タグ:夏 ( 21 ) タグの人気記事
大きなラーヌヤルビの湖の辺で…
d0090294_1523157.jpg
すっかりご無沙汰な感じのブログになってしまいました。先日は嵐の影響で停電&水道も数時間とまり翌日は霙も降りました。日中は気温10度を下回る寒い日が続いていました。でも、今週から気温が上昇する予測です。

さて、話は5月の下旬に戻ります。この頃は夏日で25度近くあり暑い日々が続きました。そんな天気の良い日にゲストの女の子と一緒にサイクリング。目的地は我家から自転車で10分程の湖。このラーヌヤルビの湖はとっても大きく、色んな所からアクセスできます。写真右の森の裏手が我家になります。
d0090294_15233689.jpg
この湖の辺には、こんな屋根付の炭が熾せる場所があります。(フィンランドでは湖や川沿い、森の中に、こんな感じの便利な場所があります。マッチの持参は必須です!)自治体のものだと思うのですが地域で管理しながら誰でも無料で使えるようになっています。住民も住民以外の方達も予約要らずです。
d0090294_15241615.jpg
近くには薪小屋とトイレがあるのですが、私達が行った時は薪の補充がなかったので誰かが使用した後の薪で火を熾しました。火を熾すと心も身体も落ち着いてきますね。
d0090294_15283923.jpg
はははは!もちろん、ソーセージも持参しましたので木串に刺して焼きましたよ。持参したオープンサンドを食べてデザートはコーヒー&マシュマロ焼き。こういうシンプルな食べ物でも自分で焼いて湖の真横で食べるというのは気持ちが良いですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-06-13 15:54 | 村の生活/village life
ブラックカラントの葉のジュース
d0090294_311867.jpg
「森の家」の敷地内にあるブラックカラント(カシス)の葉が今年も出てきました。花も咲きだしています。8月には実が実ってジュースに出来るのです。葉はとっても香りが良いのでピクルス漬けにも使っています。その前に…ずっと試したかった事をしてみました。葉を摘んでブラックカラントの葉のジュース!
d0090294_313658.jpg
こんな感じのジュースになりました。作り方はとっても簡単でした。洗った葉の上に熱湯をかけ熱を冷ましクエン酸を加え一晩寝かし、翌日に葉を取り除きグラニュー糖を混ぜボトルに入れて保存。クエン酸の味でレモンの様な味ですが、とにかく葉の風味が良くて爽やかな夏の飲み物です。

私の夏は、こんな感じに食料用の葉を摘んだり、草木染の材料を収穫したり忙しいです。でも、5月6月の、この時期は太陽が気持ちよく本当に良いシーズンです!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-06-03 03:19 | 村の生活/village life
予想外!畑つくり再開
d0090294_3261140.jpg
今年も元気に緑の顔を出してきました。毎年、越冬して雪が融けたら1番はじめに顔を出してきます。去年はこんな事があったので雑草畑に生えている多年植物を掘り起こしておきました。こうして今年も綺麗な緑を見られてよかった。
d0090294_3264361.jpg
4年間楽しんだ雑草畑は去年の秋に掘り起こされて今ではこんな景色です。廃水処理設置が出来ました。筒状のものや蓋が丸見えですが、後ほどまた土をかけるそうです。「残念だなー」と思いながらこの景色を二階の窓から見ていました。森の端の方には掘り起こされた良い土がこんもりと山になっていたので、その土を「森の家」の敷地に運び新しく畑を一から作ろう!そんな事も考えていました。そしたら翌日の朝にショベルカーが現れ何やらしていたのでした。
d0090294_3271269.jpg
そしたら!何と私達の畑用に積まれた土を戻しに来たそうです。そして今年も畑仕事が再開となりました、嬉!相変わらずグリーンハウスは壊れたままですが…
d0090294_3281442.jpg
土を掘られた時に出てきた石を拾ってきて野菜や花を植える場所を作ってみたり…ジャガイモの区域を分けてみたり…やっぱり楽しいですね。土いじり。
d0090294_3274229.jpg
戻された土には石ころや根っこが沢山。一緒に土いじりをしている子供が飽きないように、合間を見て根っこで輪投げを作って遊んだり楽しんでいます。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-06-02 03:53
ブルーベリー食べ放題
d0090294_22174285.jpg
手を紫にして「こんなに大きいの見つけた!」嬉しそうな顔を見ると唇も口も紫、笑。

