タグ:クリスマス ( 111 ) タグの人気記事
フィンランドの素朴で美味しいクリスマス料理
d0090294_347422.jpg
今年のクリスマスイブは-25度でした。ピンッと張った空気の中、宿泊用の荷物や一緒にお祝いする食卓に必要な料理を持って義理のお母さん宅でお祝い、25日は村に帰って来て家族のみでお祝いをしました。
d0090294_350122.jpg
メイン料理になる6キロ以上ある豚肉をオーブンに入れたのが23日・19時過ぎ。1キロ=1時間の焼き時間なので焼きあがったのが夜中。6-7時間かけて焼いたら表面の脂を取ってマスタードや卵・砂糖やパン粉を塗って、もう少し焼いて...としていたら、こゆきがパッチリ目を覚ましてしまって、結局寝付いたのが朝の5時。クリスマスイブ当日は眠い1日となりました。でも、朝4時頃、大きなオーロラが寝室から観られたのです。久々に揺ら揺らした大きいのでしたよ。
こちらが今年の豚ハム。ジューシーで美味しい。毎年美味しくなっている気がします。
d0090294_3514272.jpg
クリスマスにはアニスやクミン味のするライモルト入りのパンが食卓に並びます。今年はドライフルーツも入れて更に日持ちするように焼いてみました。しっとりするコツとしてバターミルクを入れたりコクが出るようにライモルトも水で煮立てて、ライ麦粉入り。ダークシロップ入りなのも北欧パンらしいです。
d0090294_3503939.jpg
パンの上にのせて食べると美味しい、こちら。スモークサーモン・ディルを細かく切って泡立てた生クリームとヨーグルトの様な乳製品を混ぜて胡椒・ガーリックパウダーで味付け。本来はサワークリームが入るけど買い忘れてしまったのでコク出しに少量のマヨネーズを混ぜて味を調えてレモン汁入りのゼラチンで固めました。プルプルする程ではなくナイフを入れると丁度よく崩れるのでゼラチンが入っているのか分からない程です。食べる時にレモンを絞ると更に美味しいんです。これは私の大好物。簡単なのに美味しい!
d0090294_351177.jpg
パンの上にのせて食べると美味しいもの、まだあります。義理のお母さん特製のニシンの酢漬け。レバーパテはブルーチーズも入っていて夏に漬けたピクルスと一緒に食べると相性抜群です。ブルーチーズと言えば、フィンランド産のブルーチーズは比較的食べやすくって色々な料理にも使えて美味しいのです。ブルーチーズ苦手な人でも食べられると思いますよ。
d0090294_351217.jpg
クリスマスのサラダとして赤ビーツのサラダを食べます。細かく切った赤ビーツ・じゃが芋・ピクルス・玉ねぎ・人参・卵の中に泡立てた生クリーム・酢・塩胡椒のドレッシングを混ぜて出来上がり。
d0090294_352564.jpg
24日のランチは前菜に魚料理を食べてメインは、お肉のシチューを頂きました。
d0090294_3525789.jpg
今年もデザートは義理お母さんのボストンケーキかなと思ったら中にプラムジャムが入った生地が凄くフワフワしたケーキでした。彼女の作るケーキのクリームは甘くなくって食べやすいのです。
d0090294_3522941.jpg
24日の夜も25日も豚ハム!今年は義理のお母さんがカブのキャセロール・にんじんキャセロールを焼いたので&隣村の夫婦からもキャセロールが届いたので私は作りませんでした。野菜のキャセロールは凄く美味しいうえ、豚ハムとも合う料理です。
d0090294_3531667.jpg
フィンランドのクリスマスは食後のデザートとして食べるケーキはないのですが、オレンジピール&チョコレート入りのケーキを焼きました。大人用はラム酒をいっぱい効かせて。この後にサウナに入ってリラックス~でした。
d0090294_3533927.jpg
フィンランドでは24日にサンタさんが来るのですが4歳の、あんじんは「義理のお母さんの家に24日、行きたくない!だって、サンタさんはラーヌヤルビの家に来て誰も家に居なかったらどうするのー」っと。良かったね、ちゃんと義理のお母さんの家に来てくれて。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-27 04:52 | 村の生活/village life
クリスマス イブイブ
d0090294_5511127.jpg
ここ数日、気温も-10度以下に下がって、外は真っ白だし、星も綺麗で良いクリスマス気候。今日の日中はドライフルーツやアニス味のきいたクリスマスパンを焼いたり、A-Jがクリスマスパイを焼いたり。そして今は夜中に完成予定のクリスマスハム用の大きな豚肉がオーブンの中に。1日中オーブン大活躍。

