タグ:ラップランド ( 36 ) タグの人気記事
ルオストのコテージへ&ハイキングへ
d0090294_331312.jpg
先週末はラーヌヤルビより車で2時間少しの町ルオストのコテージで2泊してきました。コテージの近くは国立公園になっていてハイキングができます。コテージに着いた金曜日は生憎の天気でしたが土曜日は晴れ。水面に写った鏡のような景色も楽しむ事が出来ました。子供達は水に喜んだり「化石があるかもしれない!」と石に食いつくように反応したり楽しそうでした。とにかくある物に興味があって見るものを吸い込むように受け止める姿。ピュアな年頃です。森を歩いたりハイキングをしていると足元ばかり見がちでですが、ふと見上げると本当に大自然に居るんだな、人間は本当に小さなものと気がつかされます。今回もそんな事を感じながらハイキングをしていました。
d0090294_337226.jpg
BGMは要りません!背中に背負われている、こゆきは歌を歌うのが好きなので大きな声で色んな歌をうたっていましたよ。歌も十分にうたったし眠そうな顔してますね。
d0090294_3373251.jpg
日曜日の朝、カーテンを開けてみたらビックリ!辺りが真っ白になっています。しかも2-3cmは積もっている様子。我が家の車はまだ夏タイヤだったので、天気予報や道路状況を見ながら頭を悩ませていたA-J。しかも、このルオストのあるエリアから北が雪が降っていて道路状況が危ないとの事。結局、少し南下し雪の地域を避けながら帰宅しました。ラーヌヤルビの村にはまだ初雪は降りていませんが霜は降りはじめました。ここ数日は綺麗なオーロラも連日のように出ています。きりりとした気持ちの良い時期です。まさにハイキングにはもってこいの時期です。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-10-07 04:14 | 国内旅行/travel Finland | Comments(2)
フィンランドの田舎は楽しい
d0090294_22212026.jpg
先週末にラーヌヤルビから車で2時間ほど北上したカウコネンという村に行きました。出迎えてくれたのは去年の秋に出会ったパウラ&キンモ。彼らには2才の男の子がいて、キンモの両親やおばあちゃんも敷地内に住んでいます。核家族化のフィンランドですが、こんなに近い敷地内に4世代が住んでいるとは珍しいのではないでしょうか。
d0090294_22213921.jpg
キンモのお母さんはガラス細工を趣味の1つとしているようで窓辺には可愛い星の飾りがありました。写真では見にくいけど透明のガラスには、まるで雪の結晶に見えるような模様もあって素敵でしたよ。おばあちゃんも器用な方で部屋には彼女の作ったカーペットやラグ、編みかけの靴下も椅子の近くにあって。とにかく手先が器用な方達です。それにね、自分達が作ったものを飾ったり実際に長年使っていて、そんな姿も魅力的です。
d0090294_22221478.jpg
以前、パウラ&キンモがお土産に持って来てくれたラップランド発祥のスコーンのようなカンパニス。おばあちゃんが生地を作ってくれて私も、ちょっと挑戦してみました。思ったより生地が柔らかいんだ~。やっぱり作っている方の隣で実際に作るのは勉強になりますね。この生地の上に、たんまりとグラニュー糖をかけて230度で焼きました。たっぷりお土産ようにも頂いちゃいました。
d0090294_22223421.jpg
キンモの両親は牧場経営をしていて敷地すぐ裏には牛がいます。絞った牛乳も頂いたら濃くて美味しい!それから驚きのオーブンチーズを頂きました。牛乳と塩だけでオーブンで1時間焼くと…こんなプリプリな常態になります。卵も入っていないのに固形になるのは出産後の高脂肪のミルクを使うからだそう。チーズというよりは甘みのないプリンのような出汁味のない茶碗蒸しのような感じなのです。これにシナモンや砂糖をかけて、もしくはジャムやベリーと一緒に食べるそうです。私は砂糖がなくても、このまま美味しく召し上がりました。
d0090294_222146.jpg
ラップランドはまだ雪があるので、裏の丘で大人も子供も滑って遊びました。暑くも寒くもなく青空も綺麗で最高!子供の遊びではなく大人も楽しめちゃう、わざわざアトラクション場に行かなくても裏の丘で… こういうシンプルな暮らしが良いんです。短い1泊2日でしたけど滲み出るような優しさの方達。夏にも会う約束をして彼らの家を後にしました。

