タグ:手作り ( 217 ) タグの人気記事
阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット 可愛いフィンランド雑貨が続々!
d0090294_20274393.jpg
こちらは雪が降っています。あと数日した19日には雪国を抜け出して大阪へ飛びます。阪急うめだの北欧クリスマスマーケット、1ヶ月以上にも渡って開催されるのですが、色んな可愛い・美味しそうなお店が多くて楽しそうです。会場のど真ん中にある全長8mの光のヒンメリが、これまた凄いのです!12月にはサンタさんもフィンランドから来日されるようで、毎週末盛りだくさんな催し!サンタさんと言えば...フィンランドではサンタさんのお手伝いさんのトンットゥが今の時期大忙しです。小人と私も言ってしまいますが、妖精ですね。子供にも大人にも親しみのあるトンットゥ。今年はこんなに可愛いトンットゥが北欧クリスマスマーケットにやってきます。作家さんは今の時期、大忙し。手作り品なので数に限りがありますが新しいお家が見つかりますように。帽子の形がスタイリッシュで髭はストレートなのやクルクルしてるのがありますのでお好みでお選び下さい。
d0090294_20274471.jpg
フィンランドより天使と妖精も大阪に飛んで行きます。フィンランド語で天使はenkeli(エンケリ)妖精はkeijuと書いてケイユと言います。これはも~乙女にはたまらない可愛さです!
d0090294_20274232.jpg
フィンランドでは毛糸の編み物に加え、羊毛フェルトもよく見られます。どことなく暖かい感じが素敵ですよね。こちらも作家さんがフェルト作りからし凄く柔らかい雰囲気のネックレスです。木製のビーズと合わせてあるので軽すぎないとこがバランスが良さそうですね。この作家さんの息子さんは調理師学校に行っていたそうで研修で日本へ行った事があるそうです。人口の少ないフィンランドと言われていますが、誰かしら身近に日本に興味があったりに辺へ訪問した事がある方達が居ます。嬉しいですよね、こういうの。
d0090294_20274208.jpg
フィンランドのラップランドから大阪へ行くのでトナカイの角製品も少々販売します。木に見えるようなボタンはトナカイの角!私がラップランドへ移住した時はトナカイのまつ毛が、それはそれは長くて目がパッチリとして可愛い~と思いました。角製品も多く触り心地が良いんだ~と驚きました。角もこんなに可愛くなったらハンドメイド好きな人には是非使用して頂きたいです。私はスカートのポケットの所にアクセントとして付けていますが、スカートをひっくり返して洗濯しても丈夫です。草木染の毛糸でニット物を編んでトナカイの角のボタンを使用、こんなのも良いかもしれません。凄く小さいのもあって、も~自己満足の世界かもしれませんが、是非楽しんで下さい。
d0090294_20274286.jpg
冬、寒くて暗くなるフィンランド。-30以下になっても室内は一定気温に保たれていて暖かいです。ただ、出勤する時も帰宅時も暗い中帰ってくるとなると気も滅入ってしまう事も事実です。なのでフィンランドの方達はお家の中のインテリアに工夫をしています。証明だったり、温かみのある色のクッションやテーブルクロス、壁に飾るもの。テーブルクロスやテーブルランナーは普段から使っているお宅が多くデザインも素敵です。写真の素敵な柄、麻の織テーブルランナーです。フィンランドの手仕事専門学校へ通っている女性による、と~っても素敵な作品。私も時たま織をしますが、デザイン、セッティング、端の始末など手間がかかります。こういう手間があっても若い学生さん達が昔からの織を続けているという事は、とても大事ですよね。

物つくりは、楽しいので作るという自己満足もありますが(これは私)、手間暇かかったものを購入して頂き喜んで頂く事は次のステップに進める大きな応援にもなります。阪急うめだ北欧クリスマスマーケットにて、購入されるお客さん、作り手の作家さんにとって、お互いが笑顔になりますように!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-17 21:09 | 雑貨・インテリア/Interior
今年もワークショップ盛りだくさん 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット
昨年同様「阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット」今年も11/21-28までお世話になります。私が来日中は3種類のワークショップを毎日担当させて頂きます。「ユリハリユ家のクリスマス準備」を楽しんで頂けたらと思います。


