タグ:子供 ( 46 ) タグの人気記事
2016 クリスマス 奇跡のサンタさん
d0090294_23225247.jpg
今年も生木のクリスマスツリーを23日、我家の森から切ってきました。24日の午前中にオーナメントを皆で付けました。素朴感のあるツリーがフィンランドのクリスマスツリーですね。

さて、フィンランドではサンタさんのお手伝いの小人(トンットゥ)が身近な存在です。昔はサウナや家畜小屋、家の前にトンットゥにご飯を置いたりしていたそうです。とっても働き者で年中を通して子供達が良い子にしているか見守っているのです。我家の3歳、6歳、8歳の子供達はサンタさんの存在もトンットゥの事も信じています。ある日は子供部屋の窓から見えた外の真っ白な雪にトンットゥの足跡が見えた~と大喜びで3人外へ出て足跡を付けに行っていました。結局見失ってしまったけど…

クリスマスが近くなると子供達は何が欲しいのかプレゼントのリクエストリストを作ります。これがまた長い!沢山欲しいものがあるのです。その紙を階段に置いておくと翌日紙がなくなっていてトンットゥが取りに来てくれたんだ~となるのです。今年は階段に置いておくのを忘れてしまったそう...「でもサンタさん来るかなー、きっと来るよ!」そんな風に子供達が会話をしていました。サンタクロースはフィンランドに住んでいるので24日にプレゼントを届けに来てくれるのです。本当に来てくれるのですよ!そう、今年も我家に来てくれました!

我家のあるラーヌヤルビの村から車で1時間程の市、ロバニエミには公式のサンタクローズが住んでいます。サンタさんには1年中会いに行けます。でも、こうしてクリスマスイブにサンタさんが自宅へ来てくれるのは実は別のサービスがあるのです。例えば、夕飯時になると家族や親戚の1人が何処か行方不明になってサンタさんが登場する、もしくはクリスマス時にお店の掲示板に「サンタさんがお宅へ行きますよ~」というサービスにお願いする。我家は家族一緒にサンタさんを迎えたいので毎年サンタさんにお願いして来てもらっていました。今年はタイミングを逃しサンタさんは直接来れない事に…待っている子供達の事を考えると心が痛む...なので子供達がサウナ中に玄関前にプレゼントの入った大きな袋を置いて去って行った、という想定にしました。プレゼントの袋を見つけた時の子供達は大喜び!子供って本当にピュアです。「夕飯後に開けようね」という事でクリスマスツリーの下に置いておきました。そして...夕飯中に玄関から音が...なんとサンタさんの登場!サンタさんが来ていないお家を回っているという何とも奇跡な事が起こったのです。でも、既にプレゼントは置いて言ったでしょ~という質問に「さっき来たけど、誰も返事をしないからプレゼントを置いて他のお友達にプレゼントを置きに行ったんだよ。また帰ってきたんだ。」とサンタさん。子供達はサンタさんに歌を歌い、ツリーの下のプレゼントをサンタさんに配ってもらい子供も大人も皆、満足。子供だけではなく大人にもちゃんとプレゼントを運んでくれます。そんなサプライズな事が起きたクリスマスイブでした。
d0090294_23231675.jpg
こちらはクリスマスは1月6日までです。このままツリーを飾りながらの年越しになります。ブログは相変わらずノロノロ更新になってしまいましたが、今年は色んな出会いがあり、新年の誓いも形となった年でした。実りの多い年でした。2017年も皆さまにとって些細な事が幸せ~と感じられる年になりますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-31 06:19 | 村の生活/village life
クリスマスまで、あと少し
d0090294_204638.jpg
あれよあれよと言う間にクリスマスも目前!子供達もクリスマスホリデーが待ち遠しい様子です。クリスマスの音楽が流れると赤と白の帽子を被りテンションも更に上がる子供達。クリスマスのジンジャークッキーや星形・プレゼントボックス形のクリスマスパイを作る時には勢いよく飛んできます。忙しいというか、騒がしいですが、こうして一緒に居られる事は幸いな事ですね。
d0090294_2052777.jpg
クリスマスカードも次々に届いています。今年のフィンランドのクリスマスの切手、可愛いです。国内早期郵送時期に1枚だけ貼れば良いという90セントの切手はトナカイの絵。続いて女の子の絵は1.2ユーロ、赤い伝統ログハウスの切手は1.3ユーロと別れています。切手には値段も郵送クラスも書かれていないので一体幾らなの?と分かりずらいですが、シール感覚的な感じですね。
d0090294_2081096.jpg
昨日の日曜日は第4回目のアドベント。4本全てにキャンドルが灯りました。クリスマスまで本当にあと少し!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-19 20:35 | 村の生活/village life
3歳の誕生日 家族で楽しく
d0090294_21165124.jpg
こちらは雪も降り。白い雪景色です。こゆきが舞う頃、我家の、こゆきの誕生日。この間の土曜日、元気に3歳を迎えました。

