タグ:ホームステイ ( 57 ) タグの人気記事
我家でのホームステイ体験 草木染マジック
d0090294_06184687.jpg
我家は年中を通して両者のスケジュールが合えばホームステイ受け入れをしています。特に夏は白夜な上、色々な収穫物があって楽しいですよ。可能な場合はジャムにして日本へ持ち帰って頂いたりしています。このルバーブ、初夏に太目のを収穫してしまったので8月上旬に収穫したのは細身。でも茎はジャムにしたりケーキにしたり美味しく調理できました。葉はシュウ酸が多いので一般的には食べないのですが今年は草木染に使ってみました。ホームステイに来られた方の希望の1つが「草木染」でしたのでね!
d0090294_06195476.jpg
草木染は材料を煮たてるのに1-2時間かかり、染めに1時間... 私の場合、室内で何回も草木染をするとなると結構燃料もかかります。裏庭に廃材で簡単に作った作業場が大活躍です。今までは室内で2つの鍋を同時に使っていたのですが、同量の毛糸が、この大きな鍋1つに入るので大変便利!外なので強風や雨の日は出来ませんが植物によっては臭いがあるのでとっても作業しやすいです。
d0090294_06195536.jpg
ホームステイに来られた方の希望2つ目は「靴下編みをする」。これは私の好きな分野なので大歓迎!草木染をしている間に横の椅子に座って野外で編み物~ こんな風に「編み物をしたい・習いたい」という方には毛糸・道具をこちらで用意しておき日本へそのまま持ち帰れるようにしています。
d0090294_06195518.jpg
私も一緒に編み物。裏庭なので人影も気にせず(そもそも人に出会う事が少ない村ですが...)、自然の音が本当に気持ちが良い!この毛糸は去年、西洋桜の実とブルーベリーを混ぜて染めた毛糸。こんなに綺麗なのです!ほんと草木染は止められません~
d0090294_06195415.jpg
材料収取に、煮だし、染め、洗い、乾燥を経た5日目、ようやく玉状に巻くことが出来ました。
Kassun kotiのラベルを貼って完成!もちろん毛糸も日本へ一緒にお持ち帰り。
d0090294_06195547.jpg
数日遅れで仲間入りした女性も、草木染や編み物体験をしてみたいという事で、ブルーベリーで染めをしました。手摘みなので時間がかかっていますが、とっても綺麗な色に変身しました。完成はコチラ

私の大好きな草木染、時間がかかる作業ではありますが自然の中で材料採取して、白い毛糸が染まっていく魔法の様な工程、長い毛糸が玉状になっていく変化など一通り共有出来て感動して頂けて本当に嬉しい。来年も春~秋にかけて草木染はしますので過ごしやすい夏に草木染ワークショップを考えています。興味のある方、是非とも!

[PR]
by Kippis_Y | 2017-09-19 07:10 | 村の生活/village life | Comments(6)
お菓子焼放題の7月
d0090294_21491040.jpg
7月は沢山、砂糖と粉を使った月でした。7月の第3・4の土曜日はラーヌヤルビの村のバザーで、8歳の娘・ことりと一緒にお菓子を焼き出店しました。これが定番のシナモンロール。形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!形が均等ではなく歪ですが、ご愛敬で!
d0090294_2149504.jpg
プッラ(菓子パン)の生地を作る時は粉を1キロ位使うレシピなので今回は1/3はシナモンロールに、2/3は、カスタードクリームの入ったダラスプッラを焼きました。もう少しカスタードが多くて生地を薄めにすれば良かったかな。
d0090294_21503887.jpg
林檎とルバーブのマフィン。小麦粉に加え、はライ麦やオーツも入っています。このカラフルなアイシングをしたいという娘の希望~。
d0090294_21511615.jpg
綺麗に丸くするのが非常に難しい抹茶クッキー。緑のクッキーってフィンランド人にとって不思議に思われるかしら?と思ったら試食用のクッキーでナンバーワンの人気でした。
d0090294_21521344.jpg
卵を泡立てて粉を混ぜて小さなクッキーを焼いて...ココナッツの粒粒とアーモンドをローストし、ミルで細かくし…溶かしたチョコと混ぜてガナッシュを作り挟むという長い工程の後にA-Jに味見をしてもらったら「??味がない」と言われて凹みましたが、結構人気だったこのクッキー。
d0090294_2153674.jpg
クリアバッグに入れて...と想像しながら袋をスーパーで物色。10枚入りで約500円。おっ、これは高い!(フィンランドは雑貨類の税金が24%)という事でラッピング用のクリアのフィルムをミシンで縫い、テープでとめ完成~ これは第1回目用のもの。
d0090294_21535875.jpg
第2回目はクッキー詰め合わせセットでこんな感じ。思ったより出てくれて嬉しい~。私は不要品やマリメッコ類を出店したのですが、やはり食べ物は強い!来年は、やはりカフェランチをしてみたいな~。今年は10店位出店したのかな。不用品売りや手作りのものを売ったりと、小さいながら結構人の足が多かったです。

