タグ:ロバニエミ ( 45 ) タグの人気記事
Juhannus:夏至祭
d0090294_20333611.jpg
先週末はJuhannus:夏至祭でした。家から歩いて10分位の所にkokko(写真のピラミッド状のもの)が用意されるとの事なので散歩がてらに行ってみました。この日は天気もよく川で泳ぐ人や日向ぼっこする人、生演奏の音楽も流れてて気持ちの良い日でした。kokkoに火が灯される時間は夜だったので日向ぼっこしてアイスクリームを食べながら帰りました。ラップランド地方はJuhannus過ぎに夏が来ると言われてるけど涼しい日もあったりで夏は何処へ?でも白夜なので夜中もしっかりと明るいです。そして巨大な蚊がウヨウヨしています。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-06-30 20:44 | フィンランド色々/Finland
夏の食べ物
d0090294_2545210.jpg先週末から暑い日が毎日続いています。ロバニエミの気温は26度まで上昇した日もありました。このお陰で柳や白樺などなどの木から淡い緑色の小さな葉っぱが出てきました。そして、こうも暑いとアイスクリームの売れ筋がグンと上がるそう。私も「暑い」と言いながら毎日食べています。危険信号!普段はキャラメルソースのかかったアイスクリームが好きだけど気温が上昇するとシャーベットを食べます。今年発見した、この長ーいフルーツ味のシャーベット、なかなか美味しいです。暑さで融けてベチャッと落ちないように食べるのも勝負です!
[PR]
by Kippis_Y | 2010-05-19 03:07 | 食べ物色々/food | Comments(22)
まだまだ寒い!
d0090294_435649.jpg
ロバニエミ、日中の時間が長くなってきました。リビングのソファーに座ると日中は窓から綺麗な色の空が見えて夕方になるとオレンジの夕日が眩しいほど。「もう春になったんだー。」そう思って外へ出ると危・険。まだまだ雪は減らないし朝の気温なんて-30度。数日前までは日中でも-20度代でした。今日は-15度だったけど風があって体感温度はきっと凄く下回てたんだろうな。そんな日でもジョギングしてたり自転車に乗っちゃう逞しい人もよく見かけます。

さて、先週から週3日通い出した移民向けのクラブ。クラフトのクラブは定員10人位かな、古布からスリッパを作る人・編み物をする人・クッションカバーを作る人・私は先生の部屋に飾るシルクスクリーンプリントをしてます。フィンランド語会話のクラブは倍ほどの人数で、ゲームをしたり小グループで問題を解いたり。ベーキングのクラブではキッチンの広さの関係で店員は4人。どのクラブも先生はフィンランド語が上手なロシア人の女性です。先週はマーマレード入りの菓子パンpullaを焼きました。先生は小さい頃にお父さんからベーキングを習ったらしく大量なアメーバみたいな生地の扱いも慣れた手つきでした。生地は先生が予め用意してくれて4人で成形。先生合わせて5人なのに凄い量出来ました・笑。クラブの半分以上の時間は焼きながら、ひたすら食べる・お喋り。途中、ドアを叩いて来る人も招いてお茶会でした。これ毎週続いたら危険よね・笑。お茶の最中、1人のロシア語を話す女性が私の名前の意味を聞いてきました。答えたらビックリ!彼女も全く私と同じ意味。へ~こんな事ってあるんだ~っとお茶が進んだ日でした。クラフトも好きだけど熱中して無口になってしまうので会話やベーキングのクラブは特に楽しいです。多国籍・個性・年齢もバラバラ。でも異国の地での生活・フィンランド語を上達したいという点では皆、同じ立場。想像以上に楽しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-02-23 04:52 | フィンランド色々/Finland
新しい生活
d0090294_5223021.jpg
随分前となってしまいましたがクリスマス前に受けたテキスタイルプリントのコースの最終課題の一部です。(きのこの柄は作業中の写真)授業中だけではとても終わらない&大きなシルクスクリーンを使っての作業なので苦戦しながらでした。色々な面で余裕がなかったので案の定、空回り・心残りな作品になってしまいました。その反対に結果から学んだ事は沢山ありましたけどね。

さて、こんな理由で私の生活が新しくなりました。「子育ても大事だけど習い事とかフィン語のクラスに通ったら?」と言う旦那様の言葉に甘え私、動き出しますー。移住して3年未満(2年と10ヶ月)の私には有難い事に移民学校(フィン語の学校)へ無料で通えます。先日、レベルチェックのフィン語の筆記・会話のテストを受けてきました。テスト内容は大学で受けたのより簡単。でも対義語とか苦手でしたねー。結果1‐3のコースの2に来月から通います。月‐金・9時‐15時まで4ヶ月間。これじゃ大学休暇した意味が無いんじゃ?と思うけど、やってみて駄目ならそれまで。挑戦してみますー。

それからロバニエミには移民者向けに有難いサービス機関があります。こちらも移住して3年未満の無職の人対照なのかな、フィン語・クラフト・ベーキング・ゲーム・カラオケなどのクラブがあって私は移民学校へ行くまでの1ヶ月間、フィン語・クラフト・ベーキングのクラブに通います。ドキドキ!
[PR]
by Kippis_Y | 2010-02-13 06:10 | 大学生活/uni life | Comments(20)
空の色
d0090294_22442227.jpg

