タグ:クリスマス ( 103 ) タグの人気記事
2016 クリスマス 奇跡のサンタさん
d0090294_23225247.jpg
今年も生木のクリスマスツリーを23日、我家の森から切ってきました。24日の午前中にオーナメントを皆で付けました。素朴感のあるツリーがフィンランドのクリスマスツリーですね。

さて、フィンランドではサンタさんのお手伝いの小人(トンットゥ)が身近な存在です。昔はサウナや家畜小屋、家の前にトンットゥにご飯を置いたりしていたそうです。とっても働き者で年中を通して子供達が良い子にしているか見守っているのです。我家の3歳、6歳、8歳の子供達はサンタさんの存在もトンットゥの事も信じています。ある日は子供部屋の窓から見えた外の真っ白な雪にトンットゥの足跡が見えた~と大喜びで3人外へ出て足跡を付けに行っていました。結局見失ってしまったけど…

クリスマスが近くなると子供達は何が欲しいのかプレゼントのリクエストリストを作ります。これがまた長い!沢山欲しいものがあるのです。その紙を階段に置いておくと翌日紙がなくなっていてトンットゥが取りに来てくれたんだ~となるのです。今年は階段に置いておくのを忘れてしまったそう...「でもサンタさん来るかなー、きっと来るよ!」そんな風に子供達が会話をしていました。サンタクロースはフィンランドに住んでいるので24日にプレゼントを届けに来てくれるのです。本当に来てくれるのですよ!そう、今年も我家に来てくれました!

