タグ:インテリア ( 11 ) タグの人気記事
形見の織機
d0090294_2233988.jpg
先日、ようやく織りあげたräsymatto=ラシュマット(裂き織りマット)。実は完成するまでに本当に長かったのです...数年前にA-Jの祖母が亡くなり形見として私が頂く事になった織機。組み外した織機を2年前だったかな、トレーラーで南まで取りに行き我家で組み立て。経糸を設置していざ織ろうと思っても、何か変。ラップランド大学時代で織りは専攻科目でしたが、当時の説明書を見ても何か違う。どうやら大学時代に使っていたのとは少々違うタイプなようです。織りができる友達に来てもらっても謎ばかり。これは困った、もう織りたくないなーと織機を見る度に複雑な気持ちだったのです。ところが昨年のある日、偶然とは言いがたい訪問者が3人我家に現れました。その1人の方は大学時代の恩師。3人共別件で来たのに全員が織機を使いこなせるという好都合も良い程。あれよ、あれよと問題解決。織を開始する事が出来たのです。が...この織機、非常に大きくて欲張って横幅106cmを織ろうとしたので、これまた一苦労!結局、長さを幅90cmにして完成させました。

d0090294_226275.jpg


横糸も織機と一緒に来たので、ある材料を使いました。赤いのはキッチン用に。素足でマットの上にのるのが、とっても気持ちが良いのです。これからの時期、こういう暖色は部屋の雰囲気も暖かくしてくれますね。

調子に乗って緑×水色のトイレマットも織ってみました。合計3枚のマットを織って織機から外したので今は織機には経糸もなくスカスカ。次はウールの糸を使って織る予定なので、次はもう少し完成が早くなるかな。楽しみです。冬が終わるまでに完成させないとですね。
d0090294_2235573.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-08-23 02:50 | 雑貨・インテリア/Interior
頑張ったハンガリーの刺繍 
d0090294_5482723.jpg
冬にせっせとクロススティッチをしていて春に完成したハンガリーの孔雀。この丸い形が可愛くって刺してみたのです。実際に挑戦したら思ったよりも細かく長い道のりでした~。でも完成した時の達成感、嬉しかったな~。
d0090294_540424.jpg
とは言え、実際のサイズも考えずに刺したので丁度良い額がなく数ヶ月も放置したままでした。でも、先日、蚤の市で丁度良さそうなサイズの額を発見!しかも1ユーロと激安。クロススティッチ用の専用の額ではないけど、壁に飾れるので良いんじゃないかな。上にある蝶々も、ある日に蚤の市で見つけたもの色使いが綺麗でお気に入りです。しかも、これも1ユーロなんて、作った方の苦労が…も~我家に飾るよ~っと連れて来ました。壁に飾ると、これまた素敵ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-08 05:59 | 雑貨・インテリア/Interior
フィンランドの子供のベッド 蚤の市で発見
d0090294_55152.jpg
2歳4ヶ月を目前の、こゆき。こんなパジャマを縫ってみました。春らしい感じをイメージして。なーんて言ってみたいけど…この生地はずーっと何年も棚にしまわれっぱなしでした。白地に青い花柄が控えめで尚且つ可愛らしいのです。裾を凄く長めに作りたかったので思う存分ジョキジョキと布を切りました。
d0090294_5503198.jpg
今までは夫婦の寝室の一角のベビーベッドで寝ていた彼女。読み聞かせをしてベッドの横の椅子に座って眠るまで待っていたのですが、これが毎晩1時間位かかっていました。ことり&あんじんも一緒の部屋だと安心するかなという理由で子供部屋へ引越しという事になったのです。新品のベッドは必要ないな~と思ったので蚤の市へ探しに行きました。ヴィンテージのベッドが理想ですが今の部屋の大きさを考え小さめのベッドを希望。フィンランドでは、こんな風に縦に長く短く調節できる子供用ベッドがあるのですが小さめのサイズのものが丁度よくありました。50-60年代のものかな。色はもうすこし深みのある茶が好みだけど気が向いたら塗れば良いし、使わなくなったら一番小さいサイズにして物入れに変身できそうです。
d0090294_5433040.jpg
こゆきのベッドが来たのでソファーは窓際に。キャビネットは寝室へ。光が部屋の中に入ってくると模様替えがしたくなる季節ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-03-04 06:19 | 雑貨・インテリア/Interior
冬支度 大事な光
d0090294_7205428.jpg
毎朝、「雪が降ったかな」と期待をしながらカーテンを開けています。でも、開ける前に降ったと分かる時もあるのです。例えば、外から聞こえる音が聞こえなかったり何となく室内や窓越しのカーテンから感じる寒さがいつもと違ったり微妙な変化ですけど人間の体は敏感なもので分かるのです。

今までは、冬になるとチョコレートが食べたくなったりしたけど糖分や炭水化物を控えた食事を始めて1年以上、今シーズンはチョコレートではなく濃いコーヒーが欲しくなるようになってきました。

