タグ:手作り ( 207 ) タグの人気記事
フィンランド ラップランド地方ならではの風習 ドライミート
d0090294_21211634.jpg
冬も終わりの頃=気温が日中は0度辺りをウロウロ、夜は氷点下にまだ落ちる、このくらいの時期になるとラップランド地方では軒先で面白い光景が見られます。塩付けにしたトナカイの肉や、牛の肉をジャーキーにするのです。トナカイの肉はお店で購入すると、それなりのお値段がするのでメジャーなのは、時期になると格安で売られる牛の心臓ですが、ラーヌヤルビはトナカイ村なので我が家は秋に近所の方より1頭買いをし1年をかけて食べて行きます。ジャーキーにしたトナカイのお肉もその一部を使いました。牛は心臓ではなく他の部位を使って。今年は3月の下旬がベストな時期でした。時期がずれて暖かくなるとハエが出てきてしまうのでNGです。

トナカイの肉は、岩塩と少量の砂糖をまぶして一晩置いて水を切ります。その後、塩が均等に肉に行き届くように少しだけ水に浸しておきます。後は吊すだけ。牛肉はチリパウダー・岩塩こしょう・醤油・パプリカパウダー・山椒と一緒にマリネードして数時間置き、そのまま乾燥したものです。塩はお肉の3%くらいだったかな。日の当たらない北側が良い場所なのですが、我が家はちゃんとした乾燥場所を軒下に作っていないので、以前、父に送ってもらった乾燥ネットが大活躍!大体1-2週間で完成です。
d0090294_21214963.jpg
トナカイの肉は後ろのです。手前のは牛肉です。このジャーキーをプーッコというフィンランドの伝統ナイフで薄く気って食べます。味が凝縮して美味しいですよ!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-25 21:43 | 食べ物色々/food
今年もこの時期 ホームメイド メーデー飲み物 
d0090294_15501695.jpg
とっても日が長くなってきました。22時頃でも全然明るく、百夜に向かっています。もうすぐ
5月1日メーデー。この時期になるとフィンランドでは揚げドーナッツやレモネードを頂く習慣があります。ホームメイドのレモネードは簡単で美味しく作れるので毎年の定番です。今年も作りましたよ!スライスしたレモン&隠し味にスライスした生姜も入れて煮立てて砂糖を入れ溶かし、人肌(40度ほど)に冷めてから少量のイーストを入れて半日~1日、鍋に入れて寝かしておきます。底にあったスライスしたレモンが表面に浮き上がって少しだけ炭酸が出てきます。その頃になると瓶詰めして良い証拠。最後に少量の砂糖と数個のレーズンを入れて蓋を閉めて涼しい日陰で数日まてば完成。イーストを入れる時の温度を間違わなければ、ちゃ~んとした炭酸ができます。Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らしの本のp. 96-97のレシピを参考にして下さいね。
d0090294_15504189.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-21 16:12 | 食べ物色々/food
超濃厚ダークチョコレートケーキ レシピ有
d0090294_6262862.jpg
先日、無事に35歳の誕生日を迎えた私です。本人の私より7歳の娘・ことりの方が誕生日をワクワクしていて1日に何度も祝福を受けました。ありがとう!毎年、自分の誕生日は、「朝から掃除をし気持ちの良い空気の中、窓辺に座って光を浴びながら雑誌を読む。食後は森を散歩。」こういう一時のリフレッシュをするのが好きなのですが今年の誕生日は朝からずっと雨でした。でも今の時期の雨は本格的な春/初夏を迎える雨なので嫌いではないですけどね。

誕生日のケーキは作らなくても良いと思っていたのですが子供達が楽しみにしているようなので甘さ控えめの超濃厚チョコレートケーキを作りました。大人な味ですが生チョコの用な感じなので子供達も少しづつ食べました。小麦粉不使用でダークココアパウダーを使用しています。中も外も茶色なケーキでは…と思ったので子供達の好きなラズベリーをのせました。フィンランド産はまだ出回っていないのでスペイン産ですがフィンランドの野生のとは違って酸味が少なく甘みが強かったそう。赤ワインやコーヒーに合う美味しいケーキです。レシピを書き残しておきますので参考にして下さいね。
d0090294_6265954.jpg
【超濃厚ダークチョコレートケーキ】

型Φ15cm オーブン 190度 20-25分
● バター 100g ● ダークチョコレート 200g 
● 砂糖 大2-3 甘みを極力控えたい場合は入れなくても大丈夫です!
● 溶き卵 3個
● ダークカカオパウダー 40g

① ボールの中にバター、刻んだダークチョコレートを入れ湯銭を利用し溶かします。
②砂糖を入れます。 砂糖不要にし食べる時にラズベリージャムをかけて甘さ調節もOK。
③ 荒熱がとれたら溶き卵を入れよくかき混ぜます。(フォームが出きるほどでなくてもOK)
④ ダークカカオパウダーを入れ均等に混ざったら型に生地を流しオーブンで焼きます。
※ じっくり焼き過ぎず竹串に生地が付く感じがベスト。完全に冷まします。

