タグ:お菓子 ( 27 ) タグの人気記事
フィンランド 季節のお菓子 2月編
d0090294_2334982.jpg
ずいぶん前になってしまいますが頂いた抹茶の飲み物、白玉粉、小豆を使って子供達に、おやつを作りました。我家の子供達、主人は日本の食事も大好きで、特にこの3点は上位に入る好物です。日本に行くと串団子も必ず食べます。夫、A-Jは日本に住んでいる時、スーパーで大福餅が何個も入った袋を買い、ペロリとたえらげていました。中でもヨモギ餅は最高だったそうです。
d0090294_2345974.jpg
2月5日はフィンランド国歌を書かれたフィンランドの詩人(J.L. Runeberg, 1804-1877)ルーネベリさんの誕生日の日でした。大体1月中旬頃からお店やカフェで販売されるルーネベリケーキ。我家も毎年焼きます。フィンランドの焼き菓子は日本程沢山の種類はありませんが、こうして歴史ある方の好きだった焼き菓子を食べる風習が残っているというのは、なかなか関心します。
d0090294_2354940.jpg
ラスキアイススンヌンタイと言ってイースターの7週間前の謝肉祭の時期に食べられているラスキアイスプッラ。見た目はシュークリームのようですが、イーストを使った菓子パン生地なので見た目より重いです。中にはラズベリージャム、もしくはアーモンドペーストを入れ、その周りにグルリと生クリームを描き蓋をします。中身の様子は去年の記事をどうぞ!コチラより。生地の中に練りこまれている黒い粒粒はカルダモンなのですが、このお陰で爽やかさが増します。カルダモンはシナモンロールの生地にも含まれていて特徴的な味ですが、これが入っていないと生地がパッとしない!そう思うくらい大事な存在です。それにしても2月は上旬、下旬と栄養のあるお菓子が多い月ですね!
[PR]
by Kippis_Y | 2017-02-26 23:25 | 食べ物色々/food
超濃厚ダークチョコレートケーキ レシピ有
d0090294_6262862.jpg
先日、無事に35歳の誕生日を迎えた私です。本人の私より7歳の娘・ことりの方が誕生日をワクワクしていて1日に何度も祝福を受けました。ありがとう!毎年、自分の誕生日は、「朝から掃除をし気持ちの良い空気の中、窓辺に座って光を浴びながら雑誌を読む。食後は森を散歩。」こういう一時のリフレッシュをするのが好きなのですが今年の誕生日は朝からずっと雨でした。でも今の時期の雨は本格的な春/初夏を迎える雨なので嫌いではないですけどね。

誕生日のケーキは作らなくても良いと思っていたのですが子供達が楽しみにしているようなので甘さ控えめの超濃厚チョコレートケーキを作りました。大人な味ですが生チョコの用な感じなので子供達も少しづつ食べました。小麦粉不使用でダークココアパウダーを使用しています。中も外も茶色なケーキでは…と思ったので子供達の好きなラズベリーをのせました。フィンランド産はまだ出回っていないのでスペイン産ですがフィンランドの野生のとは違って酸味が少なく甘みが強かったそう。赤ワインやコーヒーに合う美味しいケーキです。レシピを書き残しておきますので参考にして下さいね。
d0090294_6265954.jpg
【超濃厚ダークチョコレートケーキ】

型Φ15cm オーブン 190度 20-25分
● バター 100g ● ダークチョコレート 200g 
● 砂糖 大2-3 甘みを極力控えたい場合は入れなくても大丈夫です!
● 溶き卵 3個
● ダークカカオパウダー 40g

① ボールの中にバター、刻んだダークチョコレートを入れ湯銭を利用し溶かします。
②砂糖を入れます。 砂糖不要にし食べる時にラズベリージャムをかけて甘さ調節もOK。
③ 荒熱がとれたら溶き卵を入れよくかき混ぜます。(フォームが出きるほどでなくてもOK)
④ ダークカカオパウダーを入れ均等に混ざったら型に生地を流しオーブンで焼きます。
※ じっくり焼き過ぎず竹串に生地が付く感じがベスト。完全に冷まします。

● 生クリーム(泡立て不要) 100g
● ダークチョコレート 50g
● ミルクチョコレート 150g

① 全ての材料をボールに入れ湯銭で溶かし滑らかにし荒熱を取ります。
② 冷めたケーキの上にソースを流し、ラズベリーもしくはお好みのデコレーションをします。
※ ソースは緩やかなので気になる方は冷蔵庫で少しだけ冷すと扱いやすくなります。