彼らも我が家の様に近い将来にホームステイ開業をしたいそうで準備中です。なので今年6月末までに彼らの場所で試験ステイしたい場合は無料だそうですので是非! お友達や家族連れの方にお勧めです。詳しくは→☆
[PR]
by Kippis_Y | 2015-04-29 20:37 | 国内旅行/travel Finland | Comments(6)
ラップランドの貴重なベリー:ヒッラ
d0090294_219427.jpg
フィンランドでは夏から秋にかけて色々なベリーが豊富な時期です。森で、湿地帯で、畑や庭先で採れるベリー。今、森では沢山のブルーベリーが実っています。7月の上旬になってしまうけど、このオレンジのベリーを求めて湿地帯へ行って来ました。ラッカと呼ばれているけどラップランド地方ではヒッラと呼びます。ラップランドにしか生育していない貴重なベリーなので市場の相場も他のベリー類と比べてグンッとはります。なので採りに行く人は秘密の場所があって他の人にはあまり言わないような様子です。数時間で何リットルも採って冷凍保存しておく人が多いです。今年は当たり年のようです。
d0090294_21132995.jpg
湿地帯に子供達と一緒に行くのは危険なので、比較的摘みやすい、この森を訪ねました。もうすぐ5歳になる娘のことりは自分用の小さなカゴを持って。今までは摘んでは食べてばかりいてカゴは空っぽな事がほとんどだったけど、少しでも自分のカゴに摘めるようになりました。
d0090294_2114423.jpg
一方、もうすぐ3歳になる、あんじんは手ぶらで食べ放題。彼は森へ行くと、あまり歩かずフカフカの森の草に座って手の届く範囲でブルーベリーを食べています。
d0090294_21134493.jpg
こんな感じで可愛らしいヒッラ。まだ硬いのでもう少し熟すと綺麗なオレンジになるんです。

d0090294_21142240.jpg



摘んだヒッラはレイパユーストと言われる焼きチーズの上にかけて食べます。他にもアイスクリームやヨーグルトと一緒やジャムやソースなどなど。プチプチッとした種の触感と甘酸っぱさが特徴のヒッラ。もう時期は終わってしまったけど旬を楽しませて頂きました。

今はブルーベリーにラズベリー、カシス、秋にはクランベリーやコケモモなど楽しめそうです。雪の降る前の貴重な夏・秋。森の食材を貯蔵するために家庭に冷蔵庫の他に冷凍庫を持っている人も多いんですよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-02 21:26 | 食べ物色々/food
田舎体験 アイスフィッシング!
d0090294_16425556.jpg
先週末、我が家にホームステイに来た、みきちゃんと、たいへい君。近所のトンミを誘って皆でスノーモービルに乗って凍った湖へアイスフィッシング!分厚い氷に穴を開けて竿にエサを付けて、ひたすら待ちます。子供達は魚釣りよりもリエスカ (フィンランドのラップランド発祥のパン)に夢中。
d0090294_16431274.jpg
2歳半のあんじんは湖でサメを釣ると言ってましたっけ、笑。
d0090294_1643371.jpg
この日の気温は0度位だったのかな、でも凍った湖でじっとしてるには寒いです。寒くて飽きてしまった子供と私は帰宅。Mちゃん&T君が釣ってきてくれたスズキ科の美味し魚:ahven、それから近所のペンッティの罠に掛かった白身魚のkuhaとmadeを頂きました。夕飯の前菜は新鮮な魚!とっても美味しかったです。