● 生クリーム(泡立て不要) 100g
● ダークチョコレート 50g
● ミルクチョコレート 150g

① 全ての材料をボールに入れ湯銭で溶かし滑らかにし荒熱を取ります。
② 冷めたケーキの上にソースを流し、ラズベリーもしくはお好みのデコレーションをします。
※ ソースは緩やかなので気になる方は冷蔵庫で少しだけ冷すと扱いやすくなります。

常温でも美味しいですよ。冷まして食べても美味しいです。気分次第で楽しめます。
リキュールを生地に入れたり、細かくすったオレンジの皮、チリパウダーを少しだけ入れても美味しいです。その時の気分によって、誰と食べるかによって色々とバリエーションを楽しんで下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-09 06:56 | 食べ物色々/food
お泊り学校 --歯ブラシセットバッグ-- 
d0090294_1704861.jpg
長女のことりは小学校1年生。昨日は特別なイベント「夜の学校・お泊り学校」がありました。そんな彼女のためにマリメッコのビニールコーティングの生地の余りを使って作った小さなバッグです。。
d0090294_171797.jpg
とにかく中に必要なものが納まれば良い!と思い、作りは簡単です。大きな方には歯磨き粉とクシ、小さいポケットには歯ブラシが入ります。

学校は13時から開始して学校で夕飯を食べ、18時よりバンディー対決 --保護者vs生徒--。 バンディーとはアイスホッケーに似た氷の上のスポーツです。私も参加してみたら、これまた楽しい!大人も結構本気になって戦いました。でも、結果、小学生の勝ち~。普段、スノーモービルを乗りこなしているトナカイ管理者の男性もスケート靴を履いたらスイスイと余裕に滑っていました。さすがフィンランド人!といかにもフィンランド人全てが滑れると錯覚してしまう程でした。スポーツの後はソーセージを焼いて食べ、お泊り学校をする生徒は校舎へ。全校17人の内7人位が参加したのかな。ことりは教卓の下にマットレスを敷いて眠たそうです。とっても楽しかったらしく今朝、帰宅して色々と話してくれました。また1つ大きくなったね。ラップランド地方は今週末からスキーホリデー開始です!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-04 17:20 | 雑貨・インテリア/Interior
新しい掛け布団もジョキジョキ切ります!
d0090294_21115916.jpg
2月も後半。この時期は11-1月中旬の光の少ない時と比べると日中も光が差し込んでとっても気持ちが良いです。それと同時に見えなかった埃に気がついたり…部屋の模様替えやテキスタイル用品を変えたくなります。

先日、寝具屋さんへ子供用の掛け布団を探しに行ったら「特別価格!シングルサイズの掛け布団20€」、こんな表示が目に入ってきました。大人用なので、それを、ことり&あんじん用に購入するには大きいな… 子供用の小さめなサイズのは1枚36€と結構な値段がします。という事で激安のシングルサイズを1枚買って半分に切ってロックミシンで縫いました。丁度良い子供用サイズ(横幅105cm×縦幅147cm)が2枚出来ました~。ことり用にはウニッコ、あんじんにはフィンへレンの生地で布団カバーも縫って完成です。こういうちょっとした寝具の変化も楽しいものです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-24 21:38 | 雑貨・インテリア/Interior
アルパカの毛糸 三角ショールの完成
d0090294_2153836.jpg
年始より、ゆっくり開始していた、こちら、三角ショール。毎段、両端と真ん中に増やし目をしながら表編みで編んでいくのですが、編めば編むほど編み目は増え、たんたんとした作業なので眠くなってしまって… なので、とってもゆっくりに進んでいました。途中で一旦、綴じ目をして「完成!」と思いきや、子供用サイズ程しかなかったので、再度綴じ目を解いて頑張って大人用サイズまで編みました。全部で200g少しかな、ベイビーアルパカなので軽くて柔らかくて、そのわりには暖かい!-20~-35度くらいの時は太いウール100%の毛糸で編んだスヌードが大活躍でしたが、最近は-4~-6度と暖かくなってきたのでアルパカの三角ショールが丁度良いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-19 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior
季節のフィンランドの焼き菓子 ラスキアイスプッラ
d0090294_22174514.jpg
ラスキアイネン=謝肉祭の時期に食べられている、こちらのお菓子。ラスキアイスプッラ。元々は、イースターまでの間の断食期間前にエネルギーのあるお肉や、こういった焼き菓子を食べておこう、というそうです。私達夫婦はキリスト教ですが、でもそこまで厳しく断食はしません。季節の焼き菓子として今年も作ってみました。
d0090294_2218866.jpg
フィンランドでよく食べられているイースト入りの菓子パン=プッラを焼いて、こんな風にスライスします。中をちょっとだけ、くり抜いて/もしくは熱い内にスプーンで押して窪みをつけます。赤いのはラズベリージャム、白いのは自家製アーモンドペーストです。(アーモンドパウダーに砂糖、ラム酒、生クリームを混ぜたもの)この上にグルリと円を描きながら生クリームをのせます。蓋をして完成~。もっと生クリームを多くのせれば綺麗な見栄えになりますね。
d0090294_22183385.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-08 22:29 | 食べ物色々/food
季節のケーキ 自家製ルーネベリケーキ
d0090294_22135225.jpg
フィンランド国歌を書かれたフィンランドの詩人(J.L. Runeberg, 1804-1877)ルーネベリさんの誕生日が明日、2月5日。彼の好きだったケーキが、いまもこうして、この時期に食べられています。凄い歴史の長い焼き菓子なのですね~。市販のは結構、甘さが強くて中にはパサパサとしたのもあるので、毎年甘さを抑えてリキュール(子供用には林檎ジュース)をしみさせたルーネベリケーキを焼いています。アーモンドパウダー入りのスパイスの効いた効いたバターケーキです。パン粉を入れて焼くレシピ/ジンジャークッキーを粉状にして使用するレシピがありますが、我が家は毎年クリスマスに焼いたクッキーを使用します。(詳しくはこちら)結構、どっしりとしたケーキなので年に1回食べるので十分です~。今年のルーネベリケーキは、ちゃんと底を揃えなかったので皆、あっちこっち向いていますね、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-04 22:35 | 食べ物色々/food
フィンランドのアンティーク本より クロススティッチ
d0090294_21494734.jpg最近は-6度前後の日が続いていてボタッとした雪が降っています。寒い時期は空気が乾燥していて積雪も少ないのですが、2月が近くなるとドカッと雪が降ります。今の時期は太陽もちょっとだけ顔を出す事もあって「春が来た!」と錯覚します。夕方4時過ぎでもうっすら明るいです。確実に春が近づいていますね。