ブルーベリーの思い出と言ったら、日本に住んでいた頃、初めてフィンランドの夏コテージ体験でブルーベリー摘みをしました。たった30分で綺麗な粒のブルーベリーが沢山摘めました。食べても食べても減らず義理のお母さんが残りをジャムにしてくれて日本へ持ち帰ったのです。味が濃かったのを良く覚えています。その時、私も食べるのも夢中だったので、きっと口が紫だったでしょうね。
d0090294_2218210.jpg
夏の定番のブルーベリータルト。A-Jは菓子パンプッラの生地の上にのせて焼くタイプが好きですが子供達はサクサク生地が好み。生地にはオーツが入っているので更にザックザックします。たまに硬すぎてお皿からケーキが飛んでいってしまう事もありますが…なのでアイスクリームをてんこ盛りにして溶かしながらソース代わりにして食べます。甘さ控えめでベリーの味が凝縮されています。

フィンランドではベリー味のヨーグルトが豊富ですが、ベリーが旬な時期はプレーンのヨーグルトを買って新鮮なベリーを沢山入れて食べるのが断然美味しいです。アイスクリームにも、オーツのお粥にも何でもブルーベリー。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-26 01:47 | 食べ物色々/food | Comments(6)
あんじんの魚
d0090294_5512041.jpg
今年の夏は一体いつ来るんだろう?このまま秋になってしまうんじゃないか、そう思う程、冷夏です。たま~に気温20度程になりますが雨の日が多い夏です。例年なら30度位になる夏日もあるんですけどね。なので天気の良い日は外に出ないと損です!蚊もだんだん減ってきました。

あんじんのリクエストで近くの湖に魚釣りへ行ってきました。雑草畑からミミズを数匹取ってバケツに入れて…ミミズを見つけると初めて見たかのような嬉驚きな反応をする子供達、笑。
d0090294_5504120.jpg
魚は頭がよくミミズの皮を残して去っていったり丸まる食べてしまって中々、魚が引っかかりません。ことり・こゆきと私は湖の辺で花摘みをしに行きました。しばらくして…"KALA!!!!サカナ!!!!"と元気な声が聞こえてきました。皆で走って行ったら、ちゃ~んと魚が!15cm位だったかな。あんじんの人生で初の魚!凄く自慢げに嬉しそうにして釣り竿を持っていたのに、魚がビクッと動いた瞬間弱気になって竿をA-Jに渡し、口に指が入ってます…笑。これはSärki(ローチ)という鯉科の魚かな?小さいので湖へ返しました。小さな魚でも、私にとっては凄く大きな魚に感じましたよ!
d0090294_551258.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2015-08-02 06:16 | 村の生活/village life | Comments(6)
夏に人口が増える村
d0090294_516367.jpg
ラーヌヤルビの村は普段、人口が200人程です。でも、夏になると人口が増えるのです。と言うのはコテージ所有者が夏の休暇を、のんびり過ごすために来ます。元々この土地の出身者だったり親や親戚が住んでいる・いたのでコテージがある、そんな方が多い気がします。森の中や湖沿いのコテージで夫々の休暇を楽しんでいる様子です。

今年の夏は雨が多く、その影響で蚊も大量です。でも先週の日曜日は綺麗な青空が広がりました。そんな日にコテージ所有者の方のお家へ招待されて美味しいBBQを頂いてきました。その後には目の前に広がる大きい湖でボート乗り。やっぱり、こういう光景を目の前にすると「フィンランドだな~」とつくづく思います。波がなく静かな湖。広がる青い空。そして空気がとにかく新鮮!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-06-30 05:38 | 村の生活/village life | Comments(6)
百夜真っ最中のフィンランド
d0090294_6342925.jpg
青空の日中、と思いきや雲行きが怪しくなって雨が降って、また晴れる。1日の天気がコロコロと変わります。でも、そのお陰で新芽も育つしミミズも出てきて鳥の餌にもなりますね。

夏休み中の子供達が昼寝中・夜寝静まってから雑草畑に行って草むしりをしながら今年も元気に顔をだしてきている植物を発見するのが楽しいです。7月にもなると雑草むしりが間に合わなくなるのですけどね…今日は根野菜や葉野菜の種を植えたり、元気に育っているチャイブやラベージを収穫。チャイブは小さくカットして冷凍庫へ。ラベージは束ねて乾燥。茎の部分は冷凍。こうすると、どちらも1年間十分に使う事が出きます。