積もる雪が降らないので外気は冷たく感じて太陽が上がっていないと辺りは真っ暗。そうなると、白い雪が恋しくなってくるのです。子供達にとっても、この暗い時期は憂鬱さも出てくるようで、人間は光が常に必要なんだなーと感じている日々です。店頭でも照明器具が増え、ライトの明るさも様々なものが出てきます。我が家のキッチンのランプシェードも赤から白に変えて明るさもアップしました。以前まではライトの下のみ光が照らされているようだったのです。夏の間は証明は不必要だったけど秋になってライトを常に付けるようになったらビックリ。「こんなに暗かったっけ?」ってね。玄関先には長時間灯せるキャンドルを使用したり。暗い玄関よりもキャンドルの光があるお家は温かみがあります。ほんと、光はとっても大事な存在です。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-11-15 07:36 | 雑貨・インテリア/Interior
北欧インテリア&美味しいケーキ
d0090294_435424.jpg
数年前にヘルシンキからロバニエミの街中に引っ越してきた義理のお母さん。毎回、訪問するたびに、ため息がついちゃうようなお洒落な部屋。我家は子供が3人いる上、私の好みの物も多いので家の中がスッキリせず、いつも片付けをしては散らかって片付け...の繰り返しのような気がします。片付けをして、しまいこんで何処に何があるのか分からなくなってしまう収納下手…義理のお母さんの家はアクセント的にお洒落な壁紙が数ヶ所貼られています。ペインターなので色の使い方は配置が本当にお洒落です。そして飽きのこないシンプルな家具。
d0090294_4361275.jpg
義理のお母さん特製の美味しいロールケーキを頂きました。クリームチーズも入っているこの白いクリーム、中はラズベリーが入っていて白×ピンクがまた可愛い。そして、こってりしてなく美味しかった~。キッチンの大きな窓からは秋の紅葉が見れて、とても良い時でした。それに、フィンランドでは珍しく、義理のお母さんの所にはバスタブがあるので泊まりの時は子供達も大はしゃぎで入浴。ラーヌヤルビからは車で約50-60分離れているのですが、義理のお母さんの所へ行くと、ちょっとした休暇のようです。

話は変って、8月・9月・10月・11月と誕生日続きの我家。今日はA-Jの誕生日。おめでとう38歳!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-11 04:52 | 食べ物色々/food
子供部屋のインテリア 模様替え
d0090294_2393719.jpg


義理のお母さんが使っていたダイニングテーブルが不要になったので我家へ仲間入りしました。我家の子供部屋にね。始めは、こんな大きなテーブルを~子供部屋に?!と思ったけど、置いてみたら白いテーブルともあって光を反射して部屋が明るくなりました。それに、このテーブルなら有意義にお絵描きもクラフトも出来るね。(今まではリビングや子供部屋の小さなテーブルを使っていたので)我家のダイニングテーブルも人が集まると狭く窮屈になって食事をするけど、これから人数の増える時は、このテーブルをエクステ出来そうです。良かった。
d0090294_240651.jpg
今まではこんな感じでした。IKEAの子供テーブル&椅子。あまりIKEA品は好きではないので…少しづつヴィンテージ家具と入れ替えです。取りあえず、この赤いテーブルは2階の隅に置いて使用しているのですがね。
d0090294_2404643.jpg
こちらが入れ替え後の様子。模様替えって楽しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-13 02:58 | 村の生活/village life
子供部屋
d0090294_15464497.jpg
この赤い蚤の市で出会った木製のもの。本来ならコーヒーフィルターを入れるものだけどキッチンに使用するのはゴチャゴチャし過ぎて、このモチーフの可愛らしさが欠けてしまうかな…そう思って子供部屋にあるんです。ペンが入っていたり小さなシールなどが入っています。一緒に飾っているのは娘のことりが以前、病院に入院した時に描いたもので付き添ったA-Jがハサミで切ってくれたらしく「病院でパパが切ってくれたの」と嬉しそうだったのでワイヤーを付けて固定してあります。このワンピースを着た女の子が揺れるたびに、あの時、親子が離れ離れになった時の事を思い出します。
d0090294_154708.jpg
子供の部屋には玩具や幼稚園での工作が増える一方。時には入れ替えるようにして変化を出していますが、もっとスッキリ片付けたいな。箱やケースなどに玩具を分けるようにして子供部屋の棚に置いているけど結局、毎日それぞれの好きな特定の玩具ばかり遊んでいるしね。こんなに玩具は常に周りに無くても良いんじゃないだろうか、そんな事を思います。これは親心?!
今年は掃除に加え収納上手になってみたいなぁ。2年前に村に引っ越してから、地下室・屋根裏部屋が加わったのを良い理由に物が増えているけど、ちゃんと整理整頓や分別も大切よね。何だか今年の私の意気込みは本気ですよ!…だと良いんだけど…笑
[PR]
by Kippis_Y | 2013-01-14 15:51 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(17)
壁紙貼り ベッドルーム
d0090294_2354513.jpg
まだまだ続いてました壁紙貼り。ゲストルーム2部屋、キッチン、2階のリビング、そして私達の寝室です。青の壁は以前に塗ったので統一して青×白の壁紙。ここは前は子供部屋でしたが、夫婦の寝室として数ヶ月前から使っています。小さな部屋ですけど、その狭さが丁度良く、落ち着きます。
d0090294_23533753.jpg
リビングにあったIKEAの白い棚。居場所がなくなって寝室に来ました。IKEAの家具は好んではあまり買いませんが、こういったちょっとした収納的なものは安いので助かりますね。普段、寝室のドアは開けたままにしているのですが、ドアの後ろがデッドスペースになるのです。なので、この棚を入れたら丁度よく収まりました。分かりますか、棚の一番下の入れ物。実はパンパースのダンボールなのです。壁紙を貼って収納ボックスです、笑。

