3歳の誕生日 家族で楽しく
d0090294_21165124.jpg
こちらは雪も降り。白い雪景色です。こゆきが舞う頃、我家の、こゆきの誕生日。この間の土曜日、元気に3歳を迎えました。

誕生日前日、8歳のことりが「こゆきの誕生日のためにマフィンを焼きたい」と言うのでレシピを自分で読んで見事に完成~。トッピングも可愛らしくしていました。このマフィンは義理のお母さんのお家で皆で食べました。
面白かったのが、これまた誕生日前日の夜に、ことりが「開けちゃダメだよ!」と何やら子供部屋でカサカサゴソゴソ。(3歳になる妹にプレゼントをあげたいと、使わなくなった自分の人形や服をラッピングしてましたよ=笑!当日、こゆきは包みを開けて大喜び~平和な年頃です。)
d0090294_21173346.jpg
話が前後してしまうけど、こゆきは「誕生日の朝はチョコレートケーキが食べたい」と言っていたので願いを叶えました。ココアスポンジにオレンジクリームとシナモン味の生クリームを挟んでチョコでコーティングしたのみ。甘さ控えめでオレンジクリームがアクセントで大人も子供も子供受け良かったです。結構、適当に作った割には胸をなでおろした出来でした。ただ、疲れなのか寝ぼけなのか...朝、テーブルにケーキを置いてキャンドルを置いて誕生日の主役を呼ぼうとした矢先、ことり&あんじんが「ママ、2ってあるよ!3だよ!」... うっかりもいいとこ、「2」という数字キャンドルを立てていた...慌てて3本のキャンドルを立てました。ほんと、どうしていたんでしょう~爆!

甘い朝食を食べながら急遽、2時間程北上した町のスパー温泉に行こうという事になり皆でリラックス&楽しい誕生日を過ごしました。主役の、こゆきも大満足。
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-11-07 21:38 | イベント/event
サーモンスープが大阪進出! ロバニエミの美味しいお店
d0090294_18334234.jpg
今年も大阪阪急うめだで開催される北欧クリスマスマーケット。今年は会場でロバニエミの、とあるレストランの美味しいサーモンスープが食べられます!秘蔵レシピが大阪へ渡り日本のコックさんにより再現されます。出汁が効いて美味しいスープですよ!今日はレシピを提供してくださったsoppa ja sumppi (ソッパ ヤ スンッピ)さんを、ご紹介したいと思います。

ロバニエミ街中より徒歩5-10分程にある小さなレストラン。日本人観光客の多いロバニエミですが、このレストランを偶然に見つけられた方はラッキーです。一瞬通り過ぎてしまいそうなレストランの入り口ですが、中に入ってみるとアットホームでセンスの良いお洒落な空間が広がります。カウンターには様々な飲み物、離乳食まで揃えてあるので小さなお子さん連れでもオッケー。オーナー&料理長のミカ パユニエミさん。フィンランドではサーモンスープは家庭料理の1つ。しかし、料理人の彼のスープは一味違います!
d0090294_18342113.jpg
このレストランは家族経営で地元食材を中心に一から料理を作り、リーズナブルなお値段で全ての料理がグルテンフリー。とっても雰囲気が良い空間です。

カウンターで清算し、日替わりランチをセルフでお皿にのせていくビュッヘスタイル。スープランチ7,5e、サラダランチ8,5e、スープ&サラダランチ9,5e、メインフードからサラダ、スープを含めたランチ10,5eと別れています。コーヒー/紅茶付。サラダの種類も豊富で、細かい気配りや愛情が伝わってくる家庭料理風メニューです。1度食べたら、次も訪れたくなる場所です!