誕生日前日、8歳のことりが「こゆきの誕生日のためにマフィンを焼きたい」と言うのでレシピを自分で読んで見事に完成~。トッピングも可愛らしくしていました。このマフィンは義理のお母さんのお家で皆で食べました。
面白かったのが、これまた誕生日前日の夜に、ことりが「開けちゃダメだよ!」と何やら子供部屋でカサカサゴソゴソ。(3歳になる妹にプレゼントをあげたいと、使わなくなった自分の人形や服をラッピングしてましたよ=笑!当日、こゆきは包みを開けて大喜び~平和な年頃です。)
d0090294_21173346.jpg
話が前後してしまうけど、こゆきは「誕生日の朝はチョコレートケーキが食べたい」と言っていたので願いを叶えました。ココアスポンジにオレンジクリームとシナモン味の生クリームを挟んでチョコでコーティングしたのみ。甘さ控えめでオレンジクリームがアクセントで大人も子供も子供受け良かったです。結構、適当に作った割には胸をなでおろした出来でした。ただ、疲れなのか寝ぼけなのか...朝、テーブルにケーキを置いてキャンドルを置いて誕生日の主役を呼ぼうとした矢先、ことり&あんじんが「ママ、2ってあるよ!3だよ!」... うっかりもいいとこ、「2」という数字キャンドルを立てていた...慌てて3本のキャンドルを立てました。ほんと、どうしていたんでしょう~爆!

甘い朝食を食べながら急遽、2時間程北上した町のスパー温泉に行こうという事になり皆でリラックス&楽しい誕生日を過ごしました。主役の、こゆきも大満足。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-11-07 21:38 | イベント/event
8歳の誕生日
d0090294_2041875.jpg
先日は、長女・ことりの8歳の誕生日でした。彼女の誕生日の希望は「お友達を読んで誕生日会。ケーキはモカケーキ。」誕生日当日は月曜日なので夕方より夕飯をかねてお友達8人&大人、皆でトルティーヤを食べました。各自好きな具をのせて巻いて...野菜も多めで、とってもお勧めです。想像してた以上に皆よく食べてくれて嬉しい♪ 

モカケーキは、数か月前よりリクエストを頂いていたけど、地味~な感じのケーキなので(実際は甘くてドッシリしてます!)メインのケーキはレモンライムチーズケーキ。黄色い表面に森で採れたコケモモを並べだしたら楽しくなってしまって、結局思うがままデコレーションを楽しんで、溶かしチョコレートも加わってこんな風になったわけです。お友達の中にはグルテンアレルギーの子もいるので彼女も食べられるようにベースの茶色いのはグルテンフリー使用。土台作りにドキドキしてしまったけど、何とか無事クリアしました。こんな風に誕生日ケーキとなると以上に緊張してしまう私です。

何はともあれ、娘が元気に成長している事は感謝です。
d0090294_2045626.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-30 20:20 | 食べ物色々/food
夏のある日 秘密基地&BBQ
d0090294_0242930.jpg
子供達の長い休みも今週末で終わり。長かったような短いような。毎日一緒に要るので大きな成長は感じないけど、きっと気が付かないだけで成長しているんですよね。成長と言えば、夏の草花の生命力は本当に強く、刈っても刈っても伸びる伸びる!この森の家の敷地内にはルバーブ、カシス、ラズベリーが育っているのですが(現在は写真よりも草やベリーの葉も沢山!)数週間、草を刈らないと凄い事になっています。その分、蚊も増えるので定期的に刈ってベリー摘みもできるようにしておかないとです。歩く場所が欲しかったので小学校の廃材=屋根の瓦を使ってウォークウェイを作りました。歩くとカタカタと音を立てるのが気に入っています。
d0090294_0245747.jpg
森の家は、まだまだ住める状態ではないのですが...家の裏とベリーの畑の間に子供の秘密基地を建ててみました。これも、家つくりから出た廃材で。なので壁の一部もパレットです。A-Jは家作りで忙しいので私、自ら木の幹をノコギリで切ったりドリルを使ってハシゴを作ってみました。普段、重たいものは持ちますけど布とか毛糸とかの柔らかい素材を扱う事が多いので電動のドリルなんて使い方を知りませんでしたよ~。でも、使ってみたら便利ですね!その後、毛糸を持ったら握力の違いで感覚が少々変でしたけど、笑。ハンモックやブランコは蚊避けも含め、お勧めです!
d0090294_0251675.jpg
BBQ用のグリルを購入してからBBQの回数が増えた我家。炭もゆっくりじっくり温まるタイプと火力、スピード勝負!のようなタイプとあるのですね。我家のBBQマスターのA-Jは毎回「暑い!熱い!」と言いながら美味しい食事を担当してくれてます。炭火焼のお肉や野菜、とっても美味しいですね。

