タグ:クリスマス ( 103 ) タグの人気記事
アドベントキャンドル 1本目
d0090294_2181437.jpg
昨日の日曜日はアドベントキャンドル1本目に火を灯しました。
ここ数年、アドベントキャンドル用のスタンドは同じものを使っています。夏の終わり森から採ってきた苔を鉢の中に入れてキャンドルを差すだけ。乾燥しているので使い終わったら棚に閉まって翌年に再び活躍。フィンランドではアドベントキャンドルのスタイルは円形ではなく横に並んでいます。1本目は灯りが少ないもの、2本、3本、4本と増えると灯りも増して温かいクリスマスを迎えられます。

昨日は1日だったのでアドベントカレンダーの1のドアが開きました。子供達はドアを捲るのを楽しみにしています。そしてフィンランドのテレビ番組では毎年恒例のtonttu toljanteriが毎日10分程放送されます。サンタさんのお手伝いさんの小人(実際は大きいんですけど)の愉快・不思議な物語は大人が見ても結構楽しめるんです。服装や舞台セッティングなんが特に!

最近の村の気候、0度だったり、昨日は-22度だったり気温差が激しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-02 21:31 | 村の生活/village life
キャンドルを灯しながらクリスマスカード作り
d0090294_2281974.jpg



ずーっと前、義理のお母さんから受け継いだキャンドルホルダー。彼女は彼女の母親から受け継いだそう。このキャンドルホルダーに、もうそろそろ役目が終わりそうな小さくなったキャンドルに火を灯して国外に住む友達・知人へクリスマスカード作り。日本行きのクリスマスカード(エコノミー便)は12月2日が発送締め切りなのでね。
d0090294_228354.jpg
何だか去年と同じような出来上がりのクリスマスカードになってしまったけど紙の質感が好きで、ちょっと古めかしいと言うかナチュラルな感じに仕上がりました。(と言うか仕上げたかったのです。)
d0090294_2285522.jpg
切手の雰囲気も可愛くって、過去数年の内でも今年のが一番の好み。フィンランド国内では国内用に早期発送すると65セントで送れます。次は75セント、85セントと時期別になっています。写真の切手は65セントと75セント。結構、安く送れるのですが来年1月より郵送料が20%増しになるのです。郵送料は非税なんですけど毎年、郵送料が値上がりしているフィンランドです。
d0090294_2291417.jpg
キャンドルの話に戻りますが冬が長くて暗いフィンランド。室内でも野外でもキャンドルを頻繁に活用します。そして、こんな道具も...何だか分かりますか?
d0090294_2293230.jpg
こんな感じになっています。キャンドルを消す時に先の帽子の様な部分を火元に被せて火を消します。フーッと火を消すと溶けた蝋が飛び散ったりするので、この道具は便利です。壁に掛けられるようになっているので紛失防止にもなりますね。蚤の市やお店でも似た様なタイプがあるけど、私が購入したのはスタイリッシュでアンティークな感じがしてお気に入りです。今年の冬も活躍してもらいましょう。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-29 22:38 | 村の生活/village life
恒例のジンジャークッキー焼き
d0090294_4584814.jpg
今年も、この時期がやってきました。子供達と一緒にpiparkakku:ジンジャークッキーを焼きました。生地は前日に作って冷蔵庫に寝かしておきます。なので伸ばして焼いてっと簡単です。1回に全部焼くと時間もかかるので数回に分けて毎年焼きます。でも、すぐに食べてしまうので同量の生地を12月にも作って焼きます。お店で冷凍になって売られているのもあるけど毎年、生地作りから始めます。スパイス多めのほうが美味しいのでね。レシピはKassun kotiのHPより。
d0090294_45957.jpg
お決まりのクリスマスソングを流してtonttu:小人の帽子を被って。子供と私は焼く係り。ビデオを撮るのはA-Jで、ハイエナの様に焼きあがるのを待つのもA-J。ジンジャークッキーは焼き時間が短いので助かります。でもウッカリしてると焦げるけど...毎年、子供達も上手になって今年は生の生地を摘み食いする事も少なくなったかな。ことりは型抜きが楽しくって、あんじんは伸ばすのに夢中。
d0090294_4592473.jpg
そして、この時期に温かいglögi:ホットジュースを飲みながらクリスマスカード作り。
クリスマスを迎える準備、楽しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-24 05:20 | 村の生活/village life
