タグ:手作り ( 221 ) タグの人気記事
kesäprojekti -suolakurkkut- 自家製ピクルス
d0090294_16482535.jpg
夏の時期になるとお店にavomaankurkkuと言うピクルス用のきゅうりが並びます。
去年はチャンスを逃してしまったのでkesäprojekti:夏のプロジェクトと題して仕込みました。
avomaankurkkuの時期も週番に近いのかな、嬉しい事に2.7kg(25本)2.7ユーロで買えました。
d0090294_16464351.jpg
この自家製ピクルスは酢や砂糖を使うタイプではなくて塩浸けピクルスです。
材料に必要なブラックカラントの葉も丁度庭に生えているので助かりました。
チェリーの葉でも代用出来るそうです。もしも作りたい方・取りに来られる方分けますよ~
材料に使ったフィンランド産のpiparjuuri:西洋わさび(70g:70¢)まさにワサビの香りでした。
(これフィンランドの人達はピクルス以外にどうやって料理に使ってるんだろうー)
材料を全て入れた時点で既に良い香りがして出来上がりが楽しみです。
でもね出来るのに1-2ヶ月待つので長い長い待ち時間ですよね。大丈夫かしら?
d0090294_16432334.jpg
覚え書きも交えて作り方を残していきます。

自家製ピクルス -suolakurkkut- 
①きゅうりを洗って塩水に数時間漬けた後に水をすて熱湯をかけ灰汁抜きをする。
②容器に小振りのきゅうり(25本)・ディルの花先・ブラックカラントの葉・細切りにした西洋わさび・
にんにく・マスタードシードを重ねて入れる。※ブラックカラントの葉は容器の底・上部分のみ敷く。
③塩水(3.5L:水:350g:塩)を容器に入れ重し+蓋をして1-2ヶ月待って出来上がり。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-29 19:30 | 食べ物色々/food | Comments(22)
フィンランドのお菓子
d0090294_16395920.jpg
日曜日は楽しい日でした。こちらに住む日本人の友達が日本からのお洒落な友達夫婦を連れて我家に来ました。彼らのフィンランド訪問は4回目という事にも驚いたけど結婚歴10年という事実にはもっと驚きでした。私はてっきり今回の旅が新婚旅行かと思いましたよ...年数を重ねてもあんな風に一緒に居られる夫婦は素敵だなって思いました。また是非お会いしたいカップルでした。

d0090294_16455385.jpg



日本からのゲストだもん、やっぱりフィンランドらしいお菓子を食べて頂きたーい、そう思って楽しく作りました。フィンランドのお菓子と言ったら国民に愛されている+絶対外せないpulla:菓子パン。こちらはvoipullaと言って頭にバターと砂糖がかかっています。この生地はとっても便利でkorvapuusti:シナモンロールが作れたり油で揚げればmunkki:ドーナッツになるしブルーベリーをのせればこんなお菓子にも変身。
バリーエーション豊富で優れものですね。

d0090294_16451794.jpg

それからporkkanakakku:人参ケーキも焼きました。フィンランドの人参ケーキは高さが低くて四角くカットされたのが多いのですが今回は普段忘れられている使う事がないクグロフ型を使ってみました。今までのレシピも変えて作ったら18cmのクグロフ型にぴったり。なかなかこの型に合うレシピがなかったのでこれは大成功。それに型を変えるだけで見栄えもグッと変わるものですね。でもでも見た目・色合いがクリスマスや誕生日ちっくですね...夏らしくないー!日数を置けば味が落ち着いて美味しくなるケーキなので食べる3日前に焼きました。人参ケーキ好きな旦那様に何度も「食べてたい」と言われては「Ei!:ダメ」と言う妻。だからかな、今までの人参ケーキよりも更に美味しかった気がしました。次は隠し味にオレンジジュースやオレンジピールを入れても良いかな。
d0090294_16453425.jpg
思った以上に喜んで頂けたので凄く嬉しかったです。
久々に気合を入れてこんなにお菓子を作ったので私自身も楽しめました。Kiitti!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-14 06:13 | 食べ物色々/food | Comments(35)
フィンランドのお菓子 kauralastut
d0090294_4502891.jpg



