タグ:イースター ( 7 ) タグの人気記事
魔女が大忙し フィンランドのイースター 
d0090294_17404982.jpg
今年のイースター休暇は4月14日(金)~17日(月)でした。イエス キリストが十字架にかけられ亡くなり、3日後によみがえった=復活祭です。我家の子供達も幼稚園や小学校で色々と可愛い工作を作ってきたり、家でもデコレーションを楽しんだりしました。この気味の悪い茹で卵は家族に「うわっー!」っと不評で、誰も食べる人がいなかったので結局、卵サラダにして食べました。
d0090294_17411479.jpg
イースターの1週間前、地域によってはイースター当日に子供達が魔女に仮装して近所のお家を巡り、カラフルな羽で飾った猫柳を私ます。その時に幸運や健康のお呪いを唱えるのです。ご褒美にチョコ、飴、お金など頂けるのです。

ラーヌヤルビのあるラップランド地方はイースターの時期、まだまだ雪深いので自然に生えている猫柳は数日前に採って室内で水につけておくと猫柳のあの白いホワホワした部分が丁度よい具合に開いてきます。子供達と飾り付けをして、こんなにカラフルになりました!このカラフル感は、家の中も春らしくさせてくれますね。
d0090294_17415774.jpg
8歳の娘・ことり、6歳の息子・あんじんは近所の9歳のサンニと一緒に魔女になってお出かけ準備。田舎くさい素朴な魔女になるのがイースターの魔女!スカーフを頭に巻いたり、エプロンをしてヤカンをぶら下げて行くのです。ヤカンの中にご褒美を入れてもらうのでね。も~子供達はウキウキ、興奮しながら忙しなく準備~。魔女に変身するのもきっと小学校の内くらいなので今のうち沢山楽しんでいて欲しいね。
d0090294_17423121.jpg
魔女達が去って2時間位したらドドドー!っと帰ってきました、我家の魔女2人。沢山ご褒美を頂いてきました。末っ子の、こゆきはお留守番だったので3人で分けていました。お金は夫々2人の貯金箱に...
d0090294_1743872.jpg
イースターの食べ物の1つも忘れてはいけません!この食べ物、一見チョコレートのような感じに見えますが、ライ麦粉・水・ダークシロップ・ライモルト・オレンジの皮などで出来ているフィンランドのイースターの食べ物です。牛乳、もしくは生クリームをかけて食べるのですが、触感は餡子のような感じで味は焦げたみたらし団子のタレのような...何て表現したら良いのか分からないのですが...私は美味しいと思います!
[PR]
by Kippis_Y | 2017-04-19 17:37 | イベント/event
フィンランドのイースターに欠かせないもの
d0090294_2101394.jpg
書きたい事は沢山あるのですがインスタグラムのアップが便利なので、ブログの更新がノロノロです… こちらは先週の金曜日から月曜日までイースターホリデーで4日間のお休みでした。クリスマス同様にイースターは大事な時だと思います。日本の学校では宗教禁止という所も多いのでしょうか?フィンランドでは小学校でも「宗教」という授業があります。
d0090294_2103912.jpg
さて、フィンランドのイースターには、カラフルの羽の付いた猫柳の枝・魔女・卵・イースターエッグ・黒い食べ物マンミ・子羊の肉料理などがあげられるのですが、この芝も欠かせない1つです。イースターが近くなるとお店には芝のような見かけの植物の種が小さな紙袋に入って売られています。芽が出るのも早くグングン成長します。こんな風に延び放題!そしてイースター近くになるとカットしたりして綺麗に整えます。
d0090294_211884.jpg
毎年、この種を植える時、私は土ではなく細く切った新聞紙を代用します。そうすると水をあげた時に土臭さが出なくて&発芽もグンッと早いです。試しに入れ物から出してみましたが、ちゃんと根をはっているので紙も剥がれません!春らしい綺麗な若草色なので、もう少し育ててみます。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-29 21:10 | 村の生活/village life
とっても素敵な春のスタート パルムスンヌンタイ
d0090294_5141856.jpg
今日は子供達にとっては特別な日でした。イースターの1習慣前の日曜日はPalmusunnuntai: パルムスンヌンタイと言って子供達が魔女になって近所の家々を巡る日。春を象徴する猫柳の枝にカラフルな鳥の羽を付けて幸運が巡ってくる呪文を家主に唱えます。それと引き換えにキャンディーやお小遣いを頂けます。7歳のことりは今年で2回目、5歳のあんじんは今年がデビュー年です。近所の8歳のサンニも加わりました。子供達3人だけで行きたいと言う希望なので元気に魔女達は出かけて行きました。残された2歳の、こゆき。彼女も魔女になって外に行きたいと言うので魔女になって一緒に少し散歩だけしました。
d0090294_514438.jpg
ことりお姉ちゃんの様に長いスカートにエプロンをしたいと言うので喜んで着せ替えしましたよ。ハロウィーンの魔女とは違ってカラフルで、ちょっと田舎ちっくな感じがイースターの魔女。この時期、普段はまだ冬用の暖かい防寒具が必要だけど、この日、子供達はウール素材の服で厚着をして暖かいショールを巻いてモコモコ魔女の出来上がり。お金をかけずに家にあるものでで着てしまうのも助かります。
d0090294_515615.jpg
猫柳も、とってもカラフルなのが出来ました。収穫した時はまだ蕾もキュッと隠れていたけど1日水に付けて室内に置いておいたら翌日は少し開いていました。子供達も朝から感激~!

