タグ:子供 ( 47 ) タグの人気記事
あんじんの魚
d0090294_5512041.jpg
今年の夏は一体いつ来るんだろう?このまま秋になってしまうんじゃないか、そう思う程、冷夏です。たま~に気温20度程になりますが雨の日が多い夏です。例年なら30度位になる夏日もあるんですけどね。なので天気の良い日は外に出ないと損です!蚊もだんだん減ってきました。

あんじんのリクエストで近くの湖に魚釣りへ行ってきました。雑草畑からミミズを数匹取ってバケツに入れて…ミミズを見つけると初めて見たかのような嬉驚きな反応をする子供達、笑。
d0090294_5504120.jpg
魚は頭がよくミミズの皮を残して去っていったり丸まる食べてしまって中々、魚が引っかかりません。ことり・こゆきと私は湖の辺で花摘みをしに行きました。しばらくして…"KALA!!!!サカナ!!!!"と元気な声が聞こえてきました。皆で走って行ったら、ちゃ~んと魚が!15cm位だったかな。あんじんの人生で初の魚!凄く自慢げに嬉しそうにして釣り竿を持っていたのに、魚がビクッと動いた瞬間弱気になって竿をA-Jに渡し、口に指が入ってます…笑。これはSärki(ローチ)という鯉科の魚かな?小さいので湖へ返しました。小さな魚でも、私にとっては凄く大きな魚に感じましたよ!
d0090294_551258.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-02 06:16 | 村の生活/village life | Comments(6)
夏休みの始まり
d0090294_450517.jpg
6歳の、ことり。2本目の歯が今日抜けました。知らずに食べちゃった!! 3ヶ月くらいユラユラしていた前の下の歯、1本目は今月先に抜けて歯の宝箱に入っています。そんな彼女、終業式が本日あって夏休みに突入! 新学期は8月12日から、小学1年生になります。幼稚園児の4歳のあんじんも2ヶ月以上の長い夏休みに突入です。そんな夏休み初日の今日は初夏日和でお天気が最高でした。森の家の前で見つけたピンクにペイントされた石を驚きながら見せてくれて大事にポッケにしまって…毎日、驚きの連続です。
d0090294_4483498.jpg
毎年、同じ場所に生えてくると知っていても、やっぱり見ると嬉しくなります。今年もルバーブが顔を出しています。6月中には収穫できるのでケーキにジュースにジャムに…冷凍保存して1年分食べられる程たっぷり収穫できます。
d0090294_4492446.jpg
ことり・あんじんの後を追ってスポンジのように吸収力が良い1歳半の、こゆき。この長い夏休みは子供達にとっても私にとっても成長時。夏のビタミンDを沢山摂取して体で心で思う存分、楽しめますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-31 05:09 | 村の生活/village life | Comments(6)
フィンランドも母の日
d0090294_453899.jpg
Äiti: アイティとはフィンランド語で「お母さん」。1日何回子供達に「アイティ」と言われているでしょうか。沢山・笑! 外出先でも、よその子が「アイティ!」と言っていると一瞬「私?」と振り向いてしまう事があります・笑。さて、先週の日曜日は日本は母の日でしたね。こちらフィンランドも母の日でした。子供達が幼稚園・学校で作ってくれたカード。嬉しそうに目を輝かせている姿は本当に好き。それに自分が作った事に誇りを持っているのも嬉しいのよね。ことり・あんじんが苺をカットしてくれて一緒にケーキのデコレーション。ありがとうね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-12 05:10 | イベント/event | Comments(4)
子供のスティッチ 私のスティッチ
d0090294_1912193.jpg
2週間前に、こゆきが水疱瘡にかかり、その2週間後=先週末から、あんじんと、ことりが水疱瘡になり幼稚園と学校をお休みにしています。こゆきは症状が軽く掻き毟ることはなかったけど、あんじんは痒くて痛くて喉も痛く見ていて可哀想です。症状としては食欲がなくなる、頭が痛い、熱が出る…。 ことりは、自分も水疱瘡だけど、あんじんの姿を見て心配そう。かと思いきや、元気に3人で遊んでいたりと波があるようです。