「ブログで見ました~ 大阪で食べました~ 大阪に行けないので来ました。」なんて声をかけて頂くと凄く喜ぶと思います!勇気を出して声をかけて下さいね。フィンランド人の方達は優しいですので。ロバニエミは冬の間、オーロラ観光客の方も増えます。残念ながらロバニエミ情報が情報誌には少ないですね… カフェやレストランでお困りの方は迷わずsoppa ja sumppiさんの場所へ行ってくださいね。ミカさんと奥さんのサトゥさんは街中にアパートメントステイ
Pajusto Apartment もされています。是非、参考にして下さいね!

soppa ja sumppi
Korkalonkatu 2 C Rovaniemi 96100 FINLAND
土日休日
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-11-03 18:56 | ちょっとお知らせ/info
KASSUN KOTI 2017年度カレンダー 予約受付開始
d0090294_5385328.jpg
お知らせ続きで失礼します。ずーっとしてみたかった事の1つ: オリジナルカレンダー作り。

私は2012年よりKassun kotiという小さな会社を経営しているのですが(ホームステイ・コンサルタント・ハンドクラフト制作など) 2017年2月で丸5周年になります。そんな記念も込めてKASSUN KOTI 2017年度オリジナルカレンダーを製作中です。今年は試しに100部のみ。来週印刷会社より完成します。

● 上の写真左は、会社のロゴが表紙になっています。
● 最後のページは12月分の写真が一覧になっています。
● 全て私がラーヌヤルビ村で撮影しました。
● 写真には季節のちょっとしたメッセージ付き。
● 日付部分には日本とフィンランドの祝日が書かれています。
● A5サイズ、上段は写真、下段は月日。
● 紙はマット使用で少し厚めで1月毎にめくるタイプ。(リング付ではありません。) 
※ 写真は試し刷りなので月毎に分かれていますが現物はめくるタイプです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● 料金 2200円 / 1冊 + 郵送料(日本へ) 340円 / 
● クレジットカード払いの方は カレンダー1冊 18.50€ +郵送料 2.9€
● 2冊以上の方は送料が変わってきます。
● 日本国以外より購入・発送可能。

ご希望の方は、タイトルに【2017年カレンダー注文】と記入し、下記の事柄を記入して頂き info(at)kassunkoti.fi までご連絡ください。

① 希望部数 ② お名前 ③ 郵便番号 ④ ご住所 ⑤ 電話番号 ⑥ 支払い方法
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【注意事項】

● フィンランドよりエコノミー便でお届けしますので発送から受け取りまで8-10日程お時間をいただきます。クリスマス時期は場合によっては、もう少し長くなるかもしれません。
● モニターで見る色と、現物の色は多少異なりますのでご了承ください。
● 銀行振り込みの方は手数料はご負担になります。
● 受付は今から開始しますが発送は11/11近辺になります。
● 11/19-30は発送不可能ですが受付は可能です。12/1以降に発送致します。
● なくなり次第終了とさせていただきます。
d0090294_2318206.jpg

[PR]
# by Kippis_Y | 2016-10-27 23:52 | ちょっとお知らせ/info
Kassun koti 草木染毛糸 大阪進出!
まだ雪どけが完全に終わる前4月頃かな、今年の草木染が始まりました。去年は、うめだ阪急さんでの北欧クリスマスマーケットに少しだけ卸させて頂きましたが、今年は私自ら足を運びます。11/23-11/25の内11/23から6,7日程、会場にいます。毛糸販売の他、フィンランドの作家さんの商品やワークショップを担当させて頂きます。Kassun koti という我社名で出店させて頂きます!

私が情熱を持って楽しんで取り組める草木染の事を紹介させて下さい。女性用の靴下に必要な毛糸は約100g 弱。この毛糸を染めるのに、どの位のお時間がかかっているか想像つきますか~?100gの毛糸に対し材料は約1kg。ラーヌヤルビの村の草花を摘み1-2時間煮立てます。一晩かけて冷まし、毛糸を入れ一定温度に達したら明礬を入れます。こうして色と繊維が結合し。色が浸透しやすく落ちにくくさせます。(とは言え、草木染なので多少の色落ちはありますが完全には抜けません。)それから、また一定の温度にさせるまで1時間かけます。その後、一晩つけ置きにし、翌日、完全に冷めたら洗い乾燥させます。それから玉状にしていきます。たかが100gとは言え、材料摘みも入れると3-4日間かかります。

