<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
いよいよ! 白樺のカゴのワークショップ開始です!
d0090294_4525813.jpg

今年も開催「白樺のカゴのワークショップ4泊5日」。4名の方達が今日の夕方、ラーヌヤルビの村に到着しました。天候がアヤフヤで寒かったり、雨が降ったり晴れたりしていますが、どうか天候に恵まれますように! 例年は森・森とした森で白樺の樹皮採取でしたが今年は場所を変えて湖沿い…どんな樹皮が採取できるのか楽しみです。

私がフィンランドへ訪問したての頃、確か11年程前だったかな。空気が澄んでてギラギラした湖に青い空、白と黒の肌をしたスラリとした白樺が湖沿いに生えていて何て清潔感があるんだろう~っと思いました。今でも湖と青い空、白樺の木々のセットを見ると誰かに伝えたく、そして見せたくなります。
d0090294_4524229.jpg
マークしておいた白樺の木。約70cmの幹。今年は採取方法も変えてみます。
明日からの日々がドキドキでワクワクです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-24 05:04 | 村の生活/village life
夏至祭ホームステイ 食卓を一緒に囲む楽しさ
d0090294_23133259.jpg
今年もラーヌヤルビの湖の辺のkokko:大きな焚き火はメラメラとした炎を放っていました。夏至祭前夜は近所のお家でパーティーがあって途中、皆で抜けて湖のコッコを見に。行く道中の手段も田舎ならではの?ゆる~い感じで。今年は例年以上に寒くて生憎の雨。なので恒例の湖の辺でのBBQはありませんでしたが楽しい時となりました。
d0090294_23211210.jpg
夏至祭シーズンにホームステイに来ていたNさんと一緒に旬のルバーブを収穫してルバーブケーキ作りをしました。甘酸っぱいルバーブはフィンランドの初夏の味。我家では、この時期にルバーブジュースを作ったり、このケーキを焼いたり、ジャムにしたり、冷凍にします。
d0090294_2329515.jpg
このケーキは焼いた翌日もしくは翌々日が、しっとりさが増してくるのです。お菓子作りが苦手な人でもザックリと大雑把に作れるお菓子ですよ! 一緒に焼きチーズ&クラウドベリーも食べました。
d0090294_23331164.jpg
夏至祭の日前後は毎年食べてばかり・笑。一緒に食事を分けて一緒に時間を過ごせる人達がいると食事も美味しいし、喜んでもらうと作っていて嬉しいですね。写真のはフィンランドのカレリア地方のお肉料理(レシピはコチラ) に副菜のパプリカ。夕飯は我家恒例の夏至祭の食事=スチームスモークサーモンにスペアリブ。これが、とてつもなく美味しいんですよ~。
d0090294_23402593.jpg
ホームステイに来られる方には事前に何が興味があるのか、何がしたいのかなどリクエストや質問などしています。Nさんはお洒落~なカフェ&セレクトショップnoah noahを静岡で経営している方。お菓子作りにも興味があって、そしてフィンランドの伝統工芸にも触れてみたいとの事。なのでお菓子作りや簡単なパンを焼いたり空いている時間に一緒に小さな白樺のカゴを作りました。やっぱり形になっていく姿が楽しくって出来あがったカゴに2人で感動~。

Nさんは日本に帰国道中。また新しい発見や刺激を頂きました。わざわざ、この田舎の我家に来るために時間をつくって頂いて本当に感謝です。新たな出会いにKippis!=乾杯!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-22 23:59 | 村の生活/village life
ラップランドの夏
d0090294_23524236.jpg
これから夏は来ないんじゃないか、6月上旬の暑い日で夏は終わり?と思わせるような寒い日々が続いています。でも、これがラップランドの今の時期の気候。なので、じゃが芋植えは夏至祭後にと言う人も多いのです。でも草花は元気に育っています。子供達は野草を摘んで持って来てくれます。畑の草むしりや苗を植えている姿を普段から見ている息子・あんじんは野草を摘んでは土に植えていました。3歳児の可愛い一面。

今日は、夏至祭の準備や、これから始まる白樺のカゴのワークショップのための買い出しにロバニエミへ行きました。休暇の前のザワザワとした雰囲気のお店を何件もハシゴして。よそ見をしながらも紙に書いておいた買い物リストに集中して。数時間かけて忙しい買い物を済ませ夕方ロバニエミを去って田舎道を。信号も無くなって景色が急にパノラマに。雲行きが悪かったけど空からギラギラした太陽が緑の葉や青い湖を照らして、ゆったりとした気持ちに。やっぱり私は田舎が似合うようです。さーて、そんな自然での生活の日々を今週~来週ホームステイに来られる人達に楽しんでいってもらいたいな。飾らない正直な自然の中で。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-20 00:11 | 村の生活/village life
レバノン料理をご馳走になりました
d0090294_622340.jpg
今日は家族で、あっちのお家へ訪問・こっちのお家へ訪問したりアッと言う間に時間が過ぎていきました。夕飯時に帰宅をしたら2階のキッチンから良い香がしてきました。我家に住み込みで来ているレバノン人の留学生が彼の故郷の料理を作っていました。フムスはレバノンでよく食べられているそうです。ちゃんとヒヨコマメを煮てマッシュしたのは味もフレッシュで美味しい~。それに、こういう盛り方、お洒落~。
d0090294_623868.jpg
そしてsumacと言う梅干に似た様な味がする面白いスパイスの入ったこちらの食べ物。他にゴマやオリーブオイル・乾燥タイムなんかも入っているそう。触感も良くって日本人の口に合うんですねぇ。レバノンではピタパンの様なピザ生地の様なパンに、このソースを塗って食べるそう。他にもチーズや野菜をのせて食べたりもするんだよ、と言っていました。それが朝食で食べられているそうです。