さて、今回の話題は数ヶ月前にさかのぼって… ことりは学校の手芸の時間にスティッチをしたらしく凄く楽しかったそう。ある日、学校から持って帰ってきたクロスを出してきて「針と毛糸をちょうだい」と言うので喜んで渡しました。私の隣に静かに座って集中して色々な色の毛糸で刺繍の続きを楽しんでいました。色々な色が交差するのが楽しいそう。
d0090294_1913544.jpg
d0090294_1914916.jpg
そんな彼女につられ私もクロススティッチをしてみました。使わなくなったリネンのテーブルランナーを練習用にして挑戦。初心者・笑。目がくっつきそうな程、集中しましたよ~。細かい作業が思ったより楽しくて癖になっています。その後もチマチマと出来る時にしています。他にも、ちょっと初めては休んでいる編み物・ミシン・機織… 本当にじっとしてられません!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-04 19:19 | 村の生活/village life | Comments(8)
イースター 6歳のことりの心
d0090294_22405959.jpg
怖い夢を見たり、見るんじゃないかと不安があって夜なかなか寝付けなかった、ことり。1ヶ月位前程から安心して寝られるようになったそう。「夜寝る時にイエス・キリストにお祈りをしてるの。それから夜寝られるようになった。」そう言っています。学校でもキリスト教のお話をしたり食事の時にお祈りをしたりするそう。昨日は学校で教会訪問をしてイースターの話を聞いたそう。「イエス・キリストが十字架に架けられてしまった話を聞いたら悲しくて泣きそうになちゃった。」そう言う彼女は神様の存在を信じているそうです。実際に目の前で姿として見る事の出きない神様を疑いもなくピュアに信じられる心に感謝です。

さて、明日からイースターホリデー4日間が始まります。週末は義理のお母さんの誕生日、イースターをお祝いしにロバニエミに住む義理のお母さんのお家へ行く予定です。
Hyvää pääsiäistä! Happy Easter!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-04-02 23:08 | 村の生活/village life | Comments(10)
フィンランドのイースター魔女
d0090294_6132852.jpg
29日の日曜日はパルムスンヌンタイでした。イースターの1週間前の日曜日に子供達が可愛い魔女に変身して家々を巡ります。手にはカラフルな羽の付いた猫柳を沢山持って、やかんやカゴも必需品です。近所のお家のドアを叩いて「幸福のおまじないして良い?」と家主に尋ねてから、呪文を唱えます。猫柳の枝を渡すとお菓子だったりコインを貰えるのです。
d0090294_614823.jpg
金曜日に近所のサンニの家に遊びに行った、ことり。サンニのお母さんのリーッカと一緒に猫柳を取って来て飾り付けをしたそう。我が家でも、この飾りを作ろうと羽を準備しておいたので土曜日は、ことりがせっせと枝に飾りつけ。便利な事に羽には細い針金が付いているので子供でも簡単に飾りつけが出来ます。みるみると言う間にカラフルで春の雰囲気が高まります。

d0090294_6135075.jpg
「日曜日になったら魔女になって一緒に近所を巡ろう」そう約束をした2人。田舎のパルムスンヌンタイはイースター当日と聞いた事があったので日曜日は呑気に過ごしていたのです。夕飯を食べよう!と思った18時。1人の魔女がやって来ました。とっても可愛く変装したサンニ。それから大急ぎでスカーフを巻いてエプロンを巻きつけてフェイスペイントをして家を去って行った、ことり。2人だけの冒険。

家を出て30分位した後かな、外は雪がちらついていたので寒いかなーと思ってズボンと帽子を持って私も歩いて行きました。流石、田舎!すぐに2人を見つけました。何処のお家でも良いわけでもなく、ちゃんと、お友達のお家を訪ねていったようです。
d0090294_6143441.jpg
あんじんの提案で椅子と椅子をくっ付けて、ことり&あんじんで並んで夕飯を食べようとした矢先に、ことりが行ってしまい寂しそうに窓の外を見ていた、あんじん。彼は1週間以上、体調を壊していて、お家で留守番なのです。1時間位して卵のチョコレートやクッキー、ガム、コインをカゴに入れて帰ってきました。とっても楽しかった様子。収穫を、ことり・あんじんでちゃんと半分こしたようです。
d0090294_6145012.jpg
まだお菓子が食べられない、こゆき。ことりのスカーフやエプロンと同じように巻いて欲しかった様子なので彼女も小さな魔女に変身。ハロウィンの魔女は色も黒や紫でダークな感じですけどイースターの魔女は春の色の様にカラフルで、ほのぼのとした田舎な感じの魔女が特徴的です。

猫柳の枝はイースターの時まで飾ります。我が家では、その後に枝を捨ててしまわず、羽を取って観葉植物の支柱にしたり雪がとけた後に畑の端にさしておきます。そうすると柳はみるみると葉が開いて成長するのです。
d0090294_615412.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2015-03-30 07:08 | 村の生活/village life | Comments(8)
苺柄のバッグと子供服
d0090294_2144414.jpg
ラーヌヤルビのあるラップランド地方は2月の下旬からスキー休みが始まって今週末まで子供達の幼稚園も学校も休み。この春先の時期は太陽の光も浴びられて気温も寒くなくスキーをするには丁度良い時期だそうです。