d0090294_00571237.jpg
フィンランドではクリスマスの4週前の日曜日毎に蝋燭に火を灯しクリスマスを待つ習慣があります。今年の第1アドベントは11/3。
去年も行いましたアドベントキャンドルのワークショップ。去年とほぼ変わりませんが...今年はキャンドル部分の札を変えて飾る木の実はラーヌヤルビの森で採取して乾燥したものを使います。(写真の赤い実は乾燥前)苔は持って行けないので日本で調達するものになります。作り方はと~っても簡単です。その割には可愛く良い雰囲気になりますよ!毎年使いまわし出来き、アレンジも可能。実際に使う鉢は写真とは別のものになりますが雰囲気は似ています。お話ししながら一緒にクリスマス準備楽しみましょう!
d0090294_00571216.jpg
クリスマスには手作りのプレゼント如何ですか?ラーヌヤルビの森で採取した白樺の樹皮を使った小さな♡のブローチ。(写真は販売用のため箱入り。輪ワークショップは箱無)白樺細工は昔からフィンランドにある伝統工芸品。昔は物資が少なかったため、カゴはもちろんの事、バケツや升など日常雑貨も白樺細工で作られていました。中には「え~そんなものにまで~!」と驚く話もあります。白樺とフィンランド人の関係なども交えたお話しをしながら一緒に作りましょう。
d0090294_00571226.jpg
クリスマスと言えばクリスマスカードは必須です!素朴な雰囲気のカード2種類ありますが1種類選んで頂き制作になります。
d0090294_00571392.jpg
とっても繊細な雰囲気の天使/妖精。
d0090294_00571182.jpg
ラーヌヤルビの森で採取した材料を使って…どちらも取り外し可能で飾れる仕組みになっています。
d0090294_00571181.jpg

ワークショップは事前予約は要りません(所要時間50-60分)。定員人数制限はありますが、当日会場で申し込んで頂ければOKです。他にも週によってフィンランド人作家さん達によるワークショップが開かれますので是非とも楽しんで下さい。

【アドベントキャンドル】 11/21 22 23 24 25 13時~ 
【白樺樹皮のハートのブローチ
 11/22 24 25 26 17時~
【クリスマスカード 11/23 27 28 17時~ 11/26 13時~

[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-13 01:24 | イベント/event
ニット類 大集合!阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット
今は亡き母親。冬になると、こたつにあたりながら編み物をしていたり、袋いっぱいの毛糸玉が沢山あちこちあったり、母親の編んだアラン編みの深緑のセーターを父親が冬になると着だしたり...そんな光景を思い出します。母親は誰から編み物を教わったのだろうか。当時は編み物に興味もなく私が編み始めた頃は、まだインターネットなんてサクサクできる頃じゃなかったので本を頼りに何度も編んでは解いての繰り返し。そんなこんなで少しづつ学んでいったのです。今では私は母親と一緒の事をしているんです、笑。

来週の今頃は飛行機の中。単身で大阪へ飛びます。今年も阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット(11/21-12/25)にて販売いたします。一先ず先に販売ニット用品をお披露目~。
d0090294_23375224.jpg
今年も、ぬくぬくニット帽。右3個はウール65%アルパカ35%。市販色の毛糸。他は草木染毛糸ウール100%。
d0090294_23375294.jpg
何個あっても重宝するネックウォーマー。緑×青、えんじは市販色毛糸アルパカ100%。左のピンク/紫はカシスで染めたアルパカ100%。他はウール100%。淡い色が優しく感じますよね。首元にフィットする感じです。
d0090294_23375247.jpg
まだまだ続くネックウォーマー。右の1個(アルパカ100%)以外は全て草木染毛糸アルパカ100%。しっとりとして柔らかく暖かく、病みつきになります!薄い黄色と緑色の模様はレースの葉っぱ模様です。こちらは別途、編み図販売予定です。編み棒も販売予定ですので。編み棒・毛糸・編み図と合わせてお買い上げできます。このネックウォーマーは1玉50g以内で編めます。斜め模様、葉っぱ模様はゆったりタイプに付けられます。
d0090294_23375465.jpg
こちらはウール65%アルパカ35%の毛糸のネックウォーマー。市販色毛糸ですが草木染バージョンもあります。こちらも編み図・編み棒別途売りになります。毛糸は2色購入になりますが、余った毛糸で他のものも是非編んで下さい。
d0090294_23375492.jpg
長方形の長いバージョンはスヌード。2重巻きにするので保温性抜群&付けごたえあって見栄えします!草木染の毛糸ウール100%使用。
私も愛用しているシルク55%ウール45%のスヌード。(市販色毛糸)シンプルな服に合わせたら引き立つ個性派です!こちらは在庫が2個になります。(他の商品は1点のみ)
d0090294_23375429.jpg
太目の市販色アルパカ100%を贅沢に使ったスヌードは保温性バッチリ!寒がりで仕方ないという方にお勧めです!2重巻きにしてボワッと可愛い姿になります。
d0090294_23575776.jpg
ネックウォーマーやスヌードはこんな感じにクシュッとした雰囲気になります。
d0090294_23375398.jpg
マフラーも2点販売予定です。市販色のアルパカ100%の毛糸は羽のように軽い!右はメリノウール100%、草木染毛糸。同じレース編みですが姿が変わって見えるのが編み物の楽しいとこです。グルグルと首に巻いて暖かく過ごせますように。写真と実際は色の発色が若干変わります。手触りや付けた感じも好みがあると思いますので、会場にお越しの方、時間を忘れて楽しんで下さい!



