タグ:ホームステイ ( 57 ) タグの人気記事
フィンランドでホームステイ ナナカマドの実の飾り&松茸狩り
d0090294_4373986.jpg
「これ、○○○ちゃんにあげたいの。中身が見えないようにプレゼントの箱を作って入れるの。」
小さな手を器用に動かして赤い色が綺麗なナナカマドの実とワーヤーを使って、娘・ことりが作り上げた飾り。ワイヤーの締めは手伝ったけど、こういう作業が大好きな彼女。

d0090294_4382040.jpg
フィンランドでは今の時期pihlaja:ナナカマドの木に実が沢山。とっても絵になる光景です。
この実はゼリー状にしてお肉と一緒に食べたりチャツネなんかにするそうですよ。
d0090294_4375761.jpg
そして、この実をあげる時が来ました。我家に3泊4日のホームステイに来た女の子。会うのが待ち遠しくって、ナナカマドの実の飾りを渡すのを今か今かと待っていたのです。こんな風に自分で何かを作って誰かに渡す喜びを覚えた彼女。昨日は遊びに来る友達用にサラダを作ってお弁当に入れて準備をしていましたっけ。自分用と友達用。これまた上手に小さく野菜を切って。こんな風に自分の好きな事や得意分野は大いに楽しんで腕を伸ばしていって欲しいな。
d0090294_4384573.jpg
さて、今回は週末ステイに来た日本からの女の子。きのこに詳しい近所のヤーナと一緒に、きのこ狩りに行きました。女3人+こゆき。お目当ては松茸!フィンランドにも松茸が生えていて今年は当たり年だそう。ちゃんと村でも発見しましたよ!傘が開いて色が薄いけど味は松茸~。グリルしたりドライにして味を楽しみました。フィンランドで松茸を食べられるとは思ってもみなかった。
楽しい週末を有難う!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-09-19 05:09 | 村の生活/village life
白樺の葉を食す
d0090294_21245055.jpg
今年の白樺のカゴのワークショップ、そしてククサのワークショップに参加された方の内、2名は北海道・下川町でしらかばsuloと言う白樺の魅力を存分に引き出そうではないか!と言う面白い活動をしています。メンバーの1人のSakikoさんは白樺が大好きです。そんな彼女の情熱を受け我家の庭の若い白樺の葉を食してみました。
d0090294_21252564.jpg
白樺の葉は春先から夏至祭前頃まではサラダやお茶にして口に出来る葉の1つと言うのは知っていたけど実際に、こうして1品料理にして食べるのは初めて。まず白樺の葉を味見して、こんなの合うかなーっと閃きを頼りに。若い白樺の葉の上にはゴートチーズ。ナッツをのせてタンポポの花びらにブラックペッパー、スモークパプリカパウダーに蜂蜜をかけて出来上がり。白樺の葉はお皿代わりに。でも一緒にペロリと食べます。葉自体の味は爽やかで少し甘みもあってレモンと合いそうな感じです。葉がメインと言うよりは一緒に添えるのに良いのかな。チーズが柔らかいので葉の触感があって合うと言えば合うような、邪魔ではない存在でした。
d0090294_2125815.jpg
お次はグリーンサラダ。色々な葉の中に白樺の葉も混ぜて。こちらも違和感なく食べられます。
季節物として食べるには白樺の葉も良いかもしれませんね。

