<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ためになるフィンランドの絵本
d0090294_795824.jpg
この本はフィンランド人漫画家・児童文学作家のMauri Kunnasさんの本。彼はとっても有名な人です。中でも私のお気に入りのKoiramäki。昔むかしのフィンランドの生活や知恵がイラストと共に描かれていて、子供でも大人でも楽しめる本です。
d0090294_7102314.jpg
母屋があって家畜の建物・貯蔵庫・衣服をしまう建物などなど敷地内に何個も建物があります。建物が囲いになっているような配置は、風を丁度良くさえぎる事が出来たり獣の通り道になるのを防げたり、どことなく落ち着く感じもする利点があります。今、建設中(冬場は休憩中)の「森の家」も昔ながらの、こんな風な雰囲気にしたいなーっと絵本を見ながら話しています。
d0090294_7104244.jpg
昔は電気がなかったので薪を入れて釜戸のような道具で料理をしています。火の熱でレンガの壁も保温されるので釜戸の近くには寝られるスペースがあるのも昔ならではの作り。メイドさんが寝ていた場所と聞かされた事があります。
d0090294_711462.jpg
中央フィンランドにあるタンペレの市に、この本を再現したテーマパークがオープンしたので去年の夏に行ってきました。(写真は夏の時) 絵本の表紙同様。
d0090294_7112311.jpg
こんな風につまれた干草や木で出来た柵はフィンランドの伝統です。
d0090294_7114530.jpg
釘やワイヤーを使わないで自然のもので柵を固定。これも昔ならではの方法だそう。
d0090294_7115748.jpg
古い道具を見ると魅力を感じます。A-Jは蚤の市で古い道具を見つけると刃を研いだり柄を作り変えて再び良い常態にします。今の道具にはない良さをもっている昔の道具だそう。

「森の家」はすぐすぐには出来そうもありません。今年の夏に屋根を立てて床をはって来年の夏に内装をゆっくりと開始。なので母屋だけでも2年~はかかりそうです。小さなコテージは今年の夏にはある程度住めるようになる...かな!? この他にサウナや焚き火の出来るスペースやワークショップ、小屋、羊が有意義に出来るスペースや小屋、畑、まだまだ年数がかかりそうです。

A-Jとは「5年計画」の話をよくするのですが、近い将来に向かって「しなくてはいけない事」ではなく、自分達がしたい事・出来る事などを話していくのは楽しい事です。今年の夏も沢山する事があるので、そんな体験をホームステイをしながらしてみたいと言う方、是非♪
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-26 07:54 | 村の生活/village life
子供達の成長 
d0090294_0432373.jpg
もうすぐで3月。暖冬でプラスやマイナスのメモリをいったりきたりしている温度計。今年は早めに種植えが出来るかな?!日中の光も大分部屋ぶ入るようになって気持ちが良いです。少しづつクッションカバーも縫って春色に変えていっています。今日はキッチンのテーブルの位置を少し変えて気分転換。こういう小さな事でも子供達は敏感で喜んでくれます。
d0090294_0434613.jpg
この間、A-Jにフェイスペイントをしてもらって大喜びだった、ことり&あんじん。終いには子供達はA-Jにもペイントして大満足。子供達はお絵描きや塗り絵が大好きな年頃。塗り絵なんかを見てみると、ことりは線から色がはみ出ていて雑な塗り。でも色は、それなりに全体を意識して一般的な色合い。一方、あんじんは線の中を綺麗に丁寧に塗る派。好きな色を好きなエレメントに塗る子です。例えば亀は緑ではなく赤い所があったり青かったり自由。頭の半分が黄色で半分は紫とかね。これは個性なのか年齢からなのか成長と共に見ていくのが楽しみです。2人共、型にはまらず伸び伸びと絵を描いていって欲しいな。
d0090294_0445369.jpg
もう少しで4ヶ月の、こゆき。絶好調な彼女です。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-25 01:05 | 村の生活/village life | Comments(6)
子供服 今日もミシンガタガタ
d0090294_22182034.jpg
日本は雪が凄いそうですね。私の実家のある秩父市も大量に雪が降って不便さや支障が出ている話を聞きましたラーヌヤルビの村よりも積雪量が凄いんです。皆さんの生活に支障がありませんように。暖冬なフィンランド、いつもなら氷点下になって散歩する時に空気がピンとなって気持ちが良いのですが今は何だか生温い感じです。そんな感じなので子供服は半袖服を縫いたいとこだけど、もうひとふん張りで長袖服を縫っています。