例えば、「ホームステイをしながら現地の人と触れたい、英語や習ったフィンランド語を使いたい」という方は来年是非~
[PR]
by Kippis_Y | 2017-08-01 22:14 | 食べ物色々/food
2017年の夏至祭 
d0090294_4541375.jpg
お天気が気温そんなに高めではなく晴れたり曇ったり時には雨が降ったりの日々が続いていますが、こんな気温の変化ありありなのもフィンランドの天気です。数週間前は庭=校庭の西洋桜の花の香がとっても良かったです。
d0090294_592314.jpg
今年は6月23日(金)が夏至祭前夜、24日の土曜日が夏至祭でした。祭りと付くので各地方ではダンス会やコッコと言われる夏至の大きな焚火が行われますが、最近ラーヌヤルビの村では村のイベントとしてされていないので家族毎に過ごしています。今年は日本人ママ・8か月の赤ちゃん・5歳の方達がホームステイに来られ我家の仲間入り。

「夏至祭前夜、7種類の野花を摘んで枕の下において寝ると将来の男性が現れる」というジンクスがフィンランドではありますが、まだ子供達も小さいので、そんなジンクスはさて置き、一緒にお花探しをして外のテーブルに飾りました。野花、とっても可愛いです。色も形も可愛いので毎年押し花にしたりドライにしたりしてます。フィンランドを旅される方、野花を、しおり変わりにして是非本の間に挟んで下さいね~。
d0090294_5112477.jpg
我家の夏至祭前夜はスロークッキングがメインです。今年は、3時間炙りサーモン、ソーセージ焼き、野菜炒め、ドロドロに落ちそうになるプッラを炭火で串焼きしました。お天気がご機嫌斜めでしたが外で食べましたよ~。オープンファイヤーを皆で囲むというのは、とっても気持ちが落ち着きますね。
d0090294_5114627.jpg
夏至祭は湖沿いでのコッコ=焚火がメインですが、我家は湖沿いに住まいがないので森で焚火をしました。廃材の板を持たしたのですが、こういうのを積むのはA-Jの大好きな仕事。子供達も遅くまで夜更かし。新しくできた日本のお友達と毎日沢山遊んで思い出の夏至祭となりました。
[PR]
by Kippis_Y | 2017-06-28 05:38 | イベント/event
2017年も宜しくお願いします!
d0090294_22394788.jpg
今年は、もう少し頻繁にブログも更新出来れば良いなと思いますが新年になり、すでに1週間以上!ついついインスタには頻繁にアップをしているのですがパソコンの前に座ってブログという時間が、あまり取れなくなっています。何はともあれ皆さん、明けましておめでとうございます。

