<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
8歳の誕生日
d0090294_2041875.jpg
先日は、長女・ことりの8歳の誕生日でした。彼女の誕生日の希望は「お友達を読んで誕生日会。ケーキはモカケーキ。」誕生日当日は月曜日なので夕方より夕飯をかねてお友達8人&大人、皆でトルティーヤを食べました。各自好きな具をのせて巻いて...野菜も多めで、とってもお勧めです。想像してた以上に皆よく食べてくれて嬉しい♪ 

モカケーキは、数か月前よりリクエストを頂いていたけど、地味~な感じのケーキなので(実際は甘くてドッシリしてます!)メインのケーキはレモンライムチーズケーキ。黄色い表面に森で採れたコケモモを並べだしたら楽しくなってしまって、結局思うがままデコレーションを楽しんで、溶かしチョコレートも加わってこんな風になったわけです。お友達の中にはグルテンアレルギーの子もいるので彼女も食べられるようにベースの茶色いのはグルテンフリー使用。土台作りにドキドキしてしまったけど、何とか無事クリアしました。こんな風に誕生日ケーキとなると以上に緊張してしまう私です。

何はともあれ、娘が元気に成長している事は感謝です。
d0090294_2045626.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-30 20:20 | 食べ物色々/food
2016年12/23-26 3泊4日 クリスマスホームステイのお知らせ
d0090294_21435125.jpg
ちょっと気が早いかもしれませんが航空券の都合もありますので一足先に今年のクリスマスホームステイについてお知らせです。

北欧・フィンランドのクリスマスは決して派手ではありませんが素朴にひっそりと平和を願いながら家族で過ごします。サウナで体を温め、窓の外の真っ白な雪景色を眺めならがホットワインやジュースを飲んで…伝統料理を皆で食べ…本当のクリスマスとは何か?そんな体験を我家: ユリハリユ家と一緒にしてみたいと言う方、おられませんか?例年のクリスマスの様子は当ブログのタグ: クリスマスよりご覧になれます。

2016年12月23日 夕方 ロバニエミへお迎え 
24日・25日 フィンランドのクリスマス体験
26日 午前中 ロバニエミへ送迎

定員: 残り1名女性募集します!
同室シェアOKの方のみ!(1室2台のベッドの部屋になります。)

※現在、女性2名様が予約中です。

【注意事項】

● 猫がいます。
● 2008、2010、2013年生の子供がいて賑やかです。
● 我家の家族と一緒でもホームシックにならないであろう方。
● 他にステイ者がいてもOKという方。
● 食べる事に興味がある人。フィンランドのクリスマス体験がしたくて仕方がない人。

詳しい情報はinfo(at)kassunkoti.fiまでタイトルに【2016年クリスマスホームステイについて】とお願いします。詳細のお返事はフィンランド時間の9月13日(火)以降になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 22:03 | ちょっとお知らせ/info
ラーヌヤルビ村 自宅前でオーロラ観測
d0090294_2110131.jpg
皆さん、知っていますか、オーロラの秘密...って言う程ではありませんが、ラップランドのラーヌヤルビのある村は8月中旬頃から秋めいてきます。8月下旬は、もう秋です。青空が広がって空気もキリリとクリスピーになります。そんな8月下旬から初雪の降る10月上旬は比較的、天気が良い日が多くオーロラ観測できる可能性が高いのです。11-12月は雪や、雨、曇りがちなお天気が多いです。もちろん、その期間も見られる事はありますよ!あとは1-3月中旬もお勧めです。冬も本番になる時期は外での観測は寒いですけど秋は、それほど極寒ではありません。日中は森で美味しい食材を見つける事が出来るのでお勧め時期です。
d0090294_2110231.jpg
これまで何度も撮影に失敗した事か…そもそも、オーロラが出てから三脚を出し、設定をし…「あれ、これセッティングどうなのー、撮れない…」という事が何度も。そんな内に大きなオーロラは去って行き…肉眼で観るのが一番ですけどね!でも写真でもおさめておきたいと思っていたのです。
そんな時に日本人のオーロラハンティングの救世氏が現れ、写真に収める事が出来ました~。そしたら今まで以上にオーロラ観測・撮影が楽しくなりましたよ。写真撮影をすると。どうしても光が明るくなってしまいますが、でも救世氏が滞在中、連続3日で大きなオーロラが現れました!時には降り注ぐオーロラに避難をしたくなる程でしたよ。