ここまでしてでも、楽しいと思えるのは自然の優しい色合いが感じられるからです。材料採取の時も、とっても大事な時間です。編んでいくと表情も変わり、これまた楽しいのです。今年はウール100%、アルパカ100%とこだわってみました。

長くなりますが写真諸々お楽しみ下さい。
d0090294_23115626.jpg
草花が出てこない雪どけ中は玉葱の皮で染色。よく色が出ます。下色を変えると色々な色に変身します。
d0090294_23135081.jpg
紫玉葱の皮は緑色に変身。この深みある色は本当に綺麗です。私のお気に入りの色。
d0090294_2315379.jpg
春の緑と言えばイラクサ。若い葉はビタミンが豊富なので摘んで湯がいて料理します。もう少し大きくなった葉を採取し染色。柔らかい黄緑の色。
d0090294_23194466.jpg
6月になると野原にはタンポポが沢山咲きます。綿毛になる前に子供達と沢山とり薄黄色の毛糸の出来上がり。ハゴロモ草からも淡い黄色に変身します。
d0090294_2321163.jpg
初夏の白樺の葉、木と木が窮屈そうに生えている木から葉をとって、こんなに綺麗な黄色になりましたよ。グレーの糸は緑色になります。8月は西洋桜の実とブルーベリーで染色。西洋桜90%ブルーベリー10%。「青」と一文字で言うには収まらない、とってもきれいな色合いになります。
d0090294_23244318.jpg
赤カシスと黒カシスのジュースを作った時にカシスのカスが大量に残ってしまうのが気がかりで染めてみたらピンクがかった色に変身。
d0090294_23264461.jpg
このキノコは食用向きではなく染色用。傘、茎と夫々違う色が出ます。ピンクに変身するっていうのが驚きではないでしょうか?でも、茎の一番下を見るとピンクがかってますね。
d0090294_23324548.jpg
子供達と一緒にとった松ぼっくりやコーヒー豆からは茶色の色の毛糸が出来ます。
d0090294_23361446.jpg
少しだけ取れたアルダーの実は毛糸に限りがありますが、麻のような色で¥シックで良いですよ!

今年は11kg少し染色しました。最終チェックも含め、巻き直しをしラベルを付けて完成です。うめだ阪急さんでの毛糸の販売は11/23-1-2週間程販売、売れ行き具合によっては1.2月よりブログでもネット販売いたします。お楽しみに!
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-10-10 23:45 | 村の生活/village life
8歳の誕生日
d0090294_2041875.jpg
先日は、長女・ことりの8歳の誕生日でした。彼女の誕生日の希望は「お友達を読んで誕生日会。ケーキはモカケーキ。」誕生日当日は月曜日なので夕方より夕飯をかねてお友達8人&大人、皆でトルティーヤを食べました。各自好きな具をのせて巻いて...野菜も多めで、とってもお勧めです。想像してた以上に皆よく食べてくれて嬉しい♪ 

モカケーキは、数か月前よりリクエストを頂いていたけど、地味~な感じのケーキなので(実際は甘くてドッシリしてます!)メインのケーキはレモンライムチーズケーキ。黄色い表面に森で採れたコケモモを並べだしたら楽しくなってしまって、結局思うがままデコレーションを楽しんで、溶かしチョコレートも加わってこんな風になったわけです。お友達の中にはグルテンアレルギーの子もいるので彼女も食べられるようにベースの茶色いのはグルテンフリー使用。土台作りにドキドキしてしまったけど、何とか無事クリアしました。こんな風に誕生日ケーキとなると以上に緊張してしまう私です。