日本から遥々遊びに来てくれたKちゃん、何回もフライトが送れ、おまけにロバニエミに着いてもフィンエアーのラゲッジ問題でラゲッジが手元に来るまで4日間も待ちました。(今、もの凄くラゲッジ遅れ・紛失が多発です。人員削減が裏目に出て費用も加算中だそう)中には短期滞在の旅行客は滞在中ラゲッジ無しだったそう。早く改善されると良いなー。

彼女の滞在中は運が良くか悪くか連日、温度計は-30度前後をウロウロしていました。帰る直前になって-10度になったり。気温差20度ともなると散歩も楽で春が来た感じでした。
d0090294_230351.jpg





大体1・2月になると晴れた日の朝焼けや夕焼けで綺麗な空の色が現れてきます。Kちゃんが帰国する日の朝は力強い・優しい色のピンク・紫・水色の空が広がっていました。日中の時間も伸びてきて「春が来るんだな~」と感じます。花屋さんではヒヤシンスの花からチューリップの花へ。実際にはまだまだ雪の世界で気温もマイナスなので春は程遠いですがね。
d0090294_23133353.jpg





そして今日の天気は白でした。
雪が止んだので近くのエコピステ(リサイクルマテリアル回収場)まで散歩しました。何処を見ても白。と言うか見方によっては白黒に見える世界は魅力的です。白い中にぽつんと建っている赤い壁のお家は何だか安心する感じ。「将来の家はこういう伝統的な赤い壁のお家が良い」そういつも思います。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-01-12 23:24 | てくてく散歩/nature
明けましておめでとうございます
d0090294_234106.jpg
大晦日は賑やかに友達と我家で過ごしました。
恒例のごとく近所の人のあげる新年の花火を外に出て見て歓声をして。
今は4日に日本から遊びに来る友達を待ちながら静かに過ごしています。

ロバニエミ、ぐんと気温が下がって日中-23度です。
雪はパウダー状で乾燥してるので衣類に付いても濡れません。
歩くと靴に踏まれた雪がギュッギュッと音を出します。
木には雪がしっかりと積もってお菓子の森のようです。
外に少し立っているだけで五感を十分に感じる事が出来ます。

去年は色々と頑張り過ぎて空回り燃焼もあったりしたので
今年は落ち着いて過ごしていこうと思います。
引き続き今年も宜しくお願いします。
[PR]
by Kippis_Y | 2010-01-02 23:24 | ちょっとお知らせ/info
冬の魅力
d0090294_4483016.jpgこの間、生地を仕込んだジンジャークッキーを焼きました。今年はいつもの半分で作ってみたけど、今年のは去年よりもパリパリと美味しく出来たので欲が出て「私の姉にも送りたい」なんて思って、もう半分500gを今朝仕込んでおきました。結構パリパリしてるので梱包をしっかりしてEMSで送ったら湿気ずにすむかな?

今年は南でクリスマスを過ごすので生木のクリスマスツリーはありません。家の中に置いたら娘が引っ張って木ごと食べちゃいそうだしね。なので飾り用のは作りませんでした。でーも追加して作るとこが私らしい。何ていうのかな調子が良かったら飽きるまで作っちゃうタイプ。1月に日本から友達も泊まりに来るしね。食べてもらいたい。余った分は今年2月の後悔した例のお菓子にでも使えるし。アイスクリームに入れても美味しいしケーキの土台にも出来るしね。わっジンジャークッキー凄いでないの!

d0090294_546194.jpg今週始め辺りからフィンランド中で冷え込んでいるようです。ロバニエミは日中でも-20や-22度です。フィンランドの家の多くは暖かい室内から外の温度が分かるように窓の外に温度計が付いているのですがチェックが楽しいです。寒いので外に出たくないというよりも、ここまで冷え込むと景色も綺麗だし外に出るのが楽しいです。例えば寒くないように着込んで外に出た時「今日は私の勝ちね」っと変な誇らし感を持ってみたり。今日は靴下2枚履き・タイツ2枚+ジーンズ・服4枚にジャケット・耳が隠れる帽子にマフラー・手袋2枚。-7度の時と比べると出てる部分、特に鼻の先が寒いです。あんまり長くいると痛くなってきます。マフラーで隠せば大丈夫だけど眼鏡がくもるので冬はコンタクトの方がよさそうかな。そう言えば今日は面白い事がありました。ベビーカーの荷台に手紙を乗せて近くの郵便ポストまで行ったら手紙が出せない...荷台に手紙が張り付いて離れませんでした。また明日出直そうかなと思いながら買い物をしてたら霜が溶けて無事送れました。北海道のPさん、手紙の裏が穴が開きそうですが無事に着きますように!
d0090294_520165.jpg
それから出かけようとした旦那様の愛車が動かなくなってしまって駐車場で押してみたんですけどスピードに勢いがなくて動きませんでした。近所の人に助けを求めに行こうか?っと思った矢先に運良くゴミ収集車のおじさんが来て引っ張ってもらいました。その後は新しいバッテリーを買いに行って今は元気になりました。でもこう寒いとエンジンかける時に結構ガソリンを使うらしいですね。
d0090294_5201958.jpg
確かに暗くて寒くて長いラップランド地方の冬。でもそんなには悪くないんですよ。厳しい中にいるからこそ朝焼けや夕焼けが凄く魅力的です。自然にはやっぱり勝てないね。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-17 05:59 | フィンランド色々/Finland | Comments(12)
3rd advent
d0090294_7204546.jpg
3回目のアドベントを前にしてロバニエミはようやく寒さが増してきました。土曜日の気温は日中-6度。+の日が続いた後、急にこの位の気温になると-15度の日々よりも寒く感じます。タイツを下に履いて靴下の上に毛糸のソックス。服も1枚多めに手袋は2重にして「逆脱皮姿」で出かけました。モコモコしてましたよ、私。

