<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
キャンドルを灯しながらクリスマスカード作り
d0090294_2281974.jpg



ずーっと前、義理のお母さんから受け継いだキャンドルホルダー。彼女は彼女の母親から受け継いだそう。このキャンドルホルダーに、もうそろそろ役目が終わりそうな小さくなったキャンドルに火を灯して国外に住む友達・知人へクリスマスカード作り。日本行きのクリスマスカード(エコノミー便)は12月2日が発送締め切りなのでね。
d0090294_228354.jpg
何だか去年と同じような出来上がりのクリスマスカードになってしまったけど紙の質感が好きで、ちょっと古めかしいと言うかナチュラルな感じに仕上がりました。(と言うか仕上げたかったのです。)
d0090294_2285522.jpg
切手の雰囲気も可愛くって、過去数年の内でも今年のが一番の好み。フィンランド国内では国内用に早期発送すると65セントで送れます。次は75セント、85セントと時期別になっています。写真の切手は65セントと75セント。結構、安く送れるのですが来年1月より郵送料が20%増しになるのです。郵送料は非税なんですけど毎年、郵送料が値上がりしているフィンランドです。
d0090294_2291417.jpg
キャンドルの話に戻りますが冬が長くて暗いフィンランド。室内でも野外でもキャンドルを頻繁に活用します。そして、こんな道具も...何だか分かりますか?
d0090294_2293230.jpg
こんな感じになっています。キャンドルを消す時に先の帽子の様な部分を火元に被せて火を消します。フーッと火を消すと溶けた蝋が飛び散ったりするので、この道具は便利です。壁に掛けられるようになっているので紛失防止にもなりますね。蚤の市やお店でも似た様なタイプがあるけど、私が購入したのはスタイリッシュでアンティークな感じがしてお気に入りです。今年の冬も活躍してもらいましょう。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-29 22:38 | 村の生活/village life
恒例のジンジャークッキー焼き
d0090294_4584814.jpg
今年も、この時期がやってきました。子供達と一緒にpiparkakku:ジンジャークッキーを焼きました。生地は前日に作って冷蔵庫に寝かしておきます。なので伸ばして焼いてっと簡単です。1回に全部焼くと時間もかかるので数回に分けて毎年焼きます。でも、すぐに食べてしまうので同量の生地を12月にも作って焼きます。お店で冷凍になって売られているのもあるけど毎年、生地作りから始めます。スパイス多めのほうが美味しいのでね。レシピはKassun kotiのHPより。
d0090294_45957.jpg
お決まりのクリスマスソングを流してtonttu:小人の帽子を被って。子供と私は焼く係り。ビデオを撮るのはA-Jで、ハイエナの様に焼きあがるのを待つのもA-J。ジンジャークッキーは焼き時間が短いので助かります。でもウッカリしてると焦げるけど...毎年、子供達も上手になって今年は生の生地を摘み食いする事も少なくなったかな。ことりは型抜きが楽しくって、あんじんは伸ばすのに夢中。
d0090294_4592473.jpg
そして、この時期に温かいglögi:ホットジュースを飲みながらクリスマスカード作り。
クリスマスを迎える準備、楽しいです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-24 05:20 | 村の生活/village life
プチリメイク 赤ちゃんのスリーピングバッグ
d0090294_19552815.jpg
フィンランドでは出産前に申し込みをすると国からÄitiyspakkausと言って赤ちゃんに必要な衣類やグッズ、ママ用の品々が頂けます。大きな箱に入ってくるんですけどね、その箱も新生児のベッドとして使えるのです。毎年デザインも変わって衣類もサイズ別になっているので優れものです。(写真はKelaよりお借りしました)この品々ではなく140ユーロ程の金額を頂けるシステムにもなっています。我家の場合、長女の時はこの便利なグッズを頂いたのですが、結構長持ちもするので、長男&次女の時はお金を頂きました。
d0090294_19472338.jpg
中でも便利なのが、こちら。ベビーカーに乗せる時、寒さ防止のため、このスリーピングバッグのようなものに中に赤ちゃんを入れてジッパーを閉めます。でも、この柄がね…
d0090294_19435544.jpg
なので外のカバーを外して自分の好きな柄にリメイクしました。中も外もレトロな柄です。ジッパーを全開にすると結構大きなブランケットのようにもなるのです。中綿もあるので結構厚みのあるスリーピングバッグになりました。暑過ぎないかな、、。
d0090294_19473968.jpg
新生児用のベビーカートップに入れた状態。その上にベビーカーの緑のカバーを付けて外に出ます。赤ちゃんが生まれて今日で丁度2週間。冬生まれの赤ちゃんは生後2週間は室内で過ごして、その後、外気に慣らしていくそうです。初日は15分程。丁度、今日は子供達が幼稚園でクリスマス発表会があるので赤ちゃんとA-Jと一緒に行って来ます。初の散歩デビューです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-19 20:13 | 村の生活/village life
今年もクリスマスカード作り
d0090294_1626683.jpg
今年もクリスマスの準備の時期がやってきました。赤ちゃんが生まれたのと毎年、この時期にある手持ちの仕事のラッシュで、うっかり忘れてしまいそうだったけど…今年も郵便局から赤い封筒が届いたので昨晩、紙や材料を出してきてクリスマスカード作りのシュミレーション?をしてみました。出産前にカードのデザインは紙に描いておいたけど実際に紙を触って素材を組み合わせると新たな発見が出て結局、はじめの案とは違ったデザインに。ラップランド大学でテキスタイルデザインを勉強していた時に先生が「はじめの案は、あくまでも案なので、それだけと拘らず進展させて新たな案を生み出そう」そんな事を言っていたのをよく思い出します。こうして今年のクリスマスカードは大体の案が決ったけど気がついてみたらプリンターのインクが足りなかったり、材料が足りなかったり...本作りは来週~再来週かな。さてさて、今年のクリスマスの切手は、ちょっと古めかしいクラシックな感じが私好みです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-18 16:40 | 村の生活/village life
家族が増えました!
d0090294_09283.jpg
11月5日 13:34分 2660gの女の子が生まれました。
5歳の娘・ことりは33週4日、3歳の息子・あんじんは34週3日で産まれ2人共生まれた後に保育器に入ってしまったので毎日、病院通いでした。3人目の赤ちゃんとは一緒に退院したいと願っていたので予定日(11月の17日)より早い38週2日目で出産でしたけど一緒に退院できました。どうして早産なのか原因が分からないので今回は通常よりも多く定期的に尿検査や検診をしていました。破水や陣痛がおきてしまったら村から病院まで車で約60分。私はフィンランドの自動車免許がないので、いざとなったら救急車もしくはタクシーを呼ぶ、子供達はどうしようかと不安はあったもの、運よく38週1日目の検診日に羊水が少なくなっていると言う事で急遽入院。翌日、先生に羊水の袋を開けてもらい10分後に陣痛開始、ハッピーガスを使って自然出産でした。昼間だったので子供達は幼稚園、A-Jも病院へ間に合いました。陣痛が来た時は「も~3人目で終わり!」と思ったもの、生まれた瞬間に「4人目も良いかも」っと思ってしまいました。それ程、安産で環境にも恵まれました。陣痛時に背中をさすってくれたA-Jの手の温もりが体と心情を和らげてくれて、A-Jが赤ちゃんを産むんじゃないか?と思う程、彼もいきんで。出産の痛みは女性本人しか感じられないけど隣で一緒に支えてくれる旦那さんの存在は、とっても大きいですね。