私は以前に北海道に在住していたのですが当時は下川町と言う町は残念ながら知らず...こうして今回、お2人にお会いして「下川町面白い町!」と思ったのです。未来がある町と言うか、楽しそうな町です。7/11-13は下川町で森ジャムと言うマーケットが行われるそうです。お近くの方、是非!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-08 21:50 | 村の生活/village life
本物のククサ ワークショップ 
d0090294_236665.jpg
我家の目の前の倉庫でトントントンと音が聞こえてきます。先日の白樺のカゴのワークショップに参加された内の2名のゲストが残りA-Jと一緒にククサ作り。ククサは白樺のコブから作られた木のカップ。大量生産化が進み今では機械を使って大きなコブから切り分けされたものや幹から作られたククサが殆どではないでしょうか。このワークショップではA-Jがコブ探しをし参加者の方達と森へ行き切り出しをし機械は使用せず3日間で作るというハードスケジュールでしたが決行いたしました。
d0090294_2363969.jpg
この2つのククサは以前にA-Jが作ったもの。フィンランドのククサを見た事がある方は「ククサってこういう形もあるんだ~」と思うかもしれませんが、このククサはコブの丸みを生かした形です。
d0090294_2372170.jpg
こんな感じにコブは幹にぽっこりと付いています。大きなコブはあるけど、なかなかククサ用の小さなコブに出会うのは難しいものです。採取した後の乾燥具合も大事だそうです。
d0090294_237691.jpg
道具の1つのフィンランドのナイフ:プーッコは必需品だそうです。
d0090294_2374172.jpg
とって部分を作り、ひたすらコブの中の繊維をニッパーで取り除きカップ状にしていくそうです。機械を使わずに作るこの作業は地道で男性でも力を使うそう。
d0090294_2375793.jpg
この写真は私が好きな1枚。実が詰まったあのコブが。こんなにくり抜かれて綺麗な状態に。
d0090294_2383941.jpg
とって部分を削りすぎてしまったので急遽トナカイの角を付けたククサ。
ひっくり返したらetana:カタツムリ!とってもユニークで可愛いエタナククサに変身!
失敗は失敗に終わらず逆に新たな道が開けますね。
d0090294_239738.jpg
こちらは持ち手に穴を開けて、その後トナカイの皮の紐を付けました。
自然の形を生かしたククサはオリジナルでとっても素敵です。
中の繊維の模様も木を見ただけじゃ分からないし本当に綺麗です。
サバイバルな日々で手も限界に近かったんじゃないかな、でもとっても魅力的です。
自分でコブ探しをして時間をかけて手で作るオリジナルのククサは「誰にも売りたくない。それ程、貴重な物」とA-Jは言っていました。夫々のククサが夫々の色に染まっていきますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-07 23:54 | 村の生活/village life
白樺のカゴのワークショップ&ステイ 4日目 森の環境アート見学・湖&サウナ
d0090294_2285954.jpg
白樺のカゴ作りのワークショップを終え、4日目は参加者の皆さんと一緒にスウェーデン国境に近い町の森へ。実はここOranki Artは隠れた穴場スポットなのです。地元の方達も知らない人が多いんですよ。と言うのは森の中が環境アートの展示会となっています。毎年フィンランド国内・国外の選考されたアートィスト達が6月に数日間ワークショップを行い自分の作品を作ります。そして作品はそのまま何年も森の中に展示されます。静かな森の道を歩きながら沢山の作品を見つける楽しさや、自然と共に形や色が変化していく姿を見るのが魅力的です。
d0090294_2292672.jpg
終点近くに見つけましたよ~。これはA-Jの作品。白樺と松の木で作られたものです。
d0090294_2210046.jpg
確か参加したのは3年前。これが3年前の出来立てホヤホヤの時です。こうやって変化していく姿を目の前に見られるのは面白いですね。年々、森の環境に合ってきている感じ。

蚊に追われながらの見学後は、国境近くのお店で食事をしショッピング。その後は国境越えしてスウェーデンへ。フィンランドとあまり変わりはないんですけどね、でも国境越えってワクワクしませんか?!
d0090294_22112445.jpg
夜は地元のタクシードライバーのティモ&奥さんのエイヤ宅へお呼ばれし皆でフィンランドナイトを楽しみました。湖沿いの可愛い建物。中に入ってみましょう!
d0090294_22115912.jpg
コタと呼ばれる屋根付きのBBQスペースの中には目の前の湖で取れたムイックという魚がスモークされ、同じく湖で取れた魚が焼かれ皆で頂きました。
d0090294_22122387.jpg
その後はティモ&息子さんが焼いたソーセージを頬張り、デザートはコーヒーと焼きたてのパンケーキ。全部この火の上で調理してしまうのも優れていますよね。とっても美味しかったです。
d0090294_22131277.jpg
食後は、薪サウナへ。この建物の左側がサウナになっています。お花が飾られ、サウナ小屋にも名前があって、小さな窓にはレースのカーテン。薪のカゴもお洒落でした。フィンランドの方達はこうしてインテリアを楽しむのが凄く上手ですね。
d0090294_22125024.jpg
湖の水は冷たいけど、せっかくの湖沿いのサウナなので暑いサウナに入って裸んぼで湖へジャボ~ン!サウナ→湖の繰り返しを3回。勇気を出して1回してしまうと凄く楽しいですよ!

