タグ:ホームステイ ( 57 ) タグの人気記事
最高のリース
d0090294_162948.jpg
フィンランド・ラーヌヤルビの村の素材を使って、こんなにも素敵なリースを作り上げてしまう凄腕の持ち主の女性が8月の下旬に我家へホームステイ。我家の草ぼうぼうの庭や畑から作り上げたリース(写真左)。これは我家に滞在中、1番目に出来たリースで目を疑ってしまう程、可憐なのです。関心・感動を通り越してクラクラ~。2番目のは森の材料から。こんなワイルドなのも出来てしまうんですねぇ。このリースは我家の外に飾っておくのに相応しい「ザ・ワイルド!」右のは夏から秋に色が変化していっているブルーベリーの葉。ワインレッドがシックでお洒落~。この他にも我家の玄関先には家の周辺で取れた素材で作られた大きなリースが飾ってあるのです。どれも違うタイプで、どれも魅力的。実は、彼女は新潟県のリース作家アトリエひと葉さん。
d0090294_16504520.jpg
小学生の娘さんと一緒に我家に滞在中、畑に食材を取りに行こうと外に出たら外のテーブルが面白い事になっていました。庭・畑・森から取れた材料。今まで気にも止めなかった「雑草」が雑草ではなく、主役の1つ。小学生の娘さんも小さなリースを作って子供達にプレゼントしてくれました。
d0090294_1651392.jpg
8月中旬頃から実りだしたコケモモの実もリースの材料に。甘酸っぱいコケモモはフィンランド料理のザイドの味?になるんですけどね、リースにしても凄く可愛い。身近なもので出来て旅先でも、こうして人を感動させてしまう才能。もともと、彼女からホームステイの依頼を受けた時にお店の存在をしって彼女の作品に惚れて幾つかオーダーをさせて頂いたけど、実際に材料を目の前にして生まれてくるリースを見ると感動も倍の倍!私は毎日、ため息をついていましたっけ、笑。
d0090294_16512571.jpg
この時期は蚊も夏ほどいないので森でのベリー摘みは快適です。彼女達が滞在中、フィンランドのロールケーキを一緒に作りました。日本のようなキメ細かい生地で巻きが美しいロールケーキではないのがフィンランド風、笑。フィンランドらしいコツや作り方は大雑把な人にも気軽に出来るのですよ。このケーキは数時間、冷蔵庫に入れておくと馴染んで美味しいんです。残ったベリーはジャムにして日本へ。フィンランドはコーヒーを飲む人が多くて1日に飲む回数も多いんです。カフェへ行くよりもお家へ呼んで一緒にコーヒー。フィンランドのお菓子が家庭で手軽に気軽に作れるのも、こういった文化からなのではないかなーっと。こういった生の生活を楽しめるのがホームステイの良い所、そして1人1人の個性や才能を知れるのがホストとして引き受ける側の良いとこですね。(彼女のブログにもホームステイの事が紹介されています。こちらをクリック!)
※3枚目の写真の素敵な作品はクラフトが上手なRitsukoさんのです!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-02 17:38 | 村の生活/village life
ラズベリー摘み
d0090294_2345674.jpg
ラズベリー好きな女性が7月の下旬から8月の上旬に我家へホームステイ。我家の1階のゲストルームの裏は採りきれない程のラズベリーブッシュがあります。初夏は蜂がブンブンブ~ンと凄い音を立てているのです。蚊のブンブンする音は苦手なのに蜂のブンブンは良いものですね。蜂が去って実のつく7-8月は収穫時です。熟しているのも多く、そんな中には小さな虫も埋もれているので一粒づつチェックしながら収穫です。収穫後はラズベリージャムを作りました。ラズベリーの輝くような赤い色が印象的でした。彼女の提案でジャムを作った後のお鍋に牛乳を入れてお鍋掃除ついでにラズベリーミルクが出来る即席ドリンクは子供達に大人気!
d0090294_2354650.jpg
彼女が去ってしまった後の週末は子供達と一緒にラズベリー摘み。家の裏ではなく倉庫の裏にもあるよ~っと子供達が案内してくれました。あるある!葉っぱの下に隠れているように実っているので斜めから見ながらね。
d0090294_236227.jpg
この赤い建物が学校の敷地内の倉庫。我家は村の現役学校の建物なので倉庫も家の目の前。倉庫の隣は何十年前に使われていた学校の公衆トイレがあったり、大昔には馬を飼っていたので馬小屋もあるんです。今は物置になっているけど。ここを綺麗にして羊小屋にレンタルできたらな~なんて想像しながらラズベリー摘みをしました。でも羊をこの近くに放したらラズベリーブッシュも食べられてしまうね、笑。

