タグ:手作り ( 213 ) タグの人気記事
新しい掛け布団もジョキジョキ切ります!
d0090294_21115916.jpg
2月も後半。この時期は11-1月中旬の光の少ない時と比べると日中も光が差し込んでとっても気持ちが良いです。それと同時に見えなかった埃に気がついたり…部屋の模様替えやテキスタイル用品を変えたくなります。

先日、寝具屋さんへ子供用の掛け布団を探しに行ったら「特別価格!シングルサイズの掛け布団20€」、こんな表示が目に入ってきました。大人用なので、それを、ことり&あんじん用に購入するには大きいな… 子供用の小さめなサイズのは1枚36€と結構な値段がします。という事で激安のシングルサイズを1枚買って半分に切ってロックミシンで縫いました。丁度良い子供用サイズ(横幅105cm×縦幅147cm)が2枚出来ました~。ことり用にはウニッコ、あんじんにはフィンへレンの生地で布団カバーも縫って完成です。こういうちょっとした寝具の変化も楽しいものです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-24 21:38 | 雑貨・インテリア/Interior
アルパカの毛糸 三角ショールの完成
d0090294_2153836.jpg
年始より、ゆっくり開始していた、こちら、三角ショール。毎段、両端と真ん中に増やし目をしながら表編みで編んでいくのですが、編めば編むほど編み目は増え、たんたんとした作業なので眠くなってしまって… なので、とってもゆっくりに進んでいました。途中で一旦、綴じ目をして「完成!」と思いきや、子供用サイズ程しかなかったので、再度綴じ目を解いて頑張って大人用サイズまで編みました。全部で200g少しかな、ベイビーアルパカなので軽くて柔らかくて、そのわりには暖かい!-20~-35度くらいの時は太いウール100%の毛糸で編んだスヌードが大活躍でしたが、最近は-4~-6度と暖かくなってきたのでアルパカの三角ショールが丁度良いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-19 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior
季節のフィンランドの焼き菓子 ラスキアイスプッラ
d0090294_22174514.jpg
ラスキアイネン=謝肉祭の時期に食べられている、こちらのお菓子。ラスキアイスプッラ。元々は、イースターまでの間の断食期間前にエネルギーのあるお肉や、こういった焼き菓子を食べておこう、というそうです。私達夫婦はキリスト教ですが、でもそこまで厳しく断食はしません。季節の焼き菓子として今年も作ってみました。
d0090294_2218866.jpg
フィンランドでよく食べられているイースト入りの菓子パン=プッラを焼いて、こんな風にスライスします。中をちょっとだけ、くり抜いて/もしくは熱い内にスプーンで押して窪みをつけます。赤いのはラズベリージャム、白いのは自家製アーモンドペーストです。(アーモンドパウダーに砂糖、ラム酒、生クリームを混ぜたもの)この上にグルリと円を描きながら生クリームをのせます。蓋をして完成~。もっと生クリームを多くのせれば綺麗な見栄えになりますね。
d0090294_22183385.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-08 22:29 | 食べ物色々/food
季節のケーキ 自家製ルーネベリケーキ
d0090294_22135225.jpg
フィンランド国歌を書かれたフィンランドの詩人(J.L. Runeberg, 1804-1877)ルーネベリさんの誕生日が明日、2月5日。彼の好きだったケーキが、いまもこうして、この時期に食べられています。凄い歴史の長い焼き菓子なのですね~。市販のは結構、甘さが強くて中にはパサパサとしたのもあるので、毎年甘さを抑えてリキュール(子供用には林檎ジュース)をしみさせたルーネベリケーキを焼いています。アーモンドパウダー入りのスパイスの効いた効いたバターケーキです。パン粉を入れて焼くレシピ/ジンジャークッキーを粉状にして使用するレシピがありますが、我が家は毎年クリスマスに焼いたクッキーを使用します。(詳しくはこちら)結構、どっしりとしたケーキなので年に1回食べるので十分です~。今年のルーネベリケーキは、ちゃんと底を揃えなかったので皆、あっちこっち向いていますね、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-04 22:35 | 食べ物色々/food
フィンランドのアンティーク本より クロススティッチ
d0090294_21494734.jpg最近は-6度前後の日が続いていてボタッとした雪が降っています。寒い時期は空気が乾燥していて積雪も少ないのですが、2月が近くなるとドカッと雪が降ります。今の時期は太陽もちょっとだけ顔を出す事もあって「春が来た!」と錯覚します。夕方4時過ぎでもうっすら明るいです。確実に春が近づいていますね。