大みそかは新婚さんがホームステイに来られ一緒に楽しく年越しをしました。日本の年末年始は賑やかで、まさに日本文化を楽しめる時なので毎年、いいな~と思っています。フィンランドのお正月はとっても地味です。静かですよ~。クリスマスを家族と過ごした後の年末年始は友達と過ごすという方も多いのがフィンランド。そして日付が変わる前に毎年恒例の新年の運勢をみます。日本の「おみくじ」感覚ですね。幸運のシンボルの象徴・馬の蹄の形をしたものを、お玉のようなものにのせ熱で溶かし、溶けたら水の中に入れます。自ら引き上げて、どんな形なのか何を意味するのか調べるという毎年恒例行事。皆、夫々違って「これは何~」と見るのが楽しいのです。私のは結果、「金運上昇、でもそれを目当てに友人が襲ってくるから気を付けなさい!」といった感じです、笑。
d0090294_22401192.jpg
大晦日には一般人の花火打ち上げが公開になります。毎年、色々買う割には残ってしまうので今年は「蝶々」という花火に、持ち手が長い手持ち花火、そしてカラフルな色が連発するシューティング花火、打ち上げ花火。毎年花火は上げていますが毎年、話に聞くよりはショボイので今回期待をしていなかったら、あらまぁ~見事な打ち上げ花火でした!素敵だったな~。花火をしている最中に空全面に巨大なオーロラが現れ、皆で雪に寝そべって観測しました。見上げて見るのと寝そべって見るのは、また違った感覚です。フィンランドにオーロラ観測に来られる方、是非挑戦してみて下さいね。それにしても、とっても良い年越しでした!
[PR]
by Kippis_Y | 2017-01-11 23:01 | 村の生活/village life
2016 クリスマス 奇跡のサンタさん
d0090294_23225247.jpg
今年も生木のクリスマスツリーを23日、我家の森から切ってきました。24日の午前中にオーナメントを皆で付けました。素朴感のあるツリーがフィンランドのクリスマスツリーですね。

さて、フィンランドではサンタさんのお手伝いの小人(トンットゥ)が身近な存在です。昔はサウナや家畜小屋、家の前にトンットゥにご飯を置いたりしていたそうです。とっても働き者で年中を通して子供達が良い子にしているか見守っているのです。我家の3歳、6歳、8歳の子供達はサンタさんの存在もトンットゥの事も信じています。ある日は子供部屋の窓から見えた外の真っ白な雪にトンットゥの足跡が見えた~と大喜びで3人外へ出て足跡を付けに行っていました。結局見失ってしまったけど…

クリスマスが近くなると子供達は何が欲しいのかプレゼントのリクエストリストを作ります。これがまた長い!沢山欲しいものがあるのです。その紙を階段に置いておくと翌日紙がなくなっていてトンットゥが取りに来てくれたんだ~となるのです。今年は階段に置いておくのを忘れてしまったそう...「でもサンタさん来るかなー、きっと来るよ!」そんな風に子供達が会話をしていました。サンタクロースはフィンランドに住んでいるので24日にプレゼントを届けに来てくれるのです。本当に来てくれるのですよ!そう、今年も我家に来てくれました!