常温でも美味しいですよ。冷まして食べても美味しいです。気分次第で楽しめます。
リキュールを生地に入れたり、細かくすったオレンジの皮、チリパウダーを少しだけ入れても美味しいです。その時の気分によって、誰と食べるかによって色々とバリエーションを楽しんで下さい。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-04-09 06:56 | 食べ物色々/food
6歳のケーキ 
d0090294_21455134.jpg
6歳の誕生日のお祝いを26日の誕生日当日に近所のお友達を招いて皆でワイワイ。
今年はシンプルなケーキで。中身はサッパリとレモンカード&生クリーム・カード。
コーティングは生クリーム・カード・クリームチーズを混ぜて。飾りはアーモンド&バラの花。
大人には良いかもしれないけど本人には不評…(レモン好きなくせに…)

ことりは8月からエシコウル:プリスクールに通っています。小学校入学前の1年間お世話になります。エシコウルではアルファベットの勉強や簡単な算数、クラフト、教育目的の遊びなどをするらしく本人は通うのが大好きなよう。少人数の学校、しかも学校は真横!休み時間、皆で遊んでいるのも窓から丸見えです、笑。

年齢や環境の変化と共に色々と心境にも変化が出てくるかもしれないけど周りに左右されず自分らしく育っていって欲しいな。簡単なようで難しい望みかもしれないけどね。脱線しても、こんがらがっても、親である私達は彼女がちゃんと前を進めるように温かくて強い環境をいつでも用意しておきたいな。とにかく、お誕生日おめでとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-09-29 22:09 | 村の生活/village life
4歳の誕生日はバットマンケーキでお祝い 
d0090294_18202855.jpg
16日で丸4歳になった、あんじん。ラズベリーがとっても好きな少年。なのでラズベリーを摘んでケーキを焼きました。軽いスポンジケーキではなくバターたっぷりのチョコレートケーキの間にラズベリークリーム(クリーム・マスカルポーネ・少量のゼラチン)を挟んで。今年は少年らしくバットマンケーキ。マジパンを伸ばすのに一苦労しながら…誕生日数日前に購入したバットマンの玩具をのせて。このバットマンのヤリ、ボタンを押すとプシュッーと2メートル位飛ぶのです・笑。本人の希望あって、お友達を呼んで我家で誕生日パーティーをしました。
d0090294_18213346.jpg
小麦粉アレルギーの子用に抹茶ムースケーキを作りました。スポンジは米粉を使用して。でも、抹茶ムースが分離してしまって抹茶部分が二層になってしまうというアクシデントもあったり…写真は抹茶ムースケーキで余った卵白を使用して焼いたメレンゲのお菓子。ココアを少々混ぜてオーブンで焼いて溶かしたチョコレート&ココナッツパウダーでデコレーション。サクサクッとした歯ごたえのお菓子です。小さくも大きくもアレンジ次第で色々と楽しめる便利なお菓子!
d0090294_18205410.jpg
d0090294_18211728.jpg
このケーキはラム酒やチェリー酒の入った大人用のケーキ。なので、パパ&ママ達用に焼きました。スタイリッシュ型がないのでサランラップの空き箱を使用しました。焼いている間に横に膨れないように両端には段ボールを切って二重壁にし強度を出させてね。サランラップ箱なので小さなケーキです。上にはオレンジピールやナッツでデコレーション。
d0090294_18223478.jpg
甘いものだけではね…野菜も補給です。
他にも子供達のムンモ(おばぁちゃん)の焼いてきてくれたキッシュも一緒に。

d0090294_18223497.jpg
食べ物よりもケーキよりも何よりも友達が来て一緒にワイワイと遊ぶのが楽しかったようで疲れ果てるまで1日遊んでいた、あんじん。ムンモから贈られたオレンジ色のカッコ良い自転車に乗って転んでも一生懸命挑戦して、お気に入りのよう。

あんじんが生まれた時は4日間、毎晩陣痛に襲われて病室のベッドで格闘し、本陣痛が来た時には疲れきってしまった私。6週間早く未熟児として生まれた彼は約1ヶ月間、病院の保育器の中で過ごしました。会いにいっても、いつも寝てばかりでしたよ。今でも良く寝て食べて、あんなに小さかったのが信じられないくらい大きく成長しています。