今年もクリスマスカード作り
d0090294_1626683.jpg
今年もクリスマスの準備の時期がやってきました。赤ちゃんが生まれたのと毎年、この時期にある手持ちの仕事のラッシュで、うっかり忘れてしまいそうだったけど…今年も郵便局から赤い封筒が届いたので昨晩、紙や材料を出してきてクリスマスカード作りのシュミレーション?をしてみました。出産前にカードのデザインは紙に描いておいたけど実際に紙を触って素材を組み合わせると新たな発見が出て結局、はじめの案とは違ったデザインに。ラップランド大学でテキスタイルデザインを勉強していた時に先生が「はじめの案は、あくまでも案なので、それだけと拘らず進展させて新たな案を生み出そう」そんな事を言っていたのをよく思い出します。こうして今年のクリスマスカードは大体の案が決ったけど気がついてみたらプリンターのインクが足りなかったり、材料が足りなかったり...本作りは来週~再来週かな。さてさて、今年のクリスマスの切手は、ちょっと古めかしいクラシックな感じが私好みです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-18 16:40 | 村の生活/village life
フィンランドのクリスマス料理でお祝い
d0090294_712276.jpg
24日、サンタさんが去った後に皆でクリスマスディナー。フィンランドの伝統的なクリスマス料理を皆でお腹一杯に食べました。全員で9人。普段使っているテーブルでは足りないので、もう一つ足したのでセッティングもお洒落でもなく歪な感じですけど、でもちゃんと料理も真ん中に収まりました。
d0090294_785621.jpg
メインディッシュは豚肉のハム!6kg近くの骨付きの豚肉。いつも一家の大黒柱?のA-Jが焼きます。そして切り分けるのも我家では彼が一番始めにします。今年のハム、ジューシーで美味しい!大成功です。表面はマスタードとパン粉の混ざったペースト、飾りにはクローブが刺さっています。これも伝統的な飾り方。少し甘いマスタードがアクセントになって美味しいんですよ。
d0090294_7921100.jpg
例年なら肉を焼く時に中身の温度が分かるように温度計を刺して焼きます。でもね、なかなか見当たらなくて渡したりに至るとこを探したんですけど無くて…その直後ゲストの方が壁を指さして教えてくれました。そう、壁に飾るようにして掛けてあったのです…お陰で中の温度も分かって助かりました~。今までは120度に温めたオーブンで夜中じゅう焼いていたのですが今年は80度にして夜から翌日の昼過ぎまで焼いていました。中心温度は85度。大きな塊の肉を長時間かけてハムに。食べるとパサパサだった、なんて時は結構ガッカリします。でもね、この袋があると美味しくジューシーに出来て失敗が少ないそう。まさにマジック袋!
d0090294_794512.jpg
結婚してもうすぐ10年目、毎年クリスマスになるとフィンランドのクリスマス料理を食べていました。日本に住んでいた時もね。私が担当していたのはお菓子ばかりで、他の料理は義理の母や主人が主になって作っていたのです。今年は主人が大忙しだったので人参・カブ・じゃが芋のキャセロールやサーモンのゼリーやきのこの副菜・パンは私が作りました。思ったより簡単で、これなら来年も喜んで作れそうです。キャセロールは陶器の入れ物にしたかったけど沢山の量だったので収まりきらず市販のキャセロール用のホイル容器に入れて焼きました。カラフルなサラダは義理のお母さんと一緒に。このサラダには必ず泡立てたクリームに塩・砂糖・酢・ビーツの赤い汁を入れたドレッシングと食べます。とっても不思議なドレッシング。数年前は間違ってビーツの汁を捨ててしまったので…でも今年は大丈夫でしたよ!綺麗なピンク色になりました。
d0090294_710346.jpg
2日目はラップランドのラーヌヤルビの村ならでは、トナカイのお肉!塩漬けを2日間して野菜と一緒にオーブンで4時間程焼きました。塩っけが強かったけど、柔らかくて臭みもなく美味しいお肉です。
d0090294_7102271.jpg
プレートに沢山のった料理。シンプル材料で結構ヘルシーなんですよ。人気なキャセロールは人参とカブ。たしかに自然の甘みがあって美味しいもんね。食事中には、こんな会話もありました。ゲストの1人が「あなたにとってのサンタクロースは?」との質問。義理のお母さんの応えた内容が実現的で面白かった。小さい頃、家に来たサンタさんが近所のおじさんだと分かってしまった事、義理のお母さんもサンタさんとして他のお宅に行ったとか。そして大人にとってはサンタよりも豚ハムの方が気になるクリスマスだそう、笑。