我家のあるラーヌヤルビの村から車で1時間程の市、ロバニエミには公式のサンタクローズが住んでいます。サンタさんには1年中会いに行けます。でも、こうしてクリスマスイブにサンタさんが自宅へ来てくれるのは実は別のサービスがあるのです。例えば、夕飯時になると家族や親戚の1人が何処か行方不明になってサンタさんが登場する、もしくはクリスマス時にお店の掲示板に「サンタさんがお宅へ行きますよ~」というサービスにお願いする。我家は家族一緒にサンタさんを迎えたいので毎年サンタさんにお願いして来てもらっていました。今年はタイミングを逃しサンタさんは直接来れない事に…待っている子供達の事を考えると心が痛む...なので子供達がサウナ中に玄関前にプレゼントの入った大きな袋を置いて去って行った、という想定にしました。プレゼントの袋を見つけた時の子供達は大喜び!子供って本当にピュアです。「夕飯後に開けようね」という事でクリスマスツリーの下に置いておきました。そして...夕飯中に玄関から音が...なんとサンタさんの登場!サンタさんが来ていないお家を回っているという何とも奇跡な事が起こったのです。でも、既にプレゼントは置いて言ったでしょ~という質問に「さっき来たけど、誰も返事をしないからプレゼントを置いて他のお友達にプレゼントを置きに行ったんだよ。また帰ってきたんだ。」とサンタさん。子供達はサンタさんに歌を歌い、ツリーの下のプレゼントをサンタさんに配ってもらい子供も大人も皆、満足。子供だけではなく大人にもちゃんとプレゼントを運んでくれます。そんなサプライズな事が起きたクリスマスイブでした。
d0090294_23231675.jpg
こちらはクリスマスは1月6日までです。このままツリーを飾りながらの年越しになります。ブログは相変わらずノロノロ更新になってしまいましたが、今年は色んな出会いがあり、新年の誓いも形となった年でした。実りの多い年でした。2017年も皆さまにとって些細な事が幸せ~と感じられる年になりますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-31 06:19 | 村の生活/village life
2016年 クリスマス 甘いもの
d0090294_2325479.jpg
今年もジンジャークッキー沢山焼きました。スパイス沢山の甘さ控えめの私のジンジャークッキーはチーズとワインと一緒に食べるのが美味しいですね~
d0090294_22595917.jpg
クリスマスステイに参加された女性から自家製の立派なキンカンコンポートをお土産に頂きました。キンカンって、こんなに可愛いんだ~と、ついついウットリしてしまいました。丁度、柑橘系のケーキを焼いたので一緒に食べてみましたが愛称抜群でした。苦味もなく、切り方もお洒落~で可愛い!こういうのは女性はテンション上がりますよね!
d0090294_2302657.jpg
フィンランドはクリスマスに特定のデコレーションケーキを食べるという習慣はありませんが、こういう☆の形をしたパイを焼いたり、スパイスケーキやデイツのケーキを家庭で焼くお宅も多いと思います。特にこの星形のパイは形成も楽しいんです。皆で焼きましたよ~大量に!星形やギフトボックスの形はした事があるのですが、今回は初めて天使やダイヤモンドのような形を作ってみました。
d0090294_2331081.jpg