誕生日の前日に買ったバラ。テーブルにバラがあるとお祝いの印。
お誕生日おめでとう!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-08-20 18:52 | 村の生活/village life
依頼されたお寿司&自画自賛の抹茶ムースケーキ
d0090294_1205778.jpg
今日は頼まれたお寿司を作りました。
本当は去年の夏に頼まれたのだけど延長に延長し、この夏に可能となりました。
購入できる材料が限られているので日本のお寿司と比べたら乏しいけど…日本からの白米や海苔を使って味良く風味よく頑張ってみました。前日に準備できるものはなるべく前日に。唐揚げ&サラダの揚げ物も下味をつけて前日に準備しました。軍艦巻きは海苔の代わりにキュウリを使用してみましたよ。上にはローストした胡麻・ツナマヨ。このツナマヨは結構フィンランド人にもウケが良くって生ものが苦手な人にも良い具です。ジューシーな出汁巻き卵もフィンランド人に人気の1つです。当日は子供達が昼寝をしている間にスムーズに巻けてホッ。このお寿司の他にインスタントだけどお味噌汁と煎茶を付けました。
d0090294_1211617.jpg
頼まれてはいなかったけど勝手にデザートの抹茶ケーキも作りました。やっぱり私はお菓子系やパンだったりベーキングが好きなので、このケーキ作りも楽しみましたよ。ただのホールケーキじゃ物足りないので半円の形。なんだかお好み焼きの上のマヨ・ソースに青海苔チックだけど…味は美味しいですよ!
d0090294_1213515.jpg
ロールケーキ用の生地を焼いて型にしいて抹茶ムースを流し込んでスポンジで蓋をして冷蔵庫へ。スポンジに生クリームを塗って貴重な日本の小豆を圧力鍋で煮て潰して漉して…生クリームとラム酒で混ぜてデコレーション。小豆の工程が手がかかってますけど、頭の中で味と完成の形を想像しながら作るのがなんとも好きなのです。スポンジのしっとりさや厚さ、抹茶の濃さ・クリーム餡子の具合、どれをとっても納得な大成功ケーキでした。っと自画自賛ですが…肝心な依頼者のご夫婦は味を楽しんでもらえたと良いな。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-08-10 01:49 | 食べ物色々/food
33と言う数字
d0090294_1540419.jpg
幼稚園に行ってたか行ってなかった頃の幼少時代、卵風味たっぷりのフワフワの焼き立てのスポンジケーキの端っきれを味見したあの日。母が焼いてくれた誕生日ケーキの、あの味。デコレーションがどうだったかは全然覚えていないけど、キッチンで母の横で食べたあの味は今でも忘れません。
d0090294_15405445.jpg
スポンジケーキではないけど、自分用に焼いたニューヨークチーズケーキ。砂糖もすっごく少なめで粉不使用。なので土台はメレンゲを焼いて、その上にチョコ味とレモン味の濃厚なチーズケーキを。苺のソースと一緒に。濃厚なチーズケーキと共に私の33歳の年がスタートです。