日本は、まだまだ夏が続いているようですが、ラップランドの白夜も終わりの時期。夜になると暗さも戻ってきました。もう、夏も終わりに近ずいています。ちょっと寂しいような、でも綺麗な秋が楽しみでもあります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-08-10 00:43 | 村の生活/village life
7歳の娘と一緒に作った ニードルケース
d0090294_2248552.jpg
7歳のことりと一緒にこんなニードルケースを作りました。
d0090294_22484241.jpg
事の始めは1本の刺繍針でした。学校から帰宅した、ことりは嬉しそうに「今日、学校でこの針もらったの。」学校でも手仕事クラスが彼女の大好きな科目の1つ。去年も刺繍針を使って学校でチクチクと縫い物をしていたのですが、丁度私も手仕事をしている最中だったので隣に座って一緒にクロススティッチを始めました。せっかくなので実用的な物を作った方が良いよね、と思ったのでニードルケースを完成させよう!と約束しました。麻の糸がボコボコしていたり太さが微妙に違うので助けながら…間違いもあるけど、その微妙な麻の太さが間違いも気にさせないというか、味がある感じです。ことりは、「これは手仕事だけど、算数の助けにもなるね!ほら、クロスが1、2、3…」なるほど~!
d0090294_22491596.jpg
今は、まだ上手に使いこなせなくても数年の内に…と願いも込めて&彼女が頑張ったので応援もしたい気持ちもあって小さなハサミや糸通し、糸や数種類の針に安全ピンも入れられるように作りました=長く使えるように。ポッケもミシンで縫ってしまおうかと思ったけど手作り感を出したくってあえて手縫いで。手縫いなんて久し振りなのでボコボコです、笑。
d0090294_2249513.jpg
ポッケと開け閉めできる箇所はトナカイの皮、針を刺す部分はウール生地。そうです、大人用のベストを使用して、あんじんの服を作った時の、あの生地の切れ端です。
d0090294_22502186.jpg
小さいハサミはスルッとケースから逃げてしまわないようにスナップボタンで留められるようになっています。それにしても私の手縫い酷いですね…
d0090294_22505597.jpg
刺繍の色は彼女が選んで、中央の模様は、ことりが考えた花柄です。トナカイの角のボタンは数年前にA-Jが作って道具箱で眠っていたもの。ことりが自分でデザインして作った&私が仕上げた事が凄く嬉しかったようで、あんじん&こゆきの幼稚園の迎えの際に幼稚園の先生に嬉しそうに見せていました。先生に「どこで、こういうアイディアを受けるの?こういうデザインがあってそれに沿って作るの?」と聞かれたのですが、私の場合、説明書や解説などに従う事が苦手で…大体のデザインを頭の中に浮かべ材料を目の前にして組み合わせていきます。使いやすいように…色はこの組み合わせで…となって、こんな風な感じになっていくのです。なので当初考えていたのとは違った結果になっていきます…このニードルケースがボロボロになる位まで使って欲しいなと願いを込めて…
[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-27 23:32 | 雑貨・インテリア/Interior
とっても素敵な春のスタート パルムスンヌンタイ
d0090294_5141856.jpg
今日は子供達にとっては特別な日でした。イースターの1習慣前の日曜日はPalmusunnuntai: パルムスンヌンタイと言って子供達が魔女になって近所の家々を巡る日。春を象徴する猫柳の枝にカラフルな鳥の羽を付けて幸運が巡ってくる呪文を家主に唱えます。それと引き換えにキャンディーやお小遣いを頂けます。7歳のことりは今年で2回目、5歳のあんじんは今年がデビュー年です。近所の8歳のサンニも加わりました。子供達3人だけで行きたいと言う希望なので元気に魔女達は出かけて行きました。残された2歳の、こゆき。彼女も魔女になって外に行きたいと言うので魔女になって一緒に少し散歩だけしました。
d0090294_514438.jpg
ことりお姉ちゃんの様に長いスカートにエプロンをしたいと言うので喜んで着せ替えしましたよ。ハロウィーンの魔女とは違ってカラフルで、ちょっと田舎ちっくな感じがイースターの魔女。この時期、普段はまだ冬用の暖かい防寒具が必要だけど、この日、子供達はウール素材の服で厚着をして暖かいショールを巻いてモコモコ魔女の出来上がり。お金をかけずに家にあるものでで着てしまうのも助かります。
d0090294_515615.jpg
猫柳も、とってもカラフルなのが出来ました。収穫した時はまだ蕾もキュッと隠れていたけど1日水に付けて室内に置いておいたら翌日は少し開いていました。子供達も朝から感激~!