今は床張りの毎日です。業者さんは来ないので自分達で。昼間は私が少しして、夕方から夜にA-Jが続行。16,17段ある階段もフェルトを貼って側面にはラミネートをして、ストッパーもします。結構、仕事があるので今月いっぱいで終わりませんね。後一週間で我家に来るお客さん、家の中はリファービッシュ中です。すみませ~ん!
[PR]
by Kippis_Y | 2012-06-08 23:55 | 村の生活/village life | Comments(10)
壁紙貼り リビングルーム
d0090294_2191310.jpg
最近、壁紙貼りばかりしていて目を閉じると模様が出てくる程です、笑。昨日は生憎の雨だったので畑作業が出来ず、2階のリビングの部屋の壁紙を貼りました。壁紙を貼る事でグッと雰囲気が変わってきます。はじめの1枚目をするとワクワクしてきます。後半戦になってくると疲れも出てくるのは30代だからでしょうか、笑。あっ、でも忍耐意地がありますので!コンセントの部分は、A-Jなら細かく計算してすのけど私は大雑把です...
d0090294_2185077.jpg
何とか完成しました。秋のような雰囲気ですね。安い壁紙よりも値段が倍するだけあって紙の質良く扱いやすかったです。(全部、負担してくれる自治体に感謝です。)余った壁紙はカードなどに使いますよ~。小さな切れ端も「とっておく」と言ったらA-Jに、「どこに収納するの~」まぁ、そうだけど...こうして物がたまります。壁紙を貼ったら壁に額を飾るのに少々抵抗があります。普通の壁は穴が開いたら穴埋めできるけど、壁紙は穴が開いたら修復するのに同じ柄部分を切って貼らないとだもんね。
今日から、義理のお母さんが子供達の面倒を見に来てくれるので週末は床張りです。
[PR]
by Kippis_Y | 2012-06-08 21:23 | 村の生活/village life | Comments(0)
床の張替え計画
d0090294_1557773.jpg
初夏になり、あちこちで家の中や倉庫の片付けをし、蚤の市で出品。そんな光景をよく見ます。家にも沢山荷物はありますが、大学時代の友達から「誰かに売りたくはないけど預かってもらう、と言うか、気に入ったら持って行って。後で置き場所に困ったら返して良いよ」そう言われて家具などを預かってきました。彼女も私同様、レトロ好きです。でも、置き場所に困って1階で待機しています。誰か家に入ってきたら「ここ蚤の市?」そう思うかもしれません。写真は2階のキッチンです。
d0090294_15572710.jpg
今の住まいは学校の建物の一角です。なので壁の向こう側は教室。この校舎は何十年も前に作られたので元はログハウス。60年にリノベーションされたので壁や天井もチップボードが張られペイントされています。床もチップボードが張られ、上に灰色の素材が張られています。この床、掃除しても染みが落ちない!しかも色合いも素材も何だかオフィスやスーパーの床みたいで気に入りません。結構、大きな規模の汚れもあるのでカーペットを敷いて隠しています。階段もシップボードが張られ、とっても汚くなったビニール床材が貼られています。そこで、この建物を管理している自治体に連絡をして床を張り替えられるか確認してみました。でも担当者が長期の休暇だったり忙しくて連絡が取れない。待つ事3週間!昨日、ようやく連絡が取れ、床を張ることになりました。全部で約150平方メートル。早く張り替えたくてウズウズしてます。60年代の青い色のキッチンも良い状態ではないので、1階、2階と交換してくれるそうです。壁紙を貼ったり、やる事は沢山だけど、住まいは大事な空間なので楽しみです。来月は日本からホームステイくるお客さんもいるので、やりがいがあります!
[PR]
by Kippis_Y | 2012-05-29 16:19 | 村の生活/village life | Comments(2)