子供達が昼寝中に、適当に寸法を測って縫った苺柄のショルダーバッグは、ことり用に。くるみぼたんを作って開け閉め可能にしてあります。中生地は苺のヘタをイメージして緑生地の花柄。それから、1歳4ヶ月になった、こゆきには服を。この型紙は大好きで少々改良して何着も縫っています。長さもあるのでタイツの上に着せるとワンピースになって可愛いのです。今回はタグ部分も変えてみましたよ。スナップボタンは普段使わない青にしたら先日、男の子に間違えられました、笑。

すっかり太陽の光は春なのでミシン作業もしやすいです。やっぱり自然光だと見やすいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-03-06 21:23 | 村の生活/village life | Comments(6)
赤ちゃんを外で寝かせるって本当?
d0090294_4162654.jpg
ことり、あんじんが外で雪遊びをしている間に、こゆきはベビーカーで昼寝中。
2人は遊び終えて家の中に入りました。こゆきはベビーカーごと玄関先に置いてお昼寝続行です。
フィンランドでは、冬-10~-15度までなら厚着をさせて赤ちゃんを外で寝かせる事をお勧めしています。夏は蚊が多いので蚊避けネットをして。そうすると1時間~2時間少し寝ています。ベビーカーの近くにトランシーバーを1台、室内に1台置きます。外で何が起こっているのか室内にいてもトランシーバー越しに聞こえてくるので大丈夫なのです。

冬生まれの子は生後2ヶ月から、夏生まれの子は、もう少し早くから外気に慣らしていくので1ヶ月もしないうちに外でのお昼寝が開始です。「外の空気は新鮮で赤ちゃんも良く寝られる」と言われていて、病院の先生も保健師さんもお勧めしているのです。やっぱり、はじめは抵抗があって6年前の、ことりの時は勧められても、していませんでした。でも、念を押されて勧められたので渋々、不安になりながらしてみました。当時は何度も息をしているか確かめに行ったものです。慣れてきたら逆に、寝付けないので外に出してあげると「外で寝かせる魔術」にかかったようにコロリと寝付きます。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-01-19 04:22 | 村の生活/village life | Comments(4)
あの時、あの瞬間から1年
d0090294_5242758.jpg
長女・ことりは「大人になりたくない、だって赤ちゃん産むの痛いんでしょ」っと6歳ならではの意見。
「痛いけど、すぐに忘れちゃうの。ママは希望がある痛みだから乗り越えられたの。」

明日は次女、こゆきの1歳の誕生日。本当に早かった1年。あの日の事は鮮明に覚えていて、生まれたての我子を抱っこした時の温もりや、じめっとした感じを今でもよく覚えています。隣で寝ている同室の人を起こさないように夜中、そーっと、オムツを交換したり授乳をしたり。子供達がA-Jと一緒に迎えに来てくれた時の事。自宅への道のりに見た白い景色。懐かしいな。

色んな仕草が出来るようになってきて家族の皆に可愛がられている、こゆき。明日の誕生日を迎えられる事にも感謝します。おめでとう!ささやかなお祝いをしようね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-11-05 05:27 | ちょっとお知らせ/info
はかなくなったズボンをようやくリメイク! 子供服
d0090294_5382977.jpg
d0090294_538532.jpg
次女・こゆき用に縫ったズボン。実は…この茶色いのやチェックの布は私のズボンをチョキチョキ切ったもの。もうかれこれ15年位前のものかな。何年も前にはくのを止めて「いつか洋服の足しに…」と思って棚の置くに詰め込んであったのです。重い腰がよく上がったと自分でも驚~。こういう「いつか使える」と言う材料がゴロゴロあるのです。まるでハムスターの様にためます。でもハムスターの方が消費が早いですね。ポケットのインナーは北欧レトロ布を使っています。誰も見ないだろうけど…
d0090294_5392953.jpg
今年の春頃に私のネーム入り織りタグKASSUが完成したので何処にでも付けています。裏にはメイド イン フィンランド入りです。こうやって洗濯にも強いタグを付けるとビシッと締まる感じがします。
d0090294_5394664.jpg
私の着せ替え人形状態の、こゆき。気が付いたら5日で11ヶ月になっていました。1歳まで1ヶ月をきりました。まだ生まれてから半年しか経ってないような気がしたのですが…おかしいな~
d0090294_540710.jpg
最近は何も摑まらずに自分で立てるようになって、ますます楽しそうな彼女。我家の2階の閉まりにくいトイレのドアが少しでも開いているとハイハイで侵入しに行きます。それを目撃されると更に猛スピードになるので面白いんですよね。そのお陰でズボンの膝もダメージが。靴下を履かせると自分で取ったり脱げてしまうので足先まですっぽり隠れるズボンが便利です。いかにも、赤ちゃんな感じがして好きなデザインです。時間を見つけては服作りを楽しんでいます。

お知らせ: 秋冬に便利なKassu!とんがり帽子今年も是非!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-07 06:06 | 村の生活/village life