MちゃんとT君が宿泊しに来た初日に大きなオーロラが観られました。時には赤みのある色も出たんですよ。やっぱり3月はオーロラ観測のチャンスです。昨日、一昨日も少し出たんですよ。

子供達は一緒に遊んでくれたMちゃんとT君が大好き。朝から夜まで大はしゃぎで甘えさせて頂きました。おおきいお姉ちゃんとお兄ちゃんは、村を去ったけど、また遊びに来てね!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-15 17:01 | 村の生活/village life | Comments(6)
大きなオーロラ出ましたよ
d0090294_7261773.jpg
「○○ちゃん、オーロラが出てるよ!」っと日付が変わった頃、外に出たA-Jからオーロラコールがありました。出てみると木の後ろに光があって、数分もしないうちに縦に光が伸びて次第にカーテンが揺れるようにユラユラ。たちまち北の空全体に光が渡って何とも贅沢な時でした。今回は光も強く5分以上は続いていたんじゃないかな。オレンジの光は火じゃなくて近所のお家の明かりです!
d0090294_726383.jpg
2回の寝室の小さな窓は結構穴場です。ぬくぬく寝そべってみられます。
急に冷え込みがあって快晴。星もキラキラ。オーロラが見られるチャンスとしては8月後半(これは去年観測しました)や気温が急に下がって曇りの日も少ない9・10月も良い時期です。逆に11・12・1月は曇りや雪の日も多いのでチャンスは減る傾向です。2月や3月の中旬は晴れ間の日も増えるのでオーロラ観測に向いている月だと思いますよ。

「日本人はオーロラを見ると/オーロラの下でカップルが夜を過ごすと男の子が生まれる。こんな説があるんでしょ?」と北に住むフィンランド人に聞かれた事があります。こんな迷信は日本ではないですよね?どうやら迷信はカナダから巡って来たらしいですね。しかも何かのドラマがきっかけで。実際は寝るよりも観るのに必死ですね・笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-02 07:47 | 村の生活/village life | Comments(12)
深まる秋
d0090294_2043279.jpg

秋の雨音は心を落ち着かせてくれる感じで夏の雨よりも好きです。降れば降るほど秋が深まってくるような。風に吹かれて落ち葉が地面に積み重なって誰にも作れない色合いを見せてくれます。年中を通して美しさを持つ白樺はこの秋も白樺の持つ美しさを最大に発揮しています。白樺の木が家の周りに、ぽつりぽつりと生えているのですが黄色やオレンジに輝いていてとても綺麗。

フィンランドの春は雪解けが遅い分、夏が待ち遠しく、夏がくると今までの思いが弾けるかの様に開放的になって。でも秋はその開放感や勢いを丁度良いスピードに加速してくれる気がします。これから来る長くて寒い冬を迎える為の準備期間。半袖の服を片付けて柔らかくて暖かい衣類の出番。
d0090294_204475.jpg
d0090294_205212.jpg
夏の白夜が嘘だったと思う位、夜の時間が長くなってきました。田舎暮らしなので村の小さな道の街灯も時間が来ると真っ暗に。これからはランプやキャンドルの時期です。店頭にも色々な照明類が目立つ頃になりますよ。我家も、そろそろ玄関先を片付けてキャンドルを飾ろう。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-09-19 20:38 | 村の生活/village life | Comments(6)
フィンランドの美味しいお芋 収穫~!
d0090294_18504781.jpg