[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-13 00:15 | イベント/event
草木染毛糸&編み物便利グッズ 大阪進出!阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット
今年も沢山草木染をしました。全部身近に採取した植物&家庭のキッチンから出た玉葱の皮やアボカドの種や皮。知っているようで、あまり知らない自然の不思議。本当に綺麗なんですよ草木染毛糸。

今年も阪急うめだ 北欧クリスマスマーケットで販売させて頂きます。11/21-12/25の期間開催予定です。お店の看板がロバニエミと付いていますが...実際にはラーヌヤルビはロバニエミ区域ではありませんが(ここ協調するのは私だけですが)ラップランド地域から素敵なハンドメイド品が勢ぞろいします。私が直接お店に立つのは11/21-11/28。草木染毛糸の事、諸々聞いてくださいね。
d0090294_22553075.jpg
今年、販売予定の毛糸は昨年同様、アルパカ100%(編み棒2.5-3.5ミリ/1-4号) ウール100%(編棒2.5-3.5ミリ/1-4号)に加え、ウール65%アルパカ35%(編棒5ミリ/10号)、スーパーウォッシュウール100%(編棒2.5-3.5ミリ/1-4号)。柔らかさや軽さがとにかく病みつきになるアルパカ100%は赤ちゃんの肌にもお勧め。セーターや肌に近い部分のアイテムにお勧めです。ウール100%は、少々羊の脂分があるの=水はじき性があります。ミトンや帽子にも優れています。もちろんセーターも◎ 敏感肌の方にはチクチクするかもしれませんがウール100%の性質を生かしてフェルト化にも出来ます。敏感肌の方はアルパカ、ウール65%アルパカ35%やスーパーウォッシュウール100%がお勧めです。スーパーウォッシュウール100%は染まり具合の発色が強めです。太目の糸でサクサク編めるのはアルパカやウール65%アルパカ35%。太さもあるので保温性もあります。

私の会社名であるKassun kotiの名前・ロゴ入りのラベル。裏側には、こんな表示がしてあります。使用植物・棒針の太さ・毛糸の種類・ロットがマークされています。同じ原料でもお鍋が違ったりすると色が多少変わるので右上の黒い数字がロット番号になります。
d0090294_22554601.jpg
かれこれ7年以上使用している編み物便利グッズ。トナカイの角とゴムでできた編み物ストッパー!サーミ文様も入っています。これが便利で可愛い!バッグに入れて持ち歩いても棒針がキャップ部分から外れにくいので固定感バッチリ!すぐに無くなっても買い足し出来る安い道具も便利だけど、こういう長持ちして、やる気がアップするような道具も良いものです。そして声を大にしてお勧めできる、この白樺の木から出来たカラフルな編み棒!滑りにくいし手のフィット感が良いし棒が15cmなのでミトンや靴下編みを5本棒使って編む時に棒が長すぎず本当に良いのです。ストッパーも編み棒も阪急うめだ 北欧クリスマスマーケットで扱います。5本針は3ミリ、帽子やネックウォーマーを編む時に便利な輪編みケーブルは3ミリ/40cmと5ミリ/40cm。どちらも私の草木染毛糸に対応しております。長い事編まれている方はメタル棒を卒業して下さい!既に竹の編棒を使用されている方も多いと思いますが白樺の木は竹よりも固く丈夫ですので試してみられるのも良いかと思います!
d0090294_23222077.jpg
去年、「編み物キットはないのですは?」というお声が多かったのですが、実際に準備をしていたのですが...毛糸・編み棒・ストッパー・編み図を別々に販売予定です。と言うのは毛糸の色や種類が多くて私が選ぶよりも、お客さんに選んで頂きたいのです。何を編むか、どんな色にしたいのかを直接お話ししながら選んで頂けましたらと!11/21-11/28は店頭に私もいますので是非、声をかけて下さいね~。
今年のニット類がどんなものかは次回のアップで...

