | イベント/event | Comments(4)
冬の花できました
d0090294_3535194.jpg
どんなに寒い冬が来ても萎まない暖かい毛糸の花が完成しました。ブローチです。素材はアクリル、ウール&アクリル、ウールのみ。真ん中はボタンが付いています。服の胸元に、帽子やショールに、バッグにも付けられる毛糸の花。寒い冬もパッとした色合いの花で元気が出ますように。
d0090294_3564629.jpg
この夏-秋にかけてラーヌヤルビの村で採取した植物を使った草木染の糸も使われています。
d0090294_3541677.jpg
実は、ご縁ありまして阪急デパートで開催される北欧クリスマスマーケットに、商品として卸して頂く事になりました。村の方達の手作り品、ロバニエミの作家さん、そして私の毛糸の花、白樺オーナメント、フェルトの小人、クリスマスオーナメント、ネックウォーマー、とんがり帽子、草木染と卸させて頂きます。私の友人のアンニカは織り・編み物作家なのですが、彼女は12月上旬にマーケット会場で鍵編のワークショップをしに来日します!詳しくはコチラをどうぞ!「手づくりのクリスマスを楽しんで 光の“ヒンメリ”と北欧クリスマスマーケット2015」
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-25 04:16 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(7)
北欧柄 ネックウォーマー
d0090294_5161867.jpg
お店の商品として細々く続けている私のハンドメイドアイテム。こちらは秋冬用アイテムの新作用のネックウォーマー。大した事のないようなネックウォーマーですが… 生地に拘っています。ジャガード生地なので少々厚めで手触りもよく何と言っても柄が可愛いのです。メリノウール100%の生地を使ったタイプもあります。大人用ですが子供が使うとボワッとゆったりめで雰囲気があります。ネットでは、まだ販売していませんが嬉しいお誘いを受けましたので納品しました。受注先は大分県のFika+さん。カフェ・アートギャラリー・ワークショップ・コンサート会場にもなっている素敵な空間の場です。10月1日はFika+さんのお店オープン1周年記念です。そんなおめでたい場所に私の作ったものやラーヌヤルビの職人さんが作った雑貨が10/1から1週間ほど紹介されます。お近くの方、是非Fika+さんのお店へ和みに行ってくださいませ。「Fika+さん、1周年おめでとうございます!」
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-01 05:42 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
7歳の誕生日 子供達に人気なもの
d0090294_5314887.jpg
「私以外の家族全員はピエロに仮装してゲストの友達を出迎える。7歳の誕生日のケーキはチェリー味のゼリーケーキ。上にはクリームとチェリーをのせてね。」幸いにもピエロに仮装しなくて良かったけどリクエストのゼリーケーキは作りましたよ。すっごく特大なのを。彼女が描いた通りの大きなゼリー。2.5Lあります・笑。招待したお友達と一緒に熱々のラザニアを食べてデザート時にお誕生日の歌を歌いました。巨大なゼリーにちゃんとキャンドルを灯して。このキャンドルただのキャンドルではなくて炎の色が変わるオーロラキャンドルなのです。お友達も初めてみたそうで「消さないで、もう少し見てようよ~」なんて言って少し眺めていました。
d0090294_5235082.jpg
この他にチョコレートチーズケーキを焼いたのですが、それよりも子供達にはマフィンのデコレーション作業が大人気でした。マフィンに各自でグルグルっとクリームを絞り出してマシュマロや砕いたキャンディー・チョコレートスプレーでデコレーション。もう1つ大好評だったのがアイスクリームソーダ。炭酸飲料にアイスクリームをポンッと落としてシュワシュワ~っとなるのが楽しかったようです。その中にもトッピング材料を投入して創作炸裂!皆、凄く楽しんでいたので私もとっても嬉しかった。

誕生日主役の、ことりはパーティー中に前歯の乳歯が抜け、これまた楽しいサプライズでした!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-27 06:19 | イベント/event | Comments(6)
フィンランドの菓子パン 色々な成形
d0090294_20251096.jpg
小さい時にしてもらったけな、編み込みの髪型。毎回そんな事を思い出しながらプッラ「菓子パン」の形成をしていきます。三つ編みは簡単ですが四つ編みは毎回「あれっ、どうやるんだけ?」と何度も編みなおすので生地は予め太めに4本用意しておきます。ようやく思い出した頃は見返る事なくスイスイと編んでいきます。「こうやって、ここがこうきて…」と学ぶようにすれば覚えやすいのでしょうが毎度せっかちにササッと終了です。なので毎回、感覚たよりなので時間がかかるんですね。
d0090294_2025355.jpg
こちらは簡単です。シナモンロールを巻く手前まで手順は一緒。薄く伸ばした生地にバター・シナモン・グラニュー糖をふって真ん中に林檎のフィリング(スライスした林檎をバターで炒め砂糖とシナモン・少量のカルダモンを混ぜて冷ましたもの)を沢山のせます。生地の両端1cm幅程に切り込みを均等に入れていき交互にフィリングを包んでいけば、こんな感じに出来ます。この林檎のフィリング入りは、しっとり&林檎の酸味甘みが詰まって家族にも人気です。

我が家では生地の半分はシナモンロール、半分は、こうして編み込みにしたり林檎のフィリンフを入れて数種類のプッラを作ります。ほんと便利な生地です。こちらにも生地の作り方はありますが、ここにも残しておきます。シナモンロールの巻き方はこちらです。