ティモの家族は毎日、こうして湖沿いのサウナに入るそうです。羨ましいですね~。
d0090294_22135096.jpg
子供達も夜更かしをし家路に向かったのが夜11時過ぎだったかな、その時間でも太陽は沈みません。時間の錯覚に陥ってラップランドのマジックにかかった感じになります。
翌朝、ティモさんにロバニエミのサンタ村経由でゲストの方達を送迎して頂き、今年の白樺のカゴのワークショップ&ステイは幕を閉じました。数日間のステイでしたがフィンランドがギュッと詰まった日々になったと良いな。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-07 22:53 | 村の生活/village life
白樺のカゴのワークショップ&ステイ 3日目 カゴ作り
d0090294_3351570.jpg
今年の白樺のカゴ作りの場所も、いつもの場所で、いつもの先生・マルッティ。今年で85歳です。去年と違うとこは、彼が介護をしていた10歳近く若い奥さんが去年の夏に天国へ召された事。今年は姪っ子のマリアさんと一緒に村へ来た事。大家族で大自然の中で育ったマリアは人懐っこく、とても良い感じの方でした。
d0090294_3341825.jpg
白い車に積んできた彼の作品を並べて小さなマーケットの開始。
「写真を撮っても良いよ。色んな角度から撮って、どんな構成になっているのかよく見てね。そうすれば自分でも出来るようになるから」そう言うマルッティ。「商品を売りこむ」というのではなく「見て挑戦しながら覚える」という彼がそうして学んできた様子が伺えます。
d0090294_3385589.jpg
ワークショップ中、A-Jが森から採取してきたナナカマド。こんな可愛い洗濯ばさみになりました。白樺に続きナナカマドも堅い木で丈夫です。
d0090294_3363772.jpg
前日に切っておいた樹皮のテープを使って小さなカゴ作りの開始。
d0090294_337596.jpg
毎回思うけど、前日まで木にピッタリと付いていた樹皮が目の前でカゴになっていく姿は信じられないような現実です。黙々と作業は続きます。
d0090294_3394748.jpg
ランチはフィンランド料理を囲んでマルッティの白樺のカゴの昔話などを聞きながら我が家で食べました。テーブルが料理で埋められて座る場所もギュウギュウになって食べるのは、やっぱり良い風景です。ランチ休憩の後は皆さんの小さな白樺のカゴも完成。
d0090294_340147.jpg
皆のカゴとマルッティの作った白樺細工。自分達で切ったテープ状の白樺の樹皮は補強用や次のカゴ作りのために日本へ持って行ってもらいました。
d0090294_3375621.jpg
私は誰かが手で物作りをしている姿を見るのが好きです。生き生きしていて本来の生活があると言うか…マルッティは現代よりも物資が貧しかった時代に育ち自然の素材を使って生活用品を、ごく当たり前に作ってきました。逆に現代は、お金があれば簡単に物を得られる時代となっています。だからこそ私は昔の魅力を感じるのです。ゆっくり時間をかけて五感を感じながら。