我家のあるラーヌヤルビの村から車で1時間程の市、ロバニエミには公式のサンタクローズが住んでいます。サンタさんには1年中会いに行けます。でも、こうしてクリスマスイブにサンタさんが自宅へ来てくれるのは実は別のサービスがあるのです。例えば、夕飯時になると家族や親戚の1人が何処か行方不明になってサンタさんが登場する、もしくはクリスマス時にお店の掲示板に「サンタさんがお宅へ行きますよ~」というサービスにお願いする。我家は家族一緒にサンタさんを迎えたいので毎年サンタさんにお願いして来てもらっていました。今年はタイミングを逃しサンタさんは直接来れない事に…待っている子供達の事を考えると心が痛む...なので子供達がサウナ中に玄関前にプレゼントの入った大きな袋を置いて去って行った、という想定にしました。プレゼントの袋を見つけた時の子供達は大喜び!子供って本当にピュアです。「夕飯後に開けようね」という事でクリスマスツリーの下に置いておきました。そして...夕飯中に玄関から音が...なんとサンタさんの登場!サンタさんが来ていないお家を回っているという何とも奇跡な事が起こったのです。でも、既にプレゼントは置いて言ったでしょ~という質問に「さっき来たけど、誰も返事をしないからプレゼントを置いて他のお友達にプレゼントを置きに行ったんだよ。また帰ってきたんだ。」とサンタさん。子供達はサンタさんに歌を歌い、ツリーの下のプレゼントをサンタさんに配ってもらい子供も大人も皆、満足。子供だけではなく大人にもちゃんとプレゼントを運んでくれます。そんなサプライズな事が起きたクリスマスイブでした。
d0090294_23231675.jpg
こちらはクリスマスは1月6日までです。このままツリーを飾りながらの年越しになります。ブログは相変わらずノロノロ更新になってしまいましたが、今年は色んな出会いがあり、新年の誓いも形となった年でした。実りの多い年でした。2017年も皆さまにとって些細な事が幸せ~と感じられる年になりますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-31 06:19 | 村の生活/village life
2016年 クリスマス 甘いもの
d0090294_2325479.jpg
今年もジンジャークッキー沢山焼きました。スパイス沢山の甘さ控えめの私のジンジャークッキーはチーズとワインと一緒に食べるのが美味しいですね~
d0090294_22595917.jpg
クリスマスステイに参加された女性から自家製の立派なキンカンコンポートをお土産に頂きました。キンカンって、こんなに可愛いんだ~と、ついついウットリしてしまいました。丁度、柑橘系のケーキを焼いたので一緒に食べてみましたが愛称抜群でした。苦味もなく、切り方もお洒落~で可愛い!こういうのは女性はテンション上がりますよね!
d0090294_2302657.jpg
フィンランドはクリスマスに特定のデコレーションケーキを食べるという習慣はありませんが、こういう☆の形をしたパイを焼いたり、スパイスケーキやデイツのケーキを家庭で焼くお宅も多いと思います。特にこの星形のパイは形成も楽しいんです。皆で焼きましたよ~大量に!星形やギフトボックスの形はした事があるのですが、今回は初めて天使やダイヤモンドのような形を作ってみました。
d0090294_2331081.jpg
こう見ると食べてばかり!確かに食べてばかりでしたが、、、クリスマスサウナに入って雪の中に出てはしゃいでもらったり、クリスマスオーナメントやカードを作ったり、散歩や雪かき、スケートや氷の上を走ったり...フィンランド生活を楽しんで頂いた後のお楽しみ...写真でお分かりでしょうが、そうです!茶道歴約15年のゲストの方のご厚意で抹茶をたてて頂きました!茶道というと難しいイメージがあったのですが、すごく楽しく&美味しく頂きました。参加された3人の女性は今回、初対面でしたが実は3人とも茶道経験者!抹茶も3種類あり、味比べも楽しみ、その後、私は抹茶の魅力に取りつかれ毎日、抹茶をたてA-Jと一緒に飲んでいます。凄く盛りだくさんなクリスマスです!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-30 23:21 | 村の生活/village life
2016年 クリスマスディナー
d0090294_2237913.jpg
今年ももう少しですが年を越してしまう前にクリスマスのお話。今年は日本人ホームステイの方3人を招きクリスマスを一緒に過ごしました。23日はゆっくりして頂き、24日はクリスマス料理作りもちょこっと手伝って頂き、お話しも尽きない楽しい時となりました。忘れてしまう前に今年のクリスマスディナーを書き残しておきます。
クリスマスのイブの夕食の前に聖書のクリスマスの話を読んでお祈りをして食事をしました。
d0090294_22375728.jpg
クリスマス料理はオーブン料理が多く、数日前に作り置きしておくお宅も多いです。スパイス入りのクリスマスパンはお店でも買えますが毎年焼いています。今年はゲストの方がこんなの好きそうかな~と思い大きなパンを焼きました。クミンや乾燥クランベリー、秋に森で採れたコケモモ入りです。
d0090294_22384588.jpg
パンに塗って食べても良い、ちょっと塩っけの強めのスモークサーモン&生クリームやサワークリーム、ゼラチンで固めたもの。これも毎年作っていますが簡単です。ヨーグルトのカップにラップを敷いて生地を流し込むと型から外した時にデコレーションしやすいです。レモンの輪切りと葉をのせて完成。レモン好きの長女・ことりはペロリとレモンを食べていました。
d0090294_22382115.jpg
スターターのサラミ。クリスマスイブのお昼は魚中心のランチだったので夜は肉・肉・肉です。
d0090294_2239593.jpg
更に自家製8キロの豚ハムがメインです。フィンランドでは昔からオーブンで焼いた豚ハムがクリスマスのメインになります。お店では塩漬けされたものが売られているので、自宅のオーブンで数時間かけて、ゆっくり焼きます。我家は豚ハム作りは23日の夕方から開始し、夜更かしに強いA-Jの担当です。今年もジューシーな仕上がりになりました。骨付きですが、今年は良い部分だったので食べやすかったです。しかーし、大量のハムを毎日食べ続けるには飽きてしまうし、なにしろ塩分も多いです。薄く切ったり、小さなブロック状にして冷凍にし、後ほど色んな料理にして食べます。
d0090294_22392278.jpg
ハムにはソース、もしくはジャムや自家製の紫玉葱のジャムと一緒に食べます。この玉葱ジャムはパンにのせて食べても美味しいですよ~。
d0090294_22394359.jpg
色々と盛り付けたら、こんな大量プレートとなってしまいました。他にもカブ、じゃが芋、ニンジンのキャセロール、ビーツのサラダなど、どれも昔から食べられているフィンランドの伝統クリスマス料理です。本当によく食べました!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-30 22:58 | 村の生活/village life
クリスマスまで、あと少し
d0090294_204638.jpg
あれよあれよと言う間にクリスマスも目前!子供達もクリスマスホリデーが待ち遠しい様子です。クリスマスの音楽が流れると赤と白の帽子を被りテンションも更に上がる子供達。クリスマスのジンジャークッキーや星形・プレゼントボックス形のクリスマスパイを作る時には勢いよく飛んできます。忙しいというか、騒がしいですが、こうして一緒に居られる事は幸いな事ですね。
d0090294_2052777.jpg
クリスマスカードも次々に届いています。今年のフィンランドのクリスマスの切手、可愛いです。国内早期郵送時期に1枚だけ貼れば良いという90セントの切手はトナカイの絵。続いて女の子の絵は1.2ユーロ、赤い伝統ログハウスの切手は1.3ユーロと別れています。切手には値段も郵送クラスも書かれていないので一体幾らなの?と分かりずらいですが、シール感覚的な感じですね。
d0090294_2081096.jpg
昨日の日曜日は第4回目のアドベント。4本全てにキャンドルが灯りました。クリスマスまで本当にあと少し!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-19 20:35 | 村の生活/village life
良かったな~ 最高だったな~ 阪急うめだ 北欧クリスマスマーケット
d0090294_20112456.jpg
2016年12月22日から開始した阪急梅田「光のヒンメリと北欧クリスマスマーケット2016」。私と村在住のヤーナは11月21-29日まで阪急さんにお世話になりました。去年も作家さん・私の商品は会場へ渡ったのですが、行ってみて現場を見て本当に良かったです。この光のヒンメリも実際は物凄い迫力です!フィンランドの自宅には日本日付け11月30日に帰ってきましたが、家族との久々の再会や風邪をもらってしまったり&夢心地の雰囲気で日常生活が戻るまでに1週間かかりました。
d0090294_20115743.jpg
担当の方達に可愛くディスプレイして頂き素敵な小屋に変身。実は、私は自分の制作してものが商品化されるという事に高いハードルを感じていました。物つくりは、作るプロセスが好きで作るのですが、家族だったり時たま販売しているのみ、しかし今回は阪急百貨店!正直、ダメ出しをされるのかな…という覚悟で行きました。そしたらま~お客様が気持ちが良い程良い方達で毎日楽しく会場に居られました。いつもブログやインスタをご覧になっている方達、本を購入して下さった方達、ホームステイで我家へ来て再会した方達、数年越しに会っていなかった昔の友達、そして10年越しに私のブログをご覧になってくださった方からのお礼の言葉、とにかく私の心に響きました。