Pakkanenとはフィンランド語で氷点下になる事を意味します。今日の朝、玄関のドアを開けると芝生が白くなっていました。娘ことりは不思議がって目を丸くして幼稚園の先生に「何で白いの?」と聞いていました。幼稚園に行く、たった2分位の道のりも子供達はしっかり着込んで手袋をして。日中はお日様が出るので手袋は必要ないけど、子供達のつなぎの秋服が必要となりました。この時期は、寒過ぎず、とっても気持ちが良い時期です。
d0090294_18501618.jpg
天気予報でパッカネンになると聞いて週末、畑のじゃが芋を掘ってみました。6月に植えたので3ヶ月近く土の中で育っていたじゃが芋。今年は深く植えなかったので抜くと言う感じですが、じゃが芋堀はワクワクして楽しい。幼稚園の頃、さつま芋掘り遠足に行ったけど、あんな小さな頃の事も覚えてるんだもん、そうとう楽しかったんだろうね。今年はさつま芋の畑を少し広げたので収穫も沢山。広げたと言っても微々たる広さなので小さな4人家族が数ヶ月分、食べられるくらい。土曜日は半分、4列分のじゃが芋を収穫しました。始めは、このザ・田舎暮らしの感動を都会の人にも楽しんでもらいたい~なんて思ったけど途中から、猫の手も借りたくなりました。でも世の中には広大な敷地でじゃが芋を育てている人が沢山いるんだもん、こんなくらいでヘコタレていてはダメよね。
d0090294_18492278.jpg
去年は1種類だけだったけど今年はuuniperna:オーブンポテトやジャケットポテト向きのRosamunda:ロサムンダも植えました。この色がとっても綺麗。煮ると色が薄くなるけどパウダーな感じのお芋で美味しいですよ。じゃが芋を収穫している間に取り残されたお豆も収穫。
d0090294_18495417.jpg
ユニークな形の、お芋は去年も植えたpuikulaperuna:プイクラペルナ。このじゃが芋はラップランド地方発祥です。北海道と同じく、北の地方で育つこのじゃが芋は寒さに耐えて甘みが増すので小さくても、とっても美味しいんです。煮崩れしやすいので沸騰したお湯の中に入れて茹でます。

フィンランドでは、じゃが芋が主食なので、こうして自分の畑で出来たじゃが芋は貴重です。それに喜びも大きくってね。何も知らないで、このじゃが芋を食べる人にとっては普通の芋かもしれないけど、私達にとって種芋から植えて育てたじゃが芋はお店のじゃが芋よりも愛おしく感じます。皮も美味しいの。採れたてのじゃが芋を茹でて塩やオリーブオイル&チャイブのみじん切りのディップに付けて食べても美味しいのですよ。茹でて余ったじゃが芋はperunarieska:ペルナリエスカ(じゃが芋のパン)にします。子供も大好きなラップランド発祥のパンです。

d0090294_18512767.jpg




土曜日は他にする事もあったので半分、収穫して保存用に外で乾かすつもりで作業をしていたのに…秋の天気は変りやすく怪しげな雲。大事な子供がじゃが芋が濡れてしまうので少量を室内に移動して表面を乾燥。パッカネンから守るために残りは土を40cm位掘って埋めました。こうすると掘りたてと同様に新鮮なじゃが芋が食べられるのと、もう少し甘みが増します。

案の定、家に入ったらザーッと雨。でもね、その後は2重の虹が空に架かりました。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-09-10 19:45 | 村の生活/village life | Comments(6)
8月のラップランド
d0090294_2129216.jpg
日本だと8月は夏真っ盛りで子供達も夏休みでしょうが、フィンランドは8月から仕事復帰の方や約2ヶ月の夏休みを終え小学生達は8月上旬から新学期の開始です。畑や周りの植物は太陽を浴び元気に真っ盛りなのも8月。この多肉植物の花も今が真っ盛りのようでニョキッと首を出して太陽に向かっています。陶器の入れ物に土を入れただけの花々も毎日、満開の様子を見せてくれます。
d0090294_21353592.jpg
子供達は夏の太陽が大好きで夜でも明るいので、娘ことりは夜だと思わず、寝る時間の夜8時頃になっても外で遊びたいそうです。あと数ヶ月したら、この緑の芝も真っ白な雪で覆われてしまうのだから、今の内に外で遊んでおかないとね。田舎なので蚊も多くてね、でも8月ともなると蚊にも慣れてきて、そんなに不愉快じゃなくなるのですよ。ことりは蚊が嫌いじゃないそうです。理由はね、蚊が近寄ってくると、くすぐったくて気持ちが良いんですって・爆。こんな子他にもいるのかしら?あんじんは男の子らしく昆虫に興味津々で。今年の夏はsääskiと言えるようになりました。サースキはラップランド地方の言い方で「蚊」です。一般的にはhyttynenという単語だったり、東フィンランド出身の義理のお母さんは未だにitikkaとも言います。

