タグ:クリスマス ( 111 ) タグの人気記事
クリスマス 母の味
d0090294_453267.jpg
森から切ってきたツリー。24日の朝に飾りつけをしました。ライトも加わると雰囲気が出ますね。
d0090294_461667.jpg
これからフィンランドのクリスマス料理を紹介していきます。おつまみ程度に作ったフィンガーフード。小さな丸いライ麦パンにバター・ブルーチーズを塗って更にチーズをのせスモークサーモン・パプリカ・レモンのスライスにディルをのせてみました。子供も好きなオープンサンドです。小さなレモンがアクセントになって美味しいのですよ。レーズン&ナッツ、そしてゴートチーズをアプリコットやプルーンの間に挟んで遊んでみました。義理のお母さんも23日に我家に来て皆で遅めのディナーです。
d0090294_474484.jpg
d0090294_47938.jpg
24日は何かと忙しくツリーの飾りつけ後には昼食の仕度。A-Jの家では24日のランチは魚料理を食べます。義理のお母さんは今年、魚料理の担当で、美味しいgraavilohi:生サーモンの塩漬けやsilli:ニシンの酢漬けを作ってきてくれました。私の作ったkylmäsavulohihyytelö:スモークサーモン・カードやクリーム・スメタナなどをゼラチンで固めたもを茹でたじゃが芋と一緒に食べました。ニシンの酢漬けは最高に美味しくお店で買うのより義理のお母さんの作ったものが断然に美味しいです。日本人にも合う味なんですよ。
d0090294_481699.jpg
食後は暖かい飲み物と一緒にBostonkakku:中にプラムジャムが入ったプッラ。義理のお母さんが焼いたもので中には渦巻状になったプラムジャムが入っています。しっとり・ふわふわしてて絶品!彼女が小さい時からクリスマスになるとベーキング上手な彼女のお母さんが焼いてくれたクリスマスの味だそう。義理のお母さんと話をしていると彼女が小さかった時の家族の話やA-Jが小さかった時の話、そして歴史好きな義理母なのでフィンランドの歴史なども聞けて楽しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-26 04:43 | 食べ物色々/food
Hyvää Joulua kaikille!
d0090294_1411133.jpg
「クリスマスのツリーを探しに行こう!」と息子あんじん。毎年、家族全員、車に乗り込んで森の奥深くにツリーを切りに行きます。でも今年は歩いて自分の森から立派なクリスマスツリーを切ってきました。ムーディーなことりは行きたくないと言うので、A-J・あんじん・ホームステイ中の、さゆみちゃんが行ってきました。本来は解凍して部屋に飾るけど今年はA-Jが大忙しなので解凍はスキップ。雪がまだ枝に付いていたので滴って潤いのある部屋に・苦笑。飾りつけは明日の朝。

今日はロバニエミのサンタ村でサンタさんの出発式。私と赤ちゃんはお留守番で夕飯作って待っています。帰りに義理のお母さんを迎えに行って明日、クリスマスのお祝いです。メイン料理の豚肉は数時間オーブンでゆっくり焼いています。今年の出来はどうなんだろ~と楽しみ。