「もう私が来ての指導はいらないよ、次からは君達で出来るよ。」と言ったマルッティ。以前よりも元気が感じられなかったのは愛する妻が隣に居ないからなのかな。確かに、このカゴは私も編めるけども、私が彼に代わってワークショップの講師になったら、ただの真似事をしているだけになると思う。正直、日本人の編む白樺カゴはとっても綺麗です。そんな綺麗に編まれたカゴを日本で購入する事だって出来ますよね。でも、こうして白樺細工が彼の生活の一部となっている話を聞けるのは特別ではないのかな。それに、こうして一から体験し経験する事が最も大事なのでは、そう感じます。
d0090294_3404883.jpg
さて、この日の夜は「森の家」の隣でソーセージ焼き。A-Jが作った白樺のベンチに座って。
ソーセージ用の串は森から取った木の枝を削って完成です。
d0090294_4427100.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-04 04:43 | 村の生活/village life
白樺のカゴのワークショップ&ステイ 2日目 樹皮採取
d0090294_214362.jpg
去年・一昨年はラーヌヤルビの森から樹皮を採取したのですが今年は場所を変えて、こんな綺麗な湖が広がる場所で採取しました。ラップランドの夏は大量の蚊が発生するので蚊避けネットが必須なのですが。今年はラッキーな事に湖沿いで風があったので樹皮採取中は蚊に悩ませられる事はありませんでした。
d0090294_2153457.jpg
樹皮を剥がす白樺は、このお宅の建物と湖の間。このお宅では、白樺の幹を自宅の薪用に使用するそうです。伐採する事によって木々の間にも光がより差すので一石二鳥。こんな状況・場所は樹皮採取をするのに相応しいですね。フィンランドでベリーやキノコ摘みは自由にしても良いと言われていますが木を切ったり、こうして白樺の樹皮採取は持ち主の許可が必要です。毎年、夏至祭の時期に白樺のカゴのワークショップが出来るのも、あと何年かな~と毎年思います。伐採用の木から樹皮採取をするので、でもどの木でも採取できるのではないので自然と付き合いながら検討です。
d0090294_2194017.jpg
木によって厚さ・色・乾燥度や潤いも違って結構感動しますよ~。湖に近い所の木は水の吸い上げ関係からか剥がれも早く、木によっては湖からの湿気のある風を受けた部分のみは潤いのある色をしていたり夫々の特徴がユニークです。なにしろ、剥がす瞬間の音とか香が何とも言えませんよ!
d0090294_2113185.jpg
樹皮を剥がした後はヨルマさんが幹に紐を縛り付けます。脚立を使って降りてきているところの写真です。A-Jがチェーンソーでカットします。完全に切り落とさずギリギリまでの所で紐を引っぱり倒します。建物や木々が周辺にある時に、こういう方法は凄く有効だそうです。
d0090294_21134279.jpg
切れたてホヤホヤの幹からは甘い香がしていました。
d0090294_21104221.jpg
「風が冷たいし木を切る仕事は男性でするから女性達は中で温かい飲み物でも飲んで下さい。」と優しいヨルマさん。温かい部屋の中に入ると奥さんが焼いたお菓子、それからオープンサンドがテーブルの上に。温かい飲み物と一緒に頂きました。
d0090294_21111730.jpg
こちらがヨルマさんと奥さん。こゆきも一緒に採取現場に行きました。
d0090294_2114192.jpg
その後、我家へ戻り樹皮を平らにするために重石をしました。その間、我家でランチ休憩。倒したばかりの白樺の枝や葉はサウナのヴィヒタ用(サウナに入る時の道具)に頂いてきました。
d0090294_21145081.jpg
休憩後は、カゴ用・補強予備用を夫々カットしテープ状に。
d0090294_21152629.jpg
今年も状態の良い樹皮が採取できました。翌日はカゴ編みの開始です。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-07-03 21:11 | 村の生活/village life
いよいよ! 白樺のカゴのワークショップ開始です!
d0090294_4525813.jpg

今年も開催「白樺のカゴのワークショップ4泊5日」。4名の方達が今日の夕方、ラーヌヤルビの村に到着しました。天候がアヤフヤで寒かったり、雨が降ったり晴れたりしていますが、どうか天候に恵まれますように! 例年は森・森とした森で白樺の樹皮採取でしたが今年は場所を変えて湖沿い…どんな樹皮が採取できるのか楽しみです。