d0090294_21434076.jpg

8月になると夜も薄暗くなってきました。でも完全には暗くならないので夜中の1時頃でも辺りは見えますよ。1階のミシンがある部屋で夜中縫い物をしているとインディコ色の空とすじ雲がとっても綺麗です。白夜に向かっていた日々も、夏の終わりに向かっている時もそうですが、1日1日少しづつ自然の変化を感じる事が出来るのです。雲も肌に当たる風も何て表現したら分かりませんが体感できるのです。昨日はスウェーデンのハーパランタに行ったのですが、道中でも何か違う季節感を感じました。それにね、よく見ると村の白樺の天辺はすでに黄色くなっているのもあって、紅葉もじわじわきます。8月も中旬にもなると寒さも出てくるのがラップランド地方。でもね、今年はブルーベリーの実りが良さそうなので、もう少し夏を楽しめそうです。今日は夕方ブルーベリーを採りに森へ行ってきます。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-08-02 21:54 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)
ホームステイ5日目
d0090294_333188.jpg
5日目はスウェーデン側に近い町に行きたい人と、村でゆっくりしたい人と別々行動。地元の女の子カティアと、夏のコテージへ来ているマリが遊びに来てくれました。カティアは日本のテレビにも少し映った事のある8人兄弟の末っ子。夏が終わったら中学校へ通います。彼女はとっても面倒見が良く(ここのお家の子は面倒見が良い子多し!)社交的な子です。マリは日本料理に興味があってコテージに来る度に一緒に何か作っています。
d0090294_3332945.jpg
この日はゲストの女性2人と裏庭のルバーブを引き抜いて外で調理。ルバーブケーキを焼きました。焼きたても美味しかったけど、翌々日くらいは更にしっとりして美味しかった。ルバーブはスーパーでも売っていますが、こういう田舎は家の庭に立派なのが生えている事が多いんですよね。世話もほとんど要らないし丈夫な植物です。去年、種からも植えてみたけど全然ダメでした。と言うか、雑草が生えて何処に植えたかすら忘れてしまった...
d0090294_3335131.jpg
お昼はA-Jの作ったporonkäristys。トナカイの肉料理。これはマッシュポテトにトナカイの肉をのせ、こけももと一緒に食べるのが定番です。トナカイの肉は臭みがあって苦手と言う人もいまずが、村で食べるトナカイ肉は新鮮なのでヘルシンキのレストランで食べるよりも格別に美味しい!ここでしか食べられない新鮮なお肉、と言っても過言ではないかな。このお肉は近所のトナカイ飼育者から直送!こけももと一緒に?と思われるかもしれませんが、日本食で言うとお新香だったり、お味噌汁に葱が欠かせないのと同じような感覚ですかね。味がキリリっと引き締まる感じです。ところで、今回のホームステイ企画中は殆どA-Jが料理担当をしました。私はお菓子だったり焼き物担当。中にはスモークしたトナカイのお肉を使ったパスタだったり、日本では、なかなか食べられない食材を使ったのも彼の気配りだったようです。
d0090294_353760.jpg
午後は近くのお土産屋さんまで歩き、その後、我家の女性ゲスト2人は馬乗りへ。馬の飼い主のミーアは小さい頃から馬を飼うのが夢だったらしいです。30過ぎになって、ようやく飼えたのよ、と以前話していました。よく馬に乗って散歩をしています。私はポニーの背中に少し乗らせてもらった事があるのですが温かくて温泉につかった時の、あの感覚を思い出しました。ポニーよりも背丈がある馬に、お2人共かっこ良く乗っていましたよ~。
d0090294_463853.jpg
彼女の家には素敵な場所があるのです。草むらを抜けて案内されたのは湖辺にあるサウナ。フィンランド人はサマーコテージを持っている人が多いのですが、コテージやサウナが湖の近くにあるという環境はフィンランド人でも憧れる人が多いようです。普段は市内のアパートに住んで、週末や休暇はコテージで過ごす人も多いです。ラーヌヤルビには綺麗な景色が広がる湖が多いのでコテージが沢山あります。
d0090294_4113042.jpg
子供達は水遊びが大好きで、あんじんは服のまま入ってしまい結局、ことりと一緒に裸んぼ。浅瀬なので安心して見届けてられる環境です。
d0090294_4115519.jpg
ここのサウナは昔ながらのサウナで薪でサウナストーブを温め、すとーぶ上の熱した石に湖からくみ上げた水をかけて蒸気をあげながら温めます。サウナストーブの横はお湯が沸ける仕組みになっていて湖の水と薄めながら体を洗います。このシステムは効率がよくって、おまけに薪ストーブなので長時間体が温まります。私もいつかサウナを建てるとしたら、こういう仕組みが良いですね。ところで、この白樺の若い枝を束ねたものはvihtäと言ってサウナに入ってる時に体をビシバシ叩きます。血行がよくなって、おまけにアロマも出るのですよ。
d0090294_412223.jpg
サウナで体を熱くして目の前の湖へジャボ~ン!これは快感です!
その後も女子トークが続き、パンケーキ大会が始まり太陽と共に皆で起きていました。