草木染は思った以上に興味を持って頂く方が多く、編めないけど編んでみたいからと購入して頂いたり、お母様に編んでもらう、編み物が好きで私の草木染の毛糸を購入し一晩で編んで素敵なネックウォーマーを編まれ再来店された方、草木染のポートフォリオを見て興味深く関心を示してくれた紳士の方。皆さんとの出会いで私の物つくり姿勢が原点に戻ったというか、火が付いたというか、とにかく見えなかった点が見えてきた貴重な時間でした。今年の新年の誓いの1つが糸で繋がりました。成長した姿をお見せしたい、感謝を返したいという気持ちで、また来年に会場でお会いしたい、そう強く思っています。皆さん、ありがとうございます!
d0090294_20123260.jpg
さてさて、まだ開催中の北欧クリスマスマーケット。12月25日までですので是非、足を運ばれてみては如何でしょうか?私も作家さんにお願い中ですが、模様編みが素敵なリストウォーマー。
d0090294_20125683.jpg
ラーヌヤルビの村のヘリおばさんが作られたトナカイの皮のブレスレッド。これには小さなトナカイの角のボタンが付いています。手縫いで処理もされていて丁寧な手仕事ぶりです。カジュアルにもフォーマルにも合って素敵ですよ!会場ではスウェーデンからの作家さん達がワークショップを開かれていますので、そちらも是非とも!