クリスマス休暇は、皆でクリスマスの映画を見たり、新しい形を生み出そう!と星のタルトを作ったり、暑くなったサウナから外に飛び出して雪の上を歩いたり、-20度の中A-Jの運転するスノーモービルに乗せてもらって森や凍った湖の上を走ったり…あっと言う間でした。また遊びに来てね!
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-28 07:57 | 食べ物色々/food | Comments(8)
暖かいクリスマス 
d0090294_2229224.jpg
4本目のキャンドルに光が灯ってクリスマスを迎える事が出来ました。今まで小さな家族で過ごしてきたクリスマス。今年限定で4人の日本人ゲストを迎えて一緒に過ごしました。オウル大学に留学している学生2人&夏にホームステイをしてロバニエミに住んでいる、ありさちゃんとヘルシンキに留学中の彼女のお友達。今年4月にヘルシンキからロバニエミに引っ越した義理のお母さんも、もちろん一緒です。どの部屋にも明るい灯りがあって会話が聞こえてきて食べる事にも困らず普段のお家が更に愛に満たされたような空間でした。今日はそれぞれ、お家に帰ったのですが何だか、ひっそりしています。子供は相変わらず元気だけど、いつも付いていた灯りがないので変な感じです。これは毎回ゲストが帰る度に感じる事で、なかなか慣れませんね。

d0090294_22453952.jpg
今年もクリスマスツリーを森から切ってきました。例年ならイブの数日前に寒い森から切って解凍させるのですが今年はA-Jの仕事が忙しくイブの前日に探しに行きました。国が管理している森で切る前に携帯でメッセージを送り5€で買える、そういうシステムになっています。もちろんお店や路上販売で予め切ってある木を買えますが、A-Jはそう簡単に事を済ます人ではないので…雪深い森にトレーラーを引いて行ってきました。しかも、こう言うイベントは各家のお父さんだけするのではなくて子供も妻も一緒、そう家族巻き込みぐるみで行くのが良いそう。深い雪にタイヤを取られ横道にずれそうになる度に「来年はお店で買おう…」と思いつつ…でもA-Jはこのスリル感が良いそうで来年もまた同じく森に皆で出向くそうです。でも切ってしまえば私も来年も森に行こうなんて思うんですけどね。こうやって夫婦は段々似てくるのかしら…?!
d0090294_22565881.jpg
ちゃんと木をシャワーに浴びさせて解凍させて(これ凄く大事なキーポイントらしですよ~)24日の朝に皆で飾りつけ。今年は場所が悪かったせいか針がよく抜けるけどツリーがあると部屋の雰囲気もガラリと変わりますね。去年はお昼寝をしていて飾りつけが出来なかった、あんじんも今年は参加しました。お姉ちゃん、お兄ちゃんに手伝ってもらいながら。
d0090294_22301885.jpg
23日の夜に皆でロバニエミのサンタ村へサンタさんの出発式を見に行ったのですが我家にもサンタさんが来てくれましたよ。フィンランドでは24日の夜にサンタさんが来てくれるのです。もちろん子供達は大喜び。毎日待ってたもんね~。サンタさんが帰った後はクリスマス料理を皆で食べてサウナに入って温まって就寝に付きました。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-26 23:23 | 村の生活/village life | Comments(10)
Hyvää Joulua!
d0090294_1530831.jpg
平和なクリスマスを迎えられますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-24 15:31 | ちょっとお知らせ/info
村の小人達
d0090294_20383593.jpg
水曜日に子供達の通う幼稚園で小さなクリスマス:pikkujouluに招待され行ってきました。夕方4時は既に真っ暗なフィンランド。いつもの子供達の外の遊び場にもキャンドルが幾つもあって灯りがとっても綺麗。家の中は暖かくて優しい光のクリスマスキャンドル。赤い衣装に赤い帽子を被った小人のことり、あんじんも私の到着がいつも以上に嬉しそう。皆揃ったとこで子供達のお遊戯が始まりました。子供達のクリスマスの代表的な可愛い歌です(←音が出ます)小さな2人はちゃんとお遊戯していました。皆、とっても可愛かった!
d0090294_2039260.jpg
その後は手作りのジンジャークッキーやトナカイのお肉の入ったキッシュを食べたり、冬には欠かせないチョコレートにホットジュースのglögi。心も体もとっても暖かい日になりました。

