タグ:冬 ( 18 ) タグの人気記事
三角ショールと靴下 模様編み
d0090294_20481685.jpg
今週のフィンランドは南から北まで極寒日和です。ラーヌヤルビでは、ここ数日-30度を下回る日もあります。どんなに外が寒くても家の中は一定の温度を保たれているので快適なのですが、さすがに冷え込みが激しいと玄関や地下・屋根裏部屋に続くドアの隙間から外気が入ってくるのが分かります。人間は面白いもので気温が下がる程「どのくらい寒いんだろう~」と好奇心が沸いて外に出たくなります。今日は-28度。まだ人間の体は寒さに大丈夫なんだと感じました。

寒い冬の楽しみは、やっぱり編み物。今編んでいるのはアルパカ100%の毛糸で三角のショールです。目がどんどん増えていくので集中できる夜に編みます。これが最近の楽しみです。細めの毛糸なので大きなショールにしてグルグル巻けるようになれば良いな。
d0090294_20484283.jpg
以前にアップした草木染の毛糸を使った靴下は編みあがりました。模様編みなので脛の部分が暖かいです。もう少し細い毛糸でも良かったかな。↓の編み方を繰り返していくと、こんな模様になりました。覚書メモしておきます。

● みどり ○ きみどり   棒針: 3mm 
リブ部分: ゴム編

1段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
2段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
3段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
4段目 ●3 ○3 ●3 ○3 繰り返し
5段目 ○1 ●1 ○1 ●1 繰り返し
6段目 ●1 ○1 ●1 ○1 繰り返し
7段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
8段目 ○3 ●3 ○3 ●1 繰り返し
9段目以降は1-8の繰り返し
[PR]
by Kippis_Y | 2016-01-07 22:03 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(4)
冬の日の魅力 散歩
d0090294_55153.jpg
作業中に窓から見えた風景が凄く綺麗だったので一旦作業を休憩して散歩に行きました。玄関から見える赤の壁と黄色のドアの建物は小学校の学校の倉庫。右のドアはもう使われていませんけど昔、生徒達が使っていた集合トイレなのです。外観からはそんな感じは全然しないですよね。
d0090294_5513925.jpg
雪の上を歩きだすと音が全然違うのです。片栗粉を踏んでいるようなグイグイッ、ギュッギュッという音。こういう音が出る時は大体-10度以下の時です。家を出て歩き出して後ろを振り向いて撮った写真がこちらです。白い建物は我が家&小学校。赤い建物も小学校です。この立ち居地付近に我が家の郵便ポストがあります。家の目の前やドアに郵便受けが着いていなく。道沿いに各家の郵便受けが並んでいるのです。なのでいっくら寒くても毎日郵便受けまでは歩いていきます。
d0090294_5521484.jpg
左に曲がってみましょう。真っ白です。近所の人の車が止まりました。車のない近所のヨルマじいちゃんを近所の人が買い物に連れて行った帰りだったようです。「何処行くんだ~い?」と聞かれ「綺麗な日だから写真を撮りにいくの。」耳が遠いので遥か遠くまで聞こえるくらい大きい声で答えます。
d0090294_5524642.jpg
こっちの道を曲がると編み物上手なキルスティおばさんの家へ行けます。近くにはフィンランドの人気ポップ歌手の両親のコテージがあります。湖もこっちの方向です。
d0090294_5531792.jpg
ちょっと行って引きかえります。どんどん歩いて行くと人のお家へ行ってしまうので切が良い所でUターン。この道は車が走る道ですっけど2階の窓から見ているとトナカイもよく利用しています。時にはトナカイレース?と思うくらいに群れになって現れる事もあるのですよ。
d0090294_5533934.jpg
外は寒くても室内は常に暖かいフィンランドの家。2階のキッチンでお茶。窓から見えるこの風景ですが、秋まで雑草畑があった場所。この日の後に廃水処理設置のため伐採が始まり地面は掘り起こされ、畑復活と言うにはどうかなーという感じになりました。何だかポールとか出たままだし、タンクの蓋は丸出しなので、この上に何かまた建てられるんでしょうかね。