8月は日本は夏真っ最中ですが、ここフィンランドのラップランド地方は白夜も終わって秋に向かって涼しくなっていきます。夜は、まだ明るいけど暗い夜もやってくるようになりました。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-08 23:25 | 村の生活/village life
フィンランドの夏の食べ物 ベリーパイ&ザリガニ
d0090294_21394880.jpg
7月の下旬の日曜から素敵な家族が我家に3泊4日のホームステイ滞在をしました。好奇心旺盛な弁護士さんのお父さん・優しくって家族を温かく包んでくれるライターのお母さん・手足が長ーくって顔も小さい素直な娘さん。楽しかったな~。っと余韻に浸っていますが、とある日に女3人で森へ出かけブルーベリー摘み。男性陣は釣りへ(美味しい魚が1匹だけ釣れました)。摘んだベリーでフィンランドの焼き菓子を作りました。これ、とっても美味しいんですよ!
d0090294_2140127.jpg
生地はプッラの生地を使って。丸くした生地の上にマグカップの底をムギュゥ~~として窪みを付けます。その中にフィリングを流してベリーをのせるだけ。フィンランドでは、このフィリングをmaitorahkaと言うカードの様な乳製品を使うけど、私はカードとクリームチーズを混ぜます。なので濃厚~。フワフワの生地との相性も良いんですよ。プッラの生地は覚えてしまうと色々とアレンジが出来るので本当に助かります。そして。どれも美味しい。
d0090294_21425744.jpg
フィンランドでは7月にザリガニが解禁となって、ディルと一緒に茹でたザリガニを殻を自分で剥いて手掴みで食べます。一家のお父さんが、せっかくの時期なので食べたい&私達夫婦も、こうして食べるのは初なので是非!と言う事でご馳走になりました。凄かったですよ~大量のザリガニ!
d0090294_21431670.jpg
手掴みで頭や腕もチュゥ~チュゥ~吸って。思ったよりも、しっかりとした味で身も大きかったです。やっぱり手掴みで食べると言うのも美味しい秘訣なのかな。お喋りしながら手で食べて、とっても楽しい一時でした。どうも有難う御座いました!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-08-03 22:24 | 食べ物色々/food
フィンランドの美味しいパン リエスカ
d0090294_325810.jpg
毎年7月にA-Jの幼馴染の友達一家が我家に宿泊しに来ます。今年もやってきました。子供達も休みなので、と~っても賑やか!でも日本からフィンランド語が出来るお手伝いの方が2週間の住み込みで子供達と遊んでくれるので助かっています。明日と来週の土曜日は4時間だけ庭でカフェを開くので今日はケーキ焼き三昧でした。その話しはさておき、先日ホームステイに来た日本人留学生の子のリクエストでリエスカを焼きました。イーストの入っていない、じゃが芋ベースの美味しいパンです。
d0090294_3252915.jpg
お店でもリエスカは色んな種類が売られているけど、コツをつかんでしまうば家で簡単に作れるのです。ペロリと食べてしまうので、じゃが芋の量は沢山必要です。
d0090294_3254661.jpg
じゃが芋の種類によっても味も変るし粉の種類によってもガラリと変ります。今回は食べやすいように1枚は小麦粉で、2枚目は大麦の粉を使って焼きました。小麦粉の方は柔らかかった分、冷めても美味しかったです。でもリエスカは少し温めて食べるのが断然美味しい!
d0090294_326397.jpg
丸い形のリエスカが多いんですけど我家は一度に沢山食べるのでオーブントレーいっぱいに作って四角く切ってバターを塗ってチーズ、野菜をのせて食べます。子供達も大好きで大人気のパン。満腹感もあるんですよ~。食材に触れて五感を感じて作る料理は何よりも美味しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-07-13 03:42 | 食べ物色々/food
夏至祭の楽しみ方
d0090294_20281573.jpg
白樺カゴのワークショップは夏至祭前に終了したのですが、その内2名の方が我家に延長滞在して一緒に夏至祭イヴを過ごしました。フィンランドでは夏至祭をお祝いするのですが、これと言って伝統的な料理はなく、のんびり、ゆったり過ごしています。我家は数年前から時間に余裕がある時と夏至祭メニュー?としてサーモンをスモークします。
d0090294_20283535.jpg
マリネードしたスペアリブのスモークも我家の夏の定番です。スペアリブはあまり食べるところがないけどハーブや塩味がきいて、スモークしてあることが決めて。これは温かいうちに手で食べるのが勝負です!
d0090294_20285631.jpg
丸々のサーモンを下ろして塩・胡椒・ガーリックパウダー・ディルでマリネードして数時間。バラのチップでスモークしたサーモンは格別です。スモークサーモンはお店でも簡単に購入できるけど自宅の庭で数時間待って熱々を食べられるのが、やっぱり良いんですよね~。
d0090294_20291633.jpg
玉ねぎ&じゃが芋を茹でて作ったマッシュポテト。畑のチャイブを添えてバターをのせて完成。
d0090294_20293275.jpg
夏至祭イヴの午前中は皆でフィンランドのシナモンロールを焼きました。このグルグルがね、良いんですよねっ。夏至祭は、いつも作って食べて満腹~な日、笑
d0090294_20295389.jpg