誕生日だからと言っても何が欲しいと言うわけでもなく、好きな音楽のボリュームをあげて好きな赤ワインをA-Jと乾杯しながら、いつもの話をして。新鮮な食材で作った料理を春の眩しい日差しの中、皆で食べて、どんなケーキが出てくるのか楽しみにしている子供達。豪華な物よりも日頃の生活が皆一緒におくれる事が嬉しかったな。子供の頃は33と言う数字は大きくて古い感じがしたけど実際になってみると、そうでもないよね~笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-04-09 16:05 | 村の生活/village life | Comments(8)
5歳の誕生日
d0090294_14424921.jpg
娘・ことりが26日で5歳に。1830g・33週4日で誕生した彼女は今でも標準サイズよりも小粒だけど、おませちゃんでお絵描きが上手で何より元気に育っています。日本に住んでいた時に2回流産になってしまって、この先、私達には子供が出来ないんだろうな~なんて思っていた事も。一緒に居ると見えなくなってしまう部分があるのは人間だから仕方ないけど、ふとした時に大切な事を気が付かせてくれます。そんな時は大概、静かな場所で自然界に触れている時。子供が誕生した時は、もちろん、その前後の状況も時が止まったように覚えています。あれから5年。でも、まだ5年しか生きていない彼女。これから、そんな色に染まっていくのだろう。彼女なりの色に染まるように影で支えてあげられるようになりたいな。
d0090294_14414449.jpg
朝は恒例の常時。トレーに彼女希望のミューズリ・ジュース・フィンランド風プリン、そしてハートのキャンドルに火を灯してベッドへ。A-Jと誕生日の歌を歌ってキャンドルの火を消したらハグ。その後は元気に幼稚園へ。今年は例年より忙しいので家族でこじんまりと祝いたかったけど半年前から友達を呼んでパーティーをしたい、と言うので今年は幼稚園の子供達&先生を呼んで誕生日当日に我家へ来てもらいました。1階でプロジェクターを使って短い映画を見て、その後はケーキに刺さった5歳のキャンドルの火を消してお祝い。
d0090294_144244.jpg
5歳になる前に彼女の「誕生日の希望」を聞いて、なるべく希望に沿えるようにしてみました。ケーキはレモンの味。スポンジケーキの間に苺&ルバーブジャム・レモンカード・チョコレートカードを挟んで生クリームとカードで飾りつけ。ピンク色はビーツの絞り汁で。綺麗なピンクになりました。でもゴテゴテな塗り...小麦粉アレルギーの子には小さなケーキを。
d0090294_14422678.jpg
この期間にホームステイをしていたSさんの協力もあってスムーズに進みました。彼女は子供達に大人気で彼女の周りは小さな幼稚園が出来ていたくらい、笑。村の子供達も日本人の方達に会う機会が増えて興味を持っている様子。小さな子供達の今の大切な時期、沢山吸収して大きくなって未来へ向かって羽ばたけますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-09-29 15:10 | 村の生活/village life
ハロウィン料理
d0090294_2275588.jpg10月30日(日)から冬時間になりました。日本との時差は-7時間

さて、11月5日はPyhäinpäivä/諸聖人の日です。4日の夜に近所のリーッカ&トンミの家族に招待されてハロウィーンパーティーに行ってきました。家の庭から薄暗い家の中のあらゆる所にデコレーションがしてあって本格的。沢山来ていた子供・大人達の仮装もなかなか!娘・ことりは猫、息子・あんじんはコウモリ、旦那様は海賊、私は顔なしに変装。2階には面白い部屋があって目が隠れるように帽子を被って子供達が1人づつ入って行きます。お鍋の中に入っている内臓類(パスタ・茹でた白米&ブドウ・みかん等)を触って恐怖な感覚を楽しむという遊び。これ、私も体験したかった・笑。私はハロウィンパーティーなのでソーセージ&アーモンドスライスで作った「指」を持って行きました。テーブル1台毎持って行けるなら本格的な頭から足までの食べられる不気味は物体を作ってみたいな。でも小さい子が多いので衝撃的で悪夢に出てきちゃうかしら...
d0090294_2272699.jpg
d0090294_2281141.jpg

オレンジ味のケーキにしようかと思ったけどオレンジが家に無かったのでスパイスケーキ(シナモン・クローブ・ジンジャー・ナツメグ)を焼いていきました。アイシングはバター・パウダーシュガー・生クリームで蜘蛛の糸はチョコレート。本格的なデコレーション用の器具があれば良いけど家には無いので、今まではベーキングシートをクルクル巻いて先を少しハサミで切って中にチョコレートを溶かしたのを入れてデコレーションをしていたけど、それだとチョコレートは途中で出てくるし、追加で入れるのも汚くなって面倒だし...今回は厚めのクリアビニール袋にチョコレートを入れて先を切って使いました。そしたら全然楽~。余ったら、そのまま冷凍保存出来るしね。何でもっと早く気が付かなかったんだろうか。これからデコレーションケーキが楽しくなりそうです。