何はともあれ、娘が元気に成長している事は感謝です。
d0090294_2045626.jpg

[PR]
# by Kippis_Y | 2016-09-30 20:20 | 食べ物色々/food
2016年12/23-26 3泊4日 クリスマスホームステイのお知らせ
d0090294_21435125.jpg
ちょっと気が早いかもしれませんが航空券の都合もありますので一足先に今年のクリスマスホームステイについてお知らせです。

北欧・フィンランドのクリスマスは決して派手ではありませんが素朴にひっそりと平和を願いながら家族で過ごします。サウナで体を温め、窓の外の真っ白な雪景色を眺めならがホットワインやジュースを飲んで…伝統料理を皆で食べ…本当のクリスマスとは何か?そんな体験を我家: ユリハリユ家と一緒にしてみたいと言う方、おられませんか?例年のクリスマスの様子は当ブログのタグ: クリスマスよりご覧になれます。

2016年12月23日 夕方 ロバニエミへお迎え 
24日・25日 フィンランドのクリスマス体験
26日 午前中 ロバニエミへ送迎

定員: 残り1名女性募集します!
同室シェアOKの方のみ!(1室2台のベッドの部屋になります。)

※現在、女性2名様が予約中です。

【注意事項】

● 猫がいます。
● 2008、2010、2013年生の子供がいて賑やかです。
● 我家の家族と一緒でもホームシックにならないであろう方。
● 他にステイ者がいてもOKという方。
● 食べる事に興味がある人。フィンランドのクリスマス体験がしたくて仕方がない人。

詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.fiまでタイトルに【2016年クリスマスホームステイについて】とお願いします。詳細のお返事はフィンランド時間の9月13日(火)以降になります。
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-09-09 22:03 | ちょっとお知らせ/info
ラーヌヤルビ村 自宅前でオーロラ観測
d0090294_2110131.jpg
皆さん、知っていますか、オーロラの秘密...って言う程ではありませんが、ラップランドのラーヌヤルビのある村は8月中旬頃から秋めいてきます。8月下旬は、もう秋です。青空が広がって空気もキリリとクリスピーになります。そんな8月下旬から初雪の降る10月上旬は比較的、天気が良い日が多くオーロラ観測できる可能性が高いのです。11-12月は雪や、雨、曇りがちなお天気が多いです。もちろん、その期間も見られる事はありますよ!あとは1-3月中旬もお勧めです。冬も本番になる時期は外での観測は寒いですけど秋は、それほど極寒ではありません。日中は森で美味しい食材を見つける事が出来るのでお勧め時期です。
d0090294_2110231.jpg
これまで何度も撮影に失敗した事か…そもそも、オーロラが出てから三脚を出し、設定をし…「あれ、これセッティングどうなのー、撮れない…」という事が何度も。そんな内に大きなオーロラは去って行き…肉眼で観るのが一番ですけどね!でも写真でもおさめておきたいと思っていたのです。
そんな時に日本人のオーロラハンティングの救世氏が現れ、写真に収める事が出来ました~。そしたら今まで以上にオーロラ観測・撮影が楽しくなりましたよ。写真撮影をすると。どうしても光が明るくなってしまいますが、でも救世氏が滞在中、連続3日で大きなオーロラが現れました!時には降り注ぐオーロラに避難をしたくなる程でしたよ。