「イエスキリストの誕生日はシンプソンの黄色いケーキを焼いてね。」と言う4歳児。明日のアドベントカレンダーの扉は他の日より大きめで何が出てくるか想像がつく子供達。我が家のアドベントカレンダーはチョコレートも入っていないしキャラクターものでもないし昔からのタイプのもの。でも毎日、朝開けるのが楽しみで、どんな絵が出てきても喜ぶ子供達。

世界中の人々に愛が行き届きますように。メリークリスマス!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-24 06:02 | 村の生活/village life
アドベントキャンドル 4本目
d0090294_2293810.jpg
今日、4本目のアドベントキャンドルに火を灯すと暗い部屋が明るくなって暖かかった。いつものラジオからクリスマスソングが流れて子供達は子供部屋でクラフト。部屋の中はオレンジケーキを焼いた後の甘い、でも爽やかな香。それに加え鍋の中からスパイスたっぷり入ったホットワインの香。この時期になるとクリスマス料理の買い出しも大体揃って冷蔵庫には大きな豚肉が入っています。クリスマスに食べる保存の利く料理も来週から作ります。
d0090294_2302068.jpg
大体、3本目のキャンドルに火を灯す後あたりからクリスマス前にかけて毎日、郵便受けを確認しに行くのが楽しみ。つい、この間会った人、年に数回会う人、1年に1回も会うか会わない人、1回だけ会った人、かれこれ思い出せない程に会った人、ずーっと昔から知っている人、中には会った事のない人、色んな方からのクリスマスカード。電子に頼ってしまう今、でも、こうしてカードで届くと安心すると言うか、凄く嬉しいものです。

かれこれ20年前(えっ、、そんな前だったか...)の私は13歳。海外に興味があって始めた海外文通。当時は英語の授業なんて凄く苦手で嫌いだったのに海外を知りたくって、あの頃は夢中でした。ササクレのあった中学校時代、でも郵便屋さんの音や手紙の香が好きで、自宅では英語の辞書も常に近くにあったな。あの薄くて破れそうな、そしてビッシリ詰まった辞書。高校生の頃は学校が終わると一目散に帰宅して郵便物を確認するのが大好きでした。辞書を一生懸命引いて理解できた時の嬉しさ、自分の気持ちが文章でまとめられた時の嬉しさ。それだけで終わりではなく何日もかけて海を渡ってきた実は生きた言葉。懐かしいな~。そんな事を思いながら子供部屋にクリスマスカードを飾ってみました。

ラジオを聴いていても、フィンランドの子供達はクリスマスはプレゼントが貰えるで楽しみだそう。そうだよね~ 我が家の子供達も楽しみにしていますよ。去年と違うのは、ちゃんとサンタさんにプレゼントリクエストを書いたカードをtonttuに届けてもらったので、おねだりをしなくなりました。クリスマス=サンタさんではなく、どうしてクリスマスプレゼントを渡す・渡されているのかも、ちゃんと家庭内で話していっています。クリスマス、もうすぐです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-22 03:03 | 村の生活/village life
アドベントキャンドル 3本目 
d0090294_22254311.jpg
今日は3本目のアドベントキャンドルに光が灯ります。
さて、この赤い服を来た帽子を被った木製の飾り物。皆さんはサンタさんだと思いますか? tonttuと呼ばれている小人だと思いますか? 我が家の子供だけに関わらずフィンランドの子供や大人の回答は「tonttu」。この飾り物に関わらず、この時期、至る所に現れるtonttu。