[PR]
by Kippis_Y | 2017-11-12 23:35 | イベント/event
またお誕生日シーズンが来ました。
私の住むラーヌヤルビという小さな村には小学校があります。すぐ隣です(同じ建物の壁1枚越し)。小学校には我家の子供を含め15人います。目の前の幼稚園には6人。皆お友達です。そんな村は春からお誕生日会ラッシュが始まります。ある時は毎週末続きでお誕生日会という事もありました。子供だけではなく大人も親戚も来たりと、お家中を公開~といった感じです。準備をする親としてはケーキ作りに、塩っけのある軽食を用意したり、もちろん掃除も必須なので何かと忙しいです。大変ですが、村の子が何月で何歳になるというのも覚えるようになって安心感もあります。我家の息子・あんじんは8月で7歳になりました。やはり彼もお友達を招いて一緒に遊びたいという希望だったので学校のお友達全員に招待状を出しました。ケーキは彼の希望通りの苺ののったフルーツケーキ。懐中電灯や木製の宝箱も希望通りプレゼントしました。大満足で7歳を迎える事が出来ました。

d0090294_05382433.jpg
d0090294_06112688.jpgあんじんの誕生日の数週間後は娘・ことりの9歳の誕生日でした。彼女も学校のお友達を招きたいという要望だったので、お誕生日会を開きました。とっても賢くなったなと親馬鹿ながら感心したのが、招くからには「皆に楽しく過ごしていってもらいたい。」と言って大好きなゲーム、マインクラフトのキャラを厚紙に描いて切り抜いてグルーガンでストローに付けてもらって自作ストローを作っていました。それから、これまたマインクラフトのキャラのピナタ(メキシコのくす玉)を作りたいと言ってパパと一緒に作り始めたのです。これが大きなサイズで立派!ピナタの中にはキャンディーを入れるそうで、あまりにも大きいので後ほど近所の商店でキャンディーを買い足すという...ピナタを叩く剣は廃材の木から作りペイントし、それはそれは立派なピナタ&剣が完成しました。一番本気になって夢中になったのは、そうパパ!当日は、大盛り上がりでした。こうして大人も子供と一緒になって楽しめる誕生日会になったのは、ことりに感謝です。
d0090294_05374971.jpg
キャンドルも1本増えました。希望通りの人参ケーキ。皆、美味しい美味しいとおかわりしてくれました。隠し味はオレンジピール!デコレーションがほんとイマイチですが...ナッツやベリー入りのチョコレートをのせてみました。10月はA-Jの誕生日、そして11月上旬は、こゆきが4歳になります。さ~どんな風にお祝いしようかな。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-10-05 06:22 | イベント/event
お菓子焼放題の7月
d0090294_21491040.jpg
7月は沢山、砂糖と粉を使った月でした。7月の第3・4の土曜日はラーヌヤルビの村のバザーで、8歳の娘・ことりと一緒にお菓子を焼き出店しました。これが定番のシナモンロール。形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!
d0090294_2149504.jpg
プッラ(菓子パン)の生地を作る時は粉を1キロ位使うレシピなので今回は1/3はシナモンロールに、2/3は、カスタードクリームの入ったダラスプッラを焼きました。もう少しカスタードが多くて生地を薄めにすれば良かったかな。
d0090294_21503887.jpg
林檎とルバーブのマフィン。小麦粉に加え、はライ麦やオーツも入っています。このカラフルなアイシングをしたいという娘の希望~。
d0090294_21511615.jpg
綺麗に丸くするのが非常に難しい抹茶クッキー。緑のクッキーってフィンランド人にとって不思議に思われるかしら?と思ったら試食用のクッキーでナンバーワンの人気でした。
d0090294_21521344.jpg
卵を泡立てて粉を混ぜて小さなクッキーを焼いて...ココナッツの粒粒とアーモンドをローストし、ミルで細かくし…溶かしたチョコと混ぜてガナッシュを作り挟むという長い工程の後にA-Jに味見をしてもらったら「??味がない」と言われて凹みましたが、結構人気だったこのクッキー。
d0090294_2153674.jpg
クリアバッグに入れて...と想像しながら袋をスーパーで物色。10枚入りで約500円。おっ、これは高い!(フィンランドは雑貨類の税金が24%)という事でラッピング用のクリアのフィルムをミシンで縫い、テープでとめ完成~ これは第1回目用のもの。
d0090294_21535875.jpg
第2回目はクッキー詰め合わせセットでこんな感じ。思ったより出てくれて嬉しい~。私は不要品やマリメッコ類を出店したのですが、やはり食べ物は強い!来年は、やはりカフェランチをしてみたいな~。今年は10店位出店したのかな。不用品売りや手作りのものを売ったりと、小さいながら結構人の足が多かったです。