さて、家を出てから2時間程した頃に魔女達が帰宅しました。私達も幸運の呪文を唱えてもらいました。猫柳の枝は全て家々に行き渡り、持って行ったヤカンの中には沢山のキャンディーやイースターチョコレート、それに沢山のお金。子供達の冒険はとっても楽しかったようです。そんな日の夕方、我が家にもウサギに変身した男の子がやって来ました。こうして可愛い子供達が訪問してくれるとは、とっても嬉しいですね。良い春のスタートです。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-21 05:42 | イベント/event
イースター 6歳のことりの心
d0090294_22405959.jpg
怖い夢を見たり、見るんじゃないかと不安があって夜なかなか寝付けなかった、ことり。1ヶ月位前程から安心して寝られるようになったそう。「夜寝る時にイエス・キリストにお祈りをしてるの。それから夜寝られるようになった。」そう言っています。学校でもキリスト教のお話をしたり食事の時にお祈りをしたりするそう。昨日は学校で教会訪問をしてイースターの話を聞いたそう。「イエス・キリストが十字架に架けられてしまった話を聞いたら悲しくて泣きそうになちゃった。」そう言う彼女は神様の存在を信じているそうです。実際に目の前で姿として見る事の出きない神様を疑いもなくピュアに信じられる心に感謝です。

さて、明日からイースターホリデー4日間が始まります。週末は義理のお母さんの誕生日、イースターをお祝いしにロバニエミに住む義理のお母さんのお家へ行く予定です。
Hyvää pääsiäistä! Happy Easter!
[PR]
by Kippis_Y | 2015-04-02 23:08 | 村の生活/village life | Comments(10)
フィンランドのイースター魔女
d0090294_6132852.jpg
29日の日曜日はパルムスンヌンタイでした。イースターの1週間前の日曜日に子供達が可愛い魔女に変身して家々を巡ります。手にはカラフルな羽の付いた猫柳を沢山持って、やかんやカゴも必需品です。近所のお家のドアを叩いて「幸福のおまじないして良い?」と家主に尋ねてから、呪文を唱えます。猫柳の枝を渡すとお菓子だったりコインを貰えるのです。
d0090294_614823.jpg
金曜日に近所のサンニの家に遊びに行った、ことり。サンニのお母さんのリーッカと一緒に猫柳を取って来て飾り付けをしたそう。我が家でも、この飾りを作ろうと羽を準備しておいたので土曜日は、ことりがせっせと枝に飾りつけ。便利な事に羽には細い針金が付いているので子供でも簡単に飾りつけが出来ます。みるみると言う間にカラフルで春の雰囲気が高まります。

d0090294_6135075.jpg
「日曜日になったら魔女になって一緒に近所を巡ろう」そう約束をした2人。田舎のパルムスンヌンタイはイースター当日と聞いた事があったので日曜日は呑気に過ごしていたのです。夕飯を食べよう!と思った18時。1人の魔女がやって来ました。とっても可愛く変装したサンニ。それから大急ぎでスカーフを巻いてエプロンを巻きつけてフェイスペイントをして家を去って行った、ことり。2人だけの冒険。