冬は家の中での手仕事が捗ります。夜な夜なランプの真下で黙々とさしたクロススティッチの完成。A4より少々大きいサイズです。図案は40年代に発行されたフィンランドの昔ながらの図案本より。よく見ると鳥の片方は餌を加えています。十字架とハートは悲しみと愛を現わしています。夫婦に子供、中央のは家族を象徴する木。家の周辺の木は実りが沢山。掛け軸にしようかと思います。こういう絵柄、とっても可愛いですよね。
d0090294_21422897.jpg
三角ショールも随分と進んだのですが淡々と表編み&平面編みの繰り返しなので編んでると眠くなってしまって…クロススティッチと同時進行するのが変化があって楽しいです。

クロススティッチの本はコチラでお求め可能です。
① フィンランド クロススティッチ図案 アンティーク本 
② とってもお洒落な刺繍本 Kirjo  
②はフィンランドの図案ではありませんが色んな可愛い図案が盛りだくさんです!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-28 22:00 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(8)
大人用のベストをリメイク 子供服完成
d0090294_6154816.jpg
先週末に気がつきました。5歳のあんじんのウールのセーターやウールのオーバーオールが全てサイズアウト。すぐにお店に行って購入できる土地柄でもない&時間をかけてお店に行っても、店から店にハシゴして結局お目当てのものが見当たらない事も多い。妥協して買うなら縫った方が断然早く安く、愛着が沸きます。型紙は既にカットしてあるので生地をカットして縫って…30分程で完成。
d0090294_6245983.jpg
大人・子供服・マフラーなど、着られなくなったものは、それなりに綺麗な場合、棚に保管しておきます。蚤の市で生地の状態をみて良さそうな衣類は格安で購入し保管しておきます。ウール100%の素材や、ベルベット生地の衣類は特に便利です。おまけにサイズが大きければ大きいほど◎そうして棚が凄い事になっているのだけど…今回はメンズのウールのベストを引っぱりだしてきました。
d0090294_6253499.jpg
袖部分があれば尚更良いけどベストなので長袖を作るには生地が足りません。なので2枚のベストが必要です。ジャキジャキと気っちゃいます。ポケットに見えるのはデコレーション。襟のリブも一旦切り離して、そのまま使います。袖口も裾部分も原型の部分を使うので縫う処理も省けます。なので、とっても簡単に素早く縫える方法ですよ!
d0090294_6255569.jpg
あっ、ちゃっかり自分のタグを縫い付けてあります。
d0090294_6243377.jpg
フィンランドの室内は冬場は暖かいので薄着でも大丈夫なのですが、子供達が寒い日に外遊びをする時は服装にも気を使っています。帽子・手袋・毛糸の靴下は必須です。衣類に関してはウールもしくはウール&シルクの下着・長袖の服・ウールのセーター、もしくはウールのオーバーオール、厚手のしっかりした防寒着を着せます。室内に入る時は防寒着もウールのセーターも脱ぎます。なので冬場の玄関先は混雑しています、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-13 16:25 | 村の生活/village life | Comments(6)
森の家作り 石釜/暖炉作りが始まっています
d0090294_2352928.jpg
インスタにもアップしたのですが、森の家の様子です。2011年の冬に土地探しが始まって、2012年に70m先の森の土地を購入。森を綺麗にし2013年に解体されたログハウス購入。2013年に井戸を探し、家の基礎、外壁を建て、2014年に屋根のブラケット完成。
d0090294_2374515.jpg
2015年は床張り、窓をリファービッシュ、断熱材を入れました。今の家々ならすぐに建設されてしまうけど、すっごくゆっくりですよね。家作りの業者さんを雇ってないのでA-Jが長期休みが出来た時に建てています。素人なので水まわりや火に関しては業者さんを雇っています。基本的に冬は作業は休みなのですが、屋根が出来たので今は石釜/暖炉作りの職人さんレイヨが作業をしています。
d0090294_2316442.jpg
レイヨの持っている強力なオイルヒーターで部屋を温かくしながら作業をしています。1階から2階は吹き抜けになっているのですが暖房の熱を保つために天井にはシートを数枚張っています。現在は小さなソーラーパネル(冬場は不活動)とジェネレーターで作業をしています。この森の家は最終的にソーラーパネル、風力とジェネレーターでエネルギーを得る予定です。風力発電は屋根に1つ付けたのですが、問題があるのか、なかなか動きません…来月の下旬には光も多くなるので大きなソーラーパネル、風力発電の追加&春先にはエネルギーを蓄積するバッテリーを購入予定です。

このリビング/キッチンには昔ながらの大きな石釜/暖炉が出きる予定です。食事を作る、パンを焼く、家の中を暖める役割の重要な部分です。暖房が暖炉だけでは冬の外出時は寒くなりますよね、そんな時のために冷暖房のエアコンも付ける予定です。薪オーブンやコンロだけではなくガスコンロも付ける予定です。

