<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
フィンランド冬時間 始まり
d0090294_56504.jpg
「あれっ?! 何かおかしいぞー」と思ったら、早朝に冬時間へと切り替わっていました。と言う事で日本との時差は-6時間から-7時間になりました。毎年、体内時間はまだ合っていなくて胃袋の時計も夏時間のままです。朝7時前に起きても外は暗いのでキッチンのライトを付けて、あんじんを幼稚園に送っていく8時も暗いんです。夕方も暗くなるのが早いのがフィンランドの冬。こう暗いと皆が待っているのが「雪」。雪が降ると辺りが明るくなって気持ち的にもアップするのです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-27 05:18 | ちょっとお知らせ/info
フィンランドは編み物シーズン突入! 靴下編み 
d0090294_2024484.jpg
この時期、フィンランドのラップランド地方では紅葉で綺麗になった葉も散り真っ青な空の日は少なくなり少々寂しい感じの景色になります。でもね、そうなると、あちこちの家々の外や室内でキャンドルを灯したり温かい雰囲気を作るように心がける人達が多いのです。それにね、編み物好きの人達はウズウズしちゃう季節。私も、その1人です。北極圏に近いラーヌヤルビの村は8月中旬頃から秋めいてくるので、その頃から私は編み物を始めます。今頃の時期になるとお店でも色んな種類の毛糸や道具が出てきます。田舎の小さなお店でも結構、毛糸も豊富なのですよ。やっぱり編み物好きな人が多いからなのでしょうね。
d0090294_20271667.jpg

d0090294_20251956.jpg毎年、家族分の靴下を編んでいます。今、編んでいるのは自分用に余った糸を使ったボーダー柄の靴下。写真は編み始めに撮ったので今は既に片足完成していて、もう片方を編んでいる最中です。黙々とした作業がリラックスできて好きなのです。そして。もう1つ進めているのがA-Jのウールのセーター。何年もお願いされて、渋々去年から開始&今シーズン再開~。初のセーター編み、四苦八苦しながら解いては編んでいるのです。でも、そうする事で一歩一歩前進するので1つクリアする時の達成感が良くってね。もう少ししたらアルパカ系で自分用のショールを作ろうと思ってはウズウズしている日々です。亡き母も、冬になると手編みのセーターを家族のために編んでいたっけ、と思い出しながら編んでいます。知らず知らずうちに娘の私も同じ事をしています。

[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-19 20:52 | 雑貨・インテリア/Interior
土曜日のシナモンロール
d0090294_16573980.jpg
ラーヌヤルビには小さな小さな食品日用雑貨店が1件あります。土曜日は16時まで日曜日はお休みという、お店。とっさの時の買い物に凄く助かっています。そうでなければ車で25-40分かけて違う町まで行かなければなのです…数日前の土曜日にA-Jが「シナモンロールが食べたい」と言い出したのが15時50分。お店までは約3キロ。車でひとっ走りして生イースト&牛乳&バターを買ってきてもらいました。でも、いざ作ろうと思ったら肝心な小麦粉が足りない…と言う事で家中にある中力粉の小麦や強力粉を混ぜてギリギリセーフ!(フィンランドではシナモンロールには大抵、中力粉が使われています)
d0090294_1658130.jpg
そうして焼きあがったシナモンロール。シナモンロールの生地を伸ばした時に柔らかいバターを生地に縫ってシナモン・グラニュー糖をふりかけるのですが最近は材料を全て練って塗るようにしています。そうすると味にムラが出なくって良いですね。シナモンロールは子供の頃からの味なのかA-Jも喜んで食べます。きっと我が家の子供達にとっても、そんな感じにインプットされていくのかな。

余談ですが1枚目の写真の苺柄のマグ、北欧雑貨Kassun kauppaのお店ブログに登場しています。
廃盤のマリメッコのマンシッカマグです。よろしくです!