フィンランドのお菓子の中に薄っぺらなkauralastuと言うオートミールクッキーがあります。凄く薄くてパリパリっと歯応えも最高でフィンランドらしく素材の味が出ている素朴なお菓子。

日本で言うとお煎餅みたいな感じかな。でもお煎餅=甘しょっぱいイメージがあるから少し違うんだなー。kauralastuは甘いクッキーです。

アイスクリームと一緒やチョコレートでデコレーションしたり活躍たっぷり・遊べるお菓子。

d0090294_4573719.jpg



今日作った訳は土曜日に急遽、旦那様の友達が3人の子供を連れて我家に遊びに来る事になったので素早く作れて大人も子供も好きなお菓子って事で焼きました。材料も買出しに行かずにすむ手頃なものだしね。このクッキー作ろうか迷っているなら作ったほうが良いそのくらい簡単で美味しいんです。

焼いている最中にオーブンを見ていると面白いんです。生地が溶けて大きくなって膨らんだと思ったら表面がフチフチして、しぼんでペッタンコに。その後はふちが茶色くなってあっという間に完成!食べるのもアッと言う間ですー。
d0090294_595278.jpg
kauralastut オートミールクッキー (約40枚)
オートミール 3dl
小麦粉 大1
ベーキングパウダー 小1
バニラシュガー 小1
卵 1個
砂糖 1.5dl
マーガリン or バター 100g
お好みでシナモンパウダー 少々

①卵と砂糖をよく混ぜ合わせ溶かしたマーガリンorバターを加える。
②粉類を混ぜ ①を加えかき混ぜる。
※5-10分待つとオートミールが水分をすってまとまりやすく扱いやすくなる。
③ベーキングシートの上に2cm程の大きさにスプーンを使って落とす。
※焼いている最中に生地が広がるので間隔を十分にあける事。
※お好みでシナモンパウダーをふりかける時はこの段階で。
④200度のオーブンで5-7分焼いて出来上がり。
※生地が薄く焦げやすいので注意!周りが茶色くなってきたら出来上がりのサイン。
※オーブンから出したては生地が柔らかいので生焼け?と不安になるかもしれませんが
 ご心配なく。すぐ冷めて固くなります。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-07-11 05:59 | 食べ物色々/food | Comments(16)
sconssit
d0090294_5513393.jpg

作業の合間に気晴らしにと作ったスコーン。レーズンを入れたかったけど「この間食べちゃったんだっけ」「じゃーこれでいっか」と扉を開けた先のプルーンをナイフでザクッと切って。「誰かに・何かのために」そう思って作ると思い通りにいかない事が多いのに「気晴らし」となると成功率が多い。これって肩に力が入っていないからかな?調子に乗って夕飯後にチョコ入りを作ろうと思ったけど欲が出るとこれまた思い通りに行かないので止めました。また今度。