A-Jが、去年「基礎から作っているので、僕にとってはもう住めるくらいの家になった。」と言っていたけど、私も実際、そんな感覚に陥ってしまいましたよ。2011年からの写真を見返してみると胸が熱くなります。森だった所が段々と形になっていっています。本格的な家作りは4月頃から開始です。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-12 23:35 | 村の生活/village life | Comments(10)
蜘蛛の巣帽子 完成
d0090294_819691.jpg
A-Jに頼まれた帽子が完成しました。ある日、突然「帽子を編んで欲しい。」そう言われて内心どうかハードルが高いのは止めて~と思いながら…編み本を見せたら、「こんなのが良くって色は青とグレー。」彼らしくシンプルだけど、個性のある帽子です。編図では頭の天辺まで縦のストライプが続くのですが、途中より横ストライプにしてみました。減らしめの箇所が8箇所なので上からみると蜘蛛の巣のようです。(毛糸青:アルパカ100% グレー:ウール100% 144目 リブ2.5mm 他3mm リブから12cmまで編んだら減らしめ開始)
d0090294_8192744.jpg
先週から今週始めにかけて冷え込みが激しくラーヌヤルビでは一番寒い時で-38度程にもなったそうです。そんな寒い日でもトナカイ飼育者達は森に放されているトナカイに餌をあげに出かけます、スノーモービルに乗って。体感温度は温度計の数値よりも更に下回りますよね。最近は気温は上がってきて-20度代、そして土曜日の日中は-13度でした。「暖かい」と感じるんですよ、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-10 08:41 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
三角ショールと靴下 模様編み
d0090294_20481685.jpg
今週のフィンランドは南から北まで極寒日和です。ラーヌヤルビでは、ここ数日-30度を下回る日もあります。どんなに外が寒くても家の中は一定の温度を保たれているので快適なのですが、さすがに冷え込みが激しいと玄関や地下・屋根裏部屋に続くドアの隙間から外気が入ってくるのが分かります。人間は面白いもので気温が下がる程「どのくらい寒いんだろう~」と好奇心が沸いて外に出たくなります。今日は-28度。まだ人間の体は寒さに大丈夫なんだと感じました。

寒い冬の楽しみは、やっぱり編み物。今編んでいるのはアルパカ100%の毛糸で三角のショールです。目がどんどん増えていくので集中できる夜に編みます。これが最近の楽しみです。細めの毛糸なので大きなショールにしてグルグル巻けるようになれば良いな。
d0090294_20484283.jpg
以前にアップした草木染の毛糸を使った靴下は編みあがりました。模様編みなので脛の部分が暖かいです。もう少し細い毛糸でも良かったかな。↓の編み方を繰り返していくと、こんな模様になりました。覚書メモしておきます。

● みどり ○ きみどり   棒針: 3mm 
リブ部分: ゴム編

1段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
2段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
3段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
4段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
5段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
6段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
7段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
8段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
9段目以降は1-8の繰り返し
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-07 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(4)
家族で囲むフィンランドのクリスマス料理
d0090294_7281023.jpg
クリスマスの夕方、離れのサウナを暖めて家族でサウナタイム。綺麗サッパリになったとこで夕飯です。義理のお母さんの所でクリスマス料理を頂いたのですが我が家も毎年恒例行事として一通り作ってみました。子供達はサンタさんに会えた・プレゼントを貰えて満足ですが、それよりも大事なクリスマスの話をします。夫婦揃って、これは大事な事と思っているので毎年、夕飯の前に子供にも分かる短いお話をしています。1人、勝手に食事を始めちゃってる子がいますが、笑。
d0090294_72849100.jpg
美味しいワインと一緒に、おつまみが欲しくなるので即席で作ってみました。A-Jは一見、お肉だと思ったそうですが、ドライイチジクを薄く切ってブルーチーズ・ジンジャークッキー・ザクロがのっています。子供にも人気でした。
d0090294_7291772.jpg
ニシンの酢漬けは、あんじん&こゆきの大好きな食べ物です。隣にあるのはスモークサーモンとスメタナ、他乳製品の入った食べ物。ライ麦パンの上にのせて食べると相性が良いのです。
d0090294_7294472.jpg
フィンランドのクリスマス料理のメインとなる自家製の豚ハム。今年は小さいサイズで3キロです。我が家では豚ハム焼きはA-Jの役割。今年は骨なしの真ん丸い形です。塩味の効いた豚肉が売っているのでオーブン用の温度計を豚肉に刺して、豚ハム焼き用のオーブン袋に入れて数時間焼きます。毎年の如く美味しいハムが出来ました。
d0090294_7301372.jpg
ビーツのサラダや先日ブログでもアップした野菜のキャセロールも加わって色鮮やかなクリスマスプレートです。今年もこうして家族で食べられる事、感謝です!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-27 07:51 | 食べ物色々/food | Comments(10)