昨日は小さな小人達は隣の村の学校の小さなクリスマス:pikkujouluで披露。沢山人が見ている中、大丈夫かな~なんて親の心配も何のその!ちゃんと先生と一緒に出来ました~。水曜に仕事で見られなかったA-Jも昨日は見られて嬉しそう~。そして赤い糸で結ばれたような父と娘。お遊戯中、パパの方を見ながらことりは演技してました・笑
村の20人にもみたない生徒&2人の先生が、とっても素敵な歌と演技を披露してくれました。とっても愉快なサンタさんも来てくれました。この時期にはフィンランドの各学校でイエス・キリストの誕生に基づいた演技をするのですが、他にもギターが上手な先生がジャズ風にアレンジしてクリスマスソングを弾いたり、クリスマスの歌を生演奏に合わせて唄ったり。小さな学校なので1人何役も! いつか我家の子供達もこんな役をするんだろうな~、親がハラハラしそう、と言うか私は感激して泣きますね、、。泣くと言えば、村の子供達が歌を披露している時、涙がこぼれそうでした。暖かい家で不自由もなく、こうして集まって幸せなひと時を過ごす当たり前の様な事。でも世界中にはそれすらも出来ない子供達が沢山いるという現実。私達は何て幸せなんだろう、と浸るよりも彼らのもとにも祝福が来ますようにーただただ、そればかり祈るしかないです。クリスマスも、もうそこですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-22 21:10 | 村の生活/village life | Comments(6)
「小人が窓から覗いているよ」
d0090294_1822165.jpg
「Tonttu:小人が窓から覗きに来るよ」っとフィンランドから昔から言われている通りに子供達に言うと、2歳のあんじんは"Missa??" (どこ?)と探しに行く一方、4歳のことりはキャァーっと言って怖がって逃げていきます。サンタクロースはもちろん人気だけど小人は働き者で身近な存在。クリスマス近くになると"tonttu"と良く耳にします。子供達も赤い帽子を被って小人に変身。

昔からあるクリスマスの飾り。木を斜めに切って小人の顔を描いた飾りです。蚤の市から買ってきました。鼻が石で出来ているのが面白いなーっと。子供達も、もちろん大好きです。
d0090294_18224783.jpg
先日、村の学校に牧師さんが来てメッセージをしたりクリスマスの歌を村の人達と歌いました。終わってjoulupuuro:クリスマスのミルク粥を食べている子供達。ミルク粥は白米を牛乳と一緒に柔らかく煮てシナモン・シュガーをかけたり、フルーツのスープと一緒に食べる食べ物です。甘いお粥って…っとはじめは動揺しますけど食べると美味しいんですよ~。お腹に優しくって。クリスマスの時はミルク粥の中にアーモンドを1つ入れます。そのアーモンドをすくった人は願い事を叶えられるのです。お鍋の中をほじって探したらダメですよ~
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-19 18:45 | フィンランド色々/Finland | Comments(14)
pikkujoulu:小さなクリスマス
d0090294_2228227.jpg
クリスマスまで後何日と数える程になってきました。今の時期、フィンランドのあちこちで会社の同僚と、サークル仲間と、友達同士でpikkujoulu:小さなクリスマスが行われます。日本でいうと忘年会のような感じかな。この時期、週末も仕事で忙しいA-J。今日は彼の職場のピックヨウルが開かれるそう。5時半から始まって飲んで食べた後にコメディーショーもあるそう。その後はお決まりのサウナ。今回の場所はジャグジーもあるそうです。去年はロバニエミのレストランで食事メインのピックヨウルだったけど今年は疲れている身体を解すには絶好じゃないかな~。

ピックヨウルには赤や黒い服装で来る人が多いらしく、A-Jも意識して…と言うか意識し過ぎでサンタさんが着そうな真っ赤な服を着て行こうとしてました。でもその後、全然クリスマスらしくない服装に着替えていましたけど。でも玄関先で見ましたよ~赤い靴下。「この靴下探してたんだよ、片方見つかった」と嬉しそうに…誰も見ないであろう靴下ですけど彼の中ではクリスマス気分なのでしょうね。「楽しんでね!」と言う事で、A-Jはロバニエミの義理のお母さんのお家に今夜お泊りです。

最近曇り続き&チラホラ雪が降る日々です。昼間のわずかな時間の明かりが有り難く感じます。日中、外へ出て花の入った鍋を移動しようと思ったら凍って椅子と一体化していました。Kanervaは寒さにも強くて冬の定番の花です。取れないので、このままにしましょう。

****************************************
お知らせです

秋に日本で活躍されているフォトグラファーが我家にホームステイされました。
彼が銀座で個展を開きます。彼の目線から見たラーヌヤルビの村。
ご都合が合う方は是非! とってもお洒落な方なんですよ。
数に限りはありますがカフェスタッフの焼く美味しいクッキーもあるそうですよ~。

Atsushi Maya Photo Exhibition 03 / 眞野 敦 写真展 03

会場:画廊宮坂 map : http://goo.gl/maps/tVDv6

日程:2012年12月17日(月)~12月22日(土)

営業時間:11:00~18:00(最終日は17:00まで)

最寄り駅|
地下鉄日比谷線、都営浅草線「東銀座駅」
地下鉄銀座線「銀座駅」「新橋駅」
丸の内線「銀座駅」
JR山手線「新橋駅」「有楽町駅」

眞野 敦 HP:http://www.atsushimaya.com/
画廊宮坂 HP : http://www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/
****************************************
[PR]
by Kippis_Y | 2012-12-11 22:52 | フィンランド色々/Finland | Comments(4)