19日はJuhannus:夏至祭
友達と一緒に過ごすのでおやつにします。
Hyvää Juhannusta!
[PR]
by Kippis_Y | 2009-06-19 06:14 | 食べ物色々/food | Comments(10)
テキスタイルプリント
d0090294_17283183.jpg
この間デザインした柄(左)でこんなのを作ってみました。
隣のストライプのはお店で買った生地です。
黄色いプリントの柄の色違いでポーチを縫ったりもしました。
d0090294_1553573.jpg
作り出したら止まらなくて娘の顔のプリントまでしました。
Tシャツにしたり大きめのショッピングバッグを縫ってプリントしたり。
と言う事で至るものに顔があります・笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-25 16:07 | ちょっとお知らせ/info
テキスタイルプリント 
d0090294_20595151.jpg
今月30日に発って家族で日本へ4週間の里帰りです。その前にヘルシンキの義理のお母さんの所に泊まるので忙しくしています。旅の準備をすれば良いのに一行にスーツケースは空っぽ状態。
日本行きの前にテキスタイルプリント楽しんでいます。やっぱり家でやると思う様にスペースが取れないのでキッチンのテーブルや床を使って。大学の作業台を使えるけど、まとまった時間で出来るのは娘が寝てからなので不自由がありながらも辛抱しながらの作業です。
d0090294_21571992.jpg
「忙しいのにのん気に何やってるの」と言われそうですがジャムの蓋部分に必要な布を自分でデザイン&プリントした物を使いたかったのです。ただそれだけの理由で始めたんですけど夢中になって気が付いたら21時~27時までしていました。ジャムは日本へのお土産で去年森でひたすら採ったブルーベリーとオレンジ色のはラップランド地方でしか採れない貴重なベリーラッカ/ヒッラ(クラウドベリー)です。本当はもっとジャムも作りたいけど重量制限があるのでこの辺でね。
d0090294_21565597.jpg
作業した翌日は余分にプリントした生地+大学でプリントした生地も含め小物も作ってみました。この日も夜な夜なミシンの音が響いてました。何でしょうね、このパッションは・笑。夜行性の動物のように目がパッチリ開いてベッドに入っても興奮は冷めずに「アレが作りたいコレが作りたい」と思います。きっと日本行きの旅が楽しみなのでしょうね。物作りの作業は旅ギリギリまで続きそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-22 21:46 | 雑貨・インテリア/Interior
minun syntymäpäiväni
d0090294_17445912.jpg
d0090294_1745184.jpg
7日は私の28歳の誕生日でした。この日の朝は旦那様がベッドまで朝食を持って来てくれてゆっくりとした朝を迎えました。特別に何がしたいとか欲しい物もこれと言って無く午前中は家の中を綺麗に掃除しました。午後、ポストを覗きに外へ出た時に太陽眩しい光や静かな時の流れを感じました。「何て平和な誕生日」そう思いました。遅めの簡単なランチを食べて旦那様にキッチンにある「木琴を弾いて」と言われて向かったらプレゼントがありました。一緒に添えてあったカードには「おたんようびおめでとう」と平仮名で。たんじょうびたんようびと思っていたらしい...ともかく素敵な陶器で出来たピアスを頂きました。私が誕生日にリクエストしていたのはお任せケーキだったのでこれには驚き。その後はスポンジから手作りしてくれたkinuskikakku:トフィーケーキを頂きました。ジュースで湿らせたスポンジの間にはヒッラジャム・バナナが入っています。面白いのが白いクリームはメレンゲです。甘いケーキですけどそれぞれの食感や味が絶妙で凄く美味しかった。どうもありがとう。誕生日は色々な方から電話やメールでお祝いを頂きました。本当にありがとうございます。