私がフィンランドへ訪問したての頃、確か11年程前だったかな。空気が澄んでてギラギラした湖に青い空、白と黒の肌をしたスラリとした白樺が湖沿いに生えていて何て清潔感があるんだろう~っと思いました。今でも湖と青い空、白樺の木々のセットを見ると誰かに伝えたく、そして見せたくなります。
d0090294_4524229.jpg
マークしておいた白樺の木。約70cmの幹。今年は採取方法も変えてみます。
明日からの日々がドキドキでワクワクです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-24 05:04 | 村の生活/village life
夏至祭ホームステイ 食卓を一緒に囲む楽しさ
d0090294_23133259.jpg
今年もラーヌヤルビの湖の辺のkokko:大きな焚き火はメラメラとした炎を放っていました。夏至祭前夜は近所のお家でパーティーがあって途中、皆で抜けて湖のコッコを見に。行く道中の手段も田舎ならではの?ゆる~い感じで。今年は例年以上に寒くて生憎の雨。なので恒例の湖の辺でのBBQはありませんでしたが楽しい時となりました。
d0090294_23211210.jpg
夏至祭シーズンにホームステイに来ていたNさんと一緒に旬のルバーブを収穫してルバーブケーキ作りをしました。甘酸っぱいルバーブはフィンランドの初夏の味。我家では、この時期にルバーブジュースを作ったり、このケーキを焼いたり、ジャムにしたり、冷凍にします。
d0090294_2329515.jpg
このケーキは焼いた翌日もしくは翌々日が、しっとりさが増してくるのです。お菓子作りが苦手な人でもザックリと大雑把に作れるお菓子ですよ! 一緒に焼きチーズ&クラウドベリーも食べました。
d0090294_23331164.jpg
夏至祭の日前後は毎年食べてばかり・笑。一緒に食事を分けて一緒に時間を過ごせる人達がいると食事も美味しいし、喜んでもらうと作っていて嬉しいですね。写真のはフィンランドのカレリア地方のお肉料理(レシピはコチラ) に副菜のパプリカ。夕飯は我家恒例の夏至祭の食事=スチームスモークサーモンにスペアリブ。これが、とてつもなく美味しいんですよ~。
d0090294_23402593.jpg
ホームステイに来られる方には事前に何が興味があるのか、何がしたいのかなどリクエストや質問などしています。Nさんはお洒落~なカフェ&セレクトショップnoah noahを静岡で経営している方。お菓子作りにも興味があって、そしてフィンランドの伝統工芸にも触れてみたいとの事。なのでお菓子作りや簡単なパンを焼いたり空いている時間に一緒に小さな白樺のカゴを作りました。やっぱり形になっていく姿が楽しくって出来あがったカゴに2人で感動~。

Nさんは日本に帰国道中。また新しい発見や刺激を頂きました。わざわざ、この田舎の我家に来るために時間をつくって頂いて本当に感謝です。新たな出会いにKippis!=乾杯!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-22 23:59 | 村の生活/village life
ホームステイ中に靴下編み
d0090294_1785132.jpg
フィンランドの夏はカラリとした気候。8月に入れば夏も終盤で半ばになれば、もう夏というよりも秋の始まり。後半には紅葉も始まって9月上旬は寒すぎず快適に過ごせます。そして楽しみなのが編み物!フィンランドのスーパーにも編み物道具や色々な毛糸があって編み物好きには、たまりません。毛糸屋さんなんて迷ってしまう程、色んな種類や色の毛糸があって私は長い事、お店で過ごせます、笑。私の好きな色彩や素材は決っているけどね。
d0090294_1792063.jpg
4泊5日のホームステイを終え我家から2人の女性が今朝、日本へ向かって帰国しました。普段、都会で働いている彼女達。静かで人口の少ない村で毎日、靴下編みをしたり秋の森へ散歩してベリーを摘んでお菓子を作ったり、きのこを見つけては「毒キノコ」と判明して食べられず仕舞い、笑。普段とは違った生活を楽しまれたようです。

靴下編み初の彼女達。事前に好みの色を聞いて毛糸を数種類用意して各自、選んでもらいました。棒編み初のYちゃん。2.5mmの棒針でアース系の毛糸。裏・表編みの編み方も初の上、目数も多いのに丁寧に編んで綺麗に編み上げていきました。とっても関心~!中学生の時に棒編みでマフラーを編んだ事のあるTちゃん。始めてみると指が覚えているんですね。彼女は3.5mmの棒針で赤系の毛糸。数時間目でもサクサク編んでました。4泊5日の滞在中に両足編み上げるのは初の方にとっては難しいので片足のみ完了&片方は帰国後に...の予定が2人共片足を終えて反対の足を編んでいくではないですか~!1本の毛糸が棒針によって立体的になっていく様子は面白いんですよね~。そして完成時には喜び・感動がくるので止められない!私もそうだったけど片方編むと忘れない・飽きない内に反対の足を編み上げたくなるんです、笑。彼女達もそうでした♪日本で完成したら見せてね!