冬は家の中での手仕事が捗ります。夜な夜なランプの真下で黙々とさしたクロススティッチの完成。A4より少々大きいサイズです。図案は40年代に発行されたフィンランドの昔ながらの図案本より。よく見ると鳥の片方は餌を加えています。十字架とハートは悲しみと愛を現わしています。夫婦に子供、中央のは家族を象徴する木。家の周辺の木は実りが沢山。掛け軸にしようかと思います。こういう絵柄、とっても可愛いですよね。
d0090294_21422897.jpg
三角ショールも随分と進んだのですが淡々と表編み&平面編みの繰り返しなので編んでると眠くなってしまって…クロススティッチと同時進行するのが変化があって楽しいです。

クロススティッチの本はコチラでお求め可能です。
① フィンランド クロススティッチ図案 アンティーク本 
② とってもお洒落な刺繍本 Kirjo  
②はフィンランドの図案ではありませんが色んな可愛い図案が盛りだくさんです!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-28 22:00 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(8)
大人用のベストをリメイク 子供服完成
d0090294_6154816.jpg
先週末に気がつきました。5歳のあんじんのウールのセーターやウールのオーバーオールが全てサイズアウト。すぐにお店に行って購入できる土地柄でもない&時間をかけてお店に行っても、店から店にハシゴして結局お目当てのものが見当たらない事も多い。妥協して買うなら縫った方が断然早く安く、愛着が沸きます。型紙は既にカットしてあるので生地をカットして縫って…30分程で完成。
d0090294_6245983.jpg
大人・子供服・マフラーなど、着られなくなったものは、それなりに綺麗な場合、棚に保管しておきます。蚤の市で生地の状態をみて良さそうな衣類は格安で購入し保管しておきます。ウール100%の素材や、ベルベット生地の衣類は特に便利です。おまけにサイズが大きければ大きいほど◎そうして棚が凄い事になっているのだけど…今回はメンズのウールのベストを引っぱりだしてきました。
d0090294_6253499.jpg
袖部分があれば尚更良いけどベストなので長袖を作るには生地が足りません。なので2枚のベストが必要です。ジャキジャキと気っちゃいます。ポケットに見えるのはデコレーション。襟のリブも一旦切り離して、そのまま使います。袖口も裾部分も原型の部分を使うので縫う処理も省けます。なので、とっても簡単に素早く縫える方法ですよ!
d0090294_6255569.jpg
あっ、ちゃっかり自分のタグを縫い付けてあります。
d0090294_6243377.jpg
フィンランドの室内は冬場は暖かいので薄着でも大丈夫なのですが、子供達が寒い日に外遊びをする時は服装にも気を使っています。帽子・手袋・毛糸の靴下は必須です。衣類に関してはウールもしくはウール&シルクの下着・長袖の服・ウールのセーター、もしくはウールのオーバーオール、厚手のしっかりした防寒着を着せます。室内に入る時は防寒着もウールのセーターも脱ぎます。なので冬場の玄関先は混雑しています、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-13 16:25 | 村の生活/village life | Comments(6)