<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
フィンランド ユリハリユ家でホームステイ リクエスト 【お菓子】
d0090294_6264697.jpg
「ブルーべりーだ!」そう気がついたのは7月18日。味見をしたら。まだ少し酸っぱかったけどラップランドにもブルーベリーの到来です。子供達は夕飯後に摘みに行ったり、私もその後、ホームステイ中だったゲストの方と一緒に森へ摘みに行きました。よく驚かれるのですがフィンランドの森は歩くとフカフカでブルーベリーの背丈も15-20cm程で小粒、中まで紫色です。
d0090294_6273438.jpg
収穫したベリーで夏のお決まりケーキのブルーベリータルトを焼きました。生地は、たっぷりのバター、ライ麦粉、オーツ、小麦粉に少量の砂糖です。焼きたては柔らかく&香ばしさがあるサクサク感もありますが冷めると、もう少し記事が固まってきます。ライ麦の硬さは気にならず、香ばしいのでお気に入りのレシピです。(冷たいバター125g、粉類3dl:ライ麦2、オーツ0.5、小麦粉0.5の割合とみて下さい。少し水分が必要な場合は水を大1-2入れて調節して下さいね。タルト生地を作る用量でバターを指で粉と混ぜていきます。)生地を作って新鮮なベリーを生地の上に流しグラニュー糖を大2位かけて200度に熱したオーブンで焼くだけ。余熱が取れる前にアイスクリームをかけて食べました。甘さ控えめですがブルーベリーたっぷりの味です。
d0090294_628319.jpg
我家にホームステイに来られる方には事前に質問事項や「何が目的か」を聞いておきます。そうすると人柄もお伺いする事が出きるし、どんな思いで来られるのかが分かるので非常に役立ちます。先日は嬉しい事に「私の焼くケーキを食べたい!」というリクエストを頂きましたので「はい、好きな分野です!」という事で喜んでご用意しました!こちらは林檎のケーキ。傷みかけて、そのまま食べるにはサクサクしていない…という時にバターと砂糖で炒めてフワフワ生地の上にのせて焼くだけ。ここにも生地にライ麦&オーツが入っているので普通のケーキ生地より味が健康志向?です。でもキャラメルソースをかけて召し上がって頂きました。上にココナッツのせなければ良かったかなー。私のレシピは大雑把で、その時の材料や気分でケーキも変わるので実験的です!
d0090294_6282612.jpg
こちらも、ケーキ食べたいという彼女のために。クッキー生地はオーツと小麦粉&ココアパウダー、バターで焼きました(砂糖なし)。フィリングの1段目はクリームチーズにライムとレモン味で焼き2段目はレモンカード。とっても濃厚なケーキです。この真黄色が元気が出ますね!焼くの、私も楽しませて頂きました。ありがとうございます♪
d0090294_6284730.jpg

[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-22 07:04 | 村の生活/village life
フィンランド ユリハリユ家でホームステイ 何する? 【手仕事編】
d0090294_22563149.jpg
今日は、ちょっと我家のホームステイの事に関してです。我家ではホームステイという形で2012年6月より1年中、日本人のお客さんを受け入れています。自然の中でゆっくりしたい・ツアーでは体験できないローカル/日常生活を体験をしたい・初の1人海外旅行なので言葉の面が心配。大きく分けるとこんな感じになります。現在、子供は2歳8ヶ月/5歳11ヶ月/7歳10ヶ月。子供に加え親も必死ですので本当に賑やかです!ブログではお伝えできない騒々しさですが、そんな事もひっくるめてユリハリユ家を宜しくお願いします!という感じでさらけ出しております・笑

ゲストの方達は手仕事が好きな方が比較的多く、もしくはした事のない分野だけど、この際してみたい!という前向きの方が多く&私自信が手仕事が好きなので滞在中はオプションとして小さな手仕事体験をする方が多いです。これが見ている私も楽しく刺激を受けています。手仕事は時間がかかるもの、五感を使って普段はゆっくり時間が取れなくても滞在中に集中して作業をする、これは自分への旅のご褒美であって仕上がったものをお土産にできる利点もあります。

サッカー観戦をしながらRさんは小さな織り機で裂き織り方法でコースターを完成。
d0090294_22565251.jpg
Aさんはクロススティッチや刺繍を楽しみました。ことりが摘んできて彼女にプレゼントした花も一緒に。日本に帰国したAさんは、その後もクロススティッチを楽しんでいるそうです。そして、こんな風に完成したそうです。手仕事に興味がない方もいると思うので、こういう事は強制ではありませんからね♪ホームステイをお考えの方に、こんなのもあります~というご紹介まででした。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-15 23:18 | 村の生活/village life
頑張ったハンガリーの刺繍 
d0090294_5482723.jpg
冬にせっせとクロススティッチをしていて春に完成したハンガリーの孔雀。この丸い形が可愛くって刺してみたのです。実際に挑戦したら思ったよりも細かく長い道のりでした~。でも完成した時の達成感、嬉しかったな~。
d0090294_540424.jpg
とは言え、実際のサイズも考えずに刺したので丁度良い額がなく数ヶ月も放置したままでした。でも、先日、蚤の市で丁度良さそうなサイズの額を発見!しかも1ユーロと激安。クロススティッチ用の専用の額ではないけど、壁に飾れるので良いんじゃないかな。上にある蝶々も、ある日に蚤の市で見つけたもの色使いが綺麗でお気に入りです。しかも、これも1ユーロなんて、作った方の苦労が…も~我家に飾るよ~っと連れて来ました。壁に飾ると、これまた素敵ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-08 05:59 | 雑貨・インテリア/Interior
ラップランドの綺麗
d0090294_22374721.jpg
こういう赤い壁に白枠の窓は北欧らしいですね。冬の白い雪や夏の青い空や緑の草にも映える色です。フィンランドでは、この他に黄色、白、青、茶、レンガ色なんかの建物のがあって御伽噺に出てきそうな建物ばかりです。
d0090294_22383859.jpg
フィンランドのラップランドの短い夏、草花は冬なんて知らない素振りでグングン成長しています。どれも可愛く色々な色をしているので散歩途中に摘むだけで豪華な花束の完成。
d0090294_22391475.jpg
森や道の端に草花が戻ってくるとトナカイも民家の近くにやってきます。トナカイは野生ではなく持ち主がいるのですが、こうして放牧されています。ここ数週間は我家の近くでもよく見かけます。トナカイも、ちゃんと自分好みの草花があるそう。どうやら美味しい場所を見つけた様子ですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2016-07-02 22:55 | 村の生活/village life