こんな感動もあり、「日本人のオーロラ救世氏と一緒に、ラーヌヤルビでオーロラ観測ホームステイをしよう!」という方向に向かっています。滞在期間は2,3月に3泊4日、もしくは4泊5日。我家にホームステイをしながら日中は観光もしくは手仕事体験、夜はオーロラ観測+カメラのセッティングもします!というような流れです。詳しくは今月-10月頃にブログもしくはKassun kotiのHPで告知になります。
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-09-09 21:26 | 村の生活/village life
ラーヌヤルビの森 沢山のきのこ
d0090294_19493396.jpg
すっかり秋に入ったラーヌヤルビの村。紅葉が綺麗です。
ラーヌヤルビの村には大きなラーヌ湖があるのですが、その湖で取れた魚を頂きました。hauki=パイクは白身魚です。この魚は歯が鋭く、危うく手を挟まれると縫う事になる魚です。新鮮なので臭みもなく美味しく頂きました。魚の下ソースはラーヌヤルビで採れた美味しいキノコのソースです。こういうクリーム系のソースはフィンランドでは一般的で、同じような調理法でスープにもなったりします。とにかく、このキノコは香が強く美味しいです。
d0090294_200525.jpg
傘がこげ茶色で足がムックリしているのが特徴。Männynherkkutatti と言って赤松の木の近くに生えています。ボルチーニですね。散歩をしている途中にも見つけられるのでバケツとナイフを持って出かけます。スライスして乾燥器にかけ乾燥させたり、サイコロ切りにして冷凍したりと、秋の始めには棚や冷凍庫がいっぱいです。
d0090294_2044325.jpg
芝がある所で、ピンポン玉の様に現れるキノコ=kuukunanmunaは白いうちに食べると凄く美味しいです。古くなると茶色くなって潰すと煙が出るのが面白いので、ついつい子供のように遊んでしまいます。このキノコもスライスしてフライパンで炒めて食べられます。
d0090294_20711100.jpg
数週間前に、いつもの散歩コースを歩いていると松茸のようなキノコを発見。まさか!?去年はなかったよなーと思いながら香を確認したら、松茸!既に虫食いになってしまっていたけど、嬉しい発見です。そうなのです、フィンランドにも天然松茸が森に生えているのです。写真のはラーヌヤルビの村のキノコ採り名人に頂いた可愛い松茸。他にも近所の方が大量に持ってきてくれたりと有り難い事です。フィンランド人は松茸よりもボルチーにが好みなようです。日本人にしたら松茸は高級品ですよね。我家にホームステイに来ていただいたゲストの方に松茸ごはんを作って頂いたり、お土産として乾燥松茸を持ち帰ってもらったり、松茸の出入りの激しい秋の始めでした。松茸は既に時期が終わってしまい、偽松茸が出てきています。
d0090294_2011372.jpg
このキノコ、今年は豊作でした。淡いピンク色、フサフサとしたような毛があるkarvarouskuという名称です。5-10分程、湯がいて調理します。このキノコはキノコサラダとして食べられる頻度が多いです。湯がいて細かく切ってビンに塩漬けにして保存します。冷凍も可能なキノコ。この他にも美味しいキノコが沢山生えているラーヌヤルビ。何の料理にもキノコが隠れている我家です。
d0090294_2014661.jpg
こちらは食べられないけど憎めない毒キノコ。見ると嬉しくなりますね!