でもでも、メインイベントは夜9時。kokkoと言う大きな焚き火がメインなんです。今年も湖沿いに木材を置いて着火。ボワッと言う音がビックリするんですけどね。次第に村の人達も集まって炭を囲んでソーセージを食べて飲んで村の人達と交流です。でもね、蚊が...凄いんです!こちらの人は蚊に慣れっこ?なのが毎年関心します。
d0090294_2030925.jpg
太陽は沈む事なく明るいので時間の感覚がおかしくなりそうです。自然のマジックです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-07-01 20:49 | 村の生活/village life
水上で食事
d0090294_41959100.jpg
白樺カゴのワークショップステイ3日目は村から車で10分程離れた大きな湖でイカダ乗り体験。屋根付なのでイカダと言うよりも屋形船の様な感じです。5月下旬~6月上旬は信じられない程の良い天気日よりで夏日だったのに、その後は、どんより日和。一体、夏はどこへ?な感じですけど風がないので水上の散歩を楽しみました。
d0090294_4201456.jpg
湖の真ん中へ行くとランチの時間です。スモークしたトナカイとサーモンがアクセントのサラダ。
d0090294_4202912.jpg
メインは炭火焼きしたサーモンに大きな焼きポテト。イカダには炭を熾せるイカダキッチンがあるので、そこでじっくりと焼かれたサーモンです。フィンランドの主食は、じゃが芋!色んな種類のじゃが芋があるのですが、このじゃが芋は中が黄色がかっていてホクホクというよりネットリした感じでした。湖は波がないのでお喋りに夢中になっていると水上にいる事を忘れてしまいます。遠くにはカモメが飛んでたりしたのですよ。
d0090294_4204918.jpg
デザートはフィンランド風の薄いパンケーキ。これも炭火焼きです。茶色い部分がカリカリッとしていて美味しいんです。ジャムとグラニュー糖をかけて。ナイフとフォークではなくって手づかみで食べるワイルド食いです、笑。約2時間のクルーズ、食べて話してアッと言う間でした。この日の夜はシェフのお家の湖沿いのサウナに女性5人で入ってリラックスしました。水道も通っていないので湖の水を汲んで薪で沸かしてストーブも薪で温める昔ながらのサウナです。サウナから出て湖に入ってを繰り返すシンプルさもフィンランドならでは。自然と一体になった1日でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-06-29 04:41 | 村の生活/village life
白樺のカゴ作りワークショップ レポ
d0090294_20431716.jpg
6月16日から4泊5日の白樺カゴのワークショップ。4名の女性が参加し楽しい日々でした。1人1人の個性と愛情で編み上げた世界1つだけの白樺のカゴ。とっても可愛くってカッコ良い!編み上げから仕上げのオイル塗りまでの一部始終を見ていたので目に見えていく変化が驚く程でした。
d0090294_2047556.jpg
森には沢山の蚊がいるので服装は念入りに、そして蚊避けネット帽子も被って、いざ森へ!予めマークしておいた白樺にナイフで切り込みを入れて...ナイフを入れたときの「メキッ、パリッ」という音が何とも言えません。
d0090294_20433338.jpg
次に楽しいのが樹皮を幹から剥がす瞬間!不思議な程、簡単に採取出来ます。この採取時期も夏至祭近辺のみ可能なのです。フィンランドではベリーやキノコ類は、国立公園以外は何処でも採って良いのですが白樺の木の伐採や樹皮採取は森の持ち主の許可が必要です。今年も去年と同じ森で採取しました。この木はいずれ冬の薪用として伐採されます。
d0090294_20435012.jpg
採取後は樹皮を平らにするので、その間に我家でランチ。ws1日目はスモークサーモンのキッシュにサラダ。ルバーブが旬な時期なので自家製ルバーブジュースもね。デザートも、しつこくルバーブケーキ。2日目のランチはA-Jが前夜から作ったチキンスープにデザートはセモリナ粉とコケモモで出来たフワフワっとしたフィンランドの食べ物vispipuuro。やっぱり皆でランチ、会話も進む進む!
d0090294_214267.jpg
ランチ後は、ひたすらカッティング&ピーリング!写真は色んな種類や太さが混ざっていますが、1.5㎝ずつ、誤差がないように切っていきます。大半はA-Jが切ってくれましたが、皆カッティングに挑戦しましたよ~。森での樹皮剥がしやカゴ作り事態は楽しいのですが1番キーポイントになるカットは思った以上に力のいる作業で、そして正確に切っていかないと編み上げた時に支障になるんです。でも、この作業体験をするからに白樺のカゴにも愛情が沸くと思うんです。物ができるまでの苦労や時間も作ってみて初めて分かります。
d0090294_20451456.jpg
ws2日目は去年と同じく白樺細工を何十年も続けているベテランの先生。去年の教訓から、スムーズに進められ時間内に終わりました。先生もユーモアのあるお話やアドバイスも加え今年は沢山お喋りをしてくれました。
d0090294_2044841.jpg
先生の白い車に沢山積まれた白樺細工は、あれよあれよと言う間にws会場の前に並ばれ小さなブティックの変身。大きなものから小さなものまで。職人さんの手は大きく指は太いのに小さなものも編み上げてしまいます。私も体験してにて思ったけど、小さい細工の方が意外と作りにくいのですね。こういう白樺細工は昔では、ごく一般的に使われていたそうですが、時代の流れと共に他の製品が簡単に手に入れられる事になって、白樺細工の価値も今では落ちてしまったそう。日本文化や工芸品などもそうですけど外国人の目からみたら魅力たっぷり~なのは、何処へ行っても同じなのでしょうかね。

