<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
不審な電話?!
d0090294_1658103.jpg
昨日の夕方、見知らぬ海外の番号から携帯に電話がありました。出てみると訛りの強い英語で「エストニアの○○空港です」と。彼は「貴方の名前は○○○○さんですか?家族メンバーは○○○、○○○、etc...住所・電話番号は○○○」話しを更に聞いてみるとエストニアの某空港に日本語×エストニア語で書かれた本を忘れていった方がいるそう。本の間に私達の連絡先が書かれたカードや女性宛のポストカード・フィンランドの宿泊先が書かれたメモが見つかったので持ち主は私ではないかと連絡をしたそう。私の本ではないので「一体、誰の本だろう」と言う事に。持ち主が分かれば空港で渡すか郵送します、と言う内容。始めは怪しい人物100%と疑っていたけどカードに書かれた家族メンバーの名前に加え、犬のロッタの名前&聞き馴染みのある空港名だったので、これはもしや!っと心当たりがある方がいたのです。彼女の連絡先は知っているけど変な事件に巻き込まれたくないし名前を伝え「搭乗記録から個人データを見て連絡して下さい。私から彼女に直接伝えます」と言って電話を切りました。A-Jなんて「○さんのストーカーだったらどうするの?」なんて真剣な顔になってましたっけ。でも番号は確かに空港の荷物管理の番号。結局、本人に確認したら彼女の本だったそう。無くしてしまって探していたそう。それにしても!エストニアの某空港のカスタマーサービス、親切です。親切過ぎて私は完全に疑っていましたが…

話しは代わって、その彼女が我家に滞在していた時にインスピレーションで作った前菜です。スモークサーモンとクリームチーズを層にしてディルを上からパラパラ。バルサミコ酢も一緒に。魚にレモンの組み合わせは抜群ですよね。こういう柑橘系にバルサミコ酢もサーモンに合いますよ。色合いも良いしね。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-28 17:03 | 食べ物色々/food | Comments(10)
ロバニエミ デザインウィーク2013
d0090294_4483561.jpg
2月18日~24日までロバニエミ デザインウィークでした。毎年、開催されていて名前の通りデザインにまつわる個展や販売・イベント・セミナーなどデザインに関して幅広く行われる週です。開催の場所となったアルクティクム博物館の広場。これはオープニングです。
d0090294_4495459.jpg
d0090294_45012100.jpg
A-Jは雪・氷の氷像やデザインを日本にいる時から手がけていて母国のフィンランドに帰国してから毎年携わっています。大学でワークショップも少々教えていてメインはLapland snow designと言うプロジェクトリーダー。なので毎年11月から2月の終わりまで忙しく動き回っています。プライベートでは雪・氷のデザインなんかもしているのですがデザインウィークの時は造るよりもイベントを開催するにあたって色んな事を仕切っているようです。大きな雪像は5m近くもあって抽象的な雰囲気が凄く良かった。雪像は大学の生徒さん達が手がけたものです。中には山口大学からの生徒さん達もゲスト参加して創り上げたそうです。
d0090294_4485435.jpg
昼間見るのも良いですけどライトアップされると雰囲気も上がりますね。
d0090294_4492510.jpg
普段は斜面になっている坂も雪のベンチを作って観客席。ここでファッションショーが行われたのです。(写真はリハーサル中)ラップランド大学在住の方達がデザイン・制作を手がけて寒い中のファッションショー。冬の野外で!肌を出しているモデルの方達を見ると見ている方が鳥肌が立つ感じでしたけど皆、堂々としてカッコ良かった~。
d0090294_4494295.jpg
幾つかの氷像を除いた氷像・ベンチは月曜日には壊されてしまったそう。ライトアップも終了です。と言うのはLapland snow designの予算が少ないために続行したくても出来ないんだそう。去年よりも評価が良くアルクティクム博物館から「来年もして欲しい」と言われたらしく、翌年はスポンサーとして応援してくれれば良いのにね。A-Jお疲れ様~
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-26 05:27 | フィンランド色々/Finland | Comments(5)
壁の色と空間
d0090294_3381383.jpg
ラーヌヤルビの田舎の村に引越した時に撮った写真が出てきました。そうそう、2階の入り口は、こんな感じのオレンジでした。右のドアからは1階へ。壁にある白いドアは洗面所。クローゼットのドアの隣の白いドアはリビングへ。小さな空間ですが他にもウォークインクローゼットのドア・キッチンへのドアがあります。なのでドアが閉まっていると、とっても薄暗く写真では綺麗に見える70年代のオレンジ色が濃く深く厄介な色に変身していたのです。