家を出て30分位した後かな、外は雪がちらついていたので寒いかなーと思ってズボンと帽子を持って私も歩いて行きました。流石、田舎!すぐに2人を見つけました。何処のお家でも良いわけでもなく、ちゃんと、お友達のお家を訪ねていったようです。
d0090294_6143441.jpg
あんじんの提案で椅子と椅子をくっ付けて、ことり&あんじんで並んで夕飯を食べようとした矢先に、ことりが行ってしまい寂しそうに窓の外を見ていた、あんじん。彼は1週間以上、体調を壊していて、お家で留守番なのです。1時間位して卵のチョコレートやクッキー、ガム、コインをカゴに入れて帰ってきました。とっても楽しかった様子。収穫を、ことり・あんじんでちゃんと半分こしたようです。
d0090294_6145012.jpg
まだお菓子が食べられない、こゆき。ことりのスカーフやエプロンと同じように巻いて欲しかった様子なので彼女も小さな魔女に変身。ハロウィンの魔女は色も黒や紫でダークな感じですけどイースターの魔女は春の色の様にカラフルで、ほのぼのとした田舎な感じの魔女が特徴的です。

猫柳の枝はイースターの時まで飾ります。我が家では、その後に枝を捨ててしまわず、羽を取って観葉植物の支柱にしたり雪がとけた後に畑の端にさしておきます。そうすると柳はみるみると葉が開いて成長するのです。
d0090294_615412.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2015-03-30 07:08 | 村の生活/village life | Comments(8)
イースター休暇
d0090294_16485452.jpg

今日はイエス・キリストと弟子達が最後の晩餐をしたkiirastorstai:聖木曜日。明日はpitkäperjantai:聖金曜日。イエス様が十字架に架けられた日。これで終わるのではなく3日後に復活した事実。復活のシンボルとして卵や雛がワンサカしていますが、大切な事を子供達に伝えていけたらな~そう思います。フィンランドは金曜~月曜まで連休です。週末は義理のお母さんに会いに行って来ます。皆さんも良いイースターを!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-28 17:02 | フィンランド色々/Finland
イースターホリデー
d0090294_0523493.jpg
金曜日、義理のお母さんとイースターの飾りを作りました。
コチラではネコヤナギの枝を使ってカラフルな羽や卵を飾るようです。
急遽作ったので羽の変わりに折鶴を幾つかユラユラしてみました。

d0090294_4495230.jpg
森はまだ緑もなくて寂しい感じです。
もう少し先に行った所にはネコヤナギが沢山生えていて
自然のネコヤナギが取り放題です。
なので私達もナイフ片手に少し頂いてきました。
d0090294_14576.jpg
イースター時にはラム肉を食べる習慣があるらしく
義理のお母さんが美味しい料理を作ってくれました。
d0090294_450783.jpg
そしてイースター時には欠かせないMämmiも頂きました。
この時期にしか売られていないイースターのデザート。
去年はせっせと手作りしたっけな~笑
本物は結構柔らかくてスプーンで簡単にすくえます。
食べ方は砂糖と牛乳をかけて食べます。
私は結構好きなこの食べ物。
少し焦げたみたらし団子のソースの味みたい。

それにしても とても変わったこのお菓子。
だってソフトで見た目がまるで...
調子にのって沢山食べたらその日の夜お腹が大変でした。
原料がライ麦粉なのでお腹がお祭り状態...
ちゃんと加減しないとと反省・くはははは
[PR]
by Kippis_Y | 2007-04-08 05:26 | イベント/event