滞在中は阪急百貨店とホテルの往復でしたが、短時間のランチ休憩、夜のお疲れ様ごはん美味しかったな。本屋さんに行けた事や頂いた入浴剤を使って深夜に入る湯船も良かったな~。思い出すと興奮してしまって文章がまとまりにくく読みにくいかもしれませんが…とにかく今年は気持ちとく年を越せそうな感じです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-12-12 20:57 | イベント/event
もう少しで大阪!クリスマスの色んなワークショップ
d0090294_18583987.jpg
今年の第1回目のアドベントは11月27日(日)第1本目のキャンドルが灯されます。この1本目が灯される頃には私は日本向けのクリスマスカードが郵送できるようにしておきます。今年は27日は大阪で北欧マーケットに出張していて留守になるので今年は1週間早めてクリスマスカードをほぼ郵送完了しました。
d0090294_18585525.jpg
このアドベントキャンドルに使っている鉢&苔は5年間近く使っていました。当時はこんな感じ。よく苔も長持ちしますね。まだ雪が振る前に森から苔を取って来て新しく作り替えました。この鉢は高さがあるので結構な量の苔が必要です。緑が綺麗ですね。

このアドベントキャンドルを阪急うめだ 光のヒンメリと北欧クリスマスマーケット2016で私と一緒に作ってみませんか?キャンドル・鉢・他の材料も全て用意してあります。クリスマスの話や普段の生活の話などしながら楽しく過ごしましょう。日程はこんな感じです。
● 11/22 13:00- ● 11/23 17:00- ● 11/24 11:00- ● 11/25 17:00- ● 11/26 13:00- ● 11/27 17:00- 大体45分位でしょうか。お申込みはワークショップ会場内で30分前より受け付けております。1回の定員は6名様まで。参加費:3240円。27日は第1回のアドベントなので丁度良いチャンスです!
d0090294_18591212.jpg
こちらは私が大好きな刺しゅうクリスマスカードです。布に刺しゅうというのは一般的にありますが、紙に刺しゅうって凄く楽しいのですよ~。私は紙もミシンで縫いますが、これがまた良い感じの組み合わせなのです。この刺しゅうは普通の刺しゅうではなくロジカルな仕組みになっていて「なるほど!」と納得するはずです。2つ折りの10cm×10cmの小さなカードですが、この長方形っていうのも可愛いですよね。写真は赤い刺しゅう糸に赤い紙ですが、ワークショップでは青い糸や、赤・青・緑などご用意しますので自分好みで色をお楽しみ下さい。台紙は白になります。写真では伝えきれないのですが、使用している紙も拘りがあります。やはり物つくりは自分で触って組み合わせで変わる雰囲気も楽しみながら集中できるのが楽しいですよね。封筒&ラーヌヤルビの白樺の樹皮で作ったシール付です。

● 11/22 15:00- ● 11/24 17:00- ● 11/26 17:00- ● 11/28 15:00- 大体45分位。お申込みはワークショップ会場内で30分前より受け付けております。1回の定員は8名様まで。参加費:2160円。
d0090294_18593027.jpg
フィンランドでは毛糸と紙でできた、こんなトリのオーナメントをクリスマス時期頃作ります。実際にこの種類の鳥が冬にいるのですよ。簡単に出来、最後の工程で「わ~面白い!なるほど~」となると思います!小学生位からもできます。この鳥にまつわるお話しや真冬をどうやってフィンランド人はしのいでいるのか?などお話ししながら作りましょう。