玄関からリビングに行く間のライトがどうも暗くて不便だったんです。なので昨日、新しく明るめのライトに付け替えました。ランプシェードもない裸豆電球。付け替える時は既に外は真っ暗だったのでキャンドルの灯りを頼りに交換でした。普段は癒しとして使っているキャンドル。今回は暗い部屋を照らすためのキャンドル。全ての部屋の電気が消えているのに、こんなに明るさを放つんだと改めて「光」の存在を感じました。

今日はコメント欄を久々に開けてみます。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-13 07:45 | ちょっとお知らせ/info | Comments(10)
ロバニエミの町の様子
d0090294_3163496.jpg


私の中ではまだ11月だったのにもう12月に入っていたのでビックリ。スケジュールを見ていて「私は違う週を見ているんじゃないか」と目を疑ってしましたよー。

ロバニエミの中心街sampokeskus(Lordin aukio)では毎年恒例の大きなツリーそれから巨大な雪だるまが出てきます。この写真を撮った11月の下旬の日は雨が降っていたので雪だるまの口が「ハニカミ笑顔」になってましたっけ。小さいながらもクリスマスマーケットも出ています。観光客向けでちょっと高いんですけどね...今年は友達の友達がスープを売っているらしいので明日あたり行って見ようかな。
d0090294_3304012.jpg
今の時期はサンタクロースやオーロラを見に沢山の観光客がロバニエミを訪れています。小さな街中も観光客でいっぱい。「これぞロバニエミ!」そんな感じがして好きです。それからクリスマスツリーの向こう側から手前側に歩いてくると街灯がとても綺麗なんです。写真には写っていないけど川沿いに向けて下り坂になっているので光のラインが出来て素敵です。このライト、丁度良いトーンの赤や青など色が変わるので雰囲気も良いです。ヨーロッパの中で1番美しいライトとだそうです。そう聞くと「1番って本当?ヨーロッパは広いよーー」と疑っちゃうけど、でもこのデザインは関心です。オーロラが見られなかった観光客の皆さん、このライトを是非見て下さい、笑。
d0090294_3551547.jpg
先週、ロバニエミのサンタ村でクリスマスのオープニングセレモニーがありました。ここは夏でもサンタクロースに会えて飾りも年中クリスマス。冬は混雑しているので夏や秋しか行った事がなかったけど、やっぱり冬の時期に行くのは雰囲気たっぷり。ライトアップも綺麗でした。

上の写真の頃は雨・暖かい日が続いていたけど最近-5度だったり、それ以下だったり。ようやく雪も降ったので気持ちが良い気候です。そう、ロバニエミはこうじゃなくちゃ。雪の似合う町です。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-12-05 05:15 | フィンランド色々/Finland
ヘルシンキとロバニエミの気候差
d0090294_6183179.jpg
先日訪れたヘルシンキ、南にはまだが残っていました。てっきり木の葉はすっかり散って地面には茶色の枯葉があって風・雨も多くて暗いかと思ってたら、こんなに綺麗な色の葉っぱが沢山。今年のロバニエミの秋は例年よりも短くて楽しむ余裕もなかったから予想外の光景は凄く嬉しかった。でも不思議な事に北の地、ロバニエミよりもヘルシンキの方が体感温度が低い...海が近いから湿気を含んだ空気・風なんだろうな。ヘルシンキから2時間程離れたトゥルクに行ったら何だか春が来た様な気分になりました。それでも現地の人は「寒い寒い」と言ってました。
d0090294_6285577.jpg
ロバニエミは雪も溶けてしまって物足りない感じです。日出は8時半ころ・日入りは15時半ころです。日に日に日照時間が短くなってきました。日も短くなって雪もないせいか、この時期は私の体内変化が起きます。と言うのは時間の感覚が麻痺して(特に日の入りあたりから夕方か夜か分からなくなったり)眠かったり始終食欲旺盛で特に甘い物を求めているんです。食欲旺盛さには自分でも驚いて困ったもんですよぉ。ビタミンDが不足がちになるので毎日サプリメントも飲んでいます。
[PR]
by Kippis_Y | 2009-11-06 07:09 | 国内旅行/travel Finland