※こちらの育児ブログアップしました。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-11-05 23:18 | 食べ物色々/food | Comments(18)
3歳の誕生日ケーキ
d0090294_2053114.jpg
3年前の9月26日は娘・ことりが生まれた日。25日の日曜日に友達を読んでお祝いをしました。
「プリンセスのケーキが良い」と言うのでプリンセス色にしてチョコレートでティアラを作りました。こちらではprinsessakakku:プリンセスケーキと言うとスポンジに苺やクリームが挟まっていてマジパンで覆われているケーキだったり、大胆にもバービー人形がケーキの真ん中にささっていてケーキ本体がドレスになっているのもあります。ことりは朝起きて日中も夜寝るまで、ずーっとプリンセスモードなので、バービー人形のプリンセスケーキにしようかと思ったけど勇気がなく...結局、雰囲気だけでもと色で勝負!
d0090294_2055842.jpg
底と蓋用にバター使用のレモン味スポンジケーキを薄く焼きました。アレルギーの子がいるので粉はポテトスターチ100%。なのでホロホロに崩れるくらいの生地になってしまいました。やっぱ弾力があって少し重みのある小麦粉&ポテトスターチの方が良いね。この生地を底に敷いて苺ムースとマンゴームース、そしてスポンジ生地が更に上に置いてケーキ全体に甘さ控えめの生クリームとカードを塗ってマジパンで覆いました。レシピ通り作ったのにマンゴームースは全然味がしませんでした...去年のケーキに比べマジパンも上手に伸ばせて飾りつけが何よりも楽しい!このパール状の砂糖は飾りにはもってこいだけど、食べてる時にカチッとなって結構迷惑なんだよね、苦笑。それにティアラはキャンドルを灯すまでが見せ場で、キャンドルを付けると一瞬にして溶けてしまいます。この速さが結構見ものなんだけど、笑。と誕生日のケーキを作る事が私の中の楽しいイベントとなってきています。当の主役のプリンセスは私が思ったほど感動せず、、、涙。でも皆にお祝いされて楽しかったようです。思い出になる誕生日になったね。 
d0090294_2061940.jpg
※こちらの育児ブログもどうぞ。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-09-29 04:20 | 食べ物色々/food | Comments(10)
1歳の誕生日 フィンランド料理 お祝い編 レシピ付き
d0090294_2150242.jpg



8月16日は息子あんじんの1歳の誕生日でした。子供用に誕生日のケーキを考えるのは楽しくって、トトロのケーキが完成しました。中身は赤ちゃん用の砂糖無しのベリーソースに苺を沢山。クリームはカカオ生クリームにrahka:カードを混ぜて。あんじんようにはクリームを避けて食べさせました。思ったよりも簡単にトトロの形が出来ました。


d0090294_20322814.jpgそれから今年はフィンランドの伝統的なケーキを作りました。むふふふ、これ甘くないケーキなんですよ。お気付きの方はいるかな。フィンランドではお祝い時に食べられるvoileipäkakku:パンのケーキなんです。旦那様のゴッドマザーに会いに行くと美味しく綺麗なvoileipäkakkuをいつも作ってくれます。基本的にはパンの耳を切り落としてパンとパンの間に具を入れ重ねていき、クリームチーズやマヨネーズを混ぜたものを周りに塗って野菜で飾りつけをしていきます。中身や飾り付けは人によって様々。パンの間には、スモークサーモンだったり、エビだったり、ハムや卵だったり、トナカイのスモークだったり好みの具を入れます。飾りの野菜はキュウリ・レタス・トマト・チャイブ、中には緑のぶどうや、みかんなどで飾る人もいます。レシピも色々あってデコレーションも様々。voileipäkakkuで検索すると色々と出てきます。個性があふれる&テーブルがパッとする美しい料理だと私は思います。でもね、この食べ物を甘いケーキだと思って食べるとビックリしますよ!
d0090294_20562436.jpg
全長20-25cm位あったかな。こんな感じに切り分けて食べていきます。
d0090294_20564489.jpg
私は下段に、ゆで卵とバターを混ぜたもの・上の段にはスモークサーモン・チャイブ・クリームチーズを混ぜたものをサンドしました。もう少しサーモンの量を少なくすれば綺麗なバランスだったね。チーズスライサーを使ってキュウリをクルリとさせて、薄めのハムを花のようにクルクル巻いてトマトで飾りつけ。voileipäkakkuにはホール型だったり長方形だったり正方形だったり色々形があるけど、この長方形はスタイリッシュな見栄えで切りやすいし食べやすいんですね。挑戦したい方はレシピ残しておきますので参考までに↓

* * * * * * * * * * * * * *
d0090294_22315950.jpg
d0090294_20324810.jpg

育児ブログ、アップしました。
[PR]
by Kippis_Y | 2011-08-26 22:24 | 食べ物色々/food | Comments(40)