で、で、で、翌日の8日の15:20頃、衝突事故にあってしまいました。家族で車に乗っていて横断歩道を渡る自転車を待っていたら後方から来た車に後ろをバンッと。頭が前後したのは分かったけど一瞬何が起きたか何の音か疑問でした。可笑しなものですね。警察や救急車、消防車まで来て街中だったので沢山の人が大きな事故と思ったでしょう。丁度打ち所が私の真後ろだったので私はむち打ちで済みました。旦那様も無事で心配だった娘はチャイルドシートのお陰で無事でした。相手側も無事でした。イースターホリデーが終わったら凹んだ車の審査・修理です。相手の保険でカバーされるので良いですが、でも凹んだ車を見ると何だか気の毒な感じー。古い車とは言え大好きな車なのでねぇ。ともかく季節の変わり目は注意が必要ですね。何より皆無事だった事が良かった。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-04-13 02:54 | ちょっとお知らせ/info
じゃが芋料理 perunarieska
d0090294_6183342.jpg
先日のperunapiirakkaを焼いた時にperunarieskaも作りました。
同じような名前ですがぺルナリエスカと言ってじゃが芋が入った平べったいパンです。
パンと言ってもイーストも発酵時間も要らないのでとっても簡単。
材料はピュレにした茹でたじゃが芋・麦の粉・塩・卵。
麦の粉は小麦粉でも大丈夫ですけど私は麦の粉が好みです。
d0090294_6174581.jpg
家にこんな器具もあったのを忘れていたので使ってみました。
まるで髪でもとかせそうな櫛みたいですねー。
ピザやパイ生地にポツポツとして空気の逃げ穴を作ってくれます。
フォークでしてたけど見た目的にフォークの穴よりも良いですね。
って食べる時は食べるのに夢中で誰も見てないか...
d0090294_622335.jpg
まるでお煎餅の様な見た目だけど外はカリッ中はしっとり・もっちりです。
いつもの食べ方:バターを塗ってチーズ・ハムやサラミをのせて
お好みの野菜キュウリ又はピクルス・トマトをのせてオープンサンドで食べます。
旦那様の評判も良く作ったらすぐ無くなるので嬉しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-03-24 22:04 | 食べ物色々/food
じゃが芋料理 perunapiirakka
d0090294_5381511.jpg
「作ろう!作ろう!」と思って粉は買ってありました。
で、ようやく作りましたperunapiirakka(ポテトのパイ)。
手作りも美味しく出来ます。ミルク粥がのっているのよりも扱いやすいです。
d0090294_538382.jpg
パイ生地にはライ麦・小麦粉・塩・水のみ。
前日に作ったり冷凍も出来るので便利な生地です。
フィリングはピュレにした茹でたじゃが芋・バター・牛乳・卵・塩とシンプル。
そして、このヒラヒラを作りながら包む作業がとっても面白いです。
フィリングをのせ過ぎ・ヒラヒラ作りを弱く押すとオーブン内でカパッと
開いてしまうのでちょっと注意しながら...
焼けたら仕上げに溶かしバターお湯ミックスにディップして乾燥を防ぎます。
d0090294_544102.jpg
焼きたての生地がカリカリ&じゃが芋のふわっとした感じが美味しい。
あっ、でももう少しフィリングにバター入れてもよかったなぁ。
このぺルナピーラッカは冷凍保存が可能なので大量作り出来ます。
焼いた後冷めたら冷凍して食べたい時に取り出してトースターやオーブンで焼くと
出来たての様に美味しく頂けます。この熱々がまた美味しいんですね~。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-03-22 08:16 | 食べ物色々/food
vihreä
d0090294_7263911.jpg
気が付けば私の回りには緑色の物が沢山。(キッチンは赤が多いんですけど。)
大学の作品でアース系の色が多くて中でも無意識のまま緑の物がやっぱり多いんです。
今回も「私いつも緑だから違う色にするわ~」と言いつつ緑以外の色を手に取って教室へ。
でも教室に着いてすぐ「やっぱり、しっくりこない。駄目だ緑、緑、やっぱり緑」と結局緑に・笑。

このコースでは自分の好きな色を選んで、その色のトーンやヒューを変えながらカラーマップを作ります。更にその中から色を選んで同じ色のコットン糸でKAKEMONOを織るという授業。
d0090294_7413622.jpg
昨年はマニュアルの織り機でスカーフを作成でした。今年はコンピューター織り機を使ってパターンを作成して織っていくレッスンでした。色とデザインがメインです。さすがコンピューター、パターンを変えるのにマニュアル式の様に踏み足の結びを変える事無くクリック1つで出来るので便利!
織り機の数に限りがあるのでペアになって縦糸をシェアしてレッスン以外の時間も使っての作業でした。私が使った織り機は窓辺側にあって1人で作業をしていると勝手に教室の灯りが消えてしまいます。センサー式になっているのですが運悪く窓際での作業中センサーが届いていないので「あぁー今良いとこなのにー」と言いながら教室の真ん中の方まで歩いていかないといけません...
d0090294_7375726.jpg
基本のpalttinaと私の好きなripsiを混ぜて草っぽく表現・自作のパターンは鳥をデザインしてみました。「ここが頭で、羽でー」と説明しないと分かりにくい鳥ですが...私にはハッキリと分かるんです・笑。写真では更に鳥が分かりにくいですが実際に目にすると角度によって出てくるんですよ。
このKAKEMONOの仕上がりは2.5mが求められました。なので約10%縮小を想定して長めに織って終了。ドキドキしながら織り機から外して計ったら...短い...間違いかと思って何度も確認したけど、やっぱり短い。どうやら短いのは私のみじゃなく他にも数人。優しい先生は「結果じゃなくて何を学んだかが最も重要だから」とフォローしてくれて。まぁ確かに良い勉強でコースの内容も良かったなぁ。作品は大学内に来月展示されます。皆の作品を見るのも楽しみだなぁ。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-03-19 07:11 | 大学生活/uni life