さて、家を出てから2時間程した頃に魔女達が帰宅しました。私達も幸運の呪文を唱えてもらいました。猫柳の枝は全て家々に行き渡り、持って行ったヤカンの中には沢山のキャンディーやイースターチョコレート、それに沢山のお金。子供達の冒険はとっても楽しかったようです。そんな日の夕方、我が家にもウサギに変身した男の子がやって来ました。こうして可愛い子供達が訪問してくれるとは、とっても嬉しいですね。良い春のスタートです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-21 05:42 | イベント/event
お泊り学校 --歯ブラシセットバッグ-- 
d0090294_1704861.jpg
長女のことりは小学校1年生。昨日は特別なイベント「夜の学校・お泊り学校」がありました。そんな彼女のためにマリメッコのビニールコーティングの生地の余りを使って作った小さなバッグです。。
d0090294_171797.jpg
とにかく中に必要なものが納まれば良い!と思い、作りは簡単です。大きな方には歯磨き粉とクシ、小さいポケットには歯ブラシが入ります。

学校は13時から開始して学校で夕飯を食べ、18時よりバンディー対決 --保護者vs生徒--。 バンディーとはアイスホッケーに似た氷の上のスポーツです。私も参加してみたら、これまた楽しい!大人も結構本気になって戦いました。でも、結果、小学生の勝ち~。普段、スノーモービルを乗りこなしているトナカイ管理者の男性もスケート靴を履いたらスイスイと余裕に滑っていました。さすがフィンランド人!といかにもフィンランド人全てが滑れると錯覚してしまう程でした。スポーツの後はソーセージを焼いて食べ、お泊り学校をする生徒は校舎へ。全校17人の内7人位が参加したのかな。ことりは教卓の下にマットレスを敷いて眠たそうです。とっても楽しかったらしく今朝、帰宅して色々と話してくれました。また1つ大きくなったね。ラップランド地方は今週末からスキーホリデー開始です!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-04 17:20 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランドの子供のベッド 蚤の市で発見
d0090294_55152.jpg
2歳4ヶ月を目前の、こゆき。こんなパジャマを縫ってみました。春らしい感じをイメージして。なーんて言ってみたいけど…この生地はずーっと何年も棚にしまわれっぱなしでした。白地に青い花柄が控えめで尚且つ可愛らしいのです。裾を凄く長めに作りたかったので思う存分ジョキジョキと布を切りました。
d0090294_5503198.jpg
今までは夫婦の寝室の一角のベビーベッドで寝ていた彼女。読み聞かせをしてベッドの横の椅子に座って眠るまで待っていたのですが、これが毎晩1時間位かかっていました。ことり&あんじんも一緒の部屋だと安心するかなという理由で子供部屋へ引越しという事になったのです。新品のベッドは必要ないな~と思ったので蚤の市へ探しに行きました。ヴィンテージのベッドが理想ですが今の部屋の大きさを考え小さめのベッドを希望。フィンランドでは、こんな風に縦に長く短く調節できる子供用ベッドがあるのですが小さめのサイズのものが丁度よくありました。50-60年代のものかな。色はもうすこし深みのある茶が好みだけど気が向いたら塗れば良いし、使わなくなったら一番小さいサイズにして物入れに変身できそうです。
d0090294_5433040.jpg
こゆきのベッドが来たのでソファーは窓際に。キャビネットは寝室へ。光が部屋の中に入ってくると模様替えがしたくなる季節ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-04 06:19 | 雑貨・インテリア/Interior
トナカイの見える丘でソリ滑り
d0090294_2225146.jpg
昨日はラスキアイススンヌンタイと言ってイースターの7週間前の謝肉祭でした。この日は丘すべりをするという習慣がフィンランドにあるそうで、私達もご近所さんに誘われて滑ってきました。お尻が丁度のるくらいのペラペラのプラスチックのソリや、クラシックなソリ、サーフボードのようなものや、スティーガ、プラスチックのマットレスのようなのも登場して大人も子供も滑りました。写真では見えにくいけど凄い長い丘なんですよ。皆が一斉に滑っているので丘を登る時も衝突するんじゃないかとハラハラするけど皆、上手いぐあいに避けているんです。丘の向こうにはトナカイが沢山。絶景の丘です!

お父さん達が薪を持って来て丘の隣の雪を掃って火熾しの始まり~。持ってきたソーセージを木の串に刺してソーセージ焼が開始。フィンランドのこの豪快かつ、シンプルな食べ方、これがまた小腹にとっても美味しいんですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-02-08 22:16 | 村の生活/village life