キツネ柄のフード付き服は、あんじん用。着なくなっても後々サイズが分かるようにサイズタグを縫い付けました。(あっ、でも付け方ちょっと間違った...)同じ型紙ばかり使うと同じデザインのみになって飽きてしまうので、袖のリブを長くしたりポケットを付けたりフードの付け方やリブの長さを変えてアレンジです。ポケットが付くだけでもグッと雰囲気が変りますね~。

ネコ柄のは、こゆき用に62cm。ヴェルヴェット生地で柔らかくて気持ちが良いです。生地を切る時は繊維がボロボロ出てくるのでクシャミが数回でますけどね...この他にも日曜日に、ことり用に半袖の服を縫いました。冬でも室内が暖かいので子供達は厚着嫌いです。夏が来るのが待ち遠しい、ことり。「ワンピースを着て裸足で外を駆けまわれるから!」そんな5歳児です。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-17 22:37 | 村の生活/village life | Comments(10)
サルミアッキ味のマカロン 
d0090294_222333.jpg
明日はバレンタインデー。ここフィンランドでは「友達の日」なので、お気楽に過ごしています。丁度、昨日ロバニエミのサンタ村のマリメッコに行ったので隣のCafe Santa Clausでマカロンを買って帰りました。ヘルシンキのカフェでは珍しくないのかな、マカロン。でもロバニエミは市ですけど大きな都会でもないのでマカロンはカフェにゴロゴロとはないんですねぇ。でも冷凍されたマカロンはスーパーでも買えるのです。でもでも、このカフェは自らカフェでお菓子を作っているというとこが売りのようです。マカロンの種類も豊富。フィンランドのラップランドならではの味もあるので旅行される方は是非!サンタ村のサンタクロースオフィス施設内イーッタラのアウトレットとマリメッコのアウトレットの間にあります。(マリメッコのアウトレットはサンタクロースオフィス店舗に移動しました)

数ある種類の中で選んだのが、チョコチリ・ミントチョコ・ジンジャークッキー・ブルーベリー・苺そしてサルミアッキ味!さすが、フィンランドです。サルミアッキ味。少し味身をしたけど、しっかりしたサルミアッキの味がしましたよ。サルミアッキキャンディーは苦手ですけどキャンディーより食べやすいですよ~。私は苺味を食べたら凄く美味しかった~。オススメです!
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-13 22:25 | 食べ物色々/food | Comments(8)
自家製ルーネベリケーキ
d0090294_2294868.jpg
フィンランド国歌を書かれたフィンランドの詩人(J.L. Runeberg, 1804-1877)ルーネベリさんの誕生日が2月5日です。その日にちなんでフィンランドではルーネベリケーキが食べられています。このケーキ、1月中に3回焼きました。上のジャムは家の周辺で取れたラズベリーで作ったジャム。真っ赤な色に白いアイシングがピッタリ。
d0090294_230927.jpg
もともと、このケーキは彼の故郷のベーカリーで生まれましたが、彼の奥様がレシピを学び、クリスマス時期に食べられるジンジャークッキーの余りを使うなどして工夫をし彼のために焼いたそうです。このためにクリスマス時に焼いたジンジャークッキーを取っておいてサラサラに砕いて混ぜました。もっとスパイスの効いたのが好きなのでシナモンパウダーとクローブパウダーを更にプラス。ジンジャークッキーが無い場合はパン粉でも大丈夫なのですが私は絶対ジンジャークッキー派。ところでフィンランドのパン粉は日本のとは少し違います(写真右下)。もっと丸い形をしているのです。
d0090294_2303461.jpg
バターたっぷりで、どっしりとしたバターケーキの様な感じです。なので食べ応えあるある。市販のも売られていますがメーカーによっては味が全然違うのです。中には乾燥気味なタイプもあるのですが私は、しっとり派が好きなので生クリームと林檎ジャムを加えて焼き立ての熱いうちにラム酒(子供用には粉砂糖+水)をたっぷり塗ります。そうすると、しっとりさも増して食べやすいのです。
d0090294_2305316.jpg
この筒状の形や真っ赤なラズベリージャムの色、丸く白いアイシングで円を描くのも、ユニークで個性的で好きです。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-04 02:51 | 食べ物色々/food
大切な存在
d0090294_21135173.jpg
カエルのようなお腹。最近はコブシを自分で吸うようになってきました。
d0090294_21142974.jpg
足をバタバタさせて。なので靴下がよく脱げます。
d0090294_21144998.jpg
ニコ~っと笑ったり声を出して笑う姿を見ると癒しモード全開ですね。
そんな、こゆきは今月の5日で丸3ヶ月。
お腹の中に居た時から今も毎日密着しているので、3ヶ月という時が長いような、短いような。
こんなに小さくても言葉と言う言葉を発していなくても誰からも愛されています。
ありがとうね。
[PR]
by Kippis_Y | 2014-02-03 21:23 | 村の生活/village life