ある日、雪が降る薄位中、近所の人と長女・ことりがtonttuを探しに行きました。tonttuは見つからなかったけど家の裏に鈴付きの赤い帽子を見つけたのです。その夜、子供達はカードを入れて赤い帽子を玄関先に戻しておきました。しばらくしたら帽子はなくなっていて、その後、アドベントのキャンドルに光が灯される日曜日にtonttuは帽子を玄関先に置いて行きます。ある日はカードと一緒に小さなツリーの飾り、ある日は小さなお菓子。今日も来るのかなー。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-14 22:39 | 村の生活/village life
心をくすぐるクリスマス
d0090294_0321760.jpg
子供達が作るクリスマスのデコレーションは、ほっこりして和みます。幼稚園やプリスクールで作ったものは、家に帰って来てから目を輝かせながら私に見せ、そして誇らしそうにしている姿。部屋に飾ってみると凄く嬉しそう。私は子供の作ったものや絵を見るのが大好き。

先週の土曜日は村、唯一の小さなお店にサンタさんが来るというので皆で行ってみました。6歳の、ことりは私にコショコショ話で「本当のサンタさんじゃないよ。だってヒゲの所に白いゴムがあるもん。あのサンタさんは細いし、きっとヨルマだよ。」ヨルマとは近所に住む、おじさん。確かにサンタさんのお腹はぺっちゃんこで、持っていた杖も真新しいデッキブラシの柄だし、風に吹かれて薄っぺらい顎ヒゲはヒラヒラしてるし。ヒゲに付いている白いゴムも見え見え。可笑しくなっちゃった。でも、本当のサンタさんは24日にやってくると信じている子供達。大丈夫、今年もサンタさんに会えるよ。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-11 00:49 | 村の生活/village life
アドベントキャンドル2本目 ジンジャークッキーむしゃむしゃ
d0090294_17512425.jpg
今日は第2回目のアドベント。珍しく今日はA-Jの仕事がオフで家に居ます。
今日は皆で一緒に2本目のキャンドルに火を灯せるね。

我が家では小麦粉を1.5-2キロ程使ってジンジャークッキーの生地を作って冷蔵庫で寝かして置きます。一度にいっぺんに焼くには大変なので数回に分けて焼きます。ジンジャークッキーは、すぐ焦げやすいので型抜きをして焼いて、焼いている間に型抜きを...としているとウッカリして真っ黒焦げになったりするのです...去年の今頃は姉と電話をしていたらオーブンの中のクッキーが真っ黒になっていて驚きましたっけ。
d0090294_17463031.jpg
私の作るジンジャークッキーの配合はスパイスが多めで市販のと比べると甘みが少ないのです。今年は気持ち少しだけ多くジンジャーパウダーとカルダモンを入れてみました。1枚目のクッキーを食べた4歳児のあんじん。「くほっ、、辛いけど、大丈夫。だってジンジャーは喉に良いから、風邪に効くの」と言いボリボリ食べていました。さすがです、この子の食欲はいつも旺盛です。

ちょっと辛いかなーでも、姉は、こういうの好きだと思う。毎年、喜んで食べてくれるので今年も少しだけ実家へ送りました。ブルーチーズのせて食べてね。じーじ、これは乾パンじゃないからね。