例えば、「ホームステイをしながら現地の人と触れたい、英語や習ったフィンランド語を使いたい」という方は来年是非~
[PR]
by Kippis_Y | 2017-08-01 22:14 | 食べ物色々/food
えっ!たんぽぽジャム?!これ美味しいです!
d0090294_23122526.jpg
フィンランドの夏!森に、野原に色々な美味しいものがあります!
たんぽぽジャムも夏らしい色で、とっても綺麗に仕上がりました。
d0090294_23125390.jpg
私の生活は時間や手間がかかる事ばかりで早回しは出来ず、スローです。でも、そんな工程を経ての結果は大きな喜びに変わります。もう、これは自己満足の世界ですね、笑。田舎暮らし、自然に恵まれた場所なので近くで色々な美味しいものがあります。時期や天候によって収穫できる日も変わるので予定はあってないような、あるような...
d0090294_23131930.jpg
晴れの日に元気に花を開いている、たんぽぽ。日本のたんぽぽと比べると背丈が高く、お花も大きめです。このお天気の良い日(風があれば尚最高=蚊が飛ばされていくので)にササッと、たんぽぽの花を摘んできました。白いたんぽぽ汁は後に茶色く変色して付着するのでバケツではなくて紙袋が◎フィンランド、とくにラップランド地方は蚊が多く、更に蚊より手ごわい吸血鬼の様な虫が飛んでるのでササッと収穫!
d0090294_23134378.jpg
その後は花弁のみ取り除く作業。この作業、時間はかかるし指は黄色→茶色くなるけど、私は大好き!何しろ取る時の感覚とかが面白いのです。花弁のみにすると丸で羽のような感じなのですよ!
d0090294_2314750.jpg
お鍋にレモン(オレンジでもOK)を入れて熱々のお湯をヒタヒタまで入れて1番放置。その後、花弁とレモンを取り除いでジャム用の砂糖を入れ沸騰させ、ジャムの熱が少々取れたら新鮮な花弁を追加投入!冷まして完成~
d0090294_23143885.jpg
むふふふ、気になるお味は...花弁使用なので蜂蜜のような風味です。凄く砂糖が入っていますが...(普通のジャムどころではありません、汗)たんぽぽと言われないと分からない程ですよ!臭みも苦味もなく綺麗で、とっても美味しいです!
[PR]
by Kippis_Y | 2017-07-01 23:38 | 食べ物色々/food
石窯でパンを焼く贅沢
d0090294_5131912.jpg
フィンランドにも遅めの夏がやってきました!5月31日頃から急に気温が+20~+25度に。毎日晴れています。いざ晴れの日が続くと暑さに慣れてなく数日は疲れやすかった&集中できない~症候群でした。A-Jからは「フィンランドよりも暑い国から来てるのにねー。」と言われましたが...人間、そんなもんですって!今は大丈夫です。