大体-10~-15度位の時に散歩をするのは私には丁度良い気候です。防寒をしていくので寒過ぎず、歩いていても汗ばむ事もなく。おまけに自然の音や空気、香、雪を楽しめるので、心にも体にもとっても良いのですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-04 06:22 | 村の生活/village life | Comments(15)
冬の楽しみ 村の手作りスケートリンク
d0090294_8344259.jpg
「何処で滑れるようになったんだい?」と大きな声をして私に質問をしてきた近所のヨルマじいちゃん。彼は補聴器を付けているので大きい声で話します。なので「日本で!」と大きな声で答えました。きっと日本から来た私がスケートが出来るって想像もしてみなかったのでは?小さい時から毎年、冬はスケートリンクへ行って滑っていたのです。
d0090294_834571.jpg

d0090294_8351183.jpg
今シーズンもヨルマじいちゃんが作ったスケートリンクは立派なもので、小学校の授業でも、休暇中の村の子供達や大人にも幅広く使われています。雪が積もった日は各自で雪をはいたり、沢山積もってしまった時は近所の方が機械で雪かきをしてくれます。

フィンランドでは、こんな乗り物で雪道を滑って移動するのですが凍りの上でも大活躍!スケート滑りの練習にも使えるのです。あんじんは今シーズンから練習開始です。ことりは学校の授業でスケートがあるので凄く上達をしましたよ。A-Jの滑りも上手で、そんな姿を見ているとフィンランドで生まれたフィンランド人なんだなーと感じます。まだ1歳のことりは見ているだけで飽きてしまうのでソリに乗せて引っ張ってあげます。外気が寒い時は冷たい風が頬に当たって赤くなってしまうので、実は、人が少ない時は大きなベビーカーに乗せて押しながら滑っています。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-01-17 08:57 | 村の生活/village life | Comments(4)
極寒の日の音とオーロラ
d0090294_23342149.jpg
あれは2年くらい前かな「-20度や-30度以下になると自然の音が聞こえてくるんだよ」そう村の人が言っていました。その時はピンと来なかったけど、ようやく分かったような気がします。と言うか、そう言えばそんな音を聞いた事がある・そんな音がすると思った時は確かに温度計の針もマイナスを差しているのです。外で「パン!」っと木が弾けるような音がしていたんだよね。もしかして、その音の事かな。先日も家の中に居たら「パン!」と音が聞こえてきて...氷点下に落ちる時は外気が凄く乾燥しているので木が撓るのかな。その日の夜は大きなオーロラが家の前の空に現れました。
d0090294_2335852.jpg
d0090294_23353162.jpg
今日は出るかも!そんな感覚も少し身についてきて寝室の小さな窓から空を覗いていたのです。はじめはモヤモヤした薄い雲のようなものが見えて、じーっと見ていたら色が強くなってきたのです。「オーロラ!」。A-Jに伝えたら三脚を持って外に出て行きました。横着者の私は家の中で見れば良いや、と思ったもの普段見るオーロラとは勢いが全然違ったので玄関先に出ました。まるで水道管や火山が爆発したかのような、稲妻のように激しく、まさに降りかかってくる感じで一瞬逃げようか!と思う程でしたよ。その後は揺ら揺らと優雅ないつものオーロラに。今回のは範囲も広く玄関先180度、真上を見上げる感じでした。目の前をオーロラが勢いよく通過している時は緑・白・紫の色を放ち、迫力満点。
d0090294_23355647.jpg
この日の前日は月の周りに輪が掛かっていて神秘的でした。
そんな月をA-Jが撮っていたら一瞬オーロラが出たそう。こんな写真は珍しいですよね。