d0090294_093770.jpg出産後には温かい飲み物とプッラが出てきます。マグカップにはäiti=ママ・isä=パパと入っています。早朝の出産の時には、これにオープンサンドとヨーグルトが加わった記憶があります。今回の妊娠では見事、妊娠糖尿病になってしまったので炭水化物を避ける食事療法をしてきました。でも、出産後は解禁になったのでプッラは美味しかった~。でも私の母は長年糖尿病だったので産後も気を付けないとです。妊娠糖尿病と分かった時に病院の先生はすぐインシュリンを与えたがったのですが私は真っ先に食事療法&散歩を選びました。誰に教わる事もなく自分なりに工夫をして。「食べられない苦しさ」と言うよりも「他にも食べられる物がある」と言う事に感謝しながら。そんなに苦ではない4ヶ月間でした。
d0090294_091964.jpg
d0090294_095570.jpg
お腹の中に何ヶ月も居た赤ちゃんが数時間の出産で出てきてしまった事が嘘のよう。小さな声で泣く姿も可愛くって。私の場合は5日間の入院でしたけど病室に迎えにきてくれた、ことり&あんじん。子供達も照れ嬉しそうにギュゥ~っと私にハグをしてくれました。それにしても2人が巨人のように見えましたよ~。子供達は赤ちゃんが可愛くて仕方が無い様子です。

先日、送られてきた病院の請求書を見てビックリ!
出産を含め5泊入院で約2万7千円のみ。驚きですよね~
[PR]
by Kippis_Y | 2013-11-16 00:56 | ちょっとお知らせ/info