<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
イースター休暇
d0090294_16485452.jpg

今日はイエス・キリストと弟子達が最後の晩餐をしたkiirastorstai:聖木曜日。明日はpitkäperjantai:聖金曜日。イエス様が十字架に架けられた日。これで終わるのではなく3日後に復活した事実。復活のシンボルとして卵や雛がワンサカしていますが、大切な事を子供達に伝えていけたらな~そう思います。フィンランドは金曜~月曜まで連休です。週末は義理のお母さんに会いに行って来ます。皆さんも良いイースターを!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-28 17:02 | フィンランド色々/Finland
プリンセスケーキ
d0090294_014843.jpg
ピンクのマジパンの色が春・女の子らしいプリンセスケーキ。春に拘らず1年中を通してお祝い用として誕生日なんかで食べられます。今回はホームステイに来ていたRさんのリクエストで一緒に作りました。フィンランドには日本の薄力粉と似た粉Erikoisvehnäjauhoもあるけど大概のケーキやプッラなんかにはPuolikarkea vehnäjauhoと言って中力粉に近い粉が使われています。このケーキの生地は中力粉・ポテトスターチの半々ずつで作りました。なので日本のスポンジよりも粗い感じがします。でも慣れると気になりません。角材などは使わないので相変わらず、スライスに勇気が要りましたけど...糸で切ると良いと聞いたのでしてみたけど結局、熱々の熱湯で温めたナイフで切るのが1番でした。フィリングはラズベリージャム・バニラクリーム。
d0090294_0143368.jpg
ホワイトチョコがなかったのでビターチョコレートで冠を作ってデコレーション。Φ24㎝のホールケーキ。大きいので、ことり&あんじんの通う幼稚園へ半分配達しました。実は途中でジャムが足りなくなってしまって林檎&シナモン味のジャムを足したら、これが先生の間で美味しいと評判でした。翌日に食べたら味が染みていて確かにジャムも引き立って美味しかったです。

フィンランドではマジパンの色も様々あってケーキもマジパンを使ったものが日本よりも沢山あります。日本ではマジパンのケーキなんて主流なのかしら?
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-27 00:35 | 食べ物色々/food | Comments(8)
ダイヤル電話の秘密
d0090294_56859.jpgフィンランドに移住して4月で丸6年。フィンランドの中でも流行ものには疎い私。普段、日本の情報もそれ程、調べていないので我家のホームステイに来る方達に「知らないんですか?」と驚かれたりする事も。流行語・新商品だったり歌手や芸能人の事、諸々。中には大笑いされちゃうような勘違いとかもあってね、、。

私が小さい頃はダイヤル式の電話。プッシュ回線になって、携帯が普及して今ではパネルを指で操作したり。電話に関してのジェスチャーも進化。でも今でも時たましてしまうのが電話の受話器を置くジェスチャーとか「ガチャン」と電話を切る音を言ってしまったり、笑。私31歳ですけど... そんな話しを先日、姉としていました。電話話しに花が咲いてダイヤル式電話のこんな事を教えてもらいました。「日本の緊急時連絡は110、119番。11は早く回せるけど0や9はダイヤル式だと戻るのに時間がかかる。これは、その間に気を静めなさい、と言う事」なるほど~面白い!フィンランドの緊急時は112番。気を静める時間よりも、もしろ「早く!」って感じですね。でも、もうダイヤル式は使われていないので、こういう話題も消えていってるのでしょうね。

フィンランドでは何年も前から家庭の固定電話も公衆電話も激変して携帯が主流です。ネット接続を加入して便利に調べ物をしたりゲームをしたりする人も多いです。私の携帯はネット接続もなくカラーでもなく電話やsmsのみ可能のです。ネットに繋がらなくて不便ーと思う事はなく、むしろシンプルで気に入っています。ね、田舎者でしょ、笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-20 05:27 | 村の生活/village life | Comments(2)
シナモンロールの旅 ワークショップ
d0090294_2211460.jpg
ラップランド大学のテキスタイルデザイン科で一緒に勉強していたサッラマリ。在学時代からキビキビしていて作品も素敵だった彼女。今回はシナモンロールの先生として教えてもらいました。