毎年、この時期は室内で育てている苗をグリーンハウスに移しているのですが、この間の冬は温暖で、湿った雪が沢山降った影響でグリーンハウスの屋根が壊れました。修復待ちです。自然が相手なので仕方ないですね。そんな悔しい事もありますけど夜、畑にいると鳥の鳴き声がよく聞こえてピンク色の空も見られます。この写真は夜中の2時頃。夜更かしをした日、空を見たらこんなに綺麗でした。その後も暗くならずに朝まで明るいのです。ラップランドの百夜、良いですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-06-10 07:14 | 村の生活/village life | Comments(6)
夏休みの始まり
d0090294_450517.jpg
6歳の、ことり。2本目の歯が今日抜けました。知らずに食べちゃった!! 3ヶ月くらいユラユラしていた前の下の歯、1本目は今月先に抜けて歯の宝箱に入っています。そんな彼女、終業式が本日あって夏休みに突入! 新学期は8月12日から、小学1年生になります。幼稚園児の4歳のあんじんも2ヶ月以上の長い夏休みに突入です。そんな夏休み初日の今日は初夏日和でお天気が最高でした。森の家の前で見つけたピンクにペイントされた石を驚きながら見せてくれて大事にポッケにしまって…毎日、驚きの連続です。
d0090294_4483498.jpg
毎年、同じ場所に生えてくると知っていても、やっぱり見ると嬉しくなります。今年もルバーブが顔を出しています。6月中には収穫できるのでケーキにジュースにジャムに…冷凍保存して1年分食べられる程たっぷり収穫できます。
d0090294_4492446.jpg
ことり・あんじんの後を追ってスポンジのように吸収力が良い1歳半の、こゆき。この長い夏休みは子供達にとっても私にとっても成長時。夏のビタミンDを沢山摂取して体で心で思う存分、楽しめますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-05-31 05:09 | 村の生活/village life | Comments(6)
夏時間になりましたフィンランド
d0090294_2104612.jpg夏時間に切り替わりました。
3月29日(日)午前3時になったと同時に
針が1時間進んで午前4時に。
日本との時差は-6時間になりました。

ここラーヌヤルビの村では
辺りはまだ雪があって昨日も一日中雪。
フィンランドでは今の時期に雪が降ると
" 新しい雪は古い雪を溶かしてくれる "
=「春が近づいてきてるのよ」と言う
ことわざのようなものがあります。
南フィンランドは春めいてきたそうですが
こちらはまだ雪どけに時間がかかりそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-03-29 21:03 | ちょっとお知らせ/info | Comments(2)
フィンランドの森の宝 ブルーベリー
d0090294_5554256.jpg
私が好きな事。森を歩いていてきのこを見つけた時。きのこの形、色が可愛い。食べるのも好きだけど食べられない、きのこに限って魅力的な姿をしているんだよね。このきのこは食用だけど可愛かったのでブルーベリーをのせてみました。
d0090294_5563811.jpg
最近の楽しみは朝、子供達を保育園に送ってから1人で森に。保育園も森も目の前なんだけど、ここに来ると別世界にいるよう。脳も心も癒されて自然と向き合えます。朝露があるので空気も気持ちが良い。20分もすれば乾いた空気になるんだけど、この貴重な時間を逃したら損!目の前には松の木と空。風が吹けば葉がササーっと音を立てるのです。この何でもないような事が好きなのです。
d0090294_613867.jpg
今年はブルーベリーが豊富な年で沢山実を付けています。「こんなに背丈が低いんだ~」と驚かれますが北欧のブルーベリーは背丈が低くて小粒なのです。ブルーベリーの誘惑があるんですよ。ブルーベリーを採っている時、少し離れた所に沢山あるのを発見するのです。で、その場所に行ってみると、さっき発見したほどの沢山の量はない…何処へ?という事がよくあります。それ程背丈が低いので上からみると葉に覆われて見難いんですよね。でも斜めから見たりすると沢山隠れているのですよ。
d0090294_621525.jpg
フィンランドでは森のブルーベリーを使ってケーキにしたりジャムにしたり、お粥に入れたり、ジュースだって出来ちゃいます。冬の間にも食飲できるように大量に収穫します。そこで便利なのが、この器具。メタル製が欲しかったけど我家は子供も使うので軽いプラスチック製です。昔からある便利な道具です。古いタイプだと、メタル製に布状の袋が付いていたり、メタル製に木製の受け入れ箱が付いていたりもします。
d0090294_63792.jpg
持ち手部分を掴んでベリーをサクッとすくう感じで。そうすると茎から実が採れ葉が一緒に来た場合は葉と実が分かれる仕組みになっています。強引にすくうと葉や茎が沢山入ってくるけど優しく丁寧にすくうと実だけ綺麗に分かれますよ。ブルーベリーの他に、こけもも採取にも使えて便利です。
d0090294_632550.jpg
蚊も多いので蚊避けネット付きの帽子をして約1時間。こんなに沢山採れました。家に帰って葉や実りの悪いものを取り除いて。大体30分位かかったかな。分ける作業は手も赤くなるけど、こういう作業私は好きなのです。静かに手を動かしながら色々な事が考えられるのでね。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-06 15:04 | フィンランド色々/Finland | Comments(17)