[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-13 17:24 | 村の生活/village life
北欧インテリア&美味しいケーキ
d0090294_435424.jpg
数年前にヘルシンキからロバニエミの街中に引っ越してきた義理のお母さん。毎回、訪問するたびに、ため息がついちゃうようなお洒落な部屋。我家は子供が3人いる上、私の好みの物も多いので家の中がスッキリせず、いつも片付けをしては散らかって片付け...の繰り返しのような気がします。片付けをして、しまいこんで何処に何があるのか分からなくなってしまう収納下手…義理のお母さんの家はアクセント的にお洒落な壁紙が数ヶ所貼られています。ペインターなので色の使い方は配置が本当にお洒落です。そして飽きのこないシンプルな家具。
d0090294_4361275.jpg
義理のお母さん特製の美味しいロールケーキを頂きました。クリームチーズも入っているこの白いクリーム、中はラズベリーが入っていて白×ピンクがまた可愛い。そして、こってりしてなく美味しかった~。キッチンの大きな窓からは秋の紅葉が見れて、とても良い時でした。それに、フィンランドでは珍しく、義理のお母さんの所にはバスタブがあるので泊まりの時は子供達も大はしゃぎで入浴。ラーヌヤルビからは車で約50-60分離れているのですが、義理のお母さんの所へ行くと、ちょっとした休暇のようです。

話は変って、8月・9月・10月・11月と誕生日続きの我家。今日はA-Jの誕生日。おめでとう38歳!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-11 04:52 | 食べ物色々/food
はかなくなったズボンをようやくリメイク! 子供服
d0090294_5382977.jpg
d0090294_538532.jpg
次女・こゆき用に縫ったズボン。実は…この茶色いのやチェックの布は私のズボンをチョキチョキ切ったもの。もうかれこれ15年位前のものかな。何年も前にはくのを止めて「いつか洋服の足しに…」と思って棚の置くに詰め込んであったのです。重い腰がよく上がったと自分でも驚~。こういう「いつか使える」と言う材料がゴロゴロあるのです。まるでハムスターの様にためます。でもハムスターの方が消費が早いですね。ポケットのインナーは北欧レトロ布を使っています。誰も見ないだろうけど…
d0090294_5392953.jpg
今年の春頃に私のネーム入り織りタグKASSUが完成したので何処にでも付けています。裏にはメイド イン フィンランド入りです。こうやって洗濯にも強いタグを付けるとビシッと締まる感じがします。
d0090294_5394664.jpg
私の着せ替え人形状態の、こゆき。気が付いたら5日で11ヶ月になっていました。1歳まで1ヶ月をきりました。まだ生まれてから半年しか経ってないような気がしたのですが…おかしいな~
d0090294_540710.jpg
最近は何も摑まらずに自分で立てるようになって、ますます楽しそうな彼女。我家の2階の閉まりにくいトイレのドアが少しでも開いているとハイハイで侵入しに行きます。それを目撃されると更に猛スピードになるので面白いんですよね。そのお陰でズボンの膝もダメージが。靴下を履かせると自分で取ったり脱げてしまうので足先まですっぽり隠れるズボンが便利です。いかにも、赤ちゃんな感じがして好きなデザインです。時間を見つけては服作りを楽しんでいます。

お知らせ: 秋冬に便利なKassu!とんがり帽子今年も是非!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-07 06:06 | 村の生活/village life
住居はフィンランドの小学校
d0090294_2311851.jpg
ことりの誕生日だった26日の数日前にラーヌヤルビの村に初雪が舞い降りました。もう溶けてしまったけどね。なので、もう少し紅葉が楽しめそうです。家の前や裏の芝や松の木は、こんな感じに緑だけどナナカマドの葉や白樺の葉は黄色やオレンジの鮮やかな色を放っていて綺麗です。森ではブルーベリーの葉が赤く紅葉しています。

さて、私達が住んでいる、この白い建物。半分は小学校で半分が我家の住居です。真ん中にある黒い点のようなのが見えるかな?これは小学校のベルです。開始時間を知らせる「ジリジリ~」と鳴る鐘です。そこを境に左側が我家。右側が小学校になります。なので我家のゲストルームの壁の反対側では小学生が勉強をしています。休み時間も家の前で元気に遊んでいますよ。全校人数17人のラーヌヤルビの小さな小学校。合併が多くなっている中、貴重な小学校です。
d0090294_2314226.jpg
そして向こう側に見える赤い建物は低学年の子や6歳児対象としたエシコウル(プリスクール)の子達が勉強をしています。食堂も赤い建物の場所です。なので、我家の娘・ことりはエシコウルに行くのにも1分もかかりません。私なんて小学生の時、遠い道のりを子供の足で35分もかけて小学校に行っていたのに…あの時は、小学校の裏に住んでいるトモ子ちゃんが羨ましかったな~。
我家のように、小学校とは無関係な職の者でも一角の建物に住んでいる人や廃校になった学校が売り出されたり、住居として使われている事が普通にあるのがフィンランドの面白いところです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-10-01 02:53 | 村の生活/village life