ところで、次女、こゆきを妊娠中に発覚した妊娠糖尿病。産後は血糖値が下がるから、と言われていたもの下がらず炭水化物・砂糖を減少した生活をしていました。亡き母は糖尿病だったので遺伝が強いのか、私も覚悟を決めないと...そう思いながら産後1年した頃、糖尿病の検査を受けました。結果、正常。問題なし!食生活を変えて1年半。体も慣れてきてしまって、そんなに食べたい欲望も出ないので、このまま続けていこうと思います。でも、少し気持ちが安心しました。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-07 18:12 | 食べ物色々/food
今年も手作りのクリスマスカード 便利な道具
d0090294_518669.jpg
第1本目のアドベントキャンドルに灯りがともす頃はクリスマスカードも準備万端!
日本向けは締め切りが早いのでフィンランド国内向けも一緒に完成するようにしています。
d0090294_5182686.jpg
行動範囲が広がり、好奇心が旺盛になりつつある1歳児。家事・子育て・その他の仕事もあるし夜中も授乳で起きるので時間は限られている、でも、やっぱりカードは手作りにしたい。そんな中、便利な道具を発見!紙がこんなレース状に簡単にカットできるので~す。シンプルな紙の組み合わせでも、このカッターで雰囲気も変ってきますね。
d0090294_5185821.jpg
数年前に購入したアルファベット。タイプライターに使われていたもので凄く小さいです。フィンランド語でメリークリスマスはHYVÄÄ JOULUA!と書くのですが、押している最中にÄの上の点々がポロッと取れてしまったハプニングも… 手書きも良いけど、こうやってハンコを使うとシャキッとして良いですね。カード作り、楽しかったです。毎年、厚めの紙をカッターで自分でカットしていたのですが、これがまた時間がかかる…腱鞘炎になってしまった手首も痛いので、欲しいと思っていたペーパーカッターを購入してみたら、とっても簡単!何で今まで買わなかったんだろう、と思う程。そんなこんなで、今年のクリスマスカードはシンプルですけど例年よりもスムーズに仕上がりました。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-12-03 05:38 | 村の生活/village life
アドベントキャンドル 1本目
d0090294_20513035.jpg
冬の仕事で忙しいA-J。先週末は北の町で仕事があり泊り。今週末はラップランド大学のアート部の学生達と雪の彫刻のワークショップをしているので仕事。毎年クリスマスまで忙しいのです。この時期、私はクリスマスラジオをかけ子供達と歌ったり工作をしたりベーキングをしたり、外遊びをしたり過しています。今日は第1回目のアドベントなので毎年恒例の、この苔の入った鉢にキャンドルを入れました。子供達に布に数字のスタンプを押してもらって紐で縛って出来上がり。スタンプを手に押してあげると「もっとやってー!」っと嬉しそう。木で出きた小人を出して飾ったら「tonttu!:小人」と目がギラギラしてる。子供達のお昼寝が終わったらフィンランドのクリスマスパイ:joulutorttuを一緒に焼いてA-Jとルーペンの帰りを待ちます。
d0090294_20505240.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2014-11-30 21:06 | 村の生活/village life
感謝のクリスマス
d0090294_583725.jpg
フィンランドではクリスマスのメインになるケーキはないのですがriisipuuro:ミルク粥を食べる習慣があります。シナモン・シュガーをかけたり、クリスマスにはミックスフルーツの入ったkiisseli:フルーツスープをかけて食べたりします。なかなか会いに行けないけど、もうすぐで90歳近くになるA-Jのおじいちゃん。初めて会ったのが10年以上も前の事。クリスマスも近かったので、おじいちゃんがフルーツミックスのキーッセリを作ってくれました。優しくてお腹に優しい味だったので、このキーッセリを食べると、おじいちゃんを思い出します。ミルク粥はA-Jの家では25日の朝に食べます。ミルク粥は1時間位かかるので、その間に一緒にスープも作りました。ミルク粥の中に1つアーモンドを入れて掬った人は願い事が叶う、もしくは幸運を呼ぶと言われているそう。今年は誰も当たらないと思ったらステイ中の女の子がお代わりをした時に当たりました。
d0090294_585765.jpg
夕飯は、また豚ハムです。24日のキャセロールに加え、人参・じゃが芋/スウィートポテト/ゴートチーズの入ったキャセロールも加わりました。口当たりがスムースで食べやすい!キャセロールは好みが分かれるようでA-Jは昔からカブのキャセロールが好きで人参キャセロールは苦手。義理母はカブ、人参好き。じゃが芋はほどほどだそう。私は甘めのじゃが芋が美味しいかな。ことりは、じゃが芋派。あんじんは、じゃが芋が好きそうだけど全部間食して関心。それぞれ味が違うので、どれも美味しいけどね。
d0090294_5113189.jpg
食後は数日前に焼いて味を染みこませておいたオレンジ味のチョコレート入りケーキ。
d0090294_510721.jpg
どうやら私は風邪を引いたようで夕方頃から咳きとクシャミが出て来ました。私を元気付けようとA-Jがjoulutorttu:クリスマススターのパイを焼いてくれました。彼が焼くなんて5年振りです。プラム味とシナモン林檎味。私、ことりは優しい味のシナモン林檎味が好みです。A-Jは断然プラム味。
d0090294_593141.jpg
d0090294_5105817.jpg
今年、2個目のタルト。体に染みるように美味しかった。
d0090294_5103567.jpg
サンタさんが持って来てくれた今年、私のリクエストしたイーッタラのエゴ。
たっぷりめの牛乳を入れてカフェオレにして飲みました。
d0090294_512152.jpg
クリスマス料理を食べるのが得意ではない少食の、ことり。パイは別腹。凄い勢いで感触。メインの料理を大人分食べてパイには、あまり興味のない、あんじん。皆が食べているのを静かに見ている赤ちゃん。