フィンランドでは玄関でジャケットや靴を脱ぐ習慣があります。私達の住む現役小学校の一角にあるこの物件は1階と2階それぞれ賃貸になっている物件を丸ごと借りています。なので2階の「玄関」部分にあたるこの部屋にもコートハンガーが壁に付いています。必要ないので取りました。
d0090294_3382668.jpg
去年の夏に壁を白く塗って一部に壁紙を貼りました。小さな空間が広く明るく変身。白くしたのでドアの色が気になりますけど…でもでも前進!長い間、誰も住んでいなくて状態も悪かった物件。以前の物件を知っている人が我家へ来ると変身振りに驚いています。他の物件と比べると不便さもあったり痛みもあるけど完璧になろうとせず自分の空間を快適に作るのは個性が出て楽しいですね。ところでグルッと見渡すと雑貨やテキスタイル云々、私好みのものが多い我家。女性はこういう分野が好きだからかな。皆さんの空間をグルッと見たらどうでしょう?
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-22 03:39 | 村の生活/village life | Comments(6)
レトロ布 リサイクル
d0090294_2138635.jpg
春の光が気持ちの良い毎日です。光が入ってくると掃除をしたくなったり模様替えなんかをしたくなります。本格的な春はまだですけど気分は春!なのでアイロンカバーに使った布でバッグを縫いました。布は蚤の市で随分前に買ったもので元々はテーブルクロス。でも状態が良く1枚でアイロンカバーにバッグと変身です。少しのハギレも捨てずに使います。
d0090294_21382086.jpg
私の作るスタイもワンハンドルバッグもそうですけどリバーシブルが好きです。もちろん、このバッグも。生地が厚くなって丈夫だしロックミシンがないのでギザギザ縫いが隠せる事も利点の1つかな。それに中に合わせる生地を考えるのも楽しいし。茶×白のドットは元々は布団カバー。ほんの少しの色褪せはあるけどインナーに使うのにも問題なし!マスタード色との相性も良いかな~。ちゃっかりと自分のブランド名の入ったタグも入れています。ひょっこりと使うには布バッグは丁度良くてジャンジャン洗えるので便利。
d0090294_21384167.jpg
我家では新品の子供服をあんまり買う事がなく蚤の市で見つけたり友達や近所の方達から貰ったりとリサイクルしています。サイズアウトになったり疲れてきたような生地になってくると生地を買って自分で縫います。簡単なのをね。生地はたまっているけど、なかなか縫えずにいて…娘のことりからリクエストのあったピンクの布で先日、ワンピースを縫いました。気に入ってくれたのは良いけど近所のお家へサウナに入りに行った時に服が行方不明になってしまいました。えっ? どういう事だー。さっきまで来て遊んでいたのにサウナに入る時になったら下着で登場。探したけど出てこなくて本人は何処に脱いだかも覚えていないほど遊びに夢中で、、笑。なので今日違う布で縫いました。本当は、あんじん用に作っていたけど型紙通りの型だと丈が短いのでリブ部分を足したら男の子用っぽく見えないので、ことり用に。あんじん君はまた後日ね。
本格的な春が来る前に子供達の服、間に合うかな…?!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-18 22:05 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
古いキャンドルホルダーの秘密
d0090294_17184257.jpg
年に1・2回 こんな紙が郵便受けに来ます。○月○日○時~○時まで停電になります。-20度を下回る場合は延期。数日前にも予定してたのですが、その日は-20度以下だったので今日、電気点検がありました。こんな風にお知らせ通知が入っていると便利ですね。しかも白地のではなく青地の紙なので目だって宜しい。