こう見ると食べてばかり!確かに食べてばかりでしたが、、、クリスマスサウナに入って雪の中に出てはしゃいでもらったり、クリスマスオーナメントやカードを作ったり、散歩や雪かき、スケートや氷の上を走ったり...フィンランド生活を楽しんで頂いた後のお楽しみ...写真でお分かりでしょうが、そうです!茶道歴約15年のゲストの方のご厚意で抹茶をたてて頂きました!茶道というと難しいイメージがあったのですが、すごく楽しく&美味しく頂きました。参加された3人の女性は今回、初対面でしたが実は3人とも茶道経験者!抹茶も3種類あり、味比べも楽しみ、その後、私は抹茶の魅力に取りつかれ毎日、抹茶をたてA-Jと一緒に飲んでいます。凄く盛りだくさんなクリスマスです!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-30 23:21 | 村の生活/village life
2016年 クリスマスディナー
d0090294_2237913.jpg
今年ももう少しですが年を越してしまう前にクリスマスのお話。今年は日本人ホームステイの方3人を招きクリスマスを一緒に過ごしました。23日はゆっくりして頂き、24日はクリスマス料理作りもちょこっと手伝って頂き、お話しも尽きない楽しい時となりました。忘れてしまう前に今年のクリスマスディナーを書き残しておきます。
クリスマスのイブの夕食の前に聖書のクリスマスの話を読んでお祈りをして食事をしました。
d0090294_22375728.jpg
クリスマス料理はオーブン料理が多く、数日前に作り置きしておくお宅も多いです。スパイス入りのクリスマスパンはお店でも買えますが毎年焼いています。今年はゲストの方がこんなの好きそうかな~と思い大きなパンを焼きました。クミンや乾燥クランベリー、秋に森で採れたコケモモ入りです。
d0090294_22384588.jpg
パンに塗って食べても良い、ちょっと塩っけの強めのスモークサーモン&生クリームやサワークリーム、ゼラチンで固めたもの。これも毎年作っていますが簡単です。ヨーグルトのカップにラップを敷いて生地を流し込むと型から外した時にデコレーションしやすいです。レモンの輪切りと葉をのせて完成。レモン好きの長女・ことりはペロリとレモンを食べていました。
d0090294_22382115.jpg
スターターのサラミ。クリスマスイブのお昼は魚中心のランチだったので夜は肉・肉・肉です。
d0090294_2239593.jpg
更に自家製8キロの豚ハムがメインです。フィンランドでは昔からオーブンで焼いた豚ハムがクリスマスのメインになります。お店では塩漬けされたものが売られているので、自宅のオーブンで数時間かけて、ゆっくり焼きます。我家は豚ハム作りは23日の夕方から開始し、夜更かしに強いA-Jの担当です。今年もジューシーな仕上がりになりました。骨付きですが、今年は良い部分だったので食べやすかったです。しかーし、大量のハムを毎日食べ続けるには飽きてしまうし、なにしろ塩分も多いです。薄く切ったり、小さなブロック状にして冷凍にし、後ほど色んな料理にして食べます。
d0090294_22392278.jpg
ハムにはソース、もしくはジャムや自家製の紫玉葱のジャムと一緒に食べます。この玉葱ジャムはパンにのせて食べても美味しいですよ~。
d0090294_22394359.jpg
色々と盛り付けたら、こんな大量プレートとなってしまいました。他にもカブ、じゃが芋、ニンジンのキャセロール、ビーツのサラダなど、どれも昔から食べられているフィンランドの伝統クリスマス料理です。本当によく食べました!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-30 22:58 | 村の生活/village life
2017年2月&3月 オーロラ観測ホームステイ
d0090294_2195210.jpg
※2016年10月27日の記事、再アップさせて頂きます!
最近曇りがちのお天気でしたが、一昨日は久々にオーロラが観測できました。昨晩は帰宅途中の主人より「強いオーロラが色んな色をしてるよ~」と電話がありました。