3歳、5歳の小さな子供でもクリスマスはイエス・キリストが誕生した事と分かっています。でもサンタさんがプレゼントを持って来てくれるのが第一の楽しみのよう。小さいので、それで良いですよね。私達夫婦はイエス・キリストを信じているので感謝です。今年のクリスマスは「家族」について考え深くなりテーマを与えられたような時でした。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-26 06:01 | 食べ物色々/food
クリスマス料理 メインの豚ハム作り
d0090294_4472665.jpg
フィンランドのクリスマスのメインは豚ハム。我家では豚ハム焼きはA-Jの担当。約8kgの豚肉を焼く10時間くらいかけてゆっくり焼きました。毎年作っているので今年も美味しく出来ました。
d0090294_448018.jpg
A-Jから聞いた豚ハムの作り方:ネットに入って冷凍で売られている塩味の付いた豚肉を数日前から冷蔵庫で解凍させて焼く24時間前に常温に出して置きます。中が10度位になっているのが相応しいそう。その豚肉をハム用のバッグに入れてお肉の厚みが一番太い所に温度計を差します。中身が80度~90度位に上がるとジューシーな仕上がりになるそう。途中温度設定をしながら中身が適温になったら豚肉の周りについた脂を落とします。肉汁はソースに使うのでとっておきます。脂を剥いだらマスタードを塗ってパン粉をまぶしてクローブでデコレーション。10-15分焼いて冷まして完成。焼き時間が長いので毎年、夜中に豚ハムが完成します。
d0090294_4494810.jpg
ビーツ・ピクルス・人参・ゆで卵・玉ねぎなどのサラダrosolliも作って夕飯が完成しました。クリスマスだからと言って食べているだけではなく、イエス・キリストの誕生の話を聖書から読んでお祈りをして夕飯を開始しました。
d0090294_4445677.jpg
豚ハムも焼きすぎず、とっても美味しい。
d0090294_4452528.jpg
私が担当したキャセロール。24日は、赤ビーツ、じゃが芋、カブ、のキャセロールを食べました。それぞれ異なる味、でも素朴で素材の味がして美味しいのです。夕飯の後はコーヒーを飲んで今年もサンタさんが我家に訪問して沢山のプレゼントを持って来てくれました。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-12-26 05:05 | 食べ物色々/food