実は、「シナモンロールの旅」と題して4泊5日+1泊2日で我家にホームステイに来た旭川出身のKちゃん。旭川の彼女の働くacacia-placeと言う空間は、とってもユニークな場所です。ある日、敷地内の池の辺に全長12mのコンテナが現れたのです。渋谷さんと言うお洒落でユーモアのある男性が外装も内装も廃材などを使ってコンテナをお洒落な空間にしている真っ最中。近い将来、そこがKちゃんのシナモンロールカフェになるんですって!とってもクレイジーな発想が私は大好き。
d0090294_22113337.jpg
1日は近所のリーッカに教えてもらい2日目はサッラマリ。3日目は自分で焼く、という流れ。シナモンロールは家庭の味で一般家庭でもブルーベリーパイを超えるくらい頻繁に作られているんじゃないかな。カフェでも食べられるけど自宅で焼くお家が圧倒的。教えてくれる方によって卵の数や工程や切り目、焼き温度や焼き目具合が違ったり。一概にシナモンロールと言っても違うんですね~。
d0090294_22115197.jpg
焼き上がりは、こんなにフワフワでグルグルした巻き目も綺麗!小さい頃から食べなれているシナモンロールの味はフィンランド人にとって馴染みのある味なんだろうな。フワッとした生地と丁度よく鼻にくるシナモンの香り。
d0090294_22133262.jpg
サッラマリの家を出て大学のカフェで買った巻き目の違うシナモンロール、私のお気に入りのカフェでお持ち帰りした伝統的な巻き方のシナモンロール。食べ比べをしてみました。大学のカフェのは冷凍ものをオーブンで温めた感じで生地に穴も多く、ベイカーのKちゃん曰く、ベーキングパウダー入りと推測していました。確かに、あの穴の開き様、軽さ、味。一方カフェで買ったのは、ちゃんと素材の味がして生地も違います。こうして食べ比べをしてみると面白い!

Kちゃんは一旦、我家を出て今はスウェーデンやベルギーでカフェ巡りをしているでしょう。今週末に再会出来るのが、とても楽しみ!「シナモンロールの旅」なかなか楽しいです。って私も楽しませて頂きました。シナモンロールとは言え、奥が深いと言うか、身近に感じるものでも実際探ってみたら予想外な部分が見えてきたり。テーマは何であれ、何事も挑戦してみたり実験してみて色々学ぶものだなーっと改めて感じました。Kassun kotiのホームステイ業をするにあたって「田舎の良さや自然の良さ、何気ない事を知って頂きたい」こんな事を思うのですが逆に私が色々な事を学ばせて頂いています。Kiitoksia!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-18 22:54 | 村の生活/village life | Comments(8)
田舎体験 アイスフィッシング!
d0090294_16425556.jpg
先週末、我が家にホームステイに来た、みきちゃんと、たいへい君。近所のトンミを誘って皆でスノーモービルに乗って凍った湖へアイスフィッシング!分厚い氷に穴を開けて竿にエサを付けて、ひたすら待ちます。子供達は魚釣りよりもリエスカ (フィンランドのラップランド発祥のパン)に夢中。
d0090294_16431274.jpg
2歳半のあんじんは湖でサメを釣ると言ってましたっけ、笑。
d0090294_1643371.jpg
この日の気温は0度位だったのかな、でも凍った湖でじっとしてるには寒いです。寒くて飽きてしまった子供と私は帰宅。Mちゃん&T君が釣ってきてくれたスズキ科の美味し魚:ahven、それから近所のペンッティの罠に掛かった白身魚のkuhaとmadeを頂きました。夕飯の前菜は新鮮な魚!とっても美味しかったです。

MちゃんとT君が宿泊しに来た初日に大きなオーロラが観られました。時には赤みのある色も出たんですよ。やっぱり3月はオーロラ観測のチャンスです。昨日、一昨日も少し出たんですよ。

子供達は一緒に遊んでくれたMちゃんとT君が大好き。朝から夜まで大はしゃぎで甘えさせて頂きました。おおきいお姉ちゃんとお兄ちゃんは、村を去ったけど、また遊びに来てね!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-15 17:01 | 村の生活/village life | Comments(6)
大きなオーロラ出ましたよ
d0090294_7261773.jpg
「○○ちゃん、オーロラが出てるよ!」っと日付が変わった頃、外に出たA-Jからオーロラコールがありました。出てみると木の後ろに光があって、数分もしないうちに縦に光が伸びて次第にカーテンが揺れるようにユラユラ。たちまち北の空全体に光が渡って何とも贅沢な時でした。今回は光も強く5分以上は続いていたんじゃないかな。オレンジの光は火じゃなくて近所のお家の明かりです!
d0090294_726383.jpg
2回の寝室の小さな窓は結構穴場です。ぬくぬく寝そべってみられます。
急に冷え込みがあって快晴。星もキラキラ。オーロラが見られるチャンスとしては8月後半(これは去年観測しました)や気温が急に下がって曇りの日も少ない9・10月も良い時期です。逆に11・12・1月は曇りや雪の日も多いのでチャンスは減る傾向です。2月や3月の中旬は晴れ間の日も増えるのでオーロラ観測に向いている月だと思いますよ。

「日本人はオーロラを見ると/オーロラの下でカップルが夜を過ごすと男の子が生まれる。こんな説があるんでしょ?」と北に住むフィンランド人に聞かれた事があります。こんな迷信は日本ではないですよね?どうやら迷信はカナダから巡って来たらしいですね。しかも何かのドラマがきっかけで。実際は寝るよりも観るのに必死ですね・笑。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-03-02 07:47 | 村の生活/village life | Comments(12)