追記(2015/2/4)! 
以前のブログからカウントすると10年近くお世話になっていますエキサイトさん。この度、この記事のオーロラの写真が1月の「今日の編集部おすすめ記事」の1つとしてピックアップされました・驚!
どうも有難うございます!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-01-15 00:04 | 村の生活/village life | Comments(20)
フィンランド冬時間 始まり
d0090294_56504.jpg
「あれっ?! 何かおかしいぞー」と思ったら、早朝に冬時間へと切り替わっていました。と言う事で日本との時差は-6時間から-7時間になりました。毎年、体内時間はまだ合っていなくて胃袋の時計も夏時間のままです。朝7時前に起きても外は暗いのでキッチンのライトを付けて、あんじんを幼稚園に送っていく8時も暗いんです。夕方も暗くなるのが早いのがフィンランドの冬。こう暗いと皆が待っているのが「雪」。雪が降ると辺りが明るくなって気持ち的にもアップするのです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-27 05:18 | ちょっとお知らせ/info
スウェーデンまでソリ滑りに
d0090294_234189.jpg
私が踏み入れた所に深い足跡が出来て、それに入って遊ぶ、ことり。
こういうシンプルな事が素直に楽しい時期。感じたままに遊んでいます。
d0090294_23362762.jpg
その一方、寝起きで目も頭も冴えていない、あんじん。
「一体、ここは何処?」状態に陥っています。
d0090294_2365330.jpg
週末はA-Jが休みなので土曜日に家族でソリ滑りに行きました。しかもソリ滑りだけなのにフィンランドを脱出してスウェーデンへ。ラーヌヤルビの村はロバニエミまで約60Km。逆方向の西側に同じくらい走るとスウェーデンのスキー場に到着します。国境沿いだけあってフィンランド語を出来る人やフィンランド人従業員も多く、言葉には不便のない場所です。今回はソリ滑りだけなので入場料は無料。ゲレンデ内の丘を100m少し登って子供と一緒にソリで下ってくるだけなのですが、登るのに運動になる!そして長い丘を下るのが爽快!途中の景色はこんな感じでしたよ。気温も丁度良く-5度。他にソリをしている人は誰もいなかったので快適でした。ゲレンデは、まだまだ上まで続いているので今シーズンにボードでもしたいなぁ~。
d0090294_2363945.jpg
フィンランドでは雪が降ると子供をこんな感じにソリに乗せて引っぱって移動をします。我家の子供もピンクのソリに2人で乗って幼稚園に行きます。ソリにも色々なタイプがあって青いのは坂や丘を滑る用なのでピンクのより早く丘を滑るんですよ。赤ちゃん用には背もたれ付きのソリなんかもあります。フィンランドのベビーカーは雪の日でも移動可能な用に、しっかりとした大きなタイヤが付いているけどベビーカーが必要ではない年頃になるとソリは凄く便利です。

土曜日は子供も大人も、はしゃいで楽しめた日でした。そんな日なのでサウナも格別に気持ちが良かったな。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-01-20 23:41 | 国外旅行/travel abroad | Comments(10)
冬の過ごし方
d0090294_1824113.jpg昨日は1日中、雪が降っていました。とってもpullaが似合う日?と感じたので夕方korvapuusti:シナモンロールを焼きました。でもね、、粉が足りず2dlくらい大麦を足しました。いつもの生地よりも弾力が強く伸ばす際に力が必要だったけど美味しく出来ました。焼き温度を少し下げた200度にしたら翌朝もフワフワ。今も雪が降ってますけど窓辺に座って一休み。コーヒーにシナモンロールとっても良く合います。
d0090294_1832854.jpg
冬になると夏の白夜とは正反対。日照時間も減り太陽からのビタミンD摂取がとても低くなります。なので「ビタミンDを摂取!」とタブレット摂取を盛んに言われています。でも先日のニュースで驚いた事が...タブレットの表記には、○mgとビタミンDの値が書かれているにも関わらず2種類のブランドは全くビタミンDなんて入っていないそう。他のブランドでも実際に量ったら表記よりもグッと低い数値。中でも写真のは記載通りに近い分量が入っているそうですよ。3歳までの子供は1日10mg・大人は1日20mg摂取だそうです。少し甘みがあるので子供達もカリカリ食べています。
d0090294_1853783.jpg
夕方も暗くなるのが早く玄関先にキャンドルを灯したり家の中の証明も間接照明を使うようになりました。部屋の隅から隅を照らすライトではなくホワッと照らされた部分だけ丸くなるように明るい光。暖かい家の中で過ごす冬も悪くないんですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-10-31 18:56 | 村の生活/village life | Comments(2)
初めてのトナカイそり
d0090294_621081.jpg
今日は楽しい体験をしてきました。そう、トナカイそり。観光客向けじゃなくて、おじさんの趣味=我が子のために始めたトナカイそり。トナカイのPerttu君は働き者でよく走るそう。はじめは、おじさんが綱を引いて歩いていたけど凍った湖の上まで行くと、おじさんもソリに飛び乗って良い勢いでPerttu君が走り始めました。トナカイがあんなに早く、しかも200キロ以上も引いて走れるなんて驚いた。さすがに舌を出してハァハァしてたけどね。お疲れ様。

冬男=旦那様、毎年冬は雪のホテルのデザインや雪・氷像を作ったり多忙。今年は個人依頼(奥さんに氷の鷲を贈りたい)を受けました。小さい子供がいると言うので家族ごと招かれたので私も行ったのですが、想像以上に楽しく↑な体験もさせてもらて温かい歓迎を受けました。人口200人の小さな町。だからこそ町の人が懐こくて温かいんだね。本の中に迷いこんだような、そんな世界でした。無事に大きな鷲も庭に現れ喜ばれました。
d0090294_6212112.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2011-01-18 06:54 | フィンランド色々/Finland