Hyvää Joulua kaikille!
Merry Christmas to all!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-24 02:03 | 村の生活/village life
ツリーのオーナメント準備
d0090294_6253952.jpg
今日から5日間、我家にクリスマスホームステイに来ている女の子と一緒にツリーに飾るジンジャークッキーにアイシングをしました。感覚を掴むと楽しくって夢中になってしまいます。茶色と白のコントラストが可愛いですね。
d0090294_6251296.jpg
今日は森に行ってツリーの木を探すはずが来客があったり誕生日パーティーに招待され皆で出かけてきたので、すっかり辺りは暗くなってしまいました。本来は森から切った木は解凍させてから部屋に飾るけど今年は少し遅れちゃったね。でも幸い気温が暖かめなので大丈夫かな。子供達もツリー探しを楽しみにしているようです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-23 06:35 | 村の生活/village life
ジンジャークッキーのお家
d0090294_353333.jpg
クリスマス料理の準備や掃除をする予定だったけどキャンドルホルダーを用意したり子供用のクリスマスの帽子を縫ったり写真を撮ったりとしていたら日中が終わっていました。そして夕飯を食べてからジンジャークッキーハウスのデコレーションをしました。
d0090294_353572.jpg
この間、子供達が近所のお家へ遊びに行った時に焼いたジンジャークッキーのお家。奥さんが今日の朝、届けてくれました。アイシングも飾りの材料も全てセットになって。有り難や~~。はじめてジンジャークッキーのお家にデコレーションをしたけど思うようにいかないもんですね。子供よりも私が熱中していました。屋根には雪がたくさん積もった家。丁度、ラーヌヤルビのお家のようです。昨日・今日と雪が降って散歩中に見る景色も、おとぎ話の中にいるようです。
d0090294_3541625.jpg
茶色のままの家よりもデコレーションをすると雰囲気が出て愛着が沸くんですけどね、
こうしてみると直線ではないし...まー愛嬌で・笑。
d0090294_3544272.jpg
「いつ食べられるの?」っと食いしん坊の、あんじん。これは飾ってクリスマスシーズンが終わる1月6日に破壊するのです。ガチーンっと。ジンジャークッキーのお家が家に来てから部屋はスパイスの良い香がしています。週末はツリーに飾る用のジンジャークッキーを焼いてアイシングです。
d0090294_355354.jpg
赤ちゃんは、なかなかベッドで寝ないので私はカンガルー状態でスリングに入れて家事をしています。もちろん、お家にアイシングをしている最中もスリングの中で良い子に寝ていました。子供達は幼稚園が休みに入ったので賑やかなクリスマスホリデーになりそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-21 04:24 | 食べ物色々/food
フィンランドのクリスマスの味
d0090294_21271197.jpg
クリスマスのパンを焼きました。ライ麦・モルト・ダークシロップが入っているので色が濃いですね。アニスシードやクミン・オレンジゼストが入るので香も増して美味しい。バターミルク入りなので、しっとりとして甘みのあるパンです。翌日になると味がもっと落ち着いて美味しいパンに。こういう甘みのあるパンでもバターを塗ってチーズをのせて食べます。
d0090294_2128527.jpg
クリスマスの味、もう1つはナッツとレーズン。ナッツとレーズンを混ぜただけのものですけど...美味しいんですよ。フィンランドのクリスマス料理は豪華な特別な食材を使ってと言うよりは、身近な食材で素朴な味を。といった感じの料理が多い気がします。これも昔フィンランドがそんなに裕福な国ではなかった背景なのかなーっと。
d0090294_21285993.jpg
さて、昨日はリビングのピンクのヒヤシンスの入れ物を変えてみました。花が咲くと背丈も頭も重くなるのでゴタッと倒れてしまう事があるので。香も増してきましたよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-19 21:59 | 食べ物色々/food
クリスマスの香
d0090294_22394716.jpg
村に居ると、それ程クリスマス気分がしないので昨日、久々に街に行ってみました。でもでも沢山の商品が売られていて人混み酔いではなく品物酔いしてしまって...花がまだ開いていないヒヤシンスのみ買ってきました。何色が咲くのかなーっと思ったら今朝、少しだけ顔を出してきました。白かな?!リビング用に買ったのはピンクです。日本同様、クリスマス時期はフィンランドでもポインセチアがお店に並びます。そしてヒヤシンスもクリスマスシーズンの花です。香が強いので我家ではポインセチアよりもヒヤシンスを買います。
d0090294_2240378.jpg
3回目のアドベントを過ぎた頃はクリスマスカードや小包が届く時期なので郵便受けを覗くのが楽しみです。クリスマスカードは、クリスマス最終日の1月6日まで、ちゃ~んと飾ります。
子供達はアドベントキャンドルのキャンドルを見てはクリスマスが近いと分かるようで楽しみのようです。アドベントキャンドルも数が増える毎に灯りが増してキャンドルのみで夕飯をたべられるようになりました。
d0090294_22402762.jpg
この間の日曜日は嬉しい事が。森の家の近くのコテージに定期的に帰って来るスイス人のご夫婦。赤ちゃんが誕生したと聞いてお祝いに来てくれました。そしてクリスマスの10種類の大量のクッキーまで!フィンランドのクリスマスのお菓子と言えばジンジャークッキーや星の形のクリスマスパイ。スイスは、こんなに沢山の種類を作るんですね。関心~。
来週はクリスマス。今週は少々忙しくなりそうです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-18 22:57 | フィンランド色々/Finland
アドベントキャンドル 3本目
d0090294_2034610.jpg
昨日、村の小さな小さなお店にサンタさんが来るとの事で-20度の中、子供達は近所の家族と一緒に出かけて行きました。その後はジンジャークッキーを焼いたそう。私は赤ちゃんと留守番をしてクリスマスのプレゼントのパッキングをしたりパンを焼いていました。このパンは得にクリスマスの時期限定ではないけどライ麦・小麦・モルトやダークシロップが入った、ほんのり甘みのあるパンです。なので子供達は大好き。次はjoululimppu:クリスマスのパンを焼きます。24日前はオーブンをフルに活用するので冷凍できるパンは今の内に作っておきます。