ロバニエミに住んでいた頃は、そんなに無かったのですが田舎の村に引っ越してからは、お知らせのない停電が頻繁にあります。洗濯中に、食事の準備中、シャワー中、時間に関係なくよく切れます。フィンランドの一般家庭ではガスコンロではなく電気なのでオーブンなんか使っている時は一瞬焦ります。もっと困るのは冬の暗い時期に部屋の灯りが一瞬で消えてしまうと何処も見えなく寒くて子供達も慌てます。なので日頃からキャンドルやマッチは必須!
d0090294_17224619.jpg
キャンドルと言えば、クリスマスのデコレーションをしている時に義理のお母さんがキャンドルホルダーを手にして「これは古いのよ、何でか分かる?」と言って見せてくれました。昔、まだ電気が通っていなかった頃、旅をする時にキャンドルとキャンドルホルダーを持参したそう。かさばらないようにボディーと底の部分が取り外せる仕組みになっています。「蚤の市でキャンドルホルダーを見つけたら古いかどうか見極める参考にもなるのよ。」なる程~
d0090294_1721318.jpg
今回の停電は日中だったのでキャンドルは要りませんでしたけど、キャンドル消費量が世界でもトップのフィンランド、色々な知識があって面白いです。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-15 17:29 | 雑貨・インテリア/Interior | Comments(6)
マリメッコ ラーヌ オイル加工テーブルクロス入荷!
d0090294_16473683.jpg
日中もたっぷり自然の光が注いで気持ちが良いです。キッチンの窓辺はよく日が当たるので食事をしたりお茶をしていると気持ちが良いです。春真っ最中よりも、こうして季節の始めの便りを五感で感じるのが何だか得したような感じで好きです。春っぽくはないですが…マリメッコのラーヌ柄のオイル加工のテーブルクロスがKassun kauppaのお店に入荷しました。今日発売になります。水にも汚れにも強いのでお勧めです。
d0090294_16475337.jpg
フィンランドではカフェでお茶する事もありますけど、お家へお呼ばれしてお茶を飲む事が多いです。何十回と会っている友達でも初対面でも。私の周りにはコーヒーを飲む人が大半ですけど紅茶派の人も、1杯では止まらず2,3杯と。これは日本でも一緒ですね。お茶を飲み終わったらお代わりが出てきますもんね。食器類はアラビアやイーッタラの食器が人気です。私の周りではイケア派の人は少ないかな。一緒に使うペーパーナプキンはマリメッコが人気ですね。アラビアやイーッタラの食器やマリメッコのペーパーナプキンはスーパーでも購入できる身近なものです。それにプレゼントにも最適で国民的に愛されているんじゃないかな。何十年も愛されているブランド。そして何世代にも渡っていくもの。使い勝手も良いんですよ。皆さんも春のお家でのお茶、楽しんで下さいませ~。

追記.ネットストア北欧雑貨Kassun kauppaは只今、移行制作中です。
ブログ北欧雑貨のお店Kassun kauppaより商品をお求めできます。

[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-14 19:20 | ちょっとお知らせ/info
バレンタインデーの苦い思い出
d0090294_013554.jpg
明日は14日。バレンタインデー。

遠い昔、まだ結婚もする前の事。私はお菓子作りが大の苦手。お菓子作りの上手な姉と一緒に作っても私のは何故か美味しくなかったのです。お菓子作り=女の子ちっくで、当時の私には絶対無理!と思っていたのです。ある年になって頑張って作ったチョコを渡そうと、いつも居るであろう場所に行ったらお目当ての人が居ない!その直前に引っ越してしまったそう。また年が経ち、当時付き合ってた彼に渡そうと作ったチョコレートケーキ。でも勇気が無くって結局渡せず…帰宅して冷蔵庫から取り出そうと思ったらケーキの上に漬物の入れ物が…置いた犯人は兄…ベチャリと潰れていましたよ。そして兄の胃袋へと入って行きました。そんな思い出ばかりのバレンタインデー、爆笑。

でもフィンランドの2月14日は友達の日:Ystävänpäiväです。
1987年にカレンダーに、そう示されたそう。
夫であるA-J。大の友人でもある彼。
無理をしたり背伸びをせずに気楽に居られる、そんな存在。
皆さんも愛が満ち溢れる日でありますように!
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-14 00:15 | ちょっとお知らせ/info | Comments(10)
野菜は甘い! 玉ねぎスープ
d0090294_20182940.jpg
3泊4日で滞在していた大学生のMちゃん。滞在中には野菜モリモリ食べて頂きましたよ~。1日3回の食事の前に飲む野菜・果実スムージーもね。毎回、もの凄い音で機械を回して出来上がります。2日目から「お肌の調子が良い」と気がついたそう。私も飲み始めて2日目には目でわかる効果を体験したので手作り野菜・果実ジュースはお勧め!