ついつい食料を求めに森へ...あっちにも、こっちにも行ってみよう~っとフカフカの森歩き。結構いい運動にもなります!キノコ狩り体験をしてみたい方、8月は凄く良い時期だと思います!
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-09-09 20:18 | 食べ物色々/food
フィンランドの夏のベリー色々
d0090294_2342049.jpg
8月も後半、フィンランドの北に位置するラーヌヤルビの村は秋めいてきました。紅茶が似合うキリリとした空気です。秋の様子をお伝えする前に夏のベリー事情をお伝えします。夏の始めは小粒の苺がマーケットに出回ります。我家の苺は去年の畑撤去時に泣く泣くおさらばしてしまったのでお店から買った苺と7月下旬頃に実りだしたブルーベリー。フィンランドではスポンジケーキやメレンゲ生地に、たっぷりと新鮮な苺をのせて食べたり、アイスクリームにもふんだんに添えます。写真はクリームとヨーグルトとサワーミルクの中間のような酸味の少ない乳製品を混ぜたものにベリーをのせて食べます。さっぱりしたデザートなんですよ。
d0090294_23422825.jpg
7月下旬にはラップランドの湿地帯にしか生息しないクラウドベリーが熟してきます。ジャムにしてleipäjuustoと言われている焼チーズの上にのせて食べます。お店で買うと高級なのでベリー摘みが好きな人は大量に収穫して冷凍しておきます。
d0090294_23425259.jpg
その次に実りだすのがラズベリー。我家の周辺では7月下旬から今頃まで実っています。子供達はラズベリーが好きなのですが、ラズベリーのヘタを取って中を見ると小さな白い虫が入っている事もあるので注意して取ります。でも我家の2歳の、こゆきは、しっかり見ていないので、きっと一緒に食べているでしょう...ラズベリーとブルーベリーの組み合わせのロールケーキはkuningatarkääretorttu=女王様のロールケーキと呼ばれています。
d0090294_015039.jpg
建設中の、森の家の敷地内には黒カシスが生えています。実りだすのは今年は早く7月下旬でした。収穫時は8月。私は生も好きですが、子供達は苦手なようで、この黒カシスは対外ジュースにします。そうすると子供達もよく飲みます。こんなお鍋を使って作りますよ~。
d0090294_23432942.jpg
黒カシスの次は赤カシスが実り時。黒カシスよりも酸っぱくって、これもジュースにしたりケーキにします。この赤がすごく魅力的ですよね。黒カシスに比べ赤は鳥に狙われやすいのでネットをかけると良いみたいですね。
d0090294_2344067.jpg
義理のお母さんのコテージに行った時に彼女の美味しいケーキを頂きました。上の赤いのが赤カシスです。見た目も可愛いケーキですよね。

今はまだブルーベリーもありますが氷点下になると味が落ちてくる気がします。森には赤い実のコケモモ(リンゴンべりー)が実りだしています。熟すのには、もう少しかな。コケモモはジャムにしてお料理に添えます。ラップランド地方ではトナカイ肉も食べられているのでコケモモは必需です!
短いフィンランドの夏、色んなベリーを楽しめる季節でもあります。我家の冷凍庫も冬用に食べるベリーが場所を占領しています。
[PR]
# by Kippis_Y | 2016-08-26 00:16 | 食べ物色々/food
形見の織機
d0090294_2233988.jpg
先日、ようやく織りあげたräsymatto=ラシュマット(裂き織りマット)。実は完成するまでに本当に長かったのです...数年前にA-Jの祖母が亡くなり形見として私が頂く事になった織機。組み外した織機を2年前だったかな、トレーラーで南まで取りに行き我家で組み立て。経糸を設置していざ織ろうと思っても、何か変。ラップランド大学時代で織りは専攻科目でしたが、当時の説明書を見ても何か違う。どうやら大学時代に使っていたのとは少々違うタイプなようです。織りができる友達に来てもらっても謎ばかり。これは困った、もう織りたくないなーと織機を見る度に複雑な気持ちだったのです。ところが昨年のある日、偶然とは言いがたい訪問者が3人我家に現れました。その1人の方は大学時代の恩師。3人共別件で来たのに全員が織機を使いこなせるという好都合も良い程。あれよ、あれよと問題解決。織を開始する事が出来たのです。が...この織機、非常に大きくて欲張って横幅106cmを織ろうとしたので、これまた一苦労!結局、長さを幅90cmにして完成させました。

d0090294_226275.jpg


横糸も織機と一緒に来たので、ある材料を使いました。赤いのはキッチン用に。素足でマットの上にのるのが、とっても気持ちが良いのです。これからの時期、こういう暖色は部屋の雰囲気も暖かくしてくれますね。

調子に乗って緑×水色のトイレマットも織ってみました。合計3枚のマットを織って織機から外したので今は織機には経糸もなくスカスカ。次はウールの糸を使って織る予定なので、次はもう少し完成が早くなるかな。楽しみです。冬が終わるまでに完成させないとですね。
d0090294_2235573.jpg

[PR]
# by Kippis_Y | 2016-08-23 02:50 | 雑貨・インテリア/Interior