「また、会いましょう!」と言って先生は約1時間離れた自宅へ戻りました。とっても優しくユーモアのある先生です。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-06-27 21:23 | イベント/event
6/16-20 白樺のカゴ作りワークショップ in Finland
d0090294_1301155.jpg
【定員最大10名】
※3月15日の記事ですがしばらく、この記事をトップにしておきます。

去年も行われました「白樺のカゴのワークショップ&ホームステイ」今年も開催予定です。夏にフィンランド旅行をお考えの方、フィンランドでホームステイをしてみたい方、白樺のかご作りを一通り体験してみたい方、必見です!ロバニエミから約60キロ離れた、とっても田舎の村、ラーヌヤルビでローカル体験してみませんか? 4泊5日みっちり余す事なく自然に触れる事が出来ます。滞在中には白樺細工の経験のある先生を招いて、白樺のカゴ作りワークショップを開催します。実際に森へ行き、自ら樹皮を採取し、下準備からカゴ作りまで全て自分で一通り行います。。※注意点ですが、白樺のカゴは手の平大サイズ、又は両手に収まるくらいのカゴを予定しています。雪解けが始まったら森の白樺にマーキングをしに行きます。お一人様、樹皮の量は白樺の状態や参加人数によっても異なってきますので、ご了承下さい。

ステイ先は我家(最大4人まで滞在可能・2部屋あるゲストルームの内ダブルベッド1台の部屋・シングルベッド2台1室の部屋ですのでダブルベッドを1台2人でシェア出きる方希望です)、我家から数キロ離れた湖沿いにある宿泊施設にてステイになります。部屋は2人1部屋の相部屋、もしくは1人部屋。※先着順を優先致します。ワークショップは日本語通訳付きですので英語が苦手な方でも大丈夫です。旅行客も来ないラーヌヤルビの村での生活、太陽が眠る事のないラップランドの夏、本当に貴重な忘れられないローカルな体験となります。