● 11/23 11:00- ● 11/25 11:00- ● 11/27 13:00- ● 11/28 11:00- 大体45分位。お申込みはワークショップ会場内で30分前より受け付けております。1回の定員は8名様まで。参加費:2160円。
d0090294_18594834.jpg
ワークショップには参加できないけど自宅で作ってみたいな~という方用に会場で「トリのオーナメントキット」を限定20セットのみ販売致します。写真付きの説明書・道具付ですのでハサミさえあればOKです。

その他にも蚤の市で見つけたヴィンテージ布・テーブルクロスや白樺細工、マリメッコのヴィンテージ布、私の本やKASSUN KOTIカレンダーなど並びます。フィンランド人作家さんが作った可愛い雑貨も登場します。そして、お喋り好きで人懐こいフィンランド人女性、ヤーナも一緒に行きます!彼女は松ぼっくりを使って小人のオーナメントや、参加者の方が自ら木にサーミの模様を彫りマグネットを作れるワークショップを担当します。きのこ名人、寝ても覚めてもきのこが大好きなので、気軽にお喋りして下さい。通訳さん付です。

私はA-J、子供達をフィンランドに残し、ヤーナと一緒に大阪へ行きます。今回は実家には寄れそうもないので大阪滞在のみになります。21日に大阪に着き22-28日まで会場に居ます。そして29日は帰国。少しは大阪を楽しみたいな~。最大の楽しみは色んな方達に会える事、そして夜のバスタイム!本屋さんに行ける事!家族と離れるのは不安もありますが、大丈夫だよね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-11-17 19:41 | 雑貨・インテリア/Interior
2016年12/23-26 3泊4日 クリスマスホームステイのお知らせ
d0090294_21435125.jpg
ちょっと気が早いかもしれませんが航空券の都合もありますので一足先に今年のクリスマスホームステイについてお知らせです。

北欧・フィンランドのクリスマスは決して派手ではありませんが素朴にひっそりと平和を願いながら家族で過ごします。サウナで体を温め、窓の外の真っ白な雪景色を眺めならがホットワインやジュースを飲んで…伝統料理を皆で食べ…本当のクリスマスとは何か?そんな体験を我家: ユリハリユ家と一緒にしてみたいと言う方、おられませんか?例年のクリスマスの様子は当ブログのタグ: クリスマスよりご覧になれます。

2016年12月23日 夕方 ロバニエミへお迎え 
24日・25日 フィンランドのクリスマス体験
26日 午前中 ロバニエミへ送迎

定員: 残り1名女性募集します!
同室シェアOKの方のみ!(1室2台のベッドの部屋になります。)

※現在、女性2名様が予約中です。

【注意事項】

● 猫がいます。
● 2008、2010、2013年生の子供がいて賑やかです。
● 我家の家族と一緒でもホームシックにならないであろう方。
● 他にステイ者がいてもOKという方。
● 食べる事に興味がある人。フィンランドのクリスマス体験がしたくて仕方がない人。

詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.fiまでタイトルに【2016年クリスマスホームステイについて】とお願いします。詳細のお返事はフィンランド時間の9月13日(火)以降になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 22:03 | ちょっとお知らせ/info
家族で囲むフィンランドのクリスマス料理
d0090294_7281023.jpg
クリスマスの夕方、離れのサウナを暖めて家族でサウナタイム。綺麗サッパリになったとこで夕飯です。義理のお母さんの所でクリスマス料理を頂いたのですが我が家も毎年恒例行事として一通り作ってみました。子供達はサンタさんに会えた・プレゼントを貰えて満足ですが、それよりも大事なクリスマスの話をします。夫婦揃って、これは大事な事と思っているので毎年、夕飯の前に子供にも分かる短いお話をしています。1人、勝手に食事を始めちゃってる子がいますが、笑。
d0090294_72849100.jpg
美味しいワインと一緒に、おつまみが欲しくなるので即席で作ってみました。A-Jは一見、お肉だと思ったそうですが、ドライイチジクを薄く切ってブルーチーズ・ジンジャークッキー・ザクロがのっています。子供にも人気でした。
d0090294_7291772.jpg
ニシンの酢漬けは、あんじん&こゆきの大好きな食べ物です。隣にあるのはスモークサーモンとスメタナ、他乳製品の入った食べ物。ライ麦パンの上にのせて食べると相性が良いのです。
d0090294_7294472.jpg
フィンランドのクリスマス料理のメインとなる自家製の豚ハム。今年は小さいサイズで3キロです。我が家では豚ハム焼きはA-Jの役割。今年は骨なしの真ん丸い形です。塩味の効いた豚肉が売っているのでオーブン用の温度計を豚肉に刺して、豚ハム焼き用のオーブン袋に入れて数時間焼きます。毎年の如く美味しいハムが出来ました。
d0090294_7301372.jpg
ビーツのサラダや先日ブログでもアップした野菜のキャセロールも加わって色鮮やかなクリスマスプレートです。今年もこうして家族で食べられる事、感謝です!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-27 07:51 | 食べ物色々/food | Comments(10)
生木のクリスマスツリー よく水をのみます!
d0090294_7659.jpg
24日から義理のお母さんの家に1泊したわけですが、生木のクリスマスツリーは、とにかく水を良く吸います。フィンランドの家の中は暖かく保たれていて乾燥しています。たとえ1日留守にするとしても水遣りを疎かにするとクリスマスの終日・1月6日までバサバサと木の針が落ちやすくなってしまいます。ただでさえ、ちょっとぶつかっただけでも落ちてくるので…なので出かける前に水をいれた大きなバケツの中に木を移動しました。帰宅して、バケツから木を出して元のスタンドへ戻しました。このスタンドとは木が倒れないように穴の開いたスタンドに幹を入れ金具をしめて固定します。筒状の中には水を入れる仕組みになっているのです。形も色も素敵なレトロのスタンドは蚤の市で格安で何年も前に購入したのですが水の容量が少ないので1日に何回も水遣りが必要です。
d0090294_784756.jpg
我が家はクリスマスツリーの飾りは、もう12年くらい一緒です。毎年頂いたり作ったりして足されていますが、赤がメインです。ジンジャークッキーも飾ります。下の方のジンジャークッキーの飾りは齧った後があったり、食べられた跡で紐だけぶら下っていたりします、笑。犯人は1人だけなんですけどね。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-27 07:26 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
今年もサンタさんに会えました。
d0090294_6152110.jpg
クリスマスイブはロバニエミ街中に住む義理のお母さんの所へ1泊してきました。部屋のインテリアもクリスマスの雰囲気が出ていて素敵でした。大人のしっくりとした感じのデザインの中にもモダンなデザインや遊び心もあるアイディアは関心します。
d0090294_6155426.jpg
遅めのランチを食べ少しまったりしていると義理のお母さんの携帯にjoulupukki=サンタクロースから電話がありました。「子供達は良い子にしているかい、外にいるのでドアを開けて下さい。」そっか、街中の集合住宅は田舎と違って住民しか入れないようにメインの入り口は鍵が掛かってるんだっけ。身長2メートルくらいあるサンタさんが部屋に入ってくると2歳の、こゆきは猛スピードで「サンタさんだ!怖い…」と走ってきました。でもその後は怖がらず、サンタさんに歌を披露していました。3番目の子供となると度胸も据わっています、笑。子供も大人も、ちゃんと良い子にしていたので沢山のプレゼントを頂きました。

ロバニエミはさすがサンタさんの住む街。なので24日にプレゼントを渡しに家まで来てくれます。
[PR]
by Kippis_Y | 2015-12-27 06:36 | フィンランド色々/Finland | Comments(4)