早いもので今日は3回目のアドベント。夕飯時に3本目のキャンドルを灯します。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-15 20:43 | 食べ物色々/food
アドベントキャンドル 2本目
d0090294_336036.jpgアドベントキャンドルの1本目を灯す頃にはクリスマス国外便の発送、2本目の時は国内発送用を済ませるようにと私なりに毎年予定を立てています。毎年、この時期になるとA-Jが雪のホテルの内装・デザイン等で毎週末、休みなしで忙しいので子供達と食事をする時に火を灯します。火を灯すと同時に子供達の成長を感じ1年前の出来事を思い出します。

今日は散歩に行こうかなと思って温度計を見たら-30度。急に冷え込んだようです。こんな日でもA-Jは外で(雪のホテル内)仕事です。子供達は家の中で2人の空想の世界で遊んでいるので、その間に私はクリスマスの料理レシピをチェックして買い物リストを作り出しました。来週、再来週とかけて料理の下準備やケーキ、パンなどを焼いていきます。毎年同じ伝統的なフィンランドのクリスマス料理だけど作る事を考えるとワクワクするんですよ。今年はクリスマスホームステイに来てくれる女性がいるので、こんなのは好きかな~っと考えながらね。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-09 04:01 | 村の生活/village life
アドベントキャンドル 1本目
d0090294_2181437.jpg
昨日の日曜日はアドベントキャンドル1本目に火を灯しました。
ここ数年、アドベントキャンドル用のスタンドは同じものを使っています。夏の終わり森から採ってきた苔を鉢の中に入れてキャンドルを差すだけ。乾燥しているので使い終わったら棚に閉まって翌年に再び活躍。フィンランドではアドベントキャンドルのスタイルは円形ではなく横に並んでいます。1本目は灯りが少ないもの、2本、3本、4本と増えると灯りも増して温かいクリスマスを迎えられます。

昨日は1日だったのでアドベントカレンダーの1のドアが開きました。子供達はドアを捲るのを楽しみにしています。そしてフィンランドのテレビ番組では毎年恒例のtonttu toljanteriが毎日10分程放送されます。サンタさんのお手伝いさんの小人(実際は大きいんですけど)の愉快・不思議な物語は大人が見ても結構楽しめるんです。服装や舞台セッティングなんが特に!

最近の村の気候、0度だったり、昨日は-22度だったり気温差が激しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-02 21:31 | 村の生活/village life
キャンドルを灯しながらクリスマスカード作り
d0090294_2281974.jpg



ずーっと前、義理のお母さんから受け継いだキャンドルホルダー。彼女は彼女の母親から受け継いだそう。このキャンドルホルダーに、もうそろそろ役目が終わりそうな小さくなったキャンドルに火を灯して国外に住む友達・知人へクリスマスカード作り。日本行きのクリスマスカード(エコノミー便)は12月2日が発送締め切りなのでね。
d0090294_228354.jpg
何だか去年と同じような出来上がりのクリスマスカードになってしまったけど紙の質感が好きで、ちょっと古めかしいと言うかナチュラルな感じに仕上がりました。(と言うか仕上げたかったのです。)
d0090294_2285522.jpg
切手の雰囲気も可愛くって、過去数年の内でも今年のが一番の好み。フィンランド国内では国内用に早期発送すると65セントで送れます。次は75セント、85セントと時期別になっています。写真の切手は65セントと75セント。結構、安く送れるのですが来年1月より郵送料が20%増しになるのです。郵送料は非税なんですけど毎年、郵送料が値上がりしているフィンランドです。
d0090294_2291417.jpg
キャンドルの話に戻りますが冬が長くて暗いフィンランド。室内でも野外でもキャンドルを頻繁に活用します。そして、こんな道具も...何だか分かりますか?
d0090294_2293230.jpg
こんな感じになっています。キャンドルを消す時に先の帽子の様な部分を火元に被せて火を消します。フーッと火を消すと溶けた蝋が飛び散ったりするので、この道具は便利です。壁に掛けられるようになっているので紛失防止にもなりますね。蚤の市やお店でも似た様なタイプがあるけど、私が購入したのはスタイリッシュでアンティークな感じがしてお気に入りです。今年の冬も活躍してもらいましょう。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-29 22:38 | 村の生活/village life