1日目 
17時40分 ロバニエミ空港にお迎え
※17時40分着もしくは、それ以前の便で到着お願いします。
村に移動

2日目
森に行き樹皮採取&下準備

3日目
先生に習いながらカゴ作り

4日目
村で過ごす
イカダ乗り体験(魚料理のランチ・フィンランド風パンケーキ・コーヒー付) 
※宿泊施設で滞在の方のみ

我家宿泊の方は
湖沿いのサウナやサウナ用の道具作り、料理など
その時の状況に応じて変化有り。

5日目
村を去りロバニエミのサンタ村へ

ロバニエミ空港へ
※ロバニエミ空港18時05分発

去年の様子は過去ログの2012年6月・7月からご覧になれます。
kassun kotiのHP内のフォトギャラリーからもご覧になれます。
コメント付きの写真を見たい方はKassun koti FBより申請をお願いします。
お値段や詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.comまで。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-05-20 16:26 | イベント/event
プリンセスケーキ
d0090294_014843.jpg
ピンクのマジパンの色が春・女の子らしいプリンセスケーキ。春に拘らず1年中を通してお祝い用として誕生日なんかで食べられます。今回はホームステイに来ていたRさんのリクエストで一緒に作りました。フィンランドには日本の薄力粉と似た粉Erikoisvehnäjauhoもあるけど大概のケーキやプッラなんかにはPuolikarkea vehnäjauhoと言って中力粉に近い粉が使われています。このケーキの生地は中力粉・ポテトスターチの半々ずつで作りました。なので日本のスポンジよりも粗い感じがします。でも慣れると気になりません。角材などは使わないので相変わらず、スライスに勇気が要りましたけど...糸で切ると良いと聞いたのでしてみたけど結局、熱々の熱湯で温めたナイフで切るのが1番でした。フィリングはラズベリージャム・バニラクリーム。
d0090294_0143368.jpg
ホワイトチョコがなかったのでビターチョコレートで冠を作ってデコレーション。Φ24㎝のホールケーキ。大きいので、ことり&あんじんの通う幼稚園へ半分配達しました。実は途中でジャムが足りなくなってしまって林檎&シナモン味のジャムを足したら、これが先生の間で美味しいと評判でした。翌日に食べたら味が染みていて確かにジャムも引き立って美味しかったです。

フィンランドではマジパンの色も様々あってケーキもマジパンを使ったものが日本よりも沢山あります。日本ではマジパンのケーキなんて主流なのかしら?
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-27 00:35 | 食べ物色々/food | Comments(8)
野菜は甘い! 玉ねぎスープ
d0090294_20182940.jpg
3泊4日で滞在していた大学生のMちゃん。滞在中には野菜モリモリ食べて頂きましたよ~。1日3回の食事の前に飲む野菜・果実スムージーもね。毎回、もの凄い音で機械を回して出来上がります。2日目から「お肌の調子が良い」と気がついたそう。私も飲み始めて2日目には目でわかる効果を体験したので手作り野菜・果実ジュースはお勧め!

「美味しい!美味しい!」と本当に美味しそうに喜んで食べている姿が可愛かったな。中でも、とっても美味しかったのがA-Jの作ったオニオンスープ。7個の玉ねぎを使って前日から仕込んで仕上げにライ麦粉100%のパンを入れてチーズ・新鮮なタイムをのせてオーブンで焼きます。下の写真は焼きあがった状態。玉ねぎの優しい甘さと柔らかくなったライ麦パンが絶妙!
d0090294_2018533.jpg
料理や食材の本をキッチンの椅子に座って読んでいる姿を見ると良い感じに年を重ねてきているんだなぁと関心します。彼は、せっかくの食材を無駄にしたくないらしく丁寧に作ります。「美味しい、何を入れたの?」と聞くのに対してA-Jは、いつも照れ半分・冗談半分なのか「愛が入ってる」と言います。そこで皆で「ぶはぁ~」っと笑ってお終いになっちゃうんですけどね、、。でもでも年齢を重ねていく毎に自分や家族の健康の事を考えたりするようになったのも1つの愛なのではないかなーっと。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-12 20:46 | 食べ物色々/food | Comments(10)