【生地材料】
牛乳 500g(お好みで生クリーム大2-3。なくても十分大丈夫!) 
生イースト 50g (ドライイーストの場合22g)
砂糖 2dl
卵 1個
塩 小2
小麦粉 14-15dl(大体1キロ弱)
※フィンランドの小麦粉は日本で言う中力粉~強力粉です。
カルダモン 大1-2
溶かしバター 200g

【手順】
①大きなボールに生イーストは人肌に温めた牛乳+生クリームの中に崩すように入れてしばらく置きます。
(ドライの場合、お使いのイーストの表記通り従って下さい)
②砂糖・溶き卵・塩・カルダモンを①に入れて、よく混ぜます。
③合わせた①&②の中に小麦粉13dlを入れ木ベラで混ぜ、溶かしバターを入れた後に手で混ぜます。
※生地が緩い場合は1-2dlの粉を少しづつ足しながら加減をみます。
※パンのようにしっかりと練らなくても大丈夫、ひとまとまりになるようにササッと混ぜます。
④まとまったらボールの上、またはテーブルの上に布巾を被せて生地が2倍になるまで発酵。
⑤発酵後、空気をつぶすように優しく捏ね成形の開始。
⑥成形終了後15-20分程休ませ200-210度に温めたオーブンで焼き上げます。
※編み込み状のものは焼く20分程、林檎入りの場合はもう少し長めに焼きます。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-04 20:58 | 食べ物色々/food | Comments(4)
ヒンメリ作り
d0090294_239281.jpg
ヒンメリの完成!藁で出きたモビールはヒンメリと言ってわれフィンランドの伝統工芸品の1つです。8年くらい前から作ってみたいと思っていたけど…2年前くらいに材料を用意したけど…何で挑戦しなかったんだろう?作ってみたら凄く楽しくってね、今度はもっと大きいの作るぞ~!
d0090294_2395222.jpg
ホームステイに来ていたユカさんと一緒に作りました。この本を読みながらコツを学んで黙々と作りました。難しそうに見えるけど基礎の1つを作ってみると「なるほど~!」っと感激し、すぐに応用編を作りたくなります。組み合わせ自由なので、きっと無限の種類のヒンメリが出きるはずです。昔ながらの道具では中が空洞になっている藁を使うのですが、カラフルなストローを使ったりメタル状のストローで作る現代風なタイプも増えています。いつか完成する森の家は昔ながらのログハウスなので、そんな家のどこかに自分で作った大きなヒンメリを飾りたいな。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-09-01 02:58 | Comments(6)
やっぱり美味しいフィンランドの、じゃがいもパン (レシピ)
d0090294_5481296.jpg
フィンランドの美味しいパンの中の1つ、ペルナリエスカ。じゃが芋がふんだんに生地に入った柔らかいパンです。我が家では頻繁に作ります。主食=じゃが芋の国なので夕飯用に大量にじゃが芋を茹でて翌日このパンを作ったり、たまたま余ったじゃが芋でも作れるので便利です。もちろん、お店でも買う事が出きるけど子供達が大好きなので、すぐになくなってしまいます。なので家で作るのは早くて簡単で沢山できます。ちょっと、今回は材料を変えて更に柔らかくなりました。
d0090294_5483535.jpg
今までは牛乳を入れていなかったのですが入れる事によってフワッとなって冷めても硬くならず美味しいです。丸の成形は麺棒も要らずスプーンと手だけ。焼きあがったそばから子供達の手がでてきます。
d0090294_549812.jpg
Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らしの本の中でもペルナリエスカのレシピがあるのですが、牛乳入りも是非試して頂きたいです。イーストもベーキングパウダーも不必要で発酵時間もなし!本当に簡単です。こちらにもレシピを載せましたが、今日の記事にもレシピを残しておきます。

この分量ですと大量にできます。手のサイズ20枚以上。
半分の分量もしくは4分の1で試しても良いと思います。

【材料】
茹でたじゃが芋(滑らかに潰した状態) 1L
牛乳 4dl
卵 4個
塩 小匙2-3
粉 6dl (大麦粉2dl 小麦粉4dl)
※もしくは全部小麦粉でも可能
打ち粉 適量

【手順】
①じゃが芋を茹でマッシュポテト状になめらかにします。
②その中に牛乳を入れ、荒熱が取れてきたら溶き卵と塩を入れ、よく掻き混ぜます。
③粉を入れヘラで返しながら粉っぽさがなくなりまで混ぜます。
※生地は凄く緩いです。手で触るとくっつく程ベチャベチャしています。
※パン生地という概念は捨て、マッシュポテト!と思ってください。
④ベーキングトレーにベーキングシートをのせ、粉を少量パラパラっとかけます。
⑤スプーンですくいベーキングシートの上にのせ少量の粉をかけます。
⑥手で軽くペンペン!と叩くようにして記事をのばします。
※大体厚さは1cm未満。大きさは手の平サイズ。
※手につくようなら打ち粉をもっとして下さい。
⑦フォークでピケをし、250度に熱したオーブン(中段)で約15分焼いて完成。表面が茶色くなってきたら完成のサイン!バターをぬってチーズをのせてハムやきゅうりをのせて食べるのがフィンランドのオープンサンドスタイルです。
冷めても美味しいですよ。沢山できるので冷凍して自然解凍させても良いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-07-14 06:50 | 食べ物色々/food | Comments(10)