翌朝、3人が日本へ発ち、6人で蚤の市へ出かけ、それぞれの帰国便でフィンランドを無事に発ちました。丸で夢のようだった日々。皆さんがいた村もいつもの静かな村に戻り、家の1階はガラン。写真を見ては思い出し、また再会したいと思い。でも、いつか再会出来ると信じています。これでラーヌヤルビでのホームステイ話はおしまい。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-07-11 04:28 | イベント/event
夏至祭 ホームステイ企画4日目
d0090294_3124357.jpg
d0090294_313448.jpg
ラップランドの夏の太陽は眠る事なく、夜中も明るいです。夏至祭のイヴはkokkoと言って水辺近くで大きな焚き火をします。ラーヌヤルビの村では、この伝統的な企画は今まで行われていませんでした。でも、この際なので私達が企画をし村の人達に声をかけて記念すべきkokkoが行われました。要らなくなった木材や船なども積み上げられ、火つけ約は北海道からの最年長ゲストのYさんに行って頂きました。
d0090294_3132677.jpg
正直、地元の人はあまり集まらないんじゃないか...そう思ったけど沢山の方が来てくださって、この小さなソーセージ焼きの場所もワンサカしていました。串にソーセージを刺して焼いてアルコールも入り、ソーセージを食べ、飲んで飲んで飲みまくるフィンランド人。夏の時期はソーセージの売り上げが上昇するそうです。結構な太さがあるんですけど平気で食べられます。お皿に置いてフォーク&ナイフで...こんな食べ方はしません。串に刺して、もしくは紙に巻いてケチャップとマスタードを付けて齧り付くのがフィンランド流!
d0090294_3141422.jpg
「シングルの女性は7種類の花を摘み、枕元の下に置いて寝ると将来の男性が現れる」と言う言い伝えがあります。ゲストの内、唯一シングルのRさん。地元の女の子と一緒に花をちゃ~んと7種類摘みました。夜の夢もね、なかなか面白い内容でしたよ~。次へ続く...
[PR]
by Kippis_Y | 2012-07-11 03:30 | イベント/event