以前もお伝えしましたが確定しましたので「オーロラ観測ホームステイ」のお知らせです。我家でホームステイしながら日本人のオーロラハンターの方と一緒にオーロラ観測をしましょう!という企画です。

【第1回目 2017年2/21日(火)-24日(金) 3泊4日】
定員: 1-4名 募集します!

● 2/21(火) 夕方空港お迎え- 夕飯 (この日は疲れていると思うので就寝。ただしチャンスがあれば見ましょう、臨機応変に対応)
● 22日(水) 午前中 日本人担当者によるオーロラのお話し&カメラ設定。
午後は未定。夕飯後、オーロラ観測。
● 23日( 木 ) 午前中もしくは昼過ぎまで私による手仕事もしくはベーキング(参加者次第で決まります。) 夕飯後、オーロラ観測。
● 24日(金) 午前中、我家出発 サンタ村へ 空港お見送り 13時代の飛行機。
※オーロラ観測は我家の自宅前、もしくは湖近くに車で行くことになります。

【第2回目 2017年2/28(火)-3/3(金) 3泊4日】 
送迎、内容は上記と同じになります。
定員: 1-4名 募集します!

● ご夫婦、カップル、友人同士、大歓迎です。
● 1人の方は他の方1名と部屋をシェアしてもOKか、NGかお知らせください。


【注意事項】

● 猫がいます。
● 2008、2010、2013年生の子供がいて賑やかです。
● 他にステイ者がいてもOKという方。
● 食べる事・作る事に興味がある人。
● オーロラは必ずしも観測出来るというお約束は出来ません。
● 気温は-20度以下になる事もあります。
● オーロラハンターの方はプロカメラマンではありません。カメラの説明書をご持参下さいませ。
● アットホームな感じのステイになります。

詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.fiまでタイトルに【2017年オーロラ観測ホームステイについて】とお願いします。 第1回目希望か、2回目希望かをお伝え下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-19 19:55 | ちょっとお知らせ/info
2016年12/23-26 3泊4日 クリスマスホームステイのお知らせ
d0090294_21435125.jpg
ちょっと気が早いかもしれませんが航空券の都合もありますので一足先に今年のクリスマスホームステイについてお知らせです。

北欧・フィンランドのクリスマスは決して派手ではありませんが素朴にひっそりと平和を願いながら家族で過ごします。サウナで体を温め、窓の外の真っ白な雪景色を眺めならがホットワインやジュースを飲んで…伝統料理を皆で食べ…本当のクリスマスとは何か?そんな体験を我家: ユリハリユ家と一緒にしてみたいと言う方、おられませんか?例年のクリスマスの様子は当ブログのタグ: クリスマスよりご覧になれます。

2016年12月23日 夕方 ロバニエミへお迎え 
24日・25日 フィンランドのクリスマス体験
26日 午前中 ロバニエミへ送迎

定員: 残り1名女性募集します!
同室シェアOKの方のみ!(1室2台のベッドの部屋になります。)

※現在、女性2名様が予約中です。

【注意事項】

● 猫がいます。
● 2008、2010、2013年生の子供がいて賑やかです。
● 我家の家族と一緒でもホームシックにならないであろう方。
● 他にステイ者がいてもOKという方。
● 食べる事に興味がある人。フィンランドのクリスマス体験がしたくて仕方がない人。

詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.fiまでタイトルに【2016年クリスマスホームステイについて】とお願いします。詳細のお返事はフィンランド時間の9月13日(火)以降になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 22:03 | ちょっとお知らせ/info
ラーヌヤルビ村 自宅前でオーロラ観測
d0090294_2110131.jpg
皆さん、知っていますか、オーロラの秘密...って言う程ではありませんが、ラップランドのラーヌヤルビのある村は8月中旬頃から秋めいてきます。8月下旬は、もう秋です。青空が広がって空気もキリリとクリスピーになります。そんな8月下旬から初雪の降る10月上旬は比較的、天気が良い日が多くオーロラ観測できる可能性が高いのです。11-12月は雪や、雨、曇りがちなお天気が多いです。もちろん、その期間も見られる事はありますよ!あとは1-3月中旬もお勧めです。冬も本番になる時期は外での観測は寒いですけど秋は、それほど極寒ではありません。日中は森で美味しい食材を見つける事が出来るのでお勧め時期です。
d0090294_2110231.jpg
これまで何度も撮影に失敗した事か…そもそも、オーロラが出てから三脚を出し、設定をし…「あれ、これセッティングどうなのー、撮れない…」という事が何度も。そんな内に大きなオーロラは去って行き…肉眼で観るのが一番ですけどね!でも写真でもおさめておきたいと思っていたのです。
そんな時に日本人のオーロラハンティングの救世氏が現れ、写真に収める事が出来ました~。そしたら今まで以上にオーロラ観測・撮影が楽しくなりましたよ。写真撮影をすると。どうしても光が明るくなってしまいますが、でも救世氏が滞在中、連続3日で大きなオーロラが現れました!時には降り注ぐオーロラに避難をしたくなる程でしたよ。

こんな感動もあり、「日本人のオーロラ救世氏と一緒に、ラーヌヤルビでオーロラ観測ホームステイをしよう!」という方向に向かっています。滞在期間は2,3月に3泊4日、もしくは4泊5日。我家にホームステイをしながら日中は観光もしくは手仕事体験、夜はオーロラ観測+カメラのセッティングもします!というような流れです。詳しくは今月-10月頃にブログもしくはKassun kotiのHPで告知になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 21:26 | 村の生活/village life