Yちゃんはネイリストをしていて編み手を見る旅にネイルが気になっちゃってね、笑。彼女の職業の話も面白くって。そんな彼女の職場は今、改装中ですけど10/17にリニューアルオープンするそうです。彼女の働くお店のHPはコチラです。彼女は青山店で働いていますよ~。
d0090294_1782610.jpg
日本も秋めいてきたようですが、ラーヌヤルビの村はこんな感じに色づいています。散歩する毎に木々や葉の色が変化していって何も気取らず、そのままの状態の自然が私を包んでくれます。この村で生活していて良かった、そう感じます。私事で10-12月中旬頃はホームステイの引き受けは出来ませんが、12月~は受付開始です。オーロラを見られるチャンスが多い月は2・3月。靴下編みをしてみたい方も声をかけて下さいね。
※Kassun kotiのfacebookに繋がるとホームステイの様子が見られます。今までの滞在者の方のプライバシーもありますのでfacebook申請の際には「ブログを見ました」など一言メッセージを宜しくお願いします。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-07 17:46 | 村の生活/village life
フィンランドの素朴な食べ物
d0090294_14323870.jpg
フィンランド料理はどんなのだろ~っと思う方も多いのでは?サーモンやトナカイ料理、ライ麦のパンとかはイメージが強いのかな?主食はじゃが芋。お米も食べるけど日本米と比べるとパサパサしているのでメインに付くソースと一緒に食べたりします。まぁ、日本米に一番近いかな?!と言うお米はミルク粥にして食べます。じゃが芋の時もご飯の時もパンを一緒に食べたりもするんです。

面白い組み合わせの食べ物があるんですよ。フィンランドのカレリア地方発祥のカレリアパイ。ベースがライ麦&小麦で出来ていて、上にミルク粥をのせてヒラヒラっと包んでオーブンで焼いて食べます。バターを塗ってチーズ・ハム・トマトやきゅうりのスライスをのせたり、ハムの代わりにスモークしたサーモンをのせても美味しい。ゆで卵を溶かしバターと混ぜたものをのせるのも一般的。ミルク粥のものもあれば、じゃが芋バージョンや人参&ミルク粥だったり、ベリーがのっているのもあるんです。写真のはじゃが芋。食べた事が無い人は想像が付きにくいかな...でもホワッとして素朴で日本人の口に、とっても合うんですよ~。
d0090294_14321365.jpg
このカレリアパイを先日4泊5日でホームステイに来た女性と一緒に作りました。かれこれ前のある日、彼女が私のツイッターをフォローしてくれて彼女のプロフィールを拝見したら、とって~もお洒落~で興味のある生活振り!若くて綺麗な農家さん。でも、仕事が農業だけではなく彼女は自分で何種類もの酵母をおこしてハードパンやマフィンなどを作っているのです。お店やマーケットに出店したりネット購入も出来るそう。自宅でスペルト小麦を栽培してパン用に...近い将来には彼女スタイルのお洒落~なお店が出来るそう。自分の手で作った植物を自分の手で作り出すと言うのは凄く魅力的。粉にも慣れている彼女は、カレリアパイを上手に作っていました。美しい~~!彼女のお店ネテ雑穀も要チェック!
d0090294_14325499.jpg
もう1つのパン、リエスカも焼きました。ブログでは度々登場している、じゃが芋のパン。リエスカはフィンランドのラップランド地方発祥です。リエスカに使ったじゃが芋もラップランド発祥のじゃが芋を使ってみました。ほくほく栗のようなじゃが芋。カレリアパイもリエスカもイーストが要らないので作るのが早くて、しかも美味しいんです。この他にもフィンランドのシナモンロールを作ったり、ベリーのお菓子やスープ、ジャムを作ったり。食べるものばっかり~笑。ある日はロバニエミまで行って蚤の市訪問。色んな話をして、ひょんな流れからハプニングもあって楽しい日々でした。1人1人の人生は誰にも真似できない人生で、どれも刺激になって周囲に影響を与えてくれますね。有難う!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-03 15:26 | 村の生活/village life