こんな感動もあり、「日本人のオーロラ救世氏と一緒に、ラーヌヤルビでオーロラ観測ホームステイをしよう!」という方向に向かっています。滞在期間は2,3月に3泊4日、もしくは4泊5日。我家にホームステイをしながら日中は観光もしくは手仕事体験、夜はオーロラ観測+カメラのセッティングもします!というような流れです。詳しくは今月-10月頃にブログもしくはKassun kotiのHPで告知になります。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 21:26 | 村の生活/village life
ラーヌヤルビの森 沢山のきのこ
d0090294_19493396.jpg
すっかり秋に入ったラーヌヤルビの村。紅葉が綺麗です。
ラーヌヤルビの村には大きなラーヌ湖があるのですが、その湖で取れた魚を頂きました。hauki=パイクは白身魚です。この魚は歯が鋭く、危うく手を挟まれると縫う事になる魚です。新鮮なので臭みもなく美味しく頂きました。魚の下ソースはラーヌヤルビで採れた美味しいキノコのソースです。こういうクリーム系のソースはフィンランドでは一般的で、同じような調理法でスープにもなったりします。とにかく、このキノコは香が強く美味しいです。
d0090294_200525.jpg
傘がこげ茶色で足がムックリしているのが特徴。Männynherkkutatti と言って赤松の木の近くに生えています。ボルチーニですね。散歩をしている途中にも見つけられるのでバケツとナイフを持って出かけます。スライスして乾燥器にかけ乾燥させたり、サイコロ切りにして冷凍したりと、秋の始めには棚や冷凍庫がいっぱいです。
d0090294_2044325.jpg
芝がある所で、ピンポン玉の様に現れるキノコ=kuukunanmunaは白いうちに食べると凄く美味しいです。古くなると茶色くなって潰すと煙が出るのが面白いので、ついつい子供のように遊んでしまいます。このキノコもスライスしてフライパンで炒めて食べられます。
d0090294_20711100.jpg
数週間前に、いつもの散歩コースを歩いていると松茸のようなキノコを発見。まさか!?去年はなかったよなーと思いながら香を確認したら、松茸!既に虫食いになってしまっていたけど、嬉しい発見です。そうなのです、フィンランドにも天然松茸が森に生えているのです。写真のはラーヌヤルビの村のキノコ採り名人に頂いた可愛い松茸。他にも近所の方が大量に持ってきてくれたりと有り難い事です。フィンランド人は松茸よりもボルチーにが好みなようです。日本人にしたら松茸は高級品ですよね。我家にホームステイに来ていただいたゲストの方に松茸ごはんを作って頂いたり、お土産として乾燥松茸を持ち帰ってもらったり、松茸の出入りの激しい秋の始めでした。松茸は既に時期が終わってしまい、偽松茸が出てきています。
d0090294_2011372.jpg
このキノコ、今年は豊作でした。淡いピンク色、フサフサとしたような毛があるkarvarouskuという名称です。5-10分程、湯がいて調理します。このキノコはキノコサラダとして食べられる頻度が多いです。湯がいて細かく切ってビンに塩漬けにして保存します。冷凍も可能なキノコ。この他にも美味しいキノコが沢山生えているラーヌヤルビ。何の料理にもキノコが隠れている我家です。
d0090294_2014661.jpg
こちらは食べられないけど憎めない毒キノコ。見ると嬉しくなりますね!

ついつい食料を求めに森へ...あっちにも、こっちにも行ってみよう~っとフカフカの森歩き。結構いい運動にもなります!キノコ狩り体験をしてみたい方、8月は凄く良い時期だと思います!
[PR]
by Kippis_Y | 2016-09-09 20:18 | 食べ物色々/food