我家では、色が濃いパンを食べる事が多いけど、彼の国は白いパンが主流だそうで、なので先日、白いパンを焼いたら、とっても喜んでくれました。日本は、お米が主食。フィンランドは、じゃが芋。レバノンはパン。面白いですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-15 06:46 | 村の生活/village life
子供部屋のインテリア 模様替え
d0090294_2393719.jpg


義理のお母さんが使っていたダイニングテーブルが不要になったので我家へ仲間入りしました。我家の子供部屋にね。始めは、こんな大きなテーブルを~子供部屋に?!と思ったけど、置いてみたら白いテーブルともあって光を反射して部屋が明るくなりました。それに、このテーブルなら有意義にお絵描きもクラフトも出来るね。(今まではリビングや子供部屋の小さなテーブルを使っていたので)我家のダイニングテーブルも人が集まると狭く窮屈になって食事をするけど、これから人数の増える時は、このテーブルをエクステ出来そうです。良かった。
d0090294_240651.jpg
今まではこんな感じでした。IKEAの子供テーブル&椅子。あまりIKEA品は好きではないので…少しづつヴィンテージ家具と入れ替えです。取りあえず、この赤いテーブルは2階の隅に置いて使用しているのですがね。
d0090294_2404643.jpg
こちらが入れ替え後の様子。模様替えって楽しいですね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-13 02:58 | 村の生活/village life
森の家作り また始まりました
d0090294_23174541.jpg
数日前よりトンタントンタンと森から大きな音が聞こえてきます。そう、森の家作り再開しました。今の住まいから目と鼻の先なので良く聞こえて、夏の青い空に響きわたって気持ちが良いです。
d0090294_23182293.jpg
5月に日本帰国訪問を終え帰って来てから以前、電話をしていた大工さんに手を借りようと再び電話したら、違う現場で働いているので無理との事。他の人にも聞いてみたけど自分の家を修理する人も多く皆、短い夏に働きまくります。大工さんも稼ぎ・働き時です。うっかりしてたね、私達。でも、嬉しい事に「手伝いに来るよ」と言ってくれた人、これから来る人、夏のバイトとして働きたい人に恵まれて現在、A-Jの他にレバノン人の留学生1人、大工勉強をしているフィンランド人1人が毎日頑張って働いています。レバノン人のルーペンはアパートを引き払ったので数週間、我家に住み込みでいます。ただ働きの代わりに住食提供です。さて、日本訪問帰国をしてから子供達の日本語率がグッと伸びたのですが、ルーペンとは英語で話しているので子供達も英語で挨拶をしたりと少しづつ単語を覚えていっています。彼の国の内戦情報なども私達には衝撃的で新鮮。でも、そんな状況とは間逆なルーペンの人柄。毎日、楽しく過ごしています。
d0090294_23185099.jpg
私は畑の草むしりをしたり(でも全然追いつきません…)、掃除をしたり、料理担当。最近は毎日暑いんですけど負けずに酵母からパンを焼いています。今回のパンはゴマ・ひまわりの種のパン。炒った後の熱々の中に冷たい水を入れて、その液も粉と一緒に練ると凄く香ばしいパンになります。
d0090294_231911100.jpg
一週間の内、スープもよく食べるのでパンも重要存在です。やっぱり焼きたては美味しいしね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-06 23:48 | 村の生活/village life
日本人の海外在住者が喜ぶお土産/ギフト
d0090294_35129100.jpg
北欧フィンランドは物価が高いと言われていますが、雑貨などの物価は24%の消費税が付きます。なので、どうしても高くなっちゃうのですよね。ところで、去年の暮れに日本の友達から嬉しい小包が届いたのです。その中の1つが凄くお洒落なマスキングテープでした。私の中でマスキングテープ=絵を描く時に必要なもの=色はクリーム色。こんなのお洒落なのがあるんだ~っと。それからラッピング用やカード作りなんかに重宝しています。
d0090294_3514745.jpg
日本の帰国訪問に合わせてマスキングテープは買う!と決めていました。お目当ての黒白のボーダーとかがなかったので断念して↑のを購入しました。帰りの空港内の「無印良品」でも思わず購入。でも色が地味だね…もっと明るめなのも買えばよかったかなー。残念ながらフィンランドでは日本ほど可愛いマスキングテープは無いのです。なので海外在住のクラフト好きな日本人の方にはマスキングテープをお土産/プレゼントとすると大変喜ばれると思いますよ。私が大喜びしました!
d0090294_352911.jpg
フィンランドに無くて日本にあるもの。その中で重宝しまくりなのが↑無印良品のラップ/ホイル入れケース。日本のスパッと切れるサランラップに慣れて育ったのでフィンランドに来てカルチャーショック?を受けた切れないサランラップ。とにかく切れ味が悪いのです。無印良品はシンプルで機能も良いですね。こちらのラップ/ホイルも日本と同じサイズなので、これは凄く便利です。日本の方にお願いして以前、持って来てもらいました。凄いですね、無印!

今回の日本帰国訪問を終えて去る時に成田空港内の無印良品へ寄りました。空港内なので旅グッズが多いのですが、どれも新鮮に見えて、もっと見られなかったのが残念。あと5分も長く見ていたらファイナルコールで呼ばれるとこでしたよ…苦笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-06-03 04:19 | 村の生活/village life