「美味しい!美味しい!」と本当に美味しそうに喜んで食べている姿が可愛かったな。中でも、とっても美味しかったのがA-Jの作ったオニオンスープ。7個の玉ねぎを使って前日から仕込んで仕上げにライ麦粉100%のパンを入れてチーズ・新鮮なタイムをのせてオーブンで焼きます。下の写真は焼きあがった状態。玉ねぎの優しい甘さと柔らかくなったライ麦パンが絶妙!
d0090294_2018533.jpg
料理や食材の本をキッチンの椅子に座って読んでいる姿を見ると良い感じに年を重ねてきているんだなぁと関心します。彼は、せっかくの食材を無駄にしたくないらしく丁寧に作ります。「美味しい、何を入れたの?」と聞くのに対してA-Jは、いつも照れ半分・冗談半分なのか「愛が入ってる」と言います。そこで皆で「ぶはぁ~」っと笑ってお終いになっちゃうんですけどね、、。でもでも年齢を重ねていく毎に自分や家族の健康の事を考えたりするようになったのも1つの愛なのではないかなーっと。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-12 20:46 | 食べ物色々/food | Comments(10)
お家で作るラスキアイスプッラ
d0090294_17354974.jpg
最近、甘いものは自然と控えられるようになりましたけど、日曜日はLaskiainen:謝肉祭だったので、その時期に食べるLaskiaispullaを作りました。イースターの40日前が謝肉祭。あと40日で!そうだよね、窓から入ってくる光は春の光なんだよね、なんて思いながら生地を捏ねました。
d0090294_1736224.jpg
見た目はシュークリームみたいですよね。普通のpulla:菓子パンの上をスライスして中を少しくり抜いて中にはラズベリージャム、もしくはリキュールが少し入ったアーモンドペーストを入れてグルリと生クリームで円を描いて蓋をします。ラズベリージャムを買い忘れたので丁度、家にあった皮無しアーモンドを使ってペーストを完成。実は、市販のラスキアイスプッラは好みではないんですよね、大きくて甘くて。でも家庭でペーストも作ると格別に美味しいです!今、滞在中のゲストの方も「美味しい!美味しい!」って。残りの生地で作ったモンスタープッラもフワフワ柔らかくってね。
全粒粉を少し入れると発酵時間は長めになるけど美味しく作れます。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-11 17:51 | 食べ物色々/food | Comments(3)
魔法のブルーベリースープ
d0090294_5384699.jpg
最近、幼稚園の子供達の間で流行っている体調不良。ことりも、お腹の具合がよろしくないようで今日、幼稚園の先生から電話があって迎えに行ってきました。数時間の間にトイレを何回も行き来してたそう。先生は熱はない、と言ってたけど結構グッタリしてるのかな、と思いながら幼稚園のドアを開けたらビックリ箱の蓋を開けた時の様に元気に出てきました。いつもは弟・あんじんと時間も玩具も分けないとなのでママと2人だけの時間が嬉しいそう。たっぷりお絵描きを楽しんで女の子の好きそうな映画を見ていたら疲れてソファーで寝てしまった、ことり。やっぱり体は疲れてたんだよね。

フィンランドではお腹の調子が悪い時にmustikkakeitto:ブルーベリースープが良いと昔から言われています。夏に採ったベリーを水と一緒に火にかけてポテトスターチでとろみを付けて少しだけ果糖を加えて出来上がり。飲みやすい温かさのスープはお腹にも優しそう。よくお代わりしていました。お腹の調子は日中よりも良くなったそうだけど早く完全に治りますように。
[PR]
by Kippis_Y | 2013-02-09 06:02 | フィンランド色々/Finland | Comments(10)