さて、このパンは急に夏になった直前に焼いたパン。この日は日中でも+4~+7度と肌寒かったので建設中の森の家の石窯で焼きました。夏の暑い日には焼けないので寒い日限定パンです。低温発酵、室温10時間必要なパンですが、途中でかけたので更に数時間、冷蔵庫に数時間入れておきました。発酵時間は約40分、焼き上げるのに20分程。
d0090294_5141545.jpg
そう言えば、森の家の建設についてあまりブログでも更新してませんでしたね。後ほどゆっくりと更新します。まだ今年も引っ越しできそうもありませんが、私も手伝いをし貢献中です。大まかの仕事が休みになったA-Jは毎日家つくりに励んでいます。白夜なので夜遅くまで残業です。
森の家の熱は太陽エネルギー、風力がメインで、部屋を暖めるのは、この大きな暖炉&石窯です。黒いドアの中に薪を入れて火が落ち着いてきたら薪をよけて炭を掃いてパン生地を直に入れて焼きます。この炭の香りも香ばしく美味しい!森の家は現在の住んでいる家より徒歩2-3分、夏は森を突っ切れば、もっと短縮できます。まだ井戸から水を引いていない&キッチンは使える状態ではないので自宅で生地を作り、森の家まで持って行き焼く寸前に型から出し焼く、焼きあがったら森を抜けて自宅へ運ぶという状況です、笑。
d0090294_514366.jpg
切ってみたら、こんな感じです。この日はスープにパンというシンプルな夕飯でしたが、とっても満たされました。ごちそう様~!
[PR]
by Kippis_Y | 2017-06-11 05:39 | 食べ物色々/food
フィンランドの陽気なメーデー
d0090294_20325585.jpg
フィンランドでも5月1日はメーデー、Vappuと呼ばれています。ヴァップの飲み物と言えばレモネード。お店でも買えますが家庭で簡単に作れるので自家製のお宅も多いです。我家も今年も作りましたよ~。イーストが入っているので炭酸もしっかり出来ます!揚げドーナッツを食べるのも習慣です。
d0090294_20332030.jpg
フィンランドでは、日本の様な労働者の日というよりは学生の日という感じで、日本出身の私が移住したての頃は文化の違いを感じたものです。当日よりもヴァップの前日が盛り上がります。我家の子供達も幼稚園や小学校でも、ヴァップの仮装をしたり飾りを作ったりしてきました。笛や、serpentiiniというカラフルな紙。これは何層にもなった紙が1色分ずつ手で切れるようになっていて、手にもって口から息を吹きかけるとクルクル~っと紙が飛ぶ仕組みになっています。このまま出ただけでは想像しにくいと思うんですけどね、実際に吹いてみると「なるほど~!」となります。部屋に飾ったりテーブルの上に飾ったりと一段と辺りがカラフルになります!

ピクニックをする習慣もあるのですが、メーデーの時期はラップランド地方ではまだ雪が沢山...南は今年は雪が降ったそうです。ラップランド地方は逆に良い天気だったのでバーベキューを楽しめました。日本はGWも終わりですね。去年の今頃は日本へ一時帰国旅行をしたので、あ~楽しかったな、気持ちが良かったな~と思い起こしています。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-05-07 21:00 | イベント/event
母親の手が臭かったわけ
d0090294_4482137.jpg
幼い頃、今は亡き母親の手が変な臭いがする~と思った事がしばしばありました。言葉に出来ないあの感じ。でもでも、その臭いの原因が分かりました。あれはきっと糠漬けの糠だったんだ!そう気が付いた私は4月7日で、めでたく36歳になりました。

糠を日本から運んできて頂き念願の糠漬け完成。毎日楽しんでいます。久々に糠漬けを食べたら「そうそう、故郷の味!」そう感じました。薄味にした料理を食べて糠漬けを一緒に食べると塩加減も丁度よくて本当に美味しい。A-Jも少々食べるけど、子供達は「臭い~」と言って食べません。糠から野菜を取る時も、取って綺麗に洗った手が近づいても「臭い、あの日本のピクルスだ!」と言います。(納豆や味噌、醤油なんて飲んでしまう勢いで好きなくせに~ チッ!)でもね、私も小さい頃に臭いと思っていたから気持ちが分かるな~、その反面に子供の反応が微笑ましく思えます。

パプリカやアボカドも漬けてみたり、糠をちょっと取って豚肉も漬けてみたけど、やっぱりキュウリとナスが一番かな。ニンジンは生でも十分甘くて美味しいので人参の糠漬けは、その次かな。フィンランドのキュウリは日本のと比べると遥かに大きいです。同じくナスも巨大。なので2日間漬けると丁度よく美味しいんです。

そう言えば、私達が結婚したてで、まだ日本に住んでいた頃、時たま実家へ帰ると、母親がA-Jと顔が合う度に「ナス食べる~?」と聞いていたっけな。当時まだ日本語が危うかった彼は母親のお陰で「ナス食べる~?」と言う日本語が上手になりました。あまりナスが得意じゃないA-J、それに2時間置き位に聞かれてもナスばっかり食べられないよね、笑。そんな事を糠漬けを漬けながら思い出してニヤニヤ。A-Jに「漬物食べる?」って聞く度に2人暗黙の了解のように母のナスの事を思い出します、笑。そんな漬物思い出話でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-04-09 05:19 | 村の生活/village life